ドラマ「海月姫」の動画89話の無料視聴、再放送、見逃しはpandora,デイリー,youtube,miomio,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ「海月姫」の動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「海月姫」はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
YAHOO IDで31日間無料キャンペーン中【FOD】

ドラマ「海月姫」相関図キャスト


倉下月海 (芳根京子)
⇓   ⇓   ⇓
芳根京子(倉下月海)の演技力
鯉淵蔵之介(瀬戸康史)
⇓   ⇓   ⇓
瀬戸康史(鯉淵蔵之介)の演技力
鯉淵修(工藤阿須加)
⇓   ⇓   ⇓
鯉淵修(工藤阿須加)の演技力
ジジ様(木南晴夏)

ばんばさん(松井玲奈)
⇓   ⇓   ⇓
松井玲奈の演技力
まやや(内田理央)
⇓   ⇓   ⇓
内田理央の演技力
千絵子(富山えり子)
桐山琴音(最上もが)
ノムさん(安達祐実)
⇓   ⇓   ⇓
安達祐実の演技力

稲荷翔子(泉里香)
⇓   ⇓   ⇓
泉里香(稲荷翔子)の演技力
佐々木公平(安井順平)
花森よしお(要潤)

鯉淵容子(床嶋佳子)
倉下深雪(小雪)
鯉淵慶一郎(北大路欣也)

ドラマ「海月姫」動画8話あらすじネタバレ

契約金は3億、その代わり月海をシンガポールに連れていくというカイ

「3億でどうでしょう、あのワンピースとドレスのデザイン、私に売ってください」

カイ(賀来賢人)の提示した金額に喜ぶ月海(芳根京子)と蔵之介(瀬戸康史)だったが、カイの言葉は続きがあった。

「デザイナーのミス・月海、あなたと一緒に」

カイは、月海を一緒にシンガポールに連れて帰り、そこでデザインの勉強をしてもらって新ブランドを立ち上げたいと…話が飛び過ぎだと反論する蔵之介だったが。

ニーシャ(江口のり子)が言うように日本のファッション業界はもう終わっている、だからこそ、他にない美的感覚を持つ月海のイメージの才能が自分には必要だと語りかける。

秘書のファヨン(伊藤ゆみ)に手付金の話を英語で話しかけるカイ。

カイに英語で月海のことも、月海の服の事もわかってないという蔵之介。

英語で向かい合う二人の間に静かなライバル関係?!

蔵之介は、カイから引き離すように連れて帰る。

帰り際、カイは「困った時はここに連絡してほしい」と月海に名刺を渡す。

カイは、まだ未完成の月海を良質な人間たちに出会わせて成長させたい、そのためには蔵之介が邪魔だと切り捨てる。

店に戻ってみるといるはずの尼―ズがだれもいない、代わりに出て来たのは稲荷(泉里香)たちだった。

天水館の売買契約を済ませたから、と高笑いする稲荷。

稲荷によって片づけられてしまう尼―ズの部屋

売買契約書を見せられて、絶句する蔵之介、でも退去通知は6か月前にしなければならないというのだけど、今月中に出て行けば一人当たり50万の引っ越し代を負担するという稲荷、さすがの蔵之介も打つ手がなく天水館に戻ってみると。

尼―ズのメンバーは目白先生に助けを求めるが、目白先生にもそんな金はない、パニックで「パンとしゃもじ」の絵を描いて渡す慌てぶり。

どんな時でも尼―ズにはっぱをかけて、先頭を走ってきた蔵之介も落ち込んでいる。

ばんばさん(松井玲奈)は、50万と言う現金をもらって出て行くしかないかと、つぶやいている。

冗談だ…そう言うばんばさんに、まやや(内田理央)もジジ様(木南晴夏)も反論できない、千絵子さん(富山えり子)まで、「天水館は、終了…」と力なく話す。

力なく、頭を冷やしてくると言って出かける蔵之介、月海は修に助けを求めるが修は、ミラノ、電話もつながらない。

困った月海は、鯉渕家に行くが、両親に、修は旅行に行くとは言っていたのだけど、行く先までは教えていなかった。

その頃、修は月海の為の指輪を探していた、ガラス工芸の店に行き、クラゲの指輪を作ってもらっていた。

蔵之介の話が出た時、慶一郎は、いくつになってもフラフラしていると言うが、月海は、蔵之介の事をかばって「私たちをどんどん変えてくれた」だけど、あんな落ち込んだ蔵之介さんは初めて見たと、二人に言う。

天水館が無くなると言う事を慶一郎に話すが、慶一郎にも何もできないといわれてしまった月海。

天水館に戻ると、尼―ズは、お別れ会を行っていた。

ここでしか生きられないような人達なのに、出て行かなくてはならない気持ちが、天水館に悲しみのカーテンを引いたようにみんなが涙を流し、暗くなっている。

朝になって、みんなが目を覚ました時、そこには稲荷がいて、あなたたちに任せていたら引っ越しの準備が終わらないと言って、片付けの業者を家の中に入れてしまった。

そして一人50万円をばらまき区稲荷、鬼のようだ。

知らせを聞いた、蔵之介は天水館に向かって走る。

中には稲荷に屈服させられた尼―ズが体に50万円突っ込まれてそこに座っていた。

強引な稲荷の手口を責める蔵之介だったが、稲荷の元に一本の電話が入る。

月海の作るドレスで世界中の女の子を変えるんだ

「中止?!」

電話の向こうの佐々木(安井順平)に何が起こったのか聞いている。

そこへ入ってきたのは、カイの秘書のファヨン、後ろには月海もいる。

天水館は、カイが買い取ったのだ、その代わり月海は、カイの言う事を聞いてシンガポールに行くことになった、ファヨンとと荷物を取りに来たのだった。

「まるで昔の身売りじゃないか」

蔵之介は、月海をとめようとするけど。

「行ってこい月海」まややの言葉を皮切りに、笑顔で月海を送り出す尼―ズたち。

月海を追いかけて、「俺も一緒に行く」そう言う蔵之介だったけれど、月海以外連れてくるなと言われているファヨンに断られてしまう。

修の事を言っても月海の決心は変わらなかった。

月海は、蔵之介にクララの世話を頼んでファヨンの車で行ってしまう。

見送るしかできなかった蔵之介…その切ない顔を見ると、あの子供の日に母親から引き離された時の蔵之介のようで切ない。

カイは、相手を黙らせるだけのお金を使って、天水館を逆買収し、稲荷も佐々木も再開発のプロジェクトから外されるという。

そんなことはさせないと言って、最後の頑張りを見せる稲荷。

蔵之介もカイの会社に来て、カイに合わせろと頑張るけど、留守だといわれているところへやってきたのは稲荷だった。

月海は、海辺で降ろされて、カイ社長が一緒にお昼をしようと言われたのに何故かやっているのは釣り。

「昔から自分で釣って食べていた、施設で」親に捨てられて過ごした施設で、自分の釣った魚をみんなで分けて食べた話を聞かせてくれた。

海辺の漁師さんたちが、浜で網焼きをしているところに魚を持って行って一緒にたべる月海とカイ、そのおいしさに喜ぶ月海。

「月海、君が作るドレスを世界中の女の子に着せよう、君が世界を変えるんだ」

違う世界に足を踏み出す月海、その未来はなんだか魅力的な感じに見えるけど。

月海と蔵之介、最後の二人きりの夜

カイが、会社についた時待ち伏せていたのは蔵之介と稲荷だった。

得意の色仕掛けでカイを何とかしようとする稲荷と、月海が心配で追いかけてきた蔵之介は、警備員に止められてしまう。

「私は月海さんを一流のデザイナーにする、あなたは出来ますか?」

カイに言われ何も言えずその場は追い出されてしまう蔵之介だったが、家に戻り、花森(要潤)に月海の居場所を探ってもらい、月海のシンガポール行きを止めようとする。

「連れ戻したら、天水館は無くなると思いますが」

花森の言葉に、蔵之介は「月海がいたから、ここまでやってこられたのに、あいつだけ犠牲にすることは出来ない」そう言って命令ではなく、頭を下げてお願いする蔵之介。

ファヨンに連れられて月海がやってきたのは、クリエイターたちが集まる秘密のサロン、

有名デザイナーや有名モデルもいる中、このドラマの主題歌を歌うにゃんこスターまでいるこの空間で、パスポートが出来るまでここで基礎を学ぶようにと、連れてこられた月海。

何も知らず、のん気に帰ってきた修、天水館に月海に会いに来るが、「今更…帰れ」と追い出されてしまう。

事情を知りたくて、蔵之介に電話すると、「なんでちゃんと月海を捕まえておかなかったんだ、俺が月海を捕まえる」そう言って怒られてしまった修。

花森に事情を聞き、やっと状況を理解する修。

海の見える豪華なホテルの一室、一人でいる月海、ドアのチャイムが鳴る。

一方カイは、会社の売り上げを見て、売り上げの伸びない店舗の廃止を決めたりしている、釣りをしている時とは違うクールな一面を見せるカイ。

月海の部屋には蔵之介がいて、ルームサービスで、豪華料理を注文して、宴会をすると、月海を振り回している。

その情報は、カイにも伝わるが、最後のパーティーだ、好きにやらせてやれとほっておく。

料理を前に、ネガティブになっている月海に、修が電話に出なかった理由を教える蔵之介、「あんなにまっすぐに好きになってくれる奴はいない」と言う。

修も、蔵之介の気持ちが、月海にあるんじゃないかと一人思い悩んでいる。

宴会中の月海と蔵之介、「お前はもっと自信を持て、腹立つんだよ、卑屈な奴を見ていると」そう言う蔵之介だけど、謝る月海に言い過ぎたって顔をして「あいつらも薄情だと尼―ズを責める。

でも月海は、みんなには、本当に良くしてもらったから、役に立てるのなら本望だと強がりを言う。

「じゃあ、ちっとも寂しくないんだな」そんな蔵之介の言葉に躊躇する月海だったが、「平気です」笑顔で蔵之介に返す月海、そんな月海を見て、酔っぱらったから今日は風呂入って寝るって、ここに泊まると言い出す蔵之介。

シャワーを浴びながら、力のあるカイと、自分のふがいなさを感じている蔵之介。

男の蔵之介とホテルで一夜を過ごすことにまた混乱している月海、その時シャワールームから蔵之介が倒れたような音がする。

あわてて駆け寄る月海だったが、シャワー中の蔵之介、当然なにも着ていない、見えなきゃいいと言って、メガネを外す月海。

頑張ってシャワー中の蔵之介の元に駆け寄ると足を滑らせたようで肩を貸してほしいという、でもうまく立つことが出来ず、月海も尻もちをついてしまい、そのまま蔵之介から強く抱きしめられる月海。

「いくな!月海!行くな!行くな!どこにも行くな!月海!」

蔵之介の切ない声と、シャワーに流れる音の中、月海の目からは涙が流れる。

朝になって蔵之介が目を覚ました時、そこに月海の姿も、荷物も何もなくなっていた。

戻って来い月海、みんながテレビの向こうで叫ぶ

「これから君は、一人で闘っていくんだ」

「仲間なんて、この世界じゃ何の意味もない、あのアパートの住人たちが月海を切り捨てたように」とカイに言われる月海。

天水館では、まややとばんばさんが、月海と作ったドレスを片付けようとしている、

蔵之介がやってきて、「薄情だ」って二人を責める、千絵子が、二人の気持ちを代弁する。

「辛いのよ、ドレスが見える所にあると、ジジ様なんて月海がいなくなってからずっとタケ散歩をみてばかりいる」

「私だって、みんなで作ったこのドレスを見るとつらい」と本音を蔵之介にぶつける。

「だったらなぜ月海を黙って行かせたんだ」蔵之介は尼―ズを怒鳴りつける。

「月海は才能を買われて、行ったんだ、俺たちと違って…」月海の将来や可能性を伸ばしてやりたい、そんな子供を巣立たせる親のような気持ちを蔵之介に伝える尼―ズたち。

「みんな全然、平気なんかじゃないわよ、寂しいに決まっているじゃない」千絵子さんの涙に泣き出す尼―ズ。

「だったら、俺たちの気持ちを月海に届けよう」そう言った蔵之介の言葉に、生放送のタケ散歩を見ていたジジ様があることに気が付く。

稲荷は兄の事で悩む修にそんなものは、どうでもいい、好きか嫌いかそれだけだと、まるで応援するようにはっぱをかける。

天水館まで月海の電話番号を聞きに来た修だったが、出てきた蔵之介にアイツ持ってないよって言われてしまう。

だけど、月海に伝える方法を思いついた尼―ズと、蔵之介に誘われて修も一緒に出掛けることになった。

みんなと離れて、これから一人で生きて行けるでしょうか、心の中のお母さんに話しかける月海。

いつもジジ様が「タケ散歩」を見ている時間、ジジ様、見ていますかってそんなわずかなつながりを求めてテレビをつけた月海の目に飛び込んできたのは。

月海に帰ってきてほしいとそんな願いをボードに書き、叫んでいる仲間たち。

「ひとりじゃない…君がいるよ」そんな主題歌の歌詞と重なるようにテレビの前で号泣する月海。

そんな月海を冷静に見守っているカイ、月海は天水館に戻れるのか。

なんという自己犠牲か

なんだか急展開でカイさんが現れて月海の才能が買われていくのが信じられず、詐欺か何かなのかと疑わずにはいられませんでした。

天水館を守るためにカイさんに頼って働きに出るなんてなんという自己犠牲かと最近は自分さえ良ければいいという話ばっかりでうんざりしていたので新鮮に感じました。

いじらしくて蔵之介さんみたいに行くな!って言ってあげたくなってしまいます。

尼~ずがとめなかったのは冷たかったからではなく、月海の才能を応援したからで、彼女たちもまた成長しているんだと感じました。

修さんはせっかく作ってもらったくらげの指輪を花森さんにも稲荷さんにも超絶ダサイって言われてしまってかわいそう。

8話も修さんがかぶりものを頑張っていて、達筆が素敵でした。

天水館はどうなるの?

8話の見どころはやっぱり蔵之介が月海を必死に追いかけようとするところだと思います。月海は天水館の為に尼〜ずが解散しない為にと自分が犠牲になってでも守ろうとシンガポールへ行くのを決めるが、蔵之介は何としても月海を1人で行かせたくないと反対する。

蔵之介はどこまででも月海を追いかけて止めようとするが中々月海の気持ちは変わらない。しかもそんな大変な時に修は婚約指輪を探してるというほんとに肝心な時に居ない人(笑)月海は修に助けをと家まで押しかけたのに何をやっているんだ〜とテレビ越しで思いました。

天水館がどうなるかも心配ですけど、月海と蔵之介と修の三角関係も気になります。蔵之介は月海が好きだけど月海は修で修も月海が好きという両思い。蔵之介はこのまま修の為に引き下がるのか?気持ちを押し殺すのか?とても気になります。

たくさんの優しさに囲まれている月海

ちょっと嫌な感じで登場したカイ・フィッシュが思っていたよりも人の心を持った温かみもある人間なのだと分かって、月海を巡る恋のバトルがどうなるのかますます気になってきました。

男性陣だけでなく天水館の仲間達、尼~ずの面々も月海の才能や将来を思って身を引く優しさを見せてくれましたし、月海が色んな人に愛され、大事にされているのが伝わってきます。

そんなたくさんの優しさに囲まれている月海は、次回、いったいどんな答えを出すのか?

これだけ色々な思惑が交錯してしまうと、全員が満足するような100点満点の答えはもう出せないでしょうね。

だから月海には、他の誰かのためではなく自分自身が幸せになれると思った道を選んでほしいです。

海月姫第8話:蔵之助の幸せを願って視聴

デザイナーとしての才能に3億の価値をつけてもらえるのは嬉しいよなあ、と思いながら海月姫第8話を見ていました。

でも、自分の才能3億円のかわりに自分の大切な人や場所と離れなきゃいけないという選択を迫られたら自分ならどうしただろうと考えながらも、月海のとった行動にモヤモヤしてしまいました。

尼~ずの裏切りにもびっくりしましたが、月海のためにとった言動だろうと察せました。

それに気づけなかった蔵之助は本当に月海のそばにいたい気持ちで目が曇ってしまったのでしょう。

月海のホテルを特定、押しかけて説得するかとおもいきや修のフォロー。

なんていいやつ!

意外と本心をさらけ出さない蔵之助には幸せになって欲しいと心から思いますが、月海と修にも幸せになって欲しいというジレンマにおちいってしまいます。

どういう展開を繰り広げればハッピーエンドになるのか。

原作を見ていないので最終回が楽しみです。

ドラマ「海月姫」動画8話見どころ感想

月見にとって大切な人たち

天水館の絆をとても感じた回でした。シンガポールへ送り出す時には拍子抜けしましたが、月海の才能を知っているからこその対応だと分かり安心しました。

蔵之介にとって月海は仕事の仲間としてではなく、心の支えでもあることがハッキリと描かれていました。

修との三角関係になりますが、月海が素の自分でいられるのはやはり蔵之介だと思います。飾らず接せられ、思ったことをちゃんと言えていると思います。

シンガポール行きを決めた月海ですが、今まで仲間を大切にして仲間と一緒に頑張ってきて、皆で喜びや悲しみを分かち合ってきたので『これからは自分一人』という社長の言葉は引っかかってしまうはずです。

テレビ越しに仲間からのメッセージを知り、天水館へ戻ろうと思うのではないかと思います。でもお金の問題もあるので、すんなりとはいかないはずですが、次回が楽しみです。

ドラマ「海月姫」動画見どころ感想

ピュアでわくわくするドラマです

私は、原作を少しだけ見ていたのですが、キャラクターの再現率にとても驚きました。

瀬戸君のくらのすけの可愛らしさは原作以上だと思いますし、あまーずのみんなが、見た目や声までしっかり表現されてい本当に関心しました。

最初はキャラクターの再現にばかり目が行っていましたが、徐々に恋愛模様が絡むと、コミカルな作品に切なさや応援したい気持ちが生まれ、どんどんと惹かれていったドラマです。

毎週終わりがどうなってしまうの!?という終わり方が多く、途中でやめていた原作も先取りして読むようになりました。

ドロドロした恋愛ドラマがはやっていますが、面白くてピュアなこのドラマは毎回ほっとした気持ちで気軽に見れて好きです。

尼〜ず達の成長が楽しみ

オタクの尼~ず達が、自分の住む場所を守るため、嫌な人前に出ることを我慢して頑張る姿が面白いです。

最初は、蔵之介に引っ張られて、外に出て、いやいややったり、世間からキモイと言われ落ち込んで引っ込んだりを繰り返すのです。

今ではすっかり人前に、顔出しででても平気になってきています。

特に、主人公のクラゲおたくの月海の成長には着目。

修に最初は、着飾った月海を好きになるのですが、眼鏡姿の気持ち悪い月海を見て、同一人物とは分からないところも見どころです。

月海が、クラゲドレスのデザイナーとして成長して、自信が出てきて、人前でも物おじしなくなります。

髪の毛で目を隠すまややも、モデルを務め人前の立つ間に、髪の毛をあげて、目がばっちり見せても平気な感じになり 成長して行くのも好いです。

海月姫の見どころは!

私は、アニメと漫画と映画の海月姫を見てました最初の見どころは海月をペットショップにあったクララを見ていた月海が、クララがしんでしまうっとペットショップの店員に言ってましたがペットショップの店員さんは話を何を言っているのか分からずに月海をけとばしてしまいましたそしたら女装してる蔵之介が来て女の子を泣かしたらいかんよって店員さんに怒ります!店員さんはこの人が何を言ってるのかわからないと言ってました。

尼水再開発の時にここがなくなってしまうとそしたら蔵之介が助けてここの尼水館無くならんように尼水館たすけようっていいます!そしたら月海の作った海月の人形が500円で売れてそれが嬉しかったけどこれ以上うれらないかんといい方法を考えます!そしたらドレスが前から作りたがってた蔵之介は月海が女の子は大人になったら皆きれいなドレス着るんよっといいって蔵之介は海月のドレスだ作ろうといい作り尼水館を食い止めることができました!

蔵之介と兄のラブコメもおもしろいところが見どころです!楽しいので是非見てください。

ヲタクを極めればすごい!

海月姫はヲタクを面白おかしく描いたり、ラブストーリー、サクセスストーリーなどいろいろな面から描写されているので多様な面白さがあります。

みんな登場人物が個性的で、一人一人見ているだけでも楽しいです。

好きこそものの上手なれって言葉がありますが、この作品に出てくる人物達はみんななにかしらの特技や知識を持っていてすごいんです!

ヲタクを極めればスペシャリストにまでなるんだなーと関心してしまいます。

その一人一人の能力や個性をどのように発揮させていくのかを見ているのがとても楽しいしワクワクします。

みんなそれぞれにいい所を持っているし、それを誇りに思うべきだし、生かそうってこのドラマを観ていて勇気をもらえます!
月海と一緒に成長したいです。

尼~ずのオタク演技に注目

蔵之介役の瀬戸康史さんの女装が似合いすぎていて、立っているだけだと本当の女性に見えます。

でも話すと男らしくて、蔵之介は強引な時もあるけれどその強引さも男らしくて惚れそうになってしまいます。

要潤さん演じる花森さんの独特なキャラクターが回を重ねるごとに面白さが増してきていて、花森さんは鯉淵家から天水館の人たちまで色々な人と関わっているので、
作品全体に良い笑いが広がっていて、毎週花森さんの登場するシーンも楽しみのひとつです。

月海役の芳根京子さんはオタクを演じていても可愛さが残っていますが、その他の尼~ずのメンバーは普段の姿からは想像つかないくらいオタク役に入り込んでいて、
特にまややのモデルへと変身した時の変わり具合は見ごたえがあります。
⇓   ⇓   ⇓
映画「海月姫」の超絶あらすじ・ネタバレFODで無料で見れるのは2018年3月23日までです!

ドラマ海月姫1話あらすじ
ドラマ海月姫2話あらすじ
ドラマ海月姫3話あらすじ
ドラマ海月姫4話あらすじ
ドラマ海月姫5話あらすじ
ドラマ海月姫6話あらすじ
ドラマ海月姫7話あらすじ

ドラマ海月姫9話あらすじ

ドラマ「海月姫」はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます。

しってましたか?海月姫はドラマの他に映画、アニメがあるのを!

アニメ「海月姫」11話(2018年3月31日まで)
映画「海月姫」(2018年3月23日まで)

も全話無料でFODで視聴できます。

しかも、今ならFODは31日間無料キャンペーン中で海月姫が無料で見れます

この他にも
ドラマ昼顔全11話(2018年7月31日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)
刑事ゆがみ

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
YAHOO IDで31日間無料キャンペーン中【FOD】




⇓   ⇓   ⇓
究極の不倫ドラマ昼顔全話あらすじ




しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。

YAHOO ID登録で映画とアニメとドラマ「海月姫」を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
YAHOO IDで31日間無料キャンペーン中【FOD】