おすすめの映画

シンゴジラ動画フル無料映画海外中国裏youkupandoraで見れるの?

更新日:

映画「シン・ゴジラ」の動画の無料視聴、再放送、見逃し、中国裏はpandora,デイリー,youtube,miomio,9tsu,bilibi,b9,youku,fc2で見れるのか調べてみました。

映画「シン・ゴジラ」の動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibi
b9
youku
fc2

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

映画「シン・ゴジラ」はunextとう公式動画配信会社で安全・安心・高画質・高音質で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

映画「シンゴジラ」メインキャスト

内閣官房副長官 矢口蘭堂(長谷川 博己)

長谷川博己(ハセガワヒロキ)

生年月日:1977年3月7日

出身地:東京都

身長:182 cm

学歴:中央大学

ヒラタオフィス所属

内閣総理大臣補佐官 赤坂秀樹(竹野内豊)

竹野内豊(タケノウチユタカ)

生年月日:1971年1月2日

出身地:東京都

身長/体重:179 cm / 63 kg

研音所属。

米国大統領特使 カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)

石原さとみ(イシハラサトミ)

生年月日:1986年12月24日

出身地:東京都

身長:157 cm

ホリプロ所属
⇓  ⇓  ⇓
山下智久石原さとみは熱愛結婚?

石原さとみの演技力

石原さとみの英語力は上手い下手?

映画「シンゴジラ」サブキャスト

安田龍彥/高橋一生

文部科学省に勤める男性。ゴジラ対策のため政府が設立した「巨大不明生物特設災害対策本部(略して"巨災対")」メンバーに抜擢
⇓  ⇓  ⇓
高橋一生の演技力

池田/斎藤工

自衛隊員

西郷/ピエール瀧

自衛隊の隊長

消防隊隊長/小出恵介

避難する女性/前田敦子


⇓  ⇓  ⇓
前田敦子の演技力は下手すぎ上手い

広田静子/片桐はいり

映画「シン・ゴジラ」のあらすじ・ネタバレ

巨大生物誕生

ある日、横浜沖で遭難中の小型船がを海上保安庁が発見するが、突然海上が噴き上り、小型船はそのまま勢いに飲まれ、消滅する。

また、その影響により、アクアラインのトンネルに海水が流れ込むなど被害が続き、日本政府では急遽閣僚などが招集され、緊急対策会議が行われることになる。

その後、海上からは巨大な生物の尻尾が突き出ていたという情報が入るが、専門家もその正体が未だ分からずにいる。

その後、巨大生物は東京に上陸。凄まじい勢いで船や橋などを吹き飛ばし、突き進んでいく。

日本政府ではこの巨大生物の動きを止めるため自衛隊の要請を検討するが、未曾有の事態に各所の承認がおりず、ただ何もできずに手をこまねいているのみだった。

その生物は両生類のような、または爬虫類のような不気味な形状をしており、エラからは血液のようなものが滴り落ちている。

巨大生物の進化

その後、日本政府は内閣総理大臣の特別決議により自衛隊を出動させる。巨大生物は突然倒れたり、立ち上がったりしながら、なぜか大きくなっていく、まるで進化の過程にあるようだ。

日本政府は巨大生物に向かって軍用ヘリコプターに攻撃を開始させようとするが、その後、巨大生物は突如方向を転換し、東京湾に向かって歩き出し、やがて姿が見えなくなる。

放射能エネルギー

その後、研究者たちにより、この巨大生物は放射能エネルギーにより、その形を変化させて行っているとの見解がなされる。

当然ながらその脅威は日本のみならずアメリカ、そして全世界共通ということで、ついにはアメリカも動き出す。

ある日、大統領特使として、カヨコ・アン・パタースンという日系アメリカ人の女性(石原さとみ)が内閣官房副長官である矢口(長谷川 博己)に会いに来るが、この巨大生物(ゴジラ)を研究していたという牧教授の情報が耳に入る。

このゴジラは先進国が廃棄した核廃棄物により海洋生物が突然変異し、巨大化したということだ。

そしてゴジラは第5最終形態に人間化し、世界中に飛んで放射能を撒き散らす恐れがあるという。

矢口率いる対策チームはその後、研究を重ね、ついにゴジラのエネルギーの源流である血液を凝固させることでその動きを止めることができると解明し、血液凝固プランを発動する。


ゴジラ再上陸

ゴジラが相模湾に再度出現。神奈川に上陸しようとしているとの情報が入る。どうやらゴジラの進化は第4形態に入り、体もさらに巨大化し、凶暴化している様子だ。

首相から攻撃許可を得た自衛隊は戦車や軍用ヘリコプターでミサイル攻撃を試みるが、全く歯が立たない。戦車やヘリをなぎ倒し、ゴジラはそのまま東京に向かって突き進んでいく。

政府は同盟国アメリカにも協力を要請し、アメリカの爆撃による激しい攻撃も加わる。

流石のゴジラも一旦はたじろぐが、その後怒ったゴジラは口から炎とレーザーのような光を撒き散らし、東京は火の海と化す。

このままでは日本が全滅する。国連はついにアメリカにより東京をゴジラもろとも核攻撃によって消滅させるしかないとの決断をする。と同時に谷口率いる対策チームは血液凝固プランを同時進行で進めているが、凝固剤が不足しており、なかなか実行に行き着かない。

現在ゴジラは活動停止状態に入っているが、2週間もするとまた活動を開始するとの予想がされている。東京都民の疎開も同時に進めなければならない。


ヤシオリ作戦

アメリカによる核攻撃の前に何としてもゴジラの血液を凝固させるプランを実行しなければ、東京が壊滅してしまう。

谷口たちは大統領特使でもあるカヨコ・アン・パタースンにも協力を仰ぎ、なんとかこの血液凝固プラン=ヤシオリ作戦の実行にこぎつける。

まずは新幹線をゴジラの足に衝突させ、ゴジラを足止めする。その後、無人の爆撃機を囮にしてゴジラに光線をはき出させ、ビルを爆破し、倒れたビルでゴジラを封じ込める。

その後のアメリカ軍の攻撃により、ついにゴジラが地面に倒れこむ。すかさずポンプカー出動、ゴジラの口の中に凝固剤をどんどん注入していく。

凝固剤を100%注入しきった後、ゴジラは一旦は起き上がるも、その後、凝固材がきき始め、ついにはゴジラは立ったままその動きを止める。

第5形態の脅威

ついに人類はゴジラに打ち勝ち、平和な未来を取り戻しかのように見える。しかし、立ったまま固まったゴジラの尻尾にはまるで世界に飛び立とうとしている人間の形をした不気味なゴジラの幼虫が数体も浮き出ている。

ゴジラがまた動き出したら、もしくは第2のゴジラが現れたら。人類は終わりなき脅威のトンネルに入ったかのようだ。

今は亡き牧教授はかつて原発事故によって奥さんを無くしている。彼が最後に乗っていたボートには宮沢賢治の詩集「春と修羅」が残されていた。

宮沢賢治は世界平和を心から願い、その生涯を人々のために捧げている。

牧教授は果たして、人類のために身を呈したのか、もしくはその逆か。その怒りはまるでゴジラに乗り移ったかのようにも思える。

映画「シン・ゴジラ」の見どころ感想気になったこと

監督の世界観が出ててとても面白い


今までのゴジラのシリーズはたくさんありますが、何よりも一番良かったの監督が創り出している世界観でした。

庵野監督だからこそできる、世界観と音楽があのアニメを思い浮かべてしまうけれど、大好きだった私からするとゴジラの映画がとても洗練されたものになったと感じました。

CGも凄かったけれど、作品に監督らしさが前面に出ていて最後まで面白かったです。

昔のゴジラ映画を観たことのない息子も「面白い!すごい!」一緒になって観てしまいました。

ゴジラが敵なのか味方なのかもわからない息子には、音楽はカッコ良く、映像は迫力満点で、楽しんで観ているのがよくわかりました。

親子が一緒に昔の話をしながら楽しく観れる映画で、是非また同じ監督で作ってもらいたいと思いました。

会議の多さにびっくりする映画

映画シン・ゴジラはやっぱり会議のシーンが印象に残っていますね。

序盤からもう会議につぐ会議、映画の半分近くは何かの会議をしていた気がします。

事態が進行するにつれてあっちこっちに会議室や対策室が設けられ、スーツを着た大勢の役人達が真面目な顔でゴジラ対策を進めていくのですが、これがまた怪獣映画とは思えないくらいのリアリティがありました。

「○○をしたいけど××からの許可が下りないと実行できない」「その権限は我々にはないから上に伺わないと……」みたいな事が頻発し、その度にいちいち真面目に連絡を取り合うのです。

一般的なエンタメ映画ならもっと豪快に行きそうなところを、この映画は何とも日本人らしい慎重さと回りくどさを持って対処していきます。

この妙なリアリティが見ていてクスッと笑えてきます。一方でゴジラが大暴れするシーンの迫力も凄く、メリハリの利いた良い映画でした。

息子の大好きなシン・ゴジラ


5歳になる息子がシン・ゴジラのことをすごく気に入ったらしく、USJのアトラクションにも連れて行きました。

映画館で映画を観ることはできませんでしたが、近所のTUTAYAでレンタルDVDが開始されてと同時に借りてきて、息子と一緒にDVDを観ました。

シン・ゴジラが東京湾から上陸して、武蔵小杉を通過する場面では、普段よく通る丸子橋に息子が気がついて、最近も丸子橋を通る度にシン・ゴジラの話をします。

また、近所にある東宝スタジオのビルの壁面に大きなゴジラの絵が描いてあり、シン・ゴジラだけでなくいろいろなゴジラに興味をもっているようです。

スペースゴジラなど昔のゴジラのDVDを借りてきたり、歴代のゴジラの図鑑などを買ってきたり、世代を超えて愛されるゴジラについて息子と語り合っています。

新しいゴジラに出会えた

シンゴジラは今までのゴジラ像とはまったく違う、新しいゴジラに出会えました。

まさに現代の新しいゴジラです。

今までのゴジラというイメージをうち破り、第一作目のような得体のしれない恐ろしいイメージが甦ってきました。

そして、ゴジラという巨大モンスターと戦う日本の国家がリアルに描かれていました。

有事の際には、このような感じになるんだろうな…とイメージできました。

それくらい映画の中での危機感の描きかたがうまかったです。

出演者も豪華で、第一線で活躍する俳優さんやベテランばかりです。

演技力は抜群でゴジラとの死闘を緊迫感ある表現で見せてくれました。

ゴジラとの闘い方も独特で面白かったです。

巨大モンスター対人間の闘いから目が離せません。

ラストの後の世界がどうなるのかが大変気になります

見どころや面白かった点としては、やはり妙にコミカルな公務員の姿でしょうか。

かなり単純化された描写ではあるものの、経験や伝聞上「あるある」と思ってしまった描写が多々ありました。

もし、現代日本にゴジラのような未知の脅威が襲来した場合、一体どのような問題が発生し、どのような対応がなされるのだろうかというシミュレーション的な見方もできなくはないですし、それを以て現在の問題点等を考えるきっかけになる事もあるかもしれません。

最終的には大団円的な終わり方でしたが、脅威が完全に去ったわけではないので、その対応をどうするか、またゴジラに完膚なきまでに破壊された日本を今後どうやって復興させるのかという点を描いた後日談を是非見たいと思ってしまいます。

エヴァンゲリオンを担当している庵野秀明さんが総監督

まず、映画「シン・ゴジラ」については、ゴジラシリーズ史上初めてのフルCGによる作品だったのでとても迫力がありました。

また、ゴジラの体長がシリーズで最大の118.5mだったので大きく見えました。そして、エンドロールにモーションキャプチャとして野村萬斎さんが出演していたのでとてもびっくりしました。

また、エヴァンゲリオンを担当している庵野秀明さんが総監督だったので嬉しかったです。

そして、矢口蘭堂を演じる長谷川博己さんを始め、赤坂秀樹を演じる竹野内豊さん、カヨコ・アン・パタースンを演じる石原さとみさんなどといった豪華キャストだったので見ごたえがありました。

また、会議のシーンで行われる早口な会話劇がとても印象に残りました。

市川実日子さんが良い!

典型的な理系女子という感じで、ほとんど化粧っ気がなく、すっぴんのような市川実日子さんが、とても良かったです。

超早口で専門用語をまくし立てるシーンが多くて、よくあれだけのセリフを覚えられたなと感心することも多かったです。

実際に、ゴジラが襲来するような非常事態では、男性も女性も関係なく、メイクなんてしている暇はないと思うので、女優だからとばっちりメイクをしているとリアリティに欠けてしらけてしまうかもしれないところを、市川実日子さんは、ほぼすっぴんの状態だったのでリアルさが増して良かったと思います。

あんな風に、冷静沈着で自分の専門分野をつきつめることができる女性は強いと思います。理系女子がんばれ!と思いながら見ていました。

ゴジラファンもEVAファンも楽しめる

私は今までゴジラの映画をあまり見ていなかったのですが、今回の監督があのEVANGERIONの庵野監督ということで見たのですが。

そのような入り方をしても十分楽しめる映画になっていて、様々な人間模様、関係性、利害や駆け引きなど色々な物も入れつつもあの巨大怪獣に立ち向かっていく人間の力、人々の努力、そういったものがよく表されていました。

EVAから入った人達ならあの作戦決行前のシーンで盛り上がることでしょう、曲もゴジラの音楽なのですが所々でEVAになっている所もあってそこを探すのも楽しいと思います。

しかし、やはり庵野監督であり全てに説明がされるわけではなく、謎も何個か残ったまま終わってしまうのですがそれを話し合うというのも楽しみ方の一つだと思います。

劇中楽曲もポイント!老若男女楽しめるシンゴジラの魅力

映画「シンゴジラ」は特撮ヒーローや、庵野監督ファンから絶大な支持を得ていますが、実は、旧作を見ていなくても、エヴァンゲリオンを見ていなくても楽しめるポイントがいっぱい!

現代の日本を取り巻く原発問題や、外交問題、有事での政府初動などの描写が、怪獣映画なのにリアルに感じられるから、大人こそ楽しめる映画になっています。

また、旧作のゴジラのテーマや、エヴァンゲリオン、宇宙大戦争などの劇中歌も注目を集めています。

旧作のテーマだけでなく、他の映画の楽曲もそのまま取り入れてしまうセンスも庵野監督ならでは!シンゴジラ版にリミックスしたのではなく、そのまま採用しているというから驚きですよね。

劇中の描写やストーリーだけでなく、そういった作り手の想いやセンスも含めて、惹きつけられる要素がいっぱい!大人も子供も、男性だけでなく女性も楽しめる名作と言えるでしょう。

シン・ゴジラの迫力は度肝を抜くほどでした

フルCGので作られたシン・ゴジラは過去の作品とは違い、人間らしい動きが見えず禍々しい雰囲気を強烈に漂わせていました。

そのゴジラが街を破壊するシーンは本当に息を飲みました。2011年の大震災と似たような恐ろしさを覚えました。

ストーリーも今までと違って変なラブストーリーやお涙頂戴シーンがなく安心して物語に入っていけました。

ただ一つ残念だったのが石原さとみさんの英会話です。彼女が英語を話すたびに気持ちが冷めました。

あの役柄ならば本物のバイリンガルの女優をキャストするべきだったと思います。見てるこっちが恥ずかしかったです。

楽曲も素晴らしくエヴァ好きな私は笑ってしまいました。総合的に見て本当に素晴らしい映画だと思いました。

俳優が豪華で演技が凄い!

シン・ゴジラでまず衝撃的なところは、登場した時点でのこれまでのゴジラのイメージを覆す見た目でした。

だいぶグロテスクで過去作のゴジラを想像していると見事に裏切られます。

シン・ゴジラの形態がどんどん変化していき、最終的に予告編などでおなじみの姿になります。

それとシン・ゴジラの攻撃方法のバリエーションもすごくて、背中からの対空砲火を見ると、怪獣ファンにとってはしびれます。

そしてキャストも豪華で、特撮ものの台詞の特有のわざとらしさもそれほどなくストーリーに入っていけます。

私はちょっと石原さとみの英語にちょっとひっかかりを感じてそれがなければと思ったりしますが、映画をトータルで見るとエンターテイメントとして面白いと思いました。

日本の有名俳優が大集合!

どのシーンを見ても、日本の有名俳優が大勢、出ていて、大画面で見ると、誰を見れば良いのか?と迷ってしまうような場面がたくさんありました。

この豪華なキャストは、やはりドラマでは難しく、さすが映画だなと思いました。

そして、日本では東日本大震災が発生し、それにより原発の問題も表面化し、未だに苦しんでいる人たちがたくさんいます。

「シン・ゴジラ」を見た政治家が「東日本大震災発生の直後も、あんな感じだった」と言っていたように、政府も大混乱していたのだと思います。

実際に、長谷川博己さんや、市川実日子さんのような方がいらっしゃるのかもしれませんが、いつ何があるかわからないので、常に備えておく備えてことが大事だなと感じました。
⇓  ⇓  ⇓
デスノート映画「light up new world」

映画「シン・ゴジラ」はどこで見れるの?

映画「シン・ゴジラ」はunextという公式動画配信会社で視聴できます。

unextは公式動画配信会社なので、違法動画と違い安全・安心・高画質・高音質で視聴できます。

しかも、いまならお試しキャンペーン中で31日間無料でunextが視聴できます。

unextは無料で見れる作品とポイントが必要な作品があります。

映画「シン・ゴジラ」を見るには540ポイント必要ですが、お試しキャンペーンには、600ポイントが無料で付いてるので、映画「シン・ゴジラ」も無料で見れます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

その他にも
君の名は

あ荒野
⇓  ⇓  ⇓
「あ荒野」全話あらすじ

下町ロケット
地味にすごい
も視聴できます。

本ページの情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTにてご確認ください。

unextは10万本以上の動画を配信しています。

国内最大級の動画配信会社です、この機会にぜひ一度UNEXTを無料でお試しください。

映画「シン・ゴジラ」をunextで無料で見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-おすすめの映画

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.