u-next わろてんか

わろてんか朝ドラマ動画138話無料パンドラあらすじネタバレデイリーで見れるの?

投稿日:

朝ドラマ「わろてんか」138話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトでは「わろてんか」の動画は見つかりませんでした。

わろてんかはunextという公式動画配信会社で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

「わろてんか」の相関図キャスト

第23週の相関図キャスト「わろてんか隊がゆく」


伊能栞(高橋一生)
⇓  ⇓  ⇓
わろてんか高橋一生(伊能栞)の演技力

北村てん(葵わかな)
⇓  ⇓  ⇓
葵わかなの演技力
北村藤吉(松阪桃李)
⇓  ⇓  ⇓
松坂桃李の演技力
隼也(成田凌)

秦野リリコ(広瀬アリス)
川上四郎(松尾論)

武井風太(濱田岳)
トキ(徳永えり)
飛鳥(森本くるみ)

亀井庄助(内場勝則)

お楽(ミク)
イチ(鈴木康平)

杉田楓(岡本玲)

万丈目吉蔵(藤井隆)
万丈目歌子(枝元萌)

キース(大野拓朗)
アサリ(前野朋哉)

藤岡りん(堀田真由)
加納つばき(水上京香)

朝ドラマ「わろてんか」動画第138話のあらすじ・ネタバレ見どころ感想

「お笑い忠臣蔵」の台本完成

紆余曲折を経て、楓の執筆した「お笑い忠臣蔵」の台本が完成しました。

事務所内が拍手に包まれる中、楓は、早速内務省に台本を送ると言います。

風太も、この内容なら、間違いなく検閲を通るはずだとご満悦な表情を浮かべます。

そんな風太をみて、おトキは、風太は検閲官ではないだろうと、苦笑いを浮かべます。

てんも、風太に保証されては、余計に心配だと、茶々を入れます。

そして、そんな心配の通り、てんと風太は、東京の内務省に呼び出されてしまいました。

「お笑い忠臣蔵」の台本のどこがいけなかったのだろうかと、てんと風太はヤキモキしています。

そこへ、内務省検閲官の川西がやってきました。

どの様な指摘が来るか、不安な表情を浮かべつつも、重たい空気を払拭するかのように、川西のご機嫌をとる風太とてんです。

しかし、川西が指摘したのは、「大高源吾が小野寺秀富を兄と紹介している」が、本来は「小野寺が大高の兄」になるので、ここは「弟」と紹介をしなくてはいけないが、何か意味があるのかという、史実と相違についての確認でした。

拍子抜けなほど、内務省での確認は簡易なものでした。

何とか「お笑い忠臣蔵」の台本が、検閲を通りそうなことを祝して宴会が開かれました。

台本を書き終えた楓は、肩の荷が下りたという表情を浮かべながら、これからの撮影の段取りを伊能に尋ねました。

伊能が答えようと口を開こうとした隙に、滑り込んできたのは風太です。

まだ、準備に1か月はかかり、これから役者との折衝が始まると返しました。

おトキが、配役は決まったのかと伊能に尋ねると、またもや伊能が口を開こうとした隙に、楓は、ほりの役はリリコで決まりだろうと、興奮気味に滑り込んできました。

リリコは、まだ何も聞いていないと、驚愕の表情を浮かべますが、伊能は小声で、「後で話そうと思って…」と苦笑いを浮かべています。

リリコは、自分がほりなら、堀部安兵衛は誰がやるのか、四郎か?と、伊能に尋ねました。

またまた、伊能が口を開こうとした隙に、風太が滑り込み、堀部安兵衛の役は、どんな女子からも好かれるような男前でなくては、ダメだと答えました。

そんなやり取りを見て、たまらずてんは、伊能が答える間がないと、苦言を呈するのでした。

「お笑い忠臣蔵」に忍び寄る影

伊能が、藤吉の写真を見つめているところに、風太がやってきました。

伊能は風太に、もうすぐ撮影が始められるところまで来たことに感謝の気持ちを伝えます。

風太は、伊能に水臭いことを言うなと、小突きます。

その頃、風太の家でお世話になっていた伊能は、風太の家を出てホテル暮らしをしていました。

そんな伊能に、長屋が恋しいのではないかと、茶化すように尋ねると、風太の寝相の悪さに耐えられないと、笑いながら伊能は返します。

風太は、お返しとばかりに、伊能の歯ぎしりもなかなかのものだと笑いあいました。

そして、北村笑店で喜劇映画を作ることになるなんて、藤吉がいたら喜んだだろうと、しみじみと風太はつぶやきました。

伊能も、感慨深げに、それを肯定します。

風太は、「藤吉、亡うなって、てんは、よう頑張ってる。ぎょうさん、辛いこともあるやろに。伊能さん、これからも、てんの事支えてやってください。」と、深々と頭を下げました。

伊能は、そんな風太の気持ちにこたえ、改めてグラスを掲げました。

しかし、伊能は不安を拭いきれていないような表情を浮かべ、藤吉の写真を見つめるのでした。

一方、めでたいムードの北村笑店とは裏腹に、不満げなアサリが裏口で酔いつぶれていました。

そこへ歌子がやってきて、しけた顔をしてどうしたのだと尋ねました。

アサリは、自分が蔵之介だと思ったのに、自分の役は討ち入り前に逃げた奴の役だと膨れていたのです。

歌子は、そんなアサリに、アサリはよく逃げていなくなるからぴったりの役だと返しつつも、一体どういう話になるのかと尋ねました。

アサリは、「恋愛もの」だと答え、「忠臣蔵」の話の裏に巧みに隠された内容を説明しました。

その時、1人の謎の男が、アサリと歌子の話を盗み聞きしている影が映りますが、アサリと歌子は、その影に気が付かないのでした。

何者かに邪魔をされる「お笑い忠臣蔵」

翌日、北村笑店には「お笑い忠臣蔵」の台本が「検閲保留」になったとの知らせが入りました。

そして、すぐに内務省に来るよう呼び出されてしまいました。

内務省に呼び出されたてんと風太は、検閲官の川西から、「お笑い忠臣蔵」の台本の中に、軽薄な男女の恋愛を崇高な忠義の話に紛れさせて、一見そうとはわからないように描いている、具体的には堀部と妻の別れのシーンの「赤いしごき帯」だと、指摘されてしまいます。

そのほかに細かくチェックの入った台本は、変更がされないのであれば、検閲を通すことができないと言われてしまいました。

アサリは怒りながら撮影中止とはどういうことだと、乗り込んできます。

キースはアサリの暴挙を詫びつつも、誰かが自分たちの邪魔をしているようだと訝しみます。

てんは、まだ撮影中止と決めたわけではないと告げ、風太も、内務省の言う通りに、台本を書き直して再提出するかどうか決めてからだと、答えました。

伊能は、何も言葉を発することのできないままうつむきます。

そんな伊能を、てんは心配そうに見つめるのでした。

伊能が寄席小屋の方へ、移動すると急に声をかけられました。

それは、新世紀キネマの工藤でした。

工藤は、伊能に、伊能の作った映画が日の目を見ることはないと忠告しました。

伊能は、国にとって、自由主義的傾向のある要注意人物だというのです。

今回の検閲保留は、新世紀キネマの差し金だと気づいた伊能ですが、工藤は国に注進しただけだと飄々としています。

そのやり取りの一部始終を見ていたてんは、何かを考え始めるのでした。

単身、内務省に乗り込むてん

伊能と工藤のやり取りを見ていたてんは、藤吉の仏壇の前で、考え込んでいます。

そして、1つの決意をしました。

翌日の夕方、北村笑店には1本の電話が入っていました。

その電話は、てんからです。

てんは、1人東京に向かったのでした。

驚く風太の声が、事務所中に響きます。

何事かという表情を浮かべる伊能に、おトキは、朝からてんがいなかったので心配していたことを話し、今の電話で、てんが東京にいることを報告しました。

てんは、単身で内務省に乗り込み、検閲の順番を待っているというのです。

順番が回ってきたてんに、川西は、台本の修正がもう終わったのかと尋ねました。

そんな川西の問いに、てんは「いいえ。」と答えました。

驚く川西に、てんは深く頭を下げ、手直し前の状態で、もう一度読んでほしいと、お願いしました。

川西は、何度読んでも同じことだと返し、帰るよう促します。

しかし、てんも負けてはいません。

背を向けた川西の背中に、「検閲官は、映画が好きやないと務まらないお仕事やて聞きました。うちは、お笑いの会社ですけど、お笑いも映画も根本は、一緒や思うています。

人生、苦しい事、悲しい事、ぎょうさんありますけど、それを乗り越えるためには、たっぷり泣いて、たっぷり笑うことです。

そのために、「お笑い忠臣蔵」を作りたいんです。親子の愛も、夫婦の絆も、男女の恋も、どれも泣いて、わろて、明るい気持ちで映画館を出てもらうために必要なんです。

人の気持ちを惑わそうとか、お国に盾突こうとか、そんな気ぃは、一切ございません。映画がお好きな検閲官さんやったら、このこと、きっとおわかりいただける思うて、お願いにあがりました。」と、てんは、必死に説得します。

てんの言葉を聞いた川西は椅子に戻り、一言、「この安兵衛とほりの別れの場面、僕は好きです。」と答えるのでした。
⇓  ⇓  ⇓
不倫ドラマ「昼顔」全話あらすじ・ネタバレ

わろてんか全話あらすじ

わろてんかの動画を見る方法は?

「わろてんか」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでわろてんかを見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-u-next, わろてんか

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.