FOD ディア・シスター

ディアシスタードラマ動画5話フル無料パンドラ再放送見逃しデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ「ディアシスター」5話の動画の無料視聴、再放送、見逃しはpandora,デイリー,youtube,miomio,9tsu,bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「ディアシスター」5話の動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見れませんでした。

しかも、そんな危険な違法動画サイトなど使わずに公式動画配信FODを利用すれば安全に高画質、高音質でドラマ「ディアシスター」1話~最終回が全話無料で見れます。
[br num="1"]

YAHOO ID登録でドラマ「ディアシスター」を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「ディアシスター」キャスト

石原さとみ(深沢美咲)
松下奈緒(深沢葉月)
区役所の住民サービス課勤務。
平岡祐太(吉村達也)

MEGUMI(めぐみ)平安尚子

岩田剛典(櫻庭永人)

平山浩行(萩原陽平)

堀内敬子(上杉香織)
森カンナ(佐藤和子)
田辺誠一(櫻庭宗一郎)
片平なぎさ(深沢七重)

ドラマ「ディアシスター」5話のあらすじネタバレ見どころ感想「暴かれたヒミツ!?」

宗一郎に拾われた美咲の母子手帳、美咲は宗一郎に永人の子供だと誤魔化す!?

「先生、辛いのどのぐらいお好きですか??」

葉月は、自宅に先生を招いて先生の好きな辛い食べ物・アラビアータの辛さを調節しようとしていた。

しかし宗一郎は美咲が机の下に落としていった母子手帳を自分の鞄にしまって立ち上がった。

「深沢ごめん、用事思い出して…埋め合わせは必ずするから」

葉月からの返しを待つ前に宗一郎は葉月の家を後にした。

その頃美咲は永人の家で母子手帳がないことに気付き家に落としたのではと取りに行こうとしていたのだが宗一郎が永人の家に帰ってきて鉢合わせしてしまった。

宗一郎は美咲を見てすぐに鞄から母子手帳を取り出し美咲に渡す。

「誰の子供なんだ、美咲もしかして…」

「ハチだよ…永人の子」

美咲は嘘をつきその場をやり過ごそうとしたのだがタイミング悪く買い物に出かけていた永人が帰宅。

「永人…お前」

宗一郎が永人に問いただすのを防ぐために美咲は永人にキスをした。

宗一郎はキスする二人を見て納得したようで永人に男としてしっかり成長することを告げて家を後にした。

2人になった美咲と永人。

美咲は何事もなかったかのように永人が買ってきた弁当を広げているが永人は状況が把握できずに立ち尽くしている。

「今のなに」

「あ、ごめん。宗一郎さんが昔の事しつこく聞いてきてうざかったから」

一方で葉月は宗一郎が急用で帰ってしまった事に落胆し、和子とワインを飲みながら宗一郎に振舞う予定だった料理を食べていた。

「先生、好きな人がいるんだと思う。私も同じことしたからわかるの…」

翌日葉月は、店長に自分が失礼なことをしたと謝罪したい思いから香里さんの自宅を訪れていた。

農業作業をみんなでしたあとようやく2人きりになれた葉月と店長。

「もう来てくれないかと思いました。この間変なこと言ったから」

「私の方こそ失礼なこと言ってしまいすみませんでした…」

葉月は宗一郎のことを諦めようとしている事、どんなに追いかけても叶わない恋であることを話した。

「俺もそうなんですかね。でも俺は諦めません。誰かを好きな気持ちは日々の原動力になるし。だからあなたも諦めないでください!」

店長からの言葉に葉月は励まされたが、こっそり聞いていた香里たちは自分の好きな人の恋を応援する店長は変だと侮辱している。

「心拍もしっかり見えているし発育もいいですよ!来週から安定期に入るからね!」

美咲は産婦人科を訪れていた。

「週末に両親学級が開かれているからよかったらご主人と参加してください」

美咲はその足で勤務先のキャバクラに行き、清水さんに引き抜きされたこと、キャバクラを辞めることを話した。

永人のスケボー大会当日に美咲が妊娠していることを宗一郎から聞いた永人は大会をリタイアしてしまう!

葉月が自宅に帰ると解約通知書が届いていた。

美咲が払うと言っていたのだが払い忘れたのだろうと1人焦っている。

美咲が帰ってきてすぐに解約通知書を見せつけると美咲はわかりきっていたように返事をした。

「色々考えたんだけど、ここで2人で暮らすのは狭いし家賃もったいないし!実家に帰ろうよ!」

葉月は実家に帰ることには大反対のようで帰りたいなら美咲1人が帰ればいいと言う。

「将来、お母さんの面倒誰が見るの?いつまで1人暮らしさせとくつもりよ」

美咲はいずれ母が働けなくなり誰かの手を必要としたときのために今から実家に戻りたいと言っているのだ。

口論をしていたのだが美咲のお腹が鳴り家には何も食べるものがなかったのでいつものカフェに。

カフェに入ると泥酔している宗一郎と店長が口論をしていたのだが美咲と葉月の姿を見た宗一郎は正気に戻り3人で食事をすることに。

「先生…なにかあったんですか?」

ひたすら話し続ける宗一郎を見た葉月は心配になりながらも宗一郎の話を聞いている。

「あ、今俺の弟と付き合っているの知っている?」

「酔っぱらい。これ以上余計なこと言ったらあたし帰るよ」

美咲は宗一郎が子供のことを言わないか冷や冷やしながら宗一郎の相手をしているのだが宗一郎はそんなことお構いなしに色々聞いてくる。

「スケボーで家族を養っていけるとは思わない」

「…家族?」

葉月は『家族』に違和感を覚えたがすぐさま美咲が将来的な話だと言い永人のスケボーの話に切り替えた。

宗一郎は永人がスケボーをしていることに批判的で30前になって夢を追いかけているのは現実的ではないと硬い考えなのだ。

「夢を追うのに遅いってことは無いんじゃないでしょうか?」

店長は店を持ったのは3年前だと言い葉月もやりたいことを見つけるのはこれからだが年齢は関係ないんじゃないかと言った。

「みんないい年して随分青臭いなと思ったらみんな一般社会からのドロップアウト組なんだな」

「もう帰って先生」

「先生なんて呼んだことないのに今更呼ぶなよ」

美咲はこれまで『先生』と呼んだことはなかったのだが、ここにきて初めて呼び宗一郎は美咲に言われた通り店を後にした。

後日、宗一郎は永人の大会に足を運び差し入れを渡してから美咲の事を話していた。

「あのさぁ、兄貴勘違いしているみたいなんだけど…美咲の事好きだけど付き合っているわけじゃないよ?」

「え?じゃあお腹の子は?」

「お腹の子!!?」

永人は宗一郎から予想もしなかったことを言われ驚きと戸惑いが入り混じっていたが子主のことを永人が知らないとわかると宗一郎はそそくさとその場をあとにしてしまった。

大会に訪れた美咲を見つけた宗一郎は背後から声をかける。

「永人の子じゃないな。本当は俺の子供なんじゃないか?」

「…ほらもう始まるよ」

美咲はなにも言えず大会が始めるからと宗一郎の元を離れて行ってしまった。

「桜庭永人競技スタート―!!!」

優勝候補とも言われている永人には多くの感性が飛び交っていて永人も次々と技を決めていくが最後の最後に踏み外してしまい落下してしまった。

「伝説の男復活ならず…!リタイアです!」

大会当日に美咲の妊娠を知った永人…

絶対失敗した理由は美咲のことが頭から離れなくて…とかですよね。

宗一郎も話すなら大会後にするとかもう少し気を使ってほしいところですよね。笑

永人、我慢できずに美咲をベッドに押し倒してついに告白!宗一郎から思いもよらぬことを聞かされた美咲は葉月に激怒!

大会を終えた永人は美咲を連れて自宅に帰った。

美咲は永人を励まそうとしているが永人はそれどころではなさそうだ。

「ハチィ…元気だしなって!大丈夫、次は絶対上手くいくから!」

永人は両手を広げる美咲に抱き着き、美咲は永人を励まし続けるがその勢いのまま永人は美咲をベッドに押し倒した。

美咲は永人がふざけてやっているのだと思い笑っているが永人の顔は笑いもせず無表情で真剣な表情。

「妊娠しているなんて嘘だよな。好きなんだよ…」

「あたしも大好きだよ?ハチの事」

「そうじゃなくて本当に好きなんだ、ずっと前から好きなんだよ」

永人は美咲に好きと伝えるとキスをして美咲の口をふさいだ。

美咲は永人の行動に驚きが隠せず突き飛ばして起き上がる。

「…ゲイでしょ?ゲイじゃないの…?」

何も答えない永人に、美咲は耐えきれず永人の家を飛び出していった。

その頃葉月は母の元を訪れていて、美咲に言われた母との同居の話を持ち掛けていた。

「冗談じゃないわよ!今更あんたたちと暮らすなんて…」

母の言葉を聞いて葉月はほっとした様子でいた。

永人の家から飛び出した美咲だが帰宅途中で宗一郎が待ち伏せをしていて再び会ってしまった。

「正直に言ってくれ、本当は俺たちの子供なんじゃないのか?」

「違うよ。もうあたしに関わらないで、あなたには関係ないから」

「俺はお前のことが好きだ」

美咲は、宗一郎は葉月とデートをしているくせに自分に告白をしてくるなんて最低だと言い放ったが宗一郎が葉月に会っていたのは葉月に会えば美咲と会えるかもしれない、美咲の話が聞けるかもしれないと考えていたのだと言った。

「永人と付き合っているなら引き下がろうと思っていた、でも違うなら諦められない」

「あたしの事置いて勝手に消えたのそっちじゃん、なんで今更そんなこと言うの」

宗一郎は学生だった美咲を惑わせるのはよくないと思い、高校を辞めたと同時に連絡も途絶えさせていたのだ。

「卒業式まで待って連絡したら…メールしただろ?卒業式の夜。今から会えないかって。だけど返事くれなかったじゃないか」

「そんなメールもらってない…」

美咲は急いで自宅に帰り寝ていた葉月を叩き起こした。

「卒業式の日私の携帯触った?高校の卒業式の日。あたしの携帯に宗一郎さんからメールがいていたはずなの」

「宗一郎さんって…先生でしょ」

「あたしにとっては先生なんかじゃないの」

葉月は美咲に呆れたようだがベッドから起き上がり、卒業式の日の話を始めた。

美咲は宗一郎とのお泊りの際に好きと伝えてあったが宗一郎は卒業式まで待つように美咲に言い美咲はずっと連絡を待っていたのだ。

でも葉月は美咲の携帯に宗一郎からのメールが来たのを見て消去していたのだ。

「あたしが先生の事好きだって知っていてなんでホテルに連れ込んだりしたの?」

「お姉ちゃんは片思いしていただけでしょ。そんな生徒他にもいたわよ」

卒業式の日に美咲がメールを読んでいたら美咲の人生も宗一郎の人生も変わっていたはずだと…美咲は泣きながら葉月に訴えた。

「いい加減自分がやったことの重大さわかりなさいよ」

美咲は泣きながら家を飛び出し電話帳を開き永人に電話をかけようとしたのだが発信ボタンを押す勇気がなく行き場を失い店長の元を訪れた。

「お前何時だと思っているんだ。元気ないなぁ腹でも減っているのか?」

「その1、親友と喧嘩した。その2お姉ちゃんと喧嘩した。もう元に戻れないかも…」

店長は美咲の相談を聞いてあげていたのだが店長は美咲に自宅へ帰るよう促すもなかなか帰ろうとしない。

葉月も美咲の帰りを玄関で待っていたのだがなかなか帰ってこないので心配していた。

「もしもし?」

「夜分にすみません、萩原ですが美咲ちゃんうちにいますんで…」

葉月は美咲が家を飛び出しても行く場所がなく店長の元に行ったことを知り迎えに行こうとするがすでに美咲は寝てしまっているから迎えはいらないと言った。

店長は美咲から喧嘩のことを聞いたと葉月に言うと葉月も言い過ぎたことを後悔していたようで美咲が仲直り従っていたことを教えた。

永人とうとう美咲に告白―!!

ずっとゲイだと思っていた人からの告白って受け入れにくいですしどうしたらいいかわからなくなるものですよね。

しかも長年の親友…。

そして宗一郎と会って卒業式の日のことを知った美咲…宗一郎は美咲にメールを送っていたのに美咲はそんなメール知らなくて葉月に消されていて…

これはショックがでかい!!!美咲の言う通り宗一郎と美咲の人生が変わっていたかもしれない…。

葉月は宗一郎に告白するも宗一郎が好きなのは美咲!美咲は永人と仲直りして妊娠のことともう1つの秘密を話す…!?

翌日、葉月は宗一郎を呼び出していた。

「実は私先生にお詫びしないといけないことがあって。」

葉月は美咲の卒業式の日に美咲の携帯に送られてきたメールを消去したことを謝罪した。

宗一郎は驚いたようだが葉月が真剣に謝るので許す以外の選択肢はなかった。

「あたし…高校1年の頃から先生のことが好きでした、卒業してからも再開した今も…」

「ごめん」

「美咲のことが好きなんですね」

葉月は勇気を出して宗一郎に思いを告げたが宗一郎が好きなのは美咲だと知り潔くその場を後にした。

葉月はその足で店長の畑に行き宗一郎と会ってきて、ずっと好きだったことを言えたこと、そして振られたことを話した。

「やっぱり美咲のことが好きだって。わかっていたんです10年前から。ただ認めたくなくて」

店長はなにも言わず葉月の話を真剣に聞いてくれた。

泣きながら話す葉月がしゃっくりを出してしまい店長は葉月のしゃっくりを止めようと必死になってくれた。

笑わせてくれた店長に葉月も感謝しているようでさっきまで泣いていたのに笑顔になった。

葉月に笑顔が戻ったのを見た店長は葉月の腕を引っ張り自分の方へ顔を向ける。

「あなたが好きです。ずっと前から好きでした。俺じゃダメですか?」

その頃美咲は永人の家を訪れていた。

庭でスケボーの練習をしていたが一休みしている永人の背中を見た美咲は意を決したように話しかけた。

「ハチ!!」

美咲の声に永人もびっくりしたように振り返り美咲を自宅に入れた。

「いつから、無理していたの。もしかして最初から?」

永人はなにも答えようとしなかったが美咲は自分が永人の気持ちに気付いてあげられなかったことを反省し謝った。

「美咲のせいじゃないよ。入学してすぐ美咲の事いいなって思って仲良くなって。でも俺の事ゲイだって勘違いしていたじゃん」

美咲は永人が他の男子に比べておしゃれだし女友達と話すよりも全然楽だったことから永人がゲイなんじゃないかと勘違いしてしまっていたのだ。

永人が否定しなかったのは美咲がモテていたし宗一郎のことを好きって知っていたから告白するよりも友達として側にいたかったからだと言った。

「でも気持ち抑えきれなくなっちゃって…ごめんね」

「ハチのことは家族と同じぐらい大事。でもずっとゲイだって思っていたから男女の好きと違くて…もしあたしがそばにいるの迷惑だったら…」

永人は美咲がそばにいてくれるのは迷惑でもなく昨日告白してしまって人生が終わったと思うほどで今日美咲が来てくれたことが凄く嬉しかったと言ってくれた。

「この先なにがあっても親友でいるから。もうあんなことしないって約束する。だから元に戻りたい…」

「あたしも戻りたい…」

美咲は永人の隣に座り永人にハグをした。

「これ何のハグ?」

「親友取り戻したハグ」

その言葉を聞き永人も美咲に腕を回し親友に戻った。

そして美咲は永人に妊娠している事、相手は宗一郎であること、宗一郎には子供のことを言うつもりがないこと、この子の父親が誰であろうと美咲は赤ちゃんを無事に生むことしか考えていないことを話した。

「ハチ…協力してくれる?」

「なんでもするよ?」

美咲は永人の前で『死ぬまでにした10のこと』を開き、『お姉ちゃんを引っ越しさせる』の次のページをめくった。

そこに書かれていたのは『お姉ちゃんとお母さんを仲直りさせる』

「お姉さんとお母さん喧嘩しているの?」

「そーゆんじゃないんだけど今のうちに本当の意味で和解してほしくて…実はねハチにはもうひとつ話しておきたいことがあるの」

美咲の話しておきたいこととは…いったいなんなんでしょうか!

それにしても永人が凄くいい親友…好きな人が自分の兄の子供を妊娠しているなんて普通だったら耐えられないし怒りと悲しみが溢れてきそうですがまさかのそばにいるって…。

離れるぐらいなら側にいたほうが永人的に幸せなんだと思いますが視聴者側からしたらこの2人に付き合ってほしい…!!

葉月は宗一郎に振られたことで、次の恋…店長と結ばれることになるんですかね♪
⇓   ⇓   ⇓
ディアシスター1話あらすじ
ディアシスター2話あらすじ
ディアシスター3話あらすじ
ディアシスター4話あらすじ

ディアシスター6話あらすじ
ディアシスター7話あらすじ
ディアシスター8話あらすじ

ドラマ「ディアシスター」1話~最終回はどこで見れるの?AD


ドラマ「ディアシスター」は公式動画配信FODで見れます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

しかも、今ならFODは31日間無料キャンペーン中でドラマ「ディアシスター」の全話が無料で見れます

YAHOO ID登録でドラマ「ディアシスター」が全話無料で見る。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

この他にも
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)
刑事ゆがみ

などが無料で見れます。

しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。

YAHOO ID登録でドラマ「ディアシスター」を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-FOD, ディア・シスター

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.