2018夏ドラマ グッドドクター

グッドドクター日本版動画フル無料5話あらすじネタバレパンドラデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「グッドドクター日本版」動画5話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「グッドドクター日本版」動画5話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「グッドドクター日本版」動画はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「グッドドクター日本版」動画5話ゲスト

羽山響(城桧吏)

天才ボーイソプラノ歌手、喉に炎症を起こし港の病院に運ばれる

羽山徹郎(三浦誠己)

響の父親、声が出なくなるリスクを恐れて響の手術を反対する

武智倫太朗(斎藤汰鷹)

白血病の入院患者・響のファン

高山 雅也 (吉村界人)

高山の弟、湊と同じ自閉症で自動車整備工の夢があったが、事故で亡くなる

ドラマ「グッドドクター日本版」動画5話あらすじネタバレ見どころ感想

天才少年が湊たちの病院にやってきた!

子供達が集まる大部屋のテレビでは、天才ボーイソプラノ歌手と言われる羽山響(城桧吏)がその美しい歌声を響かせている。

うっとり聞いている子供達、中でも倫太朗(斎藤汰鷹)は、昔からファンだったとCDをみんなに見せている。

響は、父親のレッスンを受けている、その時に喉の激しい痛みを訴えて倒れ、東郷記念病院にやってきた。

近く響は、ドイツのベルリンでのリサイタルを控えていた。

たいしたことはないと考えていた、父親だが、診断してみると、厄介な下咽頭梨状窩瘻だという。

この診断の時、高山(藤木直人)は、夏美(上野樹里)や他のレジデントたちに画像から彼の病気を考えさせるが、正確な病名を当てたのは湊(山崎賢人)だけだったのだ。

湊は高山に褒められて喜ぶが、夏美は、画像診断科に移動させるという高山の言葉に素直に
喜べなかった。

手術よりもリサイタルを重視する父親

夏美はこれまで、多くの子供と触れ合う事で、湊が子供達の心を救ってきたことなどを挙げて高山を説得しようとするが、高山はそのために起こしてきた湊のトラブルの方を重視していた。

響の病状を父親に伝えると、父親は、来週のベルリンのリサイタルを重視して、「痛みを取ってくれ」と言って、高音が出なくなるリスクのある手術はさせられないと、手術に反対し、コンサートの舞台に穴をあけるわけにはいかないという。

父親が夏美と話している外で、響は音楽を聴いて外で待っていた。

ため息をついている響に駆け寄る湊、「ため息をつくと幸せが逃げると言いますが、本当は、ため息にはリラックス効果があります、響君の歌と同じ効果です」響の反応が無いのを見て、ため息をつく湊。

そんな湊に目をやる響、響を見て微笑む湊。

「響君を笑顔にしたい」湊の思いは空振り

夏美たちの説得の末、響は入院することになった、合唱大会の練習をしていた倫太朗たち入院中の子供達は、本物の響の姿にはしゃぐ。

湊は、響の大ファンの倫太朗たち3人を連れてくると、倫太朗が「今度合唱大会があるので一緒に歌おう」と言って楽譜をプレゼントすると、響は楽譜を破いてしまう。

そこへ父親がやってきて、「響の歌はワンステージ100万円ですよ、息子をそこら辺にいる子と一緒にしないでいただきたい、金輪際、あの子たちを近づけないでください」と言って間宮科長(戸次重幸)に文句を言った。

間宮科長は、その後夏美に「新堂を大人しくさせておけ」と命令して、立ち去った。

今問題を起こせば画像診断科に行くことが確実になってしまう、だからこそ「大人しくして子供達を響君に近付けないで」そう言っても湊は「子供を笑顔にしたい」と言って、夏美の気持ちが分らない。

高山が湊を画像診断科に行かせる理由は湊と院長を守るためだった

響が大好きな倫太朗は、それでも響の所にやってきて歌の話をするその時、響が喉を押さえて倒れてしまった。

湊を呼んできた倫太朗、患部を見るとそこに膿がたまり、炎症を起こしていた。

湊が治療しようと触ろうした時、父親がやってきて湊を追い出してしまう、代わりに入ってきた夏美と高山、「お前はここにいろ」高山の言葉になす術の無い湊。

夏美は応急処置として患部を冷やし痛みを抑えている、高山が父親に「手術をしない限り炎症を繰り返す、完治する事はありません」そう言っても「声が出なくるリスクがある以上、手術はしない、痛みだけ取ってくれ」父親の気持ちは変わらない。

外で聞いていた湊は、飛び込んできて「痛みだけ取っても響君は苦しいままです、どうしてお父さんなのに助けてあげないんですか」とりあえず痛みだけ取る処置に「それではダメです」と言って騒ぐ湊を追い出す高山。

高山の部屋に湊を呼び出して、「画像診断科に行け」と言って転科の書類を湊に高山は渡す、納得できない湊は「嫌です、僕は小児外科医になります」そう言って書類を返そうとする。

「自分の感情をコントロールできない人間に、患者にかかわる仕事は出来ない、医師を続けたいのなら、画像診断科に行け」

唇をかんで、「僕は小児外科医になります」高山に強引に紙を返して逃げていく湊、すれ違う夏美にも、何も言わずに逃げていく。

湊を見送る高山に、「そんなに重なりますか、死んだ弟さんに」と言って副院長(板尾創路)がやってきた。

「新堂湊を画像診断科に行かせるつもりですか」副院長の問に「これ以上新堂に問題を起こさせて院長を追い出そうとするあなたたちの好きにさせない」高山が言っているのを聞いて、高山の行動の理由を知る夏美。

湊の「すべての子供を大人にしたい」夢を聞かされる高山

仕事終わりに、二人で飲みに行って、高山に謝る夏美、「別にかまわない」そう言った高山に「副院長たちは、新堂先生をそんなことに利用して、彼の夢を何だと思っているんだろう」「夢?」高山が聞くと夏美は説明する。

「彼は幼い頃に兄を亡くしたそうで、その時の悔しさから、絶対小児外科医になってすべての子供を大人にしてあげたい、その夢の為に今も頑張っている」

音楽を聴きながら眠っている響のイヤホンを外す湊、何を聞いているのかと音楽プレイヤーを見ると、何も入っていない。

夏美と飲んで楽しくて飲み過ぎたようでふらつく高山、夏美に叱られるが楽しそう、「そう言えば弟さんいらっしゃったんですね」夏美に聞かれ、説明しようとしたところへ、病院の金策に悩む理事長であり、恋人の美智から電話がかかってきた。

「かけ直す」そう言って電話を切ったつもりが切れていなくて、夏美とふたりの会話を美智に聞かれてしまう高山。

高山が弟の夢の背中を押したせいで弟は死んでしまった

「新堂に夢があったように俺の弟にも夢があった、弟も自閉症だった、子供の頃から自動車が好きで整備士なりたいと言っていた、俺は夢を応援したくて独り立ちさせたくて、自動車整備の工場に頼みこんだ」

しかし、高山の弟はそこで、周りからのいじめにあい、帰り道でパニックを起こし、電車に飛び込んで亡くなってしまった。

「何もさせないことが弟の為だったんだ、自立なんてできない、夢など諦めろ、そう言うべきだった」高山は弟が湊に重なって湊が傷つかないように守っていたつもりだった。

新堂が絡むこととはいえ、プライベートな話を夏美へ話していた内容を全部聞いて美智は動揺している。

夏美にまで「画像診断科に行け」と言われてしまった湊

次の日、響の父親が、病室に行くと、響の姿が無い、みんなであちこち探すがいない。

夏美たちが謝っていると、湊がやってきて「響君のいる所を知っているけど言いたくありません」という、夏美は後で理由を聞くから、ちゃんと教えてと湊を説得する。

響をドイツに連れていこうとする父親、抵抗する響、そんな父親に湊は、響の音楽プレイヤーを見せる、何も入ってないそれを見て「どういうことだ?」と聞く父親。

「歌なんて嫌いだ、歌えば歌うほど、お父さんは僕を見なくなった、声なんてもう出なくなってもいい」

思いもよらない響の言葉に、うろたえる父親は、「響に何を吹き込んだ」と湊を責めるが、「何も言っていません」と、言う湊。

「響は退院させます、あなたのような普通じゃない医者がいる病院に大切な息子を預けるわけにはいかない、響は人生がかかっている、新堂先生も自分の立場を考えたらどうですか」

響の父親からの言葉に黙ってしまった湊、そんな湊と並んで歩きながら、「画像診断科に行けば今日みたいにひどい言葉を浴びせる人もいない、もう一度考えてみたら」と夏美の言葉に、「瀬戸先生にはそんなこと言われたくなかった」悲し気に言う湊。

「嫌いです、そんな事を言う瀬戸先生は」

歌が大好きな倫太朗、発表会の前に倒れて歌えなくなってしまった

夜になって響の部屋に倫太朗がやってきて「響君は、みんなの前で歌う時どんな気持ちなの?」と聞いてきた。

「病院だけが自分の世界」という倫太朗をじっと見つめる響。

湊は、一人で絵を描いている、その背中を見て声をかけられない夏美はそのままその場から去る。

子供達の歌の発表会、みんなでお揃いの折り紙で作った飾りをつけて、プレイルームに集まっている、響もその様子を見に来た。

みんなの位置を指示している倫太朗、その時鼻血を出して倒れてしまう。

駆け寄る橋口(浜野謙太)発熱、白血球の減少、白血病の再発の可能性が疑われる倫太朗。

楽しみにしていた合唱もできなくなった倫太朗、あんなにうるさいくらいの彼が黙ったまま、母親から話しかけられてもしゃべらない上に、食事もしないという。

医師たちのまたあの辛い治療が始まる、その声に響は破って捨ててしまった倫太朗が持ってきた楽譜を拾い上げる。

そこへ湊が来て、倫太朗が響の歌を好きな理由を話す。

「眠るのがとっても怖かった、寝ている間に死んじゃったらって、でも響君の歌を聞くと心がポカポカして明日が楽しみになる」

「響君は今、歌が嫌いかもしれません、でも響君の歌を好きな人は沢山います」湊の言葉に、「先生、お願いがある」と響はいう。

本当に父親が聞きたいのは響の歌声よりも笑い声

一人で悩んでいる響の父親、夏美が声をかけようとした時、「先生すぐに来てください、響君たちが」そう看護師に言われ、父親と向かう夏美。

倫太朗の無菌室の前に集まっている子供たち、発表会で歌うはずだった歌を倫太朗に聞かせている、その中には、響もいて倫太朗が歌うはずだったソロパートを歌って聞かせてくれた。

その歌に涙したのは、倫太朗は、もちろん、響の父親もだった。

願いを紙飛行機に乗せて飛ばすというテーマのその曲(365日の紙飛行機)、最後みんなで紙飛行機を飛ばす、湊は無菌室に入る格好で、倫太朗に紙飛行機を渡し、外に居る子供達と一緒に紙飛行機を飛ばす。

集まった病院関係者も子供達の親もみんなが拍手する、そして倫太朗も笑った。

無菌室のビニールの壁を挟んで手を重ね合う倫太朗と響、湊ともグーをぶつけあう。

夏美と二人になった響の父親は、「あんな風に笑うんですね、妻を亡くしてから響を幸せにしたいという思いで、あの子の才能を伸ばすことをやってきた、いつの間にか私は、あの子から大切なものを奪ってしまっていた」そう言って夏美に手術を頼む父親。

「私が本当に聞きたいのは、響の歌声よりも、笑い声です」

響の夢を守るための手術は成功した

手術が決まり、湊は夏美に「僕にも手伝わせてください」と言ってCTにも映らない部分の響の喉の患部の絵を描いてきた。

「図のこの部分を直接処理できれば、響君はまた歌えます」

このことは響の父親に伝えたのか聞くと、湊は高山から、「根拠の無い希望を与えるな」と言われたことを胸に、喉を開いてから、患部を見てからではないといえない事は、言わなかったと、夏美に説明した。

「響君はきっとまた歌いたいと思います、僕は響君の夢を守りたい、夢は生きる力をくれます、簡単にあきらめてはいけません」

それを聞いた夏美は高山に、響のオペに参加させる許可を二人でもらいに行った、二人の熱心なお願いに、高山は湊の参加を許した。

初めてのきちんとしたオペの参加に落ち着かない湊、その手をしっかりと握ってあげる夏美、手術が始まり、癒着がひどい状況でダメかと思ったその時、「気管支鏡」湊の提案に夏美も高山も同意して、手術をすすめ、響の歌う能力は失われずに済んだ。

湊の夢も守られてハッピーエンドのはずだった

目が覚めて父親に「ありがとう」という響、「僕の歌が誰かの役に立ったのはお父さんが、僕に一生懸命歌を教えてくれたから、僕また歌いたい」そう言った響を泣きながら抱きしめる父親。

「手術は成功した、また歌えるんだ」それを聞いて喜ぶ響。

見守っていた夏美と湊は部屋を出て行こうとすると、父親は湊に「ひどい事を言ってすまなかった」と言って謝る、湊は「僕のお給料5か月分の響君の歌を聞かせてくれてありがとうございました」湊の言葉に笑う父親。

夏美は、高山に湊が、高山の言葉を守って、夢を守れるかもしれない事も言わなかったこと、湊の成長を伝え、小児外科に残してほしいと願い出る。

「一人で自立できなくても、チームとして補いあえるそんな関係でいいんじゃないですか、高山先生だからこそ、彼の夢を守れると思います」

湊の手術の成功はテレビでも放送され、湊は彼の恩人の医師として紹介され、高山は研修医として、ここではたらくことを許可した。

融資に悩む美智に副院長は、新しい提案を与え、そして、病院には、湊を虐待していたという父親がテレビを見てやってきた…。

ドラマ「グッドドクター日本版」動画5話は面白いつまらない評価は100点満点で何点?

80点 ともに救われた響と倫太郎

面白かったですが色々と考えさせられる回でした。今回の主役は子供達といっても過言ではないでしょう。響と倫太郎2人の物語でした。

響の大ファンでどんなに冷たくされてもめげずに何度も何度も病室に遊びに行く倫太郎。それは単に響が好きだからとか響を励ますためだとか思っていましたが、倫太郎自身響の歌声に救われていたからなのだと知って倫太郎の言葉ひとつひとつに重みを感じました。

しかしそのことは湊が響に言わなければ伝わらなかったこと。湊はコミュニケーションはうまくとれないかもしれないけどいいお医者さんだなあと思いました。これまで倫太郎がしてくれたことを返すかのように白血病が再発してしまった倫太郎を励ますためみんなと一緒に響が歌うシーンは感動ものでした。

90点 湊の成長がより感じられた5話

5話は特に面白く感動しました。

これまで、人とコミュニケーションを取るのがなかなか上手くいかず空回りの多かった湊が、今回はすごく成長した姿を見せたと思います。

高山先生にきちんと意見を伝えたり、ちゃんと患者サイドの立場に立って考えて発言したり、軽率な態度、言動を自分で抑制していました。

単なる主人公のサクセスストーリーではなく、湊の揺れる内面が丁寧に描かれていて、急ぎすぎていないので、流れが自然で、ドラマでありながら、湊をそばで見ている気持ちになります。

病院の経営を巡って、様々な悪い動きがあったり、私欲にばかり目のくらむ医者がいたり、いろんなキャラクターが湊のまわりにいることで、世の中、良い人ばかりじゃないという現実味もあるし、湊や夏美先生のような純粋に生きている人が輝いて見えます。

これから後半に向けて、まだまだトラブルや解決すべき問題提起もありますが、いろんな要素が絡んで、湊の変化がますます楽しみです。

100点 湊を加えた小児外科のチームワーク

面白かったです。

響の心の声を聞くことが出来たのは、湊。

そして、湊と子供たちによって、また、響は、前を向けたみたいですね。

そして、手術も、湊の知識によって、響の声を奪うことなく成功出来たこと、良かったです。

夏美のいうように、まだまだ、湊は、一人前ではありません。

でも、高山や、夏美の技術と、湊の知識を合わせた、チーム力で、乗り越えていくことができるはずですね。

一方、湊に対して、厳しい高山。

弟が、湊と同じ自閉症で、辛い体験をしているから、湊には、そんな想いをしてほしくなかったのですね。

そして、猪口から、院長と、湊を守るために、転科を考えたのですね。

でも、湊の想いを、高山が遮ることはできません。

子供たちみんなが大人になれるようにという湊の夢、奪えません。

高山の弟の想いを、湊に託して欲しいです。

それにしても、猪口と、間宮の態度は、許せません。

ドラマ「グッドドクター」の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「グッドドクター」の動画はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で1か月間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ

日本版と韓国ドラマ「グッドドクター」は見放題扱いの作品なので全話無料で視聴できます!

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

日本版と韓国ドラマ「グッドドクター」の動画をFODで全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-2018夏ドラマ, グッドドクター

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.