hulu おすすめの映画

コンテイジョン映画動画フル無料パンドラ再放送見逃しデイリーyoutubeで見れるの?

投稿日:

映画「コンテイジョン」contagion動画の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu,bilibiliで見れるのか調べてみました。

映画「コンテイジョン」contagionの動画は再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

しかも、そんな危険な違法動画サイトなど使わずに公式が動画配信huluを利用すれば安全に高画質、高音質で映画「コンテイジョン」が無料で見れます。

映画「コンテイジョン」を無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

映画「コンテイジョン」Contagionの概要

『コンテイジョン』(Contagion)は、2011年のアメリカのスリラー映画。

高い確率で死をもたらす感染症の脅威とパニックを描く。

映画「コンテイジョン」Contagionのあらすじネタバレ見どころ感想

次々と原因不明の病気にて亡くなっていく人達が現れた、CDCとWHOはそのウイルスについて調査を始める

2日目。

香港の出張を終え、家に帰る為空港にいるべス・エムホフ。

咳が酷く、彼女自身は時差ボケによる体調不良だと思っている・・・。

香港九龍の人口は210万人。

体調の悪そうな青年が船から電車に乗り家路に帰る。

英国ロンドン人口は860万人。

気分が悪そうにしていたモデルの女性が、ホテルで変死で発見される。

ミネソタ州ミネアポリス人口330万人。

旦那と子供の待つ家に帰って来たべスは子供にハグをした。

東京でも倒れる中年の男性がいる。

そして香港にて体調の悪かった青年もフラフラになり意識が低下して車に引かれた。

フリー記者のアラン・クラムウィディは人が倒れ泡を吹いている動画を新聞社に売り込んでいる。

その動画は東京で倒れた男性の映像だった。

アランは、政府が伝染病を隠しているのではないかと疑いその記事を書きたいようだ。

だが新聞社の人はほんとかどうか分からない為フリー記者のあなたに記事は書かせられないと言うのだった。

アランは怒り、この動画の記事があんたの所から出たら許さんからなと言い出て行った。

べスの夫、ミッチは子供を迎えに学校へ行く。

子供は熱があり体調が悪いとのことだった・・・。

4日目、べスは体調がだんだんひどくなり、腕の力も入らなくなっていた。

そして急に痙攣しだし、泡を吹いて倒れてしまった。

急いで病院に連れて行くも帰らぬ人となってしまうのだった・・・・。

医師は死因が分からない為、検視官に報告し解剖の手配をしなくてはいけないとミッチに告げた。

病院から帰るミッチにベビーシッターから電話が入る。

その内容は子供が妻と同じような症状になっているというのだ。

ミッチは急いで家に帰りベッドに寝ている息子の元へ急ぐ。

だがベッドに寝ている息子はもうすでに帰らぬ人となっていたのだ。

スイスの世界保健機構(WHO)。

レオノーラ・オランテス医師は他の先生達と話をしている。

香港では2名死亡で疑わしい症例が10件出ている。

あの亡くなった青年には彼女がおり、彼女は青年の遺骨をもって中国に帰るバスの中で同じ症状にて亡くなった。

同様にその様な症状にて亡くなった症例を話し感染源を探っていた。

一方、解剖されているべス。

脳の状況を確認すると、脳の一部が無くなっていた。

解剖医はその情報を全関連部門へ報告した。

報告を受けたアトランタの疾病予防管理センター(CDC)。

チーヴァー医師とミアーズ医師は同様の症状が無いか確認し、病気の種類を探っていく。

ミアーズ医師は今後マスコミが騒ぎ立ててくるが一番重要な事は、感染者と感染予備軍の人を隔離する事だという。

そして何かあったら私に電話してきなさいといい、彼女をミネソタへ調査に向かわせるのだった。

ウイルスを調べていくが過去に例が無く、培養してワクチンを作るのも難しいとなるがサスマンは培養に成功する

場面は隔離室に入院中のミッチ。

ミッチに娘(前妻の)が面会に来た。

心配する娘にミッチは「うつるならすぐに発症するから大丈夫」というのだ。

そして娘が面会してきてくれた事に感謝を伝えた。

ミネソタにいるミアーズ医師は会議を行っている。

感染は、呼吸器感染だけでなく、媒体物でも感染するというミアーズ医師。

その事をマスコミに言うべきなのか、学校を休校にすべきかなど、情報を話合う。

ミアーズ医師は、まず調べるべきなのは、感染した1人から何人の人が感染するかという事だと言うのだ。

例えば季節性インフルエンザは1対1。

それに対して天然痘は1対3以上。

これらを表すのには、潜伏期間や感染期間など様々な要素によって変わる為それも調べなくてはいけない。

後は、それがどれぐらいの人に感染するかという事。

今のところ分かる情報は、手と鼻と口がある人全員に感染してしまうという事しか分かっていない。

サンプルはもうすでにCDCに送られている為、72時間後になんのウィルスか分かる・・幸運ならとミアーズ医師は言った。

CDCバイオセーフティレベル4実験室。

アリ―はウィルスの検視を行っている。

そこでの調査の結果、形態学上同じような物は他になく、抗体もすべて試したがそれもダメ。

分かるとしたらサンフランシスコのサスマンだと言いアリーは彼に連絡を取った。

電話に出たサスマンはアリ―とウィルスについて話しをする。

そこに、フリー記者のアランがサスマンに話しかける。

アランが書いているブログでは、生物兵器なのではなど、色々噂が広がっているようだ。

その事についてサスマンに取材しようとするが、正式な予約を取ってくれと断られるのだ。

7日目、疾病管理予防センター。

チーヴァ―医師の元に、国土安全保障省のデニス・フレンチが話しかけてくる。

二人は緊急管理センターで話をする事になった。

フレンチは言う、「マカオのカジノでは宿泊施設で3名が死亡し、従業員がストライキをしている」

3名の死因はまだはっきりせず、現在WHOに問い合わせ中のようだ。

「安全保障省は、ウィルスに感染した人がわざとカジノや人混みに行くテロ行為を疑っている」

「企てるなら感謝祭が絶好のチャンスだ」というのだ。

フレンチはチーヴァー医師に「何者かが鳥インフルエンザを改良したのでは?」と聞く。

チーヴァー医師は、「誰かがわざわざ兵器化しなくても鳥がまき散らす」と言った。

政府はミッチの子供が亡くなった学校を閉鎖しみんな自宅待機となった。

だが他の地区はまだ通常通り、体調の悪い者は学校をすぐに休ませるなどの対策を行う。

ミネソタ保険局はまだ確認していませんが、これらの発症源は先日死亡したアルダーソン社の女性とその息子にあると考えられている。

アルダーソン社に調査に来ているミアーズ医師。

ミアーズ医師は、べス・エムホフに何があったのかを調査しているようだ。

仲のよかった社員を集め情報を収取していく。

そして彼女と接触しただろう事がらの内容を確認する。

すると、アーロンバーンズという男性が彼女を空港に迎えに行っていたというのだ。

ミアーズ医師は「彼はいまどこにいるんです?」と聞いてバーンズに電話した。

バーンズは体調が悪く、インフルエンザかもしれないと口にした。

ミアーズ医師はどこにいるんです?と聞くと通勤途中のバスの中だと言うのだ。

すぐに降りるように指示を出すミアーズ医師。

だが、バーンズはバスを降りたらすぐに倒れてしますのだ、そしてそこには彼を気遣う数名の人の姿があった。

きっとまたどんどん広がっていくだろう・・・・。

隔離されている、ミッチもべスについてミアーズ医師に聞かれている。

べスは、香港から一度シカゴを経由して帰ってきているようだ。

「シカゴに何故行ったのか分かりますか」?とミッチに聞く。

ミッチは、少しためらいながら「シカゴに前に付き合ってたジョンニールという男がいる」と話した。

ミッチは、ミアーズ医師の反応を見て、「彼が感染している?うつされたのか?」と聞く。

だがミアーズ医師は「お答え出来ません」と言った。

一方、調べたウィルスの結果をアリ―はチーヴァー医師に話をしている。

このウィルスは豚とコウモリの配列を持ていて過去にこのような症例を見た事も無いと話す。

纏めると、これは死亡率20%台の新種のウイルスで現時点では医療法もワクチンも無い。

チーヴァー医師はアリ―に今後レベル4以外でこのウィルスを扱うのは禁止だと告げた。

アリ―はサスマン医師に電話する。

このウイルスは危険すぎるそしてレベル4に限定された為、調査はしなくていいと言う。

だが、サスマンはそれは間違っているレベル4だけのラボでやってたらいつまでたっても解決しない。

うちでもやれる!と言うのだが、サンプルもすべて捨ててとアリ―は釘をさした。

8日目、チーヴァー医師はテレビにて現状の報告を行っていた。

チーヴァー医師はまず、香港から感染源を洗い出しそして感染経路を見極めていくと言うのだった。

香港に調査に向かうWHOの職員レオノーラ・オランテス医師。

発病者を回り、感染経路をたどっていくのだがまだ感染源が掴めないでいた。

場面は会議室、映像にて各国の首相達と話をしているようだ。

ある男性が報告を始める、現在の感染者数は8万9千人いると考えられている。

そして間もなくその数は26万7千人に達し、48時間後には世界の大都市で感染が見られるようなると映像を見せた。

チーヴァー医師は、まだ培養が出来ない為ワクチンが作れる状態じゃないと言い治療法は無いと告げた。

一方、香港にて調査をしているWHO。

最初に香港で死んだ青年がマカオに行っていた情報を掴んだ。

だが一緒に調査をしているWHOのスンの母親が同じような症状になってしまっていた。

サスマン医師は、サンプルを処分し調査を止めるように指示されていたが調査を続ける。

そしてレベル4には無い、コウモリの胎児細胞を使う事により培養に成功した。

WHOのオランテス医師は、感染源を付きとめていく、第1感染者をべスだと付きとめる、そしてミネソタに行ったミアーズ医師は感染してしまう

サスマンはその結果をアリ―に渡す。

アリ―はその事をチーヴァー医師に報告する。

12日目、その情報は各国の主要機関に広がる。

だが、培養に成功しただけでワクチンを作る臨床試験までにはまだ数か月かかるとの事だ。

場面は、隔離されているミッチ。

ミッチは、自分に抗体があるなら自分の血液からワクチンを作れないかと言うのだ。

だがそれでは時間がかかりすぎると言うミアーズ医師。

それなら娘も感染しないんじゃ?抗体は遺伝するんでしょ?と聞くミッチ。

だが、半分はあなたからだが半分は母親からといいそれを否定した。

娘と家に帰る事が許されたミッチ。

娘の彼氏が家に来ようとするが、ミッチは危険を冒すことは行けないいい彼を追い返した。

一方、オランテス医師はマカオの映像を見て居る。

そこではべスがカジノを楽しんでいた。

べスの隣には東京で死んだ男性の姿もあった。

その映像を見てどちらがどちらにうつしたかが問題だと他の仲間と話す。

そしてオランテス医師は、ウイルスはマカオに行く前に発生したのではないかと考えられると言った。

それがここ香港かもと言うのだ。

だが香港の役人達は、彼女の推測で発表は出来ないと告げた。

14日目、ミアーズ医師は咳が止まらなく熱も出た。

自分も発病したのだと悟り、チーヴァー医師に連絡した。

チーヴァ―医師は保険局に連絡して君の事を伝えるからホテルに居れば大丈夫と言った。

チーヴァー医師は電話を切ったあとショックと責任を感じて頭を抱えた。

さらにマカオの映像を分析しているオランテス医師。

その映像には香港で死んだ青年と、ロンドンの女性も映っていた。

やはり、第1感染者べス・エムホフだという結論に達したのだった。

WHOの職員のスンは、「フランスとアメリカは治療薬を秘かに製造しているらしい」

「WHOはアメリカと組んで黙認しているらしい」と言う。

それはインターネットで流れている情報らしい。

そしてスンの母親はすでに帰らぬ人となっていた。

オランテス医師は第1感染者の情報を保健省へ送る為、部屋を後にした。

オランテス医師は誘拐されてしまう、一方でアランはレンギョウが効くと嘘を付お金を稼いでいたそして街は暴動が過熱していく

スンは何かを企んでいるようで、誰かに電話した。

オランテス医師はスンとその仲間たちに誘拐されてしまい、目隠しをされスンの村へ連れていかれた。

そこには、生存者達が居て一つの建物内に隔離されていた。

そこにワクチンが出来るまで、オランテス医師には居てもらうとスンは言う。

それに何の意味があるの?とオランテスは聞くと、「優先順位が上がる」とスンは答えた。

一方、ミネソタにいるミアーズ医師。

体育館を仮設病棟として患者を収納していた。

そこで患者としてベッドで寝ているミアーズ医師、症状は深刻だ。

ミアーズ医師にチーヴァー医師へ電話してくれと電話が渡された。

チーヴァー医師は必死に彼女の受け入れ先を探していた。

だが、どの病院も受け入れが厳しい状態にある。

看護師達も全員ストライキにてボランティアで作業する人数名しかい居ない状態だ。

チーヴァー医師は自分がミネソタに派遣した事に責任を感じているようだ。

隔離輸送ポットを使う為に、バガティ海軍少将にお願いするが、すでに他のお偉いさんが使用していると言うのだ。

さらに、大統領もどこかへ逃げてしまい、この様な情報が知れれば、銀行などに人が殺到してパニックになると告げた。

さらに、フリー記者のアランは自分の映像を撮っている。

内容は熱が出て病気は発症しているという事。

さらにその病気に効くとされるレンギョウという物を発症してから飲んでいるという事。

そして明日も生きていればそれが効果があると言うのだった。

その動画を見て居るチーヴァー医師。

妻に電話し、すぐにシカゴを出てアトランタに来るように言った。

そしてその事は誰にも言わずに一人で行けと言われるのだが、妻は人に話してしまうのだ。

18日目、レンギョウを購入する為、並ぶ人々。

そしてレンギョウの在庫が残りわずかなのをしり暴動が起き始めた。

ミネソタのお店でも、強奪が行われており、さらに他の州へ行く道はすべて閉鎖され隔離されていた。

ゴミだらけと化した町でアランは「レンギョウが効く」とかかれた紙を張りながら歩いている。

アランの家の前に来ると、発病した女性がレンギョウを求めて一人来ていた。

女性はアランに妊娠していてお金もあるからレンギョウを分けて・・とすがる。

だがアランは家には無い帰れと追い返すのだった。

一方、病気で寝ているミアーズ医師の症状は悪化し帰らぬ人となってしまった。

ミネソタでは死体袋が不足するほど死者が膨れ上がっている。

テレビに出演する、チーヴァー医師とフリー記者のアラン。

アランは、効果があるとされるレンギョウがCDCのサイトに載っていない。

さらにWHOは製薬会社と繋がっていて利益を得ようとしていると言った。

チーヴァ―医師は「レンギョウも調べていますが科学的に立証はされていません」

そして「感染源を掴み、ワクチンの開発を進めて居ますがまだどれも成功していない」と言った。

分かっているのは「感染手段とインターネットや噂が恐怖を広める」のだと。

アランは、FBで見た正式発表前に妻にシカゴから出るように言った内容を出し、誠意が足りないと言うのだ。

放送終了後、その事が問題になりチーヴァー医師は後々処罰を受ける事になる。

すぐに受けないのは彼の変わりが居ないからだ。

21日目、ウィルスが突然変異する。

アフリカのHIV患者が感染しさらに凶悪と化してしまっているようだ。

チーヴァ―医師は、アリ―医師にワクチンの開発の進捗を聞くがうまく行って無いとの事だ。

そしてワクチンがなければ全世界の人口1/12の人が感染し、死亡率は20~30%の所まで来ていた。

26日目、ミッチは配給にならぶが食料不足で配給もうち切られ暴動が起きる。

29日目、ミッチは留守の家を周り食料を探していた。

ついにワクチンが完成した、その事により一時的に暴動は起きたが事態は終息していくのだった

チーヴァ―医師は、アリ―にワクチンの目途がいつ頃になるか確認する。

だが今日ワクチンが完成したとしても、流通するまでにまだまだ時間がかかるようだ。

アリーは57番目のワクチンを接種した猿が発病しないのを確認した。

そのワクチンを自分に試しに打つのだった。

アリ―は病気が発病して病院で寝ている父の元へその報告へ行くのだった。

父は、ノーベル賞物だぞと喜んだが、アリ―は感染を恐れず最後まで患者の世話をしていた父を誇りに思っていた。

そしてそのワクチンは完成し、急ピッチで製造作業が行われていく。

だが手元に届きだすのに90日以上かかり、全員に回るのに1年以上かかると言うのだ。

131日目、ワクチンを最初に手にするのは誰かが問われる中、治安は悪化し強奪が進む。

チーヴァー医師の家にも強盗が入たが妻の命は無事だった。

アランは、証券取引の人物と接触し、レンギョウを売れるように仕向け儲けを得ていた。

かなりの額を稼いだアラン。

だがワクチンが出来、レンギョウに科学的効果がないと分かり始めた今その事が問題になると証券取引の人は言う。

そしてアランは警察に捕まってしまうのだった。

アランはほんと極悪で見ていて腹が立ちますね・・。

133日目、感染源はもはやわからないかもしれないと発表される。

ワクチンが最初に打てる誕生日が抽選で発表されていく。

チーヴァ―医師は、アリーに君が全人類の命を救ったと称賛する。

ミッチの娘はワクチン配布から144日目に摂取出来るようになる。

だがあと144日も家から出られない事に不満を感じていた。

一方、誘拐され村へ連れてこられたオランテス医師は村で子供たちの学校の先生となっていた。

オランテス医師はスイに呼ばれた。

どうやらオランテス医師とワクチンとを交換するようだ。

オランテス医師は電話に出て、「要求通りにして早く家に帰りたい」と告げた。

そしてワクチンとオランテス医師の交換が成立しオランテス医師空港へ向かった。

そこで、先ほど渡したのは本物のワクチンではないと聞かされそれを聞いたオランテス医師は村へ帰っていくのだ。

取り調べを受ける、アラン。

すべて嘘だと言う事が立証されたが、ブログの信者達が保釈金を出し、保釈するのだった。

チーヴァー医師もワクチンを貰うのだったが、他の人に自分の分をあげてしまう。

さらに妻の分のワクチンも貰っていた為、妻にワクチンを打つのだった。

ミッチは、妻の遺品を調べて居た。

デジタルカメラには、香港へ出張した時の写真が入っていた。

そこには中華料理人と握手している写真があった。

ミッチは娘に洋服をプレゼントし、恋人を家に誘った。

娘の恋人はワクチン接種済な為、会う事を許したのだ。

二人は電飾された部屋で一緒に踊る。

それを見て、ミッチも幸せそうに笑った。

ここの最後のマット・デイモンの少しの笑顔がほんとによかったーっと感じさせてくれます。

終わりよければすべて良しと言うように、この笑顔がこの作品を面白かった作品だと思えるきっかけとなりました。

アルダーソン社は森林の伐採をしている。

コウモリが木から餌を加えながら飛び立ち、豚小屋でその餌を落とすのだ。

すると豚がその餌を食べた。

その餌を食べた豚が出荷されていく。

そして中華料理人はその豚を調理し、手を洗わずにフロアーへ行き、べスと握手し写真を取った。

それがこの病気の1日目の始まりとなったのだった。

映画「コンテイジョン」contagionはどこで見れるの?

映画「コンテイジョン」contagionは公式動画配信huluで無料でみれます。

huluは日本テレビが2014年に買収した動画配信会社です。

しかも、ただいま、絶賛キャンペーン中で、2週間無料でお試しができます。

解約も簡単です。

このキャンペーンはいつ終わるか分からないので、映画「コンテイジョン」contagionを見たい方はお早めにご利用ください。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

しかも、huluは映画「コンテイジョン」contagion以外にも40000本以上の映画・ドラマ・アニメが見放題で利用できます。

雨が降ると君は優しい
地味にスゴイDX
コウノドリ
愛してたって秘密はある
過保護のカホコ

ぜひ2週間無料キャンペーンを利用してガンガンお気に入りの動画を無料で見てください。

映画「コンテイジョン」contagionを無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

-hulu, おすすめの映画

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.