2018夏ドラマ グッドドクター

グッドドクター日本版動画フル無料9話あらすじネタバレパンドラデイリーで見れるの?

投稿日:

ドラマ「グッドドクター日本版」動画9話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「グッドドクター日本版」動画9話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「グッドドクター日本版」動画はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「グッドドクター日本版」動画9話ゲスト

森下伊代(松風理咲)

湊が担当する患者、臓器移植の必要がある

森下汐里(松井愛莉)

伊代の姉、妹に自分の小腸を移植したいという

滝川亮平(萩原利久)

伊代の好きな車いすの高校生、バスケが好き

盛岡豊(東根作寿英)

脳外科の医師

小野寺(羽場裕一)

美智に融資する新日本グループの男

ドラマ「グッドドクター日本版」動画9話あらすじネタバレ見どころ感想

伊代は臓器移植が必要な状態

伊代は姉の汐里に、好きになった車いすの男の子の事を、話していた途中に倒れ、担当医の湊(山崎賢人)はすぐに飛んでくる。

一方病院改革の話も副院長(板尾創路)主導の元、小児科・産科は年内いっぱいで、無くなることで可決されてしまった。

満足げに副院長が、小野寺(羽場裕一)との電話を終えるとロビーに車いすの少年を見つける。

伊代の今の状況を打開するのには、小腸の臓器移植が必要だと、湊は、夏美(上野樹里)と一緒に伊代の姉・汐里に説明する。

脳死患者からの臓器移植を提案しながらの話だったが、汐里は、自分の小腸を使ってほしいという。

この姉妹は、3年前に事故で両親を亡くし二人きりの家族、病気がちの伊代を汐里が一人で面倒を見てきた、伊代の姉を心配する医師たち。

小児外科に転科してきた伊代の大好きな亮平

小児外科に脳外科の盛岡(東根作寿英)が患者のカルテをもってやってきた。

滝川亮平(萩原利久)は、バスケの練習中に頭を強く打ち、水頭症を発症、通常腹腔内に脳髄液を流すのだが、腹膜炎の既往症によるひどい癒着があり、それもできない状況だという。

更に亮平は、バスケで転倒した時に腰髄も激しく打っていて、水頭症が改善されても歩けないのだという、その事は両親の希望でまだ本人には知らされていない。

亮平の打ち合わせのが終わると同時に、高山(藤木直人)は「オペの時間だ」と言ってオペ室に行ってしまう、閉鎖が決まった今、出来るだけの患者のオペを終わらせておこうという高山なりの配慮だった。

亮平は小児科に転科して、「伊代の部屋の隣の隣の隣の病室にいる」と湊が伝えに来ると伊代は大喜び、そんな亮平の部屋をこっそりのぞく副院長。

姉がドナーになることを知り手術を拒否する伊代

副院長は、小児外科の医局に来て、亮平の病状を担当医の夏美に聞き、「よろしくお願いします」と言って帰って行く。

夏美は主治医として亮平にあいさつに行く、すると湊が伊代を連れて亮平の部屋にやってきた。

いつの間にか仲良くなっていた伊代は、亮平からバスケ漫画の「スラムダンク」を借りる「元気になったら亮平君のバスケの試合を見に行きたい」そんな二人の会話を背中に夏美と湊は、病室を出る。

湊は二人の置かれている状態を考えると、二人の会話は「胸がキュッと苦しくなる」と夏美に相談する。

「苦しいのは黙っているご家族の方が苦しい、だから私たちは私たちにできる事をする」そう話したところに、汐里が伊代のドナーになれるかの検査結果を看護師が持ってきた。

結果は「適合」湊はすぐに高山に連絡した。

患者の事を考えて、湊が伊代に秘密を守れるようになったのは褒めてくれたが、「今回は急を要する手術、早めに伊代に伝えて手術ができるようにしろ」といわれる。

湊が、病室に行くと姉が自分の為にドナーになることを知った伊代が「手術をしない」と言って汐里を責めている。

病室から出て、「どうしたらいいのか」と、悩む汐里に湊は「僕は伊代ちゃんの担当医です、伊代ちゃんの事は僕に任せてください」そう言う。

「何度もお腹を切られることが嫌だ、湊先生もグルになってだましていた」伊代は反発して湊に背を向ける。

亮平は、副院長の離婚により別れた息子だった

亮平の部屋では、母親が亮平の着替えなどをもって帰ろうとしたところに副院長が、入って来た。

「どうしてここに?」驚く亮平の母。

少し経ってから、亮平の母は、高山にこの病院から転院させると言いだし、更に「年内でこの小児科は無くなるのでしょう?」と高山と夏美に言って部屋を出て行く。

小児外科が無くなる事を知らない夏美は、その理由を高山に聞く、その返事を聞く前に高山はまたオペに呼び出されて、行ってしまった。

先ほど亮平の部屋に副院長が入った時、高山はその中でかわされていた会話を聞き、亮平が、副院長と離婚した妻との間の息子だという事を知った。

副院長はボストンの病院を紹介すると言ったのだが、今の亮平の状態で海外への渡航は安心できるものではない事から、止める高山。

それでも、あなた方小児外科に任せられないという副院長。

現実の前で、1人でも多くの子供を救おうとする医師たち

手術を嫌がる伊代、湊はどうしたらいいか、分からなくて院長室に駆け込む、院長は「主治医として毎日会っている湊なら、どうしたらいいのか、分かるはずだ」と答えを湊に自分で出すようにゆだねる。

湊の前では平静を装っていた院長だが、湊が出て行ってから、相当痛かったらしくすぐに薬を飲んでいる。

手術から戻った高山に夏美は小児外科廃止について聞くと「他のメンバーにはまだいうな、余計な不安をあおりたくない」小児外科が無くなることが、理事会で決まったと夏美に伝えた。

納得できない夏美に「君も組織の一員ならわかるだろう、上が決めたことは絶対だ、俺たちは医者だ、ここにいられる間に1人でも多くの子供を救う、君も手を貸してくれ」そう言った。

伊代と汐里お互いが大切だからすれ違う想い

湊は院長に言われた通り直接主治医として、伊代に向き合って「これまで治療を頑張ってきたのに、どうして逃げ出すようなことを言うのか」と、聞くと「学校の体育の時間、人に傷を見られるみじめさ」が嫌だと話す。

そして、ドナーになってくれるのは姉、「自分が苦しんできた体だの傷を姉にも負わせたくない」と伊代は泣きながら湊に訴える。

伊代はこれまで、両親が一度に死んで、伊代を育てるために音大生だった汐里が夢をあきらめて、慣れない仕事をして、さらに仕事が終わってからも深夜のコンビニで、伊代の治療費の為に働いていることを、見てきた。

「これ以上重荷になりたくない、お姉ちゃんを不幸にしてまで生きたくない」

部屋の外で汐里も伊代の気持ちを聞いている、お互いを思っているからすれ違う、湊は何も言えなくて、外に出ると、車いすの亮平がアームバンドを落としていく。

みんながそれぞれに守りたいものを持っている

美智(中村ゆり)の元に小野寺がきて、約束していた融資の予算書を渡す、思ったよりも高額に驚く美智に、いつの世も大きなものを助けるために多少の犠牲は必要だと言って、笑う。

夏美はボストンに行くにしても、ギリギリまで亮平の病気に向き合おうと、対処法を調べている。

伊代を守りたい湊は、同じように亮平を守るために頑張っている夏美を見つめている。

亮平が転院する前日の夜、父と名乗れない副院長は眠っている亮平の顔を見ている、彼もまた亮平を守りたい人なのだ。

朝になって亮平が看護師たちに別れの挨拶に来ている、見送りに来ていない伊代。

「伊代ちゃんによろしく」と外に出ようとした亮平だったが、急に意識を失ってしまう。

その知らせは、伊代の肝臓の数値を検査するために伊代の部屋に来ている湊にも伝わった、もちろん、横にいた伊代にも。

一刻を争う状況、緊急手術となり、高山は副院長にもその事を伝えた。

「息子を…どうか助けて下さい」高山の前でただの父親になっている副院長。

皆の祈りの中、亮平の手術は成功する

亮平の手術が始まり、皆がそれぞれの場所で祈っている、もちろん伊代も。

亮平の貯まった髄液を流す場所を腹腔内と考えていたが、虫垂炎の時の癒着がひどく流せない、夏美は徹夜で見てきた亮平のCT写真から、上腹部ではどうかと提案する、一度見れば画像が頭に残る湊も、それに賛成する。

開腹してみると狙い通り、そこには髄液を流せるスペースがある、うまくいくかと思った矢先、バイタル(生命徴候:体温、脈拍、血圧、呼吸数)異常のベルがなる、湊は「この状態だと心疾患の疑いが強いです」とバイタルの数値を見て言う。

ブラインドを開ければ中の様子が見られるのに、開けられず、別れた頃の亮平の写真を見ている副院長、自分のベッドで唇をかみしめて亮平の漫画を手に持つ伊代。

心臓の方も危機的状況だったが、高山の判断で、手術は無事に成功した。

高山は、脳の手術が終わっても足が動かないと、黙っていた事を伝えなければいけない事を、母親に告げている。

すれ違っていた思いが修復された

亮平は、目を覚まし、自分の動かない両足を確認する、さすっても叩いても感覚すらない足、母親は、それを見て「(治らないと伝えてなかったことを)ごめん、ごめん」と繰り返す。

副院長は何もできない無力さの中にいる。

亮平の足が動かないという話は伊代も立ち聞きしていた、伊代は「バスケの試合を見に行く」そう亮平に行ってしまった自分を責めている。

ふさぎこむ伊代を湊は、車いすでバスケの練習をしている亮平の元へ連れ出した。

実は亮平は手術前から親たちの会話で、足が動かない事を知っていた、その事を湊に話していて、「こんな体になってまでバスケがやりたいなんて笑っちゃうよな」と言うと湊は、激しく首を振って「笑いません」と言って自分の事を話す。

「人と違うからお医者さんにはなれないと言われた僕が、諦めないで医者になろうとしたら、色んな人の協力でなることが出来ました、だから笑いません、たくさんたくさん応援します」

湊の言葉に病院の一角に湊と秘密のバスケットコートを作り、的に当てる練習をして、見事に当たるようになる、その時の事を伊代に話し、秘密のコートで練習する亮平を伊代に見せる。

「いつか…車いすバスケの試合を伊代ちゃんにも見に来てほしいと言っていた」そう伊代に伝えると、「亮平君すごい」と言った伊代に、「伊代ちゃんも凄い」と湊は言う。

長い入院生活、最初は泣いていた伊代が、だんだんと他の子供達のお手本になって治療を受けていた事、その頑張る姿は汐里にとって「重荷なんかじゃなくて、頑張る勇気をくれる太陽だ」と言っていたと伝える。

それを聞いていた汐里は伊代に色々伝え、「私は不幸になるためにドナーになるんじゃない、伊代と幸せになるためにドナーになるんだよ」すれ違っていた伊代と汐里は、ようやく抱き合ってお互いをわかり合った。

副院長は副院長のスタンスで高山に礼をいう

病室で、亮平は、夏美に「最後まであきらめずに治療法を探してくれていたと、湊に聞いた」とお礼を言う。

亮平は「勇気ある一歩で世界が変わる!」という車いすバスケを頑張る人達の事を書いた本をもって、次の未来を見つめていた。

副院長は、高山に今回の事で、「小児外科には数字では測れない価値があるのかもしれない」と言うが「採算性を考えるとこのまま残しては、この病院はいつかつぶれる」と副院長の立場は崩さない。

でも「息子の命を救ってくれてありがとうございました」そう言って頭を下げる。

未来を信じていたはずなのに血を吐いて倒れる伊代と院長

調べ物をしている湊にアイスをもって夏美が来て伊代が手術をすることを決心したことを、一緒に喜んでくれた。

「伊代ちゃんと汐里さんは、幸せを分け合った方が、ずっとずっと幸せになれます」

伊代の手術を前に、ホッとした空気だったが、高山が手にした伊代の検査結果は、肝臓の状態が悪すぎて、小腸の移植が出来ないという。

そして、湊に院長から、かかって来た電話の様子がおかしくて、走って院長室に湊が行くと、院長が倒れている。

汐里と話していた伊代も血を吐いて意識を失う。

ドラマ「グッドドクター」の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「グッドドクター」の動画はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で1か月間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ

日本版と韓国ドラマ「グッドドクター」は見放題扱いの作品なので全話無料で視聴できます!

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

日本版と韓国ドラマ「グッドドクター」の動画をFODで全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-2018夏ドラマ, グッドドクター

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.