FOD コンフィデンスマンJP

シグナル韓国ドラマ韓流動画フル無料11話パンドラあらすじネタバレデイリーミオミオで見れるの?

更新日:

韓国ドラマ「シグナル」の動画11話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

韓国ドラマ「シグナル」の動画11話フルの再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

韓国ドラマ「シグナル」の動画1話~16話最終回はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

韓国ドラマ「シグナル」の相関図キャスト

韓国ドラマシグナル相関図キャスト
イ・ジェフン(パク・ヘヨン)坂口健太郎
キム・ヘス(チャ・スヒョン)(吉瀬美智子)
チョ・ジヌン(イ・ジェハン)北村一輝
チャン・ヒョンソン(キム・ボムジュ)
チョン・ヘギョン(アン・チス)


韓国ドラマ「シグナル」11話あらすじ・ネタバレ見どころ感想

自分の手で捕まえて、この悪夢を終わらせる

スヒョン(吉瀬美智子)は、記憶をたどりながらたどり着いた、犯人の家、恐る恐るドアノブに手をかけ、中に入る。

ヘヨン(坂口健太郎)は、犯人と思われるキム・ジヌの事をコンビニで聞いていた、段ボールとヒモを持って帰ったことから、次の被害者が出るのではと危惧している。

拳銃を手にしてもしもに備えるスヒョン、あの日の感覚を思いだしながら、部屋の中を歩いている。

そんなスヒョンに近付く黒い影、ヘヨンだったのだが、「ヘヨンです」と名乗ってもパニック状態で、息も荒く怯えるスヒョン。

何とか落ち着かせたヘヨンだったが、スヒョンは、自分の手で捕まえて「この悪夢を終わらせる」と言う。

キム・ジヌを生きたままとらえたスヒョン

係長(甲本雅裕)始め強行班のメンバー、未解決班が来て家の中を調べる、すると被害者たちをあらわす持ち物がひとつひとつ整理されていたが、身元不明だったスンヨンの品物だけが見つからない。

しかし捜査の日以降、キム・ジヌは家にも戻らず行方が分からなくなっていた。

この家の事を調べると母親と二人で住んでいたはずの家だった、でも女性が居る形跡がない、下駄箱にヘヨンが女性ものの靴を見つけた時、鑑識が人骨のカケラを見つける。

ヘヨンは、この人骨はキムの母親だろうと、スヒョンに連絡する、スヒョンはいなくなったキムは、山だろうとみんなで山に向かう。

いまさら、母親の骨を山に埋める?と思われたが、キムの心に何らかの変化があるのではないかとヘヨンは行動を読む。

そして音楽デッキから、スンヨンの好きだった曲が流れる、他の被害者とは違い、スンヨンの好きな音楽をデッキに入れていたキム。

キムはその頃、自分の命を絶つ準備をしていた、枝に縄をかけ首に縄をかけ、上った台を蹴ろうとしたその瞬間、銃声が鳴る。

捜査員がそこへ向かうと、キムが首に賭けた縄を撃たれ、下でせき込み、もがいていた。

「今度は私が助けてあげる」と言って、キムの首に銃口を突き付けるスヒョン「あんたを簡単には死なせない、絶対に」

愛と言う概念すら知ることが出来なかった犯人の生い立ち

今回、キムが埋めようとした人骨は、母親の物、最初の殺人が起こった時期に自然死している、両親の離婚により、幼い頃から虐待を受けていたジヌが、母の死がきっかけでの殺人だっただろうとスヒョンの言葉に「ただのくず」と言い捨てる局長(渡部篤郎)。

ヘヨンは、そんなことを言う局長をにらむように見つめている。

局長の言葉に、ケチョル(木村祐一)やホンギ(池田鉄洋)は、やりきれない思いを抱えていた。

キム・ジヌの取り調べをするのは、ヘヨン、彼は最後の被害者であるスンヨンの好きだった歌を聞かせる。

「機械はこの曲をリプレイするようになっていた、1年間聞き続けていたのですか?」

キム・ジヌは、スンヨンの殺害に関してはいつもと違っていた…前から絞め殺すことが出来なくて、後ろに回って腕で首を絞め、彼女の命を奪った。

彼女からは好意をぶつけられていたキム・ジヌは、この殺人から、気持ちが大きく変わってしまった。

彼は母親から「愛と言う感情を教わっていなかった…だから彼女を想うその気持ちが愛だと気が付くことが出来なかったとヘヨンは言う。

事件は解決したが、ヘヨンはジェハンに犯人を教えられなかった

その後、「キム・ジヌは、人を殺すことが出来なくなり、生きている理由を得られず、彼は自殺を試みた…キムは…ただのクズですか?」ヘヨンはスヒョンに問いかける。

「どんな不幸な境遇でも、彼は11人もの女性を殺した…同情できない」スヒョンはそう答えた。

「生まれながらの怪物もいますが、人が作る怪物もいる…誰かが…誰かが手を差し伸べていたら」

ヘヨンは兄が関わってしまった事件と、取り残された自分の姿を思い浮かべていた。

無線の繋がる時間、ヘヨンは、犯人が捕まったことだけは、ジェハンに告げた、けれど有力な情報を流すことで、歴史が大きく変わり、予期せぬ人が殺されてしまった過去の事件から、犯人が誰かは、言えなかった。

「あなたは僕にいいました、あきらめるなと、だからあなたも諦めないでください、あきらめることが未解決事件を生む」スヨンの言葉に、ジェハンが答えようとした時、無線は切れてしまった。

警察に戻ると、ボムジュ班長の命令により、この事件を中止しろと言われたが、ジェハンあきらめなかった。

ずっと休んでいたスヒョンもやっと復帰して来た。

1998年1月、あきらめなかったジェハンは、事件を解決した

ヘヨンが持っていたジェハンのメモから、ホンウォン洞事件が消えた。

スヒョンが、タンスから出ていた手が本当に遺体だったのか、別の遺体に触れてみて、その感触から確認してみる。

ジェハンは、何故タンスの中に遺体が残されていたのか、そこから犯人は一人暮らしではなく、家族が死んだことを隠したい人なのではないかと予想した。

そしてマンホールの上でどぶ臭さをジェハンが確認している所に出てきたキム・ジヌ。

ヘヨンが、取調室に行くと、誰もいない、ホンウォン洞事件について調べると1998年1月に犯人は捕まっていた。

2000年以降の被害者たちは、生きていて今を生きている、キム・ジヌは、無期刑になったが、メンタル治療を受けながら服役中、生気のない顔をしている。

そんな犯罪者のためのボランティアの中には最後の被害者だったスンヨンもいる。

「被害者が助かった代わりに、他の誰かが不幸になるかもしれない、だが生きていれば、希望をつかめるだろう…」ヘヨンはそんな結論に達した。

スヒョンがジェハンを好きになった訳

スヒョンの母は、相変わらず見合いの話を持ってくる、無理やりピンクの服を着せられたスヒョンに法医学研究室から連絡が来る、ジェハンの遺骨を探しているのは、ヘヨンも。

二人は同じ時刻に、監察医のところにくる。

1999年の2月バレンタイン前、スヒョンは結婚詐欺の男を取り調べている、殺されかけた事件から2年、いつの間にか強くなっているスヒョン。

でもバレンタイン用のチョコは持っている、詐欺に騙された女性にティッシュを渡そうとしてバッグから転がり落ちたチョコを、警察の仲間たちは、いつジェハンに渡すのか、楽しみにしている。

スヒョンの気持ちに気が付いていないのは、ジェハンだけと言う状況のようだ。

でも仲間の一人が、「チョコレートはもらえそうか」とジェハンに聞くと「イベント好きな女は嫌いだ」と言うもんだから、スヒョンは、ジェハンにチョコを渡せなくなってしまった。

それは、議員が視察に来た時の事だった、体調が悪くてもマスコット扱いのスヒョンは、来客があるときは、お茶くみ要員として呼び出された。

「お茶くみは女の仕事と誰が決めた」そう言って具合の悪いスヒョンを休ませ、自分が議員にコーヒーをサービスに行くジェハン。

いつになく、笑顔を振りまいてサービスするジェハンに、上司や議員は変な顔をしている。

サービスしに走ってきた、スヒョンに、「いつも笑顔を振りまいているから、お茶くみ係になるんだ」と叱ると「愛想よくしろと‥」と言うと「可愛い目をするな!目に力を入れろ」とか、言っちゃうから、他の同僚にからかわれるジェハン。

自分の頬が熱を持ってきたのを感じるスヒョン。

ホンウォン洞事件は、ジェハンが解決したが、現代に悪い影響はない

白骨の正体はジェハンではなかった、がっかりしている反面ホッとしているスヒョンにヘヨンは、「その格好は見合いですか」と聞く。

母親に無理やり着せられているスヨンは、「貴方こそなぜイ先輩に執着するの?」と聞き返す、ヘヨンは「自分でも信じられない事を言ったら信じてくれますか」と前置きして「もっと男に優しくないと見合い相手に逃げられますよ」と憎まれ口をたたいて去って行く。

家に帰ると、ジェハンとの連絡がついた、ヘヨンが教えなくても、ジェハンはあきらめなかったことで、自力で、キム・ジヌにたどり着いた。

気になっていた余計な被害者も出ていない、二人は安心を共有している。

残る事件は、あと一つ、ヘヨンの故郷インジュ市で起きた女子高生集団暴行事件。

ヘヨンは、この事件は自分にとって大切な事件だから、何があったかの真実を教えてほしいと言う。

けれど所轄が違うインジュ市にジェハンが行くのは考えにくい…そう言う所で無線は切れてしまった。

インジュ市女子高生暴行事件が起きてしまった

1999年インジュ市、インジュ高等学校のサイトには、ある女子高生が集団暴行された事件が書き込まれていた。

犯行が行われていたのは柳の家と呼ばれるつぶれた店、高校生たちは自分たちの学校の生徒が巻き込まれた事件に騒然となり、あっという間にその話題は広まった。

幼いヘヨンが兄に勉強を教わっていた頃、その話題は電話で兄にも伝えられた、兄は被害を受けた女生徒と仲が良かったことも有って飛び出していく。

被害を受けた女子生徒は、屋上に駆けのぼり、そこから飛び降りようとしていた。

一点の曇りもない…そう見せかける裏工作

この事件を受けての事だろうか、ジェハンの上司のキム・ボムジュ班長が料亭で食事をしている国会議員に呼び出されている。

人事異動をちらつかせ、班長は、「議員の為に忠誠を尽くす」と言うが、議員は建前を言い始める「私に忠誠を誓ってどうする、透明性を保った捜査をしろ」と言いながらも、その目は、自分の甥を守れと言っている。

言葉では、何も命令をしていない、だけど…無言の圧力と言う形で彼はキム班長に不正を行えと言った圧力をかけている。

「一点の曇りもなく…(私の甥っ子をかばえ)」

恐ろしい裏取引である、言葉では何も命令していない、けれど「一点の曇りもないように自分の身内を見えるようにしろ!!」そう言っているのだ。

忖度は日本独自と思っていたけど、韓国にもあるんですね。

権力者の身内を守るために文書は改ざんされた

インジュ市は管轄外であったが、その話題は、ジェハンの部署にも伝わってきた、スヒョンからその情報を聞き、ジェハンはヘヨンから聞いたその言葉を思い出していた。

インジュ市の警察だけでは手が足りないので、キム班長を中心に応援メンバーがジェハンの班でも結成されたが、ジェハンは選ばれなかった…が、無理やり仲間に変わってもらって、車に乗り込むェハン。

キム班長は、嫌そうだったが、「何か不都合がありますか」と言うジェハンの言葉に舌打ちをして、そのまま車を出させる。

インジュ警察では、アン・チス(甲本雅裕)がこの事件の担当をしていた。

中へ入ると加害者として掲示板に書かれた生徒の親たちが、そこに集まって、「うちの子供は悪くない」「女の方が誘った」と反省どころか、セカンドレイプ状態の事を言っている。

被害者の最初の証言に添った調書を見たキム班長は、その調書をでたらめだと言って、最初の騒ぎになったことで削除された掲示板を、透明性を保つために公開しろと言いだした。

けれど…その公開されるデータは、世の中のクズと呼ばれる、何の力もない一般庶民であり、権力者の元で働く社員の息子たちの名前に入れ替えられていた。

そう…透明性を見せると言った文書が権力者の身内を守るために、改ざんされたのである。

娘の治療費の為に、ボムジュ局長の元悪事に手を締めていたアン・チス

2015年アン・チスは、自分の娘の命がもう持たない事を医者から告げられた、そんな時、キム・ボムジュ局長から呼び出された。

「娘が危篤で、もう治療費は必要なくなるから、私を裏切るのか」

アン・チスは、これまで娘の治療費の為に局長の悪事に手を貸してきたのだ、けれどその必要が無くなった今、彼は彼の刑事としての正義に従った。

辞表を出し、局長から離れるアン・チス、彼はその足でインジュ市のある病院に向かう。

アン・チスが偽装工作をしたとヘヨンに告白

ヘヨンは、インジュ市事件を調べている、そこにアン・チスから電話が来る。

「インジュ市事件を調べているだろう、俺もお前の兄パク・ソヌの事は残念に思っている、あの事件は危険だ、真実を知れば兄の二の舞になる」と言われるが「命に代えても真実を知りたい」というヘヨン。

真実を知りたければ、インジュ市に来い、俺は真実を知っている、俺が事件の偽装工作をしたんだ…2時間後にインジュ病院前に来い」そう言ってアン・チスは電話を切った。

証拠が簡単に出てくるが納得できないジェハン、そしてヘヨンの兄が届けた写真

始め被害者は、10人に襲われたと言った、けれどその人数は、ボムジュの偽装により、18人に増えていた、それを確認するアン・チスとジェハン、父親は「娘がいつもつるんでいた、隙があるからこんなことになるんだ」と言い捨てた。

ジェハンは、父親の言動に怪しさを感じて、直接被害者に名刺をベッドに置き、何かあったら自分に連絡してほしいと言うのだが、あんな事件に合い自殺未遂までした彼女は、突然飛び込んで来たジェハンに、怯えてしまった。

被害者に会いに来たヘヨンの兄は、父親にあいさつするが、会えなかった、その代わり父親が捨てたジェハンの名刺を拾っていた。

近所の人、同級生から不良18人の名前や顔写真が判明したが、ジェハンはどこか納得できない。

ヘヨンの兄がジェハンに手紙を届けていた…7人の生徒会幹部の写真、そこにある言葉から、掲示板に会った秘密の暗号が符合する。

虫の息のアン・チス…真実は闇に葬られるのか

ヘヨンは、アン・チスとの約束の場所に来た。

電話をしても出ない…が電話の着信音がする、その方向に行くとアン・チスが刺されて倒れていた。

韓国ドラマ「シグナル」の動画1話~16話最終回はどこで見れるの?AD

韓国ドラマ「シグナル」の動画1話~16話最終回はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で1か月間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ



ドラマ「シグナル」は見放題扱いの作品なので全話無料で視聴できます!

日本版「シグナル」(2019年4月9日まで)

韓国版「シグナル」(2022年10月16日まで)

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

ドラマ「シグナル」をFODで全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-FOD, コンフィデンスマンJP

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.