FOD 海月姫

海月姫ドラマ動画フル無料最終回10話見逃し再放送パンドラデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ「海月姫」の動画最終回10話の無料視聴、再放送、見逃しはpandora,デイリー,youtube,miomio,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ「海月姫」の動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「海月姫」はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
YAHOO IDで31日間無料キャンペーン中【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

ドラマ「海月姫」相関図キャスト


倉下月海 (芳根京子)
⇓   ⇓   ⇓
芳根京子(倉下月海)の演技力
鯉淵蔵之介(瀬戸康史)
⇓   ⇓   ⇓
瀬戸康史(鯉淵蔵之介)の演技力
鯉淵修(工藤阿須加)
⇓   ⇓   ⇓
鯉淵修(工藤阿須加)の演技力
ジジ様(木南晴夏)

ばんばさん(松井玲奈)
⇓   ⇓   ⇓
松井玲奈の演技力
まやや(内田理央)
⇓   ⇓   ⇓
内田理央の演技力
千絵子(富山えり子)
桐山琴音(最上もが)
ノムさん(安達祐実)
⇓   ⇓   ⇓
安達祐実の演技力

稲荷翔子(泉里香)
⇓   ⇓   ⇓
泉里香(稲荷翔子)の演技力

佐々木公平(安井順平)
花森よしお(要潤)

鯉淵容子(床嶋佳子)
倉下深雪(小雪)
鯉淵慶一郎(北大路欣也)

ドラマ「海月姫」動画最終回10話あらすじネタバレ

月海はデザイナーの道をあきらめるのか、カイの言葉に揺れる蔵之介

最終話10話は、出演していた方たちも打ち上げしながら見たそうとかで、ツイッターはそっちの話題も盛りだくさんでした。

気になる人はツイッターもチェックすると楽しい!チェックしてもう一度見たい人はFODがオススメ、FODの10秒戻る、10秒進むの機能がとっても便利!

胸キュンのセリフ、シーンをクリックするだけで何度も見られるよ!!

9話で、月海(芳根京子)を奪還してしまったことから、天水館を出てきた尼―ズ、でもみんなは同じ漫画喫茶で暮らしていた。

クララは、鯉渕家で預かってもらっているから、蔵之介(瀬戸康史)は海水の素について聞きに来ていた、買い置きが天水館に置いたままなので二人で取りに行く、蔵之介と月海。

尼―ズに文句言いながらもなんだか、楽しそうな蔵之介、でも月海の机の上にある修(工藤阿須加)が贈ったクラゲの指輪に、向ける視線が気になる。

修はプロポーズの話を、花森(要潤)に聞いてもらうが、天水館でしたことで、酷評されてしまう。

一方稲荷(泉里香)たち、再開発グループも月海が、戻ればカイ(賀来賢人)が天水館を手放す事で再開発が出来ると喜んでいる。

しかし、鯉渕慶一郎(北大路欣也)が反対派の方についてしまったことで、再開発が見直しの方向に進んでしまっているらしい。

鯉渕家に話を聞きに来た稲荷たち、慶一郎は、月海のクラゲのエサやりを楽しんでいる。

息子たち二人が反対派なので、慶一郎もそっちに行ってしまったのでは?なんて、佐々木(安井順平)が話しているが、稲荷は修への思いもあって、落ち着かない。

久しぶりに入り込んだ、天水館は、ほとんどそのまま、食事をした鍋が残っているけど、それもまだ暖かい、誰かがココにいるのだろうか、なんて月海と蔵之介が話していると…。

「まさか、目白先生?」と声を出す、月海。

でも出てきたのは、カイ…彼は月海に「これからどうするの?またここで服でも作るの?」

そう聞くけど、月海は「いや、皆さんはもう、服は作らないと思います」そう言った月海に、「じゃあ、もうデザイナーは辞めるんだね」

その言葉に、一瞬躊躇する月海だったけど、「私はもともと、デザイナーなんてそんな大それた…」そういう月海が、話し始めると、カイは蔵之介に向かって、「君は彼女にデザイナーを捨てさせた」そう切り込んでいく。

月海のデザイナーとしての才能を開花させたのは蔵之介、服が好きな蔵之介だからこそ、カイの言葉に打ちのめされたように黙ってしまう。

「ミス月海、よく考えるんだ、本当にそれでいいのか」

ジェリーフィッシュの最後の服作りが始まる

それだけ言って、二人の前から去って行くカイ、月海は、「あの人の処にもどるつもりはない」そう言うのだけど、蔵之介は、尼―ズの前である決心を語る。

漫画喫茶で鍋をやっていいのか?っていう疑問も残るが、鍋をやっている尼―ズ、その前で
蔵之介は話し始める。

「みんなは、人前に出られるようになったり、自立のための仕事を始めたり、俺が出会った頃の尼―ズとは、全然違う、なのに俺は全然成長していない、だから俺…1からちゃんとファッションの勉強をする」

「だから、ジェリーフィッシュは、解散しよう」

蔵之介の言葉に、月海は、目を一瞬見開いて下を向いてうつむいてしまう。

ジェリーフィッシュの活動について、ばんばさん(松井玲奈)は「楽しかった」この言葉から、ジジさま(木南晴夏)もまやや(内田理央)も、千絵子さん(富山えり子)もみんなが服作りを楽しんでいたと言ってくれた。

「でも仕方ないわね、蔵子もいなくなっちゃうし、天水館も無くなるんじゃ」そう千絵子さんが言いだすと、月海が、カイの会社にいた時に書いたドレス、尼―ズのみんなに着てほしい服のスケッチを見せる。

「ジェリーフィッシュの最後のショーをしよう!」尼―ズのみんなの思いがひとつになり、月海は、蔵之介の意見を聞く「やるに決まっているだろう、俺たちの卒業制だ!」蔵之介の言葉にまた一つにまとまる尼―ズたち。

尼―ズは、オタク仲間だけじゃなくて、自分がやりたいことを迷っていた蔵之介も合わせて尼―ズなんだよね。

ドレス作りを決めた尼―ズの面々は、さっそく天水館に潜入する、そしてこれから作る服の説明をくらげが一生の中で姿を変える過程を説明している。

姿を変える事、それは「変態!!」「メタモルフォーゼ…な」蔵之介が英語で誤解のないように言うが、まややは、春先に出てくるあの変な奴かとか、ジジ様は痴漢的な変態の絵まで描いている。

ジジ様は、ニーシャ(江口のり子)に仕入れの相談をすると言って動き出し、千絵子さんは、ノムさん(安達祐実)が手伝ってくれるかを確認すると電話をしに行った。

月海は、作業を始める前に自分の心の整理もあるのかな、「弟さんと話をしておきたい」そう言って修を呼び出し二人で話をする。

修からのプロポーズの返事…月海の出した答えは「本当にすごくうれしかった、こんな私を守ってくれるって言ってくれて、でも守ってもらうだけじゃだめだと思った、何もまだやれていないけど、今作りたいものがあるんです」

「兄貴と?」修の言葉に素直に「はい」と答える月海、月海しか喜ばないような婚約指輪を返すと言われて、わかっていたのだと思うけど、空を見上げてそれを受け入れる修。

その頃、カイの会社は、中国市場の下落に始まってからの危機に瀕していた、切り捨てを推し進める中、ずっとそばに居たファヨン(伊藤ゆみ)が会社を辞めると、カイに告げる。

ファヨンはカイにとって、ただの従業員ではない、養護施設からずっと一緒にいた仲間でもあったそれなのに「これからは自由になる」そう言って去って行くファヨンを何も言わずに見つめているカイ。

尼―ズの為のドレスはジャージの生地で!!

ノムさんもニーシャも加わって、楽しくまた服作りが始まった、月海の服をノムさんも気に入ってくれて、最初にお人形サイズに型紙を作り、試作品もお人形。

まあその方が試作品の生地代も安上がりだしね、なにせ貧乏な尼―ズの面々、ショーに裂けるお金は0円、ニーシャさんに払う生地代は、目白先生に出してもらってやっと支払えるのだし。

そこへ修とのことをすっきり、させてきた月海が帰ってきた、蔵之介は月海が修と何を話したのか気になるみたいだけど、あえて聞かずに、「服作り頑張りましょう」そう言う月海に「おう!」と言って気合を入れる。

ノムさんが作り上げた生地ごとの試作品、まややが「これは洗濯機で回しても大丈夫なのか」と聞くと、ニーシャが「あかん、この記生地ではクリーニングに出すのが当たり前や」そう言ってみんなを叱る。

ニーシャの迫力に影から「虫けら」と悪口を言うノムさん、声の聞こえた方向から、「お前が虫けらといったのか、このジャージ女が!!」とまややが責められる。

尼―ズの普段着のジャージに気が付いた月海は、まややのジャージを引っ張りながら、「できる、この生地なら変態できる(メタモルフォーゼね・蔵之介のツッコミ)、ニーシャさんジャージの生地でお願いします」そうニーシャに依頼する。

ドラマでは、はぶかれていたけど、それまでヨーロッパでは女性の服はかっちりとしたコルセットで体を締めあげるようなそんな服が主流だった、そんな女性たちの服にも自由を取り入れたココ・シャネルはジャージで服を作った話が原作漫画では盛り込まれていた。

漫画もFODで読めるよ。

生地代を目白先生にお願いに行った時に、またショーをやってくれることが条件だったことから、ばんばさんが、目白先生があのショーを見ていたことがわかる、長い髪のシルエット、目白先生ってどんな人?これは最後までのお楽しみ!!

カイ・稲荷も尼―ズもそれぞれの過去を脱皮してステージを見つめる

会場探しに悩む蔵之介、そこへ修が帰ってくる、二人で夕飯を食べながら、会場探しの相談を修にする。

「また月海さんたちとショーを?」そう聞いた後、修は、「3人で暮らせたら楽しいだろうな」そんなことを唐突に言い出す。

「恋愛とか結婚とか関係なく、みんなで暮らせたら…」そう言う修に「もしそれが出来ていたら、母さんもこの家に居られたかもな、世間におかしいと言われても俺にとってはこのでかい家でみんなで暮らせたら…それが一番よかった」

「今でもリナ(若村麻由美)さんに会いたいと思っている?」「俺のクラゲのドレスを母さんが買ってくれたそれだけで十分だ」蔵之介のクラゲって言う言葉に修はショーの会場に心当たりがあると、「僕に任せて」そう目を輝かせた。

早速次の日に、水族館に交渉に行く修、最初は断られるが、館長があの月海を探しにパスポートセンターに行った時に修たちが世話をした女性だったことから、あの初めて3人で水族館デートをした新江の島水族館で行うことが出来るようになった。

原作では、慶一郎の後援会で、具合の悪くなった女性を修が介抱して、元々いろいろなイベントを水族館の閉館後に行っていたこの水族館でのイベントの一つにすることで無料になったんだけど、ドラマ版の話もドラマティックだよね。

着々と準備が進む中、ばんばさん、まややは、花森をこき使いながら、買い出しに出かけていた、買い出しの休憩中、公園でタイ焼きを食べながら、花森は、蔵之介が男であることを、二人にばらしてしまう。

まややとばんばさんは、このことがバレたら目白先生の怒りを買うから、このことは二人の心にとどめることに決めた。

月海はデザインにペンを走らせ、まやや・ばんばさんは、布を切り、千絵子さんはミシンを動かし、ジジ様と蔵之介はパソコンで情報を整理している。

ノムさんは、服作りに、ニーシャはインド仕込みのカレーをみんなに振る舞ってくれたり、ショーに向けての動きはどんどん進んでいる。

その一方で、カイは自分の会社のCEO(最高経営責任者)を解任されていた。

そして蔵之介も慶一郎に、「大学をやめてデザイナーとしての勉強を始めたい、やっと見つけた自分の道」と慶一郎に今度のショーの招待状を渡す。

蔵之介が席を外した後、慶一郎は、修にショーを見に行くのなら、頼まれてほしいことがあると、修にあることを任せる。

すべての準備が終わり、みんなが疲れ果てて寝ている時、月海はクララに話しかける「クララをモデルにして作った服、この服がみんなの鎧になればいい」外に出て交流することに怯えていた尼―ズに、鎧を身にまとうことを教えた蔵之介の言葉を表現したのだ。

海月姫 最終回10話、最後のショーが始まる、蔵之介・修・月海の三人の恋が始まったこの場所で、あの時はみんな何も見つけていなかった、今度のショーはみんなが進む方向を見つけて歩き出す、そのためのショー。

再開発がダメになって自信家だった稲荷も佐々木に連れられて修の隣に座る、微笑んでそれを見つめる修、修が月海にフラれたことを聞いて急に元気に笑う稲荷、この二人の未来も気になる。

そしてショーが始まる、ステージの司会は、天水館にで行ったものと同じ、花森、まるで天水館で起こったことをストーリーに仕立てて、蔵之介と尼―ズの物語を語る。

カイ・修そして多くの人が見守る中、ショーは始まる、モデルとして、ランウェイを歩くのは、最初のショーで頑張ったまややと蔵之介、どちらもプロのように華やかできれい。

カイの隣には、ファヨンが来て「社長を解任された」ことを聞いたと言う、「幸運の女神に逃げられたとたんにね、彼女が僕たちの服に命をふきこんでくれるはずだったのにな」

そして修はやってきた女性を迎えに出ていた、そうあの時慶一郎が、「ショーに行くなら頼まれてくれ」そう言った願いを叶えるために呼んだ女性リナ。

男の姿に戻った蔵之介が月海につたえる「愛している」

ステージの上で、蔵之介が固まる、目線の先には、修が連れてきた母リナ。

蔵之介の異変に気が付いたまややが、すぐに蔵之介を連れてステージを降りる。

子供の頃、去って行く車を追いかけて以来何十年かぶりに、ステージの上から母親を見た蔵之介、動揺して動けなくなったのも無理はない、鯉渕家を見守ってきた花森の言葉に事情を知らない尼―ズも納得する。

ステージに出ると言って立ち上がる蔵之介の肩に手を置いて、月海はみんなに「ドレスに着替えて今度は、私たちが蔵子を助ける番」初めは戸惑うが、尼―ずたちも次々にドレスに着替える。

背筋を伸ばして、メガネを外し、顔を隠すように前に下げていた髪を後ろにしてジジ様が最初にドレスに着替える。

自分たちのために作られたドレス、それは自分たちそのままでメイクもなくても輝くことが出来るドレス。

ジジ様が、ステージに出ている裏で、千絵子さんはあたふた、ばんばさんは、気を落ち着かせるためか壁に頭をぶつけている。

花森はそんなばんばさんの所に着て、髪の毛を揚げてキレイな目を出した方が絶対にいいと言ってばんばさんの目を出させる。

地味なジジ様、アフロのばんばさんは、稲荷が焦る程に輝いている。

もちろん何度もモデルをやっているまやや、ふくよかだけどその欠点も気にしないでいいと言う感じの千絵子さんも、みんなお姫様。

ステージ裏では、蔵之介が入ってきた修に「何十年かぶりで逢った息子が、女の格好で、母さんびっくりしたかな」その言葉を言い終わる前に、リナが蔵之介に話しかける。

「大丈夫よ蔵之介、私はジェリーフィッシュの大ファンだもの、驚かせてごめんなさい」

「どうして」驚いている蔵之介にリナは続ける「立派になった蔵之介を見てやって欲しいと、慶一郎さんに言われてきたの…本当にりっぱになったわね」

「ずっと会いたかった」そう涙で消えそうな声でいう蔵之介を抱きしめるリナ。

自宅でネット配信されているショーを見ている慶一郎、「そんなので見るのなら、行けばよかったのに」妻の言葉に、慶一郎は、今日は結婚記念日だからと言って花を渡して妻を抱きしめる。

蔵之介は、真っ白なタキシードに着替えて、最後を飾るステージに出る準備をしている月海の隣に並び、「ありがとな、これが俺たちのラストステージだ、行くぞ」月海の手を取って
ステージに駆け出す蔵之介、月海の顔を見て思いのすべてを込めて月海に伝えた。

「愛している」

ステージが終わって、月海は、クラゲを見ている、そこへ修がやってきて月海に、蔵之介の母から言われたことを伝える。

「兄貴が大切に思っている女性がいて、その人とうまく行くようなことがあったら伝えてほしい、私の分まで愛してあげてって」

修は微笑んで、一礼して去って行く…まだ月海への思いもあるだろうに切ないね。

旅立つ蔵之介、天水館でデザインを続ける月海

ノムさん、ニーシャさんを交えてショーの成功を祝う会が天水館で行われている。

ショーが終わっても髪の毛を上げたままのまややが、かわらずアフロで目が見えないばんばさんのショーでみせたうるんだ目を褒めている。

ニーシャは、見せろとか言ってみんなで騒いでいると、蔵之介が、みんなにお礼を言う。

「みんな今日はありがとう、これで心置きなくファッションの勉強に行けるよ」この言葉に、千絵子さんが、もう服飾の専門学校に願書は出したのかって聞いてくる。

でも蔵之介が選んだ勉強先は、「NYに行く、明日から!」相変わらず決めたら勢いがあるってニーシャさんにも言われる蔵之介、そんな蔵之介を微笑んで見つめる月海。

そこへやってきたのは、天水館の今の持ち主であるカイとファヨン。

まやは臨戦態勢になるし、ばんばさんはアフロアタックをしようとするけど何とか止めて、話を聞くと。

「ショーを見せてもらった、君たちにしか作れない素敵なドレスだった、退職金代わりにここをもらったから、これからは管理人として君たちをサポートしていく」

カイの言葉をサポートするようにファヨンが、カイが会社を解雇されてしまったことをみんなに告げる。

「ここが僕の収入源だ、しっかり働いて家賃は払ってもらう、次に作る服も楽しみにしているよ」

カイの言葉に「ここで服はもう…」蔵之介が言いかけるとまややが「作りますぞ、そのためにおぬしは、NYに勉強に行くのだろう?」

カイを中心にみんなが蔵之介を見つめている、蔵之介の答えに期待を込めて「俺またみんなと服を作りたい」蔵之介の答えを聞いて千絵子さんが「だったらみんなで守って手上げないとね、ジェリーフィッシュを」

その言葉を聞いて、ファヨンと出ていくカイ、月海の「ありがとうございました」って言葉に、満足げに微笑むカイ。

カイを見送った後、蔵之介は、みんなに黙っていたことを告白する「俺、実は男なんだ」

これを言った次のシーン、録画した人は一時停止してみてほしい、もちろん驚いているのが千絵子さんだけなのもあるんだけど、このシーンからあの人が紛れ込んでいる。

蔵之介の告白に月海は、「私が最初に皆様に説明しなかったばっかりに…」って言いかけると、ジジ様が「私は、だいぶ前からわかっていました」と言い、ニーシャにも「こんだけ一緒におって気付かへん方がアホやろ」と言われ「あほな虫けらでしゅ」とノムさんも。

花森から聞いていたまややとばんばさんも「男だろうが、女だろうがもうどっちでもいいわ」「御意、蔵子は蔵子、お前がいてこその尼―ズだ」「そうよね、尼―ズよね」

千絵子さんの言葉にエンジンを組んで「WE are Amars 」って叫ぼうとしたら蔵之介の隣にあの人がいた。

初めて会った蔵之介は、「誰?あんた?」そこにいたのは美しく長い髪の男の目白先生(滝藤賢一)だった。

「目白先生まで男だったなんて!」千絵子さんはWのショックで倒れてしまう、みんなで介抱している中、焦りまくる目白先生、あんなにお金を出してあげていたのに、扱いひどいよね(笑)

鯉渕家でも結婚記念日のパーティが行われていて、「一度フラれたくらいであきらめるな」と慶一郎は修にはっぱをかけている。

部屋に戻ろうとする修だけど、家の中には稲荷と佐々木が来ていた、一度フラたくらいでは諦めないみたいな稲荷は、慶一郎の計らいで一緒にパーティを祝っている。

みんなが千絵子さんを介抱している中、二人きりになった蔵之介と月海。

蔵之介は、天水館が男子禁制になったわけがじつは、千絵子さんに一目ぼれした最初の入居者の目白先生が、他の男から千絵子さんを守るためだったことを言っている。

「まあ、俺も人の事言えないか、じゃあ俺いくわ」そう月海にいう。

「私、蔵之介さんと会って、知らなかった華やかな世界をたくさん見ることが出来た、今までは傷つくのが怖くて、開けられなかった扉を開けることが出来た、蔵之介さんが私に魔法をかけてくれたから」

「遠く離れた蔵之介さんにもう頼ることは出来ませんよね、だから私は、待っていません、ジェリーフィッシュの服もこれからも作り続けます、尼―ズの皆さんと一緒に、だから心置きなく勉強してきてください」

「俺がいなきゃただのクラゲオタクだったくせに、覚えているか、最初に出会った時、挙動不審過ぎて熱帯魚店で…」

おしゃべりな蔵之介の口をふさいだのはなんと、月見の唇だった。

初めてのキスの時に、蔵之介は、「あれはあいさつだ」って言ったのを真似して月海も同じように驚いている蔵之介に言う、微笑んでから月海を抱きしめる蔵之介。

二人を持見つめるクララの画像でおしまい…のはずが稲荷が月海の真似しているシーンが最後に!!

このシーンは7話で使うはずだったのがボツになったとか、スタッフさんのツイッターで流れていたんだけど、もう一杯流れ過ぎていて探せない。

原作とちょっとだけ違う点をいくつか

ショーの最初に花森が尼―ズの事を話す言葉は、ショーがおわったあとのエピローグみたいなページで語られている。

ドラマでは静かに見守っていたカイだけど、漫画ではブラボーとか、声を発したりして一緒に参加している、そして天水館のパーティでは、管理人として住むと言っている。

目白先生は、クララを小さな水槽に入れて、ショーを見に来ていた、クララの姿を見てそれに気が付くのは月海。

目白先生が男とわかって、蔵之介も「俺も男なんだ」って告白する。

慶一郎は、国会が行われているので、ショーには来られなかった、そして、妻の兄の総理大臣から、「蔵之介を自由にさせてやれ、これは総理大臣命令だ」って言われていた。

最後に、蔵之介役の瀬戸康史さんが、蔵之介役を終えてブログに書いた一言を。

「蔵之介がずっと探していた“自分が自分らしくいられる場所”を僕も見つけられた気がする。」

自分らしく居られる場所、いつもぬるま湯の中って言うのもダメだけど、心を許せる場所があるっていいですね。

私も海月姫を見て学ばせてもらった気がします、ありがとう尼―ズ!!

カーリングパクリそうだねもぐもぐタイム

ドラマ「海月姫」動画最終回10話見どころ感想

ピンチの時に助けてくれる縁

月海は修さんに好意をもっていたし、くらげの指輪も受け取っていたからてっきりプロポーズを受けたのだと思っていました。守ってもらうだけじゃダメと言えたのは本当によかったのかなとも思います。

修さんはフラれたって言ってましたが、本当は蔵之介さんのこともあって身を引いたような感じも受けます。

蔵之介さんは月海のことを気にはしているだろうけど恋愛感情なのか、でも3人は微妙でいい関係だなとうらやましいです。

水族館でショーができるのは素敵ですし、修さんの日頃の行いの良さがピンチの時に助けてくれてなんだか世の中悪いことばかりじゃないと救われます。

カイさんが退職金代わりに天水館をもらってオーナーになるとは思ってもみませんでいたがいろいろな縁を感じます。

月海が最後に出した答え

弟が月海さんにプロポーズをして倒れてしまいました。

多分、嬉しかったと思いますが、答えは言いませんでした。

弟が以前、月海さんを守りたいと言ってましたが、守られてるだけではだめと判断しました。

月海さんを変えてくれた、兄と一緒になることを選びました。

兄の存在は大きく、地味集団だった尼~ずも変えてくれました。

ファッションショーでは、みんな輝いて見えて、こんなにも美形だったのかと周りを驚かせました。

一方で、賀来賢人さんは社長辞任に追い込まれて、一寸先は闇の世界になりました。

結果論ですが、月海さんは外国に行かずに正解でした。

月海さんを基準として、兄と弟の三角関係は、終わりましたが、兄は月海さんを伸ばす人だと思いました。

感動のクライマックス!!

最終回の見どころと言えば月海と蔵之介と修の三角関係、そして尼〜ずの解散危機、目白先生は一体どんな人なのか、これが見どころとなり気になるところではないかと思います。雰囲気的には月海と修がくっつきそうな感じがありましたが、月海は修のプロポーズを断ってしまいましたね。

修よりも先に出会ったのは蔵之介ですから、蔵之介を選んでほしいという気持ちはありましたがほんとにそうなるとは思いませんでしたね。

そして尼〜ずはそれぞれの道を歩むとなり別れたが、まさかの同じネットカフェに居たという。そこで月海は最後にドレス作りをしてショーをやりたいと言って、尼〜ずはショーをやる事を決めドレス作りを始めた。

最後の共同作業、みんなの想いがこもったドレス作り。尼〜ずみたいな関係とても楽しそうで羨ましいですね。ショーも無事終わり蔵之介はデザイナーの勉強をすると言ってニューヨークへ行く事を宣言し、月海は蔵之介に自分からキスをした。ここのシーン超きゅんとしました。

しかも最後の最後に目白先生登場でまさかの男でびっくり。ほんとに海月姫面白かった。

月海からの最後のキス

最後のショーに向けて、尼~ずの全員が一致団結するシーンは見ていて元気をもらえました。

ショーの最初に花森さんが説明していた今回の服のコンセプトの話も、「海月姫」の良いところを上手くまとめて伝えていて、最終回だなという感じがして感動しました。

最終回でも花森さんが、蔵之介が男だということを話してしまったり、鯉渕家の父が別の女性にプロポーズしていたことをレクサスと引き換えに暴露してしまったり、最後まで面白さが引き立っていました。

蔵之介が旅立つ最後の夜の月海からのキスには驚きました。

蔵之介のことを想って泣きそうになるのを我慢しながら「待ちません」というところや、キスをしたあと以前蔵之介が話していた欧米では挨拶替わりにキスをするという話でごまかすところ等、月海の性格と仕草が可愛いなと思いました。

登場人物それぞれの個性が際立った最終回

JELLY FISHの最後のファッションショーは見ごたえ抜群でした。

今までモデルとして演じてきた蔵之介やまややは勿論美しかったですが、他の尼~ズのメンバーもそれぞれの個性が引き立っていて魅力的でした。

これだけ雰囲気に違いを出せるなんて、さすが女優さんだなという印象です。

また、終盤にさりげなくJELLY FISHの会に参加していた目白先生の登場は衝撃でした。

最初は「あれ、こんな人いたっけ」と思って観ていましたが、蔵之介のツッコミでハッとしました。

今まで謎だった目白先生という存在だけに、最終回一番の衝撃だと感じた人も多いことでしょう。

皆の成長が目に見えて分かる、とても後味の良い最終回になっていたと思います。

感動の最終回!続編を期待しています

感動の最終回でした。

ジェリーフィッシュのファッションショーを水族館でやるなんて、修のヒラメキが素晴らしかったです。

「お姫様が来て、女の子たちが強くなっていく」という花森さんのナレーションも良かったですし、蔵之介が母親と再開して抱き合うシーンは感動的で泣けました。

それにしても目白先生は、天水館がカイ・フィッシュに買われて尼〜ずたちが立ち退いた後も、ずっと天水館に住み続けていたようですね。

今後はカイが、オーナーとしてジェリーフィッシュの活動を仕切って行きそうですが、目白先生も一緒に住まわせてもらえるのか、ちょっと心配になりました。

続編もできそうな終わり方だったので、いつかまた、ジェリーフィッシュの活動をスペシャルドラマなどで観られる事を期待しています。

リスタートする人を応援!爽やかなラブコメディ!

尼〜ずのみんなが独立して脱ニート生活をそれぞれ頑張って、色々な場面で社会の厳しさを体験していましたが、雨水館という棲み家を失って、今後どうしていくのか、見て行くうちにどんどん引き込まれて行きます。

今時期卒業や新社会人になる人はもちろん、これから仕事を辞めてリスタートする人にはぜひ見て欲しいドラマです。

世の中勝ち組より負け組の方が多い様な気がします。悩みの無い人もほんの一握りです。

登場人物も、それぞれどこかクセが有り個性的な面々で、色んなトラウマや悩みを持っていますが、仲間と支え合って明るく生きています。

普段日陰に居る地味な人達にスポットライトを当てて、みんなが主人公になれる物語はそう無いと思います。

そして忘れちゃいけないのが1番気になる月海と蔵ノ助の恋の行方です。色々な障害が有り二転三転しましたが、一体三人の内誰を選ぶのか?

また、誰も選ばないのか。見所いっぱいの、夢を見る人を応援する海月姫でした!

全員が成長した素晴らしいラストでした

天水館の地上げをとおして、登場人物全員が成長したラストでした。

最終回で一番成長したのは、間違いなく月海でしょう、

最期、蔵之介に自分からキスできたあたりは、恋愛面でも成長していますし、仕事面でも一人でもやっていく宣言してましたし。

一番停滞していた蔵之介が、NY留学という自分なりの道筋を見出せたことは大きいでしょう。

母親に「本当に立派になったわね」という言葉をかけられて、幼いころからのしがらみが消し去られて泣き出すシーンは最終回の名場面でした。

恋愛面は結局、月海と蔵之介が結ばれたのかどうか?ちょっとだけ濁した形で終わったのも良かったです。

鯉淵慶一郎(北大路欣也)が最後に「一度ポロポーズがダメだったからって諦めたら本当の恋とは言えんぞ」ってけしかけていたから、まだ修にもわずかながらチャンスがあるのではと思いました。

蔵之介と月海は遠距離になるから、まだ間に間に入る余地があればいいなと思いました。個人的には、修がお気に入りでした。

海月と蔵之介の関係に感動

恋愛エピソードとしては、海月が誰かとくっつくというような結末ではありませんでしたが、個人的にはハッピーエンドだったと思います。

天水館の存続が決まったのという結末は、個人的に一番望んでいた結末だったので、すっきりした最終回でした。

蔵之介が海外へ勉強しに行くというのも、蔵之介らしい決断ではないかと思いました。

この決断からも、蔵之介が服が好きだという気持ちが伝わりますし、海月たちと出逢ったからこその決断ではないかと思います。

蔵之介の背中を押そうとする海月は、初回の海月からはとても想像できないくらい別人に見えました。

海月が蔵之介にキスをしたシーンは、きゅんときました。

恋愛には発展しませんでしたが、海月と蔵之介はいい仲間だと思います。

最終回:頑張る尼~ず!

「ジェリーフィッシュ」の卒業制作と銘打った、ファッションショー。

最初は、あんなに引きこもっていた尼~ずの女子たちが、キラキラとした顔で(そういうエフェクトも入っていましたが)ドレスを作っていく様に、母のような優しいまなざしを送ってしまいました。

そして、江ノ島水族館でのファッションショー、海月のドレスという鎧を身にまとった尼~ずの面々が、自信たっぷりにステージに立つ姿に、涙腺が崩壊しました。

月海と蔵之介が結婚式のようにステージに出ていく直前の「愛してる」に、鼻血を吹き出しそうな勢いで卒倒してしまいました。

ラストの蔵之介が男だと告白するシーンでは、これまでの過ごした時間があってこそ、受け入れることができたのだと思います。

そして、まさかの目白先生まで男性だったとは…。

まさに驚天動地とはこのことという勢いでしたね。

というよりは、滝藤賢一さん、出番これだけ!?という点にも驚いて、ひっくり返ってしまいました。

最終回、色んなサプライズが詰め込まれていましたが、詰め込み過ぎという感じもなく、濃縮還元ジュースを飲んだような、充足感に酔いしれて、今夜は眠れそうです。

ドラマ「海月姫」動画見どころ感想

仲間に対する思いが素敵

人付き合いが苦手で働くことを拒否していた尼ーずのメンバーだったはずが、仲間を失いそうになったという危機に対して、とても前向きな行動をしているのがとても印象に残りました。人付き合いはダメだけど、仲間だと思えば、こういう力も発揮できるのだって思うと、そんなにダメな人たちではないのだろうなって思います。

海月姫は毎回、蔵之介さんのファッションとか、月海への思いを見ているのが楽しみでしたが、こういう恋愛の要素がなくって、友情の展開でも、とても楽しんで視聴できるものなのだなって思います。来週の展開、かなり楽しみになっています。月海と蔵之介さんの関係の発展に期待していますし、本当にメンバーがばらばらになってしまうのか、きになるところです。

だんだんい描かれていく尼~ずの友情に感動

回を重ねるごとに蔵之介の可愛らしい女装姿と男らしい話し方にも慣れてきて、だんだんと人間味あふれる蔵之介の魅力に惹かれていきました。

尼~ずの人たちも、月海の才能が認められてから、本当の友情がはっきりと描かれ始めて、見ていてあたたかい気持ちになりました。

蔵之介に出会って、服作りを通してみんなが前向きになっていき、引きこもりだった人たちが仕事をするまでに変わっていく展開が勇気をもらえてよかったです。

蔵之介や月海、尼~ずなどメインのキャラクターも面白いですが、デベロッパーの二人や鯉淵家の運転手の花森さんなど脇役のキャラクターも個性豊かでとにかく面白いです。

面白さの中に恋愛、友情、仕事のすべてが含まれているため、誰が見ても面白いと思える作品だと思いました。

月海さんは、どちらを選ぶのか?

月海さんを探して、全員が一丸となって行動しています。

みんなから、愛されている証拠です。

月海さんは、天水館を救うために、外国に行くことを決めましたが、自分の居場所ではないと気付いたはずです。

会社のために、自分を消費するのは、やはりやり切れないと思います。

結局、月海さんは仲間のところに戻り、天水館の存続は不可能になりました。

みんな、自立できない人達なので、この先が不安です。

そんな時、弟が、クラゲの指輪で月海さんにプロポーズしました。

月海さんは、気絶して倒れたところが面白かったです。

兄も月海さんが好きなので、複雑な心境です。

月海さんは、プロポーズを承諾するのか、兄を選ぶのか、どちらも拒否するのか、分からない展開です。

ガンガン攻める修と、それを笑っていられない蔵之助

月海が日本に残ってくれてホッと一安心ですね。

彼女を抱きしめながら「良かった…」と何度も繰り返す修には共感してしまいました。

しかし修、またも突っ走って指輪のプレゼントとプロポーズを実行!

花森から「超絶ダサい」と言われた例の指輪も、実際に指に嵌めたところを見ると確かにダサくてちょっと笑えますが、そう笑ってもいられないのが蔵之助でしょう。

月海に惹かれてしまっている蔵之助は、もう彼女と弟の関係が進むのを素直に喜べないと思いますし。

かといって今さら二人の関係をぶち壊す道も兄としては選びづらいですよね。

月海だけではなく弟の修の事だって大事に思っているんですから。

この難問に蔵之助がいったいどんな答えを出すのか……それが描かれる最終回がとても楽しみです。

修がついにプロポーズ!三角関係の結末はいかに!

月海に戻ってきてもらうために尼〜ずのみんなが自立しようと頑張る姿は微笑ましかったですね。

カイが作っている服がただ利益を出すためのデザインだったのは残念でした。

でもカイは月海のデザインに惹かれたはずなので、これまで自分が作ってきた服とは違うものを月海に求めていたのかもしれませんね。

カイがまた東京に戻ってきて、月海にどんな言葉をかけるのか気になります。

もしかすると天水館を救うカギはカイが握っているのかもしれませんね。

そしてついに修は月海にプロポーズをしました。

蔵之介も月海が好きになっていることが描かれているだけに、月海がどちらを選ぶのか気になりますね。

蔵之介が自分の気持ちを月海に伝える展開があるのでしょうか。

三角関係の進展がどうなってしまうのか、最後まで目が離せませんね。

最終回も楽しみです。
⇓   ⇓   ⇓
映画「海月姫」の超絶あらすじ・ネタバレ

ドラマ海月姫1話あらすじ
ドラマ海月姫2話あらすじ
ドラマ海月姫3話あらすじ
ドラマ海月姫4話あらすじ
ドラマ海月姫5話あらすじ
ドラマ海月姫6話あらすじ
ドラマ海月姫7話あらすじ
ドラマ海月姫8話あらすじ
ドラマ海月姫9話あらすじ

ドラマ「海月姫」の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「海月姫」はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます。

しってましたか?海月姫はドラマの他に映画、アニメがあるのを!

アニメ「海月姫」11話(2018年3月31日まで)
映画「海月姫」(2018年3月23日まで)

も全話無料でFODで視聴できます。

しかも、今ならFODは31日間無料キャンペーン中で海月姫が無料で見れます

この他にも
ドラマ昼顔全11話(2018年7月31日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

「アタシんちの男子」(2018年4月16日まで)瀬戸康史と向井理が共演

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
YAHOO IDで31日間無料キャンペーン中【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。




⇓   ⇓   ⇓
究極の不倫ドラマ昼顔全話あらすじ
[br num="1"]


しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。

YAHOO ID登録で映画とアニメとドラマ「海月姫」を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
YAHOO IDで31日間無料キャンペーン中【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

-FOD, 海月姫

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.