わろてんか

わろてんか朝ドラマ動画105話無料パンドラあらすじネタバレデイリーで見れるの?

更新日:

朝ドラマ「わろてんか」105話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトでは「わろてんか」の動画は見つかりませんでした。

わろてんかはunextという公式動画配信会社で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

「わろてんか」の相関図キャスト

第19週の相関図キャスト


北村てん(葵わかな)
⇓  ⇓  ⇓
葵わかなの演技力
北村藤吉(松阪桃李)
⇓  ⇓  ⇓
松坂桃李の演技力
隼也(南 岐佐)
武井風太(濱田岳)
伊能栞(高橋一生)
⇓  ⇓  ⇓
わろてんか高橋一生(伊能栞)の演技力
藤岡しず(鈴木保奈美)
⇓  ⇓  ⇓
鈴木保奈美の演技力

藤岡ハツ(竹下景子)
藤岡新一(千葉雄大)
藤岡りん(堀田真由)

トキ(徳永えり)
北村啄子(鈴木京香)
秦野リリコ(広瀬アリス)

キース(大野拓朗)
アサリ(前野朋哉)
万丈目吉蔵(藤井隆)
万丈目歌子(枝元萌)
岩さん(岡大介)

喜楽亭文鳥(笹野高史)
亀井庄助(内場勝則)

都(大後寿々花)
あや(鈴木球予)
なつ(畦田ひとみ)
とわ(辻凪子)

朝ドラマ「わろてんか」動画第105話のあらすじネタバレ

雑誌「月刊キタムラ」の刊行

楓に編集を依頼し、「月刊キタムラ」という雑誌を作るという企画書を風太に読んでもらうてんです。

「月刊キタムラ」は、北村笑店の芸人を順番に面白おかしく紹介しようという雑誌です。

創刊号の特集は「ミス・リリコアンドシロー」です。

風太は、発想そのものは面白いが、こんな価格では大赤字だと指摘します。

そこへ、てんにお客さんがやってきます。

それは京都からやってきた妹のりんです。

てんは価格のことや、印刷費を賄うための策をちゃんと考えていました。

藤岡製薬では、美顔化粧水を売り出すところで、それをリリコにつかってもらう形で、雑誌に広告を出すというのです。

その広告費で印刷代を捻出するという策でした。藤岡製薬にとっても、リリコのようなべっぴんさんな女性に使ってもらうということがいい宣伝になるとてんの案に乗ったのでした。

お金のことも、内容のこともクリアしているのであれば、自分に反対する理由は無いと認めるのでした。

丁稚奉公に奔走する隼也

「月刊キタムラ」の企画に加わりたいと申し出る隼也に、風太は厳しく掃除を申し付けます。

既に掃除は終わっていると言い返す隼也に、次は北村笑店の芸人300人の顔と名前を3日で覚えるよう指示を出します。

隼也が控室で師匠方の顔と名前を覚えるべくメモを片手に挨拶をしていると、キースとアサリがやってきました。

昔なじみのキースとアサリの顔を見て、安堵したのか思わず「おっちゃん!」と声をかけてしまいます。

それを聞いた風太は、隼也を叱ります。仕事の場では、公私混同してはいけませんからね。

風太はキースとアサリにも隼也を甘やかさないよう釘を刺します。

そして、お茶を持ってくるように隼也に指示をだし、キースはコーヒーを頼み、風太は速やかに「キース師匠はコーヒーに砂糖3杯ミルクたっぷり、アサリ師匠は昆布茶に梅干し」と好みを伝えます。そして、芸人一人一人の好みを覚えて、素早くお茶を出せるようになれと指導しました。

とはいえ、最初は失敗ばかりの隼也です。

猫舌の師匠にアツアツのお茶を出してしまったり、渡されたお金をお小遣いと勘違いしたり、出前を次々と頼まれて大パニックになったりと慣れないことばかりです。

自宅で疲れ果てて食卓に座る隼也に、疲れたかとてんは声をかけます。

隼也は、今どき丁稚修行からなんて、時代遅れだと思っていたと話します。

しかし、芸人たちの好みを覚えていくことで、その人たちのことが少しずつ気になるようになったと話します。

てんは、自分は今でも芸人さんの顔と名前は全部わかるし、話をしたり、愚痴を聞いたりしているうちに仲良くなったと話します。

そして、うちの家訓は「始末・才覚・算用」ともう一つとてんが語ると、隼也も「人材」であると言います。

てんは「将来、あんたが声をかけたときに、あんたのために高座に出てくれる、そういう損得を超えたつながりこそが人材だ。」と隼也に教えました。

それを聞いた隼也ももう少し頑張ると決意を新たにするのでした。

リリコと四郎を売り出すてん

あの手この手でミス・リリコアンドシローを売り出すことになりましたが、肝心の漫才はというと、てんがお地蔵さんのように難しい顔をしてしまうほどでした。

万丈目が心配して声をかけると、てんは2人を面白いと思った理由を考えていると話し、この台本は面白いかと問います。

万丈目は自分の台本には負けるけど面白いと返します。

そうです、台本は面白いはずなのに、漫才として高座に上がると何かが足りないそんな気がてんはしていました。

そんなてんに、万丈目は新しいコンビを作るというのは並大抵のことではないと話すのでした。

ある日の洋食マンマンではミス・リリコアンドシローのブロマイド撮影が行われていました。

リリコはさすがの映画女優ぶりを発揮し、いい画を撮影していきます。

そして、四郎の番です。写真を撮られることに慣れているわけのない四郎はガチガチに緊張しています。みんなから散々顔が怖いと言われ、逆にどんどん顔が固くなってしまいます。

また、「月刊キタムラ」のインタビューも進んでいきます。

そして、なんだかんだ叫んでいても万丈目はてんや楓を心配して「月刊キタムラ」の編集長を引き受けてくれていました。

照れ隠しに文芸部長だし、協力しなかったら歌子にどやされると笑う万丈目でした。

一方、場面は変わって、伊能商会の社長室です。

社員から売り上げの報告を聞いている伊能は、不動産の利益の大半はトーキー映画につぎ込んでいる状態だと社員は伊能に話をします。

しかし、伊能は「自らの利益を度外視して、大衆の夢と幸せのために働く。それこそがわが社の本業だ。そのために、今は思い切った投資をする時期なんだ。」と諭します。

これには理解を示す社員ですが、北村笑店との提供事業は、社長の寄席道楽だというものもいると皮肉めいたことを言われてしまい、伊能は複雑な心境になりました。

さらに場面は変わって、洋食マンマンでは、リリコと四郎が食事をしていました。

食事中、全く喋ろうとしない四郎にリリコは、なぜ喋らないのかと問います。

四郎は、女性と話すことが苦手だと言います。

リリコは、自分は他の女性とは違い、四郎の相方だと話します。

そして、四郎は少しずつ話し始めます。

四郎は、てんや他の北村笑店の面々が頑張っている姿を見ると怖いと吐露します。

このままうまくいかず、みんなをがっかりさせてしまうことが怖いといいます。

そして、リリコは怖くないのかと問いました。

そんな四郎にリリコは、怖いと答えます。

けれど、相方の四郎も怖いならちょうどいいと伝えます。

そして2人で死ぬほど頑張るだけだと伝えました。

2人が本音でまた1歩近づいた瞬間でした。

ミス・リリコアンドシローは一生懸命練習を重ねました。

そんな姿を見つめる見つめるキースとアサリは何か思うところがありそうです。

てんと伊能の社長話

洋食マンマンでは、伊能が酒を飲んでいました。

そんな伊能を心配した歌子は、水を出し、飲み過ぎだと窘めます。

そこへ、てんがやってきました。

伊能はミス・リリコアンドシローの現状を問います。

てんは、四郎のしゃべくりはうまくなっているが、最初のころの方が面白かったと話します。

そんなてんに伊能は「その勢いの正体は何だろう?おてんさんが面白いと感じたその勢いの理由を突き詰めるんだ。そうすれば必ず問題は解決する。これも社長の極意かな。」とアドバイスします。

そんな社長2人に歌子は特大のビフテキを出します。

それをみて、「社長はへこたれたらあきまへんさかいな。」と笑いました。

果たして、てんはミス・リリコアンドシローの成功のカギを見つけることができるのでしょうか。

朝ドラ「わろてんか」105話見どころ感想

未亡人てん社長アンド栞社長

伊能社長が出てくると目が釘付けになるドラマ。歌子さんは素敵な社長を前にしてもおかあちゃんのように伊能社長を心配しているので、夫のまんじょうめさんとの夫婦愛、絆が深いんだなと思わせる話し方だった。

てんと伊能社長が歌子さんが出してくれたビフテキを食べているシーン。他の場所ではなく歌子さんのお店だから二人で会っていてもドキドキしなかったけれど、この二人なら、プラトニックに穏やかな恋をしてもよいのでは、と思ってしまった。きっと藤吉も許してくれるんじゃないか、北村笑店の皆も受け入れてくれるんじゃないかと。

それぞれの努力が見えた回

寄席の事を色々と学ぼうと頑張っている隼也に心を打たれました。正直最初は、アメリカ被れで、伝統の寄席をどこか軽視しているように見えていました。

それでも、寄席の勉強を始めてからは、しっかりと寄席や対人との大切さを学んでいるようで、更には、母親であるてんの行っている事の大切さも改めて分かって来たようで、跡継ぎとして少しずつ立派になっているなと感じました。

ミスリリコアンドシローも、新たな活動を色々始めて、お互いの気持ちも少しずつ話し合えるようになっていて、徐々に良い方向へ進んでいるのかなと感じられました。

リリコさんの役者魂に魅せられました

105話、今回はリリコさんの役者魂に思わず魅せられてしまいました。シローさんとブロマイドを撮るシーンでは笑顔でじっとシローさんを見るシーンは女優としての凄さを見せ、そしてシローさんがリリコに対して本音で皆さんに迷惑をかけることが怖いと本音を吐露すれば、リリコも私も怖いと本音を言いながらも、でも、「ちょどええ、あんたと二人となら頑張れる」とシローを相方ととして認めるシーンは涙が出るほどでした。よく考えれば、リリコは芸に対して厳しくシローさんに当たるけど外見を馬鹿にしたり人格を否定したりはしていなかったんだよね、リリコ以外にシローさんを認めているのかな

あの手、この手で売りに出す

てんや楓たちは、リリコと四郎を名前の知れ渡るようにするために、舞台の上での面白い漫才の内容に加えて、四郎は漫才のセリフが饒舌に言えるようにアコーディオン音楽の練習のように何万回でも繰り返して、リリコの足を引っ張らないようにする決意をするのに、やっと四郎が漫才という演芸を見直し頑張ろうと決意する姿に感動しました。

ただ、ブロマイドの話が出た時の、四郎自身のことを思い浮かべたのは気味が悪く感じ、ブロマイドといえば、リリコを使うだろ、突っ込みを入れたい気持ちでした。さらに、楓は舞台でお客さんを待つのではなくて、雑誌を使ってリリコと四郎の名前を広げようとする考えが素晴らしく、感心しました。

「ミスリリコ アンド シロー」を、面白くするには、どうすればいいのか?

「隼也」の丁稚奉公も、順調です。しっかりと後を継ぐ気になったようで、良かったです。でも~「てん」と「隼也」二人のシーンでは、違和感がぬぐえません。親子なんですよね~・・

「ミスリリコ アンド シロー」は、寄席に出ていますが、今一つ面白くありません。どうして?なんで?何が原因なのでしょうか?

前のほうが面白かったのに・・と、思う「てん」です。その面白かった理由は何なのか?それがわかれば、問題は解決するのではないでしょうか。

「北村笑店」で、雑誌を出すことになりました。スポンサーは「てん」の実家の「藤岡製薬」です。どちらにとっても、メリットのある話です。よく考えましたね。

元新聞記者の「藤吉の許嫁」が、ここで生きてくるのですね。上手くできていますね。
⇓  ⇓  ⇓
遠藤憲一の演技力
葵わかなの演技力
わろてんか全話あらすじ

不倫ドラマ「昼顔」のあらすじ・ネタバレ

わろてんかの動画を見る方法は?

「わろてんか」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでわろてんかを見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-わろてんか

Copyright© 【2019年】VOD動画配信サービス比較【動画配信 どこがいい】 , 2019 All Rights Reserved.