FOD 海月姫

海月姫ドラマ動画フル無料56話見逃し再放送パンドラデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ「海月姫」の動画56話の無料視聴、再放送、見逃しはpandora,デイリー,youtube,miomio,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ「海月姫」の動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「海月姫」はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「海月姫」相関図キャスト


倉下月海 (芳根京子)
⇓   ⇓   ⇓
芳根京子(倉下月海)の演技力
鯉淵蔵之介(瀬戸康史)
⇓   ⇓   ⇓
瀬戸康史(鯉淵蔵之介)の演技力
鯉淵修(工藤阿須加)
⇓   ⇓   ⇓
鯉淵修(工藤阿須加)の演技力
ジジ様(木南晴夏)

ばんばさん(松井玲奈)
まやや(内田理央)
千絵子(富山えり子)
桐山琴音(最上もが)

稲荷翔子(泉里香)
⇓   ⇓   ⇓
泉里香(稲荷翔子)の演技力
佐々木公平(安井順平)
花森よしお(要潤)

鯉淵容子(床嶋佳子)
倉下深雪(小雪)
鯉淵慶一郎(北大路欣也)

ドラマ「海月姫」動画5話あらすじネタバレ

天水館存続の為にファッションショーを開く!

羽生弓弦くんのおっかけをしているお母さま(富山えり子)は韓国、それを追いかけて稲荷(泉里香)は来て、羽生君の試合の最前列のチケットを用意。

チケットと引き換えに、お母さまは、稲荷の手に落ちた…。

それを電話で知った千絵子(富山えり子)、みんなは天水館が、近くの飲食店のように粉々になるって絶望的になっている。

天水館に向かおうとする蔵之介(瀬戸康史)に花森(要潤)から買収が本決まりになったことや、鯉渕慶一郎(北大路欣也)が賛成を表明することを聞かされる。

月海(芳根京子)は、どこかへ飛びだそうとしていた、そこへ入ってきた蔵之介にしがみついて、叫ぶ。

「天水館が粉々にならないように、ドレスをたくさん作って守りたい」

蔵之介はみんなに、自分の父親が開発賛成を言うパーティの日に、ファッションショーをぶつけるという。

まやや(内田理央)は嫌がるのだけど、ジジ様(木南晴夏)の「やりましょう」と言う言葉で、ファッションショーに向けて動いていく。

まややは、ジジ様の裏の手で何とかした。

蔵之介は、月海にはっぱをかける。

月海は、本当に自分にできるのか、迷うけど。

ここを失くさないためにはそれしかない!!

新メンバーノムさんを入れて、ファッションショーに向けてドレス作り!

尼―ズと蔵之介は、これからの作戦会議を開く。

これからは、注文にこたえられるようにプロを雇って、沢山の注文にこたえられるようにしたいと言う。

ショーをネット配信するので、蔵之介は売る気満々、だけど、プロを雇ったら、お金がかかるだけ。

そんな時、千絵子さんには心当たりがあった。

千絵子さんの心当たりのノムさん(安達祐実)は、ドレス・ゴスロリ・バレエ衣装と何でも作れちゃう人。

そんなノムさんのアトリエに向かう3人。

アトリエって言ってもアパートの1室なんだけどね、部屋を開けるとブライスっていう1972年にアメリカで発売されたお人形のコレクターの部屋になっている。

で、ノムさんは、このブライスの服作りのプロなのだ。

ノムさんにとっては、人形が中心、人間の事は虫けらくらいにしか思っていない。

その分、人形とドレスに対する思いはとっても熱くて、みんなで作ったクラゲドレスの型紙を作ってほしいとお願いすると。

すぐにドレスの型紙を作ってくれた、けど人形サイズだけど。

量産が出来るようになったら、ノムさんが月海のデザインでブライス用に服を作る権利を使ってもいいことを約束に型紙政策・お針子をゲットした。

だけど、慶一郎は、蔵之介が天水館でドレスを作ることに反対して、花森をお目付け役にて探らせている。

修(工藤阿須加)は、反対するが、再開発反対派の天水館の連中と一緒の活動をさせたくないと言う。

月海は、蔵之介と買い物をしながら、当面の予定を立てている。

ファッションショーをやる場所を蔵之介が決めて、月海たちはドレス制作。

モデルは蔵之介がやるしかないってことになった。

天水館の中では、ノムさんがやってきてドレス作りを頑張っている。

騒ぐだけのまややとばんばさん(松井玲奈)は、ノムさんから虫けら扱いされている。

針の糸通しですら、5分でで無理ってあきらめちゃうから、しょうがないんだけどね。

そんな中で、月海は覚醒モードで、クラゲの職種の事をべらべらしゃべりながら布を切りまくる。

まややとばんばさんに出来そうな仕事を与えて、みんなで頑張る尼―ズたち。

父から言われた蔵之介のやりたいことは何なんだ!

一方、会場探しにあちこち行っている蔵之介なのだけど、先回りした花森に邪魔されて会場が見つけられない。

ふと外を見ると花森のレクサスが止まっている、それを見て父親の仕業だと気が付いた蔵之介は、父親に直談判する。

父親から帰ってきた言葉は、私の邪魔をして、「そんなに私の事が嫌いか?」

蔵之介は、父親と敵対する気なんて、全くなくて大事な仲間にいつのまにかなった尼―ズを守りたいだけなんだよね。

ファッションショーのある日なのに、みんなに紹介するから、俺の開くパーティに出ろと父に言われてしまう蔵之介。

やりたいこともなくフラフラしているって思われているけど、蔵之介のやりたいことは、天水館の中にあるんじゃないのかな。

「親父には俺のやりたいことなんて、一生かかってもわからない」

そう言い捨てて部屋を出る蔵之介、出て来たところに心配そうにしている修。

蔵之介が会場探しに忙しくしている間に、天水館では、ショーで使う服が出来上がって衣装合わせは、蔵之介に体型が一番近いまややが引っ張り出された。

修は、蔵之介になぜ天水館で、ドレス作りをしているのか蔵之介に聞く。

「あの場所を守るためだよ、あの場所は絶対に売らせない」

「兄貴なら、できるよ」

そう寂しそうに言う修、慶一郎は自分より蔵之介を信頼しているのを感じていると言う。

そして…、政治家に向いている性格なのは蔵之介の方だとも言う修。

政治家になんか、興味がないと言う蔵之介だったけど、天水館を救えるとしても?と言った修の言葉には答えられなかった。

その答えを探すためなのかな、蔵之介は天水館にやってきた。

まだ会場が決まってないと言って、ばんばさんにアフロアタックをされそうになるけど、回避したり、千絵子さんと話したり。

そんな様子を見ていた月海は、部屋の中を見渡しながらあることをひらめいた。

「ここじゃダメですか、天水館を竜宮城みたいに飾り付けて、そこにクラゲのお姫様がいるって言うイメージで」

蔵之介、千絵子さん、ジジ様、ばんばさんに、そしてノムさんまでみんなが賛成してくれた月海の案。

そこへ、衣装合わせでクラゲの服を着せられていたまややが出て来た。

コンプレックスを克服してドレスも完成!

鯉渕の家では、鯉渕の母が腹筋を鍛えると言って運動している。

腹筋しながらポテトチップスを食べている、それって駄目なんじゃないのって聞く修。

母は、笑って好きな事をしているのだからいいと言う。

「父も蔵之介も私も好きな事をしているのだから、あなたも自由に好きな事をしなさい」

物事を真面目に考えて、父の跡を継がなければいけないなんて考えていた修の心に何かを突き刺した母の言葉。

出番の少ない感じだけど、いいお母さん。

一方天水館では、予定していた手伝いの人がボランティアでは来ないことがわかり、ドレスが間に合わないと言う事になった。

でも…月海の縫わなきゃドレスは作れませんか?という問いに、ノムさんは。

「糸を使わなくて、縫わなくてもドレスを作る方法がある」と言い出した。

それは木工ボンドを使って、張り付けていく方法、フランス人形などにはよく使われる手法なのだそうだ。

その犠牲になったのは、まやや、腹にボンドを塗られてボンドガールなんてジジ様にダジャレを言われちゃったりに怒って抵抗する。

「こんなことをして、ショーにまで引っ張りだすつもりだろう」と言い出すまやや。

蔵之介はそのつもりだと言う。

「昨日クラゲドレスを着て歩くまややを見て、モデル体型の美しい女」

だからモデルにしたいと言う蔵之介にまややは、自分は目つきがキツイせいで小中高と殺し屋なんてあだ名をつけられていたことを話す。

さらに高校に入って、目を隠したら細身の体をバカにされて竹ぼうきと言われてしまったという今まで自分の中に秘めていたコンプレックスを話す。

だけど、そんなのポッチャリ体系の千絵子さんからしたらぜいたくな悩み。

私なんて、小中高ずっとハムってよばれていて、ばんばさんはアフロだし、ジジ様は幽霊。

そんなコンプレックスだらけのメンバーが、安心して住めるこの天水館を一緒に守るために頑張ろうと、まややに優しく声をかける千絵子さん。

みんなで何とか力を合わせて頑張ろうと決めて、また一晩中頑張った尼―ズたち。

みんなで仕上げた服を見て蔵之介は天水館を後にしようとすると、寝ているジジ様が倒れ込んでくる。

何事もなかったのか、その足で男装?して父のパーティにでる蔵之介。

天水館では、月海たちが手伝ったミュージックビデオのスタッフたちが、天水館を竜宮城に変える仕事をしている。

現場を仕切る琴音(最上もが)にネット配信の場所を伝えてようやく天水館の中の竜宮城が出来上がる。

琴音たちを手伝うように言われた花森は、ばんばさんにもいいようにこき使われて、焼肉弁当まで買いに行かされる。

慶一郎のパーティでは、再開発に賛成すると父が発表し、修はなにか悩んで言う様子。

蔵之介は何か企んでいる顔をしている。

月海たちは、蔵之介が来ない事を話しているが、ショーに大切な司会がいないことに今頃気が付いた。

でも大丈夫、何でもできる花森がその役目を買って出てくれた。

流ちょうな花森の司会でショーが始まったけど、蔵之介は来ない。

まややは、一人で頑張る決心をして、みんなから三国志のガチャポンを成功報酬に約束してもらい美しくステージを歩く。

蔵之介はネット配信されているショーの様子を見守りながら、父のパーティに出ているが、来賓達の話が長くて焦っている。

天水館の方もまややが頑張っているが、血糖値が下がったと言ってジュースを飲む。

貧血を起こして倒れた拍子にこれから着る、メインのドレスにジュースをこぼしてしまう。

花森が休憩時間ですと言って、場を繕っている間に、服を洗う尼―ズたち。

でも乾かすためのドライヤーがない、月海は勇気を出して近所を回って借りてくる。

さすがに持たない状況に、画面にはSOSの文字が出る。

そして修が、順番を切り上げて、蔵之介の挨拶の時間を作る。

花森も時間稼ぎを頑張るんだけど、お客さんは、休憩時間が長すぎて帰ってしまった。

もう終わりにしましょうと言う千絵子に、蔵之介は絶対来るから待っていてほしいと訴える月海。

そこへ男装のまま入ってくる蔵之介、父のパーティでは、男装するのが決まりだと言ってショーのドレスに着替える。

着替えながら、ドライヤーを借りに行った月海の成長をほめてくれる。

変わったのは月海だけじゃなく、尼―ズのみんなも。

もう誰も客はいないと、ノムさんは言うのだけど、父のパーティからお客を引き連れてきたと蔵之介は言う。

再開されたパーティでは、復活したまややと蔵子が華やかに、歩く。

稲荷の隣に立っている修を見て固まっている月海に気が付いた蔵之介は。

「月海、俺を見ろ!」と自分に視線を向けさせる。

そして、「自分はあのパーティにいた鯉渕蔵之介」と言って、気に入ったドレスを買ってくれるようにお願いする。

月海は、ステージの上の蔵之介を見て、初めて会った日からすべてが始まったと考えている。

少しづつ変わった自分、天水館ごと守ってくれる蔵之介の存在。

そんなことを天国の母親に報告している。

そして、蔵之介は父に真っ向勝負とばかりに、自分は再開発に反対の立場だと、はっきりと宣言する。

慶一郎もこっそりそれを見守った後、静かに出ていく。

その様子に気が付いた修。

外に出て、自販機で差し入れのお汁粉を買って戻ろうとすると、稲荷が声をかけてきた。

「あなたとお兄さん似ていないのね」

「正真正銘、僕の兄だ、兄に変なことをしたら許さない」

そう言って稲荷から離れる修。

ショーが終わって、ドレスを眺めている月海、蔵之介は絶対に来ると信じていてくれてありがとうと、月海に伝える。

月海は信じていたけどずっと不安だったと言う事を伝えていると。

蔵之介はそんな月海に思わず、キスをしてしまう、差し入れを買ってきた修はその場面に出くわしてしまう。

10時間後のミラノでは、蔵之介の探していた母が、配信された蔵之介のショーを見ていた。

鯉渕慶一郎事務所に電話する母、電話をとったのは修だった。

ドラマ「海月姫」動画5話見どころ感想

夢を見ているよう

海月姫て漫画のタイトルを見てなんだろうと思っていました。

正直、タイトルだけで気持ち悪いって勝手に思っていました。

でも、たまたま、テレビでみて、タイトルとは違ったものすごい夢があるものだと思いました。

それは、洋裁をしてきたことがある人は、自身が描いた絵をドレスにすると言うこと。それを商品として作り上げることです。

私、その夢を実現させることは、出来ませんでしたが、それをみんなの協力で実現させたつきみさんたちは、凄くよかったし耀いていました。

これから、どんな感じになって行くか楽しみです。

最後に蔵之介さんがつきみさんにキスした時も胸がキュンキュンしました。

最後にドレスを着てまた、ショーに出たいって思いました。

昔、学校の文化祭で歩いただけですけどね。海月姫は、私の夢です。

もう、叶うことはありませんがね。頑張ってくださいね。夢を重ねてみさせて頂きます。

面白いドラマだと思います

マンガを見ていたので話の内容などは知っていました。役者さんの配役が気になっていましたが女装役の瀬戸さんは最初どうかなと思っていたのですが役作りでちゃんと痩せて女性っぽい細さになっていたのでビックリでした。主人公の女の子の鹿児島弁も不自然な感じが全然しませんでした。

鹿児島出身の女優さんなのかと間違えるぐらいに配役にピッタリだと思いました。すっぴんで眼鏡をかけても綺麗に見えてしまうのでマンガみたいに芋くさくならないもんだなとちょっと残念でした。尼ーずの人たちも1人1人特徴がちゃんと掴めていてマンガのまんまの言い回しなどがそっくりだったので見ていて楽しいですし思わずテレビを見ていて笑ってしまいました。

最後のキスは月海や修にどんな影響をもたらすのか?

ファッションショーの成功に、月海・まややの成長など天水館にとってプラスになる事が幾つも起きたエピソードでした。ただ最後の蔵之助から月海へのキスは……どうなっちゃうんでしょう? いつか月海を巡る三角関係になるんじゃないかとは思っていましたが、いきなり不意打ちキスをしてしまうというのは予想外だったので驚きました。

一視聴者の私としては月海と蔵之助はお似合いのカップルだと思うんですけどね。しかし月海が気にしている男性は修であり、また蔵之助も修の恋を応援する形をとっていましたからね。特に蔵之助が修に対して何と説明するのかは気になって仕方ありません。修がすぐに身を引いてしまいそうな性格をしているだけに、兄としては話し難そうですよね。「対等の勝負だ!」って雰囲気にもなりそうにないですし。今後の兄弟の関係がどうなっていくのか楽しみです。

蔵子に心を持っていかれました

個人的な見所はやはり「蔵子」である瀬戸康史さんの女装です。これまでも瀬戸康史さんが出演するドラマを拝見する機会はあったものの、いい俳優さんだな、くらいでした。しかし今回海月姫での女装姿を見た瞬間に心を持っていかれました。

美しい、可愛い、可憐、そんな言葉が頭をよぎります。ご本人も役作りのためにダイエットなされたり女性の仕草を研究されてたそうなのですが、あの美しさはそんな努力の結晶なんでしょうね。「蔵之介」の時の瀬戸さんは男性としてとてもかっこいいので、蔵子の時のとの対比もいいアクセントになっていると思います。

ストーリーの中ではこれからヒロインの月海ことが男性として気になってくるのだと思うのですが、私としては尼~ズと蔵子がわいわいやってるのを見るのが楽しいのでそういうシーンがたくさん見たいなと思っています。

月見、まやや、蔵之介の活躍でファッションショー大成功!

今回は月海のドレスデザインと、ファッションショーでのまややの活躍が光りましたね。

まややが前髪を切りモデルに変身した姿は、プロのモデル顔負けの美女になっていました。

天水館のみんなの想いがまややを頑張らせることが出来たんですね。

蔵之介がショーで自らの女装をカミングアウトすることで、SNSの話題作りをするとは大胆な作戦でしたね。

慶一郎の招待客に天水館のことを訴えかけることに成功しましたが、果たして立ち退き計画を阻止することは出来るのでしょうか。

慶一郎は天水館の前で何を思ったのかが気になります。

次回、慶一郎からどんな言葉があるのか注目したいと思います。

そしてSNSでの発信に気付き、電話をかけてきた蔵之介の母・リナの行動も気になりますね。

ドラマ「海月姫」動画見どころ感想

今まで積み上げてきた物を捨てて、ステップアップ

このドラマを見た時には、大変驚きました。オタクという趣味が極端な程の執着が有りすぎる人物たちを、演じるのが新人の女優さんたちではなかった事に驚きました。まず、主人公の倉下月海を演じるのが芳根京子と、朝ドラのヒロインが今度はオタクとはと思ってしまいました。

ただ、驚くのは、彼女だけではありませんでした。ジジ様と名乗る年配男性が好みの、湿気じみた感じがする役に数々のテレビドラマと映画に出演されている、美人女優の木南晴夏さんと、何故という言葉しかありません。

更に続いて、まややという趣味が三國志と、男なら多くいる深過ぎる愛情を注ぐ役に、人気モデルの内田理央さんが演じて、鉄道オタクのばんばさんという人物にはSKEでトップの人気を得ていた松井玲奈と、物凄いメンバーが異様な役柄を演じるのが衝撃的に感じました。

彼女たちは、今までに積み上げてきた物を捨ててまでも、このドラマにかける思いに感動していて、更なる高みに向けて頑張って欲しいと思っています。

掻き回される人間関係と海月ドレス

今までにない、新しい感じのストーリーです。海女水館の5人の住人が、オタクで、みんな個性があり、良いキャラをしています。

引きこもりで、あまり外の世界に出ずに生活してきた5人の生活を、蔵之介が現れ、次々と変えていく、前へ進んでいく姿が素晴らしく、次はどのようなすごい展開になるのだろう?と、毎週楽しみにしています。

蔵之介の女装姿も、本当に女性にしか見えないほど綺麗で、足も細くて、素敵です。

弟の修が、つきみに対する恋心を不器用ながらに伝えていく、そして、つきみも、修への気持ちに気付いていく、歯がゆい感じも目が離せません。

そんな中、蔵之介もつきみに対する気持ちに気付き始めてしまい、三角関係かな?という展開になってきました。

修につきまとっている女性は、正直邪魔ですね。自殺をしたように見せかけて、修の気持ちをひこうとするとか、最低としか言いようがありませんが、そんな邪魔が入りながらも、つきみ、修、蔵之介の三角関係が、今後どのように展開していくのか、楽しみです。

海月のドレスも、とても可愛く、果たしてドレスを作り、海女水館を救えるのか?目が離せません。

月海と修と蔵之介の三角関係が気になるドラマ

このドラマは男性恐怖症気味の月海が蔵之介と出会い、女性らしさを身に着けていくという展開が面白いです。

最初は単なるクラゲオタクだった月海が、蔵之介によってイラストレーターの特技を活かして、衣装のデザインを手がけていく姿は月海の自信にもつながっていくと思います。

月海が見せるクラゲをイメージしたドレスデザインは皆可愛くて、今後の月海の活躍を期待したくなります。

雨水荘のみんなも加わり、蔵之介の元でドレス作りを成功させていく展開も期待したいですね。恋愛模様では修と月海の仲がもどかしいです。

その間に蔵之介も月海の事を無意識のうちに好きになるような含みを持たせているので、今後が気になりますね。月海と結ばれるのは果たして修なのか蔵之介なのか、今後の展開に期待して見ていきたいと思います。

ドラマ海月姫の感想と見どころ

ドラマ海月姫は原作の設定とは違い、蔵之介が兄、修が弟です。映画とも違い、蔵之介と月海がくっつくのか、修とくっつくのかドキドキしながら毎週観ています。

月海役の芳根京子さんは演技が上手く、蔵之介役の瀬戸康史さんは女装がとても似合っています。時々、蔵之介が月海の部屋で女装の服を脱いでいる時は、男らしさもありかっこいいです。

そして、蔵之介と修、月海の三角関係はどうなるのかも気になりますが、月海のデザインするクラゲのドレス、そして尼〜ずが製作するドレスもかわいいです。このドレスでブランドを立ち上げできるのか、そしてドレスが売れて天水館を守れるのかも見どころだと思います。原作と設定が違う部分があるので、結末がどんな風になるのかとても楽しみです。

オタク女をめぐる恋の三角関係

人と関わるのを極力避け、いつもビクビク・オドオドしながら生きてきた月海が蔵之介に振り回されながらも、自分の新たな一面を見つけて成長していく姿がとても印象に残ります。もっさりとした見た目で自信もなかった月海ですが、回を重ねるごとに見た目も中身もどんどん可愛らしくなっていくので、見ていて爽快で面白いです。

オタク姿も全て見ている蔵之介が、どういうきっかけで月海に惹かれていくことになるのか、そんな月海をめぐる兄弟との三角関係が今後どう展開していくのかが一番気になるところですね。兄弟とはいえ、見た目も性格も正反対といっていいぐらいの二人がどうアプローチをかけていくのか、そして月海はどう応えるのかに注目しています。
⇓   ⇓   ⇓
映画「海月姫」の超絶あらすじ・ネタバレ

ドラマ海月姫1話あらすじ
ドラマ海月姫2話あらすじ
ドラマ海月姫3話あらすじ
ドラマ海月姫4話あらすじ

ドラマ海月姫6話あらすじ

ドラマ「海月姫」の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「海月姫」はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます。

しってましたか?海月姫はドラマの他に映画、アニメがあるのを!

アニメ「海月姫」11話(2018年3月31日まで)
映画「海月姫」(2018年3月23日まで)

も全話無料でFODで視聴できます。

しかも、今ならFODは31日間無料キャンペーン中で海月姫が無料で見れます

この他にも
ドラマ昼顔全11話(2018年7月31日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)
刑事ゆがみ

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】






しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。

YAHOO ID登録で映画とアニメとドラマ「海月姫」を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-FOD, 海月姫

Copyright© 【2019年】VOD動画配信サービス比較【動画配信 どこがいい】 , 2019 All Rights Reserved.