グッドドクター

グッドドクター日本版動画フル無料1話あらすじネタバレ

投稿日:

ドラマ「グッドドクター日本版」動画1話から最終回の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「グッドドクター日本版」動画1話から最終回の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「グッドドクター日本版」動画はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「グッドドクター日本版」動画1話ゲスト

柏木将暉(嶺岸煌桜) 

入退院を繰り返す小児がん患者

柏木祥子

将暉の母

ドラマ「グッドドクター日本版」動画1話あらすじネタバレ

慢性的な赤字を生み出す小児病棟の救済策

朝、バスに揺られて新堂湊(山崎賢人)は、東郷記念病院へ向かうために乗っていた。

湊は自閉症スペクトラム障がいで、子供の頃からいじめられていた、かばってくれたのは兄、サヴァン症候群といわれる既往症を持っていることで、記憶力が異常に高いことで、お前は頭がいい、医者にだってなれると褒めてくれて手作りのメスをくれた。

湊は今そのメスをもって、未来への一歩を踏み出そうとして、バスを降りた。

小児外科医はその難易度などから医師の中でも0.3%しかいないという、瀬戸夏美(上野樹里)もそんな外科医の一人、慢性的な人手不足で食事すら満足にとれない状態で今日も忙しく働いていた。

医師がこんなに大変に思いをして働いているのに、病院にとってマイナスを計上してしまう小児外科、その運営が問題視されていた。

司賀院長(柄本明)は、財政面と人手不足の為にレジデント(臨床研修医)を雇うことを検討してほしいという。

突然の幼児の怪我、子供への対応を湊は過去の事例をもとに応急処置をする

そのレジデントとして呼ばれたのが、今病院に向かっている湊、その後ろで看板が倒れ、子供が巻き込まれた、医師がすぐに手当てを行っているが、小児科の医師ではないため、子供に対する処置とは違うことを行おうとしていた。

湊は「ちがう、子供にそれをしたら強すぎて死んでしまう」と言って、子供の様子を見ると肺にたまった血を抜く必要がある、そのために過去の事例を頭の中から引き出し、ボールペン、カッター、テープをやじ馬からもらう。

そして飲食店に走り、ウイスキーと炭酸水とストローを勝手に持ってきた。

ウイスキーで消毒、カッターで切開、ボールペンの筒の部分で管を作り、肺からの血を外に出し、ストローで肺から空気が排出されても戻らないような器具を作り上げ、応急処置を終え、帰ろうとするが母親から救急車に一緒に乗ってほしいと頼まれてしまう。

「東郷記念病院に行かなきゃいけない」と湊は訴えると、そこに向かっていると救急隊員は言う、救急車の中で急変する子子供、湊は心臓のエコーが必要だと言って手術室に向かうが、部外者、と言って入れてもらえない。

適切な応急処置をした湊、手術は成功!

東都大学医学部首席卒業、医師免許試験にも合格しているが、自閉症スペクトラム、しかしながらサヴァン症候群で突出した記憶力と空間能力で医師としての能力が高いという。

難色を示す医師たち、来る予定を過ぎてもまだ来ない湊、その時、高山誠司 (藤木直人)は、急患の連絡を受け手術室に向かう。

高山は、心エコーはしたのか?と聞くと「必要ないから、していないと」先にいた医師が言うが、夏美は、あの青年が「心エコー」と叫んでいたことに気が付く、子供の様子を見て高山は心エコーを指示した。

エコーの結果、心タンポナーデが起きていた、高山はすぐにそれに対処し、手術は無事に終わった。

高山は外にでて、不安になっている母親に腹部と心臓の処置をしたことを伝える、自分が出来なかった心臓をの処置が終わったことに安心して、約束の場所に急ぐ湊。

高山は、病院に運ばれるまでの処置の完璧さを母親に伝え、「どこの医師が?」と聞くと湊はもういなかった。

ネットに湊の処置する動画がアップされたのが、後押しになり採用された湊

湊が自分を呼んでくれた司賀のところへ行くと、会議は終わってみんな帰りかけていたが、血だらけの湊の姿を見てざわつく。

司賀は、湊に駆け寄り、落ち着かせる、事故に合った子供の応急処置をしていたことを司賀に伝えてホッとしたのか、あの場に鞄を忘れたことに気が付き飛び出して行ってしまう。

理事長の東郷美智(中村ゆり)や小児科長の間宮啓介(戸次重幸)は、湊の様子を見て「医師としての冷静な判断が出来るとは思えない」と言って改めて反対する。

するとネットのSNSで湊が事故に合った子供に処置をしている姿が拡散されているという動画があると、機械担当職員が、スクリーンにアップした。

東郷記念病院の医師として、ネット上で賞賛される湊。

司賀院長は、「彼を受け入れることで我々も学ぶことが出来る、半年時間をください、その間に医師としての資質に欠けると判断されたら自分も身を引く」という。

院長の意見に賛成する猪口副委員長(板尾創路)「予算は私がなんとかします」と院長の意見を後押ししたことも有って、湊の採用が決まった。

湊に不快感を示す医局の仲間、夏美は湊の世話係になった

不本意ながらも湊を受け入れ、みんなに紹介する間宮、「自己紹介しろ」と言ったら、住所まで丁寧に言う湊。

湊の症状に不安がり、文句を言う同僚医師に「やる前から文句を言わない」と夏美が言って注意していると、間宮がやってきて湊の世話係を押し付けられた。

回診の時間なので、湊を連れていきながら案内しようとしたが、記憶力と空間能力の優れた湊は地図や資料だけで、看護師の名前や施設内部の場所まですべて憶えているという。

廊下で遊んでいる子供たちに、「誰?」と聞かれて自己紹介する湊、そして湊は子供達の名前や年齢好きなものまで覚えていた。

面白そうといって、子供達からおもちゃにされる湊を引っ張り上げて、回診に連れていく夏美に湊は、各部屋に何の器具があるかもわかると言っている。

湊の回診デビューは正直さゆえに失敗してしまった

司賀の部屋には、間宮がきて湊についての話を聞いている。

入院中に医学書を読み、8歳で人体内部をすべて暗記してしまい、それ以降もとても努力をしてきたと言うが、間宮は「医師に必要なコミュニケーション能力が無ければ、医師は無理だ」という。

「それでも、湊の力になってやってほしい」そう言って頭を下げる司賀に、ため息をつき、とりあえず引き受ける間宮。

小児がんで入院中の柏木将暉(嶺岸煌桜)を回診中に、湊の持ち物の、ウルトラマンの話で盛り上がる将輝と湊、すっかり仲良くなって将輝は、「僕の退院いつ?」と聞いてくる。

湊は正直に「すぐには退院できない事、手術をしなければならないこと」を将輝に言ってしまう。

将輝を想って内緒にしていたことを言ってしまったことで、母親は怒って、湊を将輝に近寄らないでほしいと間宮に強く言う。

怒られた間宮は、教育係の夏美に「今度問題起こしたら、お前の執刀医デビューはお預けだ」と関係ない事を言ってくる。

小児外科医になりたい湊に立ちふさがる人達

夏美は、将輝が「4歳からずっと病気と闘ってきて、抗がん剤の治療にも立ち向っ来て、小学校へ行くのを楽しみにしていて、もうすぐ退院という所で、検査でまた手術になったんだ」と、湊に伝えた。

でも「なんで将輝にそれを言ったらいけないのかわからない」という湊、「将輝くんは」と言いかけた処で、夏美は湊には理解できないとあきらめて、「もう二度と将輝の部屋に近寄らないように」と念を押した。

湊の採用に賛成した副院長を呼び出し、何故賛成するような事を言ったのかと問いただす理事長、猪口は、この病院にとっての小児外科は金がかかるだけのお荷物、湊が問題を起こして院長が責任を取ればと考えて、あの発言をしたようだ。

将輝は、「僕はまだ病気なの?」と母親に問いかけるもなかなか言えない母親は辛くて「りんごを向いてくる」と言って部屋を出ると、入ってきた夏美に「なんでみんな本当の子事を教えてくれないの?」と問いかける。

院長室から出て、納得がいかない高山は、すれ違った湊に「お前は小児外科医になれない、定時に来て、定時に帰ればいい」突き放す言葉をかける。

夜になって帰る高山の車に乗り込んでくる理事長「怒っている?」「経営効率だけじゃないだろう病院は」と理事長である彼女の立場を理解しながらも、心の中の怒りを言うが、恋人の笑顔に戻って車を走らせる。

絶体絶命の状態の将輝、駆け付けたのは高山!

将輝には、退院したい理由があった7/5この日に、退院して喜ばせたい人がいたのだ、眠れない将輝の所にやってくる湊。

次の朝、高山は今日の手術の準備のための会議をしていた、のけ者にされた形の湊が、廊下を歩くと将輝の様子がおかしい、診ようとしても母親に拒否される湊。

看護師の橋口太郎 (浜野謙太)に違う先生を呼んでほしいと頼む母親、違う医師がやってくるが、それでも将輝を診ようとする湊にお前が診て責任が取れるのかと言うと「イレウスの疑いがあるからレントゲンを撮るべきだ」と主張する。

その医師は、心配になって担当医の間宮に連絡するが、接待ゴルフ中の高山には患者よりも接待相手、言っているのが湊ならほっておけという。

いったんは落ち着くが、まだ痛みを訴える将輝が心配でたまらない湊、橋口に止められても将輝を診る湊、「すぐに手術しないと死んでしまいます」もう一人の医師が呼ばれてくるが、未熟な彼には判断できない。

ウッと言って意識を失ってしまう将輝、もう一度間宮に連絡する医師、体調を示すモニターを見て橋口はオペ室に連れていくという湊に協力して、オペ室まで連れてくる。

高山は今オペが始まったばかり、湊は将輝を助けるんだって気持ちで焦りながら準備を始める、看護師だけど、落ち着くように湊に言う橋口が頼もしい。

話を聞いて飛び込んでくる夏美、さわってみると確かに湊の言う症状が出ている、今やっている手術を抜けて、状況を見て、2つ同時オペをすると言う。

麻酔科医とオペナースを呼ぶように指示し、他の医師たちにも指示する高山、「僕にも指示をください」将輝君を助けたい一心の湊に「お前は外に出ていろ!」冷たく追い出す高山。

患者が変わるたびにその都度術衣を着替え、二つ同時のオペをする高山、神業ともいえる手さばきで、危機を乗り越えていく。

手術室は追い出されたけど、前の時とは違って、ガラス張りで中が見える所、遠くからだけど、湊は高山の動きを見ながら目を見開いている。

手術の終わった高山に将輝の状態を聞く湊、高山に突き飛ばされ「お前のやったことは最低だ、今回は運がよかったが、運が悪ければ2人とも死なせていた」と厳しく叱った。

その後、将輝の母親に成功を告げ、何か付け足すように話している。

ゴルフ場から戻り走ってきた間宮に「勝手に手術した」と言われるが、「将輝君の担当は僕がかわります、あなたが大事なのは、患者の命より、科長のプライドなのでしょう?」と言われてしまう。

そして高山が指す間宮のポケットには、ゴルフボール。

あ~ミスター残念!!

将輝の母親に感謝される湊、「将輝くんの病気はかわいそうだけど、可愛そうな子じゃない!」

夏美に、高山に突き飛ばされてついた傷を手当してもらっている湊、「なんで怒られたかわかる?」首を振る湊、「患者の情報が不確かな医者が、手術するのは危険だから、確かに今日はあなたに助けられたけど」と指導してくれた。

だけど「目の前で苦しんでいる子供がいたら、僕は助けたいです、わかりません、瀬戸先生の言っていることは、分かりません」そう言って外にでる湊。

怒られてしゅんとして、将輝君のランドセルを運んでいる湊に母親が「ありがとうございました」と頭を下げる。

「手術したのは高山先生です」そう言った湊に「先生が、気が付いてくれなかったら、今頃あの子は、それなのに大変失礼なことをしてごめんなさい」そう言って深く頭を下げる。

「大丈夫です、僕は普通の人と違います、慣れています」そう言ってランドセルを将輝の母に渡す。

「これからまた始まるんですね、抗がん剤治療、あの子小学校に行くこと本当に楽しみにしていたんです、なのにまた同じ治療をと思うと」と泣き出しそうな母親。

「あの子は何にも悪くないのに、どうして元気な子に産んであげられなかったんだろう」

母親のせいではないのに、自分を責めてしまう母、「あの子に申し訳なくて、将輝が本当にかわいそうで」という母親に大きく首を振る湊。

「かわいそうじゃありません、病気なのはかわいそうだけど、将輝君は、かわいそうな子なんかじゃありません、将輝君は強い子です、とっても強い子です」

「抗がん剤治療は大人でも耐えられない人がいます、6歳の将輝君はそれに耐えてきました、将輝君は、とても強いです」湊の言葉に力をもらうように表情が柔らかくなる母親。

二人の会話をずっと見守ってきた夏美も、「私もそう思います、将輝君は、とっても強い子です」辛い投薬治療の様子をじっと夏美も見てきたことを伝えたうえで、「将輝君は、本当の事を知りたがっています、本当の事を話しませんか」

頷いた母親の手を取って、「大丈夫です、ちゃんと説明して一緒に治療していきましょう」という夏美、頷く母親を見て湊も、「将輝君は、強いです、ウルトラマンより強いです、絶体絶対、勝ちます。」

将輝の七夕の願い事の一部だけを叶えるお手伝いをした湊

「将輝にまた同じ病気になり、抗がん剤治療をすること」を伝えることが出来た母親、「また頑張ったら、次は絶対に勝てるよ」と笑顔で言うことが出来た。

将輝は、学校にも行きたかったけど、本当は、母親の誕生日を家でお祝いしたかったという、ランドセルの中に入った1枚の絵に、涙が止まらなくなる母親。

絵に描かれたろうそくの灯を吹き消したふりをして、絵を褒めてくれた。

いつこの絵を描いたのか聞くと、母親の誕生日をお祝いしかった将輝に、湊が絵を描くことを教えてくれたという。

将輝の部屋から戻る湊に橋口が声をかけて、グーをだしてくる、パーを出してじゃんけんで橋口の負け…じゃなくてグータッチ(Fist bump)をしたかった橋口。

湊に教えて、いい結果になったねと一緒に喜んでくれた。

七夕の短冊を見ると、将輝の書いたものがある、「ママの誕生日がお家でできますように」と書いてあった、その短冊をみていた湊を思い出し、彼のやさしさの1ページを知る夏美。

湊の所に行って、将輝の母が喜んでいたことを伝えると、将輝のウルトラマンに自分の名前を書いている。

「将輝君に絵を教えた報酬としてもらいました」っていう湊に微笑む夏美、2人共朝からちゃんと食べてなくて、お腹の虫が鳴き始めた。

立ち食いタイプの焼き肉屋に夏美に連れてきてもらって「立って食べる女性は独り身で寂しい女性だってテレビで言っていた」みんなに聞こえるように言うもんだから、一人で食べている女性に見られちゃう湊。

湊の言葉を遮るために、「なんで医者になったの」と聞く夏美。

「僕のお兄ちゃんは、大人になれませんでした、僕は大人になれない子供を無くしたいです」

エンディング

子供の写真を見ている高山、どこか切なそうなまなざし。

兄のくれた手作りのメスをもって、兄を思い出す湊、部屋の別の机には兄を描いたのかと思う細かいところまでにこだわっている絵と、細かい模様のイラストのコースターがある。

ドラマ「グッドドクター」の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「グッドドクター」の動画はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で1か月間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ

日本版と韓国ドラマ「グッドドクター」は見放題扱いの作品なので全話無料で視聴できます!

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

日本版と韓国ドラマ「グッドドクター」の動画をFODで全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-グッドドクター

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.