TSUTAYA おすすめの映画

ゲド戦記映画動画フル無料パンドラあらすじネタバレ再放送見逃しデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

映画「ゲド戦記」の動画の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu,bilibiliで見れるのか調べてみました。

映画「ゲド戦記」の動画の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

本ページの情報は2018年6月時点の情報となります。最新の情報はTSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。

そんな危険な違法動画サイトなど使わずにTSUTAYAディスカスを利用すれば安全に高画質、高音質で映画「ゲド戦記」の動画が無料で見れます。

しかもだたいま無料お試しキャンペーン中で30日間無料でTSUTAYAディスカスが利用できます。
⇓   ⇓   ⇓
30日間無料キャンペーン中【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】

映画「ゲド戦記」のあらすじ・ネタバレ

龍同士が共食いをしていた。それは世界の均衡が崩れてきている為だった。この話は世界の均衡の原因を探す旅をしていたハイタカが、ある闇を抱えた青年と出会う物語。

主人公のアレン。自分自身の心を闇だと思い込み、自分自身の闇から逃げ出す為に国の王でもある父親を刺殺。

父親が持っている剣を盗み国を逃亡した。その道中、狼の群れに襲われるが、剣が鞘から抜けないのに気付き、闇から逃げるのも疲れ諦めて死のうとした所を自分を魔法使いと言うハイタカに助けられた。世界の均衡が崩れてきている為、それの根源を探しながら旅をしているハイタカと共にする。

旅の道中、街では人を奴隷として売買していた。ヒロインであるテルーが、奴隷売りの男達に捕まっているのを見て助けるが、その際自分の命などいらないという発言をして、助けたテルーに嫌われる。

テルーを助けたが、その後一人になったアレンは先程の奴隷売りに捕まり奴隷用の馬車に乗せられたが、ハイタカに途中で助けられる。逃げのびたアレンは、ハイタカの昔馴染みの女性、テナーの家に二人で向かった。

テナーの家で目を覚ますと、もう1人テナーの家に住んでいたのは街で助けたテルーだった。彼女はアレンと目が合う度、嫌悪感を露わにされ、「命を大切にしないやつなんか大っ嫌いだ!」と言われた。アレンは何故、彼女がそれ程自分を嫌っているのかわからずにいると、昔のテルーの話をテナーから聞いた。

テルーは、実の両親に嫌われ顔の火傷も両親につけられたのだと語った。そんなテルーをテナーは引き取った。近くの村からは、顔の火傷のせいで忌み嫌われていたが、そういう境遇だからかテルーは命を大事にし、粗末にする事を極端に嫌う。

ハイタカとアレンは、テナーの家の仕事を手伝いながら暫く居候させてもらっていた。

その際、ハイタカがある人物を探しに出かける為、次の日には帰ると言い出かけて行った。

ハイタカが出かけた後、街でアレンを捕らえた奴隷売りの男達がテナーの家に来てハイタカを出せと迫ったが、いない事を知り、クモという人物が探している事を言い残し去って行った。

街に情報を探しに行っていたハイタカは、アレンが奴隷売りに捕まった時に盗られていた剣が、武器商人の元にあるのに気付きそれを貰う。

その際クモという名の人物がいると聞き、情報を集めていた。その頃アレンは、テルーの歌を聞き涙した。

テルーもそんなアレンを見て、アレンの抱えている悲しみを知りお互いに話をして和解した。

だが、アレンは自分の闇が迫って来ている事を感じ、ここにいてはいけないと、黙って家を出て行った。

アレンが家を出て行った後、先程来た奴隷売りの男達がテナーを捕まえて連れ去ってしまった。

1人縛られていたテルーは、戻って来たハイタカにそれを告げると、ハイタカが見つけたアレンの剣をテルーに渡し、テナーを助けに向かった。

その頃、アレンは自分の闇から逃げていたが池に溺れて気を失っていた。目が覚めると、そこはクモの城だった。クモはアレンに薬を飲ませ、アレンの真の名を聞き出し操った。

クモの城にテナーを助けに来たハイタカは、クモと話をする。昔、死というものを恐れていたクモは、生き続ける為に禁断とされている黄泉の国の扉を魔法で開け、師の魂を呼び出した。

ハイタカが怒り、クモを黄泉の国の闇へと突き落としたが、黄泉から戻って来たクモが改心したと思っていたハイタカだが、クモが自分に復讐する為に戻って来た事を知る。

二人は暫し、魔法で戦うが思うように魔法が使えないハイタカが苦戦。クモに憎しみを操られたアレンがハイタカを刺す。

ハイタカの死とは、何も恐れる事だけではないというような言葉を聞き、涙を流すアレンだがハイタカはクモに捕らえられた。

その後、アレンの剣を抱えたテルーが助けに来て、アレンは正気に戻る。

クモが魔法で再度、黄泉の国の扉を開けてしまい、それを閉じようとしているハイタカをクモから守る為、今まで抜けなかったアレンの剣が鞘から抜けた。

今まで抜けなかったのは、アレンは死ぬ事しか考えず剣を抜こうとした為、抜けなかったのだ。しかし、アレンの誰かを守りたいという心で剣が抜けた。

アレンが自分の中の闇と思っていた部分は本当は光だった。アレンは、光を受け入れる事を恐れていたのだが、ハイタカやテルーとの出会いによって自分の光を受け入れた。

光を克服したアレンによってクモの自分に掛けていた魔法が解け、とても恐ろしい年老いた姿になった。クモの本当の姿である。

年老いた姿になっても死にたくないと生にしがみつくクモに人質にされ絞め殺されたテルー。

だが、テルーは死んでおらず、真の姿である龍になったテルーに、クモは焼き殺された。生にしがみついた哀れな男の最後だった。

私にとって、この話は生に溺れすぎた男の末路と死を克服した青年の物語だと思いました。

映画「ゲド戦記」のあらすじネタバレ見どころ感想

魔法を使わない魔法使い

魔法使いを主人公にしたファンタジーながらも、極力魔法を使わないようにしていくところが斬新な発想でした。

使い方ひとつ誤るとたちまち自分自身に災いをもたらしてしまう危険性について考えさせられました。

今の時代に存在する核エネルギーとの、奇妙な共通点や不気味な繋がりがありました。

行き場を無くして旅を続けていくアレンの姿を優しく見守っている、ハイタカの存在感には心温まるものがありました。

本当の父親を失ってしまったアレンが、ハイタカの中に父の存在を見出していく瞬間が感動的でした。映画監督としては現場から退きながらも、プロデューサーとして息子の宮崎吾朗をサポートしていく宮崎駿の姿を思い浮かべてしまいました。

生きることとはなんなのか

ジブリ作品の中でもかなり怖い要素が盛り込まれた映画だと思います。クモが年老いて破滅していく様子は観ていてゾッとしました。

最初はあんなにも臆病だったアレンが最後には光を取り戻し勇敢で聡明な人物へと変貌を遂げたことには心底ホッとしました。

テルーが唄を歌っているのを見てアレンが涙を流すシーンがすごく好きです。本当に心に染み渡るような歌声です。

テルー自身も抱え切れない寂しさを胸に秘めていて、お互いが共鳴しあえた良いシーンだと思います。

最後に全ての闘いが終わり、アレンをはじめ、みんなで食卓を囲み笑い合っている場面に人間の本来あるべき幸せの形を見た気がします。

生きるということ、死ぬということ、人は誰しもがその人にしかできない運命を背負って生まれてくるのかもしれません。

声優陣は、豪華です

ゲド戦記をしっかり見たのは初めてかもしれません。

見どころは、声優陣ではないでしょうか。

主人公アレンはv6の岡田准一さんまだ俳優業初めて浅いでしょうか、棒読みでヘタですね。

主人公アレンの導きの人ハイタカは、菅原文太さんです。まさかアニメの声優とは以外でした千と千尋の神隠しでも出演していますがいつもピンチになると出てくる、いい役ですよね。アニメになっても渋さは健在です。

敵役のクモ、田中裕子さんさすがおしん、いい声です。以前にも、もののけ姫で出演していましたが通る声と言いますが、声にまで演技力が感じれます。

内容的に、人狩りや人身売買のシーンがありますが、北朝鮮の拉致問題や奴隷制度を触れたいのか、放送して大丈夫のだろうかと思いました。

心の闇か幻覚か、あるいは魔法の一部分なのか?

原作の児童文学「ゲド戦記」を読んでいないからこそなのか、映画ではニュアンスで気になる部分の節々が見終わった後でも余韻として残る。

ゲドの旅の道中の物語でゲドの名を持つハイタカの目線での世界観だと勝手に想像して映画を見ているが、何度見ても似たような疑問が残る。

アレン自身の心の闇の格闘だったのか、途中で登場する売人の薬を既に飲んでいて物語の最初からアレンの幻覚であったのか、あるいは世界の均衡バランスの崩れを見極めるための調査としてゲドが魔法で最初からその事の部分を知る事が出来るようにしていた魔法によって紐解かれる均衡バランスの重要な節目を追ったものなのか、それが気になってしょうがない。

映像化することである一定のイメージがついてしまう事のメリットとデメリットを生かし、あえて曖昧さを残しているのか原作を知らないからこその想像の膨らみすぎなのか、この映画作品は見るたびに多くの謎や曖昧さが気になる。

だからいつか原作を読もうと思うがまだ一度も読んでいない。逆に、一度は児童文学作品で読んでみたいと学生時代の講義の中で思ってリストにはしていたけど、読むには私にとっては巻数が少し多いと感じていてなかなか手を付けられなかったので、自分が読む前にジブリが映像化してくれたのは、良い入口になってよかったとは思っている。

でも15年以上リストは更新されてまだ原作を読んでないが、映画は何度も見ている。そして同じ部分が毎度気になるが毎回わからない謎のまま見終えるという繰り返しで、私にとっては見終わった後に心の動きを取り扱ってるという部分においてある意味では程よい重さが残る作品です。

隠れテーマは「真の名前」だと思います

物語のゲド戦記のエッセンスはありながらも、深入りしすぎずアニメのファンタジーに治まるまでには作ってあるなぁと思いました。

ロードオブザリングよりもシンプルな作りなので、登場人物ひとりずつへの把握はしやすいです。絵がジブリシリーズでおなじみの作風なので入って来やすいとも思いました。

隠れたテーマが「真の名前」でもありますが、名前と言うだけでなく、持っている力への慢心はいけないということも暗示していると思います。

力を持ち活躍することと他人と調和することのバランスを考えさせられる作品でもあるなぁと思います。

ただ、父王を殺して国を出るというだけに物語から暗さがずっと消えず、楽しさや嬉しさがあまり感じられないので子供でも楽しめるかは疑問です。

空想ならラピュタくらいまで夢がある方が映画としては面白いです。

壮大で美しい世界を堪能できる

「ゲド戦記」の最大の魅力は壮大な世界観だと思っています。原作がかなりの長編なので、映画はややまとまりのない感じになっていますし、分かりにくい部分も多いかと思います。

しかし、旅の途中で映し出される風景はどれも果てしなく、美しいなと思います。都市の風景、田舎の風景、歩いていく途中の風景、草原、すべてが雰囲気が違い、どこをとっても美しいです。

昔映画館で見たときはストーリーのわかりにくさにがっかりしてあまり気にしていませんでしたが、もう一度見てみると、全く存在しない架空の世界をあそこまで美しくつくりあげるのは、やはりジブリ映画の十八番だと思います。

一方で、やはりストーリーの詰め込み具合が気になります。原作を読んでいればなぜ「ゲド戦記」なのに主役がアレンなのかも、唐突に出てくるテナーとハイタカの関係も、テルーの正体もわかるのですが、無理矢理一本の映画にまとめてしまったことが残念でなりません。

あれだけ綺麗な風景が描けるのに、人間の描写は主役、敵役に限らず雑で、表情も気味が悪いことが多くてイマイチ好きになれなかったです。

1人の少年が大きく成長していく

ゲド戦記の主人公は自身の影の強さに恐怖し、最初はどこまでも逃げようとします。そのため主人公はいくら逃げても追いつかれ、恐怖から逃れることができません。

しかし、逃げることを止めて立ち向かうことを決意すると影はもはや自分の敵ではなくなり、やがてもう一人の自分として受け入れることができるようになります。

これは普段人間が持っている恐怖とよく似ていると思います。個人的に好きなシーンは主人公が周りの助けをきっかけにして、敵と戦うことを決心シーン、建物の頂上に向かう時の主人公の姿です。

映画の最初では主人公は恐怖に怯えていて、前に進むことをためらってしまいました。しかし主人公は弱い自分を受け入れ、前に進み始めます。

美しい冒険物語でもあり、1人の少年が成長していく物語でもあります。主題歌と挿入歌も担当した手嶌葵の歌声も映画とマッチしてとても素晴らしい作品だと思いました。

ジブリ映画と思わないほうが楽しめるゲド戦記

ゲド戦記は宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗のジブリ初監督作品です。このゲド戦記、宮崎駿が映画化を希望し、原作者にオファーし続けていたにも関わらず許可が下りなかった作品です。

それなのに息子が映画化することになったものですから、宮崎駿は相当機嫌を損ねたと映画化発表当時話題になりました。

当時映画館に勤めていたので公開直後の観客の声を耳にしていましたが、散々だったと記憶しています。

ジブリ=夢いっぱいのファンタジーというイメージが強いので、子供連れが多かったのが酷評の原因だと思います。

ジブリとしてではなく、ゲド戦記を映像化したと売り出せば評価は全く違ったのではないかと今でも思います。

アニメーションは確かにジブリですが、ジブリではない。大人が自分の心の闇と見つめ合う。そんな作品です。実に素晴らしいのに成り行きがもったいない作品です。

映画「ゲド戦記」の動画はどこで無料で見れるの?

映画「ゲド戦記」はTSUTAYAディスカスで無料で見れます。

TSUTAYAディスカス
FOD
DTV
hulu
u-next
Amazon prime

映画「ゲド戦記」の動画は他の動画配信では視聴できませんでした。

映画「ゲド戦記」が見れるのはTSUTAYAディスカスだけです。

しかも、TSUTAYAディスカスはいまならお試しキャンペーン中で30日間無料で利用できます!
⇓   ⇓   ⇓
30日間無料キャンペーン中【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】

TSUTAYAディスカスの凄いところ!

なんとTSUTAYAディスカスはレンタルだけでなく、動画配信も見れちゃうんです。

他のunextやhuluなどは動画配信しか行ってないですが

TSUTAYAディスカスは動画配信とレンタルを行っています。

もちろん動画配信はパソコン、スマホ、タブレットから視聴できます。

この機会に一度TSUTAYAディスカスを30日間無料でご利用してみるのもいいかもしれないです。

TSUTAYAディスカスで映画「ゲド戦記」を無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
30日間無料キャンペーン中【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】

-TSUTAYA, おすすめの映画

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.