2018夏ドラマ グッドドクター

グッドドクター日本版動画フル無料6話あらすじネタバレパンドラデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「グッドドクター日本版」動画6話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「グッドドクター日本版」動画6話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「グッドドクター日本版」動画はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「グッドドクター日本版」動画6話ゲスト

鶴田皐月(堀内敬子)

産婦人科医

水野理香(篠原ゆき子)

心筋症の既往症のある妊婦、

水野悟

EXIT手術の危険性を考えて反対している、理香の夫

新堂航(遠山俊也)

湊の父親、湊に暴力をふるっていた。

小野寺(羽場裕一)

病院乗っ取りの黒幕?

ドラマ「グッドドクター日本版」動画6話あらすじネタバレ見どころ感想

リスクの大きい出産、湊も参加することになった

湊(山崎賢人)の父親だと言って新堂航(遠山俊也)がやってきた、対応した夏美(上野樹里)は、湊から父親から暴力を受けていたことを聞いていたので、院長(柄本明)に相談してからと、とりあえず、連絡先を書いたメモを預かった。

夏美は、院長と相談すると、「このことは新堂先生には黙っていてください」そう言われて、電話番号を書いたメモも院長に預けた。

レジデントとしてテキパキと自信もついて、仕事をする湊、周りからの信頼も得て、看護師の橋口(浜野謙太)たちもその様子を褒めている。

そこへ「高山先生が呼んでいる」と中島(浅香航大)が呼びに来た、行ってみるとそこには、産婦人科の鶴田皐月(堀内敬子)と高山(藤木直人)と夏美が待っていた。

鶴田は、産婦人科と赤ちゃんの小児外科との合同手術の事を話しに来たのだった。

合同カンファレンスが行われ、「患者は水野理香(篠原ゆき子)妊娠37週、お腹のCTを見ると頸部に大きなリンパ管腫があり、出産時に気道が詰まる恐れがあると言う、EXIT手術という胎児を完全にお腹か等出さずに、気道を確保してから出す方法で行うと言う。

患者の水野は、周産期心筋症を患っていて、母体のためには30分以内に手術を終えないと、母体にも影響があると言う。

間宮科長(戸次重幸)は、「そんな危険な手術をやる価値があるのか」と、反対すると「水野さんは、リスクをわかった上で出産を希望している、患者の希望を第一に考えるべきではないのか」と高山はいう。

胎児の対応は、高山が執刀し、助手には夏美と湊が指名された、「新堂には豊富な知識と空間認識能力がある」そう言ってトラブルの例を上げ、次々と答えて行く湊をみんなに見せる。

産科の鶴田からも「よろしくね」と言われ、「必ず赤ちゃんとお母さんを助けます」そう言って頑張るという湊。

もしもの時は、自分よりも子供を助けて!母親の思い

夏美と湊は、水野理香の病室に行き挨拶をし、理香のこの出産に対する思いを聞かされる。

「お腹を蹴られるたびにすごく痛くて、私のお腹の居心地が悪いから最初の子も流産したのかも」と言う理香は、「3年不妊治療をして、ようやく授かることが出来たのにまた」とお腹をなでる。

「リンパ管腫は、手術すれば治ります、元気になれます」湊の言葉に、「赤ちゃんがお腹を蹴るのは元気な証拠、きっと早くお母さんに会いたがっているのだと思います、手術一緒に頑張りましょう」夏美は理香を励ます。

「手術はとても難しいんですよね、先生お願いがあります、もしも一方しか、助からない時には、赤ちゃんを助けてください」その悲痛な願いに何とも答えられない夏美だった。

湊が医局に戻ると、野々村(池岡亮介)が高山に言われたといって大量の資料を湊の机に置いた、丸井(松居大吾)は、その量に驚くが、「助手として期待されているんじゃない?頑張んないと」そう言って夏美は応援する。

父親と食事に行くと言って嬉しそうな湊

湊は資料を読み始め、本を読みながら病院から出てくる。

そこへ待ち伏せていた父親が「湊、湊だろう」と近寄ってきた、幼い頃殴られた記憶が条件反射のように湊を委縮させる、そんな湊を「会いたかった」と言って抱きしめる父親。

次の日、湊は、「大好きな人と2人で食事に行くのにオススメの店はありますか?」と小児病棟でも一番物知りでみんなの相談を聞いている伊代に聞いてみる。

「まさか!湊に恋人?」と騒ぐ子供達、そこにいた橋口は、「敗北感を感じる」なんて言っている、夏美は「誰と行くの」と聞く。

「お父さんです、昨日お父さんが僕に会いに来てくれました、お父さんもずっとずっと僕に会いたいと思っていてくれたそうです」

嬉しそうに話す湊だったが、夏美は、心配になって院長に連絡した。

院長の手には、夏美から話を聞いたときに、すぐにお願いした父親に関する調査報告書があった。

妻の命を守りたい夫は手術に反対

「夏美は二人きりで大丈夫?」そう聞くと、「有名なお店を予約したので大丈夫です」と目を輝かせている。

理香の病室を覗いている夫の悟、「。今回の手術を受けることを反対して、喧嘩になってから、まともに口をきいていない」と言う。

湊は、「どうして手術に反対するのですか、手術をしなければ赤ちゃんは死んでしまいます」と言うが、「今のままでは妻の命が危ないというので、同意できない」そう言った。

夏美は「悟さんの気持ちもわかる、どんな手術にもリスクはある、理香さんが望んでいる以上、私たちは最善を尽くさないと」と湊に話しかける。

湊は父と会う時間になり、嬉しそうに出て行く。

高山と美智お互いの思いがすれ違う

高山の所に、理事長であり恋人の美智(中村ゆり)が「相談があるの」とやってきた。

夜景の綺麗に見える席で父を待つ湊、店に向かう父の元に院長から電話が入る。

美智は、「弟が自閉症だったことを話したこと、恋人に話せない事も、瀬戸先生には言えるのね」と、責めると「君はどうなんだ?副院長が新堂を利用してやろうとしていた事」と病院から小児科を無くす陰謀を話してくれなかったことを責める。

融資が得られなければ、黒字の科も共倒れになる、副院長のプラン通りにしなければならなかったこと、それを相談したくても、高山は忙しくて、相談できなかったことを責める。

新日本医療グループの傘の下に入ると言う事は、美智にとっても、嫌なことだが、父親の残したこの病院を守りたい気持ちが、大きいことを話すが、「今いる患者を見捨てるのか」と言い争いたくないのに、高山との気持ちがすれ違ってしまう。

湊の金目当てだった父親

店で、父を待っていたが、閉店になっても父は来なかった、悲しく道を歩いていると反対側の道路に父の姿を見つけた、「お父さん」と叫びながら追いかける湊、横断歩道を渡ってやっと追いついて声をかけた。

「どうして来てくれなかったんですか」そう言ってすがりつく湊を「離せよ」と言って振り払う父の手には数百万円のお金が入った袋があった。

父親が金目当てで、湊に近付いたことが、調査報告からもわかっていた院長が金を渡して「もう会うな」と言って湊を守ろうとしたのだ。

「金さえもらえば、お前には用がない」その言葉に湊は、「お父さんは医者になった僕をみて、好きになってくれたんじゃないんですか、僕に会いたかったんじゃないんですか」そう聞く湊に冷たく言い放った。

「ふざけるな!俺の人生滅茶苦茶にした奴に、会いたいはずないだろう、お前のせいで奏太は死んだ、お前を優先したせいで!」

「そんなの嘘です、お兄ちゃんは即死だったと司賀先生はいいました、少しも苦しまずに死んだといいました」

すがりついてくる湊を突き飛ばし、「お前なんかいなければよかったんだ」そう言って、消えていく父親。

お兄ちゃんは僕のせいで死んだ!自分を責める湊

湊は院長室に駆けこんで、「本当の事を教えてください」と言って入ってきた。

「確かに運び込まれた時、奏太君も生きていたが、湊のせいで奏太君が亡くなったわけじゃない、あの時湊の方が助かる確率が、高かったから湊を優先したんだ」

「ダメです、どんな状況でもお兄ちゃんを助けるべきでした、お兄ちゃんが生きていた方がみんなが幸せでした、僕の方が天国に行くべきでした」飛び出してきた湊は、夏美の姿を見ても何も言わすに走り去ってしまった。

「湊は生まれてすぐに母親と死に別れ、父親から否定されて育ってきた、そんな湊を支えたのが、兄の奏太だった、運ばれてきた時点で手遅れの奏太、状況を見てあの父親の元に湊を置いて置けない、そう判断して湊は施設で育ててもらった」

どんなひどい親でも子供は親と一緒にいたがる、それを引き離し、時間のある限り自分が湊に会い、「天国に居る胸をノックすれば、天国の奏太に湊の声が届く」そう教えて湊の面倒をずっと見てきたことを夏美に話す院長。

「大切な人の死を知っている湊だからこそ、必ずいい医者になれると信じている」院長の言葉をただ黙って聞いている夏美。

あの日生かされた湊だからこそできること

兄にもらったおもちゃのメスを手に、泣きながら胸を叩く湊、ずっと慰め続けてくれてきた兄を思い出しながら「ごめんなさい」と何度もつぶやき続ける。

次の朝、湊は病院に来られなかった、そんな時理香の容態が急変する、母親の狭心症により、血流が悪くなり、EXIT手術を早めなければならないが、今の状況で行えば、母体へのリスクはかなり高いことから家族の意向を聞いてからということになった。

夫はもちろん母体優先、夏美は、現在意識がない理香の気持ちを考えるが、意識がないときは家族の意向が優先される。

部屋に引きこもっている湊に夏美は電話をする、出ない湊に留守番メッセージで理香の状況を伝え、相談したいことがあるから病院に来てほしいと頼む。

家に兄にもらったメスを置き、夜になってから夏美の元に行き「僕はもうお医者さんになれないから、相談に乗れない」と言いに来た。

「お兄ちゃんが一番助けてほしいとき、僕が邪魔をした」

夏美は、「私はあなたの悲しみや後悔をすべてわかってあげることは出来ない、でも院長がいっていたよ、大切な人を失った悲しみを知っている湊だからこそ、必ずいい医者になれるはず、あの日生かされたあなただからこそ、今できることがあるはず」

「私は、悟さんが理香の命を優先する気持ちも、理香が赤ちゃんを優先する気持ちもわかるだから両方の命を救いたい、理香さんが言っていた「大切な子供」を助けてあげたい、だからあなたの力を貸してほしい」

「明日病院で待っているから」そう言って今の理香の病状の資料を湊に持たせる夏美。

兄を失って残されて悲しい気持ちを悟に話す湊

湊は、理香の様子を見に来た、悟がそばに付き添っている、湊を見て悟は「助かる命を助けるのは当然、私には妻のいない人生は考えられない」

湊は「残された方は、とても苦しみます、悟さんの気持ちとても分かります、でもそれは理香さんも同じ、目を覚ました時、赤ちゃんがいなくなっていたら、理香さんはとても悲しみます、心にぽっかり穴が開いたまま、ずっと痛いままです」

悟は理香が流産した時の事、不妊治療を頑張っていた事、どうしてもお母さんになりたいと言った理香、子供が出来た時の嬉しそうな理香、女の子とわかって「愛実」という名前を悟が考えた事を思い出していた。

悟の本当の気持ちは、「二人共助けたいでも…」湊は「兄が死んで辛い思いをしている今の気僕と同じ思いを、誰にもしてほしくない、理香さんをお母さんに出来るのは悟さんだけです」

もうだめか!そう思った時湊の提案が赤ちゃんを救う!

医局に行くと湊が手術の資料を調べていた、戻ってきた湊を見て微笑む夏美。

帝王切開の前に止血処理をすれば、出血量は半分で済むと言う、高山もそれに賛成し、「助かる可能性があるのなら、患者とその家族が望むなら、そうしたい」と言う高山。

「少しでも母体が危険になったら手術は中止する、それが条件よ」鶴田の条件で手術は二人を助ける方向で手術は始まった。

帝王切開で赤ちゃんを出すまでを鶴田が担った後、問題の赤ちゃんの気道を確保する手術になって高山に変わった。

母体が狭心症になった時の血流のせいで、血がたまり、切開すべき部位がみえない、湊はエコーで確定できる!そう言って、高山もそれに同意し、手術は無事終了した。

お兄ちゃんの分も病気の子供を大人にする!

理香が目を覚ました時、隣に赤ちゃんが元気に手を動かしている、「やっと会えたね」喜ぶ理香に、悟は「手術を反対したことを謝る。

理香は、自分が編んだ帽子をかぶせて挙げてほしいと悟に頼む、かぶせると、帽子には悟が考えたまなみの名前があった。

悟は、「産んでくれてありがとう」そう言って理香を抱きしめる。

「助けられない命は確実にある、でもどんなに自分の無力さに嫌気がさしても、患者を助けたいと言う気持ちはなくしてはいけない」

夏美はこのことを湊から教わったとお礼を言い、「あなたの思いが届いたから、愛実ちゃんは両親に会えた、誰が何と言おうと、あなたは立派な医者よ」そう言ってくれた。

屋上庭園で兄と話していると、院長がやってきた。

院長のもってきたおむすびを一緒に食べながら、「愛実ちゃんをみてどうして僕が生き残ったのかわかた」と湊は言う。

「子供を救うためです、優しかったお兄ちゃんは、どうしても僕にお医者さんになって欲しかったんです、僕は立派なお医者さんになって、子供をみんな大人にします、お兄ちゃんの分も、だからこれからもずっとずっと僕を見守っていてください」

「お前の成長を楽しみにしている」そう笑う院長。

その一方で副院長に促され、新日本医療グループの小野寺(羽場裕一)の傘下に入ることを承諾した美智。

その後、美智は高山に別れのメールを送る。

ドラマ「グッドドクター日本版」動画6話面白いつまらない評価は100点満点で何点?

90点 母子共に助かってほしい

新堂先生は記憶力は良いけど、覚えなくていいことまで覚えてるのがとても面白いです。

今回は妊婦さんの話で、私も最近流産を経験したばっかりなので辛い気持ちがとても同感した。私も不妊治療してるので、大変なのがとても分かる。母子共に助かってほしいと思いながら見てました。

閉店の時間までずっとお父さんを待ってる新堂先生が可哀想。やっぱりお金目当てだったんだと思ったし、そんな父親が最低すぎて呆れた。子供は親を選べないんだからちゃんと新堂先生を育ててほしかった。

新堂先生の指示で手術が進行していってたのが面白かった。1つの命が誕生することによってこんなに感動するだと思った。小児科は今後どうなっていくのかもとても楽しみ。

90点 家族の思いが感動に。

とても面白かったと思います。今回は妊婦がとても難しい手術を迫られていて、母体と子供をどっちを優先して助けるかそして同時に、進藤先生がお兄さんを失った時のこと、お父さんに攻められた時のこと。

そのことがうまく絡まってすごく感動的で面白いお話だったと思います。

お父さんに生まれてこなければよかったと言われた時、お兄さんがなくなった時、死んでしまった時の真実。

そのことに対しての後悔そして、奥さんが危険かもしれない手術を受けるか受けないか説得する時の旦那さんの回想がすごく心にきて感動しました。

また、手術中のトラブルがすごく緊迫していて、赤ちゃんが本当に助かるか助からないかハラハラしました。

だからこそ最後のシーンの自分が生きた理由を話してるシーンには感動しました。

100点 考えさせられるような展開

ドラマ『グッドドクター』6話は面白いです。

新堂と新堂の父の間の話や、患者の水野夫婦や出産の話がメインとなってくる中で、どちらとも考えさせられるような話でした。

新堂の父は新堂のことを恐らく自閉症だからだという理由で愛情を注がないのに対し、兄は新堂が自閉症だというのも関係なく、新堂を可愛がってあげたのだろうなというのが伝わってきました。

兄が死んだのは新堂のせいだと指摘する父や、二人とも生きていたものの新堂の方が救われる確率が高いため新堂を優先にしたという院長の考えは真逆になっているのですが、院長の方が正しいのだと感じました。

水野悟は妻のことを助けたいというのに対し、妻は赤ちゃん優先だという夫婦の考えが異なるのも同然で、それぞれの気持ちは分かるのだと感じました。

夫婦の考えが異なる以上、夫婦間での話し合いを設けることはなかったのだろうかと気になりました。

100点 湊は、立派な医者です。

とても良かったです。

湊の前に現れた父親。

会いたかったとの言葉は、うそで、お金目当てだったことと、「お前なんかいなければ良かった」との捨て台詞。

自分の子供なのに、自閉症だからですか?

なぜ、湊の心を傷つけること、ただ、ただ、腹が立って仕方がありませんでした。

湊は、兄の死が、自分のせいだと責めてしまいますが、司賀院長のいう通り、辛い経験があったからこそ、患者に寄り添うことが出来るのでしょうね。

一方、理香のお腹の中の赤ちゃんの手術を行うことになった小児外科。

夏美だけでなく、高山も、湊の能力の高さを認めてくれましたね。

でも、その手術に、賛成できない理香の夫。

危険な手術に不安が大きいのは、とてもよくわかりますす。

赤ちゃんの命をあきらめた時の理香の悲しみは、忘れることがないと言った湊の言葉に、理香の夫は手術を決断します。

湊が、気持ちを共有し、寄り添うことが出来たからですね。

そして、高山、夏美、湊のチームワークで、赤ちゃんも、理香も助かって良かったですね。

目覚めた時の理香の笑顔は、とても素敵でした。

湊の心の拠りどころの司賀院長のガン。

とても心配です。

そして、小児外科の行方が、心配でもあります。

ドラマ「グッドドクター」の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「グッドドクター」の動画はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で1か月間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ

日本版と韓国ドラマ「グッドドクター」は見放題扱いの作品なので全話無料で視聴できます!

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

日本版と韓国ドラマ「グッドドクター」の動画をFODで全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-2018夏ドラマ, グッドドクター

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.