2018夏ドラマ グッドドクター

グッドドクター日本版動画フル無料1話~最終回全話あらすじネタバレ

更新日:

ドラマ「グッドドクター日本版」動画1話から最終回の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「グッドドクター日本版」動画1話から最終回の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「グッドドクター日本版」動画はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「グッドドクター日本版」動画1話

概要

新堂湊(山崎賢人)は、バスの中にいた、手には、木彫りのメス。

そんな湊を迎え入れるのは、東郷記念病院、この病院は、経営難のため、小児科の人員削減が考えられていた、しかし小児科の忙しさは、人員削減をするのは考えらえない状態であったことから、正式な形ではなく、レジデントとしての採用だった。

病院に行く途中で、看板が倒れ下敷きになった少年を路上で治療する湊、身近にあるものや飲食店の炭酸水やアルコールを器具にしてしまう凄技は、ネット配信された。

自閉症スペクトラムで、サヴァン症候群の湊の採用は、反対意見も出ていたが、ネットでのこの動画と、院長が職をかけても湊を採用したいという後押しがあり決まった。

高度な技術と子供の様な受け答え、患者の親も、同僚も湊を邪魔にするが、看護師の橋口(浜野謙太)などから徐々に味方を増やしていく。

小児がんで、何度も入退院をしていた将輝は、退院の日を待っていたが、湊は、しばらくは退院できない事、手術が必要なことを伝えてしまい、周りから怒られてしまいう。

病室への出入り禁止を言われる湊だったが、将輝の部屋を覗き仲良くなる。

ある日将輝が、急変した時、他の医師は、様子を見るというが、湊はすぐに手術が必要と言って、橋口の手を借り、手術室に、別の手術を行っていた高山(藤木直人)が騒ぎを聞きつけ、二つの手術を同時に行い、成功する。

湊はさわるなと、外に出されてしまうが、将輝の母は、最初に気が付いてくれたと湊に感謝する。

様子を見ていた同じ小児科医の夏美も湊の頑張りを認め、湊を徐々に理解するようになった。

見どころ感想評価は100点満点で何点?

80点 赤字小児外科の救世主となるのか

心がポカポカと温まるような、考えさせられる面白さのあるお話です。

最近パラリンピックがあったこともあり、身障者がいろいろ活躍するお話や番組はよく見かけますが、実際に自閉症の医師がいたらどうなんだろう、と考えさせられてしまいます。

自分か、自分の子供がこのような医師にかかるんだとしたら…やはり少し心配ですね。

どんなに能力があるんだとしても、説明責任が取れる方とコンビを組んで治療してもらいたいなぁと思います。

でもサヴァン症候群というものを今まできちんと知っていたとはいえないので、今後その辺から主人公・湊がもっと実力を発揮してくれるのではないか、この赤字小児外科の価値を維持してくれるのではないかと期待しています。

85点 新堂先生と高山先生の対立が見どころ

ドラマ「木曜劇場「グッド・ドクター」」1話は面白いです。

まず、新堂先生のキャラがとても愛されキャラで、観ていて癒されます。

ただ、新堂先生が子供の患者にまで言葉を選べずに思ったことを口にしてしまったりしたことで、なかなか彼について理解してもらえないシーンは観ていて辛いものがありました。

ですが、これから新堂先生の活躍や成長を通して、周りの理解も深まっていくのだと思うと今後が楽しみに思える1話でもありました。

新堂先生が医者になりたいと思ったきっかけがはやくも1話で描かれていましたが、それが予想上に切ないもので胸が締め付けられました。

また、新堂先生と高山先生の対立も非常に印象的でした。

全体的に心温まる1話でしたが、新堂と高山のシーンは特に緊迫感があり、そこもまたよかったです。

90点 自閉症を抱えた情熱青年医師

1話のドラマを見て一番心に残った場面ですが、湊君の過去に虐待を受けていてお兄さんを幼いころに無くしていた事には衝撃を受けました。

そして亡くなったお兄ちゃんの一言がきっかけで意思を目指し首席で卒業。

お兄ちゃんの言葉を支えに必死に頑張って来たのだろうなと思いました。

亡くなったお兄ちゃんもきっと立派なお医者さんになった湊君の姿を喜んでくれているだろうなと思いました。

自閉症を抱えた医師という事そして衝撃的な過去を持った青年医師湊君とそして取り巻く同僚である人物たちがどう動いてお互いが成長していくのか、そしてどんな患者さんが登場してくるのか、次週もどんな展開になるのか楽しみにしながら、応援していきたいと思います。

90点 木曜劇場「グッド・ドクター」の感想について

山崎賢人さん演じる新堂湊のキャラクターがとても魅力的です。自閉症(サヴァン症候群)というとても難しい役柄ですが、見ていてとても引き込まれます。

実際ああいうお医者さんがいたら自分はどうするだろうと考えてしまいますが、新堂湊先生は目の前にいる子供を救うことだけを考えていて、とても心が温かくなります。

初めは毛嫌いしていた患者の子供の母親も次第に新堂先生の真っ直ぐな姿勢に心を打たれ、絆ができていく場合はたまらなかったです。

医療ドラマ独特のシリアスで辛いシーンがたくさんあったり自閉症に理解のない上司の方々には嫌な気持ちになりますが、クスリと笑える場面もあったりととても素敵な作品です。

私にとってはとても面白いドラマです!!

93点 自閉症でサヴァン症候群の医者というデリケートな設定に挑んだドラマ

「木曜劇場「グッド・ドクター」」1話は、主人公が自閉症でサヴァン症候群の医者というデリケートな設定でしたが、医者として患者に向き合う姿に、感動したし、ドラマとしても面白かったです。

自閉症だから、なかなか相手の気持ちを理解できず、患者の家族や同僚を傷つけてしまったり反感を買ってしまっていて、なんだか可哀想でしたが、それでも、彼なりに患者を理解しようとしていて、そしてちょっとずつですが前進していて、これからの展開が気になる面白さです。

主演の山﨑賢人さんの演技も素晴らしく、一部では物議を醸すかもしれませんが、よく自閉症やサヴァン症候群のことを勉強されているなと感じ、このドラマの魅力を高めていると思います。
⇓   ⇓   ⇓
グッドドクター日本版1話あらすじネタバレ

ドラマ「グッドドクター日本版」動画2話

#2女子高生が未熟児を緊急出産!小さな命を守りたい・・・

概要

高校の教室で、お腹を押さえた菅原唯菜(山田杏奈)は妊娠していた、破水しすぐに出産となり東郷記念病院に入院した。

生まれた子供は小腸に壊死がみられ、手術をしても助かる確率はとても低い、危険度の強い手術はしないという病院のルールに従って、積極的な治療を行わないことに決まった。

でも湊にはそんな理屈は通じない、助かる方法を必死で探し、小腸の壊死は全てではなく、動いている部分もあることをエコーで知り、助かるかもしれないと夏美に相談する。

病院の決定には従ったが、本当は助けたかった夏美(上野樹里)、赤ちゃんの容態の変化を感じ、高山(藤木直人)を呼ぶように湊(山崎賢人)に言った。

会議中だった高山を呼び出す、湊に高山も反応して処分覚悟で手術に向かう。

「責任は私が取ります」院長(柄本明)の一言で手術は開始されて、腹部を閉じようとした時、省庁だけでなく胆のうにも問題があることがエコーを見ていた湊の発言で分かった。

そこも無事に処置をして手術は成功した。

母親も足に障がいがあり、唯菜も女子高生、育てることが困難なので、赤ちゃんは、養子に出すことになったのだが、夏美は、一時的な里親制度を利用して、育てられるようになったら、自分の手に戻せばいいと唯菜に伝える。

見どころ感想評価は100点満点で何点?

60点 赤ちゃんの母親を女子高生にする必然性を感じなかった

韓国版と見比べているので、2話については残念でした。

韓国版では、不妊治療の末、出来た子供で、どうしてもその命を失いたくないという両親の願いがすごく伝わってきたのですが。

日本版では、女子高校生の出産にする必要があったのでしょうか?

最後の夏美が少女の為にいろいろと調べるシーンもありましたが、コウノドリでは、病院にいるケースワーカーがいろいろな面で相談に乗っていました。

脚本の方は、どの程度福祉について調べているのかが、疑問でした。

俳優陣がいい演技をしているのと、韓国版のグッドドクターが、良いものなので、余分なお涙ちょうだいを入れなくても十分に感動できます。

ただ上野樹里演じる夏美と、山崎賢人演じる湊の毎回最後に出てくる食事シーンは、辛いシーンが多いのでホッとできるシーンだと思います。

65点 実際あると転院したくなる病院

現実離れしている。実際の医療現場ではと思うと考えられない。自閉症の役と言う設定だが、役どころ演技は素晴らしいと思う。内容(ストーリー)があまりにも薄くて個人的に受け付けない。

病室前の廊下で医師二人が山崎演じる役の医師を腹いせに困らせていた場面。(2対1で)その後、女性医師が駆け付けなんとかおさめたが・・ドラマだと言えども???。

人格的にありえない!学校の生徒同士じゃあるまいし!こんな人前で子供の陰険ないじりをする病院実際にはないし・・・患者は周りにいるのにこんなところを実際に見たらかなり入院してたら不安ですよ・・。

患者へ対しての配慮のなさと言うかあり得ない~。昨日初めて見たが来週からは見ないと思う。

90点 山﨑賢人さんの演技が自然で良い

山﨑賢人さん演じる湊の純粋さに癒されるような感じがします。

それほど、山﨑さんの演技が自然で全然違和感もなくストーリーを楽しむことができます。

目の前の小さな命を助けたいという、医者ならば本来皆が持っているであろう思いを最後まで貫こうとする強い思いは、本当に素晴らしいと思います。

湊を優しく厳しく見守る夏美、同じ目線で向き合おうとする良き理解者の橋口、父親のように成長を見守る院長、湊を支える人物としてここに高山先生が加わる日も近いのではないかなと感じました。

今回は女子高生の出産、里親制度についてに触れていました。

生まれた命に母として何ができるのかを唯菜に考えさせると同時に、少しでも幸せな道を選べる選択肢があることを知ることができたような気がしました。

山﨑さんだけでなく上野樹里さんの演技も上手なので、見応えのあるドラマだと思います。

83点 微妙な動きで冴える本能

山崎賢人さんの演技が面白く感じてみています。

サヴァン症候群は、こういう形なのかと思うところがあり、演技力が増しています。

簡単なことが出来ないので、人から見れば知的障害者に思われてしまい、本人は気付いているのだろうか?といつも疑問に思います。

ピュアな部分が母性本能をくすぐり、放っておけない面が出て来ます。

コミュニケーション不足で、評判は悪いですが医療に関する知識はベテラン以上に優れています。

医師に指示を出して司令塔代わりになり、たいへん適切な判断力でした。

手術が無事に終わり、山崎賢人さんのファインプレーが目を引きました。

わずかな動きを見逃さない、天才肌のドクターです。

おにぎり好きなのは、同じサヴァン症候群納品の山下清画伯に似ていました。

95点 湊はすごい医者だと感じる

子供を全て大人にしたい新堂湊は、患者さんに一生懸命に接する姿にとても感動してしまいます。

一度見たことを全て覚えてしまう湊はすごいと感心してしまいます。

しかし、そのことが原因で患者さんに話さなくてはいいことまで話してしまうのが難点だと思いました。

けれど子供を守りたい親は本当のことを知ることで助けられる方法があることを知れるのも良いところだと思いました。

湊は患者さんに一生懸命なのでその気持ちがどんどんみんなに伝わっていくのではと期待しています。

グッドドクターは今までにない医療ドラマで、とてもおもしろいです。

これから湊が認められていくのか、どうなるのかも期待しながら見ていくことができるのでとても楽しみなドラマです。
⇓   ⇓   ⇓
グッドドクター日本版2話あらすじネタバレ

ドラマ「グッドドクター日本版」動画3話

概要

2話では、新生児の手術を強行したことで、謹慎処分で高山は病院内で不在となってしまった、そんな時に、あちこちの病院をたらい回しの挙句、危険な状態で運び込まれた市川美結、間宮(戸次重幸)は、リスクを恐れてs術を拒否するが。

瀬戸夏美(上野樹里)は、美結の手術を受け入れてしまう、しかし4時間もたらい回しにされた美結はすでに手をくれたった。

謹慎中だった高山(藤木直人)が駆けつけた時はもう心停止の状態だった。

美結の両親は、オペの回数の少ない経験不足の夏美のせいだと言って、訴えを起こす、そんな中、湊は、美結の手術中に切られた服を繕い、美結の大事なラジオ体操のカードを直して、市川家に届ける。

湊が、それを届けた時、言った言葉に、この病院だけは、大勢いる子供の一人で、美結を見捨てた他の病院とは違って、美結に向き合ってくれたことに感謝し、夏美にお礼をいいって告訴を取り下げる。

湊と心を寄せ合う、夏美は、高山が何故港に冷たい態度を取るのか、理解できなくて聞くが、高山は答えない。

高山の回想の中で、田山にも湊のような障がいのある弟がいたことがわかる。

見どころ感想評価は100点満点で何点?

20点 空想や妄想の世界で現実感が全くない。

ドラマとしてなら、わからないが、医療としてみるなら、全くつまらない。そもそも、あのような医者はいないし、勝手に手術をすることもない。現実離れしすぎてて、リアルなのは白衣を着ているという事実だけ。

今日の内容は、特に空想間がただよっていた。手術最中にVFになり、アドレナリンを第一に選択することはない。まずは、除細動。しかも1回実施した直後に2発目に行くことなどありえない。執刀医を美化したいのが見え見えだった。

どのドラマもそうだが、日本の医療ドラマは、なぜに、現実とかけ離れすぎているのだろうか?そんなドラマを見て、医者や看護師になりたいと言うが、現実とドラマは全くちがう。グッドドクターの主人公のような医者は正直現実には存在しない。
あまりにも、リアルからかけ離れているので面白くないと評価する。

90点 高山の秘密も盛り込まれた3話

3話では、物語の終りに、高山(藤木直人)が湊(山崎賢人)に冷たく当たる理由が、高山の弟にあったというのがわかるシーンが盛り込まれた。

弟が生きている間は、湊の死んだ兄のように優しかった高山がなぜ、湊には冷たいのかを、想像してもう一度みたら、高山はいつでも全力で人を守る人だということが、わかった。

全力でまもるのは、守り切れなかった弟がいたからではないか、そんな風に感じた。

だからこそ、湊に無理をさせて、出来ない事をさせて、3話の夏美の様な非難を浴びるようなことをさせたくなかったのではないだろうか。

そう言う高山のシーンが気になった今回だったけど、もう一つ気になるのは、コードブルーでも描かれていたのだけど、たらい回しにされて、受け入れてくれたところが、措置が間に合わなくて死んでしまった時のこと。

たらい回しにした病院を責めずに、受け入れてくれた病院を訴えるというこのやるせない現実が、ドラマを通じて、少しでもなくなってくれたらいいと感じた。

90点 3話の主役は上野樹里

3話は、今までで一番面白かったと思います。

ストーリーは今の時代によくありそうな、リスクを少しでもなくして責任を負いたくない組織と、それに対抗して信念を貫こうとする正義の心を持つ人との対立の問題を取り上げていて、とても共感できました。

処置に対してクレームをつけていた患者の両親の、余りにも物分りがよく聞き分けの良い態度は、ちょっとあっさりしすぎではと思います。

演技の面では障害を抱える主人公の演技が、段々と自然になっていて良かったと思います。

そして、前回あたりから上野樹里さんのフューチャー度が段々と上がってきて、今回で主役級の扱いになっていて、とても良かったと思います。上野さんの優しい雰囲気が良く出ていて、その少し甘い声に癒されました。
⇓   ⇓   ⇓
グッドドクター日本版3話あらすじネタバレ

ドラマ「グッドドクター日本版」動画4話

#4身元不明の少女を湊が初担当?!少女の悲しい秘密

概要

公園で倒れていて湊のいる病院に連れてこられたあかりは、診察を拒否して暴れる、湊の穏やかな診察には応じる彼女の担当になった湊。

でもこの担当には、副院長と間宮科長の湊に問題を起こさせて、院長と二人をこの病院から葬り去ろうと都いうたくらみがあった。

親が見つかり、母親は転院させたいというが、あかりの様子がおかしい、偶然あかりの絵日記を見て湊は、その事情を知る。

誰にも言わないで、あかりの望み通り、だれにも言わなかったが、転院させると言ってきた母親から、あかりを守る湊だったが、もめているうちに、湊があかりの継母を突き飛ばしたということになってしまった。

院内で患者の家族に暴力をふるったことで、解雇処分の対象とされた湊は、謹慎させられてしまう。

そんな時、あかりが病院を抜け出した、好きな公園があることを知っていた湊はそこに探しに行き、何故本当の事を話してはいけないのかわからないと、あかりに言う。

その時、あかりはお腹を押さえて、苦しみだす、病院に着いて緊急の手術となった、夏美の願いにより、湊も手術室に入ることが出来た。

手術が終わりになりかけた時、容体が悪化、湊はあかりが別の場所の痛みも訴えていたことから、そこを指摘し手術は成功。

あかりの父は、本当のことを、絵日記を読んだ高山から告げられ、継母にいじめられていた事実を知り、あかりと二人で頑張りなおすことを決心する。

湊もあかりに家族は、本当の事を言わなければいけないと言って、父親に本当の気持ちを話す。

活躍した湊だったが、高山は「画像診断科に転科させる」と言いだす。

見どころ感想評価は100点満点で何点?

82点 人の心がシャッターを下ろす時

公園で倒れていて湊(山崎賢人)のいる病院に運び込まれた少女は、言葉も発することもせず、治療も嫌がる少女でした。

手に負えなかった少女を最初に大人しくしたのは、湊でした、逃げ回る彼女をじっと見つめて彼女の静かになるのを待つのです。

子供とは言え、しゃべらないのは、子供なりの理由があります。

子供に無理をさせない湊は、このあかりの担当になりたいと言った時、院長を退職させたいと画策する間宮たちのグループに利用され、湊が担当にになります。

初めての担当に喜ぶ湊の純粋さと、裏で追い出そうと画策する大人の汚さを対比させていると感じました。

そして汚い大人は、あかりの傍にもいました。

あかりの継母は、あかりの死んだ母親に嫉妬し始めるという変化を起こしてしまいました。

あかりが、大切にしていた死んだ母親の写真、それを見てしまってからの変化でした。

もしかしたら、あの母親もいい母親であろうとしたのかもしれないのだけど、あかりの中に見える前の妻の影。

それに怯えていたのかもしれない、そんな風にも感じました。

継母は、自分の怒りを晴らすために灯りをいじめ、あかりは父親の笑顔を守るために、言葉のシャッターを下ろしたように思います。

切ない人の心を描きながら、湊先生の柔らかな優しさに癒される部分が好きです。

98点 医療よりもヒューマンの話だった

ドラマ「グッドドクター」4話は面白いです。

医療よりもヒューマンの話に感銘を受けました。

まず、高山先生が湊先生の担当医の能力を認め、湊先生が手術室に入ることを許可したということや、手術する際に湊先生の意見を聞き入れたということに感銘を受けました。

高山先生がそれらの行動を取るということは、湊先生は自閉症なのだという理由で差別せずに、一人の医師として見ているのだと感じ取れるからです。

次に、あかりの気持ちを知った父があかりと2人で家庭を築いていくと決めたことに感銘を受けました。

あかりの母はあかりに対する愛情が全くないのに対し、あかりと父の間に愛情があるからこそ、あかりは父のことを想い、父もあかりのことを想うというのには感動しました。

今度こそあかりと父は幸せになって欲しいのだと願いたくなりました。

⇓   ⇓   ⇓
グッドドクター日本版4話あらすじネタバレ

ドラマ「グッドドクター日本版」動画5話

#5少年の歌声が病魔に!湊小児外科医をクビ?

概要

ボーイソプラノ歌手の羽山響(城桧吏)が湊(山崎賢人)たちの病院に入院して来た、響の歌が大好きな倫太朗は、大喜び。

しかし、響は倫太朗たちにもそっけなく、お楽しみ会の合唱への誘いで持ってきた楽譜も破って捨ててしまう。

CTの画像診断を研修医たちにさせる高山(藤木直人)、正しい判断が出来たのは、夏美(上野樹里)を含めても湊だけだった、しかしこのことから高山は湊を画像診断科に行かせるつもりでいた。

その裏には、副院長たちの湊に問題を起こさせて湊と院長を追い出そうという陰謀から高山が守ろうとしていることを知る夏美。

その時、高山には湊と同じ自閉症の弟がいて、無理させて人の中に入れようとして死なせてしまった後悔があることを知り、夏美も、湊を守るためにも画像診断科への転科は良いことではと考え始めていた。

実際、響の治療を巡って、響の父親からも、ひどい言葉をかけられた湊を思い夏美は、湊に画像診断科への転科をすすめるも、「そんなことを言う瀬戸先生は嫌いです」と言われてしまう。

病院内のお楽しみ会、邪険にされても響の所に行っていた倫太朗を見に、響が行くと、白血病が治りかけていたはずの倫太朗に再発が見つかり、歌えなくなった倫太朗のために、響は他の子供達と一緒に、倫太朗のために歌う。

息子の他の子供と笑う姿を見て、「歌うよりも笑う姿が見たい」そう言って手術を承諾する父親。

湊は、CTで写らない部分までを詳細に描いた絵で、夏美に歌う夢を守れる方法を伝え手術は成功する。

まだ歌えるかもしれない、それを高山の言葉を守り、口に出さなかった湊の成長、高山は湊が小児外科に残ることを認める。

響が無事退院する時にテレビの取材があって、それを見ていた湊を虐待していた父親が、病院に来た。

5話見どころ感想評価は100点満点で何点?

85点 サヴァン症候群に対する意識が上がる作品

最近はサヴァン症候群に対する知識を持っている人もいますが、まだまた世間一般ではあまり知られていない病気の1つだと思います。サヴァン症候群×医師という、現実ではややありえないような設定かもしれませんが、サヴァン症候群の方の特徴を活かした素敵なドラマだと思います。また、良い特徴だけではなく、普通の人なら驚くような特徴もしっかりと取り上げているので、よりよいと思います。

五話は、新藤湊が成長している一面も垣間見えて、心があたたかくなるようなシーンが素敵でした。今まで起こしてきたトラブルのせいで転科を求められるなど、新藤湊にとってはぶつかる壁が多い中、響くんが声が残るように、それに全身全霊を注ぐ姿には感動しました。また、来週以降どんな新藤湊先生が見れるのか楽しみです。

92点 これからは差別はしません。

面白いです。転科を勧められて、新堂先生の成長を知った高山先生が転科の紙を破るとこが、転科させるのやめるんかいってツッコミながら笑ってしまいました。

グッドドクターは毎回感動させられます。白血病が再発したシーンは、こうゆう子が世の中には沢山居るんだと思ったら涙が出ちゃいました。

自閉症と聞くとあんまり関わりたくないと思ってた私ですが、このドラマを見て新堂先生みたいな一人一人とちゃんと接して大人へと成長させてくれる先生が居てくれたら、すごく安心出来ます。

自閉症だからといって差別しないと決めました。ストーリーが進んでいくうちに、病院はどうなるんだろうってとこも気になります。残ってほしいし小児科もなくならないでほしい。

95点 湊の医師としての成長を感じました

面白かったです。

高山は湊を異動させようとしますが、それは湊を思ってのことだでした。

発達障害のある弟が自分のせいで亡くなったと思っている高山は、湊を同じような目に遭わせないために辛く当たっていたのだと思います。

高山は誰よりも湊のことを心配していたのだと感じました。

しかし、湊は異動を拒否します。

湊にはすべての子供を大人にするという夢があり、それを叶えるためには小児外科でないとダメなのだと思います。

小児外科にいれば酷いことを言われることも多いと思いますが、湊はあえて大変な道を選びます。

夢を叶えるために妥協しない姿が湊らしいと思いました。

湊は日々医師として成長していて、周りも湊を医師として認め始めていると思います。

今では湊は小児外科に必要な存在になっていると思いました。
⇓   ⇓   ⇓
グッドドクター日本版5話あらすじネタバレ

ドラマ「グッドドクター日本版」動画6話

#6私の赤ちゃんを救って…。湊が挑む!母体か子供か

概要

湊(山崎賢人)と夏美(上野樹里)は、高山に呼び出され、産科の鶴田と同時に行う難しい手術の助手をやる事を告げられた。

周りからも認められ始め、沢山の資料にも嬉しそうに向き合う湊、そんな湊に別れた父親が会いに来た。

一度来た時、夏美が対応し、虐待をしていた父親にあわせていいのか院長に相談していたのだが、院長は父親の事を調べてからと思っていた。

それを待たずに父親が直接湊に会いに来てしまったのだ、湊は暴力を受けていたことが頭によぎるが、抱きしめられて父の言葉を信じ、一緒に食事に行く約束をしてしまう。

それを知った院長は父親を呼び出し、湊に会いたい本当の目的が金である事を見破り、数百万の現金を渡し、会わない約束をさせる。

湊は約束の場所に来なかった父を見かけ、その事を言うと、「お前のせいで兄が死んだ、お前なんかいなければよかったんだ」」そう言われ愕然として、院長に本当の事を聞き、家に引きこもってしまった。

湊たちが手術する予定の理香の夫・悟は、今回の手術を反対していた、そんな時理香が、狭心症で意識不明になる、悟は「子供よりも、理香を助けてほしい」そう望み、理香の手術はなくなるかと思われたが。

夏美や院長の言葉で病院に戻って来た湊の大切な人を失った時の「心にぽっかり穴が開いたまま、ずっと痛いまま」その言葉から、理香の気持ちを思い、リスクのある手術を選んだ。

困難な手術だったが、成功し、悟は「産んでくれてありがとう」と、理香に言えた。

院長と屋上でおむすびを食べながら、「子供をみんな大人に出来る医者になる、お兄ちゃんがそう望んだから」そう言って微笑む。

一方で、美智は、病院は副院長の言う通りに融資を受けろ異にし、高山に別れを告げた。

6話見どころ感想評価は100点満点で何点?

85点 ほっこりと理不尽な世の中の両方に涙が止まらない医療物語

一言で言うと、面白かったです。しかし、面白いというよりもみなと先生に対して理不尽なことを強いる周りの大人への怒りやみなと先生への同情。だけど先生の医療的な才能が院内で徐々に認められていくことの感激。さらに、今回のメインの患者さんであった妊婦とその子どもの両方の命を助けようと試み、成功したことへの感動。これらを総じて、涙が止まりませんでした。

みなと先生がお父さんに否定され続ける中で育ち、兄の死を機に引き離されたという過去。事故に遭った頃、兄はまだ生きているにも関わらず、自閉症を患っている自分が優先的に命を救われた事実を知る辛さ。みなと先生の過去を知ることで、彼への共感の想いであったり、どうか努力が報われて「医者になって子どもを大人にしてあげたい」という願いを叶えてほしい。

そんな想いが募る一方でした。みなと先生の可愛らしさや小児科にいる子どもたちにほっこりと癒されながらも、病気というだけで否定される理不尽な世の中への怒りに、今回も胸の内に溢れてくるものがたくさんありました。

85点 二人の命を救った湊に感動した

湊が母体と赤ちゃんの二人を救ったのでとても感動しました。

旦那さんは母体を救ってほしいと頼んでいたのですが、湊が残された方はとても悲しいことを旦那さんに伝えたため、手術をして二人を助けることに決めたところがすごくいいところでした。

湊は目を覚ました母親のために赤ちゃんを全力で救おうとしたところがかっこよかったです。

手術をしているときに誰も分からなかった方法を湊が分かったため、見事二人共救うことができてとても良かったと感じました。

目を開けた母親が子供を見て喜んでいる姿にとても感動しました。

湊と夏美先生の二人が嬉しそうに微笑んでいたのがとても良かったと感じたところです。

また命を救うことができて良かったです。

100点 演技力の高い俳優によって、手術の難しさと人の心を表現した作品。

湊の父親の航を演じられた俳優の遠山俊也さんの登場シーンは短い時間でしたが、湊を憎み嫌う感情の激しさが伝わりました。

ニュース番組などのメディアの取材を受ける障害を持っているお子さんのいる家族はとても優しく温かい人が多く出演されていますが、世の中にはドラマで描かれたように子供の障害を受け入れられずにいる方もいて苦しい環境で過ごしている障害者もいる可能性を表していたと思い、ドラマでは院長の司賀が湊を助けましたが、実際の社会でも周辺の人々が手助けが必要と訴えている気がしました。

司賀は航を調べあげて金を渡す事で湊から遠ざけようとしましたが、多額の借金を抱えていても酒を浴びるように飲む人間なので、また湊の前に現れて苦しめそうに見えて意味がないと思えて、次の再開で湊の父親の航への対処の仕方で湊の成長を描くように感じました。

母体と胎児の両方が危ない手術の時に、他の医療ドラマではやたらと血や切り開いた部分を見せる事が多い中で、湊や高山と夏美などの医師が台詞と身体を使って緊迫感を出していて手術の難しさが伝わり、このドラマの俳優さんたちの演技力の高さを感じています。
⇓   ⇓   ⇓
グッドドクター日本版6話あらすじネタバレ

ドラマ「グッドドクター日本版」動画7話

概要#7小児外科患者が再入院!結婚直前の2人に悲劇が・・・

保育士の菜々子(福田麻由子)は、中学生の頃に、夏美(上野樹里)が担当した入院患者、病気で卵巣を一つとったことで、結婚をあきらめていたが、プロポーズされ、自分の病気の事を彼に話してほしいと夏美の所にやってきた。

湊(山崎賢人)は伊代の担当になり、伊代から一目ぼれした車いすの男の子の名前を調べてほしいと言われたのが、最初の仕事になった。

恋愛の事を話されても胸がキュンとするとか、そんな感情もわからない湊に、伊代は呆れるけど、医師としては好かれている。

高山(藤木直人)は、理事長として追い詰められて病院を守るために小児外科を無くす結果になってしまったことで、美智(中村ゆり)は別れることになってしまったが、高山は小児外科を守る事にこだわっている。

数日後、菜々子の彼、健太郎が来て、菜々子の病気について話すと、驚くが、気持ちは変わらないと言ってくれてホッとする夏美。

菜々子は家で倒れ、また入院することになった、検査をしてみると卵巣に奇形腫があり、良性なら悪い部分を切ればいいのだが、悪性だと、残っていた卵巣も取らなくてはならなくなってしまう。

絶望する菜々子だったが、次の日には笑って、子供が大好きな彼を苦しめたくないから、手術でもしも悪性とわかり、卵巣を摘出したら、夏美から彼とさよならしたいことを伝えてほしいと、指輪を夏美に託す。

一方、院長もまた、ガンを抱えていて、高山に自分に何かあったら、湊を頼むと託している。

病気の為に恋をあきらめることは、伊代にとってもショックだった、病気があることで、恋をすることはダメなことなのかと。

それを聞いて、湊はどうして好き同士なのに別れなければならないのかと、院長に聞き
に行くと、それが愛だと教えられるが。

直接健太郎にも話を聞きに保育園まで行った湊。

手術が始まり、菜々子は、卵巣を摘出することになった。

菜々子が目を覚ました時、菜々子は自分にはもう卵巣がないことを知る、しかし、病室の外には健太郎が待っていて、菜々子と結婚すると言ってくれた。

伊代もそんな健太郎を見て、希望を抱く。

そして、産婦人科から、連絡があり、卵巣を取り出す際に、卵胞を取り出し冷凍保存することが出来たという、体外受精での出産の可能性が菜々子たちには残された。

手術の際に、排卵前の卵胞に気が付いた湊を夏美は褒めるが、中島がその事を調べていたからわかったと、中島にお礼を言う湊。

素直になれない中島だったが、皆の盛り上げで、湊とグータッチをする。

手術後、いつものように食事をする湊と夏美。
⇓   ⇓   ⇓
グッドドクター日本版7話あらすじネタバレ

ドラマ「グッドドクター日本版」動画8話

概要 #8大病を患う幼い命・・・ 家族が抱えるそれぞれの想い・・・

恋のドキドキがわからない湊だが、伊代の恋を見守っている、こっそり見ていたつもり…でも亮平が振り返り、伊代は存在を知られてしまう。

小児外科には、高山の評判を聞きつけて長野から、親子三人で引っ越してきた早見親子、長野で出来ない治療をこの病院に頼ってきた。

けれどその思いは長男の翔太に負担をかけてきた、ある日、必死で陽翔に付き添う香織は過労とこの夏の暑さの中階段で倒れ、怪我をして入院してしまう。

そんな中どうしても外出許可が欲しいとぐずる陽翔に翔太の怒りは爆発する、「お前のせいでみんなが迷惑している」言ってしまった言葉に後悔する翔太だったがまだ中学生という難しい時期。

そんな時、陽翔の病状が悪化し、高山の手術中に急変する。

すぐにオペに入らないと危険な状態になり、湊は過去の手術の実績から、間宮科長なら、手術が出来ると言って、陽翔のオペは間宮科長が執刀することになった。

湊は翔太に電話をするが、あんなことを行ってしまった手前、なかなか病院に向かえない、でもやはり兄としての気持ちが、いつの間にか彼を病院に向かわせた。

そして病院に着いた時、間宮から、香織に手術成功が伝えられた。

途中患者の未来も考えた、間宮の選択に湊は感動して「僕も間宮先生みたいにカッコイイお医者さんになります」と夏美に言っているところを聞いて喜ぶ間宮。

手術が終わって眠っている陽翔を見守る翔太に、湊はあの時の陽翔のわがままは、自分のせいで寂しい思い話させている家族と花火大会に行きたいという思いだったと伝える。

目を覚ました陽翔に、謝り仲直りする兄弟、母親も扉の影でそれを聞いている。

二人の為に湊は他のレジデントと力を合わせて屋上で花火をする許可をもらった、父親も一緒の楽しい時間、夏美は香織にみんなで力を合わせて頑張りましょうと伝える。

中島も間宮も湊に暖かく接するようになった病院だが、小児科が亡くなる危機は消えていない、院長は、美智にあなただけのせいじゃないと慰める。

そんな時、湊が担当する伊代が倒れる。
⇓   ⇓   ⇓
グッドドクター日本版8話あらすじネタバレ

ドラマ「グッドドクター日本版」動画9話

概要#9何回手術すれば気が済むの?すれ違う姉妹の想いに湊は

姉の汐里と恋バナをしている時伊代が倒れた、伊代の状況はもう小腸の移植しかないといわれ、汐里は、自分の小腸を使ってほしいと願い出る。

そんな時伊代の恋の相手の滝川亮平(萩原利久)が水頭症は、小児外科の方が得意分野という事で、脳外科から転科してきたことで、伊代は大喜び。

だけど、伊代は自分に小腸をくれるのが姉だと知って、移植手術を拒む、自分の体に手術後の傷があって辛い思いを、自分の為に音大まで辞めて苦労して来た姉にさせたくないという思いが強いからだ。

湊はどうしたらいいか、院長や夏美に相談する、主治医として、真っすぐに伊代と向き合う湊。

そんな時、亮平が副院長の離婚した妻についていった息子だとわかり、副院長は亮平を転院させようとする。

転院が決まり、退院しようとしたその時、亮平は、倒れ、緊急手術をすることになった。

手術は水頭症の髄液を体のどこに流すかが、問題点だったが、転院しても転院先に調べた結果を伝えたいという夏美の見つけた場所が、ぴったりだった。

その後、心臓の状態が手術中に悪くなるが、高山の経験と技術で、何とか乗り越えた。

手術は成功したが、亮平の母親は、亮平に黙っていたことがあった。

それは、脳の手術をしても、亮平の足は動かないままだという事、母親は、亮平はこのことを知らないと思っていたが、実は、亮平は母と医師の間の話を聞いて知っていた。

それでも施術後、自分の足を確認する亮平、黙っていた事を謝る母親。

亮平は、足が動かない事をただ絶望していたわけではなかった、手術を受ける前、湊と、車いすのバスケットのコートを病院の一角に作り、こっそり練習していた。

伊代は、「何も知らないで、亮平に治ったら、バスケの試合を見に行きたいと言ってしまったことを悩んでいる」と湊に言うと、亮平が車いすで練習しているところに連れてきてくれた。

頑張る亮平の姿を見ている伊代に、湊は、伊代がこれまでどれだけ頑張ってきたかを汐里から聞いたことを伝えた。

汐里もその頑張る伊代が自分の頑張る原動力になる太陽だといったと伝え、伊代と汐里はお互いが、頑張るために必要な存在で、ある事を確認し、伊代は移植手術を受ける事になった。

しかし…伊代の状態は小腸の移植だけでは済まない状況が直前の伊代の検査の結果からわかり、高山は湊に伝えようとしたが。

湊はその時、血を吐いて倒れた院長のそばにいた。

さらに伊代も姉の横で血を吐いて倒れた。
⇓   ⇓   ⇓
グッドドクター日本版9話あらすじネタバレ

ドラマ「グッドドクター」の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「グッドドクター」の動画はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で1か月間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ

日本版と韓国ドラマ「グッドドクター」は見放題扱いの作品なので全話無料で視聴できます!

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

日本版と韓国ドラマ「グッドドクター」の動画をFODで全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-2018夏ドラマ, グッドドクター

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.