hulu おすすめの映画

42世界を変えた男映画動画フル無料パンドラデイリーあらすじネタバレyoutubeで見れるの?

投稿日:

映画「42世界を変えた男」の動画の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsuで見れるのか調べてみました。

映画「42世界を変えた男」の動画の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

しかも、そんな危険な違法動画サイトなど使わずに日本テレビ公式の動画配信huluを利用すれば安全に高画質、高音質で映画「42世界を変えた男」の動画を無料で見れます。
[br num="1"]


[br num="1"]
映画「42世界を変えた男」の動画を無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

映画「42世界を変えた男」のあらすじ・ネタバレ見どころ感想

ドジャースのリッキー会長は、黒人選手を入れると言う、そして選ばれたのがジャッキー・ロビンソンという選手だった

男はタイプライターを打っている。

1945年もっとも偉大なる世代が戦地から帰ってきた。

ナチスドイツはやぶれその3ヶ月後に日本も降伏した。

帰国した人の中には世の中に愛された野球選手達がいた。

そしてアメリカは普段の生活を取り戻していった。

野球は民主主義が現実の物だという証だった。

野球の結果には肌の色やそいう差別的なのも書かれていない。

ただどの日にどんな結果が記されているかだけなのだから。

黒人兵士も国の為に戦っていたが、帰って来た彼らを待ち受けていたのは人種差別や隔離政策。

黒人の野球選手は大きな球団には入れず下位リーグなどの小さい所だけで野球が出来た。

そして1946年のメジャーリーグのチーム数は16その中に400名選手が居るのだが全員白人なのだ。

だが1947年の開幕時には399名となる。

そう一人だけ皆と違っていたのだ。

そしてこれは真実の物語である。

1945年春ブルックリンのドジャース球団。

そこで会議が行われていた、会長はある案があると言うのだ。

そして会長は「黒人の野球選手を入れる」と衝撃発言をした。

会議に参加している社員の一人ハロルドは反対する、新聞社や地元ファンにどれだけ叩かれると思うかと。

「それだけはやめてください」と本気で止めるのだった。

もう一人の社員も同様な反応を見せるが、会長は言う。

「ニューヨークには黒人の野球ファンも多い、お金の色は白と黒じゃない、緑なんだ」と。

会長はまだ誰を入れるか決めてないけど、必ず入れると決意を社員に示した。

場面は野球遠征中の黒人グループ。

シカゴへ向かう途中、ガソリンスタンドに寄る。

黒人選手のジャッキーはトイレを借りようとするが「そこはダメだ解ってるだろ」とオーナーに止められる。

白人しかトイレは使えないようだ。

それに怒ったジャッキー・ロビンソンはホースを抜けと言い他の場所でガソリンを入れると言った。

するとオーナーはしょうがない使っていいよと了解した。

ドジャース内では会長が黒人選手のファイルを社員と確認している。

そこで目に入ったファイルがジャッキーのファイルだった。

彼の問題児振りが気に入ったようでその根性に賭けてみたくなったようだ。

1945年8月28日。

ドジャーズの事務所に呼ばれた、ジャッキー。

リッキー会長から話を聞く。

会長は春には君にモントリオールロイヤルズに来てほしいと告げた。

その成績次第で、ドジャーズに呼びたいと言うのだ。

ただ一つ条件がある。

君はかんしゃくを抑える事が出来るかどうかだと。

黒人がメジャーリーグに入るという事は、憎悪の的になるという事だ。

ホテルやレストランでは選手は普通に入れるが君は入れさせてもらえない。

その時、君はどうする?喧嘩するのか?

ジャッキーはそれを聞いて「やり返さない選手がいいんですか!」と会長に食ってかかる。

それに対して会長は言う、「私が欲しい勇気のある選手はやり返さない勇気を持っている選手だ」と。

君が勝つ為には君が立派な紳士である事と偉大な野球選手であるという事を世間に知らしめる必要がある。

そして「君にその勇気があるかね」と聞くのだった。

ジャッキーはそんな会長の問いに「勇気で答えます」と言った。

ジャッキーはその興奮冷めやらぬまま、彼女に電話して「結婚しよう」と言うのだった。

そして二人は結婚した。

・ジャッキーは厳しい環境の中結果を出していく、そしてその実力が認められ、正式にロイヤルズの選手として契約するのだった

飛行機で野球のキャンプ場へと向かわないと行けないジャッキーと妻なのだが飛行機に乗ることが出来ない。

勝手に白人へ席を譲られていたのだ。

それでもバスで丸一日かけてやっとの事で、ジャッキー達は目的地に到着。

そこに、黒人新聞記者が待っていた。

リッキー会長から頼まれてジャッキー選任記録係をするのだとその記者は言った。

記者の車で宿泊先の家に運んでもらえた。

ホテルに泊まれないジャッキーの為にリッキー会長が手配していたのだ。

いよいよ合宿キャンプ一日目が始まる。

黒人記者はジャッキーに言う、皆が君を挑発してくる、だから覚悟がいるぞと。

そして他の記者たちからも質問が来るかもしれない。

その時、ボールを見極めるように質問もしっかり見極めないと行けないと忠告した。

グランドに行くと、いきなり記者に囲まれて質問が飛び交う。

ジャッキーはそれを上手く答え交わした。

リッキー会長が迎えに来て、ホップ監督を紹介してくれた。

リッキー会長は監督に皆が紳士的にごく自然に彼と接するように指導してくれと頼む。

そしてリッキー会長は監督にジャッキーを公平に判断して評価しないと君を解雇という事もあると釘を刺した。

練習が終わって家に帰ると、止まる家の持ち主が迎え入れてくれた。

そしてその人は「君は黒人野球選手にとってのヒーローなんだ」と言うのだった。

ドジャーズ対ロイヤルズのオープン戦。

ジャッキーの出番が来ると会場からはブーイングの嵐。

投手の球はジャッキーに当たるか当たらないかぎりぎりを狙ってくる。

結果フォアボールで塁に出るジャッキー。

ジャッキーは盗塁を成功させ2塁へ、さらに3塁へ進んだ。

さらにリードを大きく取り、投手を挑発する。

すると投手は投げる時に玉を落としてしまい、ボークの判定でジャッキーはホームへ。

家に戻って寝ているジャッキー。

外では、黒人記者と家の持ち主が話をしている。

そこに白人の野球ファンが来て、ジャッキーが野球選手として試合に出るのを誰もよく思っていないと言った。

そしてそのままここに居続けたらまず事になると言うのだった。

黒人記者は慌ててリッキー会長に電話ジャッキーを連れて新しい家へ連れて行くのだった。

次の試合でもジャッキーは活躍する。

だが、試合会場にいた警備員がジャッキーに「今すぐここから出て行け」と試合中に話しかけてきた。

「黒人は白人と試合しちゃいけない」という警備員に監督が間に割って入る。

だがジャッキーは試合をやめ会場を出ていった、結果2-1で負けることになる。

そんなジャッキーは妻と道を歩いていると、言いたい事があると白人男性が近づいてきた。

するとその白人男性は「俺はあんたの事を応援している」と予想外の発言をした。

さらに「周りにやつらも同じ思いだ、才能のある者にチャンスは与えるべきだ」と。

ジャッキーはリッキー会長に呼びだされる。

会長はモントリオールロイヤルズの正式選手として君の迎え入れる事に決まったと告げた。

ジャッキーは「なぜこのような事を?」と聞く。

それに対して私はビジネスをしている、ワールドシーリズに勝てば金になる。

黒人選手を入れる事により、それが可能に近づくと言い君も信じているだろ?と聞く。

ジャッキーは「大事なのは何を信じるかじゃなく何をやるかです」と言った。

リッキー会長は「同感だ」と言い、そしてピッチャーに揺さぶりをかけ走りまくれと言うのだった。

1946年4月18日。

3Aインターナショナル・リーグ開幕戦。

開幕戦開始直後、ジャッキーの妻は観客席にいるのだが気持ちが悪いとトイレへ行く。

そこで隣に居た女性に妊娠したんじゃない?と言われ、そうかもしれないと思うのだった。

いよいよジャッキーがバッターボックスに立つ。

ジャッキーは1球目を打ちその打球はぐんぐん伸びホームランとなった。

それを見て監督含め誰もがジャッキーは超人的な力があると認め出していた。

それから8ヶ月後、ジャッキー夫婦には赤ちゃんが生まれた。

ジャッキーはドジャースのキャンプに呼ばれる、だがチームメイトは黒人と一緒にやりたくないと言うのだ、そんな時、監督は不祥事でドジャースから去るのだった

そしてまたキャンプの季節がやってきた。

今年はドジャースのキャンプに呼ばれるジャッキー。

赤ちゃんが生まれた事もあり、キャンプ場へはジャッキー一人で行くようだ。

妻のレイチェルは「ドジャースに近づくほど非難は強くなる、負けちゃダメよ」と言う。

ジャッキーは「神に力を貰ったから大丈夫」と言った。

そしてドジャースに入れるか分からないというジャッキーに、「ドジャースにあなたは入るの、私には分かる」と見送った。

1947年、パナマのキャンプ場。

ドジャースの白人選手たちは、ジャッキー・ロビンソンとの野球を拒否すると署名を募っている。

ドジャースのコーチはジャッキーにファーストをやるように言う。

ドジャースには不動のセカンドがいてショートにもロイスという上手い人が居る、ファーストならすぐなれると。

そしてジャッキーは慣れないファーストの練習を始める。

コーチは言う、会長は君にドジャースの皆が入れたくなるようなそんなプレイを期待していると。

さらにコーチはジャッキーに盗塁のやり方も教えた。

監督の所に夜会長から電話がかかってきた。

ジャッキーと一緒に野球をしないとサインしている人達には厳しい罰を与えなければいけない、やり方は君に任せると会長は言った。

監督は夜中だがすぐに選手を集めこの中に「ジャッキーと一緒に野球やりたくないと言う者がいるようだな」

と言う、一緒にやりたくない者はやめてもらっても構わないともいう。

そして、「俺は、そいつが黄色だろうが黒だろうが縞模様だろうがいっこうにかまわん」

「ジャッキーは力を持ってるし我々が勝つ為の大きな戦力となる」

「それを受け入れて我慢しろ!来ることはもう決定している」

と力強くドジャース選手達に言うのだった。

そして監督は「彼は最初の一人だ、一人目に過ぎない、さらにこれからどんどん凄い選手が入ってくる」

「自分のプレイだけを気にしていかないと今度はお前らが球場から出されるようになるぞ」

そう言って皆の気持ちを引き締めさせた。

駅についたジャッキーを黒人記者が迎えに来ていた。

そして一緒に車に乗り込んだ。

ジャッキーは機嫌が良く無いようで、記者の言葉に反応しない。

黒人記者はあまり話をしないジャッキーに「なぜ僕が三塁側でタイプライターを持ち座ってるか考えた事あるか?」と聞く。

黒人記者は「黒人は記者席に入れないからだ、そして何かと戦ってるのは君だけじゃない」と言うのだ。

ジャッキーは謝り、最初から僕を支えてくれているのは妻のレイチェルと会長と君だけだと言うのだった。

けど、だからイライラする・・・支えられるのが好きじゃない誰にも頼りたくないと・・・。

会長の元にメジャーリークのコミッショナーから電話が入った。

その内容は監督を1年休ませるのはどうだろうという内容のようだ。

監督はカリフォルニアの女優が最近離婚したのだがその理由が監督だと言うのだ。

道徳の乱れから休ませないと野球協会事態に支障が出るという事だった。

会長も今とても大切な時期でしっかり監督に舵をとってもらわないと困るとコミッショナーに頼む。

だがコミッショナーはどうしても休ませるしかないといい電話は切られた。

その内容は監督に伝えられ監督はドジャースから居なくなった。

開幕も近いのだが監督が居なくなったドジャース。

正式にドジャースと契約した背番号42番のジャキーだが酷いヤジにジャッキーは心が折れそうになる、だが会長が彼の気持ちを立て直すのだった

寝ているジャッキーの元に会長から電話が掛かってくる。

契約書にサインして欲しいから来て欲しいという内容だ。

ジャッキーは慌てて飛び起き会長に会いに行った。

そして契約書にサインをし正式にドジャースの入団が決まるのだった。

場所はエベッツ・フィールド、開幕戦1947年4月15日。

ジャッキーは緊張した表情で選手ロッカーへ行く。

そこに用意されていたのは背番号42番のユニフォームだった。

それを着てグランドに向かうジャッキー。

グランドに現れたジャッキーを大勢の記者がとり囲み質問をする。

そして観客席からは白人からのヤジと黒人からの声援が送られた。

国歌斉唱が行われいよいよ開幕戦が始まるのだった。

ドジャースは昨シーズンは96勝60敗でまずまずの成績だったがワールドシーリズ優勝できなかった。

今年ドジャースが目指すのはもちろん優勝なのだ。

そしてジャッキーが初打席に立つ、ヒットを打つのだがギリギリセーフの所アウトにされてしまう。

そう厳しい洗礼を受けるのだった。

会長は新しい監督を探している、嫌がるバートを説得しなんとか監督になってもらう事が出来た。

監督に就任したバートは選手の前で話をする。

「君たちは優勝出来る選手だ、君たちの邪魔はしないだから勝ちに行こうじゃないか」と言った。

そしてジャイアンツ戦が始まる。

ジャッキーはその試合で初ホームランを打つのだった。

1947年4月22日。

次の試合でもジャッキーがバッターボックスに立つと相手選手側から酷いヤジを受けるのだった。

ヤジを出すのは監督のチャップマンだった。

そしてピッチャーが放った球はジャッキーの顔めがけて飛んできた。

それを転びながらかわすジャッキー。

さらに相手監督からのヤジは飛ぶ、怒らせようとしているのだ。

観客席に居る会長は「彼は大丈夫だ」と信用していた。

2投目も顔めがけてボールが飛んできた。

そして3投目で打った球はフライとなり取られてアウトになってしまった。

チームメイトは心配そうにジャッキーを見ていた。

そしてまたジャッキーがバッターの場面になる。

さらにひどいヤジが相手監督から繰り出される、しまいには同じチームメ―トもヤジの対象となってしまった。

それを気にしてか、またジャッキーの打った球はフライとなりアウトとなってしまった。

怒りが限界にきたジャッキーは相手監督を睨む。

観客席にいる会長もマズイと感じたが、ジャッキーは我慢して球場の外に出て行った。

そして廊下で叫びバットをへし折るのだった。

そこに会長が来る。

ジャッキーは「ずっと我慢しろというのか、あんな試練をずっと受け続けるのか」と会長に問う。

会長は「もうお前だけの問題ではない、ここにお前を支持し信用している人達がいる」

「ここでお前が我慢しなければ、問題が起きればすべて君のせいにされてしまうのだ」

それを聞いて、ジャッキーは「あなたにこの気持ちがわかるのか?」と聞く。

会長は「わからない、君にしか分からない事だ、この試練を受けているのは君だ」

ジャッキーは弱気になり「俺に出来る事は何もない・・・」と言う。

会長は「君に出来る事は、得点を入れる事だ、打って塁に出てチームを勝たせる事だ」

「チームの皆も君を必要としている、君が世界を変えるんだ!」と心の底から伝えた。

しかしジャッキーは小さく首を横に振る・・・。

だが気持ちを切り替えグランドに戻った。

またジャッキーがバッターの場面になるとヤジは続いた。

それを聞いたチームメートのスタンキーはベンチから歩いて相手チームに行き注意をする。

「何考えてんだこの恥さらし」と。

それに応えるようにジャッキーはヒットを打つ、そして塁に出た。

ジャッキーは盗塁のチャンスを伺っている、大きくリードし一気に3塁まで進めた。

次の打者がヒットを打ち、ジャッキーはホームへ入り1点を取った、これで1-0。

ホームに戻った、ジャッキーはスタンリーに「ありがとう」と言う。

スタンリーは「チームメイトだろ当然の事だ」と言うのだった。

結果はドジャーズの勝利。

記者たちは相手チームの監督に敗戦の原因を聞いている。

ジャッキーのヒットに負けたという監督、ヤジを飛ばしていたが彼の実力は認めていた。

ジャッキーは妻に言う、「誰かに好かれなくても敬意もなくていいだが、つぶされたくはない」と。

妻は「つぶされたりしないわ」とジャッキーに言った。

ジャッキーは「今日は危なかった」と言うのだった。

会長の部屋では部下のハロルドが怒っている、試合でのヤジが酷かった為だ。

会長はそんなハロルドを見て最初黒人入れるの反対していたのに一体何があったんだい?と言うのだった。

ドジャースのメンバーはだんだんジャッキーの実力と勇気を認めチームは纏まって行く、そして優勝に向けての最後の遠征が始まった

会長に会いに、選手のブレイガンが訪れる。

ブレイガンは前にジャッキーと一緒に野球できないと会長に申し出ていた。

そしてトレードの申請をしている所だった。

ブレイガンはそのトレードをやめて欲しいと頼みに来たようだ。

それを聞いて会長は、「ジャッキーの事はどうした?」と聞いた。

ブレイガンは「世の中は変わる、僕も変化を受け入れます」と言うのだった。

だがトレードが行われブレイガンはピッツバーグへ行くことに。

次の対戦相手のフィリーズ会長からリッキー会長の元に電話が来る。

対戦場所フィラデルフィアに来る時はあの黒人選手を連れてこないで欲しいという内容だ。

連れてくるならドジャースとは対戦をしないと言うのだ。

会長は没収試合にするならそれでもいい、ただ明日フィラデルフィアに選手全員で行くと言った。

その場合9-0になるのだぞと。

フィリーズは「君は隔離政策に反対しているのは知ってる、でもこれで一体何をしようとしてるんだ」と会長に問う。

会長は「試合をしなかった理由を神様に黒人選手が居るからなんて言えないだろ!」と怒るのだった。

フィラデルフィアのホテルに到着したドジャース。

だがホテルのオーナーがドジャースはホテルに止めないというのだ。

チームメイトがジャッキーに謝れという。

それで言い合いの喧嘩になってしまうのだ。

記事に前回ジャッキーにヤジを飛ばしていたチャップマンの内容が書かれていた。

このままだとフィリーズ全体が差別主義だと思われてしまうとフィリーズの会長は怒りながら言う。

そしてフィリーズ会長は君にどうにかしてもらわないとと言うのだ。

試合前の控室、ジャッキーの元に相手チームフィリーズの監督チャップマンが一緒に写真を取りたいと言ってると話があった。

リッキー会長はこの事を良い事だと思っていると告げた。

ジャッキーはグランドで皆に見えるようにならいいと承諾した。

そして記事の前で写真を取るのだった。

その写真は雑誌の表紙を飾った。

1947年5月17日、ピッツバーグ。

リッキーはバッターボックスに立つだがまた頭を狙われるのだった。

そしてボールが頭に当たった。

チームメイトは怒り、ベンチから飛び出し、ピッチャーの元へ向かう。

そして乱闘になってしまうのだ。

次の試合を控えた選手の元に手紙が届いた。

その手紙には「殺すぞ」という内容だった為、会長に相談しに来ていた。

会長は単なる脅しだというが、その選手は自分にはとても大きな問題だという。

そんな彼に会長は手紙を何通貰った?と聞くと彼は1通と答えた。

会長は引き出しから大量の手紙を引っ張り出した。

それはジャッキー宛に送られた大量の殺人予告の手紙だった。

次の試合でも当然観客からヤジが大量に放たれる。

チームメイトは「勝手に言わせとけ」と言い「ありがとう」とジャッキーに告げた。

控室でシャワー待ちしているジャッキーにチームメイトの一人が言う。

「チームの勝利の半分は君のおかげで勝ててる、君はとても勇敢だ」

「それなのにシャワーが怖いのかい?来い、一緒にシャワーを浴びよう」と。

ジャッキーは皆がシャワーを浴びている場所へ行き、一緒にシャワーを浴びるのだった。

ドジャースは優勝する、そしてジャッキー・ロビンソンの背番号42は唯一の全球団永久欠番となるのだった

1947年8月20日ブルックリン。

11回表2-2の場面、相手の打者がボールを打ち1塁に走った。

その時、1塁を守るジャッキーの足をスパイクで思いっきり踏んだ。

それに怒る仲間たちだが、ジャッキーは起き上がり試合に勝つ事が大事だと言うのだった。

医務室で足を治療してもらっているジャッキーの元に会長が来る。

会長は今朝空き地で白人が野球をしているのを見た。

その白人は君の真似をしていたんだ黒人選手の真似をと言った。

ジャッキーは会長に「なぜ私を・・・黒人をチームに入れたんです?」と聞いた。

会長は「野球が好きなんだ、私の好きなスポーツには不公平な部分があった」

「それを無視してたんだ・・だが無視できない所へ来た、君がまた野球を好きにさせてくれたんだ」

と言い最後に「ありがとう」と言うのだった。

最後の遠征が始まる。

ドジャースはその後も勢いが止まらずカージナルスから全勝を上げる。

そしてついにあと1勝で優勝の所まで来たのだった。

最後の試合のピッチャーはオスターミューラー。

前にジャッキーの頭にボールを当てたピッチャーだ。

ジャッキーは「ちゃんと打てる球を投げろ、怖いのか!」と挑発する。

それを聞いてピッチャーは頷きストライクを取りに行く。

するとジャッキーはそのボールを打ちホームランになるのだった。

そして優勝しワールドシリーズ進出が決定した。

ジャッキーは会場から拍手を浴びながらホームを回るのだった。

その後、ブランチ・リッキーは1967年野球の殿堂入りをする。

ピーウィ―・リースは1984年野球の殿堂入り。

ウエルデル・スミス1948年野球記者協会初の黒人記者になる。

ジャッキー・ロビンソンは1947年新人王を獲得。

彼に続き1948年ロイ・キャンパネラ1949年にドン・ニューカム入団。

1962年ジャッキー・ロビンソンは野球の殿堂入りした。

そして毎年4月15日メジャーリーグではロビンソンの敬意を表し全選手が背番号42をつける。

背番号42は唯一の全球団永久欠番になるのであった。

映画「42世界を変えた男」はどこで見れるの?

映画「42世界を変えた男」は公式動画配信huluでみれます。

huluは日本テレビが2014年に買収した動画配信会社です。

しかも、ただいま、絶賛キャンペーン中で、2週間無料でお試しができます。

解約も簡単です。

このキャンペーンはいつ終わるか分からないので、映画「42世界を変えた男」を見たい方はお早めにご利用ください。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

しかも、huluは映画「42世界を変えた男」以外にも40000本以上の映画・ドラマ・アニメが見放題で利用できます。

雨が降ると君は優しい
地味にスゴイDX
コウノドリ
愛してたって秘密はある
過保護のカホコ


[br num="1"]


[br num="1"]

ぜひ2週間無料キャンペーンを利用してガンガンお気に入りの動画を無料で見てください。

映画「42世界を変えた男」を無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

-hulu, おすすめの映画

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.