FOD 海月姫 芸能人演技力

ドラマ「海月姫」の花森よしお(要潤)さんの演技力は上手い下手?

投稿日:

ドラマ「海月姫」で大物国会議員の運転手役として出演している花森よしお(要潤)さん、そんな要潤さんの演技力は上手いか下手か?

徹底的に調査してみた!

要潤(カナメジュン)

生年月日:1981年2月21日 (37歳)

出身地:香川県三野町

配偶者:松藤 あつこ (2013年〜)

身長:185 cm

要 潤は、日本の俳優、タレントである

本名同じ

フリップアップ所属

香川県立高瀬高等学校卒業

ドラマ「海月姫」の花森よしお(要潤)さんの演技力は上手い下手?

自由奔放? おもしろすぎます

謎の運転手、花森を演じる要潤さん。

今回のドラマでも自由奔放にやりたい放題な感じです。

今回のドラマをさらにおもしろくしてくれています。

いい意味で力が抜けていて、また真面目な役でも難なくこなす素敵な役者さんです。

海月姫の中では鯉淵慶一郎(北大路欣也)との掛け合いがとても絶妙でさすが芸達者なお二人です。

どのキャラクターも謎が多いのですが、花森さんはさらに謎が多く。 

ドラマの中で彼の話が出るとこんなこともあったのかと毎回、楽しみです。

真面目な役を演じている要潤さんも好きですが個人的には海月姫のような自由気ままなキャラクターを演じているときがやっぱりいいです。

本人もとても楽しそうに演じていてそれが何よりも見ていて気持ちいいです。

ドラマ海月姫の要潤さん大好きです

今まで、要潤さんのドラマを、じっくり見る事がなかったですが、海月姫をきっかけに、運転手役の要さんのキャラに、ドはまりしました。

運転手でもある人間ってただ、雇い主の言葉通りに忠実に動くだけの人間というか仕事だと、私は思っていましたが、要さんは違い、本当に政治家の運転手っぽく、ころころと手のひらを返して、秘密事項言なんですが、って話してしまう所は、面白いです。

あと、あのレクサス愛の素晴らしさ。

運転手という仕事よりもレクサスへの愛が素晴らしく、レクサスのためなら何でも致します、って精神が、どの話でも出で来るので、今ではその場面を楽しみに娘と観ています。

海月姫の原作にも近く、ドラマにとても似合っている要さんは素晴らしいと思います。

彼が出てくるのが楽しみになる面白い演技力

彼の演じる花森さんは、2枚目でありながら、3枚目キャラで、要潤さん自身も2枚目から3枚目を演じられる多彩な俳優さんですので、まさにぴったりな配役だと思います。

バラエティなどで見せる、彼のサービス精神旺盛な性格が、今回のドラマにも表れていて、笑わせよう、笑わせてやろうといきこんで空回りする感じではなく、自然に、素の彼の面白さがにじみ出るような演技でした。

実際、とても自然に演技されていて、見ていてとても面白かったです。

シリアスから、コミカルまで演じられる彼はまさにこのドラマに欠かせないキーパーソンです。

原作のファンですが、花森さん役の要潤さんは、体型も髪型もそっくりだなと感じ、原作ファン納得の配役の一人です。

視聴者に自然と受け入れられる花森の演技力

要潤さんが「海月姫」で演じる花森は、他のキャラクターに劣らず個性的です。

しかし、彼は他のキャラクターに埋もれることなく、ドラマの中での立ち位置を確立しています。

主人公やその周辺のメンバーを押しつぶすことなく、それでいて視聴者にしっかりと印象を残しています。

花森の言動は、自分語りでやや出しゃばり、ナルシズムを感じさせる場面もあり、視聴者に「嫌なヤツ」だと思われかねません。

しかし、ドラマを観ていても花森に不快感を覚えないのは、要潤さんの演技力の賜物でしょう。

また、他の作品では落ち着いた役柄や、かっこいい素敵な役柄を演じることも多い要さんですが、「海月姫」で面白おかしいキャラクターを演じても違和感を与えません。

要潤さんの演技力の高さを感じることができる作品です。

今まで見たことが無い程、ノリノリな要潤さんが光りますね

仮面ライダーの時代を知るファンとしては、海月姫で見せる要潤さんの姿に驚きましたね。

でも、今までに無い輝きを感じるのは原作のイメージに近い事を自覚しているのかも知れませんよ。

それに、展開の早い変わり身な性格も憎めないのは演技の幅が大きく広がったからだと感じます。

真面目な男を演じる事が多い中で、愛嬌ある曲者は男前だからこそ可能でもありますから。

今まで培った海月姫のイメージを壊さずに、自分自身の殻を壊せる魅力はTVからバンバンと伝わるのは確かです。

これから、シリーズも盛り上がりを見せる中で要潤さんのシーンは益々重要になってきます。

つい、ドラマ内で探してしまう魅力は演技と大きな歯車が一致した証拠で曲者万歳な仕上がりだと称賛しておりますよ。

いい味を出しているキャラクター

コミカルな役柄で新鮮な感じです。好条件を突き出されるとすぐに何でも喋ってしまうキャラクターで、観ているとクスッとしてしまいます。そのシーンは何回観ても切り替えの早さに感心しながら“いい味を出しているキャラクターだなぁ”と思います。

最近では月海たちにも協力的なキャラクターになってきましたが、テキパキとしている様子は鯉淵家に専属で仕える運転手という設定もピッタリだと思います。要潤さんの持つ紳士的な雰囲気に合っています。

個性的なキャラクターが多い中、現実にいるかもと思えるような存在感だと思います。あまり登場シーンが多いわけではありませんが、出てくると“今日はどんなご褒美を与えられて、口を開くのだろうか”と楽しみです。

イケメンバイプレーヤー・要潤

月9ドラマでは、難癖もありそうな、レクサスオタクというか、フェチというかな執事を演じていらっしゃる要潤さんです。

海月姫の中では、今一つ、敵なのか味方なのかわからないこうもりポジションで、ここまでの話数を見進めてきて、何となくヤキモキした気持ちで見ている彼です。

昨今、イケメン俳優が飽和気味な中、その内ポジションとして確立しそうなもの中に、「イケメンバイプレーヤー」というものができると考えています。

私にとって、要潤さんは「イケメンバイプレーヤー」というポジジョンをいち早く確立しつつあると感じています。

海月姫の中でも、飄々としていて、つかみどころのない癖の多い役を演じていらっしゃいますが、最近の要さんはそういった役が多いと思います。

そして、それがよく似合っています。

主人公で、きりっとかっこよさを際立たせるよりも、イケメンなのに変なことをしているという点が本当に魅力的です。

これから先も、そんな面白おかしいのに、たまにイケメンな役を演じていってほしいと思います。

原作マンガにピッタリすぎる要潤さんの演技力

主役級の要潤さんが、「海月姫」の運転手役になぜ?と最初に思いました。ですが、原作マンガの運転手、花森さんは見た目からも要潤さんにピッタリだなと思いました。要潤さん自身も体形も髪形もそっくりだなと感じました。この役は僕にしかできないと思いました。とコメントを寄せているくらいなので、やっぱりそんなんだなと思いました。

ボケたがりといわれるほど、お笑いが大好きということもあってかドラマの中ではクスッと笑えるセリフばかりで、笑いをつかむタイミングもバッチリです。高級車レクサスと美しい女性たちを愛し、豊富な女性経験から恋愛話のトークは最高に面白いです。今後のドラマでは花森さんがよき理解者になるかならないかで大きく変わるのでとても重要人物だなと思いました。
⇓   ⇓   ⇓
映画「海月姫」の超絶あらすじ・ネタバレ

アニメ「海月姫」全話あらすじ・ネタバレ

ドラマ海月姫1話あらすじ
ドラマ海月姫2話あらすじ
ドラマ海月姫3話あらすじ
ドラマ海月姫4話あらすじ
ドラマ海月姫5話あらすじ
ドラマ海月姫6話あらすじ
ドラマ海月姫7話あらすじ
ドラマ海月姫8話あらすじ

-FOD, 海月姫, 芸能人演技力

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.