FOD 海月姫

海月姫ドラマ動画フル無料67話見逃し再放送パンドラデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ「海月姫」の動画67話の無料視聴、再放送、見逃しはpandora,デイリー,youtube,miomio,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ「海月姫」の動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「海月姫」はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「海月姫」相関図キャスト


倉下月海 (芳根京子)
⇓   ⇓   ⇓
芳根京子(倉下月海)の演技力
鯉淵蔵之介(瀬戸康史)
⇓   ⇓   ⇓
瀬戸康史(鯉淵蔵之介)の演技力
鯉淵修(工藤阿須加)
⇓   ⇓   ⇓
鯉淵修(工藤阿須加)の演技力
ジジ様(木南晴夏)

ばんばさん(松井玲奈)
⇓   ⇓   ⇓
松井玲奈の演技力
まやや(内田理央)
⇓   ⇓   ⇓
内田理央の演技力
千絵子(富山えり子)
桐山琴音(最上もが)
ノムさん(安達祐実)
⇓   ⇓   ⇓
安達祐実の演技力

稲荷翔子(泉里香)
⇓   ⇓   ⇓
泉里香(稲荷翔子)の演技力
佐々木公平(安井順平)
花森よしお(要潤)

鯉淵容子(床嶋佳子)
倉下深雪(小雪)
鯉淵慶一郎(北大路欣也)

ドラマ「海月姫」動画6話あらすじネタバレ

蔵之介がキスした理由は挨拶って言うけど、視線は口ほどに物語る

みんなの頑張りで成功したファッションショー、だけど月海(芳根京子)は、蔵之介(瀬戸康史)にされたキスで悶々としていた。

断片的な記憶を整理すると、あれはどう見ても。

その答えを出すのは、クラゲのクララ「キスです」アニメでは、アクアショップの段階から月海に助けてと言うのですが、ドラマでしゃべったのは初めてかも。

千絵子(富山えり子)たちは、そんな月海を干渉せず静かに見守っている。

蔵之介が自宅で寝ていると、父慶一郎(北大路欣也)が部屋に入ってきて、スポーツ新聞を投げるように渡す。

そこには大きな記事で鯉渕家の親子問題と蔵之介の女装姿が載っていた。

この記事のせいで、慶一郎は、支援者に頭を下げに回らなきゃいけないって言うのだけど、、蔵之介は、大きな記事でドレスが目立っているのを喜ぶ。

修は、事務所の電話対応に追われているが、今朝方かかってきた、ミラノからの蔵之介の母リナ(若村麻由美)からの電話で受けたドレスの注文が気になっていた。

慶一郎からは、家から出るなと言われていたんだけど、ドレスを紹介するチャンスとばかりに取材陣の集まる外に女装して出て行く蔵之介。

ちゃっかりテレビを通じて、宣伝しちゃっている蔵之介、テレビをつけると蔵之介が出ているのを驚きながらもはしゃぐ尼―ズ。

そんな中、昨日の夜からキスされたことで、月海は、部屋に蔵之介を呼んで、あのキスは何だったのかって聞く。

あれは、外国で言う所の挨拶みたいなもの、俺がそれ以外に月海にチューする理由ある?

そう言われて、一応納得する月海。

だけど、蔵之介の月海を見る視線が、キスの理由はそれだけじゃないよって言っているような切ない目線!!

月海の気持ちは修のやさしさに傾き、見つめる蔵之介の表情は切ない

ジェリーフィッシュのHPは、SNSのアカウントまで取ってジジ様(木南晴夏)が作ってくれた。

早速ドレス作りをスタートさせる蔵之介、みんなはまだ朝ご飯を食べていないって蔵之介に反発するけど、月海は、喜んで買い出しに出かけた。

蔵之介に振り回されているけど、前の静かな暮らしに戻りたいとは思わない。

月海の気持ちにも大きな変化が現れたみたい。

天水館から出て来た月海を修がまっていた、月海に話があると言って、レストランに連れていかれる月海。

最初に修は蔵之介がみんなを振り回していることを謝り、うちはちょっと複雑でというんんだけど、月海は、その事は蔵之介から聞いていると言う。

蔵之介が月海にそんな話までしていたことに、驚く修。

母親は違うけど、小学校1年の時に家にやってきた蔵之介に助けられていた話をする。

誰よりも強くてかっこいいと思っている蔵之介の、別の顔も見ていた修は、「誰よりも寂しいはずなのに」その言葉に月海は、驚く。

母親と引き離された時、泣きながら車を追いかけた蔵之介、誰にも見られない所では一人で泣いていた蔵之介。

気持ちを隠して、元気に一見わがままに見えるけど、自分たちに遠慮しているんじゃないかって、修は言う。

月海は、そんな気遣いの出来る修に「やさしいんですね」と気持ちそのままに告げる。

お互いにその言葉に照れる二人、そこへ仕事をサボってまやや(内田理央)とばんばさん(松井玲奈)がやってきた。

あわてて机の下に隠れる二人、隠れながら顔が接近してしまって。

それをごまかすように、月海は、自分にお願いって何ですかと聞くと。

蔵之介に内緒でドレスを注文したいと言う、このことは、月海と二人だけの秘密。

「二人だけの秘密」そんな言葉が輝いて見えちゃう月海、気持ちはやっぱり修の方かな。

天水館では、針仕事を千絵子さんとジジ様、蔵之介が逃げた二人の事を怒っている。

千絵子さんは、今までずっとニートだったのが、いきなり働けって言ったって無理があるって二人に理解を示しながらも、千絵子さんも肩こりがこったと言い出した。

月海は、修に家の前まで送ってもらっていた、でもなんで、弟さんがドレスを欲しがるんだろう、月海の脳裏には、クラゲドレスを着た修の姿が。(笑)

心配した蔵之介が外に出てくると、月海は、修の背中を見送っていた。

その姿に言葉を失う蔵之介、表情がとっても切ない!!

今やっていることに意味があるのか悩む尼―ズ

慶一郎は、蔵之介のやったことで再開発賛成派の処へ向かっていた。

区長の所に慶一郎が出向き、頭を下げると区長はほぼあの辺の買収が終わっていて天水館についても千絵子さんの母も売ることを決めている。

手ごわいのは老舗の和菓子屋だけだと、好意的に慶一郎を出迎えた。

反対派の意見も聞きたいと、修はその和菓子屋に行くが真っ白になる程塩をかけられて追い出されそうになったが。

天水館では、まややがドレス作りに限界を感じていた、千絵子さんもジジ様も休憩を取りましょうと言うが、月海だけが、その手を止めない。

月海が最後の仕上げを終えると、みんなは力尽きて倒れたままだった。

仕上げたドレスを見ながら、修に頼まれたドレスのサイズを確認するのを忘れたことに気が付く月海、修に電話をしようと電話の前に立つと。

電話のベルが鳴り、出てみると相手は開発会社の稲荷だった。

この間のショーの出来栄えは褒めてくれたが、あんな幼稚なやり方でこのプロジェクトを阻止することは出来ない、無力なくらげは、サメのエサになるだけと圧力をかけてきた。

電話のあとの朝食、月海は稲荷の電話がショックで、ただ納豆をかき回すだけで、何も口にできなかった。

心配した千絵子さんに言われて、電話の内容を話す月海。

稲荷の言葉に落ち込む尼―ズ、そこへ蔵之介が、大阪弁の口の悪いインド人を連れてきた。

インドの縫製会社のニーシャ(江口のりこ)は、ジェリーフィッシュが会社として何にも考えていない点をズバズバ指摘していく。

中でもオーダーメイドなんて、今どき儲からない、ドレスよりも普段着や小物を作れと言う。

商品の管理をする生産管理の担当をすぐに決めるように言われる。

月海は、ワンピースなどになりそうな、派手じゃないクラゲの絵を書いていればいいと言われてよろこんで書いている。

残った4人の中から生産管理を決めると言われて、まやや、ばんばさんが反発する。

稲荷の電話のせいで、服を作っても天水館を守れないんじゃって、この活動は無意味なんじゃないかってジジ様まで言い出す。

みんなにはっぱをかける蔵之介だけど、無意味な言い争いになるだけで、事が運ばない、千絵子さんは、蔵之介に今日はもう帰って欲しいと頼む。

千絵子さんは、みんなのお母さん的な存在、ストレスをためているだろうみんなの為に久しぶりの鍋を作ってくれた。

月海のふるさと鹿児島の薩摩地鶏を使った鍋に、月海も喜ぶだろうと、まややとばんばさんが月海の所に行くんだけど、クラゲの絵を描くのが楽しくてそれを断る月海。

千絵子さんのやさしさ、みんなで囲むから楽しい鍋、みんなは哀しい気持ちになってしまった。

みんなの離れた気持ちを一つにするのにはデモ!!


蔵之介の強引なやり方に、月海以外の尼―ズは、どこかに行ってしまった。

ニーシャは、蔵之介に「勢いだけじゃ人はついてこない、わかっているなら行動しろ」という。

千絵子は自分の部屋で、布地を見つめている。

ジジ様は枯れた老人が集まる通なカフェで本を読んでいると、慶一郎がやってきて、声をかけた。

月海と蔵之介が、みんなを探していると、まややたちは、公園の遊具の上にいた。

「好きでもない洋服を作りたくない」と言って天水館に戻ることすら拒否された。

月海は、自分が突っ走ってしまったことで自己嫌悪になっていた。

肩を落とした月海の肩を優しくたたく修、政治の世界でもそう言うことがあって、自分たちは仲間なんだって意味を見出すために決起集会をやったりしたと言う。

そんな修が教えてくれたのは、反対派の和菓子屋が作ったビラ、ビラを配ったりデモをしたり、再開発を反対する気持ちを共有すること。

蔵之介は、天水館で、一人でドレスを作りながら、月海の言葉を思い出していた。

夜になっても戻らないまややとばんばさん、千絵子は天水館が潰される前に尼―ズが解散になってしまうと言う。

家に帰った蔵之介は、慶一郎に「お前が始めたことだ、最後まで責任を取れ」と言いわれてしまい、また夜の街に出る。

まだ公園にいるまややとばんばさん、声をかけようとすると、月海がすごい勢いで走ってくる。

そして二人に、「デモをやりませんか」と声をかける。

三国志が好きなまややは、すぐさま反応して今まで機会がないから、やった事のないデモをやりたいと言い出し、ばんばさんも国鉄民営化のデモに憧れていたと言う。

天水館に戻って、デモの支度をしている尼―ズの元へ、蔵之介が肉まんを夜食と言って持ってくる。

デモをやるのなら、戦闘服が必要という蔵之介に、それぞれ着たい服を言う尼―ズ。

「なんだ、ちゃんとあるんじゃん、みんなが着たい服。着たい服を形にする作業なら、みんなが楽しめる」そう言って、何かをつかんだ蔵之介。

いつの間にか、ばんばさんの手下になっていた花森は尼―ズと一緒にデモに参加することになったと言って、あっけにとられる修を置いて、支度に走る花森、謎な男だ。

月海を守るそんな修が月海に「好きです」と告白!!

まややは、諸葛孔明、ばんばさんは駅員、ジジ様は海上自衛隊のセーラー服、千絵子さんは着物を守るカッパ、月海と蔵之介はクラゲのコスプレで、再開発会社の前でデモをする。

稲荷がやってきて、こう言う事をするのには許可がいる、それをしていないから通報すると言われて逃げてしまった花森。

そこへ、修がやってきてデモの許可証を稲荷の前に突き付ける。

花森の行動から気が付いて、月海たちの為に、警察に許可を取っておいてくれたのだ。

修の行動に蔵之介は微笑んで、みんなの先頭に立って、デモ行進を始める。

月海もあとに続くが、修が呼び止めて何かあったらここにいるからすぐ電話してほしい、僕が何とかする。

今まで見せなかった修の頼もしい一面に月海は、自分はこの人が(好き)って気持ちになっているみたい。

この日撮ったデモの様子を編集してアップするジジ様、急に蔵之介に生産管理は私がやると言い出した。

実は慶一郎と会った時に、グループをまとめる話を船乗りに例えられ、リーダーを支える役の大切さを学んでいた。

千絵子・ジジ様・蔵之介ではなしているとばんばさんとまややがやってきて肉が食いたいと言う、見渡すと月海がいない。

その頃、月海は修に今日のお礼を言っていた、そしてクラゲドレスの寸法を聞くとあれは他の人に頼まれたと言う。

「いつも誰かの為に行動するのですね」優しい修に話しかける月海。

和菓子屋で、強引な地上げ屋に負けて、泣く泣く土地を手放すことになったそんな弱い人の力になりたい、自分の意思を伝える修。

月海の力にもなりたい、そう言った時、自転車が走ってきて月海にぶつかりそうになり月海の手を取ってよけた修。

そのままの勢いで、月海に「好きです」そう告白する修。

そんな倖せや、満足感の中にいる尼―ズに魔の手が。

千絵子の母が羽生結弦選手の金メダルを見届けて韓国から戻ってきた、出迎える稲荷。

現実とのリンク「すごい」って感じで終わった今回、次回はお母様が嵐を呼ぶ?

ドラマ「海月姫」動画6話見どころ感想

海月姫に期待すること

一番見ていて楽しいのは、蔵之介の美しさ。見るたびに艶が増している気がして、女なのにドキドキしてしまいます。

だんだん月海をめぐる三角関係が激しくなってきていますが、修は彼のできる方法で月海を守り、月海も自分の気持ちに気づいてという展開。さて、どうなっていくのか。個人的には蔵之介と引っ付いてほしいです。

それにしても、稲荷さんの演技が個性的で女優の泉里香さんが気になって気になってしょうがないです。そういった意味では花森役の要潤さんも味がでていて好きです。

次回は、新キャラクターが出てきて、ドレスのデザインを買いたいという申し出があったり、千恵子さんのお母さんから天水館からの退去要請があるようなので尼-ずと蔵之介がどうやって乗り越えていくのかが気になります。

一番期待するのは月海をめぐる三角関係。ぜひ蔵之介に視聴者をドキドキさせてほしいです。

「修のところになんかいくなよ!」なんて言って抱きしめるシーンなんかがあるときっとキュンキュンしてしまいます。あくまで、個人的要望ですが(笑)

これからも目が離せません。

蔵之介の葛藤と尼~ズの活躍が印象的

蔵之介の行動の意味は理解しがたく、月海の心をかき乱しているように思います。
前回、突然月海にキスをした蔵之介はついに気持ちに気付いたかと思いきや、第6話で「あんなの挨拶」と言ってしまう所は素直じゃないなと感じました。

弟の修の恋を応援したい気持ちと月海への想いで葛藤している様子が伝わってきます。

また反対デモの際、尼~ズのメンバー達が自分達の個性を活かしたファッションで臨む姿はコミカルでほっこりとしました。

正直、あのやかましさにはイライラすることがありましたが、今回は本当の意味で一致団結していて、気持ちの良い展開でした。

個性豊かな尼~ズのメンバーですが、中でもジジ様の密かなスペックの高さには驚かされています。

個性的なキャラとドキドキの恋模様に目が離せないドラマ

海月姫はキャラクター一人一人の個性が立っていて、観ていて飽きません。

特に泉里香さん演じる稲荷は、女性が嫌う女性を見事に演じていて、表情豊かでストーリーのアクセントになっていると思います。

そんな中、月海と修が急接近する第6話は、キュンとする要素が多くありました。

終盤における修の告白シーンも、今回の見どころの一つとなっていましたが、机の下で隠れて不意に急接近、というカフェでのシーンもまた、ときめきポイントになっていました。

また、個人的には要潤さん演じる花森のとにかく自分中心なキャラ設定も好きです。

第6話にて、反対デモに参加しながら、警備員が来たら即退散するあたりは、潔くて逆に愛らしささえ感じました。

修が勝ってもおかしくないと思えてきた

蔵之助の迷いを察してか、再開発の敵となっているのに「これはお前が始めた事だぞ」と奮起を促すかのような言葉をかける慶一郎。

月海のピンチにすっと現れて力を貸してくれる修。

6話は鯉淵家の男達がいつも以上にかっこよく見えた話でした。

特に月海に対して「好きです」とハッキリと好意を伝える修の姿は良かったですね。

これまでは蔵之助と修が恋愛バトルを始めても修では兄に歯が立たないのではないかと予想していましたが、今はもうどちらが勝ってもおかしくないと思えてきました。

天水館の存続を巡る戦いと同じく、勝負の行方が分からなくなってきたのが面白いです。

兄弟のどちらも良い人なので勝ち負けがついてしまうのが悲しいですが、こうなってしまったら2人とも後悔のないように行動してもらいたいですね。

ドラマ「海月姫」動画見どころ感想

一人一人の個性が光っている

まず、あまみずかんに住んでいる住人の個性が強くて見ていていつも飽きないです。色々な方がいるなと思いますがあんなに好きな事にとことん突き進んでいけるのは羨ましいなと思いながら見ています。

周りからはオタクと思われるかもしれませんが、あんなに追求している方はなかなかいないと思うのでいいなと感じます。

それに、あまみずかんを壊されないように皆で力を合わせてドレスを作ったのも素敵だと思います。

一つの事に目指して皆で一つになるのはとても見応えがあります。他にも、つきみに対してくらのすけさんとしゅうさんの恋の行方も気になります。

不器用なしゅうさんと社交的なくらのすけさんで性格が違うのでそこもみどころですが、不器用なしゅうさんにも少し頑張ってほしいなと思います。

海月姫ドレスと三角関係の行方

海女水館に住んでる5人が、みんな個性的で、見ていて面白いです。

蔵之介との出会いにより、人前に出ることが苦手な5人が、色々な苦難を乗り越えて、少しずつ成長していく、変わっていく姿を見て、応援したくなるドラマです。

海月姫ドレスを作り、ファッションショーまで実現し、海女水館を守りたいという思いで頑張っている姿に、とても感動しています。

つきみと蔵之介、弟の修との三角関係も気になります。

蔵之介は、初めは弟な修を応援していたが、つきみへの気持ちに気づき、気持ちを抑えられず、ついにキスをしてしまいました。

ファッションショーの舞台で、『俺をみろよ!』と言ったのも、男らしくてカッコよかったです。

蔵之介を見て変わろうとしている弟の修も応援はしたいですが、つきみと蔵之介にくっついて欲しいです。

それぞれ、どうなっちゃうの?

蔵之介の女装、めっちゃ似合っているし可愛い。今、月海がクラゲをイメージしてデザインした服も可愛いです。これから、この服が人気が出るかどうか?そして月海ちゃんがいるシェアハウスが残せるか?それより、気になるのは、月海ちゃんと鯉淵兄弟による恋愛模様。それが一番気になります。

月海ちゃんと弟の修はお互いに好意をもっている。一方、兄の蔵之介は月海ちゃんと出会い、関わっていく中で惹かれてきてる。そして、月海ちゃんについにキスをする。

その場を目にした修。恋愛が苦手な修。どう行動するのか気になります。月海ちゃんの気持ちもどうなるか?も気になります。そして、蔵之介は、月海ちゃんに気持ちが進むが、実の母親が出現する事でなにかまた問題が起こりそうな感じがして目が離せません。

月9ドラマ「海月姫」の見どころと、これからの注目ポイント

ドラマ「東京タラレバ娘」の原作でも知られるヒットメーカー東村アキコさんのマンガも面白いですが、ドラマ化されると出てくる水槽の海月や、今回のキラキラしたドレスなど、とてもキレイです。

見どころはなんといっても、瀬戸康史さんの女装とでもいいましょうか、ファンの方には必見です。瀬戸さんが演じる蔵之助は議員の長男ですが、本人は政治には興味なく、海月を愛する月海と出会って、天水館が取り壊しにならないようにと動いたり、泣かなかったカッコいい役柄です。

自分に自信がない月海を蔵之助がどう変えていくか、今後も見逃せません。月海をはじめとする天水館のメンバー、通称あま~ずもどんな風に成長していくかとても楽しみです。全ての女子におすすめしたいドラマです。

どうなるの?二人の関係!

12日放送の回は、初のコレクションのショーのシーンがあるということもあって、とても見ごたえのあるドラマでした。そして蔵之介さんのお美しいこと・・・。やはり見惚れてしまいます。この綺麗な男の人がランウェイを歩いているだけで、とても見るのが楽しくなるドラマです。

着ているお洋服も素敵だし、綺麗だなあって感心しちゃいました。それに、月見ちゃんとの恋の行方も気になっちゃいますね。

ショーが終わったあとの、不意打ちのキス!見ていてとってもドキドキしちゃいました。ちゃんと男性の姿だったのがいい感じ〜。

つきみのことを好きなんだなあって感じが伝わってきて、とても胸キュンなショーだったし、ラストシーンだったし。これからの二人の進展が気になります。
⇓   ⇓   ⇓
映画「海月姫」の超絶あらすじ・ネタバレ

ドラマ海月姫1話あらすじ
ドラマ海月姫2話あらすじ
ドラマ海月姫3話あらすじ
ドラマ海月姫4話あらすじ
ドラマ海月姫5話あらすじ

ドラマ海月姫7話あらすじ

ドラマ「海月姫」の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「海月姫」はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます。

しってましたか?海月姫はドラマの他に映画、アニメがあるのを!

アニメ「海月姫」11話(2018年3月31日まで)
映画「海月姫」(2018年3月23日まで)

も全話無料でFODで視聴できます。

しかも、今ならFODは31日間無料キャンペーン中で海月姫が無料で見れます

この他にも
ドラマ昼顔全11話(2018年7月31日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)
刑事ゆがみ

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】




⇓   ⇓   ⇓
究極の不倫ドラマ昼顔全話あらすじ
[br num="1"]


しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。

YAHOO ID登録で映画とアニメとドラマ「海月姫」を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-FOD, 海月姫

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.