FOD コンフィデンスマンJP

ドラマコンフィデンスマンJP9話あらすじネタバレ見所感想

投稿日:

ドラマ「コンフィデンスマンJP」9話のあらすじネタバレ

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)リチャード(小日向文世)は、新たな詐欺のターゲットとして、若くして億万長者となったIT企業の社長・桂公彦(小池徹平)に狙いを定める。

桂は、人気アプリ『モスモス』を開発した株式会社モスモスの代表。大のスポーツ好きでもある桂は、さまざまなプロスポーツクラブを買収してきたが、クラブを私物化し、横暴ともいえる現場介入を繰り返してチームを崩壊させては放り出していた。ダー子たちが桂をターゲットにしたのも、応援していた独立リーグの野球チームと、下部リーグに属する地元のサッカーチームを桂によって潰されたちょび髭(瀧川英次)からの要請だった。

ダー子たちは、野球界やサッカー界から締め出されている桂が次に目を付けるのはプロ化目前の卓球だと推測。鴨井ミワ(平野美宇)が所属する東京ジェッツに、ダー子とボクちゃんが扮する元中国ナショナルチームの選手が加入したという設定で、桂に買収話を売り込む。しかし桂は、その話には乗ってこなかった。

情報収集を続けていた五十嵐(小手伸也)によれば、どうやら桂はプロバスケットボールチームを狙っているらしい。そこでダー子は、ホームレス同様の生活を送っていた元日本代表候補の半原敦(和田聰宏)や、街中で見つけた外国人らを巻き込み、架空のバスケチーム『熱海チーターズ』を結成するが……。

ドラマ「コンフィデンスマンJP」の見所感想

ダー子のセクシートラップよりも、ボクちゃんの魅力が勝ってしまう。

ハニートラップの才能を身に付けるために、ダー子は映画の中のマリリンモンローからセクシーさを学んでいた姿が、周囲にいた男性から不審に見られていたのが面白く思いました。

食品偽装をして金儲けをしている、ダメダメ二代目社長の映画好きの俵屋をターゲットを決めたダー子にボクちゃん、リチャードが、出資金簡単に取れると考えてましたが、難航してしまう展開が面白く感じました。

映画が好きな俵屋なので、簡単に出資金を騙し取れると考えていたものの、俵屋が乗らずに悩むダー子たちの姿が、今までに無い新しい展開に面白く感じました。

そんな俵屋に、ダー子が身に付けたハニートラップを使うと、上手くいったと思っていたら、俵屋が狙っていたのは映画監督のボクちゃんだったとは想像できず、腹が立ったダー子はボクちゃんを俵屋の餌食にして、がっかりする姿が可愛く見えました。

食品偽装を映画の場面と組み合わせて作るのがよく出来ていて、颯爽とダー子とボクちゃん、リチャードが去って行く姿は世直しをした詐欺師たちの映画のようでカッコ良く感じましたが、大雑把なダー子の行動で赤字になる展開は面白さを追求した、このドラマの素晴らしさに感じました。

「コンフィデンスマンJP」

ダー子、リチャード、ボクちゃん、五十嵐は詐欺グループの仲間である。

ダー子の提案によりリチャード、ボクちゃん、五十嵐は、表は紳士、裏では悪徳を遣っている人から金を奪うのが仕事。

最初の切っ掛けを作った時は、大体失敗し相手に見破られることが事が多い。

しかし、最後の方まで負けているグループが思いもよらない奇策で大逆転してしまう。

ドラマを見ていてやはり相手に見破られてと思うシーンが多くこれで終わりかと持っていると最後の何分かで逆転するのが良い。

普通の人では絶対出てきそうもないアラスジのような気がする。

最後にすっきりと言う感じである。

昔チャンバラ映画を見た時は正義の味方が悪者を退治に来ると劇場の皆が手を叩いて喜んだものである。

今も、その手のドラマは多い。

しかし、このドラマの場合詐欺師グループが表の正義の味方を倒すと言う真逆ともいえるドラマである事に感心する。

三人の役割、とても面白い

三人の役割がとても面白いです。

特に長澤まさみさんの元気でその扮装した役の特徴を極端に表現しているところがハマってます。

あとリチャード役の人も長澤さん同様にハマってます。

あと東出さんも2人の悪さに染まりたくないと思いながらも巻き込まれているところが大好きです。

毎回楽しみです。

あとゲストも豪華でどんな詐欺師になるのかワクワクします。

長澤さんのセリフが長くて早口なのにとても聞き取りやすく、わかりやすいです。

あの中国人の時の長澤さん、綺麗でとても可愛かったです。

すごく努力して極端に特徴を表現してると思いますがテレビでは微塵も現れてなく天然に表現しているのかとも思います。

まだまだ最終回まであるのでワクワクします。頑張ってください。

「コンフィデンスマンJP」に対する感想

今迄に無いドラマのスタイル?!の様に感じるので、ついつい興味を持って、見てしまいます。

見えぬ悪の成敗的な内容のドラマの様に感じます。

往年のドラマ等で言うところの「ルパン三世」「ミッションインポッシブル」「大岡越前」「水戸黄門」等を彷彿させる内容の今迄に無い現代版のドラマの様な感じがします。

毎回、一回完結の内容が良い。予告編で、ゲストがドラマ内の役名でなく、本役者名で紹介されるのも面白い。

毎回のミッションをどの様に片付けていくのかという内容に興味を持って見ている。

主人公の三人、ダー子(長澤まさみ)、リチャード(小日向文世)、ボクちゃん(東出昌大)のそれぞれのポジション及び、役割りがピッタリとフィットしていて、とても良い。

でも、彼等が行っている事は犯罪なのでは?と思うが、客観的に楽しく見ています。

何回見てもついつい騙される!

敵を欺くにはまず味方から、という意味が身にしみるドラマです。

このドラマの見どころは何と言っても豪快な騙し方で、騙すためにはどんなことでもやると金に糸目をつけない姿は見ていて爽快です。

家族でも友達でもない、不思議な関係の詐欺師3人組を中心としていますが毎回、東出さん扮するボクちゃんが仲間に裏切られてひどい目にあっています。

そして視聴者もボクちゃんと一緒に、長澤まさみさんが演じるダー子に騙されてしまいます。

また、少し大げさな演技がコメディータッチのドラマの雰囲気によく似合っています。

特に豪快なダー子の笑い方が印象的です。

毎回もうダー子とは縁を切る、と言いながら詐欺師を続けるボクちゃん。

最終回までどんな騙され方をするのか楽しみです。
⇓   ⇓   ⇓
1話あらすじ・ネタバレ
2話あらすじ・ネタバレ
3話あらすじ・ネタバレ
4話あらすじ・ネタバレ
5話あらすじ・ネタバレ
6話あらすじ・ネタバレ
7話あらすじ・ネタバレ
8話あらすじ・ネタバレ

-FOD, コンフィデンスマンJP

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.