ドラマのあらすじキャストロケ地主題歌などをお伝えします。

ドラマ動画配信無料

おすすめの映画

亜人映画動画フル無料パンドラanitubeデイリーで見れるの?

更新日:

映画「亜人」の動画フルの再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

映画「亜人」の動画フルの再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili
anitube

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

映画「亜人」の動画は公式動画配信UNEXTで無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

亜人とは?



亜人とは死んでも生き返る人間です。

亜人の機能

亜人は「IBM(インビジブル・ブラック・マター)」と呼ばれる戦闘能力が非常に高い幽霊のような存在を召喚することができます。

そして、死ぬと一番大きな体があるところに、ワープすることができます。

写真の左側にいるのが、IBMです。

通常の亜人は一人1体までしか召喚できませんが、永井圭(佐藤健)はこのIBMを何体も同時に召喚できます。

映画「亜人」相関図キャスト

永井圭(佐藤健)

亜人

佐藤(綾野剛)

亜人

20年間も国で人体実験をされて人間を憎んでいる

戸崎優(玉山鉄二)

厚生労働省の役人

田中(城田優)

亜人

2年間も国に人体実験をされていて、人を憎んでいる。

奥山(千葉雄大)

亜人を崇拝する若者

下村泉(川栄李奈)

亜人

戸崎優(玉山鉄二)の秘書兼ボディーガード

永井慧理子(浜辺美波)

永井の妹

映画「亜人」あらすじ・ネタバレ(あり)

永井圭(佐藤健)が亜人とバレて国の施設で人体実験をされる!

永井圭(佐藤健)がある日、車にはねられる交通事故にあう。

しかし、永井は死ななかった。

これにより、永井は亜人とバレてしまう。

そして、亜人研究所に連行された永井はそこで、人体実験をされる。

永井を助けにきた佐藤(綾野剛)だが、永井は佐藤と戦う

そこに、同じ亜人の佐藤(綾野剛)が助けにくる、しかい、佐藤が冷酷に人間を殺しまくるのを見て、
こいつとは違うと思い佐藤から人間を助けて逃げる。

しかし、佐藤が永井を殺しに来る。

そして、亜人は「IBM(インビジブル・ブラック・マター)」と呼ばれる戦闘能力が非常に高い幽霊のような存在を召喚することができます。

そして、佐藤がIBMをだして、永井を捕まえようとする。

初め永井はIBMを見て驚くが、なんと永井もIBMがだせた!!!

しかも、同時に2体もIBMがだせた。

そのおかげてなんとか、佐藤から逃げることができた!

佐藤が記者の前に現れて訴える。

それは、亜人をモルモットして人体実験をしてグラント製薬は2兆円も稼いでいる。

毒ガスや生物兵器などを製造して。

そして、その人体実験に田中(城田優)が利用されたことを暴露した!

そして、涙を流しながら訴える、亜人も同じ人間です。

静かに暮らせる市民権をください。

それを見た世の中は、マスコミなどが賑わう。

このシーンでなにげにyoutuberのヒカキンが登場している!どこまで、稼いでいるんだよ!!!!

下村泉(川栄李奈)が永井慧理子(浜辺美波)に病院に会いにくる

下村泉(川栄李奈)が永井の妹の永井慧理子(浜辺美波)に会いに来た。

慧理子は病気で入院していた。そこに、厚生省の役人の秘書をしている下村が永井の
情報をえるために病院に会いにきた。

しかし、慧理子は兄とあっていないので、なんの情報ももっていないことをしった下村が帰ろうとすると、下村が突然、胸から血を流しながら空中に浮いていた!

それは、田中(城田優)のIBM(インビジブル・ブラック・マター)と呼ばれる戦闘能力が非常に高い幽霊が下村を襲っていたからだった。

このIBMは普通の人間には見えない。

そして、護衛の警察官もIBMに襲われて死んでしまう。

田中の目的は妹の慧理子を連れ出し、永井をおびき寄せることだった。

しかし、なんと下村も亜人だった。

何故なら、死んだはずの下村は行きかえり、そして、下村もIBMを発動した!

11月25日午後3時に厚生労働省を壊滅すると佐藤が予告ビデオを公開する!

佐藤は前に市民権を亜人にもくれといったのに、国は5日たっても動かないために、佐藤は厚生労働省あてにビデオを公開した。

それは、11月25日午後3時に厚生労働省を壊滅すると

そして、「永田町の諸君、せいぜいがんばれ」と脅しをかけた。

慧理子が兄の潜伏している農村にやってくる

兄が慧理子の病院に現れて、自分がいま隠れている農村に誘う。

そして、永井は自分のIBMを飼いならそうとするが、IBMは永井のいうことをまったく聞かない。

11月25日午後2時55分厚生労働省

映画亜人飛行機が厚生労働省に突っ込む
そして、日付は11月25日午後2時55分になった。

厚生労働省は警察で厳重に警備されていた。

マスコミも厚生労働省の前に集まりまくっていた。

大臣秘書が大臣に避難を進めるが、大臣は亜人ごときになにができるんだ!!!と超強気!

自分だったら、まっさきに逃げるが・・・・

しかし、大臣の考えは超あまかった。

なんと、いきないり911テロ事件を彷彿される、ジャット機1機が厚生労働省に突っ込む!!!!

そして、厚生労働省のビルは崩壊してしまう。

佐藤が特殊部隊サットを壊滅させた!

佐藤が特殊部隊サットを壊滅
厚生労働省のビルが崩壊すると、佐藤の前に特殊部隊のサットが現れた。

そして、激しい銃撃戦となった。

佐藤も何回も死んだが結局佐藤がサットを全員殺してしまった。

佐藤が東京都の人を大量殺人すると脅しをかける

そして、国に圧力をかける、もし、亜人を人体実験にしていた事実を公表しなければ東京に毒ガスを散布して大量殺人を行うと脅しをかけた。

その脅しに国は、九州と北海道に亜人専用の独立の市を提供すると譲歩してきた。

しかし、佐藤は私は東京が欲しいと言う。

これにより、交渉は決裂してしまう。

この交渉を見ていた、佐藤の仲間もそれは行き過ぎと佐藤に反感するが、あっさり佐藤に殺されてしまう。

田中(城田優)はその様子を少し引きながらみていた。

もしかしたら、田中は佐藤を裏切るかもしれない・・・・

対亜人特選軍 略称「対亜」を設立する

「対亜」とは亜人の拘束を目的に作られた陸上自衛隊の特殊部隊ことである!

永井と戸崎優(玉山鉄二)がチームを組む

永井は戸崎優(玉山鉄二)に交渉を持ちかける。

それは、もし佐藤を捕まえれたら、自分と妹を自由にしてくれと。

戸崎はこの交渉を飲んだ。

そして、どうやって佐藤を倒すかチーム会議が行われた。

佐藤の幼少期

その頃、佐藤の隠れ家では、佐藤の仲間が、佐藤の幼少期について、田中に聞いていた。

田中は自分は、自分が亜人をバレてから、2年間人体実験をされて朝から晩まで殺されまくっていたという。

そして、佐藤さんは赤ちゃんから20年間それをされていたという。

なんと、20年間も佐藤は国に人体実験をされたいたのだ。

だから、佐藤は国に復讐心があるのだ。

VXガスが保管してある49階のビルに田中達がVXガスを盗みに来た!

そして、田中達が東京にまくVXガスが保管してあるビルに侵入してきた。

しかし、田中たちは、永井にやられてしまう。

しかし、そこには何故が佐藤の姿がなかった。

佐藤が飛んでビルに飛んでやってくる!



永井は佐藤が侵入するであろう経路に張り付いていたが、佐藤はなんといきなりビルの40階に突然現れた。

それは、亜人は死ぬと一番大きな肉体があるところに再生するという機能があったのだ。

その機能を使い、佐藤は田中に自分の腕をもたせていた。

そして、佐藤は破断機で自分の体を粉々にして、ビルの48階に突然現れたのだった!

そして、特殊部隊を全員殺した佐藤は49階に行き、毒ガスを手に入れる。

最上階のヘリポートで永井と佐藤が戦う!


佐藤が毒ガスをヘリを使い大量に東京に撒き散らそうとする。

それを永井がとめにはいる。

そして、戦う二人。

佐藤が永井に語る「亜人とは選ばれし人間だ!亜人になってどうだ永井君?」

永井は佐藤に言う「俺はお前が嫌いだ」

そして、激しいバトルが続く。

永井が佐藤に麻酔銃を打ち込みまくり、無事に佐藤を眠らせることに成功したかと思えたが、IBMが佐藤を殺してまた、佐藤が蘇ってしまう。

永井は、疲れ果て動けなくなってしまう。

佐藤が永井にトドメを刺そうとするが(でも、どうやって、だって亜人は死なないのに?と思ってしまうが・・・・)

映画「亜人」ネタバレ結末!

映画亜人結末液体窒素で佐藤と永井が凍る
しかし、疲れ果てたのは永井の演技で佐藤を油断させるためだった。

佐藤が永井に近づいた瞬間なんと、特殊部隊が突然現れて、液体窒素を佐藤と永井にかけて二人を凍らせてしまった!!!!!

流石にこれでは、亜人も生き返ることができない。

しかし、これで終わりでなかった!!!!

なんと、永井は亜人の機能である、亜人は死んだら一番大きな肉体のところに生き返るという機能を使って生き返ってしまった。

永井は佐藤との戦いの前に自分の腕を隠していたのだ。


そして、液体窒素で死んだ永井だったが、腕がある場所に再生した。

そして、最後はビルの屋上から飛び降りて永井は逃げて終了!

これは、よく番宣で流れていたシーンです。最後のシーンだったんですね!

映画「亜人」見どころ感想

アクション、映像美に惹かれる映画

映画亜人はとにかくアクションが素晴らしい。

製作スタッフは映画るろうに剣心のアクションを手掛けたチームだと聞いて気になっていた映画の一つでした。

剣を使った殺陣ではなく銃使用がメインになるので、アクションシーンに迫力が足りないかな~と思っていましたが期待を裏切ってくれました。

ワイヤーを駆使してぶっ飛んでいったり、CGを上手く使ったアクションにスピード感が加わり迫力がありました。

カメラワークも考えられていてより迫力が出るアングルから技を出したり圧巻でした。

原作の漫画を読んでいたので、キャラ設定も気になるところでしたが俳優さん流石です。

佐藤健と綾野剛の鍛え上げられた肉体美に感無量!二人とも原作の通りキャラが憑依していたのでストレス無くストーリーの中に入っていけました。

絶対観て損のない作品です。

原作に沿ったストーリー激しいアクションが魅力の映画

映画版「亜人」について見どころですが、既に多くの方が同じような感想をされているかもしれませんが非常にアクションシーンが多く、迫力がありはらはらします。

邦画ではアクション映画について、あまり多くなく最近はCGなどを使いごまかしている部分も有りますが、この映画はガチのワイヤアクションや本格的な格闘シーンがあり非常に見ごたえのある映像となっています。

原作が完結していないので、有る程度のオリジナルストーリーは有りますが、ストーリー展開は原作信者の筆者でも許せるレベル、むしろよくここまで話を作り上げたなと賞賛するレベルの内容でした。

多少、亜人たちのCG感が安っぽいといった所も有りますが、内容的には非常に面白かったです。

アクションシーンがかっこいい映画

映画全体の印象としてはうまく原作を削ぎ落としつつ時間内にスピーディにまとめたなという感じでしたね。冒頭のバトルからその中で説明をしていたのが良かったですねドキドキしながらも設定を覚えられたかなと思います。

邦画のアクションシーンはあまり期待していないところがあるのですけどこの映画はそんなことなくこの亜人という設定を生かした戦い方の構成も考えられておりただのアクションだけではないところもあり連携プレーなどの頭脳戦の要素も良かったかなと基本バトルが連続していくのであまりダラダラとしてはテンポが悪くなるけどその点も問題なくスピード感やテンポも良くあとバトルの時の音楽が非常にマッチしていて音楽がカッコイイとよりバトルが引き立っていてそこも印象に残りました。

邦画だからとアクション所詮大したことないでしょと思っている方にこそ見てもらいたい映画になっていると思います。

綾野剛さんがかっこ良すぎてびっくりしました

原作ファンです。どこまで再現できるかと興味を持ち劇場に足を運びましたが、CGのクオリティーが高すぎてびっくりしました。

とくに驚いたのは亜人だけが持つ守護霊的なIBMのCGでした。IBM同士が戦う姿が細かく再現されていたので、感動すらしてしまいました。

またキャストさんの演技も非常に良くて、とくに綾野剛さんのアクションがかなりかっこ良かったです。

銃を扱う姿、格闘シーンなど丁寧にされていたし、演技力抜群で悪役にも関わらず主役の級かっこよさでした。

これもCGじゃないかと勘違いした程でした。もちろん主役の佐藤健君もぴったりでしたし、川栄李奈ちゃんの華奢な体で頑張ったアクションも迫力満点なので、是非見て欲しい作品です。

死んでから始まる壮絶な闘いの物語

死を迎えた人間が「亜人」と呼ばれる超人的破壊能力を持った生物へと蘇る設定のバイオレンスとSFが融合した話題作です。

「死ねば、分かる」の作品キャッチコピーの通り、自分が亜人であるかどうかの判断は、死んでみないとわからりません。

死がそもそものスタートとなる、破壊と再生のリズムを組み込んだ異色の設定が特徴的で、話題性のあるポイントでもあります。

死を迎えても世を去れずに亜人として蘇った主人公や、その他の亜人の登場人物は、自らの得た超人的能力に迷い翻弄されながらも生きて行く道を探します。

得体の知れない亜人は通常の人間からは恐ろしい化け物として判断され、人間は武力を持って亜人を消滅させようとします。

主人公達は昨日まで同じ人間だった過去の同類と道を違えなければならない厳しい現実の中で成長していきます。人類と元人類である「亜人」との壮絶な闘いを描いた熱い作品です。

「亜人」は実写映画の頂点です

なんと言ってもアクションですね。見ていて、カッコいいです。男性も女性も。漫画から実写になっているのであまり期待せず見ましたが…面白かったです。

キャストがはまっていた気がします。佐藤健さんはどこか実写の映画を演じてもらうと別格のように感じます。

何を言っても「亜人」なので、亜人の戦闘シーンは見ものです。亜人と人間が上手く見せる事が出来ていたなと感じました。

個人的には、川栄李奈さんの演技が好きでした。可愛くもあり、カッコ良かったですね。亜人を呼ぶ時の「くろちゃん」がなんか良かったですね。好きです。まあ見ていてあっという間です。

終わり方も何か期待させる感じが良かったですね。最近の中ではおすすめですね。この映画は。

映画「亜人」はどこで無料で見れるの?

dtv

dtvは現在31日間無料お試しをしていますが、映画「亜人」は見放題プランにないので、400円(税抜き)かかります。
⇓   ⇓   ⇓
31日間無料キャンペーン中DTV

FOD

FODで亜人を視聴するのには500ポイント必要です。

FODの無料お試しは合計で1300ポイントもらえるので、無料で亜人を視聴できますが、ポイントは登録時に100ポイント8,18,28日に400ポイントもらえるので、登録してすぐに亜人を見たい人には不便です。
⇓   ⇓   ⇓
YAHOO IDで31日間無料キャンペーン中【FOD】

ツタヤディスカス

ツタヤディスカスも500ポイント必要ですが、登録時に1080ポイントんもらえるので、登録してすぐに亜人を視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
30日間無料キャンペーン中【TSUTAYAディスカス】

unext

unextも映画「亜人」を視聴するのに、540ポイント必要ですが、31日間無料お試し登録時に600ポイントもらえるので、登録してすぐに映画「亜人」が無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-おすすめの映画

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.