FOD シグナル 長期未解決事件捜査班

シグナル韓国ドラマ韓流動画フル無料12話パンドラあらすじネタバレデイリーミオミオで見れるの?

更新日:

韓国ドラマ「シグナル」の動画12話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

韓国ドラマ「シグナル」の動画12話フルの再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

韓国ドラマ「シグナル」の動画1話~16話最終回はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

韓国ドラマ「シグナル」の相関図キャスト

韓国ドラマシグナル相関図キャスト
イ・ジェフン(パク・ヘヨン)坂口健太郎
キム・ヘス(チャ・スヒョン)(吉瀬美智子)
チョ・ジヌン(イ・ジェハン)北村一輝
チャン・ヒョンソン(キム・ボムジュ)
チョン・ヘギョン(アン・チス)


韓国ドラマ「シグナル」12話あらすじ・ネタバレ見どころ感想

アン・チスの最期の後悔の告白

ヘヨン(坂口健太郎)が、アン・チス係長(甲本雅裕)に呼び出されて、病院に着き、電話で連絡するが、出ない…でも着信音が響いている。

音のする方に行くと、そこにアン・チスが腹を刺されて倒れている、救急車を呼ぶと言うと、アン・チスは、ヘヨンの手を止めて、「無線機からジェハンの声がした」と聞いてくる。

「ジェハンが生きているはずはない、無線を聞いてから…石段階段の下を確認したが、やはりあそこにあった」何の話をしているのかわからないヘヨンは、何を言っているのかと聞くと、アン・チスは驚くことを言う。

「ジェハンは、俺が殺した…今でも後悔している、もしも彼が生きているのなら、仕方がなかったんだと、伝えてくれ」ヘヨンは「なぜ係長が…」と聞くと「すべての始まりはインジュ市」と、ヘヨンの兄の事件だと言う。

その言葉を最期に、力尽きたアン・チス。

第一発見者だったがために容疑者として疑われるヘヨン

ヘヨンは、急いで救急車を呼ぶが間に合わなかった、あの場に居合わせたことで、容疑者のように、みんなから責められている。

スヒョン(吉瀬美智子)ケチョル(木村祐一)ホンギ(池田鉄洋)が駆けつけて、ヘヨンを擁護してくれるが、ヘヨンの手にべっとりと付いている血が、彼を犯人だと疑わせてしまっている。

ボムジュ局長(渡部篤郎)が来て「アン・チスがどうなったか」と聞いてくる、ヘヨンは「現場で死亡しました」そう答えると、周りは沈黙する。

けれど、その後も多くの刑事たちに囲まれて、ヘヨンはいろいろと聞かれている。

「インジュ市で起きた女子高生集団暴行事件は、偽装工作があった事、その事を教えてくれると言うので、会いに行ったが、会えた時には刺された後で、何も聞きだせなかった」

ボムジュ局長は、「あたりに人影は、凶器は」など手がかりになりそうなことを聞いてくるが、辺りも暗く「わからない」と答えると、「上司が殺されたのに手掛かりがないなんて、それでも刑事か!」と言って罵倒されるヘヨン。

ボムジュ局長は、アン・チスの事件を警察の威信にかけて絶対に犯人を捕まえると言って、刑事たちにすぐに捜査にかかるように言うが、未解決班は、ヘヨンという容疑者がいるから、外れろと言う。

暴力団のソンボムの証言から更に疑われるヘヨン

「自分は犯人じゃない」そう叫ぶヘヨンだったが、通話記録が二人共直近では他に通話した人が居ない事、そしてヘヨンがアン・チスから無線機を返してもらった時、口論していたことなどから、疑いの色が濃くなっている。

何の話なのか、言えるはずもない、例え言ったとしても死んだと言われているジェハンとの過去との通話なんて誰も信じてくれるわけもない。

捜査員たちは、ヘヨンだけでなく、アン・チスの机も手掛かりがないかと探している、机の中から見つかった個人的な書類から、白血病で治療中だった娘が3日前に死んでいたことがわかった。

そして当日のアン・チスの通話記録から暴力団の男キム・ソンボムを調べると、アン・チスとは、昔の事件が縁で時々世間話をすると言う「、警察同士の争いに巻き込まれて迷惑だ、先日もヘヨンという刑事が来た」と語った。

その報告を聞いたボムジュ局長は、ヘヨンが何を調べていたのかを調べて、すべて自分に奉告しろと命令した。

スヒョンは、ジェハンの持っていた無線機の事が気になっていたが、その無線機のことを聞いても教えてもらえない。

ヘヨンは、解放はされたが、まるで保釈された容疑者のようにGPS確認の為に携帯は切るな、遠出はするな、普段通りの生活をしろと、命令されて外に出された。

ヘヨンが信じる人はスヒョンだけ、彼女に伝える真実

スヒョンは、白血病の娘の事を周りに言わずに、仕事を頑張っていた係長の為に周りが必死になって犯人探しをしている事から、ヘヨンの疑いを晴らしたいと、ヘヨンに知っている事を話してほしいと言う。

「ジェハンの収賄事件は、仕組まれたものです」スヒョンは驚いて「なぜわかるの」聞く。

「アン係長と暴力団の男ソンボムが共謀した、その上警察組織もこの事件にかかわっている」ヘヨンは、スヒョンに「僕を信じていると言ってくれたスヒョン刑事、僕が信頼できるのは、あなたしかいない」

「証拠は?」スヒョンが聞くと、「アン係長が殺されたことで、疑惑は確信になった、アン係長は、協力するしか出来なかった」最後に彼は「自分がジェハンを殺したと言い、すべてはインジュから始まった」と告げると混乱するスヒョン。

「ジェハンも係長も口封じのために殺されたんです」

インジュ高校事件の重要参考人はヘヨンの兄の友人

ジェハンは、被害生徒ヘスンについて調べていた、掲示板に書かれた「インカン」の意味も分からないのに、「彼女はインカンの生徒と付き合っていたとか」かまをかけると教師は、優秀な生徒の集まりである「イン幹」と付き合うわけがないと言う。

「イン幹とは、インジュ高校の幹部の生徒の略ですよね、彼らの指導要録を見せてほしいと申し出た。

同じ頃、「イン幹」に気が付いたジェハンの行動にボムジュは焦りを見せている、ジェハンよりも先に、掲示板に書き込んだ犯人を特定しなければ、俺たちは終わりだ!

ジェハンは、その頃、幹部の生徒たちの親が、すべて「インジュセメント」という会社に親が勤めていることを見つける。

ジェハンが目星をつけた生徒の所に行くと、アン・チスが彼を遠くに連れ出そうとしているその時だった、ジェハンは、彼らと一緒に車に乗り込み、警察に連れてきてしまった。

そしてその生徒を部屋の中から鍵をかけて、取り調べを始めた。

始めは一人の人間、次は7人のイン幹、最後は10人の悪魔…悪魔は私たちの身近にいる。

事件の時に掲示板に書かれた言葉だ、生徒は震えながら自分ではないと言う。

ジェハンは、彼の学校の幹部の7人の生徒の行動の記録を調べたと言う、他の7人は平然と暮らしているが、呼び出された彼だけは、事件以降病欠が続いているのに、病院にも入院した様子もない。

ただ被害女生徒の見舞いに行ったことだけは、あった、彼は、ジェハンの前で彼女との事を話し始めた。

最初の出会いは、友人のヘヨンの兄が、彼女に勉強を教えたいから、彼の家を使わせてほしいと言うのだ、戸惑いもあったが、彼らに部屋を貸すと、彼らは、まじめに勉強をしていた。

その話の途中で、その生徒の親が連れて帰ってしまった、ボムジュは、相手は未成年だから仕方ない、幹部7人を正式に呼び出し、命令した1人を聞き出せばいいと言う。

ボムジュは、先ほどの取り調べの会話から、最初の一人をでっちあげることを思いついた、「金もコネもない、誰も味方をしないいけにえ」

「金もコネもない、潰しやすいいけにえ」として選ばれたヘヨンの兄

スヒョンは、ヘヨンの部屋に来ていた、きちんと整理された部屋には、捜査資料がたくさん並んでいた、事件の現場の地図も見やすく貼られている。

「全部に自分の足で調べました」そう言いながら、スヒョンにお茶を渡すヘヨン。

警察側の資料では捜査員の名前すらわからず、しつこく調べて嫌われ者になった、検察の資料に至っては更にひどいものだったと言う。

スヒョンは、あなたの兄とあなたに何があったのか教えてほしいと言われ、話し始めるヘヨン。

ヘヨンは、兄に勉強をみてもらっていた、すべて間違わず出来たヘヨンは、兄に「家族で食事に行きたい」そう語り掛ける、貧しいヘヨン一家には、外食することは、大変なことだったのだ。

そこへやって来た警察に、兄は、女子高生暴行事件の主犯として連れていかれてしまった、ヘヨンは何が起こったのかわからないまま、兄が悪いことになって、両親は離婚し、ヘヨンは父とソウルで暮らすことになってしまった。

数か月後、兄が少年院を出たと聞いて兄に会いに行くと、そこで兄は、手首を切って倒れていた、何故兄が死ななければならないのかもわからなかった。

数年後、ソウルでバイトしながら暮らすヘヨンの所に、偶然昔の同級生がきて、インジュ事件の妙な噂話を聞かせてくれた、「塾をサボるはずもない兄が、あの日塾をサボって、女子高生と一緒にバスに乗った」と言う証言をしたと言う人が居ると言う。

しかしその証言をした少年は、町でカツアゲをしていて、ヘヨンもその現場を見ていた、なぜ嘘をついたと聞くと、警察から頼まれたと言われ愕然とするヘヨン。

不良のたまり場に行って本当の事を話せと言うが、みんなからボコボコにされてしまう、それでもかじりつくヘヨンに、不良の一人が「なんでお前の兄だったか、分かるか?金もコネもない、お前の兄は潰しやしかったからだ」そう言って去って行く。

事件当時、ソウル警察では、この事件の応援で、ボムジュが班長として、ジェハンも捜査員の一人として、協力に出向いたとスヒョンは話す、けれど重要参考人として犯人扱いされているヘヨンを守るために下手に動かせないスヒョン。

だから大人しくしていてほしいと、ヘヨンをなだめる。

事件当時…ジェハンの呼び出したイン幹たちと会っている、しかし彼らは口を合わせたようにヘヨンの兄がやったと、証言する。

彼らの証言を元に、連れてこられるヘヨンの兄、彼は被害女生徒の部屋の前で会った、ジェハンに助けを求めるように見ている。

弱みのある刑事をターゲットに金で買収するボムジュ

取り調べの担当はジェハン、ヘヨンの兄は、犯行を否認する、そして友人だった幹部の1人までもが、自分が犯人だと言ったことにひどく落胆し、違うと言い張る。

「お前ではないと言う証拠がない!」ジェハンがそういうと、彼は、この名刺を拾った日、「貴方なら信用できる、そう思ってあのイン幹の写真を持って行った、犯人だったら、そんなことをしない」彼は必死でジェハンに訴えた。

ジェハンは、あの日、最初に証言してくれた少年の家に行くが、父親から追い返されてしまう、「始まりは柳の木のある家だった」少年の家には柳がある、事件の現場にはない。

ジェハンは、すべての証言を疑って、もう一度聞き込みをしてみた。

現場近くには、毎日ではないがよく来ると言う屋台の男がいた、その男にあのつぶれた焼き肉屋が不良のたまり場だったかどうか聞いてみると、そんなのは知らない、見たこともないと言う、更に店の名前も柳の家ではなく栗の谷だったと言う。

不良のたまり場と言った目撃者の息子は、インジュセメントの社員だった、ジェハンに責められて夫は黙っていたが、妻は、それを証言させたのは「ソウルから来た刑事だ」と言った。

同僚に確認すると、妻が借金の保証人になったことで金に困っていた刑事が、嘘の証言の工作をしたと白状した、「今度だけは見逃してくれ、この事件は俺たちには手に負えない」そういう同僚に「チクショウ!」ジェハンは泣きそうな顔で帰って行く。

でも悪に手を貸した刑事も、ジェハンを見送った後、自分を責めながら頭を叩いていた。

金の力の買収は、被害者の女の子にまで及んでいた

ジェハンは、ボムジュ班長に直接「あちこちに金をばらまいて、その金はインジュセメントからですか?」と直球で問いかけた。

しかし…ボムジュの金はあり得ない所にも使われていた、アン・チスが被害少女ヘスンを取り調べていた、「主犯は、パク・ソヌで間違いないか」とヘヨンの兄の名前を挙げる、ジェハンが飛び込んで「彼の人生がかかっているんだ、正直に答えてくれ!」

ヘスンは、苦しそうに泣きながら、「パク・ソヌ」と答えた、彼女は、そう言わないと殺されるような、そんな人のように、言葉を発した。

今回の事件は、「未成年で、初犯なので、勤労奉仕程度で済むだろう、主犯のパク・ソヌ以外はな」勝ち誇ったように言うボムジュにジェハンはいう「彼女も金を使ったんですか」

「金は必要だよな、彼女の人生はめちゃくちゃだ、実名が全国に知れ渡ったからな、新しい人生を始めるのには、お前の嫌いな金が必要なんだ」

「最初の一人は、こんな偽装工作が出来る程の、金持ちの息子なんですか?」ジェハンの問に、「犯人はパク・ソヌだ」と、ボムジュの声がジェハンをあざ笑う。

ソンボムの別荘をさがすと、そこにジェハンの遺体があった

2015年スヒョンが愛に来ているのは、当時一緒に働いていた刑事、彼は、ジェハンに金で買収されたと言われたあの刑事、彼はインジュ市の事件の後すぐに警察を辞めたそうだ。

インジュ事件を持ち出すと、彼は「約束があったのを忘れていた」と帰ろうとするが、「アン・チスが、あの事件が元で死んだ」と言うと、焦った様子を見せたが最後まで話してくれなかったが、「ジェハンは最後まであきらめなかった」それだけを言った。

ヘヨンは、暴力団のキム・ソンボムを見張っていて、彼の乗っている車が、あの日病院にいた事に気が付いた。

ソンボンがアン・チスを殺すとしたら、黒幕がいる、そして自力でのし上がった男だから、どこかに何か重大な証拠を隠しているはずと、彼の母親名義の2000年からある別荘にスヨンとやって」来た。

中を探していて、アン・チスの「石の階段の下」という言葉を思い出し探ると掘った後がある、アン・チスの足取りをケチョルに調べてもらうと、近くの料金所を使った形跡がある。

スコップを探し出して、掘り始めるヘヨン、スコップが何かの感触を感じ手で探っていくと、人骨が出てきた。

スヒョンはそこに合った名札を拾い上げるとそこに合った名前は、「イ・ジェハン」

韓国ドラマ「シグナル」の動画1話~16話最終回はどこで見れるの?AD

韓国ドラマ「シグナル」の動画1話~16話最終回はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で1か月間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ



ドラマ「シグナル」は見放題扱いの作品なので全話無料で視聴できます!

日本版「シグナル」(2019年4月9日まで)

韓国版「シグナル」(2022年10月16日まで)

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

ドラマ「シグナル」をFODで全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-FOD, シグナル 長期未解決事件捜査班

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.