u-next アンナチュラル

アンナチュラルドラマ動画フル無料1話~最終回見逃しパンドラデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「アンナチュラル」の動画1話~最終回の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu,bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「アンナチュラル」の動画1話~最終回の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。
⇓   ⇓   ⇓
民放ドラマの見逃し動画視聴におすすめの6つのVOD!

ドラマ「アンナチュラル」いつから

2018年1月12日22時から75分

ドラマ「アンナチュラル」キャスト相関図


三澄ミコト/石原さとみ
⇓   ⇓   ⇓
石原さとみの彼氏は山下智久?

石原さとみの英語力は上手い下手?

石原さとみの演技力は上手い下手?

三澄夏代/薬師丸ひろ子
中堂系/井浦新

木林南雲/竜星涼
坂本誠/飯尾和樹
東海林夕子/市川実日子

久部六郎/窪田正孝
⇓   ⇓   ⇓
窪田正孝の演技力は上手い下手?

三澄秋彦/小笠原海(超特急)

毛利忠治/大倉孝二
神倉保夫/松重豊
末次康介/池田鉄洋
関谷聡史/福祉誠治

向島進む/吉田ウーロン太

宍戸理一/北村有起哉
⇓   ⇓   ⇓
わろてんか月の井団真(北村有起哉)の演技力

ドラマ「アンナチュラル」脚本家スタッフ

脚本家

野木亜紀子

ドラマ「アンナチュラル」主題歌




[br num="1"]

米津玄師(ヨネヅケンシ)

生年月日:1991年3月10日 (26歳)
出身地:徳島県徳島市
レーベル:ソニーレコード
日本のミュージシャン、シンガーソングライター、イラストレーター、ビデオグラファー

身長188cm、O型
所属レーベルはソニー・ミュージックレコーズ
別名義はハチ
第57回日本レコード大賞にて優秀アルバム賞を受賞

「Lemon」(ソニー・ミュージックレコーズ)

アンナチュラル主題歌米津玄師の歌唱力は上手い下手動画フル無料パンドラデイリーで見れるの?

ドラマ「アンナチュラル」1話~最終回の概要あらすじネタバレ


1月12日スタート アンナチュラル

逃げ恥、重版出来の野木亜希子脚本の法医学エンターテイメント

人間の死には、自然死、事故死、事件死があり、中でもその死に方に不自然を感じるアンナチュラルな遺体。

そんな遺体に向き合う人たちの物語。

ツイッターで第一話の試写会を見た人達の中にはミステリーとして楽しめたという意見もある、医療も取りあげながら、推理していく面も大きいドラマってことがわかる。

私は、石原さとみさんが刑事役で、法医学の先生と事件を解決する「ブルドクター」を見ていたけど、あれもテンポよくて好きだった。

今回も野木さんの脚本のテンポも良くて、セリフのやり取りがたのしいという、俳優陣のコメントなども上がっている。

三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所(通称UDIラボ)に持ち込まれる話が1話完結で放送される。

第一話試写会を見た人の意見では、映画を1本見たような満足感と言う言葉もあって期待できるドラマだと思う。

名前のない毒を解明するドクターたち

第一話のあらすじは、UDIラボに持ち込まれた息子の、不自然な死に疑問を持つ両親の訴えから始まる。

まだ若くて、山登りが趣味で心臓も強いはずの息子の死因とされたのが、「虚血性心疾患」という心不全と言われているもの。

解剖してみると、心臓には、全く異常がなく、代わりに急性腎不全の症状が見つかった。

このことから、毒物死が疑われたが、その毒が何なのかが特定できない。

ストーリーの予告では、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)が言うには、「すべての物質は毒であり、毒でないものはない」そう言う。

例にあげられている商品なんて、身近なものなので、ちょっとぞくっとした。

そして死んだ男の若い同僚の女も突然死していたことがわかる。

予告では、遺体が焼かれてしまう前にというシーンがあって、記録係の医学生、久部六郎(窪田正孝)のバイクの後ろにミコトが乗ってどこかに向かうシーンがある。

この亡くなった女性の遺体も調べるのかも、というのは、まだ予測でしかないが、こういった時間との闘いのシーンは緊張感を高めてくれると思う。

また亡くなった男の仕事が、劇薬毒物製品の開発と言う事もわかる。

開発中の毒薬であれば、まだ名前もその正体もわからない、それをどう立証していくかを求めて、ミコト、東海林、六郎がその男のアパートへ調査に行く。

そしてそこで出会う、亡くなった男の婚約者だという馬場路子(山口紗弥加)の言動はTVerの初回ナビで見られるんだけど。

なんだか胡散臭い、死んだ男の部屋に泊まるとか、男が死んだ日は一人で部屋にいたからアリバイを実証することもできないとか。

初回から、重い感じになりそうだけど、逃げ恥、重版出来の、野木脚本の登場人物たちの会話のテンポの良さにも期待できそう。

出演者たちもこのことに触れているが、初回ナビを見ると、クスっと笑えるセリフもある。

ドラマの中の緊張と緩和のタイミングの面白さを感じるドラマだと思う。

曲者ぞろいの出演者たち

主演の三澄ミコトを演じる石原さとみは、映画「風に立つライオン」では、海外協力隊の医師のようなシリアスなものから、「校閲ガール」のようなコミカルな役までこなす。

安心して演技を見ていられる女優の一人。

記録係の医学生久部 六郎役の窪田正孝も、「Nのために」をはじめとしたTBSのドラマでは安定した力を見せている。

もちろん、他のテレビ局の朝ドラ、花子とアンでは、優しい幼なじみ、「ジョーカー」ではゲストの犯人役であったかが、その鬼気迫る演技はすさまじかった。

UDIラボのもう一つの司法解剖の筆頭医中堂 系を演じる井浦新も石原さとみと共演した「リッチマン、プアウーマン」では一癖あるエリートを演じていた。

デビュー―当初はモデルとしての活躍もしていたが、現在は役者としての活躍している、モデル時代の存在感はいい意味で残っていて印象に残る演技が多い。

臨床検査技師の東海林 夕子を演じる市川実日子もモデル出身ではあるが、映画シン・ゴジラでは、助演女優賞をとるほどの演技をしている。

UDIラボの二つの班をまとめる所長役の神倉 保夫(松重豊)は、「孤独のグルメ」での経験を十分に活かし、バーベキューのシーンでは孤独に肉を焼き、その腕は抜群だったらしい。

ドラマや舞台の出演経験も多く、どれも自然な演技で好感が持てる、野木脚本の重版出来の編集長役も暖かくて楽しい役を自然体で演じていた。

中堂班の臨床検査技師の坂本 誠を演じるるのは、ずんというお笑いコンビの飯尾和樹。

彼のお笑いはゴロゴロ回っている印象しかないが、それが妙にツボに入る癒し系。

ミコトの母親三澄 夏代を演じるのは、薬師丸ひろ子、10代の頃から人気女優としての地位を得ていて、最近は優しいお母さん役が定番になっている。

歌手としても今も愛されていて、ドラマ「あまちゃん」で歌った歌も人気だった。

その他にも一癖も二癖もありそうな俳優が揃っていて、今回取り上げていない俳優さんもドラマのキーを握りそうな人もいて楽しみ。
⇓   ⇓   ⇓
アンナチュラル1話の詳しいあらすじ

ドラマ「アンナチュラル」2話のあらすじネタバレ

死にたがりの手紙

第2話のアンナチュラルなご遺体は、集団練炭自殺の現場から。

ミコト(石原さとみ)たちが、警察に依頼されて出向いた先には4体のご遺体があった。

刑事の毛利(大倉孝二)は自殺と考えて事件性を否定したが、ミコトは、遺体の様子を見て解剖することを決める。

解剖の結果、集団練炭自殺のはずなのに3人のうち1人の少女だけが、練炭自殺の死因である一酸化炭素中毒ではなかった。

彼女の死因は、凍死で、その胃の中からは、解読不明のダイイングメッセージと思われる紙が発見される。

「これでもまだ自殺ですか」

UDIラボの所長の神倉(重松豊)には、「見なかったことにすれば、丸く収まる」そう言って止められながらも。

ミコトは、「生きている時も助けられなかった少女を、死んでからも見なかったことにするのか」と、反発する。

一家心中に見せかけた殺人事件、解剖されていなければ完全犯罪で終わった。

「他に犯人がいる、そう考えるのが一番しっくりくる」

身元不明の凍死した少女の遺体のダイイングメッセージを必死で解読しようとしていたミコトは、突然ある理由から六郎(窪田正孝)を温泉に誘って出かけた。

そして温泉地でミコトと六郎は、ある事実を突き止めるが、真実に近づきすぎてしまったためか、二人はとんでもない事態に追い込まれてしまう。

もう駄目なんじゃないか、六郎は弱音を吐くが、ミコトは「人間は意外としぶとい」そう言って助かる手立てを探す。

一家の無理心中に見せかけたこの事件の真相とは一体何なのか。
⇓   ⇓   ⇓
アンナチュラル2話の詳しいあらすじ

ドラマ「アンナチュラル」3話のあらすじネタバレ

#3 予定外の証人

来週は、いきなり予告から検察が上げた犯罪の有罪率は99・9%と言う数字が出てきた。

TBSは、昨年末監獄のお姫さまの最終回で、日曜9時のドラマの主役の主役が裁判所に向かう後ろ姿を挟み込んできた。

まさか今回もそんなシーンがあるのだろうか。

第3話のミコト(石原さとみ)は、半年前に起きた、主婦ブロガーの殺人事件の証人として、裁判所に呼ばれる話になっている。

殺害したのは、夫(温水洋一)で、妻からの精神的なDVに耐えかねて起こしてしまった事件だと言うが。

その凶器とされる包丁が本当の凶器でないことに気が付いたミコトは、そこを追及する。

するとそれまで罪を認めていた夫が、一転して時分は無罪だと言い出す展開になってしまった。

当然その日の裁判は、大混乱、検事の烏田(吹越満)は、ミコトに対して激怒する。

所長(松重豊)は、警察庁からのUDIへの補助金が減るのを心配しているが、ミコトに取っては、事件の真実の方が大事。

事実を明らかにするために、法廷に向かうミコト、やり手の検事とミコト、どんなドラマになるんだろう。

次回は予測不可能、あのドラマの誰かが映り込むのか?

今は何も発表されていないけど、来週はエキストラの人にまで目を配ってしまいそう。(笑)
⇓   ⇓   ⇓
アンナチュラル3話の詳しいあらすじ

ドラマ「アンナチュラル」4話のあらすじネタバレ

第4話のご遺体は、弁護士のミコトの母から持ち込まれる。

ミコトの母の扱っている案件の被害者がバイク事故で亡くなったのだが、生命保険未加入、バイクの任意保険も期限切れ。

そんな中残された妻と2人の子供達。

死因によっては、過労死、かかりつけ医師による持病の見落とし、乗っていたバイクの修理ミスならば、何らかの損害賠償がもらえるかもしれない。

親子を救うため、解剖するミコト、死因を突き止めたことで起こることとは。

そして中堂には、話題になった裁判に出たことから、「お前のしたことは消えないから、裁きを受けろ」という脅迫状が届いたのだ。

「罪のない人間なんて、いるのか」予告動画で流れる中堂の言葉、彼の謎とはいったい。

第3話でかわいいところも見せている中堂、ツイッターを見ても、窪田正孝のファンで見始めたのに、井浦新が気になるなんて意見も。

今後、窪田正孝のファンが井浦新へと、乗り換えられてしまうのかも気になる…次回も楽しみ!!
⇓   ⇓   ⇓
アンナチュラル4話の詳しいあらすじ

ドラマ「アンナチュラル」5話のあらすじネタバレ



坂本がやめてしまったため、中堂は一人では解剖できないので、ミコトの班をサポートすることになった。

UDIラボには、自分の妻が海に飛び込んで亡くなったという遺体の解剖が依頼される。

海に飛び込むところを見た人がいるのだから自殺と断定されるが、夫は自殺する理由が家ないと青森からUDIラボまで持ち込んだのだ。

しかしその依頼は、盗まれた遺体だった。

葬儀社の木林から盗まれた遺体であることを知らされたミコトたちだったが、すでにメスを入れてしまった後。

ミコトたちは死体損壊罪にあたる罪を犯してしまったことになる。

ミコトの医師としての人生も危うい中、明らかになっていく中堂の過去。

六郎の出版社での行動など気になることがいっぱいの第5話です。
⇓   ⇓   ⇓
アンナチュラル5話の詳しいあらすじ

ドラマ「アンナチュラル」6話のあらすじネタバレ


月の会費が5万円もするジムに通っている東海林は、そこでのパーティに参加した。

朝目を覚ますと、見慣れぬ部屋で隣には、パーティに参加していた権田原が死んでいた。

東海林はミコトを呼び出すが、ミコトはその遺体にあることを発見する。

一方UDIラボでは、中堂と六郎が路上で突然死の遺体の解剖をしていた。

その遺体は、偶然にも東海林と同じ部屋で死んでいた権田原とつながりがあった、そのため東海林は犯人として疑われている。

中堂はクソつまらない理由で拘留されて挙句に犯人にされる場合があるから逃げろと言う。

ミコトたちは、東海林を助けるために、原因を探す。
⇓   ⇓   ⇓
アンナチュラル6話の詳しいあらすじ

ドラマ「アンナチュラル」7話のあらすじネタバレ

ミコトの予備校で働く弟から、これを見たら電話をくれと言うメールが届く。

メールに添付されていたリンクを開くと、法医学に興味を持つ高校1年生「殺人者S」という生徒が、自分がYを殺したと言う。

「殺人実況中継」というタイトルのライブ配信で、Sはミコトにネットに映る遺体を見てYの死因を当てろと挑戦してきた。

答えを間違えてしまったら、人質にしているXも殺してしまうと告げてくる。

中堂は、やめろと言うが、ミコトは、犯人が求めているものがただの快楽殺人ではないと感じ、原因を確かめようとする。

動画予告の方を見ると、根が深そうな事件、予想しちゃうとSは犯人じゃないかもなんて。

7話も犯人の心情は辛そう…。
⇓   ⇓   ⇓
アンナチュラル7話の詳しいあらすじ

ドラマ「アンナチュラル」8話のあらすじネタバレ


8話の遺体は雑居ビル火災による被害者10体分、ここを出て行った坂本もヘルプで来てくれて、みんなで手分けして遺体の死因と、身元確認をするが、困難な状態。

その頃、所長は自分の将棋の師匠であり、ごみ屋敷の住人である男の元を訪ねていた。

彼の妻が死んだとき、その遺体を調べたのはUDIラボだった、妻の死を受け入れられないその男は、妻の遺骨を引き取るのを拒否していたからだ。

遺体の中には、ロープで縛られ殴られた後に火をつけられたような遺体があった、殺人を隠すための放火だったのかとミコトたちは動く。

この事件にには、生存者がいて、その人は六郎の父の病院に入院していた。

六郎の父は、その患者の状態を伝えるとともに、六郎を解雇してほしいと言い出した。

来週は所長や六郎のプライベートもわかるのかな。

そして所長役の松重豊さん、大杉漣さんの最期をみとることになった後のこの作品は厳しいだろうなと思いますが、今後も応援しています。
⇓   ⇓   ⇓
アンナチュラル8話の詳しいあらすじ

ドラマ「アンナチュラル」9話のあらすじネタバレ


8話の最後に見つかった口の中に赤い金魚のある遺体、中堂が確認している赤い金魚のある遺体は過去3例。

ミコトはこの症例から宍倉に同一犯人の可能性があると、訴えるが、正式な証拠がないと言って訴えを退けられてしまう。

それでもミコトたちは、犯人につながるヒントを探すために、遺体を解剖すると、胃の内容物が強烈な腐敗臭を放っていることに違和感を持つ。

そして所長は、六郎の板週刊誌がスクープしたUDIラボの関連の記事を見てある疑念を持って警察に行くと、そこには、驚く記事があった。

そしてミコトと中堂はある証拠を発見して、事件は急展開、動画の予告では犯人がわかったのか、中堂が誰かを殺すんじゃないかってシーンまである。

いよいよ、残り2回、この話もいろんな謎が解けてくる。
⇓   ⇓   ⇓
アンナチュラル9話の詳しいあらすじ

ドラマ「アンナチュラル」最終回10話のあらすじネタバレ



自分を守ってくれと言って、警察に現れた高瀬、家の中にある遺体損壊につていては、認めたものの、殺人については否定する。

しかし警察にもミコトたちにも、殺害を立証できる決め手もなく、悔しい思いをしていた。

高瀬の殺人を知っていたように見える宍戸が、予告では、「殺人者として伝説になる」そう言って週刊ジャーナルに記事を持ち込んでいるようにも見える。

宍戸は、人の死よりも、面白い記事を書きたいだけの男だったのか、断片的な予告動画では和からないけど。

中堂も退職届を書いて、何やらやらかしてしまいそう。

そして…六郎が週刊ジャーナルと通じていたこともバレ、UDIラボはどうなるのか。

朝ドラ、「ひよっこ」を見ていた人には、第5話で主人公みねこの幼なじみ三男を演じた泉澤祐希さんが、恋人を殺した女性を葬儀場で刺すシーンに驚いた人もいると思うけど。

中堂が殺したいほど憎んでいた、夕希子を殺した犯人高瀬を演じていたのは、「ひよっこ」で三男の兄を演じ、みね子の先輩たかこさんと結婚した太郎さんを演じた尾上寛之さん。

朝ドラ「ひよっこ」好きだったから、この配役はショック、だけど二人共頑張ってほしい俳優さん。

FODで配信されている「ゲゲゲの女房」の17週から出ている窪田正孝さんは、この朝ドラではまだ無名だった。

そのすぐ後、フジテレビの「ジョーカー 許されざる捜査官」では、サイコパスのような殺人犯を演じて、すごい演技と絶賛された。

今は主演ドラマもあり、このドラマでも六郎として頑張っている。

今回犯人役の二人がいつか、主演・助演クラスの役になったドラマが見られますように。
⇓   ⇓   ⇓
アンナチュラル最終回の詳しいあらすじ

⇓   ⇓   ⇓
民放ドラマの見逃し動画視聴におすすめの6つのVOD!

-u-next, アンナチュラル

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.