FOD ディア・シスター

ディアシスタードラマ動画1話~最終回フル無料パンドラ再放送見逃しデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ「ディアシスター」1話~最終回の動画の無料視聴、再放送、見逃しはpandora,デイリー,youtube,miomio,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ「ディアシスター」1話~最終回の動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見れませんでした。

しかも、そんな危険な違法動画サイトなど使わずに公式動画配信FODを利用すれば安全に高画質、高音質でドラマ「ディアシスター」1話~最終回が全話無料で見れます。

YAHOO ID登録でドラマ「ディアシスター」を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「ディアシスター」キャスト

石原さとみ(いしはらさとみ)深沢美咲

葉月の妹

松下奈緒(まつしたなお)深沢葉月

区役所の住民サービス課勤務。

平岡祐太(ひらおかゆうた)吉村達也

葉月の恋人。区役所の隣の課で働いている。

MEGUMI(めぐみ)平安尚子

区役所の先輩

岩田剛典(いわたたかのり)櫻庭永人

美咲の高校時代からの親友

平山浩行(ひらやまひろゆき)萩原陽平

オーガニックカフェ「APPLESEED」の店長。

堀内敬子(ほりうちけいこ)上杉香織

陽平の姉

森カンナ(もりかんな)佐藤和子

葉月の親友。

田辺誠一(たなべせいいち)櫻庭宗一郎

元高校教師で美咲の元担任

片平なぎさ(かたひらなぎさ)深沢七重

葉月と美咲の母

ドラマ「ディアシスター」1話~最終回のあらすじネタバレ見どころ感想「世界一愛される妹」

突然姿を現した妹・美咲に困りっぱなしの姉・葉月、再会に喜んだのは美咲だけで葉月は美咲を負い返したい訳は過去の出来事にあった!

妊娠検査薬片手に半信半疑に検査する女性・深沢美咲(石原さとみ)

検査の結果は陽性。

結果を見て困り果てる。

その頃、区役所では婚姻届けの受理をしていた美咲の姉・深沢葉月(松下奈緒)。

葉月の彼氏は同僚の達也で社内でも公認カップルで、誰もが羨むようないい関係なのだが葉月は少し不満を抱いている。

葉月は結婚をしたいようで、ランチの最中にそれとなく結婚の話をしてみるがは結婚に無関心なのか全く話に食いついてくれない。

「それより…明日なんだけど」

「俺そろそろ行かなきゃ!例のイベント明日だから会議なんだよ。」

葉月は明日が誕生日で当然達也(平岡祐太)が祝ってくれると思っていたのだが、達也は仕事が忙しく明日は1日開いていないと言い、そのまま仕事に戻ってしまった。

葉月は肩を落としながら自宅へ帰るとなぜか鍵が開いていて、恐る恐る中へ入ると部屋は荒らされていて寝室から声が聞こえてくる。

「いいじゃぁーん」

「ダメだってば…」

葉月が寝室のドアを開けると自分のベッドで騒いでいる男性と女性…女性は男性の事を嫌がっているようで男性をベッドから突き落としようやく姿が見えた。

「あぁ、おねぇちゃーん!!!」

ベッドの中にいたのは美咲と知らない男性で美咲は葉月を見るなり飛びつくが、葉月は美咲と男性を家から追い出す。

しかし美咲は大家さんに鍵を借りているようで追い出されてもまた家の中に戻ってきていた。

「もうふざけないでよ…今までどこでなにしていたの?何年も連絡も取れないで」

美咲は葉月の家でやりたい放題暴れまくり冷蔵庫の中のものを食べたりと、葉月は怒りを耐えきれないでいる。

「…あたし結婚するの…」

「え、結婚式いつ?プロポーズされたんだ!!」

喜ぶ美咲を横目に葉月は首を横に振り、プロポーズされていないと知った美咲も困惑している様子だ。

「今まであんたには人生の大事な節目をダメにされてきているの。」

美咲は幼い頃、葉月の髪の毛をばっさり切ったりピアノの発表会の衣装に落書きをしたり受験の日は目覚まし時計を止めたり大学の時は葉月の好き府だった人に手を出したりと葉月は美咲に対する怒りがたくさんあるのだ。

「お願いだから結婚だけは邪魔しないで」

美咲は反省している様子もなく、そのまま葉月の家に居座り葉月が寝たのを確認したのちに葉月の携帯、財布、手帳を漁る。

更には通帳と印鑑までもを探し出したが中身を確認して元の場所に戻し眠りについた。

久々の再会って嬉しいものかと思いきやこの姉妹は昔からあまり仲良くないのか…?笑

それにしても石原さとみさんが演じている美咲がすっごくかわいい…!

葉月の大事な日をことごとくダメにしている美咲…葉月の結婚だけは邪魔しないであげてほしいところですね~…。

美咲が幼馴染のハチ(永人)に葉月の彼氏のことを調査してもらうと女癖の悪い男だと発覚!

翌日葉月は友人の一子(森カンナ)と朝のランニングに出向き美咲のことを相談した。

一子はこれまで美咲に困り果てていることを知っているため早く追い出すことを提案し、葉月もなるべく早く追い出したいようだ。

葉月が出勤したあと美咲は幼馴染の永人(岩田剛典)に連絡をしカフェに呼び出した。

美咲は葉月に彼氏がいることを知った後永人に連絡をし、素性を調べてもらっていたのだ。

永人曰く葉月の彼は仕事は真面目で交友関係も良好だが女関係は全然ダメな人らしく美咲も永人も呆れていた。

「で?さっきからなに書いているの?」

美咲は永人の話しを聞きながらノートに何かを書き込んでいた。

それは『死ぬまでにしたい10のこと』で1ページ目に書いたのは

「ハチは?死ぬまでにしたいことなにかある?」

「んー、死ぬほど誰かを好きになりたい」

「ハチ…ゲイから見て彼はどうなの?」

美咲はカフェの店員を永人に勧めるが永人は彼はゲイではないと言い、その場をしのぎ美咲がノートに顔を向けると美咲のことをずっと見つめていた。

美咲は永人のことをゲイだと思っているようですが永人を見る限り美咲が気づいていないだけで美咲のこと好きなんでしょうね…!!

いったいいつごろからゲイを通しているのか…気になるところですが永人は美咲に気持ちが伝えられずにいるはず!!

葉月、誕生日に念願のプロポーズ!もちろん即答で承諾して結婚に向けての下準備を開始!

一方で葉月は一子と一緒に誕生日を過ごそうとイタリアンレストランに出向いていた。

「佐藤で予約してあるから先に入っておいて」

入り口で一子は誰かから電話が来たようで葉月は先に店内に入ると中は真っ暗で葉月が引き返そうとするとクラッカーが鳴り響き電気がつくと会社の同僚や達也がいた。

「お誕生日おめでとう!!」

サプライズでみんなに祝ってもらい、葉月は物凄く嬉しそうだ。

ケーキを渡されるとろうそくに指輪が引っかかっている。

「葉月…俺と結婚してくれ」

「…はい」

葉月は泣きながらプロポーズの返事をして指輪をはめてもらい幸せな誕生日を過ごしていた。

達也を連れて自宅に帰ると、葉月の家には美咲がいて美咲はシャンパーンをサプライズで開けるとコルクが達也の顔に直撃し達也はダメージを受けている。

「ごめんなさい…大丈夫ですか…?」

「全然大丈夫だから!!」

「美咲っていいますぅ」

葉月は美咲がまだ帰っていないことや、達也と仲良くしていることにイライラしているが達也は、そんな葉月をなだめる。

「妹さんがいたなんて知らなかったけど、もうすぐ義理の兄妹になるわけだし…さ!」

美咲はその言葉を聞き達也がプロポーズをしていたことを知り盛大に祝うが葉月は美咲がなにかを企んでいるんじゃないかと気が気じゃない様子だ。

美咲が開けたシャンパーンでお祝いをし、葉月と達也は、そのまま眠ってしまう。

眠る達也を見て美咲は達也の携帯を手に取り指紋認証でロックを解除し達也の携帯を見るとなにかを見つけた。

翌日葉月は退職届を出した。

葉月が退職届を出したのを見た同僚のは葉月に嫌味を言う。

「まだ結婚できるかわからないじゃない。ちょっと早いんじゃないの?それにブライダルチェック終わったの?」

「ブライダルチェック…?」

結婚前にブライダルチェックを受けておくと結婚後に子供が出来なくて揉めることを避けることができるから先に受けておくのが基本だと教え、葉月はさっそくブライダルチェックを受けに婦人科へ向かった。

その頃美咲は何社も面接を受けていたが高校卒業からの経歴が全くなく資格も持っていないためどこも雇ってくれない。

葉月はブライダルチェックの結果が後日出るのでその間にウエディングドレスのデザイン画を持ってブライダルサロンに来ていた。

葉月はドレスのデザインをするのが趣味で自分の結婚式には自分でデザインしたドレスを着るのが夢だったようで話を持ち掛けてみるが予算がわりに合わず諦めかけていた。

一緒について行っていた一子は諦めている葉月をなんとか説得しようとしているがドレスに大金をかけるなら料理や引き出物にお金をかけたほうがいいと完全に諦めている様子だ。

「せっかく公務員になったのに彼の希望で専業主婦…夢だった自作ドレスを着ることもできずレンタルドレス…本当にそれでいいの?」

「私は結婚したかったの。だからいいの!」

葉月が帰ると家には美咲と達也の姿…2人は葉月のベッドで身体を重ねていて目撃した葉月は激怒!

葉月が自宅に帰ると美咲は湯舟にバラの花を浮かべキャンドルを焚いて優雅にお風呂に入っていた。

「なにしているの」

「これ一回やってみたかったの~」

美咲は死ぬまでにしたい10のことの1つを叶えている最中だったようだが葉月は美咲の自由な行動に我慢の限界だった。

「いい加減にしてよ。勝手なことばっかりして。これが人の家でお世話になっている人のやること?」

美咲は葉月に怒られたことを腹いせに持っていた雑誌を投げ捨てお風呂を出たのだが投げた雑誌がろうそくにあたりタオルに火が燃え移っていたのを気づかぬまま口論を続けていた。

「ん…?火事?」

美咲の言葉で振り返った葉月はお風呂場が燃えていることに気付き急いで火を消す。

「よかったね、消えて。おねぇちゃん凄い冷静だったね!」

「もう明日出て行って。じゃないと放火未遂で警察呼ぶから。」

翌日、美咲はハツの元へ行きハチがスケボーの練習を終えるのを待っていた。

「美咲―!!ごめんごめん出ようとしたら兄貴から電話かかってきてさ」

「…なんだって」

「こっち移動になったんだって。急に決まったからとりあえずウチに越してくるって」

美咲はハチのお兄ちゃんが帰ってくると聞き、困り果てた顔をしたがハチはその一瞬を見逃さなかった。

「美咲…兄貴のことまだ好きとか…?」

「…今更会って昔の話しされるの嫌だなぁってだけだよ!!っで、どうだった?」

美咲は無理やり話題を変え、先日も頼んでいた葉月の婚約者・達也のことを聞くと永人は美咲に決定的な証拠となるものを見せた。

葉月が自宅に帰ると表札に『美咲』と書かれた付箋が貼られていてまだ出て行っていないことに再びイライラしながらドアを開けると美咲の靴のほかに紳士用の靴が…。

「嘘でしょ…」

葉月は寝室のドアを思いっきり開け、布団を剥ぐとベッドに横たわっていたのは美咲と…達也だった。

「違うんだよ葉月、これは…」

「この場に及んで言い訳するつもり?見苦しすぎ。」

美咲は達也が言い訳しようとしたのを阻止したのだが葉月は美咲に平手打ちをして美咲の荷物と達也の荷物を外に投げ捨てた。

「いっつもこう。私の人生むちゃくちゃにするのなんでなの…もう出て行って。お願いだから」

美咲が出て行ったのを見て達也は葉月に話しかけようと近づく。

「あなたも出て行って」

葉月は1人部屋で泣き崩れ薬指にはめられた指輪を取り投げ捨てた。

美咲の忘れ物の携帯から達也の浮気現場の写真を見つけ戸惑う葉月と一子

その頃永人は自宅で美咲の写真を眺めていると扉をノックする音が聞こえ飛び起きる。

「誰?」

「あたし…」

永人は美咲だとすぐに気づき急いで部屋を片しドアを開けるとそこには美咲が立っていた。

美咲はハチの部屋に入るなりすぐにベッドに倒れこみ永人を呼び寄せる。

永人は戸惑いながらも美咲の横に横たわるが容赦なくくっついてくる美咲に平然といることはできなかった。

翌朝、葉月は達也からの着信で目が覚めるがシカトをするとインターホンが鳴る。

「葉月―!!」

声の主は母で無視することできずに部屋に入れると母はハイテンションで家に入ってくる。

「休みの日だからってのんびりして…結婚式の準備は済ませたの?」

「無くなったから。」

母は結婚式を挙げずに入籍だけなんて許さないと言い、葉月の話を聞こうとしない。

「そうじゃなくて結婚自体がなくなったの」

「あんた一体なにやったの?!」

葉月は母に自分が悪いと思われていることにイライラ。

「美咲に聞いて」

「美咲?あんた美咲に会ったの?」

葉月は突然美咲が押しかけて来たことを母に話すと母は、なぜもっと早く教えないのかと葉月を責める。

するとインターホンが鳴り母は美咲じゃないかと嬉しそうに玄関を開けるとそこにいたのは美咲ではなく一子。

「あの~葉月さんと同じ高校だった佐藤です。」

「あぁどうぞ。私ちょうど帰るところだったんです!」

母は一子が来たので気を利かせて葉月の家を後にした。

「お母さん久しぶりに会ったけど相変わらずな感じだね~」

「昔からそう。妹はみんなに愛されて。私は誰からも愛されない」

葉月はこれまでのことを振り返り一子に弱音を吐いた。

妹は美しく咲くで美咲…だけど葉月は葉が落ちる月のことを指していると名前にも不満を抱いていたのだ。

「深沢葉月なんて綺麗な名前じゃん!」

一子は自分は平凡な佐藤に平凡な一子で佐藤一子だからと葉月を励まし葉月はようやく笑みを浮かべた。

一子と葉月が話しているとどこからか2人の携帯からではない着信音が…。

音はソファーの下から聞こえてきて、やはり美咲の携帯だった。

「はぁ…もう会いたくない」

葉月は美咲に会いたくないようで一子が美咲の携帯を開き居場所になる手がかりを探そうと試みる。

しかしSNSはやっていないしメールの履歴も残っていなく足取りがつかめずにいた。

その時一子はなにかを見つけてしまう。

「なにこれ…」

葉月も気になって見ようとしたのだが一子は葉月に見せたくないようで必死に隠そうとするが葉月に見られてしまった。

「お疲れさま、ちょっといいかな」

お昼休み、達也は葉月を呼び出し、ベンチで2人きりに。

「今更許してもらおうなんて思ってないけど美咲ちゃんがどうしてもって言うから断れなくて…」

葉月は無言で達也の話を聞いていたが、鞄から携帯を取り出し1枚の写真を達也に見せた。

「この時もそういわれたの?」

達也は他の女性と映っている写真を見せられ、謝り美咲と浮気をした経緯を説明した。

達也曰く美咲から電話が来たようで自宅に呼ばれて行ったところ先ほどの写真を見せられ脅しを受けたとのこと。

美咲と達也が家から追い出されたあと達也は『二度と姉にも近づくな』と言われたと葉月に話した。

葉月は美咲が自分の為にしてくれたと知り少し複雑な気分になった。

美咲は、あのまま永人の家で眠ってしまい翌朝美咲が目を覚ました時には永人が出かけた後だった。

するとドアをノックする音が聞こえ、窓から顔をのぞかせるとノックしていたのは永人の兄・宗一郎(田辺誠一)だったのだ。

美咲は宗一郎の姿を見るなり急いで着替え荷物をまとめて窓から脱出をした。

少し離れた場所から美咲は圭一の姿を悲しそうに見つめて、永人の家を後にした。

行き場を失くした美咲は昔よく行った公園のトンネルに身を隠し夜が明けるのを待った。

「遅い!」

夜になり雨が降ると葉月は美咲を心配して探しに来てくれたようで落ちあうことができた。

「どうしてややこしいことするのよ。彼には他に女がいるって言えば済むことでしょ?」

「言ったって信じないでしょ」

美咲と葉月は仲直りをし、雨が止んだのを見計らい昔2人で遊んでいた時のようにブランコに乗った。

「ほんとは私も彼に内緒にしていたことがあったの」

葉月はブライダルチェックで婦人検診をしたのだが検査の結果、妊娠に必要なホルモンが足りないようで妊娠しにくい体質であることを知ったのだが言い出せずにいたのだ。

「好きじゃなかったんだよそこまで。本当に好きだったら言ったよ」

「…かもね」

葉月は美咲を自宅に連れて公園をあとにした。

夜中、隣で眠る葉月を横目に美咲は母子手帳をジッと見つめていた。

そして死ぬまでにしたい10のことが書かれたノートを開くと1ページ目に書かれていたのは…

『お姉ちゃんと彼を別れさせる』

美咲は満足そうにその文に赤線を引き次のページを開くとそこに書かれていたのは…。

『お姉ちゃんに新しい彼を見つける』

美咲はまさか別れさせるために動いていたとはビックリですが、葉月を傷付けたくない思いが強く感じますよね!

ただ葉月が簡単に信じないだろうと遠回りして自分まで犠牲になって…。

いい妹なのかもしれないけれど葉月からしたら真相を知るまではいい加減にしてほしいと思いますよね。笑

次回の目標である『新しい彼氏を見つける』次はどんな手で彼氏を探してくるのか…気になるところですね!
⇓   ⇓   ⇓
ディアシスター2話あらすじ
ディアシスター3話あらすじ
ディアシスター4話あらすじ
ディアシスター5話あらすじ
ディアシスター6話あらすじ
ディアシスター7話あらすじ
ディアシスター8話あらすじ

ドラマ「ディアシスター」1話~最終回はどこで見れるの?AD

[br num="1"]


[br num="1"]
ドラマ「ディアシスター」は公式動画配信FODで見れます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

しかも、今ならFODは31日間無料キャンペーン中でドラマ「ディアシスター」の全話が無料で見れます

YAHOO ID登録でドラマ「ディアシスター」が全話無料で見る。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

この他にも
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)
刑事ゆがみ

などが無料で見れます。

しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。

YAHOO ID登録でドラマ「ディアシスター」を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-FOD, ディア・シスター

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.