ドラマのあらすじキャストロケ地主題歌などをお伝えします。

ドラマ動画配信無料

おすすめの映画

パシフィックリム12映画動画フル無料視聴パンドラデイリーミオミオ9tsuで見れるの?

投稿日:

映画「パシフィック・リム12」の動画フルの再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

映画「パシフィック・リム12」の動画の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

映画「パシフィック・リム」は公式動画配信で無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

映画「パシフィック・リム12」のあらすじネタバレ見どころ感想

字幕も吹替もどちらも素晴らしい

カイジュウによる進攻で危機に陥る世界をロボット型戦闘機(イェーガー)が救う王道ストーリーでとてもわかりやすいです。そして随所で日本の怪獣映画へのリスペクトを感じる演出がなされているので、日本人には馴染みやすい洋画だと思います。

モンスターの名前がカイジュウと言うのもその一つです。そして近年の洋画によくある宣伝のための芸能人起用の吹替ではなく、声優の人選がファン目線に立っていてとにかく豪華です。英語版(作中には日本語で話すシーンもある)も吹替版もどちらもそれぞれ魅力的なので、オススメは両方見て楽しむことだと思います。

イェーガーは2人乗りないし3人乗りの戦闘機で一人では動かせません。人種、性別、年齢の区別なく皆が力を合わせることが大事だというギレルモ・デル・トロ監督の素晴らしいメッセージを是非感じて欲しいです。芦田愛菜ちゃんの子どもとは思えない演技にも注目です。

ど迫力で面白い!!!

2013年、太平洋の深海に産まれた裂け目から怪獣が次々に侵入してくるようになり、太平洋沿岸都市は次々に壊滅的な被害を受けるようになります。そこで、人類は怪獣退治に巨大ロボット・イェーガーを製造します。

最初は怪獣退治に効果を発しますが次々に襲いかかる怪獣に再び人類は劣勢に追い込まれます。イェーガー製造には巨額の資金を要することから、イェーガー製造自身、窮地に追い込まれますが、そんな状況を打破すべく、現れた巨大怪獣にイェーガーが死闘を挑む、というストーリーで基本的で無駄な前振りも無く、映画の序盤から怪獣と巨大ロボットの戦闘シーンが満載のど迫力の映像が楽しめます。

人類の英知が勝るのか、それとも怪獣の破壊力に人類は滅亡するのか、最後までドキドキです。

パシフィックリムをロボットに無関心の人が見た感想

私はアニメワンピース世代で育ってきたため、ロボット系(ガンダムやマジンガーZ)には全く興味がありませんが、先日、職場の先輩40代から「パシフィックリム2」の映画に誘われて仕方なく見に行くこととなりました。

私自身映画は好きなのでよく見に行きますが、ロボットには興味がなかったので「パシフィックリム1」も当時公開していたことは知っていましたが観てはいませんでした。

「パシフィックリム2」を見る前に、U-NEXTの動画配信で「パシフィックリム1」(無料公開だった)を見ました。

あらすじなど何も知らず見始めたので、洋画なのに日本人(菊地凛子)が出てきて主要な役を果たしていたことに驚きました。

ロボット同士のぶつかり合い映画だと思っていましたがそれは全くの思い違いでした。

みんなが一つの目標に向かってプロジェクトを成し遂げようと協力する様は、現実世界でも仕事をしていて共感できるところがあります。

私は自家用の音響設備にこだわりを持っています。パシフィックリムのBGMは重低音が響き、音響機材が栄えて良かったです。

単純なBGMですが格好いい戦闘シーンで流れていたこともあってか、耳について離れませんでしたので後ほどサントラをレンタルしました。

個人的には2よりも1の方が好きでした。

人類の存亡を掛けた熱い闘い


何をいっても熱い闘いの連続が見る者を熱くさせます!

怪獣と呼ばれる巨大なモンスターに立ち向かう人類の切り札ともいえるイェーガー。

2人で操縦し、お互いが脳神経でリンクするドライブ。

ドライブの強さでイェーガーの強さも変わるという事にドラマ性もあり、ただのバトル映画では終わらない。

怪獣とは何なのか?出現する頻度は増え続ける原因は何なのか?

科学者の苦悩と努力、イェーガーのパイロット達の苦労。

次々と倒されてしまうイェーガーの前に見ている方は恐怖すら感じる先の読めないストーリーでラストは胸が熱くなります。

イェーガーと怪獣のパワーバランスがほぼ均等で常に楽勝で勝てるというシーンがなくそこもハラハラドキドキさせます。

怪獣に勝ったときの喜びは、映画の世界観を越えて感じてしまいます。

続編パシフィックリム アップライジングもストーリー構成がガラッと変わりながら熱い闘いを繰り広げ、ストーリーにも闘いのも胸が熱くなる作品でした。

ロボット、怪獣好き男子の夢が遂に映画化!

この映画の予告編を初めて見た時、「あぁ、こんな映画が見たかったんだよなぁ」と喜びに震えたのを覚えています。

やはり技術の進歩、特殊映像もここまで進んだか、という印象。

特に中盤、香港での戦いは手に汗握る名場面でした。

さらに吹き替え版だと、主人公機ジプシー・デンジャーの腕が飛び出す必殺武器も「ロケットパンチ」に言い換えるという、特撮アニメ好きにはウレシイ配慮が。

反面1作目は全般的に夜のシーンが多く、イェーガー(ロボット)やKAIJU(怪獣)の細かいディティールが分かりづらいところがファンとしてはやや残念に感じる部分。

公開されたばかりの続編では新型イェーガーが追加され、どうやら日中のシーンが多いようで1作目よりも細かい部分が確認出来そう。

映画を見終わると、ついついフィギュアが欲しくなるのもファン心理ならでは、といったところでしょうか。

パシフィック・リム ここを見てほしい!

パシフィック・リムは、監督が日本の映画を好んでいるということもあり、日本人にとって見やすい映画です。

イェーガーというロボットに乗り、怪獣と戦うストーリーになっているが、二人の科学者の奮闘ぶりにも注目してもらいたい。

気難しい数理学者と怪獣オタクの生物学者の掛け合いの面白さや、考え方の違いから最後は互いを理解し、人類の勝利に大きく貢献する姿を見て頂きたいです。

ただ怪獣と戦うだけでなく、怪獣がどのように発生しているかなどの深いところまで追いかけており、怪獣の秘密がどんどん明らかになっていくと全体の話が繋がってきて、ストーリーに感心してしまいます。

是非とも一度見て頂いて、次回作にも期待してもらいたいです。

壁を破る巨大生物とロボット

随所に散りばめられている、日本の特撮ヒーローやアニメーション映画へのオマージュやパロディーを感じました。

人類に残された最後の希望である日本人少女の役を演じている、芦田愛菜の表情や佇まいも魅力的で良かったです。

巨大なイェーガーをふたりのパイロットの呼吸をシンクロさせて操縦する、コックピット内部の描写がリアリティー溢れて惹き込まれていきました。

外敵からの脅威を感じた人たちがアラスカに「命の壁」を造り始める姿には、メキシコとの国境に壁を建設することを宣言したあの人の姿を思い浮かべてしまいました。

今の時代に現れた「KAIJU」をただ単に凶悪な存在として描くことなく、環境破壊の問題や人類発祥の歴史にまで遡っていくのが面白かったです。

ロボ魂を熱く燃えたぎさせる映画

KAIJU(言語まま)を打ち倒すために作られた巨大ロボットイェーガー。

日本の怪獣映画とロボットアニメへのリスペクトがあふれる映画です。

二人のパイロットが心を合わせるという技術を使って敵KAIJUと心を覗くことができるというのはなんともハリウッド的ですな。

各国のイェーガー(ロボット)のステレオタイプなデザインと機能も見どころ。

ロシアのチェルノ・アルファは名前通りに原子炉そのものなデザインだったり。

クリムゾン・タイフーンは中国=カンフー。

そして主人公機のジプシー・デンジャーはやや没個性。

吹き替えも「分かっている」キャスティングかと。

杉田智和さんはあまりロボットアニメのイメージがないのですが…強いて言えばアクエリオン?。

巨大ロボットが心を鷲掴み

映画、パシフィック・リムの1番の見所は巨大ロボイェガーと怪獣の戦闘シーンです。

監督自身が日本のロボットアニメや特撮に大きく影響を受けて作られている事が分かる程。

ロボットパンチなどのお馴染みの技から、戦隊ロボの使う剣と色々抑えてきます。

アングルも最高で1度観たぐらいでは飽きません。

私はもう、3度観ましたがまだまだ観ます。

次いで、搭乗者たちの人間模様も複雑さ。

大切だからこそ望みを叶えてやるのか、振り払い守るのか。

イェガーを操縦するには必ず二人組でなければなりません。

そして、あ互いの頭の中を共有することになります。

お互いの気持ちは嫌でも解る、それなのに素直になれない不器用な父と息子。

主人公だけでは無く、周りの人々の心の葛藤や決意を是非観てほしいです。

パシフィック・リムのロマンと日本愛

パシフィック・リムの見どころといえば、何と言ってもロボットと怪獣の戦闘シーンと監督への日本愛。

イェーガーと呼ばれるロボットとKaiju(カイジュウ)が戦闘するシーンでは、見ている側がワクワクしてしまうほどの迫力。

また、日本では巨大ロボットにお決まりのパンチ、キャノン砲、剣。

男の子の大好きが全部詰まったような映画だ。

パシフィック・リムのもう一つの見どころとして監督の日本への愛があげられる。

この映画を見て、本当に日本人でよかったし、日本人であることを誇りに思った。

映画内でも怪獣の表記はKaiju(カイジュウ)と日本語がそのまま採用されていることや菊池凛子さんや芦田愛菜さんが出ていることをはじめとして、洋画には珍しくあらゆるシーンで日本が登場こと。

映画の楽しみ方の一つとして具体的にどんな風に登場するかは是非見て探してほしいと思う。

これはパシフィック・リム アップライジングの方が明確により強く出ているのでそちらも是非見て欲しいと思う。

映画「パシフィック・リム」はどこで無料で見れるの?


2018年5月情報です。

FOD

FODでは映画「パシフィック・リム」は配信していません。
⇓   ⇓   ⇓
YAHOO IDで31日間無料キャンペーン中【FOD】

hulu

huluでは映画「パシフィック・リム」が2周間無料お試しで無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

DTV

DTVでは映画「パシフィック・リム」が324円で視聴できます
⇓   ⇓   ⇓
31日間無料キャンペーン中DTV

unext

unextでは映画「パシフィック・リム」を視聴するのに432ポイント必要です。

31日間お試しには600ポイントついているので、このポイントで無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-おすすめの映画

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.