コードブルー

ドラマ「コードブルー」新垣結衣の見どころや感想や気になったこと

投稿日:

新垣結衣(アラガキユイ)

生年月日:1988年6月11日

出身地:沖縄県那覇市

身長:169 cm

レプロエンタテインメント所属

ドラマ「コードブルー」新垣結衣の見どころや感想や気になったこと

85点 苦悩する研修医から救命のキャプテンへ成長する医師を演じる新垣結衣。

コードブルーでの新垣結衣さんが演じる医師は、患者を救いたい気持ちは120%あるのにそれに実力と技術が追い付けずミスを連発してしまい、救命医療の最前線での現状や現実を痛感して自分の無力さと申し訳なさでいっぱいになり、苦悩して時に泣いたりしたりしてもそれでも患者さんと救命に向き合って成長する姿が見どころです。

シーズン1では患者の症例やその患者さんの詳細な事をメモにしたりまめに患者さんと向き合ったりして勤勉な所がありコードブルーの中で一番の努力家だと完全に思います。

しかしメモ通りにはいかない救命の患者さんやドクターヘリでの出動での救命救急の現場での困難さや命の厳しさや大切さを痛いほど知り、彼女も彼女なりに救命士として成長していく所が見どころです。

本作では彼女の役では父親が医療界の大権威で本来なら父親の病院を継ぐ予定で救命病棟で医療の勉強をしに来た感じで研修医として活動しますが、救命医療の現場で様々な貴重な経験や感動的な経験、そして本当の命の大切さを知り最終的には父親の病院の跡継ぎを断り救命士として活躍します。

シーズン3では立派な救命士としてなんと救命チームを引っ張り緊急外来で運ばれた数名の患者さんを新しく入った研修医とかつての救命の同期メンバーを指揮してチームのキャプテンとして活躍します。そこでの新垣さん演じる救命士の活躍が見どころです。

ドラマ「コード・ブルー」

ドラマが始待ったころは、すごく新人感が漂う俳優さんな感じでしたがシーズンを増すごとに段々と成長していくのがすごく感じられました。 

実際、新人ドクター役だったので、まさに新人っぽく初々しくみえました。

コード・ブルーは、本当に医療用語が難しそうで動きもしなくちゃいけない新垣さんは、本当のお医者さんが成長しているように見えました。

それに、チームワークの大事さがドラマには沢山ありその中でも事故現場でおこる人間模様や上司との関係がリアルに描かれている。

一つ一つのストーリーも、すごく考えさせらる内容になっており実際に起きているんじゃないかと錯覚してしまうくらいのストーリー展開になっている。

今まで、ドクターヘリを使った医者ものがなかったため視聴者にはすごく新鮮に映ったのかもしれません。

新垣さんは、今までは色んな役をしてきましたが一番はまり役ではなかったのではないでしょうか。コード・ブルーで、かなり名を大きくしたかもしれません。

コード・ブルーは、シーズンごとに内容もパワーアップしていますし新人だったドクターも教える立場にまで成長。

でも、それが一番難しい所ではあるのかもしれません。

今後、映画公開がありますが、又新たなドクターたちの日々が描かれるのかもしれません。

ぜひ、シーズン化をしていってほしいドラマの一つであってほしい。

90点 新垣結衣の魅力について

コードブルーのシリーズは全部見ています。私は医療関係の仕事をしており、医療系のドラマがあまり好きではありません。

現実とのギャップやきれいすぎる話にうんざりするのです。ですがコードブルーは、ついつい全話見逃さず見てしまいます。

新垣結衣さんの演技には引き込まれるものがあります。真剣なまなざしや、ピュアな笑顔、スタイルの良さなど女性で年下の彼女に憧れを抱きます。

また、ドラマの中で成長していく彼女の演技は素晴らしいです。ドラマですがいっさい作り物に見えません。

共演している方々も素晴らしく、より一層新垣結衣さんの魅力を引き出してくれているように感じます。

コードブルーで新垣結衣さんは研修から始まり、現在はERの上の立場まで登りつめました。

私があの中のスタッフでも新垣結衣さんについていきます。決めるところは決める!だけど同期には甘えてみたり、頼ったり素直なところも見られる場面が大好きです。

コードブルーの番宣も大好きです。コードブルーに出演されている方々の仲の良さが微笑ましいです。

コードブルーのインスタグラムもついチェックをしてしまいます。ドラマ以外の新垣結衣さんを見ることが出来て、表情豊かな新垣結衣さんを楽しむことが出来ます。

90点 おっとりした性格ながらも仕事には真剣に取り組む指揮官

新垣結衣さんはおっとりとした性格のような感じがしていますが、ドラマの中でもその雰囲気は醸し出していますね。

救命救急センターの指揮官を命じられていますが、自分には無理だと言って悩み、山ピーに応援を頼むような感じになってしまいました。

しかし、その応援もあってか徐々に成長していく姿が描かれていて今後の成長が楽しみです。

住んでいる家では戸田恵梨香が転がり込んできますが、家の中を荒らされてしまいますが、彼女の洋服などを畳んだりしている様子を見ていると普段の彼女のプライベートでもこんな感じなんだろうなと自然に想像が出来ます。

前クールでの地下鉄新駅建設中でも事故の際には指揮官として消防、警察などへの対応も含めて指揮官として成長した姿を見ることが出来ました。

山ピーはアメリカへ行ってしまうので、今後は新垣結衣さんが救命救急センターを山ピーの応援もなく、引っ張っていかなければいけませんが、地下鉄事故の際に見せた指揮官ぶりからすればきっと大丈夫でしょう。

彼女の恋愛模様がずっと出てこないのですが、そのような話が出ても良さそうなのですが、これは山ピーのことを尊敬しながらも好きという感情があるからなのでしょうか。そんな山ピーとの関係も気になります。

90点 みんなをまとめるところがすごい

コードブルーの第一シーズンでは研修医で、全然ダメダメだったけど今ではすごく大人になってみんなをまとめるところまで行っているため、すごいと思います。

みんなの事をしっかりと見ているところがすごく上手な演技をしていて素晴らしいと思います。

特に好きなところは戸田恵梨香さんと話しているところのシーンがすごく好きです。

本当の友達のように仲が良くて言いたいことを言っているところがすごく演技が上手だと思いました。

一緒に同居している中で、戸田恵梨香さんはすごくお部屋を散らかしてしまうけど、いやいや言いながら新垣結衣さんが片付けているところがとてもおもしろくて好きです。

新垣結衣さんが研修医と接しているところも好きなシーンです。

優しいところもあれば、しっかりと注意しているところなどが本当のお医者さんのようで、すごく素敵です。

いつも優しいけど、医療の事になるとしっかりと自分の意見を持っていてみんなに接している姿がすごい演技が上手いと感じます。

クールビューティーな比嘉愛未さんに話しかけるところがすごく好きなところです。

いつもクールに返答が返ってくるため、そのときの新垣結衣さんの表情がすごく好きです。

困ったような演技や努力している演技がとても素晴らしい演技をする女優さんだと感じます。

100点 ガッキーであることをいい意味で忘れさせてくれます

新垣さんといえば、そのかわいさ、笑顔の素敵さが頭に浮かびます。

しかし、この「コードブルー」の作中では、笑顔のシーンはさほどありません。

むしろ厳しい顔をして、難しい医療現場で、凜として立ち向かっているそんなイメージとは逆行する役柄です。

新垣さんの演じる白石先生は、父親も医療従事者の外科の先生というサラブレッドです。

シリーズがはじまったときは、知識はあるけど、頭で動いていて、ついていけていない感じでした。

シリーズを重ねるにつれて、どんどん成長していき、みんなをまとめるリーダーになりました。

災害現場では、他の病院のスタッフにも指示をだし、消防と打ち合わせるなど、みんなを守る姿勢がかっこよかったです。

主人公の藍沢とは、おそらく恋愛関係に発展するのではないかと視聴者は思っていますが、具体的には作中ではまだ出てきていません。

これから、映画でどうなるか楽しみです。

白井先生の父親が作中で信仰ガンであることも分かり、飛行機墜落の際に、彼女がそんな父親と災害現場にたった姿は、本当に涙が出ました。

いい意味で、新垣さんであることを忘れさせてくれる作品です。それほど白石が作中で実在の人物であるかのように演じられています。

コードブルー新垣結衣の全部!

⇓   ⇓   ⇓   
コード・ブルー新春スペシャルあらすじネタバレ

-コードブルー

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.