2018夏ドラマ 絶対零度

絶対零度動画フルシーズン1無料9話パンドラあらすじネタバレデイリーで見れるの?

投稿日:

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1の動画9話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1動画フル9話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第1話~11話最終回の動画はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第9話ゲスト

本谷翔子(志保)

時限装置により窒息死させられた女子高生、週1回、見幸台に来て父の愛人を探していた

小栗太一(滝藤賢一)

杉並事件の重要なヒント「ロケット」と言って亡くなった、杉並事件の関係者

本谷拓郎(中根徹)

被害者の父親、愛人の治療を国会議員の権力を利用して、割り込んできたことが、美香の死の一因となる。

本谷恵理子(宮田早苗)

被害者の母親

河野仁志(飯田基祐)

事件で使われた機械の図面にあったものと同じある癖を持つ。翔子が夕焼けの写真を撮影した見幸台の公園にいたが、自分を尾行していた泉を拉致する。一人娘の美香の死に本谷が関係している。

河野美香(米村美咲)

階段で落ちて頭を打つ、強引に割り込んできた本谷の愛人に順番を譲る

美山昭(菊池均也)

当時からこの事件を担当していた新聞記者、捜査の再開を素早く聞きつけて長嶋の元に来る

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第9話あらすじネタバレ

翔子の母が気にしていた携帯の待ち受け画面、そこで男に拉致される泉

「杉並事件」で翔子(志保)の携帯の待ち受けの場所を探していた泉(上戸彩)だったが、小栗(滝藤賢一)が持っていた画像に同じ赤い点々のついた画像を持つ男と出会い、後をつけた。

「捜査はするな」そう言われていたことから、長嶋(北大路欣也)の指示を仰ぐために電話をするが「見幸台(みゆきだい)」というところまで言ったところで、その男に拉致され、倉庫の様なところで、縛られ監禁されている。

見幸台に白石(中原丈雄)と深沢(丸山智己)が泉の目撃情報を探しに行くが、手掛かりがつかめないまま戻って来た。

「何しに行ったのよ、あのバカ」高峰(山口紗弥加)は、厳しいが本気で心配して言うとそこに電話が入る「本谷翔子に制裁を加えたものだ、桜木巡査部長は預かった、杉並事件はまだ終わっていない、要求を聞けば桜木は帰してやる」と条件を突き付けてきた。

その男の条件は、「杉並事件解決の撤回を明日の定例の記者会見で言え」長嶋は「桜木の声を聞かせろ」と何度も言うが、その男は無視して「明日の夕刊に撤回のニュースが無ければ、桜木に制裁を与える」そう言って電話は切れた。

塚本(宮迫博之)は、高峰に電話の様子から犯人像のプロファイリングを頼むが、高峰はこれだけの材料ではプロファイリング出来ないと断る。

「いつもなら少ない材料でするのに!」塚本の言葉に震えだす高峰、かばうように「一刻も早く桜木を探し出す手立てを」という長嶋。

それぞれに捜査に動く仲間たち。

杉並事件と一致する声紋の男

泉が目を覚まし、縛られたまま体を起こすと、その男が入って来た。

「君はある日突然、自分の命が断たれると想像したことがあるか?…誰もそんなこと思わないよな」

凶悪な犯人とも思えないその男の言葉に「わかっているんですか?あなたのやったことは沢山の人を苦しめているんです」泉の言葉に反論するその男。

「死んだ人間の心は誰にも分らない、よく言うだろう死人に口なしだ、君の命はこれから1秒ごとに死に向かう、止められるか楽しみだ」

ボイスチェンジャーで帰られたその声の元の声を割り出し、杉並事件の声と比べている竹林(木村了)彼が心配して頑張っていたように大森(北川弘美)も泉を心配してうろうろしていた。

竹林の頑張りにより、声紋は一致する事がわかった。

長嶋は上層部に「杉並事件」の解決撤回をお願いるが「そんな事出来るわけがない、時間までに解決しろ」と突き放されてしまう。

泉の見つけた場所を発見した竹林、そこへ行った深沢は、泉のボールペンを見つける

次の日、白石と深沢は、見幸台で、泉の足取りを追う「聞き込みが下手だけど、あれで本当に刑事さん?」と町の人に言われて「刑事がバカだと思われる」と憤慨した深沢は、「今度から一人で捜査なんか、させない」と言っている。

高峰が、本谷夫婦のところに泉の失踪について何かしらないかと、聞きに行くと「この夕日の場所じゃないか」と、携帯の待ち受けを見せる母親。

母親は自分のせいで泉が拉致されたことで自分を責めるが、高峰は「捜査の中で起きたことです、奥さまに責任はありません」そう言って母親を慰める。

父親に「その場所に心当たりはないか」と、聞くと何かありげに、「いいえ」と答えるその父親。

科学的捜査で、写真が取られた時間、方角から写真の場所を割り出す竹林、見幸台にあるオブジェをみて、「小栗のいったロケットってこれじゃないのか」という。

科捜研からの情報でオブジェのある高台にやってきた白石と深沢は、そこで泉の持っていたボールペンを拾う。

誰とも接点がない男、小栗とは偶然知り合っただけ

何とか自分の携帯のところまでたどり着き、連絡しようとしたところに、その男が、入ってきて、泉は携帯を取りあげられてしまう。

その男が言うには、被害者家族とも、小栗とも何の接点もない、小栗ですら私の名前すら知らないというその男。

リストラされた機械工の小栗が飲み屋で金の無心をしていた所に偶然居合わせ、機械の扱いが出来る小栗に仕事を依頼した関係だと説明した。

塚本は唯一話が聞けそうな、事件関係者の畑田を呼び出し、事件当時の事を聞いている、すると翔子が、誰か女性を探していたことを話し始める。

翔子の父親には愛人がいた

高峰は父親だけを呼び出して、翔子が探していた女性に心当たりがないかと、聞いている、「なぜ自分が取り調べのようなことを受けるのかと、怒る父親だったが、「どんな小さなことでも命がけで調べたい」という長嶋の言葉に、気持ちを動かされる。

「娘が知るはずがないんです…見幸台には愛人がいましが、事件の前に彼女の実家の父親が倒れて四国の実家に帰ったんですから」と事件とは無関係だと説明するが、長嶋の必死の問いかけに。

「彼女の家に私宛の脅迫状が届いたが、仕事柄脅迫状は珍しくないので、ほったらかしにしておいた、でもそれは、翔子とは関係があるとは思えないと、父親は言う。

高峰はその女性に現在を確認すると現在は四国で父親と暮らしていて、脅迫状の事で特に影響もないという。

泉を助けるために記者の頭を下げる長嶋室長

「杉並事件」の小栗が死んだことでマスコミが警察の前を取り囲んでいる。

その頃桜木は、何とか腕の縄をほどき、脱出する方法を探していた、換気扇のわきの通風孔「映画とかだとここから出られるんだけど」そう言って椅子に乗って、通風孔を引っ張る拍子に床に落ちてしまった。

その時一緒に棚から、子供の描いた絵が落ちてきた。

あの男には子供がいる、泉の様子を見に来た男に体当たりして、逃げようとした泉だったが、そのドアは外からのオートロック、犯人の持っているカードが無ければ外に出られない。

必死で、犯人の手掛かりを探ろうとする未解決班だったが、犯人の言う通り全く手掛かりがない。

泉を助けるために夕刊に撤回記事を載せてもらおうと考えるが、高峰が、プロファイリングした犯人の電話でのやり取りから、判断すると「例え撤回記事を出したところで桜木の命が助かる保証はない」といい、逆に動揺させる手口を考えた方がいいという。

また失敗して誰かを死なせてしまったら、その恐ろしさでプロファイリング出来なかった高峰だが、泉を助けるためと言う思いから方法を思いつく。

警察の周りを取り囲んでいるマスコミ、その中の美山を呼び出し、長嶋自らが、現状を伝え、今日の夕刊では「杉並事件を取り扱わないように、他の記者の目を引いてくれ」と頭を下げる。

「何の利益もないのに、警察の為に動くわけない」そう言って、長嶋に背を向けて去って行く深山だったが。

長嶋の願い通り、話題を変えてくれた美山記者

「喉が渇いた、お腹空いた、バナナ食べたい、布団で寝たい」泉がそう叫んでも、犯人は何もしてくれない、「このまま死んじゃうのかな」弱気になって倒れる泉。

定例の記者会見では、やはり「杉並事件」の話題が記者たちから飛び出してくる、「捜査員に不手際はない」小栗が死んだ事を責めてくる記者に、長嶋が言っても火は消えない。

そこへ美山が「内閣の総務会長に脱税の動きがあり、地検が入ったというのは本当ですか?」と、突然政治的な話題を質問してくる。

ざわつく記者会見場、記者の中にはそちらのニュースを取ろうと動き出すものもいる。

夕刊を見て、自分の要求通りの記事が出ない事に、苛立つ犯人。

本谷拓郎が腹痛の愛人を強引に病院の順番に割り込ませたことで高坂の娘は死んだ

竹林は、海外のサーバーを通したインターネット電話も、逆探知が対応で切るように設定を仕掛けている、うまくいくようにと「ばあちゃんからもらった」というお守りまでつけている。

そこへ犯人から電話が入る、約束を守らなかったから、これから時限装置をつけて窒息する世田谷事件と同じ方法で泉を殺すという。

「この女を殺すのは、お前ら警察と本谷拓郎だ」そう言った時電話の向こうで泉が叫んだ、「室長お世話になりました、タコわウタのみかたです」

泉が叫んだ言葉は、長嶋が出した課題の暗号タコワサカワサキ」を利用した「ワタ」を抜いたときに、そこに浮かんでくる名前が答えになる事をヒントにしたものだった。

だから答えは「こうさかみか」長嶋はすぐに本谷拓郎にこの名前に聞き覚えがないか確認を取った。

本谷拓郎は、すぐには思いつかなかったが、二人きりで出た時、腹痛で苦しむ愛人を連れて病院に行った時、救急外来で、政治家の地位を利用して、愛人を先に診察させたことで、先に順番を待っていた、高坂美香が手遅れとなってしまった。

娘の死を、公園からの風景を見ながら思っていた高坂は、娘と同じ年ごろの少女をみていた、するとその少女が偶然、高坂の娘を死に追いやった本谷拓郎の娘だという事がわかってしまった。

愛人を優先してしまう権力を持つ政治家のエゴがやさしい美香を殺した

死んだ高坂の娘美香の住所から、高坂の自宅を割り出した、竹林が導き出した逆探知の場所の範囲内にある。

高坂の家の中に突入する塚本・深沢・高峰、高坂は自分もまた、泉と死ぬつもりで空気の薄くなる部屋にいた。

「杉並事件」の容疑者が死亡して裁かれなかったことに、インタビューを受ける本谷拓郎をみて「本当に裁かれるべきなのは本谷拓郎なのに」高坂は泉とその部屋でテレビを見ながら吐き捨てるように言う。

あの日、娘、美香は階段から落ち頭を打っていた美香は「大丈夫」というが、父親としては心配で、病院で待っていた順番が来て呼ばれた時、美香を押しのけて、「この病院の院長とは懇意にしているんだ」そう言って入って行こうとする本谷拓郎。

美香は「私は大丈夫だから、あの人本当に苦しそう」そう言って笑顔で順番を譲り「もう帰ろう」と言って、帰る車中で、美香は急変してそのまま亡くなってしまった。

どうしても長嶋に「杉並事件」の犯人を捕まえさせたい

その真実を長嶋から聞かされた時、本谷拓郎は「そんなの逆恨みじゃないか」そういいながら「私が…私が…翔子を殺したのか」と自分の愚かで、身勝手な行動を悔いている。

泉を巻き添えに自殺しようとする高坂に泉は「間違えている、誰かを恨むより、大切な人の笑顔を忘れないように生きていたい」そう言って高坂の行動を否定している。

「あなたは美香さんの笑った顔を思い出せるのですか?」

何も答えず、ただ死を待つ高坂。

その時科捜研では、今泉たちのいる場所がわかる宅配便の声を竹林が見つけていた、高坂の家は別宅があり、泉たちはそこにいた。

意識が先に薄れて行く高坂、泉は登山が趣味の高坂と娘が持っていた酸素吸入器を高坂に吸わせ、少しでも命が長らえるようにした。

泉はどうしても、長嶋に高坂を逮捕させたくて、だから、高坂を死なせるわけにはいかないと言って、倒れる。

未解決班は、ドアの前まで来ているが鍵がないと開かない扉を深沢・長嶋が必死に開けている「てこの原理」で隙間が少し開き、中に突入する仲間たち。

泉はもうろうとしているが「室長…犯人逮捕を」と言って長嶋が高坂の腕に手錠をはめる様子を見ている。

泉を支えながら、一緒に見ている高峰の目にも涙がたまっている。

事件解決…それぞれの思い

事件後、美山記者が長嶋に話しかけている「俺は助けた訳じゃない、長嶋さんが本気を出す時は勝機が見えている、俺はそれを追いかけたから、杉並事件の解決は、うちがトップで記事に出来た」

美山の言葉に笑って「特別にお前のインタビュー受けてやるよ」という長嶋。

桜木が退院して復帰するその日、「桜木のせいで刑事を続けるのが怖くなった」と笑う高峰
「誰かを失う怖さを実感した、でも家族を失った被害者の痛みの方がもっとつらいですよね、だからこそ刑事を続けて行かなきゃとも思いました」

泉が帰って来た時、いつもと変わらない態度で接してくれる仲間たち、室長は、「捕まっている間の怖かったという痛みが、将来のお前に役に立つ」そう言ってくれた。

でも泉にはもう一つ知りたいことがあった、殺された翔子が「父親の愛人をみつけて、あの夕陽を見て何を思ったか」

「それがわかるまではお前の捜査は終わらないのか」と言った後暗号を解いて応用したことを褒めてくれたのに、また課題を出してくる室長、二人は仲良くバッティングセンターで
ボールを打っている。

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第1話~11話最終回の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第1話~11話最終回はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で1か月間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー123全話(2018年9月15日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2019年6月25日まで)
韓国ドラマ「シグナル」(2022年10月16日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ


⇓   ⇓   ⇓
昼顔ドラマ全話あらすじネタバレ

『ドラマ「絶対零度」』(2019年4月15日まで)は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

ドラマ「絶対零度」シーズン1とシーズン3をFODで全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-2018夏ドラマ, 絶対零度

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.