FOD 海月姫

ドラマ海月姫のジジ様(木南晴夏)の演技力は上手い下手?

投稿日:

木南晴夏(キナミハルカ)

生年月日:1985年8月9日 (32歳)

出身地:大阪府豊中市
身長:162 cm
学歴:國學院大學

ホリプロ所属
姉は女優の木南清香

ドラマ「海月姫」のジジ様(木南晴夏)の演技力は上手い下手?

地味で目立たないという演技

以前から木南晴夏さんの演技力の高さには注目していました。しかし、「海月姫」ではセリフも少なく全然目立ちません。正直最初は木南晴夏さんがこの役なんてもったいないと思っていました。

その考えはすぐに変わりました。木南晴夏さん演じるジジ様は、地味で目立たない役なのです。目立たないようにするという演技も、ドラマの調和を考えると大事なことなのです。

普段は目立ちませんが、たまにセリフを話すときは光っていると思います。特に、第1話で尼ーずのみんなで庭にいるシーンです。月海が落ち込んでいるときに優しい言葉をかけ、見ている方もホッとしました。月海も温かい気持ちになっただろうなと思いました。

普段は地味で目立たないようにし、自分の台詞のときは光るというのは、演技のうまい人でなければできないと思いました。

これからもますます期待な女優!

大好きな女優さんの一人です。 ドラマの中に名前を見つけるとそれだけで見ようかなと思ってしまいます。

とても上手な役者さんでいい人から嫌な人や今回のようなキャラが強い役でも難なくこなしてしまいます。

そして出演しているだけで雰囲気があり主役をちゃんと引き立てながらも存在感があります。

今回はジジ様という枯れ専の役です。 他のメンバーと比べると格好も地味で猫背で影が薄いですがポイントを抑える役柄でやはり存在感は出しています。

ジジ様が今後どう変わっていくのか楽しみです。 最後には背筋を伸ばして歩いているのか。

脇役から主演まで幅広く演じることのできる役者さんはあまりいませんのでこれからの活躍も楽しみにしています。

脇役として、ちょうど良い存在

名脇役というには、まだまだ年齢的に若すぎるとは思いますが、主役の女優さんの力量不足を補うのには、かわいすぎるわけでもなく、美人すぎるわけでもないという木南晴夏さんは、まさに適役という感じがします。

演技力も安心して見られるレベルなので、主役の女優さんにちょうど良い距離感で絡み、支えてくれるので、とても心強い存在だと思います。

今回も、芳根京子さんが、主役の女優としては、物足りないので、瀬戸康史さんとともに、ドラマを盛り上げて、下支えしてくれている大事な存在だと思います。

もしかしたら、もっと若い頃は、主役を演じてみたいという考えがあったかもしれませんが、今のまま脇役の道を極めていくほうが長く活躍できると思います。

さすがの安定感で、安心して観ていられる演技

演技派の女優さんなので、やはりキャラクターの再現率は相当高いと思います。

暗くて幸が薄そうな役なので、原作でもどうしても影が薄くなりがちなキャラクターですが、ドラマではついつい木南さん演じるジジ様に目がいってしまいます。

声が小さくてボソボソ喋っているのにしっかり聞き取れたり、ふとした表情や目での演技はさすがだと思います。

姿勢も常に猫背気味で、どことなく薄気味悪い感じが出せているのも良いですね。

尼~ずのメンバーは、若手であまりキャリアも長くない方が多いと思うので、木南さんの安定感のある演技が全体を締めてくれていると思います。

ドタバタした展開でハイテンションなキャラクターも多いので、ドラマを見ている中でほっと一息つけて安心できる貴重な存在だと思います。

魔法使いからオタクまで幅の広い演技力

木南晴夏の演技力の高さは、演じるキャラクターの幅の広さをみればあきらかです。今期の海月姫では、おとなしいジジ専オタクの「ジジ様」を、勇者ヨシヒコでは、毒舌キャラの魔法使い「ムラサキ」を演じています。出演する番組も、バラエティー番組「不幸の法則」内のミニドラマや連続テレビ小説「マッサン」シリアスからコメディーまで、非常に幅が広いです。マッサンでは、20代からアラフィフまでを演じる演技の幅の広さをみせつけました。

少女の役も大人の女性も、ぶっとんだキャラクターも、様々な薬を演じることができる彼女の演技力はホンモノです。

また、勇者ヨシヒコでは、胸タイラさんなどと貧乳いじりをされても、のびのび演技して彼女が私は大好きです。

「影の薄いキャラ」をドラマで埋もれさせない木南晴夏さんの演技力

ドラマ「海月姫」、で影の薄い地味なジジ様役を演じているのが木南晴夏さんです。他のドラマでははきはきしたキャラクターを演じていらっしゃることも多いのですが、「海月姫」では影の薄いジジ様そのものです。

他の登場人物たちがビジュアルでも行動でも目を引く特徴を持っているため、ジジ様はドラマの中では存在感が薄くなりそうです。

しかし「影の薄いジジ様」はキャラクターとして確立されていて、他のキャラクターの派手な個性に埋もれることがありません。

地味な登場人物を「地味で影が薄い」という軸をぶれさせないまま自然とドラマの中に息づかせるのは、木南晴夏さんの演技力によるものでしょう。

そして、ジジ様が目立つ場面でも、違和感なく視聴者に受け入れさせる演技を木南晴夏さんはしていらっしゃいます。

木南晴夏さんはアンニュイな雰囲気が似合う演技派

「海月姫」において、木南晴夏さんの演技は、影のある、暗くてアンニュイな独特の雰囲気が魅力的です。

他の住人にはない、圧倒的な個性を持ちながら、物事の全てを見通すような常識的な一面を兼ね備えていて、表情や動きを通して、その絶妙なニュアンスをバランス良く、見事に演じています。
さすが演技派女優、ということを再認識するきっかけとなりました

今作では生気を感じない、まるで幽霊のような雰囲気が特徴ですが、そこにいるはずなのに思わず「いたの?」と思ってしまうのは、木南さんの演技力の賜物だと思います。

オーラの無さをここまで演じられる悲壮感のある女優さんは、木南さんの唯一無二のポイントなのではないかという印象です。

新たな境地を見せつける演技

過去クールの月9では、貴族探偵の中で自由爛漫なお金持ちを演じ切った木南晴夏。過去作品を見ると、実に様々な役を演じている。その中でも若くして妊娠をするギャルであったり、同僚の恋愛に茶々を入れる教師役など、どちらかというと明るさを押し出した陽のキャラが多かった印象だ。

しかし今期の月9海月姫では、一転して地味で落ち着いたオタク役を演じている。恐らくモデルを探し出し、丁寧に役作りをしたであろう所作や服装、話し方などは、最初は木南晴夏であることに気づかない人も出てきたほどの演技力であった。ボソボソと喋りながらも聞き取りやすい発声は、さすが演技派女優と言わざるを得ない。

主役級のとびきり美人を押し出した女優というよりは、これまでも演技と味で勝負してきた女優というイメージがあるが、更に新境地に入ったと言えるのではないだろうか。
⇓   ⇓   ⇓
映画「海月姫」の超絶あらすじ・ネタバレ

ドラマ海月姫1話あらすじ
ドラマ海月姫2話あらすじ
ドラマ海月姫3話あらすじ
ドラマ海月姫4話あらすじ

ドラマ「海月姫」の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「海月姫」はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます。

しってましたか?海月姫はドラマの他に映画、アニメがあるのを!

アニメ「海月姫」11話(2018年3月31日まで)
映画「海月姫」(2018年3月23日まで)

も全話無料でFODで視聴できます。

しかも、今ならFODは31日間無料キャンペーン中で海月姫が無料で見れます

この他にも
ドラマ昼顔全11話(2018年7月31日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)
刑事ゆがみ

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】






しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。

YAHOO ID登録で映画とアニメとドラマ「海月姫」を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-FOD, 海月姫

Copyright© 【2019年】VOD動画配信サービス比較【動画配信 どこがいい】 , 2019 All Rights Reserved.