FOD コードブルー

コードブルー新春スペシャル動画フル無料パンドラデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ『コードブルー』動画新春スペシャルの再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ『コードブルー』動画新春スペシャルの再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

コードブルーはフジテレビの公式動画配信会社FODで見れます!

しかも、ただいまFODは無料お試しキャンペーン中でAmazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回に限り1ヶ月無料で視聴できます。

もちろん解約も簡単です。

Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録するとコードブルー123が全話無料で見れます!(2018年10月15日まで)
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

コードブルー新春スペシャルのキャスト

翔陽大学附属北部病院救命救急センター(翔北救命)

ドクターヘリに乗るフライトドクターを目指す者たちの集う病院。

藍沢耕作(あいざわ こうさく)演:山下智久

ファーストシーズンで、フライトドクターを目指す候補生として登場、本作では、白石恵、緋山美帆子、藤川一男、フライトナースの冴島はるかと、ファーストシーズンのトンネル事故ですぐに避難しなかったペナルティとしての謹慎明けの設定。

ファーストシーズンから、冷静で、他のフェローに比べて、判断も早く、腕もいい一匹狼タイプだったが、フェローの仲間たちと友情をはぐくみ少しは、本音を出すようになった。

家族構成は幼くして、両親を亡くし、祖母によって育てられた、今回のスペシャルの冒頭で、父親の思い出が語られる(この内容はセカンドシーズンに続く)。

祖母は、骨折からくる、せん妄で意識障害があったが、本作で回復し、それによって藍沢の心にある変化を起こす。

医師としては、人よりも多くの症例をこなすために、救命、フライトドクターを選んだ。

そのため第1話では、まだ若い患者の腕の切断も命を救うための、作業の一つくらいに思っていたが、指導医である黒田の腕の切断から、それが、その人の人生を変えるくらい大きなものだと感じるようになった。

新春スペシャルでは、横転した列車に挟まれた親子に対しての治療を行う、脳内にたまった血を抜くために、脳外科の西条の指示を受けながら、工事用のドリルを使って子供の頭に穴をあけると言う決断をする。
⇓   ⇓   ⇓
藍沢先生(山下智久)の全て

白石恵(しらいし めぐみ)演:新垣結衣

医者の父をもち、父を目標に翔北救命にやって来たが、将来は、ドクターヘリの知識をもって父も働く明邦大学附属病院に持ち帰ることを目標にしていた。

優等生ではあるが、毎日がギリギリの判断の必要なフライトドクター、得意になって高くなったような鼻も折れるような毎日だと鼻を潰して来院したのに、治療を拒否する患者に言っていた。

指導医の黒田とボイラー爆発の事故現場に行った時に、安全確認を怠り、指導医の黒田が、白石をかばうことで、外科医としては絶望的な右腕切断(後でつなぐことは出来たが)になってしまった事により、一度は医師を辞めることまで考えた。

そんな白石を引き戻したのは、緋山・冴島という女性同士の友情とドクター・ナース・パイロットたち仲間たちの繋がりだった。

今回の新春スペシャルでは、三井の指示により、トリアージと現場の指揮官としての役割を与えられる。

目の前で泣き叫ぶ家族がいても、ダメなものはダメ、役割を終えた時、三井に白石が言った、
「もう泣いてもいいですか」は、この任務の辛さを吐き出したものだった。
⇓   ⇓   ⇓
コードブルー新垣結衣(白石恵)の全て

緋山美帆子(ひやま みほこ)演:戸田恵梨香

謹慎明け、「出し抜いて出勤していなかった?」というほど、仕事熱心で、プライドも高く、口が悪い。

しかし、本音のところで患者も、仲間もほっておけない情の熱いところがあるため、誤解されがちだが、長く付き合う人にはそれがわかる。

新春スペシャルでは、彼女のこの性格により、心臓外科の柏原と言い合いになり、田所部長から、他の科に忠告するときは上司を通すのが組織だと叱られる。

列車転覆事故で、横転した列車の上にいた時、列車が大きく揺れ、誰もいない方に落ちたことで、なかなか発見されず、みんなが帰る頃に、援護で来ていた黒田により発見される。

心タンポナーデの状態で、心停止になっていた時間が、どのくらいあったのかわからない事から、みんなから心配される。

家族構成に関して特に語られていないので、不明だが、意識不明の時には父親が駆けつける、父親とは喧嘩しながらも、手作りの煮っころがしを作ったり、仲がよさそう(ただし、まずかったらしい)。

緋山が、搬送され、救命措置のあとは、心臓外科がオペを担当し、柏原が最後の縫合を行った。

心配された緋山だったが、次の朝には目が覚め、父親・仲間とまた働けるようになることを喜び、言い争いになった心臓外科の柏原とも和解する。
⇓   ⇓   ⇓
コードブルー戸田恵梨香(緋山美帆子)の全て

藤川一男(ふじかわ かずお)演:浅利陽介

藍沢たちと同期のフェローではあるが、実力が見劣りすることも有って、なかなかヘリに乗せてもらえない。

自分の良さをアピールしようとして、無駄な動きをして、心臓にショックを与えている時に、患者に触れ、心停止になってしまったことまである。

そんな藤川をみて、黒田は向いていないから、転院しろと言うが、最後まであきらめなかった、黒田が、腕が切断されたあと、急変した患者がいて、黒田の事で責任を感じて動けなくなった白石と共に黒田の指導の元、緊急手術を成功させた。

その後、トンネル事故で、始めてヘリに乗るが、そのトンネル事故での命令違反により、仲間たちと謹慎処分を受ける。

しかし、トンネル事故での経験もあって、スペシャルでは、初めて救急車に乗った救急隊員と共に、最悪足を切断しなければならない男性を黒田の助言の通り、処置をして助けた。

自分が弱虫だったからこそ、弱い人の立場が分かる、救急隊員との気持ちの触れ合い、そして切断の危機から救った青年から「いい先生に診てもらえた」と言ってもらえるまでになった。

ALSの恋人の居る看護師の冴島に片思いしている、同じように運航管理CS室で働く通信士に片思いしている上司の森本と、哀しい恋をしている仲間として仲良くしてもらっている。
⇓   ⇓   ⇓
コードブルー浅利陽介(藤川一男)の全て

冴島はるか(さえじま はるか)演:比嘉愛未

フライトナースとして、フェローとして来た彼らよりは、ドクターヘリに関しては先輩。

医者の家系に生まれ、自らも医学部を目指して勉強していたが、希望する医学部に合格できず、看護系の学校へ入り看護師となる。

医学部を目指していた時に、家庭教師をしてくれていた田沢と恋人同士になるが、田沢がALSという現代医学では、完治しない病気にかかり自殺未遂をしたことから、距離を置いていたが、彼を思う気持ちはそのままだった。

看護師として優秀で、なまじの医者よりも知識があり、藤川が患者の息子から「呪いをかけたからお父さんがおかしくなった」といわれた原因不明の病気を歯の治療から菌がはいり、髄膜炎の可能性を藤川に伝える。

結果、その予想は当たっていて、藤川は黒田に褒められるが、「冴島さんが」と彼女の功績を言おうとしても、藤川の手柄とする優しさもある。

「下手な医者よりたよりになる」フライトナースで、現場でもフェローたちの力になっている。
⇓   ⇓   ⇓
コードブルー冴島はるか(比嘉愛未)の全て

黒田脩二(くろだ しゅうじ)演:柳葉敏郎

田所部長の発案によるドクターヘリによる救命搬送の立ち上げに尽力した一人、しかし、その忙しさから家族との間に溝が出来、離婚に至ってしまった。

フェローたちの厳しい指導医で、「若者が嫌い」ということもあり、出来ないものは、切り捨てるようなところがあるが、それは違う道の方が楽に生きられることへの誘導であり、彼の優しさの一端でもある。

そのため、フェローの白石が危険に直面した時、彼女をかばって鉄骨の下敷きになり、利き腕の切断をすることになった、手術により腕の接合手術は成功したが、外科医としての腕は奪われてしまった。

そんな時、渡米する飛行機に乗る前の息子が、エレベーターで倒れ、救命にドクターヘリで運ばれてくる、怪我よりも倒れた原因が脳腫瘍にあり、脳外科の西条の手術に協力して息子の命に向き合った。

新春スペシャルでは、フェロー以外には別れを告げて、「リハビリを頑張りたい」と病院を出て、息子と元妻が渡米するのを見送りに行くときに、列車横転事故のニュースを聞いて、フェローたちの元へ駆けつける。

フェローたちへ口頭での手助けをして、倒れていた緋山を見つけ藍沢に連絡する、横転事故のニュースを聞いて、渡米を1日伸ばした元妻に、「緋山の意識が戻るまで行けない」という、元妻もそれを認め、夫婦に戻れそうな雰囲気になっている。

緋山が目を覚ましたことで、成田空港へ向かう黒田を3人のフェローと冴島に見送られながらこの病院を後にする。
⇓   ⇓   ⇓
コードブルー 黒田先生(柳葉敏郎)の全て

三井環奈(みつい かんな)演:りょう

クールで、トリアージもテキパキとこなせる合理性もあるが、フェローたちの成長を暖かく見守る、しかし現場では厳しい。

「出来ない事は出来ないと言いなさい」いいところを見せたがる新人フェローたちを一喝する。

自分が出産した同じ日に、たらいまわしにされた妊婦の手術を担当し、妊婦も子供も死なせてしまったことから医療裁判を受けていたが、三井が本気で、その患者を助けたかったことが、相手に伝わり告訴は取り下げられた。

新春スペシャルでは、白石の成長と黒田が居なくなった現場のことを考え、白石にトリアージと現場の指揮官を任せる。

病院に戻ってきた白石に、「貴方だから任せた」と声をかける、泣くのを我慢していた白石の辛さを十分に理解していた。
⇓   ⇓   ⇓
コードブルー三井先生(りょう)の全て

森本忠士(もりもと ただし)演:勝村政信

黒田、三井と言ったクールで厳しい指導医の中で、場の雰囲気を和ませる癒し系の医師、しかし腕は確かで、フライトドクターの経験も400回以上あると言う。

黒田から一番叱責されている藤川を気にかけていて、声掛けをしたり見守ったりしていることから、藤川と恋愛話までするようになる。

新春スペシャルでは、ドクターヘリの必要性について彼が講義しているところから始まる。

田所良昭(たどころ よしあき)演:児玉清

高度救命救急センターの初代部長であり、黒田田と一緒にここを作り上げた功労者であるが、都会の権力争いや医療に疲れ、離島で20年医師をしていたことも有る。

高度救命救急センターを作る協力を黒田にさせたことで、黒田の家庭を壊し、医師としての未来まで失わせてしまったことを、後悔しているが、黒田から、リハビリして医師としての再起に賭ける話を聞き応援して送り出す。

どの医師や看護師、仲間に対しても優しく、包み込むように接する大きな存在、セカンドシーズンを最後に演じていた児玉清が亡くなったことから、田所部長は、他の人が演じる事もなく、触れられていない。

西条章(さいじょう あきら)演:杉本哲太

脳外科医であり、救命チームが手を出せない領域の時には駆けつけて手伝う、黒田とは長年の友人であり、ライバル。

自身もかつては、救命チームにいたことから、フェローたちの心情を理解したアドバイスもする冷静で落ち着いた医師。

新春スペシャルでは、脳に血がたまった少年の治療の為に、電話で藍沢に指示しながらの治療に協力する。

梶寿志(かじ ひさし)演:寺島進

航空会社に所属するベテランパイロットであるが、ドクターヘリは、藍沢たちフェローと1年しか変わらない。

それまでは報道や遊覧飛行のヘリの操縦をしていた、17歳年下の妻がいてお弁当はかわいい、藤川や森本とはよく楽しいおしゃべりをしているが、フェローたちが辛い思いをしている時は、さりげなく優しさで接する。
⇓   ⇓   ⇓
コードブルー寺島進

轟木聖子(とどろき せいこ)演:遊井亮子

梶と同じ航空会社の社員、翔北病院の運航管理CS室でヘリの誘導を行う通信士、森本に言い寄られているが、適当にあしらっている。

ファーストシーズンでは、外国人と付き合ったりしていたが、森本の気持ちを受け入れ始めている。

藍沢絹江(あいざわ きぬえ)演:島かおり

藍沢耕作を両親がいなくなってから、一人で育てた、耕作の父方の祖母。

子供の頃は泣き虫な耕作を優しい中にも厳しく育てた、大学に入ってから連絡もしてこない孫に対して、巣立ちととらえ、喜んでいたと、耕作に伝える。

ファーストシーズンで、骨折によるせん妄による意識障害で認知症のようになるが、今回のスペシャルでは、回復し、耕作を認識できるようになる。

しっかりしていることで、これからの人生を老人ホームで過ごすことを一人で決めて、孫に迷惑をかけないようにと考えていた。

耕作から、一緒に暮らそうと言われるが、前向きな理由でそれを断り、入院していた耕作の病院を後にする。

田沢悟史(たざわ さとし)演:平山浩行

冴島の兄の友人で受験勉強に励む冴島はるかの勉強を見ていた、医師としては優秀な心臓外科医だったが、ALSという現代医学では完治しない病気にかかっている、冴島とは一度別れたが、ファーストシーズンの終わりによりを戻す。

ALSという病気については、FODで配信されている三浦華馬主演の「僕のいた時間」で詳しく取り上げられている、こちらもおすすめの作品。
⇓   ⇓   ⇓
コードブルー田沢の全部!

緋山公夫(ひやま くにお)演:清水絋治

緋山美帆子の父親、緋山が謹慎中見合い写真をたくさん持ってきて、緋山を怒らせるが、煮物を作ってくれた娘を可愛いと思っている。

今回の事故で、意識不明の娘の元に駆けつけた。

柏原あや(かしわばらあや) 演:今井りか

心臓外科のフェロー、ICUで容体が悪化した心臓外科の患者の様子から、緋山に「検査をした方がいい」と忠告されるが、「上司からの指示に従ってやっている」と突っぱねたことで、緋山と喧嘩になってしまった。

しかし、緋山の言ったことの方が正しく、緋山も上司を通すべきと叱られたが、彼女も上司から状況に応じた判断が出来なかったことで叱られたと言う。

ケンカ別れ状態の緋山が、生死の境で運ばれた時、驚くが、医師として出来ることを頑張り、最後の処置としての縫合をした。

「あんたの縫合じゃ心配、ちゃんとやった?」と緋山に言われ、しっかり頑張ったにもかかわらず「たぶん」と微笑みながら言って、緋山とは和解する。

細井雄介(ほそい ゆうすけ)演:永岡佑

列車転倒の事故に派遣された新人救命救急士、この現場が初めてなのにかなりの難しい状況に、弱気になる。

弱い自分を乗り越えてきた藤川に励まされて、黒田の指導に従っての手術の手伝いを頑張る、看護師がやるような作業まで、始めは弱腰だったが、患者を救うという目標に向かって藤川の力になった。

奥田智則(おくだ とものり)演:中野史洋

一番被害が大きいと言われた2両目に乗っていた、足の骨折に出血があり、出血を止めるための手術を黒田の指示により、頑張った藤川と細井の処置により足を切らないで済んだ。

心配した母親から電話がかかってきた時は出られなかったが、落ち着いてから、藤川に促されて、母親に電話した時、「いい先生に診てもらえた」と藤川の事を言った。

野口響子(のぐち きょうこ)演:西田尚美

列車事故で藍沢が担当した患者、椅子に挟まれて無理に引き出すことが出来ず、レスキューの作業による救出を待っているが、その下に息子がいて、パニックになる。

息子とは離れて暮らしていて、久しぶりに会ったことも有って、その事の後悔などを延々と嘆いていた、藍沢が息子の頭に穴をあけて、血を出さないと死んでしまうと言った時もドリルの音で騒いだりしてしまったが、藍沢の言葉に大人しくなった。

野口隼人(のぐち はやと)演:藤田祐希

椅子に挟まれた親子の子供、始めは意識があったが、意識がなくなった時に脳に血液が、貯まった為と判断し、藍沢がレスキューが椅子をどかすために使っているのをみて、ドリルを借りて頭部に穴をあけたことにより、命は助かった。

河野親子

父親がヘリでの搬送を待っていたが、待っている間に状態が悪化し、黒タグ状態になり、白石のトリアージにより、治療不能とされ、ヘリに乗せてもらえなかった、母と娘は、白石を非難するが、白石は冷静に状況を説明した。

コードブルー新春スペシャル動画のあらすじネタバレ見どころ感想

トンネル工事現場での命令無視により謹慎していた5人

この作品は、ファーストシーズンが好評で、セカンドシーズンとの間に作られたもの、ゲストキャラの中には、セカンドシーズンに登場する人もいる。

冒頭で、前回までのコードブルーと言われていますが、ファーストシーズンがざっとおさらいされるので、この作品からでも十分に楽しめる。

画面は、列車事故の風景を映し出している、藍沢耕作(山下智久)の声で別れについて語られている、両親の居ない藍沢は父が自分を置いて去って行った日の事を語っている。

下敷きになった人の体が映り、出会いのあとには別れがあり、それが死である事もあると語っている。

この列車事故の7時間前に時はさかのぼる。

森本忠士(勝村政信)がドクターヘリの大切さについての説明会を行っている、

出勤してきた藍沢と藤川一男(浅利陽介)は、着替えながら雑談をしているが、相変わらずクールな藍沢にウザいと言われている。

講演会で、ドクターヘリについての森本の説明にあわせて、ヘリのパイロットの梶寿志(寺島進)や通信士の轟木聖子(遊井涼子)の様子などが描かれる。

今回のフェローたちは、1週間の謹慎明け、先に着替えを終えた白石恵(新垣結衣)に緋山美帆子(戸田恵梨香)が、抜け駆けして出て来ていなかったかどうかを聞いている。

5人は、ファーストシーズンの終わりにあったトンネル事故で、患者を助けることを優先して、唖然のための避難をしなかったことで、1週間の謹慎をさせられていたのだ。

実家に帰って親から見合い写真を持ってこられてうんざりしていた緋山は、「三井先生みたいに減俸処分になった方がよかった」と言っている。

いつもの顔が戻り、また命に向かい合う

医師だけでなく、看護師の冴島はるか(比嘉愛美)も謹慎処分を受けた一人だった、ナースセンターに申し訳なさそうにやってくるが、みんなからは笑顔で迎えられる。

現場で患者を相手にしている三井環奈(りょう)は、今日から戻ってくる4人の事を信頼して、難しい患者も「うちに運びましょう」と、声をかけている。

4人の医師、そして看護師は、いつものように命との闘いの現場に出向いていく。

4人が居なかったため、田所部長(児玉清)も率先して院内の治療にあたっているが、ドクターヘリが、患者を乗せて戻って来た時、最初に看護師の冴島がきて、あとから4人のフェローがやってくる。

ヘリの中から、戻ってきた彼らを見つける梶と三井。

医師としてのリハビリに挑む黒田はドクターヘリから去って行く

久しぶりの感傷に浸る間もなく、命の現場は緊迫している、7日間の謹慎明けの5人は全くブランクもなく、いつものようにテキパキと仕事をこなす。

安心して任せる三井、頼もしそうに見つめる田所部長。

心停止していた患者の心拍が戻り、落ち着いた時、黒田脩二(柳葉敏郎)から失格の烙印を押されたこともある藤川が、黒田が居ない事に気が付く。

黒田は、田所部長の代わりに、部長になって欲しいと言う申し出を断り、「どこまで回復するかわかりませんが、ボロボロになるまでリハビリをやって見ようと思う」と医師としての決意を田所に告げた。

黒田は、田所と、軌道に乗るかどうかもわからないドクターヘリを始めた頃と同じだと言う。

若者が嫌いな黒田を引っ張り込み、ここまで黒田と軌道に乗せた田所が、「彼らに会わなくていいのか」と聞くと「それは必要ない」と言う黒田、田所はもう一つ聞いた。

「若者は好きになれましたか?」それには否定せず、晴れ晴れとした顔で去って行く黒田の後ろ姿を見送る田所部長。

藤川に黒田が辞めたことを聞き、「私たちには挨拶もなし?」と怒る緋山、「他の先生方には挨拶は住ませていたんだって、俺たちには会うまでもなしってことか」と哀しそうな藤川。

黒田は、ヘリのところに来てヘリに別れを告げ、パイロットの梶とは無言で、頭を下げ合い、別れの挨拶をした。

冴島は「寂しくなりますね」それに答えて白石は「そうね」とだけ、藍沢は何も言わずにペンを回している。

藍沢をただの医師ではなく耕作と認識できるようになった祖母

骨折による一過性のせん妄(意識障害)と言われていた藍沢の祖母絹江(島かおり)が、回復した知らせを受けて病室に行くと、祖母は藍沢を見るなり、「耕作」と、認知することが出来た。

これまで、他人のように藍沢を見ていた祖母が、「あなた仕事中でしょう?いいの?」と、いつもの祖母らしく厳しく聞いてきた。

目に涙をいっぱいためながら、何も言えない藍沢に「全部聞いたよ、迷惑かけちゃったね」そう言って謝る祖母、藍沢の立派な姿を褒め、せん妄中に藍沢が買った帽子のお礼も言ってくれた。

だけど、良くなることは退院の日が近いこともあって、藍沢は傍で見ていられない事での寂しさを感じていた。

組織の中で生きることの難しさ

ICUで、患者を見ている緋山と白石、二人は藍沢の祖母の話のあと、黒田が何も言わずに出ていった話をしていた、すると心臓外来にきて、ICUにいる患者の様子がおかしいことに気が付き、心臓外科のフェローの柏原に確認する。

が、柏原は、心臓外科での判断のもとでやっているので口出しされる筋合いはないと言う。

緋山と柏原二人は、一向にひかずそこに、森本がやってきて、緋山は田所部長のところに連れていかれ、組織とは上司を通すものと叱られてしまう。

森本は、「黒田が居なくてフェローたちの指導が出来るかな」なんて、弱腰になっている。

結局、白石と緋山が、気が付いた患者は、緊急オペになり、柏原はしかられてしまったと聞き、自分が間違ってないと分かって喜ぶ緋山だけど、白石は柏原の気持ちもわかるって言葉に、イライラを募らせてしまう。

「何かあったの?」緋山達が話していたところに、藤川が「みんなで飲みに行こう」と誘うんだけど、緋山はすげなく断る。

何もかも一人で決めてしまう祖母に寂しさを感じる藍沢

イライラ歩く緋山の横を藍沢はうつむいて通る、祖母の部屋にくると、ケアマネジャーが居て、祖母が前から申し込んでいた老人ホームの空きが出たと言う。

退院後の事も、住むところも藍沢に頼らず、一人で決めてしまった祖母に寂しさを感じた藍沢は、そんな愚痴を白石に話す。

藍沢は祖母と一緒に暮らしたいと思っていることを、白石に告げると、白石もそれに賛成してくれた、そこへ緊急の呼び出し音が鳴る。

黒田の居ない初めての大事故、段取りをつけて向き合う仲間たち

呼び出されて、藍沢と白石が駆けつけると、事故は列車の脱線転覆事故だと言う連絡だった、黒田の居ない初めての大きな事故。

森本の連絡に、三井も冷静に状況を判断して、対応する、事故現場付近は病院も多いことから、患者の搬送よりも医師を多く派遣することを決めた。

最初に向かうのは、藍沢と白石が三井と一緒にヘリに乗り込む。

ヘリの中で段取りを決める三井、白石にはトリアージで、患者の優先順位を決めるように指示、さらに現場に後からくる緋山や藤川にも動きを指示するようにと伝える。

藍沢は三井と一緒に安全な車両から、けが人の対応をと指示したあと、「怪我のないように」と、念を押す。

任された持ち場をそれぞれに力を尽くす!


ヘリを降りて、三井は藍沢とレスキューに状況確認をする、2両目、3両目にけが人が集中していて、3両目には前に押しつぶされた乗客が大勢いる状況だけど、安全確認が出来ているので、まずはそこから藍沢たちは診察する。

2両目は、まだ手を付けられる状況ではないようだ。

白石は、レスキューが安全なところに運び出した患者たちをトリアージしている。

空港に向かう黒田は、タクシーの交通情報から、このニュースを聞く、ドラマ独自の駅名だが、木更津方面と言っているので、黒田が向かうのは成田か、羽田、全く方角が違う。

3両目に乗り込み、外にまだ出せない人のトリアージを始める藍沢たち。

トリアージをしている白石は、現場の指揮官、ヘリコプターでやって来た緋山と藤川に安全確認が出来た2両目に行くように伝え、冴島には三井や藍沢の方を頼んだ。

緋山は、2両目から出されたけが人を診て、藤川はレスキューがこじ開けた穴から、中に入る。

藤川が奥まで行くと、機械部分に挟まって身動きの取れない青年がいて今日、初めて救急車に乗ったと言う細井(永岡佑)救急救命士がそばにいる。

事故現場に心配する家族から電話が鳴り響く

そんな中、事故にあった人達の携帯電話が鳴り始める、テレビのニュースを聞いて、家族が心配して電話をしてきたのだ。

三井は診療の邪魔になるこの音を「これは家族の心配する声」と言って音に戸惑う藍沢を励ますように言う、藍沢もそれに答えて、次の患者の元に向かう。

藤川の診ている患者の元にも母親から電話が入る、まだ挟まれて外に出せない状況、足からの出血もあり、呼吸器をつけている、息子を電話に出してほしいと言う母親の電話を冷静に対処し、電話を切り治療を続ける藤川。

片腕でもみんなの力になってくれる黒田の存在

トリアージと、みんなの指示をしながら運ばれた患者を診ている白石だったが、患者の数が多すぎて、手に負えなくなってきていた。

そこへ、空港に向かっていたはずの黒田がやって来て、片腕だけで、患者の状態を診てくれて、白石の負担を軽くしてくれた。

ある程度のケリをつけて、三井は外に出た、その時!藍沢の耳に女性のうめき声が聞こえてきた。

見るとなぎ倒された椅子の下に女性と子供が挟まれていた、椅子はすぐにはどかすことが出来ず、レスキューに頼む藍沢、冴島を呼び、子供の状態を確認させる。

緋山も一人の患者をみているのに、近くで苦しそうにしている女性を心配して救命士が声をかけてくる、そこへ黒田が、聴診器ひとつで、患者に対応する。

状況判断だけでも、この状況下では強い味方になっている。

そして災害時に増える心筋梗塞、優先順位をその都度判断するのが大切だと教える、素直に「はい」といい、黒田に促され2両目の電車の中に入るために上に登った。

信頼できる上司がいるから判断ができるフェローたち

藤川の患者は血が止まらない、指示を仰ぐために救命士の細川に仲間への電話をかけてもらう、その時車体が大きく揺れた。

緋山は、その電話を取ろうとした時大きく揺れた車体のせいで、誰もいない反対側に落とされてしまう。

藍沢の患者の挟まれている椅子は複雑に入り組み、下手にこじ開けると患者の体に影響がある状態で手が付けられない、泣きごとばかり言う母親の横でだんだん弱っていく小さな息子。

藤川がなすすべなく、悩んでいると、開けられた車体の穴から「藤川、どんな状況だ?早く説明しろ」と黒田の声がする。

「出血を止めるための処置をしろ」と、今藤川が置かれている状況で出来る方法を指示する黒田、不安でいっぱいの藤川だったが、「やります」そう言って今日が初めての現場の細井とともに力を合わせる。

同じようになすすべのない藍沢は、脳外科の西条(杉本哲太)に確認すると、その状態だと、頭に穴をあけて処置するしかないと言う。

「このままでは、死んでしまう」藍沢はレスキューが使う工事用のドリルで子供の頭に穴をあけると言いだした。

極限の現場で、手術に立ち会わなければならなくなった者たち

この場での手術を決心した藤川は、怖がる細井を助手に黒田の細かい指示を受けて、手術を始める、細井も道具の名前がわからないながらも必死で、手伝っている。

でも看護師や医師のようには大胆な手伝いは出来ない細井に藤川は、名前を聞き「一緒に助けましょう」と、目と目を合わせて気持ちを合わせていく、藤川の真剣な目に、細井も気合が入る。

藍沢の方も、脳に血がたまってほっておくと死んでしまう状態の8歳児の脳にドリルで穴をあける説明を母親にする、母親を説得し、西条の指示を受けながら、メスを持ち、そしてドリルを持った。

ドリルの音に取り乱す母親、クールな藍沢が声を荒げて「邪魔しないでください」母親を一喝する。

「俺たちも、助けたいんです」そして母親に子供の「手を握ってあげてください、隼人君も安心します」そう言われて唇をかみしめ、ドリルの音に耐える母親。

無事に手術を終える二人に「よくやった」と声が聞こえる

手術を手伝うと腹を決めた細井は、藤川の指示に従って動きも良くなっている、そんな時また車体が揺れる、そばにいるレスキューが体を張って手術する二人を守る、みんなが出来ることをしている。

最後の処置が終わり、出血も止まり、黒田の「よくやった」が藤川の耳に届いた。

細井は、大きな安堵のため息をつき、藤川と固い握手をする、二人の上に物が落ちてこないように必死で防いだレスキューもそれを見守っている。

後は、足を切らなくてもいいように最後まで気を抜くなという黒田、初めて会った救命士やレスキューの中で、育まれたもの、それはそれぞれの心に残る。

(この細井は、シーズン2の最終回でもまた登場する)

ドリルで開けた穴は、血腫の位置をはずれていた、もう1か所開けて何とかたまった血を出すことに成功した藍沢。

頭を圧迫していた血腫が敗れたことで、意識を取り戻した隼人は、母親の手をしっかりと握る。

藍沢も電話で指示してくれていた西条から「よくやったな」と言われ最後の搬送時の注意を受ける。

トリアージ、助かる命、助からない命、残酷な選択

搬送を待つ中、刻々と変化する患者の状態、家族が見守る中、限界を迎えた患者、白石は、心を鬼にして、この患者はもう無理だから、「他の助かる人を先に搬送してほしい」と、救命士に指示する。

誰だって自分の家族を優先してほしい、そこにいた家族は、白石を責める、「まだこんなに暖かいのに」そう言って患者に寄り添って泣き崩れる家族たちに、頭を下げて立ち去る白石。

黒田と三井は、そんな白石を見守っている。

患者の治療も落ち着いたころ、三井は緋山がいない事を気にしている、藍沢は三井に白石と一緒に先に帰る事をすすめ、自分は緋山を待つと言う。

藍沢の電話が鳴る、相手の名前は緋山、しかし電話の相手は、黒田だった、呼び出されてそこに行くと、緋山が倒れていた、列車が動いたときに落ちて胸を強く打ったようで、心停止の状態だった。

緋山の命は助かったが、予断を許さない状況

黒田と藍沢の治療でとりあえず、心臓は動いたが、心停止の時間が全く分からない、その時間によっては、脳に大きな損傷が出て、緋山はどうなるかわからない。

救命で出来るところまでやって、あとは心臓外科、そこには緋山が喧嘩した柏原がいた。

緋山の顔を見て驚く柏原だったが、命を救う相手がだれであろうと、ベストを尽くすのが、医者、彼らの頑張りによって緋山の心臓の手術は無事に終わった。

ただ、心停止の時間がどれだけあったのか、あとは緋山の意識が戻ってからだと言う。

黒田は、誰かの見送りの予定だったが、それをあきらめて、現場に向かったと田所部長に話をしている。

「もう泣いてもいいですか」トリアージの辛さに耐えた白石

この日の当直は、三井と藤川の予定だったが、緋山の状態が気になって、藍沢も冴島も帰ろうとしない。

白石は、黒田から「さっきのトリアージ、あれで間違っていない、良く冷静に対処した」とほめてもらったが、「いつもそうでしたから、黒田先生が」そう言って黒田の教えの通りにやったことを伝えた。

先に降りていく黒田を見送った後、三井が白石に声をかける「トリアージは辛い仕事ね、だからこそあなたに任せたの、これからは黒田先生がいない、あなたたちにはもっともっと、成長してもらわなければ、ならない」そう言う三井もまた辛そうだ。

白石は、三井に「もう…泣いてもいいですか?」こらえていたものを吐き出すように、泣き出す、三井は何も言わずに白石を一人にしてエレベーターを降りていく。

座り込んで泣き出す白石、一人で乗り越えるしか出来ない、医者の宿命。

壊れた夫婦の形が戻り始める時

田所部長は、緋山の履歴書を診ている、森本も宿直でもないのに病院にいる、黒田は見送りに行く予定だった妻(奥貫薫)と電話で話している。

「列車事故のニュースを見たから、当然そっちへ行くと思った、だから飛行機を明日に伸ばした、明日なら来られる?」

妻の言葉に、黒田は「わからない…フェローの一人がけがをした、意識が戻らない」

黒田の言葉に妻は「こっちの事は、気にしないでついていてあげて」

「すまん」黒田は謝った後「どうして便を明日に変えた?」そう聞くと「理由なんかないわ、ただ、私も少し自分を変えようと思っただけ…あなた変わったから、私も少しだけね」

事故の喧騒が嘘のように、静かにみんながものを想う夜

娘の事故を聞きつけて、緋山の父親(清水絋治)が病院にやって来た、対応したのは藍沢、「娘の荷物はこれですか」そう言って荷物を見る父親。

藤川と細井で助けた奥田は、目を覚ましていた、藤川が電話に出た時は、マスクをつけていて電話に出られなかった奥田は、藤川の配慮で、母親に電話をする「いい先生に診てもらった、先生に助けてもらった」

フェローの中でも劣等生だった藤川、今回の事故は藤川にとっても奥田にも、細井にも大きな何かを残したようだ。

そして緋山を見守っている白石の元に、柏原が来て、あの喧嘩の原因になった「今野さんの件は、緋山先生が正しかった、今野さんのご家族が、緋山先生にお礼を言いたいって言っています…私も言いたい、おかげで今野さん助かった」

「私も初めて緋山先生にあった時、驚いた、人の心にズカズカ入り込んでくるし、でも本当は優しい先生なの、患者さんを想うあまりつい熱くなる、分かってあげて」と、白石は、緋山と出会った頃の事を話す。

「いい先生なんですね」柏原の言葉に「ずいぶん長い友達のような気がする」白石は、愛しいものを見るように緋山をみて、そう言った。

伝えられる時に、伝えておかないと後悔する事

藍沢は、控室の緋山の父親にお茶を持ってきた、父親は、緋山の血で汚れた持ち物をきれいに拭いていた、娘の口の悪いことを言った後。

「昨日まで、家にいたんです、何年振りかで会ったのに、最後にまた喧嘩しちゃって、何の気まぐれか、里芋の煮物を作ってくれてまずいんですこれが、だから、こんなものしか作れなくて、医者の仕事も半人前だろうって…本当は偉いと思っているんです」

「こんなことになるんだったら、ちゃんと言っておけば」緋山の父の言葉を黙って聞いていた藍沢だったが、「そうですね、言っておいた方がいいことも有りますよね」と。

「伝えられる時に、伝えておかないと、後悔することも有るって」

緋山の父と話した後、藍沢は眠っている祖母の元に来ていた。

フェローは失敗を繰り返しながら成長していく時期

朝になって、父が手を握っている中、緋山は目を覚ました。

「なんでここに?」と状況を理解できない中、藍沢に「車両から落ちて、心タンポナーデになって運ばれた」と説明してもらってやっと理解できたようだ。

父親が泣く姿に「はずかしいよ」なんて言いながらもおとなしい緋山、目を覚ましたのを見届けて、黒田は、そっと病室を出ていく。

病室に、田所部長がやってきて、目が覚めたことを喜んでくれた「私、トリアージを間違えて黒田先生にしかられました」と言うと、「人は失敗を繰り返しながら成長します、フェローは間違いを犯していい時期なんです、医者は失敗は許されないが」

「広い視野を持った医者になってください、焦らずに」

田所部長から、暖かい言葉をもらった後、入ってきた柏原。

「私の心臓、あんたが縫ったの?大丈夫?ちゃんと縫った?」と寝ていても憎まれ口を叩く、緋山に、柏原は、「たぶん」と言い返す。二人は微笑み合っている。

若者の巣立ちを喜んで、寂しさに耐える者たち

妻の見送りに行こうとする黒田を、フェローたちは追いかけてきた、藤川を先頭にして。

昨日のお礼を言う藤川に、「礼などいらん、もうお前らの指導医じゃない」そう言われるが、藤川は「これからも指導医でいてください」

「今まで見てきたフェローの中でもお前らは最低だ、自尊心ばかり強くて、痛みに弱い、傲慢で自己愛が強い、最低だよ」そう言って去って行く

黒田のこの言葉、そして夕べの緋山の父の言葉に素直になった藍沢は、病院を出ていく祖母に、「一緒に暮らさないか」と思いをやっということが出来た。

でも祖母は、「こんな年寄りの面倒を見ながら仕事が出来るわけじゃないじゃないか」そう言って拒否した。

「お前は、大学に入ったら、家を出ていって、それっきり、何の音沙汰もなかった…うれしかったよ、ようやく、一人前になったんだなあって」

祖母は、藍沢の成長を嬉しく思っていたのだ、自分の元を離れて行ったことすらも、そして、今度行く老人ホームも、仲間がたくさんいることを楽しみにしていると言う。

また、緋山の無事も喜び、白石、藤川、冴島の仲間も、祖母の病室に着て、藍沢のいい所をたくさん褒めてくれたそうだ、白々しいほどに。

「耕作の働いているところを見ることが出来て、本当に良かった」タクシーのドアにつかまりながら、祖母は肩を震わせてそう言った。

旅立ちの別れが人を強くする

祖母を見送った後、藍沢は、白石が見守っていたのに気が付いた、「一緒に暮らそうって言ったのに拒否られた」ふてくされたように言う藍沢に白石は「素敵じゃない、会いたいときに会いに行けばいいんだよ」と、「そうかな」と聞く藍沢に「そうだよ」と。

二人が、戻ると、緋山は、食堂でみんなとお茶を飲んでいた、藤川は、「これから救命を支えていく俺たちで、緋山が回復したら、おしゃれなバーで飲もうよ」なんて誘うけど、みんなはそっけない返事。

そこへ、ヘリの呼び出し音、藍沢、白石は走っていき、冴島も続く、「俺一人で片づけるのかよ」とブツブツ言う藤川を置いて、緋山まで、車いすで走っていく。

緋山が戻り、救命がいつものようになった。

「悲しい別れがあるように、旅立ちの別れがある」藍沢はそんな風につぶやく。

「部長と黒田先生が作った救命チーム、彼らがケツに行くんですね」後に続く彼らを頼もしそうに見つめる三井先生の言葉。

最後は、藍沢の「ただ一つ、確かなのは、その別れが、人を強くすると言うこと」という言葉で締め、ミスチルの「HANABI」が締めくくる。

今回のスペシャルは、ミスチルの歌もたっぷり。

「HANABI」

「風と星とメビウスの輪」

「声」

特に最後の「声」の歌詞は、まだフェローで、つたなかったり、うまくなくても「受け止めてくれる誰かが待っている」って感じの歌詞が、このドラマにあっていたと思う。

もちろん、「風と星とメビウスの輪」の方も出会いや命の大切さを歌っていて、このドラマにマッチしていた。

コードブルー新春スペシャルはどこで見れるの?AD

コードブルーは新春スペシャルはFODで無料で見れます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

Amazon Pay及びアプリ内課金でコードブルー新春スペシャルが無料で見れます!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

コードブルー全話のあらすじ
コードブルー1第1話のあらすじ
コードブルー1第2話のあらすじ
コードブルー1第3話のあらすじ
コードブルー1第4話のあらすじ
コードブルー1第5話のあらすじ
コードブルー1第6話のあらすじ
コードブルー1第7話のあらすじ
コードブルー1第8話のあらすじ
コードブルー1第9話のあらすじ
コードブルー1第10話のあらすじ
コードブルー1第11話のあらすじ

コードブルー2第1話のあらすじ
コードブルー2第2話のあらすじ
コードブルー2第3話のあらすじ
コードブルー2第4話のあらすじ
コードブルー2第5話のあらすじ
コードブルー2第6話のあらすじ
コードブルー2第7話のあらすじ
コードブルー2第8話のあらすじ
コードブルー2第9話のあらすじ
コードブルー2第10話のあらすじ
コードブルー2第11話のあらすじ

コードブルー3第1話のあらすじ
コードブルー3第2話のあらすじ
コードブルー3第3話のあらすじ
コードブルー3第4話のあらすじ
コードブルー3第5話のあらすじ
コードブルー3第6話のあらすじ
コードブルー3第7話のあらすじ
コードブルー3第8話のあらすじ
コードブルー3第9話のあらすじ
コードブルー3第10話最終回のあらすじ

コードブルー3の相関図キャスト
コードブルー横峯あかり(新木優子)の全て
コードブルー馬場ふみか(雪村双葉)の全て
コードブルー 名取颯馬(有岡大貴)の全て
コードブルー成田凌(灰谷俊平)の全て
コードブルー新海先生(安藤政信)の全て
コードブルー 橘啓輔先生(椎名桔平)の全て

コードブルー滝藤賢一(井上宣顕)の全て
コードブルー町田響子(伊藤ゆみ)の全て
コードブルー1,2,3全話あらすじ

コードブルー新春スペシャルはどこで見れるの?AD

コードブルーは新春スペシャルはフジテレビ公式FODでみれます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

Amazon Pay及びアプリ内課金を利用してコードブルー新春スペシャルが無料で見れます!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

この他にも
警視庁いきもの係(2018年7月8日まで)
警視庁全話あらすじネタバレ
セシルのもくろみ(2018年7月12日まで)
セシル全話あらすじネタバレ
昼顔(2018年7月21日まで)
昼顔全話あらすじネタバレ
パパ活(2018年6月25日まで)
パパ活全話あらすじネタバレ
人は見た目が100%(2019年4月12日まで)
隣の家族は青くみえる(2019年1月17日まで)
隣の家族全話あらすじネタバレ
ぼくは麻理のなか(2019年6月5日まで)
ぼくは麻里のなか全話あらすじネタバレ
コンフィデンスマンJP
コンフィデンスマンJP全話あらすじネタバレ

などが無料で見れます。


コードブルー2第4話このシーンは絶対に見よう!

『コードブルー新春スペシャルとコードブルー123全話』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

コードブルー123全話(2018年10月15日まで)

Amazon Pay及びアプリ内課金の登録でコードブルー123と新春スペシャルが全話無料で見れます!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-FOD, コードブルー

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.