芸能人演技力

近藤公園の演技力は上手い下手サイコパス?評価は100点満点で何点?

投稿日:

近藤公園(コンドウコウエン)

生年月日:1978年10月11日 (39歳)

身長:169 cm

大人計画所属

愛知県出身

血液型O型

近藤公園の演技力は上手い下手?評価は100点満点で何点?

80点 次期・名バイプレーヤーだと思います。

近藤公園さんは、のちのち「バイプレーヤズ」のようなドラマがまたあった場合、必ず選ばれるような人ではないかと思い、注目しています。

「まじめだと思っていたら悪人だった」、「理不尽にむくわれず、性格が変わった」などという、裏表のある役をすると、すごくはまります。

調べてみると、朝ドラ「ちゅらさん」などの朝ドラにも出ていたようですが、やはり古いドラマ出演ですぐ浮かぶのは「のだめカンタービレ」のクラリネット奏者・玉木役のコミカルな演技でしょう。

主人公の千秋真一のかっこよさに嫉妬したり、意地悪を仕掛けたりするシーンで、なかなかのスパイスとなっていて、名脇役でした。

その後のTVドラマでは、最近の「絶対零度」でのサイコパス役のほかにも、「相棒」など、よく刑事ドラマの犯人役など、気持ちを深く表現する役柄でゲスト出演していて、引っ張りだこのようです。

「絶対零度」では知的な顔立ちを生かして、一見穏やかながら裏では精神的に未成年を操作している役をしていたのですが、登場した時から少しずつ「こいつには何かある」というふうに思わせていく演技の変化が見ごたえがあって、さすが、と思いました。

90点 近藤公園は何にでもなれる

近藤公園さんは劇団大人計画の俳優さんで、私は映画の「ウォーターボーイズ」の頃から知っていますが、とても演技力のある素晴らしい俳優さんだと思います。

近藤公園さんの今回の役どころは、サイコパスの人間をそそのかし犯罪を犯させ、それを記事にする、自身もサイコパスという人物で、かなり難しい役だと思うのですが、見事な演技力で引きこまれました。

近藤公園さんは、精悍になったというか、ここ数年で顔つきが変わったように思います。

以前から、こういった悪い人の役もやっていましたが、今回顔つきが鋭くなり、狂気をはらんだ目の演技も素晴らしかったです。

ドラマを見ていて、近藤公園さんの演じる男が本当に憎らしくなるほどでした。

主演をやる華やかさは、ないかもしれませんが、彼の変幻自在な演技力は、重要なバイプレイヤーとして今後も輝いていくと思います。

100点 次期・名バイプレーヤーだと思います。

近藤公園さんは、のちのち「バイプレーヤズ」のようなドラマがまたあった場合、必ず選ばれるような人ではないかと思い、注目しています。

「まじめだと思っていたら悪人だった」、「理不尽にむくわれず、性格が変わった」などという、裏表のある役をすると、すごくはまります。

調べてみると、朝ドラ「ちゅらさん」などの朝ドラにも出ていたようですが、やはり古いドラマ出演ですぐ浮かぶのは「のだめカンタービレ」のクラリネット奏者・玉木役のコミカルな演技でしょう。

主人公の千秋真一のかっこよさに嫉妬したり、意地悪を仕掛けたりするシーンで、なかなかのスパイスとなっていて、名脇役でした。

その後のTVドラマでは、最近の「絶対零度」でのサイコパス役のほかにも、「相棒」など、よく刑事ドラマの犯人役など、気持ちを深く表現する役柄でゲスト出演していて、引っ張りだこのようです。

「絶対零度」では知的な顔立ちを生かして、一見穏やかながら裏では精神的に未成年を操作している役をしていたのですが、登場した時から少しずつ「こいつには何かある」というふうに思わせていく演技の変化が見ごたえがあって、さすが、と思いました。

-芸能人演技力

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.