FOD 海月姫

ドラマ「海月姫」鯉淵修(工藤阿須加)の演技力は上手い下手?

更新日:

工藤阿須加(クドウアスカ)

生年月日:1991年8月1日 (26歳)
身長:180 cm
本名同じ
埼玉県所沢市出身
東京学館高等学校、東京農業大学卒業
パパドゥ所属

ドラマ「海月姫」鯉淵修(工藤阿須加)の演技力は上手い下手?

お父さんのマネをしないところが良い

お父さんが、工藤公康さんですが、あまり似ていません。プロゴルファーの娘さんの方が、お父さんに似ています。

工藤阿須加さんは、スラリとしてて、アナウンサー向きだと思います。顔も威圧感がなく、清楚な役が似合うと思います。演技力は、なかなか良いですね。

お父さんのマネをして、野球選手になったとしても大成しなかったと思います。息子は、お父さんを越えられないからです。違う道を選んで正解だと思います。これから、ドラマの出番が多くなり、いつか主演の話が出たら成功ですね。

ルックスが銀行員、セールスマン、アナウンサーみたいで、清潔感があります。女装趣味の兄を気遣い、腰が低いところは、好感がもてます。兄を反面教師にして、生きていく力があります。

鯉淵修の不器用なキャラクターがとても良いです

「海月姫」の鯉淵修というキャラクターにすごくあっていると思いました。ドラマの少しポップな感じもあって役柄的には真面目なんだけど奥にトラウマを抱えているような演技がとても良いと思います。

工藤さんの今までの出演しているドラマでは真面目で仕事に一直線な青年というイメージが多いような印象でしたが、今回の鯉淵修では少し真面目なだけじゃなくて少し抜けているような不器用な可愛らしさも出ていて面白いです。

お父さんは議員でお兄さんは女装の趣味があるというちょっと変わっている家族のなかですごく真面目で自分はちゃんとしなければいけないという次男の葛藤しているキャラクターが工藤さんの演技から伝わってきて応援したくなりました。

『海月姫』鯉淵修役の工藤阿須加さんの演技力が上手いと思う理由

単刀直入に言いますが、ドラマ『海月姫』で工藤阿須加さんが演じる鯉淵修は女性がキュンと来るシーンですごくかっこいいところを魅せてくれるくらい上手いと思います。

理由は、1話で赤海月を見て昔を思い出した泣いてしまった月海に、工藤さんが演じる修が抱きついたシーンがありますが、その時の修の抱き方が後ろから包み込むように抱きしめていて、修の「君を守ってあげたい」という気持ちが伝わってきてかっこいいなと思い、工藤さんの演技に惚れそうになったからです。

また、3話の修がいなりのせいで心が傷ついていた月海に本当の気持ちを伝えるために天水館に来て、尼~ずの2人によって追い出されそうになりながら月海に本当の気持ちを伝えるシーンはすごく感動しました。

ピンチの状態で相手に届くように叫んで告白したときの力強さや、修が本当に月海のことを好きだと思う気持ちがすごく伝わってきて、この告白の演技は凄いなと思いました。

落ち着いた演技で光る存在

工藤阿須加さんの演技は、とても落ち着いていて安心感があると思います。個性の強いキャラクターたちの中で、鯉淵修は比較的まともな人間の役なので、そのせいもあるかと思います。まじめな人柄をよく演じられていると感じます。

鯉淵修は原作では蔵之介の兄なのですが、このドラマでは弟という設定になっていて、その点では少し見ていて違和感もありました。でも、この作品を初めて見る人であれば問題ないかと思います。

工藤さんはこのところ連続ドラマへの出演も続いていて、今注目の若手俳優さんだと思うので、これから先、鯉淵修が癖の強いキャラクターになってきても、うまく演じてくれると期待しています。ドラマのこれからの展開にも期待したいです。

原作と役のイメージが似てると思う

原作も全て読んで、今回楽しみにドラマを拝見しています。工藤さんの見た目や仕草は、原作の修君と近いイメージがあると思いました。女性経験がないピュアな修君を可愛く演じてるなと思います。

家売る女にも工藤さんは出てましたけど、冷静な人、固い人を演じる役が多いですよね。あまり派手な役を演じている記憶がないのです。やはり工藤監督の息子さんということで、お父様の知名度が高いことからあまり演技の方に注目してませんでしたが若手の方ではうまいほうではないかなと思います。

年々色々な作品に出演されて表情とかセリフに込める感情とか間合いとか良くなってます。もともと笑顔も素敵で雰囲気もいい方なので脇役にとどまらず主演の工藤さんを見てみたいです。

真面目な表情とコミカルな演技

政治家の家に生まれて複雑な環境の中でもお兄ちゃんを頼りにし、家族を大切にしながらまっすぐに純粋に自分が政治家を継ぐことを疑わずにやっているところが本当にふるまいが上品で素敵だと感心します。

めがねも知的さが増してもう完璧。蔵之介が変身させてくれて月海に一目惚れした時の表情、天水館で見たちゃんちゃんこ姿で手が粉だらけだった月海に気色悪いと言った時の表情や翔子が自殺未遂を企てて発見した時の表情がとてもいいと思いました。

真面目だったりキラキラ笑っている表情を見ることが多かったですが、一番笑わせてもらったのは月海との初デートでうまく会話が合わなくて公園でがっくり崩れているコミカルな演技でさらにいいと心をつかまれました。

工藤阿須加のイメージを変える俳優としての変化点

工藤阿須加という俳優は最初にルーズベルトゲームで芽が出てきたイメージがある。その後も数々のドラマに出演してきたが今回、海月姫では恋愛シーンを演技。

今まで工藤阿須加は恋愛シーンのイメージはなく新鮮さを感じた。また金持ちの次男というとこでインテリな感じをしっかりと出せていてむしろ今回の海月姫でのこの役は工藤阿須加しかいないのではないかと思わせてくれるようなぴったりな配役で演技も喜怒哀楽がはっきりとした感じでよかった。

今回の海月姫での工藤阿須加の演技は今後の様々なドラマに出演して行く中で変化点になったことは間違いない。残りの回で恋愛シーンをうまく演じられるか、視聴者を虜にする姿を楽しみに見ていきたいと思う。

熱血漢の役柄から、スマートな人物まで演じる俳優・工藤阿須加

俳優の工藤阿須加さんの名前を聞くと、熱血溢れる青春を謳歌している人物のイメージを感じていました。今回のこのような、個性に偏りが有りすぎる万人に受け入れられそうにない程のドラマには、工藤阿須加さんの魅力が半減してしまいそうで、ふさわしいとは言えないと思っていました。

ですが、工藤さんが演じている鯉淵修が、鯉淵家の政治家の家系に生まれ、腹違いの蔵之介とは違う、エリート中のエリートをスマート感を漂わせて、更に父親の慶一郎とは違う、真面目の塊のような性格を話し言葉から、立ち振舞いの随所に表す、高度な演技力には驚かされてしまいました。

以前の工藤さんの演技力の魅力に目が奪われていたために、このような才能がまだあったとは気付きませんでした。ドラマはまだ中盤なので、工藤阿須加さんの演技を楽しくみたいと改めて思いました。
⇓   ⇓   ⇓
1話あらすじ
2話あらすじ
3話あらすじ
4話あらすじ
5話あらすじ

映画「海月姫」の超絶あらすじ

ドラマ「海月姫」の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「海月姫」はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます。

しってましたか?海月姫はドラマの他に映画、アニメがあるのを!

アニメ「海月姫」11話(2018年3月31日まで)
映画「海月姫」(2018年3月23日まで)

も全話無料でFODで視聴できます。

しかも、今ならFODは31日間無料キャンペーン中で海月姫が無料で見れます

この他にも
ドラマ昼顔全11話(2018年7月31日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)
刑事ゆがみ

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】






しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。

YAHOO ID登録で映画とアニメとドラマ「海月姫」を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-FOD, 海月姫

Copyright© ドラブロ , 2019 All Rights Reserved.