わろてんか

わろてんか朝ドラマ動画123話無料パンドラあらすじネタバレデイリーで見れるの?

投稿日:

朝ドラマ「わろてんか」123話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトでは「わろてんか」の動画は見つかりませんでした。

わろてんかはunextという公式動画配信会社で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

「わろてんか」の相関図キャスト

第22週の相関図キャストちっちゃな恋の物語


伊能栞(高橋一生)
⇓  ⇓  ⇓
わろてんか高橋一生(伊能栞)の演技力

北村てん(葵わかな)
⇓  ⇓  ⇓
葵わかなの演技力
北村藤吉(松阪桃李)
⇓  ⇓  ⇓
松坂桃李の演技力
隼也(成田凌)

秦野リリコ(広瀬アリス)
川上四郎(松尾論)

武井風太(濱田岳)
トキ(徳永えり)
飛鳥(森本くるみ)

亀井庄助(内場勝則)

お楽(ミク)
イチ(鈴木康平)

杉田楓(岡本玲)

万丈目吉蔵(藤井隆)
万丈目歌子(枝元萌)

キース(大野拓朗)
アサリ(前野朋哉)

藤岡りん(堀田真由)
加納つばき(水上京香)

朝ドラマ「わろてんか」動画第123話のあらすじ・ネタバレ

ミス・リリコアンドシローに引き抜き話

洋食マンマンで、突然、見知らぬ男から、差し入れされたごついビフテキに目を丸くしているリリコと四郎に、まさかの出来事が起こりました。

それは、「新世紀芸能」という会社への移籍の依頼、つまりは引き抜きです。

たまたま、マンマンで食事をしていた亀井は、その現場を目撃してしまいます。

翌朝、亀井はすぐにてんと風太とおトキに、そのことを報告します。

驚くてんとおトキの声に、近くにいた従業員も驚きます。

亀井は、何でもないと笑います。

風太は、てんとおトキに、声が大きいと言わんばかりに、口に指をあて、シーっという顔をします。

てんは、亀井に、誰にそんな話が来ているのかを尋ねました。

亀井は、ミス・リリコアンドシローだと答えます。

すると、今度は風太が、大声で驚きます。

またまた、その声に驚き、振り返る従業員達です。

亀井は再び、何でもないと笑います。

風太も、ばつ悪そうに、仕事に戻るよう伝えます。

そして、詳細は分からないが、新世紀何とかという会社のようだと、伝えると、すぐに風太は、東京で幅を利かせている「新世紀芸能」という会社であることに気が付きました。

北村笑店の大看板を引き抜こうとは、いい度胸だと、思わず机をたたく風太に、また驚いて振り返る従業員達に、取り繕った笑いを浮かべるてんでした。

そんな騒ぎが事務所で起こっていることを、まだ知らない四郎は、届いた手紙の封を開けていました。

その内容を見た四郎は、固まります。

そこへ、リリコがやってきて、声をかけられると、慌てて手紙をしまい、何でもないと部屋を出ようとします。

すると、そこへ血相を変えた風太を先頭に、てんとおトキと亀井がやってきました。

みんなの様子や、突然、白状しろと、風太にどやされ、驚くリリコと四郎です。

そこに少し冷静に亀井が、けったいな奴からビフテキをごちそうになっていたと、昨晩の出来事を匂わせます。

すると、リリコは、引き抜きの話だと、あっけらかんと答えます。

そんなリリコの態度に、風太は、いくらもらったのかと、カンカンです。

リリコは、大笑いしながら、見損なわれたものだと、返します。

そう、リリコと四郎は、その場ですぐに引き抜き話を断っていたのでした。

自分たちが、北村を裏切るわけがないだろうと、笑うリリコに、四郎は複雑な表情を浮かべています。

そんなリリコの言葉に、冷静になった風太は、先ほどの自分の態度が恥ずかしくなったのか、手のひらを返したように亀井へ、だから早合点だと、言っただろうと言い、亀井も思わず謝ってしまいます。

そんな風太に、早合点したのは風太だと、おトキは風太の口をつまみます。

続けて、リリコは、今の自分たちがあるのは北村笑店のおかげであり、例え追い出されたとしても、居座り続けると、笑います。

そして、四郎に同意を求めますが、四郎は同意しながらも表情は複雑です。

そんな複雑な表情に、亀井は気づいていました。

朝からの一騒動も落ち着き、四郎は改めて届いた手紙を見返します。

内容をもう一度見返しても、どこか物憂げな四郎、そこへてんが通りかかり、声をかけました。

四郎は、また慌てて手紙をしまい、何でもないと言いながら、もうすぐ出番だと、そそくさと行ってしまいました。

四郎の様子を心配そうにみつめるてんです。

そこへ、急に目の前の窓がそっと開き、亀井が声をかけます。

驚くてんに、亀井は、「用心しなはれ。」とだけ告げ、窓を閉めるのでした。

万丈目が隼也に教える大事なこと

一方、大事なことを教えてやると言われ、洋食マンマンにやってきたのは隼也です。

すると、万丈目が何やら大事そうな箱を用意して待っていました。

万丈目は、大きなノートを持ってきた隼也に、これは何かと声をかけます。

隼也は、会場選びや食事や余興など、聞いたことは何でもメモを取るためだと答えると、万丈目は「わかっていない。」と、注意します。

そんな万丈目に、思わず隼也は、「すぐ怒る。」と零します。

それを尻目に話を続ける万丈目は、自分の下で勉強したいなら、まずは「これ」からだと、かつて万丈目が行っていた芸「後ろ面」のお面を取り出しました。

早速、隼也に「後ろ面」の稽古をつける万丈目です。

腕と手がうまく回らない隼也は、痛い痛いと声をあげています。

そんな2人の姿に、後からやってきた楓は、不思議そうに何をやっているのかと尋ねます。

万丈目は、北村笑店創立25周年記念パーティのための、特訓だと言います。

そして、北村笑店25年の歩みは、誰の歩みかと尋ねます。

隼也は、数回間違えて、芸人の歩みだと答えると、正解だと万丈目は手を離してくれました。

そして、「北村の歩み、それは芸人抜きでは語れまへん。ボン、北村が、何で小ちゃい端席一軒から始めて、ここまで大きゅうなった思う?先代は、元芸人や。まぁ、頼んないところもあったけど、芸人の苦労や喜びをわかってはる。それを、今の社長と分かち合うてた。わてらみたいな芸人が、みんな離れんとついてこれたんは、お二人が、芸人の気持ちを、よう考えてくれるお人らやったさかいや。」と、隼也に話します。

そんな万丈目の言葉に楓も、芸人を主役にパーティを行うなら、芸人の気持ちを知らないといけないと、賛同します。

万丈目の特訓の意味を理解した隼也は、気持ちを切り替え、「後ろ面」の特訓を再開するのでした。

新世紀芸能の引き抜きが大発生

一方、北村笑店の応接室には、隠密にてん、風太、亀井の3人が集まっていました。

そして、例の新世紀芸能が、他の芸人にも、たくさん声をかけているということが、わかったと報告します。

創立25周年を前に、芸人をごっそり引き抜かれては、大変だと心配する風太に、賛同する亀井です。

てんは、北村笑店の芸人に、そんな話に乗る人はいないと思うと、少しのんきに構えています。

そんなてんに、風太は甘いと、指摘します。

風太は、亀井にあるお願いをしました。

それは、他に怪しい動きをしている芸人がいないか、こっそり探ってほしいというものです。

亀井は、流行りの探偵小説のようだとノリノリです。

そして、北村笑店のために任せろと、にやりと笑うのでした。

リリコと四郎の間に黒い影、時々アサリ

引き抜き話が、発生している最中、風太は芸人の流出を防ぐために、芸人の控室へ貼り紙をするようおトキに命じました。

「移籍を禁ず。」「ビフテキに用心!」「引き抜き話に注意!」というものです。

それを見たてんは、仰々しいと、苦笑いを浮かべます。

そして、不安気に貼り紙を見ている芸人たちに、疑っているわけではないが注意してもらえればいいだけだと、ほほ笑みます。

そんな中、渋い顔をしているのは、アサリです。

アサリの様子に気が付いたてんは、アサリに声をかけます。

おトキも、気を悪くさせてすまない、アサリが引き抜き話に乗るはずがないのにと、詫びます。

アサリは、それに同意しながらも、どこか複雑な表情を浮かべるのでした。

日も暮れる頃、洋食マンマンの前では、形から入ったとしか思えない、探偵スタイルの亀井がこっそりと立っています。

そこへ、洋食マンマンに入ろうとするアサリと中から出てきた男がぶつかり、荷物をぶちまけてしまいます。

アサリは、一緒に荷物を拾おうとすると、突如「移籍の支度金」だと言いながら、封筒を渡されます。

驚くアサリに、先日電話をしたものだと名乗り、その金額はアサリの値打ちだと耳打ちし、早くしまうよう促します。

そして、何事もなかったかのように去っていく男です。

この一連の流れを全て見ていた亀井は、流行りの探偵小説の探偵を気取りながら、この男の尾行に向かうのでした。

一方、出番を終えた、リリコは四郎にお茶を入れます。

しかし、そそくさと帰り支度を進める四郎です。

リリコは、今日は早いから、久しぶりにどこかへ遊びに行こうと、四郎を誘いますが、四郎は用事があるからと、それを断ります。

リリコは、用事とは何かを尋ねると、四郎は言葉を濁しながら、昔の楽士仲間が大阪に来ているからとだけ答えました。

そして、慌てて帰っていく四郎の背中を訝しげに見つめていたリリコは、四郎が帽子を忘れたことに気が付きます。

帽子を届けるため、四郎を追ったリリコは、四郎が女性と待ち合わせをしている現場に遭遇してしまいます。

リリコは、そんな2人の姿に何も言うことができず、立ち尽くしてしまうのでした。

北村笑店創立25周年記念パーティの準備に奔走する隼也

北村笑店創立25周年記念パーティの準備を自宅でも頑張っている隼也です。

北村笑店らしいパーティをしたいと語る隼也に、何か名案があるのかと尋ねるてんです。

それは、考え中だが芸人さんあっての北村だから、芸人さんにも喜んでもらいたいと笑う隼也に、てんは呆れつつも笑みを浮かべます。

そして、隼也にも紋付を用意しなくてはと、1つの包みを持ってきて、隼也に見せました。

隼也が、これは何かと尋ねると、藤吉の黒紋付だと告げ、隼也用に仕立て直そうと話します。

喜ぶ隼也に、てんは、まだまだ一人前ではないけれど、藤吉ならこうするだろうと、ほほ笑みます。

てんと藤吉に、隼也はお礼を言うと、2人で笑いあうのでした。

リリコと四郎の大喧嘩

翌朝、昨晩の四郎の行動が気になって仕方がないリリコは、仏頂面で控室に入ってきます。

そして、昨日は何をしていたのかと、四郎を問い詰めます。

四郎は、楽士仲間が来たと言っただろうと、返します。

リリコは、きれいな楽士さんだと、四郎たちを見たことを匂わせると、すぐさま「あの女は誰?」と、四郎に尋ねます。

四郎は、慌てふためきながら、リリコの思っているような関係ではないと、否定します。

しかし、「あんなべっぴんさんが、僕の事を好きになるわけないやろ。」と、うっかり言ってしまったことが、リリコに火をつけます。

リリコは、「なんや、うちがブサイク言うことか!」と、頬をつまみ上げます。

(これは、彼女に言ってはいけないことですね。自分を好きになる=ブサイクの構図が出来上がってしまっています。)

血相を変え、四郎をつまみあげ、どやすリリコの姿に、声を聞きつけたてんが慌てて駆けつけ、仲裁に入ろうとするのでした。

朝ドラマ「わろてんか」動画第123話の見どころ感想

昔から変わらないあさりと、おもしろ亀さん

何やら隠し事をしている人か多いようで、雲行きが怪しい感じがしました。

あさりは、引き抜きにあっているようで、そのまんざらでもなくお金を受け取った事が、裏切り者な感じがして気に入りませんでした。

それこそ、あさりは北村に沢山助けられているはずです。

ただ、あさりは過去にも北村から抜けようとしたことがあったので、あさりという人物は、結局そういう人なのかなと思いました。

あさりは、どのような判断をくだすのか、気になるところです。

そして今回は、亀さんのキャラクターが面白くて、亀さんの一つ一つの言動で沢山笑ってしまいました。

時々出てくる、この亀さんのネタのような言動が、ストーリーを見やすくしていると思います。

引き抜き騒動と四郎の怪しい動き

偶然リリコ達の引き抜き現場を目撃した亀井。

翌日てん達に報告する。

さっそくリリコ達に問い詰めるが、「自分達を見損なうな。」と怒られる。

風太達は他にも引き抜きの手が伸びる前に風太達と手を考える。

その中で顔色が違ったアサリを亀井が見張っている中現金の受け渡し現場を目撃した。

隼也は万丈目から後面を稽古そせられる。

万丈目は藤吉の事を引き合いに出し芸人の苦労を知らないままでは芸人の気持ちはわからないという。

寄席を守っていくためにはとても貴重な経験をしたと思う。

跡継ぎとして寄席の仕事だけじゃなく、人の心を理解出来るようになって欲しい。

四郎がコソコソと怪しい行動をしている。

四郎が知らない女の人が会っていたのをリリコが見ていた。

翌日リリコは四郎に激しく問い詰める。

まさか四郎を問い詰める。

何か秘密がありそうな予感です。

北村笑店25年!芸人たちに吹く引き抜きの風

昔からリリコは好きになったら一途に相手を思うところがあるので、一緒にコンビを組むうちに好きになったシローから心が離れることはない。

そう思ってきましたが、何とシローの方に浮気疑惑がわいてきてしまった。

大きなビフテキの画像から始まった今回だから、多分あの美女は引き抜きに関係する女ではないか。

アサリにも何やら怪しいお金が渡っているし。

でもシローはお金に目がくらんだとは考えにくい、ドイツに行って音楽留学したいその願いがあるシローだけど。

お笑いの引き抜きを受けてしまったら、お笑いを引き抜かれたところでやって行かなければならないし。

だからシローの引き抜きはアサリの引き抜きとは、違う、シローの心を揺さぶるような何か。

それが何なのか、気になる今回。

探偵 亀さんの事件簿~リリコと四郎に黒い影、時々アサリ~

リリコと四郎に近づいてきた芸能会社の引き抜きマンが、他の芸人たちにもたくさん声をかけていることがわかります。

アサリはお金に弱そうで、とてつもなく心配です。

支度金を渡されていましたしね。

その探りを入れる係に任命された亀さんの形から入る探偵ぶりに、緊迫している状況にも関わらず、笑いがこみあげてきてしまいました。

こうなってくると、風太はこれを予見して、パーティの準備を万丈目に依頼したように思えてしまいました。

また、それに派生して四郎に何やら手紙が届き、なんとなしにコソコソしています。

リリコの嫉妬深さは、番組を初期から見ている視聴者にとっては、周知の事実です。

さて、四郎に近づいてきた女の正体とは…

久しぶりに訪れる、北村笑店のピンチなのかもしれません。

忍び寄る引き抜きの驚異

関東の新世紀芸能がミス・りりこアンドシローをマンマン亭で引き抜こうとするシーンではその後どうなるのかが気になりました。シローの挙動不審ぶりがやけに気になるというか、見ている方を気にさせる様子があからさますぎて、早く続きが見たい思いになりました。

探偵を気取ったカメさんのスタイル、歩き方や身のこなし方はさすが吉本の芸人さんだけはあってコミカルで、和製チャップリンを彷彿とさせます。

アサリ師匠も何やら新世紀芸能と話しがあるのか、小芝居間際のお金をいただくシーンはこれまでのアサリの態度を見てきて、やっぱりアサリは裏切るのかと案の定感を感じさせました。

藤吉郎とおてんさんが築いた北村笑店は果たして、散り散りになってしまうのか見物です。
⇓  ⇓  ⇓
不倫ドラマ「昼顔」全話あらすじ・ネタバレ

遠藤憲一の演技力
葵わかなの演技力
わろてんか全話あらすじ

わろてんかの動画を見る方法は?

「わろてんか」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでわろてんかを見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-わろてんか

Copyright© ドラブロ , 2019 All Rights Reserved.