コードブルー コードブルー キャスト

コードブルー白石先生藍沢付き合う父倒れる教授黒田過呼吸酔うとやばい?

更新日:

コードブルー、待望の第3シリーズ、ついに始まりました!!

ガッキーこと新垣 結衣(白石恵)さんファンの人は絶対に必見です!

この記事はコードブルーのガッキーこと新垣 結衣(白石恵)さんのことが知りたい男性・女性のために新垣結衣さんファンの女子大学院生が書きました♪

コードブルーの前シリーズからのファンの人も、今作から初めて見る人も、ぜひ、チェックしてくださいね!!

コードブルーはフジテレビ公式FODで2018年9月15日23時59分までコードブルー1,2,3全話が無料でみれます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

コードブルーでの新垣 結衣(白石恵)さんの役名・役どころは?

コードブルーと略してしまっていますが、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」というのが正式名称で、新垣 結衣さんはヒロイン役で出演しています!

かつてはドラマで最高視聴率を出した人気シリーズなだけあって、視聴率1ケタ続きの低迷する月9を救うべく、第3シリーズとして7年ぶりの復活となります。

祝!初回視聴率も第3シリーズは15パーセント以上です!!さすがのコードブルーです♪

新垣 結衣さんのコードブルーでの役名は、白石 恵(しらいしめぐみです。)

2ndシーズンまでは翔北救命センターのフライトドクター候補生、フェロードクターでした。

3rdシリーズでは翔北救命センターのフライトスタッフリーダーにまで成長しています!

時は流れていますねぇ・・・

新垣 結衣さんだけでなく、コードブルーシーズン1からおなじみのメンバーたちは私たちの現実世界の経過のように成長しています。

「ドクターヘリの技術を故郷に持ち帰る」ことを目標に、明邦医科大学病院から翔北救命に来ました。

新垣 結衣さん演じる白石 恵の父親も明邦医科大学の教授です。

そんな新垣 結衣さん演じる白石 めぐみの役どころは、「医学書オタク」と言われるような暇さえあれば勉強している典型的な優等生キャラです!

でも、可愛い!!

生真面目で医療の知識はあるのですが、少し積極性がなく内向的な役どころです。

コードブルーシーズン1では失敗を恐れるあまりに何もできない・・・といった面もありました。

山下 智久さん演じる私情を一切挟まず自信満々な藍沢 耕作の役とは対極にありますね!

コードブルーでの新垣 結衣(白石恵)さんの役の年齢は?

新垣 結衣さんが演じる白石 恵は、公式情報でも出身大学は公表されていません。

ですが、医学部は一般的に卒業まで6年かかるということと、各科を研修して回るスーパーローテーションは医師を目指す人にとっては義務です。

なので、最年少で医師になれたとしても26歳なわけですが、新垣 結衣さん演じる白石 恵は翔北救命センターに来る前、明邦医科大学病院にいました。

山下 智久さん演じる藍沢 耕作とのやり取りを見ると、新垣 結衣さん演じる白石 恵が年上ってことはなさそうですが・・・

新垣 結衣さん演じる白石 恵は27歳くらいであると予想できますね。

新垣 結衣さんは1988年生まれなので、現在29歳!

あれ、コードブルーシーズン1の年齢に、むしろ今近づいてるんですけど・・・

コードブルーシーズン1の時はむしろ医師としては新垣 結衣さんの実年齢は若すぎたんですね・・・

ですが、コードブルーシーズン3では貫禄のある演技を見せて、視聴者からも「ドクターとして成長した!」との声が上がっています!!

新垣 結衣さん演じる白石 恵の役自体の新人からリーダーになる、という成長はもちろんのこと、新垣 結衣さん自体が主演女優を貼れる大女優として成長したということが評価されています!!

白石 恵の貫禄あるリーダーっぷりも、新垣 結衣さんの進化した演技も、見逃せないですね♪

緊急速報!コードブルー3では、白石先生と藍沢先生が付き合うラブシーンあり!?

新垣 結衣さん演じる白石 恵のことを語っていきたいのですが、緊急速報です!!

なんと、コードブルー3では、新垣 結衣さんと山下 智久さんの恋愛が起こりそう!?

私もコードブルー3の第一話を視聴しましたが、まだ断定はできないのですが、山下 智久さん演じる藍沢 耕作が、新垣 結衣さん演じる白石 恵に意味ありげな台詞を発しているのです!

1話をまだ見ていない人にはネタバレになってしまいますが、脳外科医として独立し、究明に戻ることを拒んでいた山下 智久さん演じる藍沢 耕作が第1話ラストで戻ってきます。

手が足りない緊急の状況で、フォローに入ります。

これには新垣 結衣さん演じる白石 恵もほっとしました・・・良かったね、ガッキー!

ですが、エレベーターで山下 智久さんと新垣 結衣さん2人というシーンの時、なんと山下 智久さん演じる藍沢 耕作が「ここにはおまえがいるから(救命に戻ってきた)」という発言をします!!

ええええ!!

一応、今までのシリーズを見ていない人に補足しておきますが、あくまでコードブルーは医療物のドラマで、いくら山下 智久さん主演、新垣 結衣さんがヒロイン、とはいえ特に恋愛的な要素はコードブルーシーズン1・2ではありませんでした。

この愛の告白とも取れる山下 智久さん演じる藍沢 智久の発言はその後に

「お前、面白い」

というごまかしなのか本気なのか分からない台詞が付きました。

これには今までのコードブルーのテイストと違って突然の恋愛フラグに視聴者も大混乱です!

これはコードブルーシーズン1,2を手掛けた脚本家がコードブルー3では交代になった、というのが理由です。

コードブルーシーズン1,2では医療系ドラマとしておなじみの「救命病棟24時」や「医龍―Team Medical Doragon-」の林 宏司さんが脚本を手掛けていましたが、コードブルー3では恋愛系ドラマ「大貧乏」などを手掛けた安達 奈緒子さんに変更されました。

医療系ドラマなのに、なぜ恋愛系の脚本家が!?

なので、コードブルー3は、今までのコードブルーとは一味も二味も違うものになりそうなのです・・・!

たしかに、コードブルー3第1話でいきなり、藤川先生と冴島ナースが同棲しちゃってましたから、今回のコードブルー3では、結構恋愛関係が入ってくるかもしれないですね!

新垣 結衣さんと山下 智久さん演じる役のラブシーンはいらない、という意見の方が多数のようですが・・・

この後、2人はどうなるのでしょう?

コードブルーシーズン1からの私も含めたファン的には、同じ医療仲間の友愛的に終わって欲しいですけどね・・・ベッドシーンとかにはならないで欲しいです。

いや、新垣 結衣さんと山下 智久さんの濡れ場もそれはそれで美味しいですが!

可愛い新垣 結衣さんが見れればそれでいいです!

とはいえ、今後のコードブルーに期待ですね・・・!

コードブルーで新垣 結衣(白石恵)さんが過呼吸で倒れた!?

最新の見どころ情報をお届けしたところで、また新垣 結衣さん演じるヒロインの白石 恵の話に戻ります。

ヤフーの検索でコードブルーの新垣 結衣さんを検索すると「倒れた」というキーワードが上位に上がり、心配になってしまった人も多いと思います。

ですが、新垣 結衣さんが倒れたのは白石 恵として演じたコードブルーのドラマの中でのことなので、安心してください!

山下 智久さん演じる藍沢 耕作にも母親の自殺などおもたーい話が降りかかりますが、白石 恵にもまた、数々の苦悩が降りかかります。

コードブルーシーズン1では、新垣 結衣さん演じる白石 恵が安全確認を受けずに事故現場に入ってしまったがために、自分が大けがになりそうなところを黒田先生が助けそんかわりに、黒田先生の右腕切断の大けがを負わせてしまうということがありました。

それが元で黒田先生の医師としての人生を奪ってしまった、と新垣 結衣さん演じる白石 恵は追い詰めてしまいます。

新垣 結衣さん演じる白石 恵はショックのあまり何度も嘔吐しますし、自分を責め続けて、倒れます。

黒田先生の切断した右腕は幸いにして接合することができましたが、とてもではないですがメスはもう握れず、外科医に戻れるような機能回復は見込めません。

そんな中で新垣 結衣さん演じる白石 恵にドクターヘリに出動要請が入りましたが、あまりの心労に過呼吸が出てしまい、しゃがみこんでしまいます。

このことがあまりにもショックで白石 恵は辞表を提出しようとするほど思いつめてしまいましたが、周りのドクターやナースの支えによって辞表を撤回し、フェローを続けることを決意します。

感動的な場面なので、これからコードブルーを見ると言う方にはぜひ見てもらいたいシーンの一つです。

医療物なのでどうしても事故現場や流血があってみるのが苦手という方も多いですが、このような人間ドラマは感動しますよ!

コードブルーでの新垣 結衣(白石恵)さんの父親役は?

新垣 結衣さん演じる白石 恵の父親、白石 博文を演じているのは中原 丈雄さんという俳優さんです。

明邦医科大学の教授で、優秀な心臓内科医なのですが、なんと、末期の肺癌を患っています。

コードブルーシーズン2では、主人公の山下 智久さん演じる藍沢 耕作と、新垣 結衣さん演じる白石 恵の家族についてが描かれています。

コードブルーシーズン2で、白石 恵は先輩医師の腕を切断してしまった過去から逃れるため、もともと真面目でしたがさらに必死に医師の勤務に励みます。

そのおかげで急成長を遂げますが、白石 恵の暖かみが失われ、時に患者に対して冷静に割り切れるようになってしまったことから、周りの人たちから批判を受けるようになってしまいます。

コードブルーシーズン1では嘔吐や過呼吸をしてしまう新垣 結衣さん演じる白石 恵ですが、成長したら成長したで批判されてしまうんですね・・・医師の世界って厳しいなあって医療物ドラマを見ると学べますね!

新垣 結衣さん演じる白石 恵はフェロー過程修了後は父の勤める明邦医科大学病院に就職するように薦められていましたが、父親は現場に立てなくなるまで医師として後進の育成にあたろうと学会や講演に全国を飛び回ります。

学会ばかりで患者から離れてしまっている・・・そんな父親に、白石 恵は理解を示しませんでした。

そんな中で、父親の講演先である青森に向かうための搭乗した旅客機が不時着という事態あに陥ります!

白石 恵の父親は、自分自身も重症を負いましたが、自ら現場で1次トリアージを行い、現場に到着した娘と共に重傷者を治療します。

そんな親子愛がテーマになっているコードブルーシーズン2の名場面がこちらです!

すれ違っていた白石親子も、こうして和解します。

コードブルーシーズン2の時点で末期がんである新垣 結衣さん演じる白石 恵の父親・・・

2017年のコードブルーシーズン3には出てくるのでしょうか?

それとも、もう亡くなっているのでしょうか・・・ここも注目ですね!!

新垣 結衣さん演じる白石 恵は結局父親のいる明邦医科大学病院には異動せず、シニアドクターとして貫禄のある役何処として今回の第3シリーズでもリーダー的存在として活躍しています。

コードブルーは新垣 結衣(白石恵)さんと戸田 恵梨香さんの絡みも見どころ!

戸田 恵梨香さん演じる緋山 美帆子は新垣 結衣さんや山下 智久さんが演じる役と同じ救命センターの医師、コードブルーシーズン2までフライトドクター候補生でした。

プライドの高さや競争心が強いことから対抗心をもやすこともあります。

食事の席では新垣 結衣さん演じる白石 恵と戸田 恵梨香さん演じる緋山 美帆子はよく一緒に座っています。

このことから、2人の女医としての絡みもコードブルーでは注目のポイントなのです。

コードブルーシーズン3でも戸田 恵梨香さん演じる緋山 美帆子も産婦人科医として立派に独立していますが、フライトドクターとして戻ってきます。

ですが、仲の良い女医2人というドラマの設定とは裏腹に、戸田 恵梨香さんと新垣 結衣さんは実際のところ不仲であるという説も流れていました。

これはどういうことでしょう。

どうやら撮影現場では、会話どころか視線すら合わせないという状況にだったようです。

そして医療物のドラマということで、台詞も当然難しい漢字が出てきます。

新垣 結衣さんが読めなくて噛んでしまったことに対して、戸田 恵梨香さんが鼻先で笑ってしまったようです。

その一軒で険悪になっただけでなく、戸田 恵梨香さんが新垣 結衣さんが歌手活動を始めた際には「チャラチャラ歌ってんじゃないわよ」ときつーい発言も・・・

やっぱり仲が良いのはドラマの中だけ?!新垣 結衣さんと戸田 恵梨香さんの仲は最悪なの?・・・安心してください、不仲説は誤報のようです!

実際に戸田 恵梨香さんが新垣 結衣さんに対してきつめの発言をしていたのかもしれませんが、二人はもともと仲良しなのです。

同い年で芸能活動開始時期も同じのため、「ガッキー」「トッティー」と呼び合うほどの親友なのです。

新垣 結衣さんは戸田 恵梨香さんのお誕生日もお祝いしています!

どうやら二人の不仲説は両方のファンから流れたデマのようなので、コードブルーシーズン3でも安心して楽しむことができます!!

コードブルーの新垣 結衣(白石恵)さんの可愛い画像!

それでは、可愛すぎる女医!新垣 結衣さんの可愛い画像を見ていきましょう。

コードブルーシーズン3も第一話が放送されましたが、

「毎週ガッキーが見れるなんて幸せ!」
「可愛すぎる!!」
「ガッキー7年経っても何にも変わらないなぁ・・・かわいい」

と今回も大評判です。

可愛いだけじゃない!

真剣な面持ちの新垣 結衣さん演じる真面目な女医は、カッコイイんです!!

YAHOO ID登録でコードブルーが無料で見れます!
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。

コードブルーの新垣 結衣(白石恵)さんの髪型・前髪は?

コードブルーの新垣 結衣さんといえば、ロングヘアーに長い前髪が印象的だったと思います。

コードブルーシーズン2では新垣 結衣さんに前髪ができて話題になりましたが、根本的にはロングなのでそこまでのイメージチェンジはありませんでした。

前髪があってもなくても新垣 結衣さんは可愛いですね!

さて、コードブルーのヒロイン・白石 恵といえばロングヘアーというイメージでしたが、なんと、新シリーズではショートヘアーなのではないか、という噂が飛び交いました。

こちらが第3シリーズの新垣 結衣さん・・・

本当に白石 恵は短くなっていました!!

というか、新垣 結衣さんと言えば以前はロングヘアーだったのに、今はボブくらいの長さなので、付け毛でもしない限りロングヘアーにはならないんですね。

ツイッターの意見だと、女性的にはショートの新垣 結衣さんウケがよく、男性的にはロングの方が良かった、という意見が多数でした。

いずれにしても、可愛い新垣 結衣さんを毎週見ることができるなんて、幸せですよね!

バラエティ番組での新垣 結衣さんですが、この可愛さにメロメロになってしまった人は男性・女性共に多いはず!

今年の夏は、毎週月曜日9時からのフジテレビのコードブルーは大きな話題になること間違いなしです。

見逃さずに新垣 結衣さんをはじめとするフライトドクターたちの活躍を応援していきましょう!!

コードブルー1第1話白石先生4人との出会い

翔陽大学附属北部病院救急救命センターに、フライトドクターを目指し新しく4人のフェロー(研修生)が赴任してきた。
白石恵(新垣結衣)、藍沢耕作(山下智久)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男(浅利陽介)、その4人の指導医を担当するのが黒田脩二(柳葉敏郎)。

森本忠士(勝村政信)、三井環奈(りょう)も先輩医師としてフェロー達を助けてくれる。フライトナース・冴島はるか(比嘉愛未)は、医者にも引けを取らない知識と経験を持つ。

そんな救命を統括するのが部長の田所(児玉清)頭部に傷を負う患者が搬送されて来れば、脳外科の西条章(杉本哲太)にも協力をお願いする。

赴任初日、早速搬送されてきた患者の治療を行うフェロー4人に黒田は厳しい言葉を放った。

「ドクターヘリでのミスは、即患者の死だ。その重圧に耐えられる精神力とその腕を持った者だけがヘリに乗る資格がある。能力の無い者からふり落とされる。」

その日の午後、白石は自ら志願し1人目としてドクターヘリに乗った。

しかし、現場で患者を目の前にした白石は、その出血の多さに呆然と立ち尽くし何もする事が出来なかった。

次の日、今度は黒田に指名された藍沢がドクターヘリに乗った。

藍沢は的確な判断で、若者の命を救うため躊躇なく腕を切断した。

その後、「おもしろかった」と腕を切断した事を興奮気味に話す藍沢を、白石は複雑な思いで見つめていた。

コードブルー1第1話のあらすじ

YAHOO ID登録でコードブルーが無料で見れます!
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。

コードブルー1第2話白石先生と横田英子

白石は、自宅の階段から転落したという横田英子(黒瀬友美)を診察していた。潰れた鼻以外に外傷が無い事や、その鼻の傷の付き方から横田の恋人のDVを疑っていた。

しかしその後、横田の恋人から醜形恐怖症の横田が自ら顔を殴るよう頼んだという事を聞く。そして横田は、このままのつぶれた鼻でいい、形成手術をしたくないと言い出した。

その後も白石が説得を続けるが、横田はやはり形成手術を受ける気はないようだ。

その態度に不満を募らせた白石は、「この病院に来てから悩みだらけだ、治療を拒否してこれ以上悩ませるな、ある意味自分も鼻をボキボキに折られた」と横田に文句を言ってしまい、我に返りあわてふためいた。

横田は、そんな白石に思わず笑ってしまい、形成手術を受けてもいいと言ってくれた。

その日、ドクターヘリに初搭乗した緋山も現場で何も出来なかったようだ。緋山の気持ちがわかる白石は、緋山に声を掛けた。そんな白石の優しさに、いつも強がる緋山も涙を見せた。

コードブルー1第2話のあらすじ

コードブルー1第3話白石先生と本山由希子

ある日、白石は、脳腫瘍が見つかった本山由希子(円城寺あや)に手術の同意を求めたが、彼女は同意書にサインをしなかった。2年前に子供を亡くした本山は、それから塞ぎがちになっていた。

そんな中、、救命センターはフェローだけで夜間当直を行う事になった。医師達の都合が重なってしまった事と、フェローに経験を積ませる為に。

その日の当直は白石と藤川だけだったが、藍沢と緋山も残り心強かった。その後、夜間に搬送されてきた患者が急変し緊急オペが必要になった。藍沢がメスを握り、白石も手伝う。

その後、黒田も駆けつけオペは無事成功した。黒田は4人にオペの反省点を厳しく指摘しながらも、患者を救った彼らの行動を褒めた。

次の日、白石は、手術をするよう本山を再び説得した。しかし、子供の事を忘れるのが苦しくて手術を受けられないと話す本山を白石は見守る事しか出来なかった。

その後、白石はヘリに乗るよう黒田から指示を受けた。前回ヘリに乗った時に何も出来なかった白石は、強い気持ちでヘリに乗り込んでいくのだった。

コードブルー1第3話のあらすじ

コードブルー1第4話白石先生と宮本茂

白石は、貧血と目眩を訴えてやってきた宮本茂(井田國彦)を診察していた。しかし、診察している途中で突然激しく吐血し倒れてしまう。その後も痙攣を起こし体調不良が続くが、原因は不明だった。

そんな中、宮本の病室で血液の入った容器を見つけた。宮本は、自分に関心を引き寄せるために虚偽の話をしたり病気を装ったりするミュンヒハウゼン症候群だったのだ。宮本に騙されていた事に気付かなかった白石は落ち込んでいた。

コードブルー1第4話のあらすじ

コードブルー1第5話白石先生と老人

病院内を歩いていた白石は、外来で訪れた老人が倒れたところに遭遇する。

すぐ救命センターへ搬送したが、脳腫瘍と脳ヘルニアが見つかり余命2、3ヵ月という状態だった。白石と藍沢は、老人の息子夫婦に手術をすれば2度と意識が戻らないことを説明し、薬で痛みを取る治療を勧めた。

しかしその息子夫婦は、少しでも長く生きられるのなら手術をしてほしい、と強く希望したのだった。

その息子夫婦は、家のローンの為に老人の年金を当てにしていたのだ。それを知った白石はやるせない気持ちで藍沢に伝えたが、「老人自身もそれを知っている」と言い手術の同意書を見せた。白石は、この家族の在り方に何を思ったのだろうか。

コードブルー1第5話のあらすじ

コードブルー1第6話白石と藍沢

翔北病院に、藍沢の祖母・絹江(島かおり)が運び込まれていた。買い物途中に転倒し、大腿骨(だいたいこつ)を骨折したのだという。

しかし絹江は、ケガのショックで一時的な健忘症か認知症になっており、藍沢の事を認識できなかった。その後、絹江は小銭の誤飲で看護師達を困らせたが、藍沢は絹江よりもドクターヘリの出動を優先させた。白石はそんな藍沢に複雑な思いを抱いていた。

次の日、白石は、売店で藍沢と絹江の姿を見かけた。絹江は買い物カゴに入らないぐらいにお菓子を取り始め、「耕作にお菓子を買ってやるって約束したんだよ!あの子は一人ぼっちでがんばってるんだよ」と言い涙を流した。

藍沢は、なおもお菓子を取り続ける絹江を抱きしめ涙するのだった。それを、白石は遠くから見つめていた。

コードブルー1第6話のあらすじ

コードブルー1第7話白石先生とメリージャン洋子

ある日、白石は、嘔吐と腹痛を訴えて搬送されてきた大柄な女性の処置をしていた。だが実は、その女性はバンコクで性転換手術を受けてきた大山恒夫(古本新乃輔)メリージャン洋子という中年の男だった。

大山は、手術後絶食する必要があったにも関わらず食事をしてしまい、腸閉塞を起こしたのだ。

その後も絶食するように言ったにも関わらず、大山は食事を繰り返しその度に救命センターは運ばれた。容体の落ち着いた大山に白石が理由を尋ねると、失恋した反動だった事を打ち明けた。性転換をしたあと振られる事はよくあるらしいが、自分の恋人だけは違う、と信じた恋だったと話すのだった。

その後、売店にいる大山を見つけた白石は慌てて駆けつける。大山を見つけ、また何か食べるつもりかと疑うも、普通に雑誌を選んでいるだけでケロっとしていた。そんな大山に安堵した白石は、「人の心って難しいですね」と笑い合うのだった。

コードブルー1第7話のあらすじ

コードブルー1第8話白石先生のせいで黒田先生の右腕切断

その日、ドクターヘリの出動要請が入り、白石は黒田、冴島とともに現場に急行した。化学工場で爆発が起き、熱傷患者が出たのだという。到着した白石は、安全確認されていない現場に侵入してしまう。

その時、天井の鉄骨が崩れ、あとを追って来た黒田が白石をかばった。黒田は鉄骨の下敷きになり右腕からおびただしい量の血を流していた。

白石と冴島が血まみれで止血をする中、藍沢が到着した。患者の搬送状況とレスキューが間に合わない事を確認した黒田は、藍沢に腕を切るよう命じた。

その後、白石は右腕を切断された黒田を救命センターへと搬送した。

コードブルー1第8話のあらすじ

コードブルー1第9話白石先生が過呼吸で倒れる

搬送された黒田は、幸い右腕を結合する事は出来た。しかし、大幅な機能回復は難しくもう二度とメスは握れなかった。

黒田の事故を受け、翔北病院では安全管理委員会が行われた。事故の原因となった白石、医師の腕を切断した藍沢が責められ、ついにはドクターヘリの存続自体が問われた。

そこに、ドクターヘリの出動要請が入る。向かおうとした白石だが、黒田の事故を思い出し過呼吸で動けなくなった。

その後、代わりに向かった藍沢が搬送してきたのは、エスカレーターから転落し、全身強打でショック状態の少年・北村健一(今井悠貴)だった。

見守る母親は、北村有里子(奥貫薫)。有里子は黒田の別れた妻で、健一は黒田との間に出来た子だ。やがてオペは終了し健一は命を取りとめたが、その後の検査で脳に腫瘍が見つかった。

その事を聞いた有里子はショックを受け、その思いを黒田にぶつけた。「何もかも犠牲にしてきたその腕で健一を治してよ」と泣き叫ぶ有里子。黒田は、どうする事も出来ないくやしさを必死で堪えるのだった。

その夜、黒田の元を訪れた白石に、黒田は冷たくつぶやいた。「お前らと出会わなければよかったな」

それを聞いた白石はその場を逃げるように外に飛び出し、藍沢も追いかけた。「黒田先生の人生を私がめちゃくちゃにしたの!」泣き叫ぶ白石に、藍沢は何も言葉をかける事ができなかった。

コードブルー1第9話のあらすじ

コードブルー1第10話白石が部長の田所に辞表を提出

白石は部長の田所に辞表を提出した。田所は一応受け取ったが、「ここで逃げたら戻れなくなる」と白石に告げた。

その夜、白石は、ICU(集中治療室)で健一を見守る黒田に辞める事を伝えに行った。しかし、その時、ICUの患者の一人の容体が急変した。

黒田がすぐに触診を行うと、大動脈瘤破裂(だいどうみゃくりゅうはれつ)で一刻を争う状況だった。黒田が、やむおえずここでオペをするという。

白石と、遅れて藤川も駆けつけるが、どちらもこのオペの経験は無く動けずにいた。しかし救命センターでも患者を受け入れており助けは来ない。

黒田が、左手一本でオペを始めようとするがうまくいくはずがない。白石と藤川が意を決しオペに入り、黒田が細かく指示を出した。白石と藤川は苦戦を強いられながらも、オペを無事成功させた。

次の日、ドクターヘリの出動要請が入った。高速道路での多重衝突事故。駆けつけた白石が目にしたのは、負傷者50人以上の凄まじい事故災害の現場だった。

コードブルー1第10話のあらすじ

コードブルー1第11話最終話白石先生と高速道路事故

高速道路のトンネル内で多重衝突事故が発生し、多数の負傷者が出ていた。白石は、トンネルの中で傷を負った男性を見つけ治療を始めた。

そんな中、消防隊から避難指示が出た。トラックからガソリンが漏れ、いつ引火してもおかしくない状態だという。危険な救出は大きな二次災害につながる。
しかし、白石達は負傷者の命を優先し治療を続けた。そして、白石達は最後の患者と共にトンネルから出てきた。

その後事故は終息した。事務室で仕事をしている白石の元に黒田がやってきた。「医者を続けていたら少しでも人を多く救える。誰よりも多くヘリに乗れ。」
黒田の言葉に白石は「はい」と頷いた。

その後、白石は部長の田所の元を訪れ、一度出した辞職願を返してもらったのだった。

コードブルー1第11話のあらすじ

コードブルー1新春スペシャル白石先生と脱線事故

高速道路での多重衝突事故で、避難指示に従わず治療を続けた白石らは1週間の謹慎処分を受けていた。そして謹慎から明けた日、早速ドクターヘリの出動要請が入る。

電車の脱線事故。すぐに白石、藍沢、三井が現場へ向かい治療を始める。患者が増え続ける中、白石達に何も言わず翔北病院を去ったはずの黒田が現れ治療を手伝ってくれた。

そんな中、白石がある患者をヘリに乗せるのを途中でやめた。まだ意識はあるが、もう病院までは命が持たないと判断したのだ。負傷者の多い現場では、重症度、緊急度によって治療や搬送の優先度を決めるのが最も重要だ。

患者の家族が必死にヘリに乗せてもらうよう頼むが、白石は断り次の患者を対応した。黒田がそれを見つめていた。

しばらくした頃、倒れている緋山が発見された。電車上の患者の治療に当たっていた緋山は、電車が大きく揺れた時に転落したのだった。すぐに救命センターへ搬送される。

その後事故は終息し、病院に戻った白石に黒田が言った。「あれで間違ってない。よく冷静に対処した。」白石が現場で行った患者への対応だ。「黒田先生がいつもそうでしたから」落ち着いて返す白石だが、黒田がその場を去ると白石は泣き崩れた。

次の日、緋山は無事意識を取り戻した。

その後。救命センターには、黒田の姿はもう無かった。次の人生に向けてリハビリを始めているようだ。そして、いつものように搬送されてきた患者を救おうとする白石達の姿があった。

コードブルー新春スペシャルのあらすじ

YAHOO ID登録でコードブルーが無料で見れます!
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。

コードブルー2第1話白石先生と橘の出会い

2009年12月24日。白石、藍沢、緋山、藤川が翔北病院救命センターでフライトドクターを目指して、1年3ヶ月が過ぎようとしていた。

その日、救命センターに新しい指導医・橘啓輔(椎名桔平)が赴任してきた。じきにやってくるフェロー終了の合否を判定する人物だ。

一方、ロッカー室では胸の痛みをこらえる緋山の姿があった。そこへ白石がやってくると、緋山は逃げるようにロッカー室を出ていった。電車脱線事故により心臓手術を行った緋山は、その後も心臓に疾患を抱えていたのだった。

そんな中、交通事故に合った親子が搬送されてきた。母親の意識はあるが、子供は心停止からすでに50分が経っていた。その後、治療を行い容体は安定したが植物状態となってしまった。

それを聞いた母親は、涙を流しその現実を受け入れられずにいた。白石も、植物人間になってまで蘇生を行った事を悩んでいた。

その日はクリスマスイヴ。夜、白石の計らいで、母親のベッドを子供のいるICUへと運び2人を並べた。隣に眠る管を通された我が子を見た母親は「ごめんね」と何度も泣きながら呟いた。

次の日、緋山が、昨日の子供を小児医療の充実した病院へと搬送していた。すると、子供の目が少し開いた。その事を聞いた白石と藍沢は、病院に残っている母親へ説明を行う。

目が開いた事だけではまだ何とも言えない。でも、あれだけの心停止の状態から心臓が動いた事は奇跡だ。もしかしたらまた奇跡が起こるかもしれない、と。

コードブルー2第1話のあらすじ

コードブルー2第2話白石が緋山に心臓の検査を勧める

緋山の心臓疾患に気付いた白石は、緋山に心臓の検査を勧める。しかし、緋山はそれをおせっかいに感じ応じようとしない。

その日、白石は脳腫瘍の患者・北山治(渡辺憲吉)を診ていた。腫瘍の場所が悪く、手術をすれば記憶を失う可能性があったが、北山の妻は泣く泣く手術に同意した。手術をせずに最期までともに過ごす選択もあった事に、白石は悩んでいた。

その後、北山の手術が行われ無事終わったが、やはり記憶を失っており北山の妻と白石も落胆した。しかしその翌日、北山は面倒を見てくれる妻に一目惚れをし、人生で2度目のプロポーズをしたのだった。

白石はその後、心臓の検査を受けようとしない緋山を捕まえて言った。「普段は威勢の良いことばかり言うくせに、自分の事になると子供のように震えている臆病者!」

緋山も返す。「患者の事を思うふりして、本当は自分の思い通りにならないと我慢できない傲慢な医者の典型!」 振り返り去っていく緋山を見ながら、自分にも言い聞かせるように白石は言った。「私は、私の道を行く!誰になんと言われようと」。

コードブルー2第2話のあらすじ

コードブルー2第3話白石の処置を見た緋山が復活

ある日、ドクターヘリ出動要請が入る。駅の階段で乗客の将棋倒しが発生し、負傷者が多数出たという。

到着した白石が診た患者に気胸が見られ、空気を抜く為すぐに開胸を行った。しかし治療を終えても一向に出血が止まらず、ついに心停止し、白石は心臓マッサージを行う。

そしてこの患者がもともと心臓に疾患を抱えていた事を聞き、心臓マッサージを続けても回復の見込みが無い事をそばにいた両親に伝える。しかし、受け入れられない母親は泣きながら続けるよう訴えるが、父親の了承を得て心臓マッサージを止めた。

白石は、涙する両親を見つめるしかなかった。そして、そんな白石を見守る緋山の姿があった。

その後、病院に戻った緋山は、周りに何を言われようと決断するところを見直したと白石に話した。そして、緋山自身も決心し心臓科へ向かったのだった。

コードブルー2第3話のあらすじ

コードブルー2第4話白石と緋山で緊急手術

その日、緋山は昨日も病院にやってきたという男性を外来で診察していた。昨日は、白石が担当して軽い食中毒と診断し帰宅させたようだ。しかし、緋山は男性の腹部の隆起を見て腹部大動脈瘤(ふくぶだいどうみゃくりゅう)だと気づいた。

緋山の発見により男性は緊急手術を行い無事成功した。それを知った白石は自分のミスだと落ち込んでしまう。

しばらくした頃、ナースステーションにいた白石と緋山は、病棟の窓から落ちた子供の手術を行った。シニアドクター不在の中、2人で難しい手術をやり遂げたのだった。

コードブルー2第4話のあらすじ

コードブルー2第5話白石と田沢の両親

冴島の恋人、田沢には“その時”が間近に迫っていた。病院内で容体が悪化した田沢は、翔北病院に入院していた。平日の夜遅くにもかかわらず、多くの友人が駆けつけ白石らも病院に残った。

そして翌日、田沢は息を引き取った。田沢の遺体は彼の意向で病理解剖された。「この書類は、単なる数字や文字じゃないと思います。これは田沢さんが生きた証であり、医師としての最後の仕事だと思います。」白石は、田沢が最後まで医者を貫き通した事を田沢の両親に伝えた。

その後、田沢のお別れ会に出席した帰り、うつむく冴島を白石と緋山が励ました。「冴島が自分達の光なんだ」白石の言葉を聞いた冴島は涙を抑えきれずにいた。

コードブルー2第5話のあらすじ

コードブルー2第6話白石と父

白石と藍沢は、吐血し搬送されてきた内藤妙子(キムラ緑子)を診ていた。妙子は先月に消化器科を受診し末期ガンを宣告されたが、病院にも通わず、自慢の息子に迷惑をかけたくないと一人息子の芳雄(太賀)にも伝えていなかった。

息子の芳雄が見舞いに来るが、伝える様子は無い。見兼ねた藍沢が、芳雄に話す事にした。しかし、芳雄はうすうす気づいていたが、その嘘に付き合い続けるのだという。

そんな芳雄に妙子の余命が2ヶ月だと伝える。その後、妙子の元を訪れた芳雄は、これからの自分の人生をずっと見守ってくれるよう母親に約束を交わす。うなずく妙子だが、その日まで体がもたないことを親子は悟っていた。

それからしばらくして、白石の父・博文(中原丈雄)が翔北病院を訪れた。フェロー卒業後の進路を勝手に決めたと話す博文に憤慨し、白石は話しを途中で遮った。なぜここまで勝手で強引なのか、白石は納得がいかなかった。

後日、父の本当の思いを確かめたい白石は、自ら父を訪ねた。そこで、父が末期ガンに犯されている事を知る。自身がこの先長く生きられない事を知り、娘の進路を焦っていたのだった。

コードブルー2第6話のあらすじ

コードブルー2第7話白石がメリージャン洋子の店で酔って絡む

その日、白石らはスナック(メリージャン洋子の店)で集まって酒を飲んでいた。父親のガンを知った白石。藍沢も両親の事で悩みを抱えていた。

そんな白石と藍沢は悪酔いで大盛り上がり、そんな2人には緋山と藤川もあきれていた。翌日、出勤してきた白石と藍沢は、昨晩の事は覚えていないらしい。

そんな中、緋山がある患者の家族に訴えられてしまった。脳死判定の出た子供の母親にDNR(延命拒否)の同意書を貰わないまま、延命措置をやめてしまったのだ。

しかし、それは緋山が子供の母親の思いを汲み取ったものだった。白石が緋山に声をかける。いつも強気な緋山も涙を流し、白石は何も言わず抱きしめた。

そんなある日、白石は藍沢から最新のガン治療のレポートを受け取った。悪酔いしたあの日、白石も藍沢もお互いの親の話しをした事を覚えていた。どちらも親の事で悩みを抱え、分かり合えたのだろう。

コードブルー2第7話のあらすじ

コードブルー2第8話白石とアナフィラキシーショック

白石は、父・博文を見舞う為に休暇をとり、実家へ帰ろうとしていた。しかし、その日アナフィラキシーショックの集団発生が起こり、休みどころではなくなってしまう。

その夜、白石は父に電話をかけた。そして、一番大切な人の病に気づけなかった事を謝罪した。すると父は「自分や家族を後回しにするのは、それは恵(白石)が医者だからだ」と答えた。

そして白石は、今大変な時だから実家へ帰る事が出来なくなったと伝えた。それを父・博文は寂しそうに受け入れた。そんな父に白石はお願いをした。「1日でも長く生きて!ちゃんと医者としてやれてるところ見せるから。それまで生きて!」約束をした父の声は少し弱々しく聞こえた。

コードブルー2第8話のあらすじ

コードブルー2第9話白石とスキー選手の田上

白石は部長の田所の身を案じていた。部長室で倒れた田所は、その後病室で安静にしていた。

その日、練習中に衝突事故を起こしたスキー選手の田上が搬送されてきた。脊椎損傷があり、今後はスキーを滑ることは出来なくなる。

白石が田上に伝えるが、受け入れられない様子だった。一度でいいから娘に滑っているところを見せたい、これが父親の仕事だと見せたい、と話す田上。

そんな田上に白石は父・博文の話しをした。「同僚からも家族からも愛される父。でも今は病におかされています。娘にとって、父親はヒーローであるよりも、ただ元気でいて欲しい存在だと私は思います。ヒーローでいる事がそんなに大事ですか?家族のためにベストの決断をして下さい。」

白石の話しに心を打たれた田上は、家族の為に生きる事を決断したのだった。

コードブルー2第9話のあらすじ

コードブルー2第10話白石と博文

白石らのフェロー終了認定の日が近づいていた。

そんなある日、白石の父・博文は部長の田所を励ましに翔北病院を訪れていた。白石とも会う約束だったが、白石の都合が合わず2人は会えないまま父は帰郷についた。

そんな中、ドクターヘリ出動要請が入る。白石の父が乗ったはずの飛行機が、エンジントラブルで不時着して炎上したらしい。現場に着いた白石は、隣の体育館に搬送された負傷者の手当てを行う。

しかし、父の安否が確認出来ず冷静さを欠いていた。藍沢がフォローを入れるも、白石の心は乱れていた。

その後、ようやく鎮火された飛行機へ近づく事が許された。飛行機に向かった白石は、そこで体中傷だらけで他の負傷者を介抱する父・博文を見つけた。なぜ負傷者として体育館に行かなかったのか、と白石が責めると、博文は「医者だからだ」と答えた。

コードブルー2第10話のあらすじ

コードブルー2第11話最終話白石がフェロー卒業

飛行機不時着事故現場にいる白石と父・博文は、機体の中で挟まれ動けなくなっている親子を診ていた。父親は骨盤骨折で意識不明。

横で心配する娘も妊娠している上に出血多量で危険な状態だ。娘の話しを聞きながら、落ち着かせる。この親子は、娘の彼の事で喧嘩をしたままらしい。

そして、妊娠の事は父親には伝えていないらしい。とりあえず応急処置を終え、レスキューが助け出すと一旦体育館へ搬送した

その後、白石と博文が体育館へ搬送した親子が、危険な状態になった。父親の方が心破裂を起こしており、開胸して大動脈遮断を行う。「娘はまだ伝えたい事がある」と白石は父親を励まし、無事治療は成功した。そんな白石を、博文は見守っていた。

しばらくして、飛行機墜落事故は終息を迎えた。同じ日に行われていた部長田所の脳腫瘍の摘出手術も無事成功した。負傷者の治療に走り回っていた白石の父は、じつは足を骨折していて入院する事になった。

そして、フェロー終了認定日。白石は、退院する父・博文を見送っていた。白石はフライトドクターの認定を受けた事を報告し、救命に残る事を伝えた。そして、「お父さんみたいな医者になるから」と言って、父を見送った。

その後。白石と藤川は救命を続けている。緋山は、もう一度フェローをやり直しだ藍沢はフェローを終了すると、脳外科に進み西条から指導を受けていた。

たった今、救命に搬送されてきた患者の頭部には外傷がある。白石が脳外科にコンサル(相談)を頼む。

そして、白石、藤川、緋山、冴島が患者をオペ室へ運ぶ。そこへ脳外科から藍沢がコンサルで駆けつける。またいつもの5人が患者を救うために戦っていた。

コードブルー2第11話のあらすじ

コードブルー3第1話白石が救命センターのスタッフリーダー

翔北病院救命センターに赴任してから約9年。救命センターのスタッフリーダーを務める白石恵(新垣結衣)は、今年赴任してきたフェロー達に手を焼いていた。

ある日、七夕祭りで大勢の負傷者が出たとの事でドクターヘリの出動要請が入る。現場に駆けつけた白石は、負傷者の治療に当たりながら、フェロー達に指示を出す。しかし、悲惨な状況を目の当たりにしたフェロー達は混乱し動けずにいた。

そんな中、白石は頭部に外傷を負った少年を発見する。しかし、意識レベルが低く、脳外科の藍沢耕作(山下智久)に助けを求める。状況を聞き現場に駆けつけた藍沢は、治療のサポートをしようとする白石を制止し「現場の指揮官になれ」と告げた。

ハッと気づかされた白石は、すぐに全体の指揮をとり、混乱する現場を円滑に回していった。さっきまで混乱し動けなかったフェロー達も白石の指示で迅速に治療を施していく。

その後、藍沢の治療も無事成功し、事故は終息を迎えた。

病院に戻った白石は、藍沢に声を掛けた。「私が指揮官になる。それを気づかせてくれたのが藍沢。」

後日、藍沢は救命センターに戻ってきた。戻ってきた理由を白石が聞くと藍沢はこう言った。「救命にはお前(白石)がいる。お前はおもしろい。」

コードブルー3第1話のあらすじ

コードブルー3第2話白石も藍沢もフェローを育てたい気持ちは同じだった

藍沢が救命センターに戻ってきてから一週間が経っていた。藍沢のフェロー達への指導は厳しく、スタッフリーダーの白石とは指導方針で対立していた。

藍沢の厳しすぎる指導はフェローの横峯あかり(新木優子)をついに泣かせてしまう。そんな中、ドクターヘリの出動要請が入り、藍沢は横峯と向かった。

藍沢は、横峯に的確な治療を指示し力強い言葉で勇気付けた。その結果、横峯は一人で治療を成功させた。

現場から戻ってきた藍沢は、横峯に今日の現場でのダメ出しを始めた。俯いて聞いていた横峯だったが、途中から自分を褒めてくれているのだと気がつく。「よくやった」という藍沢の言葉に、横峯は驚きながらも喜んでいるのだった。

それを見ていた白石は、藍沢に声をかけた。「思い出した、愛情がないわけじゃないのよ。あなたもフェローを育てようとしてる。信頼できる上級医からの「よくやった」ってフェローにとっては魔法の言葉。」白石も藍沢もフェローを育てたい気持ちは同じだった

コードブルー3第2話のあらすじ

コードブルー3第3話白石が灰谷を励ます

ある日、森林公園内で倒れていた男性救出の為、白石は、冴島はるか(比嘉愛未)、灰谷俊平(成田凌)とともに現場へ向かった。しかし、その患者をヘリに乗せ搬送している途中、患者が急に嘔吐し、機内が原因不明の毒物に汚染されてしまった。

病院へ到着後、意識を失っている冴島はすぐに搬送され、白石と灰谷はヘリの中での状況を細かく藍沢に聞かれ、毒物がシアンだと特定し、すぐに治療を行われた。

毒物を嘔吐していた男性は自殺を図っており、搬送後も院内で自殺を繰り返した。その後のオペで一命を取り留めたが、それは藍沢がオペを一旦中断し、患者の体力を回復させる方法を取ったからだった。

その後、救命センターにいた白石は灰谷に声を掛けられた。「毒物騒ぎの時、怖くて患者の事を考えられなかった。僕は臆病者なんです。医者には向いていません。」

そんな灰谷に白石が話す。「男性患者の手術を一時中断したのは、藍沢にも臆病な一面があったからだ。そのまま続けていれば危険だった。臆病も医者の素質として大事だ。」灰谷はどう受け止めてくれるだろうか。

コードブルー3第3話のあらすじ

コードブルー3第4話白石が冴島を祝杯

いつものバーで白石、緋山、冴島が集まり、冴島の結婚に祝杯をあげていた。

冴島が帰った後、緋山は酒が入り、愚痴を言いだす。自分には救命があっているからもう産婦人科には帰ってこなくて良いと言われた、と。そして白石にクダを巻く。フェローの育成について文句を言われるが、一番嘆きたいのは白石なのだ。

優輔と同じ病気の子供・アキトが亡くなった日の夜。藍沢が医局で、亡くなったアキトのカルテを書いていた。そこに白石がやってきました。

『悔しいね。』と白石は言った。藍沢は、『移植医療は難しいんだ。命を救う方法はわかってるのに、臓器がなければその医療を提供することもできない』と言い、臓器移植の難しさについて語った。

「そうだね。助ける方法があるのにね」2人はもどかしく、悔しい気持ちに浸っていた。

コードブルー3第4話のあらすじ

コードブルー3第5話白石が緋山の不倫を叱る!

緋山に、『気になる男性に妻がいた場合どうする?』と相談される。不倫が許せないらしい白石は医局にいて、フェローたちがいるというのにおかまいなしに大声で、『不倫はいけない!絶対ダメ!』と緋山にまくしたてた。

緋山が、『いや、私じゃなくて友達の話‥』と言っても聞く耳を持たず、延々と不倫に対する説教を続ける。白石本人は気づいていないが、緋山は白石に相談したことを心底後悔していた。

翔北救命センターに救命ヘリの要請が入る。下水道工事中の作業員3人が増水のため流されてしまい、2名が軽症、1名が行方不明。それと、救助に当たっていたレスキュー隊員1人が負傷しているそう。

白石、名取、雪村がドクターヘリに乗り込み、現場へ向かう。ドクターヘリで現場に向かってる途中、行方不明の作業員1名が発見されたと連絡が入る。レスキュー隊員の倉田を名取が処置にあたる。名取が確認した結果、倉田は骨折してるだけのようだった。名取に倉田の判断を任せ、白石は溺れてしまった危険な状態である作業員の処置に当たった。

救命センターに吉崎を運び込み、藍沢らと治療にあたる。しかし吉崎の治療中、冴島が倒れる。冴島は緋山たちに任せ、吉崎の治療に専念する。

その時、救命センターに電話がかかってくる。電話の目の前にいた名取が出ると、倉田を運び込んだ病院からだった。

なんと倉田は骨盤を骨折する重症を、負っていたのだ。容態が急変してショック状態になってしまったとのこと。

言い訳をしながら報告する名取を放置し、白石が電話を引き継いで、雪村とともに倉田が運び込まれた病院に向かい、倉田を救命センターに搬送した。

橘は名取が骨盤骨折を見落としたことを知り、『これがわからないってことあるか』と叱った。そして、『藤川、こっちこれるか、今大変そうだけど。』と頼んだ。

やってきた藤川は、『あ、これなら現場で気づかないこともあるかな』

と言い、手術に向かおうとすると、血圧が急降下してしまう。みなが懸命に手術をしているところを見て、名取はため息をついて治療室をでていってしまう。白石は追いかけようとしましたが、藍沢に『ほっとけ』と言われ、追いかけるのをやめる。

暗い顔をした緋山が医局に戻ってくると、白石も暗い顔をしている。灰谷と横峯が、いつも偉そうにしている名取がなぜ見落としたのかと噂話をしていた。名取が近くにいたことに気づくと2人はヤバイ!という表情をした。名取は笑いながら、

『なに?そういう顔されると、俺がやらかしたみたいでいやなんですけど!』と言った。その言葉に耳を疑った横峯は、『だって、結構まずかったよ。』と言う。名取は悪気なさそうに『結果大丈夫だったんだからいいでしょ。まあ、いい経験だよね。俺も落ち着いていつもどおりやればよかったんだよ。次からはそうするよ。』と笑った。

それを聞いていた白石が席を立ちあがる。そして、『次はないのよ。私たち医者に次はあるけど、患者さんは命を落としたらもう次はないの!』と名取に言い放った。困惑しつつも、また言い訳しようとする名取。

二日後。骨盤骨折を起こしていた倉田のところに、白石が謝りに行く。倉田の奥さんは助けてくれたことに感謝の言葉を言うが、倉田は暗い顔で横を見ていた。白石は名取のミスを怒ってるかと思っていたが、実は隣のベッドにいる吉崎のことを気にしているようだった。倉田は一緒に流された話しをした。

『彼は目を覚ましますか?おれが殺した。おれは、水の中で彼の手を離した。二十歳そこそこの若者の未来を閉ざした』

と言い、涙を流した。いたたまれない気持ちになる白石。横で名取も聞いていた。

流産して入院している冴島を少しでも元気づけようと、冴島の退院1日前の夜、緋山と白石は病室に会いに行く。救命メンバーの暖かさを感じるシーン。

緋山が離婚届に署名をした日、ふたりは結婚願望について語る。白石も結婚願望があるようだ。ふたりは珍しく真面目に話した。

コードブルー3第5話のあらすじ

コードブルー3第6話白石VS冴島

白石悪魔の冴島を激怒させる!!!

白石と緋山が一緒に出勤していると、新人看護師の雪村が話しかけてきた。顔つきも明るくなり、雰囲気も柔らかくなった雪村に『最近感じ良くなったじゃん。』と声をかける2人。

『そうですか?て言うか、今まで感じ悪かったですか?』と雪村に言われる。続けて、『冴島さんが、現場の雰囲気良くするのも、仕事のうちだって』と言う。

2人が『冴島が、そんなこと言ってた?自分がどうなのかってね。』『むしろ冴島さんがいつも笑顔だったらその方が怖い』と小馬鹿にして笑っていると、藍沢が、『お前ら勇気あるな。』という。

その言葉の直後、点滴をかき分けて鬼のような形相の冴島が現れる。

ふたりは作り笑いと、無理やり用事を作って鬼の冴島からそそくさと逃げた。

白石と新海がエレベータで出会う出会いに発展か?

白石がエレベーターに乗ると、そこに新海がいた。新海に天野奏の術後経過を聞く。言い訳とも取れる歯切れの悪い言葉を残して新海は逃げるように去っていく。違和感を覚える白石。

白石が現場を仕切る

救命センターに連絡が入る。冷凍庫で荷崩れが起き、ドクターヘリ要請がきた。白石は救命センターで待機する。

緊急オペ中で指示ができない藍沢からの連絡を受け、灰谷のカメラと救命センターのモニターをつなぐ白石。

患者の状況をすぐさま確認する。すでに2000ccくらいの出血をしている可能性があり、このままでは失血死する可能性があると判断する。

その場で足を切開し、直接止血するように横峯と灰谷に指示をする。しかし、患者は意識がある状態。しかも麻酔がない‥。

白石は冷凍庫にある氷か何かを使って感覚を失わせて処置をすることができないかと提案する。冷たさで痛みを麻痺させることに成功する。

横峯が白石の指示を受けながら執刀するが、失敗してしまう。白石は『もう一度切って。』と指示を出す。痛みと恐怖で辞めてくれと懇願する患者、心が折れ、もうできませんと言う横峯。

藍沢からの叱咤激励を受けた灰谷が執刀し、処置は無事成功した。

白石と藍沢が二人で語る

その日の晩、1人外を眺める藍沢に、『今日はありがとう。現場であの二人にやれって言ってくれて。最後まで彼らを信じなきゃいけないのに信じれなかった。やっぱり、藍沢先生は強いね。』と声をかける。

藍沢は、『人には言っておいて、自分の患者を救えてない。』と言う。

『天野奏さんのこと?そんなことはない。藍沢先生は、命を救った。』と言う白石に藍沢は、

『命を救ったのは、俺じゃない。俺は、ただ、約束を破っただけだ。』といい、その場を去っていった。

白石の声でアナウンスが入る。

若ければ落胆は成長につながる。落胆が成長に変わる時期は過ぎた。今の私たちに求められているのは、成長ではなく結果。と。

藍沢はきっとその現実に直面しているのだ、と白石は彼の背中を見て思った。

コードブルー3第6話のあらすじ

コードブルー3第7話白石のヘリが墜落

藍沢が部長室にいった後、エレベーターで白石と鉢合わせた。白石は藍沢に尋ねた。『8月7日の夜、何があった?天野奏さんの緊急オペと、ICUの杉原さんの急変が重なったよね?』と聞く。

白石は、藍沢の手術記録を見たらしい。奏の手術に藍沢は立ち会えなかったのでは、と思う白石。藍沢は、『お前には関係ない。』と白石に言い放ち、その場を去っていってしまう。

そんな時、救命センターにドクターヘリ要請が入る。踏切で立ち往生していた高齢の女性と、それを助けようとした若い夫婦が重症を負ったそう。白石、灰谷、雪村がドクターヘリですぐに現場へ向かった。灰谷は負傷者を助けたいという気持ちから『なるべく早く向かってください。』と、パイロットを急かしてしまう。白石に、

『医者からパイロットへの指示は許されていないって教わったでしょ。彼らは最短時間で安全に医者が患者に接触できるようにプランを立てている。私たちが口出すことじゃない。』と灰谷に注意した。

しかし、その瞬間ヘリの機体は大きく揺れた。

救命センターにヘリが墜落したと連絡が入る。

しかしすぐ白石と連絡が取れる。ヘリは墜落したのではなく、木に引っかかってしまったよう。

ヘリは使えなくなってしまったものの、医師もパイロットも軽傷で済み、急いで現場へ向かい、救命にあたる。

夫婦の男性は大動脈の断裂。絶望的な状態だった。

白石は、男性は早々に諦めて、その代わりあと2人の女性を救おう、と高齢の女性の元へ行く。灰谷にもそう指示をだず。

しかし、結婚式を挙げる予定だったという男性の妻の話を聞き、どうにか助けてほしいと懇願され、灰谷は処置を諦められなかった。高齢女性の処置で手いっぱいの白石は、救命センターにいる藍沢に灰谷を説得するよう応援要請する。

藍沢に諦めろと言われても無視し、心臓マッサージをし続ける。少し男性の指が動く。希望が見えたか?!と思ったが、少し経ったら大動脈破裂を起こし諦めざるおえなくなる。悔やみつつも、大怪我を負った男性の妻の処置に切り替えた。

ヘリの着陸失敗の問題について調査委員会が開かれある。ヘリの着陸失敗と患者の死亡が重なったことでマスコミが騒いでいるよう。患者の死亡とヘリの着陸失敗の因果関係は無いと藍沢が報告する。『患者はすでに大動脈が断裂しており助かる見込みはゼロでした。』と、灰谷の胸カメラから患者の容態を見ていた藍沢は上層部の人間に話す。

それに続いて、機長の早川がこの日は上から下に風が吹いている状況だったこともあり、砂ぼこりで視界が悪くなってしまい、気付いたら木に引っかかってしまったのだと、ヘリの不時着について理由を話した。そして、全て自分の責任であると頭を下げた。

灰谷は周りがかばっていると思い、『僕のせいです・・。僕が早川さんを急かしたからなんです。』と、突然事実を話し出す。顔をしかめ、訳を聞く上層部。

白石が立ち上がり、『私が説明します。』と話し出す。灰谷は機長である早川に指示を出してしまったことは事実だと説明し、指導を徹底していなかった責任者の自分が悪い。と謝った。

調査委員会が終わり、医局に戻ろうとする白石を灰谷が急いで止める。そして勢い良く、『僕のせいです。ヘリが飛べていたら男性は助かっていたかもしれません。』と言い出す。しかし白石は、『それは無い。開胸した時点で大動脈は断裂していた。』と灰谷のせいではないと冷静に言った。

その後、処分が決まったため、調査委員会が再度開かれる。ドクターヘリは2週間の停止となってしまう。機長は当面任務から外されることを言い渡される。この重い処分にショックを受ける灰谷。
それと同時に、誤った指示を出してしまった自分が責任を問われないことに憤りと悲しみを覚え、白石相手に取り乱してしまう。

『どうして僕は何も責められないんですか?!みんなに責めて欲しかった、お前が悪かったんだって!』

泣き崩れる灰谷を白石は冷静な目で見つめ、『灰谷先生を責めることは誰にもできない。大島さんを助けたかったから急かすようなことを言ってしまったんでしょ。』と言い、行ってしまう。

灰谷が責任を感じすぎていることに悩む白石。それを藍沢に相談する。

『藍沢先生なら、なんて言う?すべて自分のせいだと思ってる灰谷先生に。』と白石が聞くと、藍沢は顔色一つ変えずに、

『ほっとけ、事実を客観視できない、灰谷がバカなだけだ。』と言い放つ。キツイ一言だ!白石が怒りそうな場面。しかし白石は、

『私は灰谷先生のそう言うとこ、嫌いじゃない。それに、客観視できていないのは、灰谷先生だけじゃないと思う。』と言った。遠回しに奏のことを気にしすぎている藍沢に対して放った言葉だった。

事故にあったヘリについて話す藍沢と白石。

『修理だけで済んでよかった。ヘリがあれば、なんとかなるもんね。16年間無事故だった。5000時間以上のフライト。ずっと安全に私たちを運んでくれてた。それを1回の事故で世間は騒ぎ立てる。奏さんも同じだと思う。なんども患者を救ってきた。患者は、あなたのような医者を必要としている。藍沢先生、トロント大を辞退する必要ない。』と藍沢に真剣に訴えた。黙り込む藍沢。

エレベーターで白石と橘は一緒になる。その際、リーダーである白石に、『部下を追い込む非情さも必要なんだ。灰谷に睡眠薬に出してる量多いぞ。』と指摘する。

なんのことか理解できない白石。その時救急コールが鳴り響いた。男性が電車のホームから転落したらしい。橘は白石に、とにかく灰谷に連絡するよう指示し、急いでエレベーターを降り、去って行った。橘の指示通り灰谷に電話をかけると、何故か灰谷の電話に出たのは藍沢だった。

『ホームから落ちたのは灰谷だ。』

頭が真っ白になる白石。灰谷は頭から血を流し救命センターに運ばれてきた…。

コードブルー3第7話のあらすじ

コードブルー3第8話白石と緋山は犬猿の仲

白石の部屋には、家事で家を失ってからずっと緋山が住んでいる。居候というわりは図々しく、白石の片付けた場所を一瞬で汚くする緋山。

そんな緋山がついに部屋を借りたらしい。緋山の事後報告に白石は驚きつつも、少し寂しさを感じる。

しかし、今朝はそんなにゆっくり話す時間はない。白石はのんびり支度する緋山を急かす。なぜなら今日は事故以来休んでいた灰谷が復帰するのだから・・・。

本当に事故だったのか、灰谷は本当は自殺を図ろうとしたのではないかと心配し、どう接するか悩む白石。緋山は相変わらずあっけらかんとしていて、気にかけている白石とは正反対だった。

『今日から復帰します!ご迷惑おかけしました!』2人が医局に着くと、負傷した身体は完全には治ってなく、頭にネットを被って見るからに痛々しい姿の灰谷が空元気な大声と笑顔で挨拶をする。普通の態度を心がけていた白石だが、ぎこちない笑顔と話し方になってしまう。

その様子を見た緋山は、『全然普通の態度じゃないじゃん』とぼそっと突っ込んだ。周りの救命メンバーもどう接していいかわからず、灰谷にかなり気を使っているようだった。

ドクターヘリで運ばれてきた感染症の患者を処置した後。ラウンジでランチをとっている緋山と白石のもとに藤川がやってきて一緒に食事をとる。

『さっきの患者、なんか気持ち悪いよな~感染症とかだったらどうすんだよ。』

檜山の事情を知らない藤川が不謹慎なことを言ってしまう。緋山はキッと睨み付け、『ちょっと!食事が不味くなるんだけど!』と藤川に強い口調で言った。緋山の剣幕にひるむ藤川。

そこに、白石の携帯に灰谷から電話が。『またか・・・』という表情の白石。実は今日だけで灰谷から5回も電話がかかってきていた。

復帰してから必要以上に確認をする灰谷に対し、白石は不安を感じていた。灰谷の事故の真相や、そのケアをするべきか悩みを口にする白石。そんな白石に苛立ったのか、前に座っていた緋山が睨み付けながら、

『相変わらずおせっかいだね。あんたがここでぐちゃぐちゃ言ったって、灰谷の問題が解決するとは思えないんだけどね。立ち直るも立ち直らないも、本人しだいでしょ。あんたが心配したって、無駄。』と白石に言った。その攻撃的な冷たい言い方にカチンときた白石。負けじと言い返す。

『私たち指導医でしょ。もう少しかかわってあげよと思わないの?自分のことしか興味ないの』と白石が反論すると、『はいはい。頑張ってくださいスタッフリーダーさん。』と緋山は悪態をついて去って行った。いきなり食ってかかられたことに憤慨する白石。オロオロするだけの藤川。

緋山と言い合いになった白石と藍沢は偶然エレベーターに乗り合わせる。藍沢に緋山の考えについて聞く。白石は自分に同調して欲しかったのに、藍沢が放ったまさかの『俺も緋山と同意見だ』と言う言葉にさらに憤慨する。

『こちらにはこちらのやり方があるので口を出さないでください!』怒った様子の看護師が灰谷の元を去って行った。通りかかった白石は灰谷に話しかけ、そんな確認しなくても大丈夫と言う。灰谷は、『自分のせいで人が亡くなるのはもういやなんです』と言った。

白石が思い切って事故の真相について聞くと、灰谷は『もう一歩踏み出せば楽になるかもと思いました』と本音をいった。その言葉にショックを受ける白石。

灰谷の自殺未遂や、緋山と指導方針の違いでぶつかった白石は完全に自信を失っていた。それを橘に相談した。

『緋山や藍沢の方がリーダーに向いてると思う』と白石がいうと、橘もそう思ったという。びっくりした顔をする白石。

実は橘はスタッフリーダーを決めるときに緋山に相談したそう。それに対し緋山は、『白石以外にいないじゃないですか』と答えたらしい。

緋山や藍沢は決断力があるように見えるけど自分のことしか考えていないから即座に動けるだけ。白石はいつも周りのことを考えられるから、リーダーにふさわしいといったそう。

初めて知る真実だった。白石は目に涙をためた。

白石は橘と話をしたあと、仕事が終わってから緋山の病室の前まで行く。しかし、なんと言っていいかわからず、Uターンして帰っていった。

翌朝の5時、いてもたってもいられなくなった白石が緋山の病室に入ってくる。慌てやる緋山に白石は、『大丈夫、緋山先生は必ずうちに帰ってうくる。何の問題もなく!!』

引っ越すし、という緋山を制して、昨日の夜緋山のいない部屋で過ごして寂しかった。緋山がいてくれてよかったことに気がついたと言った。

素直に自分の気持ちを伝える白石に緋山も『私も病院で過ごして寂しかった。昨日は八つ当たりしただけ、ありがとう』と言って涙ぐんだ。2人は無事仲直りした。

珍しくおしゃれをした緋山が白石の家に帰る。白石の片付けたところをさっそくゴチャーっと汚しソファーに倒れこむ。そして、引越しはやめたと白石に告げた。白石はびっくりしつつも嬉しそうだった。

コードブルー3第8話のあらすじ

コードブルー3第9話白石恵(新垣結衣)のチームがいいチームからバラバラに崩壊?

白石が緋山の彼氏を発見

医局でが幸せそうに電話をしている緋山をうれしそうな表情で見つめる白石。

『声が違う。幸せが滲み出てる。』と、電話を切った緋山を茶化す。そして、『緋山先生、幸せそう。緒方さんと付き合ってるんでしょう?』と聞くが、笑いながらごまかす緋山。

白石が『よかったね、救命に来て良いことあって。』と言うと、緋山はつい『そうだよ!彼氏ぐらいできないと、こんなとこやっていけないよ!』と口を滑らせてしまう。それを聞き、にやける白石。

白石のいいチーム

急患が三名救命センターに運ばれてくる。

それぞれ症状の違う患者をフェローたちとも協力しあい、三人の命を救った。

処置が終わった後、橘が白石に話しかける。

『覚えているか?このチームを作った最初の日のこと。あの時は二名亡くなった。でも今回は三名全員助けられた。白石のおかげだよ、みんなを引っ張ってきてくれてありがとう。』

橘からの言葉に、『みんなのおかげです。』と答える白石。『お前らしいな!』と笑う橘が去った後、白石は嬉しさから1人で微笑んだ。

急患で運ばれてきたラグビー選手・両角にチームメイトがお見舞いにやってくる。

試合のために12月までに治せと頼まれる。

両角のチーム思いな受け答えに『昔のお前とは大違いだな。』というチームメイト。

チームメイトが帰った後、両角に白石が話しかける。

『7年連続優勝なんですよね。すごいですね。』

『昔は尖っててワンマンプレイだったんです。でも今はチームに貢献できるようになったんですよ。チームでプレーするのが楽しい。だから、早く治してください。』と両角は微笑んだ。チームプレイの大切さを痛感している白石も共に微笑んだ。

白石のいいチームが崩壊していく

医局で緋山が周産期医療センターに呼ばれたことを白石たちに報告する。

人手不足の救命センターでは行くことを反対されるかと思っていたらしく、祝われ安堵の表情を浮かべる緋山。しかし白石は複雑な気持ちだった。せっかく救命がいいチームになってきたのに・・・。

藤川は藍沢に、『お前もトロント大かー?!』と茶化す。しかし藍沢は表情を変えず、『俺は行かない。救命に残る。』と言った。白石はまさかの返答に驚く。

ICUにいる藤川と白石。

2人は藍沢のトロント大辞退は意外だ、とはなしていた。『緋山もいなくなるし、灰谷は本格復帰は無理そうだし人手不足だな。今朝の無線連絡のミスも・・・。』とうっかり話してしまう。白石は詳細を藤川から聞く。

灰谷はヘッドセットつけたら、震えだしたのだそう。ヘリ墜落事件のせいで、灰谷はPTSDを患い、無線連絡ができなくなってしまったようだった。

ショックを受ける白石にさらに追い打ちをかける。

藤川は改まって、冴島からヘリを降りてほしいと言われたことを白石に伝えた。

『愛されちゃって困るよ〜自分はヘリ乗ってるくせにね!自分はどうなんだよって話!』と藤川が笑いながら言うと白石は、『自分が傷つくより、大事な人が傷つく方が辛いのよ。』と微笑みながら言い、去って行った。

もう笑みを浮かべる余裕なんてなかった。

藤川から話を聞いた白石は、灰谷と面談の場を設けた。灰谷は、『精神科に通ったり努力はしていて、克服したいと思っています。でも、このままじゃ、また取り返しがつかないミスをしてしまうかもと不安です。ヘリ担当から外して欲しいです。』と白石に正直な気持ちを伝えた。

急患で運ばれてきたラグビー選手・両角が突然、意識を失った。

藍沢、白石、新海で処置を行う。

脳の出血が止まらない。

処置の甲斐なく、両角は亡くなってしまった。

泣きながら悔やむ白石に『責任を感じすぎるな。』と藍沢は言った。『その言葉、お前にそのまんま返すよ。』と新海は吐き捨て、去っていった。

藍沢と白石はドクターヘリを見ながら話していた。

『天野さんのことでトロント大に行かないのはおかしい。』

『俺だけが夢を追いかけるわけにはいかない。それにお前は大丈夫なのか。冴島のことを聞いた。自分の心配をしろ。』と藍沢は言った。

それに対し、これじゃあ藍沢先生と同等でいられない、白石は同情で残られるのは嫌!と反論した。

ドクターヘリ要請が入る。

開通前の線路内で、崩落事故が発生。被害者の中に何故か子供も含まれているそう。

総動員で現場へ向かう。

被害者の中に子供がいたのは、トンネルウォークが開催されていたからだった。なんと参加者は、300人。多くの人が怪我を負い、パニックに陥っていた。

藍沢は重傷者の多い線路内に降り立った。

そこには多くの遺体や、重傷を負った人たちがいた。中には瓦礫の下敷きになっている人も・・・。

天井から水が滴り、藍沢の肩に当たった。

白石は災害本部で、対策をしていた。

白石に水滴の件を報告する藍沢。

その時、突然大きな揺れが起きる。さらに崩落事故が起きてしまっていた・・・。

地下にいた藍沢は崩落事故に巻き込まれ、瓦礫の下に下敷きになってしまった。

コードブルー3第9話のあらすじ

コードブルー3最終回の白石 恵(新垣結衣)

地下鉄崩落の現場へドクターヘリに乗り、総動員で駆け付ける救命医・看護師たち。

到着すると現場は、想像を絶するほどの大惨事が起きていた。

地下鉄開通を記念したイベントが催されていたため、被害は甚大なものに。また、子供の参加者も多かったことから負傷者の中には幼い子供もたくさんいた。

地下鉄の崩落事故現場で指揮を執るのは白石(新垣結衣)。

消防やレスキュー、医療者たちと連携を取り、的確な指示を言い渡していた。

主に被害が集中しているのは線路内。

重傷者が多いという報告を受け、藍沢と藤川を送り込むことに決めた。

そこに遅れて、『頭部外傷は何人?』と脳外科医の新海広紀(安藤政信)がドクターヘリに乗ってやってきた。

偶然にも新海も手術が入っていなかったので、現場にやってきたのだ。『3人です。』そういうと新海はさっそく患者の処置に入った。

白石は指揮をとることだけに専念することに。

地下二階に行った救命メンバー各自から状況報告の連絡が入る。

それぞれが重傷を負っている患者の処置に奮闘していた。継続して処置に当たるよう指示する白石。

そこへ藍沢から連絡が入る。『天井から何か水が漏れている。地下水かもしれない。建設業者に確認を取ってくれ。』その言葉を聞き了承した白石。

しかしその瞬間、突然大きな揺れが起きた。

地下鉄が二回目の崩落を起こしたのだった。

白石は急いで地下にいる救命メンバーたちの安否確認をする。

緋山と名取は無事だったが、崩落のせいで出口がふさがってしまう。

そして、胎児は生存の可能性があると白石に報告する。

藍沢、雪村も出口はふさがれたが無事。

しかし、藤川だけから返事がない。何度も声を張り上げ確認を取るが応答はなかった。近くにいた冴島は青ざめる。

白石が建設会社に確認したところ、天井を支える岩盤に地下水がたまって崩落したと考えられるとの見解が示された。

二回目の崩落で地下水はすべて流れ落ち、これ以上の崩落が起きることはないだろう、といのこと。そのことを藍沢に報告した。

その見解を受け、白石は横峯と冴島を地下二階の別の駅、辻が谷駅に派遣する。

藤川のことで気が気ではない冴島を白石は気に掛けるが、冴島は医療人として現場に行くことを決心する。

誰かから報告を受けたであろう白石が、ショックを受けた表情で立ち尽くす。

異変に気付いた藍沢は『どうした?』と白石に声をかける。

白石が動揺していたのは、藤川ががれきの下に埋まっているという報告を受けたからだった。

『わたしのせいだ・・・。行かなきゃ。』

完全に冷静さを失った白石は現場に駆け付けようと取り乱す。

それを藍沢は止め、白石を諭した。

『現場の指揮官であるおまえがいくつもりか?』

『だって藤川先生がひどいことになってるんだよ。これは指示を出したわたしのせい。

医師が現場でけがするなんてあっちゃいけない、冴島さんにも約束したの。藤川先生を死なせるわけにはいかない。冴島さんの大事な人を奪うわけにはいかない。』

バッグを持って現場に行こうとする白石の手を藍沢は取り、『そうだ。医者が二次災害にあっちゃいけない。

これ以上被害をださないために、情報をすべて集約して医療スタッフ、警察、消防に指示を出せ。

この混乱だ。だれにでもできることじゃない。お前だから信じて任せられるんだ。

指示を出すという形で、俺たちを守ってくれ。藤川のもとには俺が行く。』そういって颯爽と出発する藍沢。

雪村とともに藤川を捜しに次の駅へ。

『一通り終わったので、翔北に戻ります。』

医療本部にいる白石に新海が伝える。

悲しい表情で白石は、『情けないです・・・仲間を命の危険にさらすなんて・・・。』と言った。

ホワイトボードに藤川不明?

ホワイトボードには藤川の安否だけが確認されてなかった。

落ち込む白石になんて声をかければいいか悩む新海だが、迎えのドクターヘリが来てしまい、結局何も言わず去っていった。

『あと何人ですか?』指揮をとっている白石にヘリの操縦士が聞いた。

残る負傷者はあと一人―。そう、藤川だけだった。

そこにアナウンスが入る。

『30代男性、赤タグ患者。臨時ヘリポートに到着します。』白石が振り向くと、そこには藤川、藍沢、冴島の姿が・・・。

崩落事故から二日後。

『藤川先生、ごめんなさい。』唐突に頭を下げる白石に難に対する謝罪かわからず戸惑う藤川。

『私が現場に残れって言った。藤川先生をあんな目に合わせてしまったのは私のせい。』そういう白石の言葉を否定する藤川。

『安全確認は取れてたし。あんなの誰も予想できないだろう。俺こそ、ごめん。

やっぱり、一般整形に移る。一般整形の先生も大歓迎だってさ、ひっぱりだこだよー。』といつものようにふざけて言って見せた。

『藤川先生は頼りになるもんね。』と白石はさみしそうな表情をこらえて笑って見せた。藤川も同じように気持ちを隠して複雑な笑顔を見せた。そのやり取りを見て心を痛ませる冴島。

緋山に「ああ、いちゃったかっこいい」


名取の進路をめぐる院長と緋山のやりとりを見ていた白石は『いいの?医局長。』と声をかける。

その言葉にハッとする緋山。

周産期医療センターで緋山を医局長として迎えようとしてくれた院長と、名取の父親は昔からの友人で親密なため、この話もすぐに伝わるだろう。もちろん息子の指導員として・・・。

『やっちゃった。今の感じだと、まだあいつの指導しなくちゃならない感じじゃん。』と緋山は勢いに任せた発言にため息をついた。白石は言わんこっちゃない。という顔をする。

白石が灰谷をはげます


灰谷が廊下で一人窓の外を見ていると、近くのソファーに白石が掛けていた。

『灰谷先生すごいね。難しい症状を見抜いたんだってね。』と白石がほめると灰谷は、『現場に行けないから、病院にいただけです。

僕はドクターヘリで駆けつけて多くの患者さんを助ける医者になりたくてここに来ました。

僕はなれるんでしょうか。』と言う。

白石が『なれるよ。』というと灰谷は自信なさげに言った。

『簡単に言わないでください。白石先生みたいなできる人間にできない人間に僕の気持ちはわかりません。

今回だって何千もの医療者に現場で支持を出したって聞きました。僕の気持ちがわかるはずがない。』

白石はその言葉を聞くとため息をつきながら、『できる人間かぁ。だったらいいんだけどね。今回私のせいで藤川先生は、死にそうになった。私、ここに来て1年目のフェローの時、大きな失敗したの。信頼する同僚に、尊敬する指導員の腕を切り落とさせてしまうミス。(黒田先生のこと)それで何もかもいやになった。

現実を直視できない自分も、医者もやめようと思った。

でも、そんな時、みんなが側にいてくれた。ただ、慰めたり、同情もせずに側にいてくれた。

そのおかげで、現場から、患者さんの前から逃げずに済んだ。

あなたの側には、同僚たちがいる。感謝している患者さんもいる。

そして、あなたの成長を楽しみにしている指導員もいる。それは私。あなたは一人じゃない。

だから、ゆっくりでいい。焦らずに、医者になって。灰谷先生は、きっと人の役に立つ医者になる。』そう言ってほほ笑む白石。灰谷はその言葉を聞き、涙を流した。

藍沢は、トロント大に行くことを決意した。

白石が藍沢に告白か?


ヘリに腰掛ける藍沢のところに白石が行く。藍沢は語りだした。

『9年前、ここに来た理由は難しい症例が集まるからだった。あの頃の俺は自分のために医者をやってた。今は、誰かのために医者になりたいと思う。

俺はそれを、お前たちから教わった。俺は出会いに恵まれた。

お前との出会いも含めて。どうだ?黒田先生の救命は超えられそうか?』と白石に問いかける。

白石は、『あー、たぶん無理ね。絶対無理。でも、落ち込まないことにした。どうせむりだから。

ほかの誰かのように仕事をしようと思っても。灰谷先生が教えてくれた。

こんな私でもできる医者に見えるって。

迷いながら9年やってきたら、後輩にそんなこと言われた。それなりに役に立ってるってことかな?』そういうと藍沢は『もちろんだ。』と答えた。

『私は私なりの救命を作ってくしかないんだってわかった。強いリーダーシップもない、すぐへこむ。いつも迷ってばかり。そんなリーダーが作る救命。

それをやってくしかないって思った。』そういう白石に藍沢は『そうか、なるべく早く見せてくれ。』と言い微笑んだ。

白石も笑顔でうなずいた。

フェローが使えないから使えるへ?


救命では、3人のフェローと橘が、やる気と活気に満ち溢れている様子で忙しく治療をしていた。

そこに、藍沢、白石、緋山、藤川、冴島もほかの患者の治療でやってくる。

全員がてきぱきとこなし、意欲を見せていた。

最初のころのフェローたちの姿はそこにはなかった。立派な救命医として成長していた。

そのようすをうれしそうに見つめる救命メンバーたち。

まるで自分たちのようだと藍沢は笑った。

コードブルー3第最終回のあらすじ

コードブルー3の相関図キャスト
藍沢先生(山下智久)の全て
コードブルー新垣結衣(白石恵)の全て
コードブルー戸田恵梨香(緋山美帆子)の全て
コードブルー浅利陽介(藤川一男)の全て
コードブルー冴島はるか(比嘉愛未)の全て
コードブルー横峯あかり(新木優子)の全て
コードブルー馬場ふみか(雪村双葉)の全て
コードブルー 名取颯馬(有岡大貴)の全て
コードブルー成田凌(灰谷俊平)の全て
コードブルー新海先生(安藤政信)の全て
コードブルー 橘啓輔先生(椎名桔平)の全て
コードブルー三井先生(りょう)の全て
コードブルー 黒田先生(柳葉敏郎)の全て
コードブルー1,2の黒田先生のあらすじ
コードブルー滝藤賢一(井上宣顕)の全て
コードブルー町田響子(伊藤ゆみ)の全て
コードブルー1,2,3全話あらすじ

コードブルー123と新春スペシャルはどこで見れるの?AD

コードブルー123と新春スペシャルはフジテレビ公式FODでみれます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

Amazon Pay及びアプリ内課金を利用してコードブルー123と新春スペシャルが無料で見れます!
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。

この他にも
警視庁いきもの係(2018年7月8日まで)
警視庁全話あらすじネタバレ
セシルのもくろみ(2018年7月12日まで)
セシル全話あらすじネタバレ
昼顔(2018年7月21日まで)
昼顔全話あらすじネタバレ
パパ活(2018年6月25日まで)
パパ活全話あらすじネタバレ
人は見た目が100%(2019年4月12日まで)
隣の家族は青くみえる(2019年1月17日まで)
隣の家族全話あらすじネタバレ
ぼくは麻理のなか(2019年6月5日まで)
ぼくは麻里のなか全話あらすじネタバレ
コンフィデンスマンJP
コンフィデンスマンJP全話あらすじネタバレ

などが無料で見れます。


コードブルー2第4話このシーンは絶対に見よう!

『コードブルー新春スペシャルとコードブルー123全話』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

コードブルー123全話(2018年10月15日まで)

Amazon Pay及びアプリ内課金の登録でコードブルー123と新春スペシャルが全話無料で見れます!
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-コードブルー, コードブルー キャスト

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.