FOD コンフィデンスマンJP

コンフィデンスマンjpドラマ動画フル無料1話~最終回あらすじネタバレ見どころ感想

更新日:

ドラマ「コンフィデンスマンjp」の動画1話から最終回の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「コンフィデンスマンjp」の動画1話から最終回の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「コンフィデンスマンjp」はフジテレビ公式動画配信FODで無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「コンフィデンスマンjp」の動画1話あらすじ・ネタバレ見どころ感想

お金の欲望に負けた男

初回から凄い展開で仰天してしまいました。

ゲスト出演の江口洋介さんが、お金に狂っていてみっともない感じでした。

表向きは、信頼とか真心と言っていても、腹の中はお金で真っ黒です。

幼少時代の育ちが、お金がない不安から金の亡者になってしまいました。

リチャードが入院していたのも演技で、仲間内でも騙すところは、さすがに詐欺師です。

大掛かりな演出と経費の使いすぎが仇となり、報酬は少なかったですが、この人たちはお金で動く人間ではないと思います。

目的が悪党からの詐欺師なので、危険がいっぱいですが、ダー子の知識が勝りそうです。

リチャードとぼっちゃんとダー子が組めば、大演技で騙せそうですね。

強者の負ける顔が、見てて面白いです。

ハラハラ、ドキドキのスリルあるストーリー

スタートから、ビックリの展開。裏社会のような賭博シーン。騙しあいの中で、突然、警察が入ってきて、ダー子(長澤まさみ)が、撃たれてしまうという、スビード感たっぷり。

しかし、全員で、ひとりを騙し、お金を奪い返すなんて、ハラハラドキドキ。そして、次のターゲットは、表は、慈善事業をしながら、悪どいやり方で、お金をせしめる赤星という男。正義感が強い役柄のイメージの江口洋介さんが演じられました。悪い感じと、最後のみっともない感じが、新しい江口洋介さんを発見したような感覚でした。

そして、仲間の、ボクチャン(東出昌大)も騙しながらの、大掛かりな作戦。赤星に、見破られた風に見せかけて、飛行機と乗客をも含めた騙しのテクニック。最後まで、ビックリの展開でした。最後まで、飽きないストーリーでした。非現実的が、良いですね。

期待以上のぶっとびぶりに笑うのみ

とっても面白かったです。東出昌大が長澤まさみにいじられまくり。昔のパンツのくだりは最高に面白かったです。

長澤まさみのハニートラップが効かない設定は無理があるやろうと思いながら「オバハン」扱いに笑ってしまいました。今後もハニートラップが効かない設定でいくのかたのしみです。

ドラマ自体がぶっとんでるんでこれからかなり期待したいドラマになりました。CAになるどころか空港まで作るってスケールが違いすぎるとビックリしました。なんか突抜かたが半端ないので爽快な気分になりました。

リーガルハイの脚本家古沢良太なので期待していましたが、創造以上のぶっとびぶりに完全にやられました。来週も必ず見ます。想像を越える面白さです。
⇓   ⇓   ⇓
1話の詳しいあらすじ・ネタバレ

ドラマ「コンフィデンスマンjp」の動画2話あらすじ・ネタバレ見どころ感想

2話では1話どうよう、15分拡大版なので、2話構成となっています。

まず、1話目は軽くコンフィデンスウーマンのダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人は、ロシアンマフィアを騙そうとするが失敗に終わる。

流石に映画でないので、ロシアまでいけず経費はそこまで使えないので、この話は軽く流れる。

そして2部目が予告動画でも流れるメインの話となる。

1話どうよう、ボクチャンはロシアマフィアの追い込み味が怖すぎて詐欺師から足をあらうといって、ダー子たちとは縁を切ると宣言する。

もちろんメインキャストなので最後までこの流れでいくのでしょう!

真面目に働こうと職探しをするボクチャン、都会は似合わないので田舎の温泉町にある老舗旅館『すずや』で住み込みで働くことになる。

老舗旅館『すずや』の女将は本仮屋ユイカだった。

ボクチャンは本仮屋ユイカに一目惚れしてしまう。

ところがそのすずやは、2年前、隣町に桜田しず子社長(吉瀬美智子)が率いる大手ホテルチェーン・桜田リゾートが出来てから経営不振が続いていた。

経営不振なのに、新人従業員のボクチャンを雇うのは、ちょっと話に無理があるがそこは目をつぶって上げてね。

1話を見て思ったけどこのドラマはテンポが早いまさに、爆発した君の名のパクリですね。

最近の月9は低視聴率が続いているので、なにがなんでも視聴率をとりに来ている感じ。。。

でも、今回もちょっとこのメンバーでは厳しそうだが・・・・

それはさておき、追い詰められたすずやの女将・操(本仮屋ユイカ)は、旅館を桜田リゾートに売却することを決意する。

しかし、桜田リゾートの締結条件は

従業員は引き続き雇うこと

それなりの金額で旅館を買い取ること

になっていたが、いざ売却になると

従業員は解雇

旅館の価値は0

とやりたい放題の吉瀬美智子だった。

吉瀬美智子いわく、このゴミ旅館に1円も価値もない、そして、私がいったのは、従業員が私のレベルに達していれば引き受けるといったのよ!

とやりたい放題だった。

それに怒ったボクチャンは一人ではないもできないので、長澤まさみとリチャードに、桜田リゾートを懲らしめるように依頼する。

そして、1話と同じく猛勉強をして、桜田リゾートに就職した長澤まさみ、しかし、吉瀬美智子はそうとう切れ者でなかなかうまく詐欺ができない。

アノ手この手で対抗するが、全て好かされてしまう。

2話目にして早くも詐欺が失敗してしまうのか??

まあ、ロシアンマフィアに失敗してしまっているが・・・・
⇓   ⇓   ⇓
2話の詳しいあらすじ・ネタバレ

ドラマ「コンフィデンスマンjp」の動画3話あらすじ・ネタバレ

ボクちゃん(東出昌大)は、カフェでアルバイトをしていた画家志望の美大生・須藤ユキ(馬場ふみか)と知り合う。だが、ユキが高名な美術評論家・城ケ崎善三(石黒賢)にもてあそばれ、自殺未遂にまで追い詰められたことを知ったボクちゃんは、城ケ崎から金を奪おうと決意。ダー子(長澤まさみ)には内緒でリチャード(小日向文世)に協力を依頼した。

するとリチャードは、大物相手だからダー子を加えた方が良いと判断して、勝手に彼女にも話してしまう。

城ケ崎は、貧しい家庭に生まれ育った。画家だった父は、才能に恵まれなかったものの気位だけは高かったため、母と共に苦労してきたという。美術評論家になったのも父のような画家に引導を渡すためだった。独学で古今東西のあらゆる芸術作品を学んだ城ケ崎は、バブル崩壊後に行方不明になっていたいくつかの名画を発掘して名をはせ、今では美術品を鑑定する冠番組まで持っていた。しかしその本性は、女癖が悪い上に、持ち込まれた美術品の真贋を偽って安く買い上げ、裏社会の顧客に脱税資産やマネーロンダリングの手段として密かに売却して大儲けしている、欲と金にまみれた男だった。

ダー子は、中国人バイヤー“王秀馥”として城ケ崎のオークションハウスに潜入し、金に糸目をつけずに大量の作品を買い上げることで彼の信頼を得る。さらにダー子は、城ケ崎を騙すためのタネとして、旧知の贋作画家で、あらゆる時代の有名画家のタッチを知り尽くしているという伴友則(でんでん)に、ピカソの“まだ世に知られていない作品”の制作を依頼するが城ヶ崎にバレてしまう。

ドラマ「コンフィデンスマンjp」の動画3話見どころ感想

冒頭の名言ヒントから予想できなかったのが悔しい

相手に贋作を見抜く力があるのなら、贋作ではなく自分達で描いたオリジナルの絵を作り、それをあの手この手で価値あるものだと錯覚させてしまえばいい。

ダー子達のそんな逆転の発想に驚かされた第3話でした。

毎回きちんと冒頭で著名人の名言を引用しつつ、その回の内容がどんなものになるかのヒントを出してくれているんですけどね。

しかし実際に描かれるまでなかなか気付けないのが悔しいです。

それにしてもダー子達が城ヶ崎を騙すための絵を濫造するシーンが実に楽しそうでした。

あれだけ自分達も楽しみながら仕事して、それで見事に3.5億も巻き上げたのですから、ダー子としてはそりゃあ笑いが止まらないでしょうね。

彼らコンフィデンスマンがこの仕事から足を洗うような時はまだまだ訪れそうにありません。

ハイテンションな長澤まさみさんに、やっと慣れてきた

最初のうちは、ハイテンションすぎる長澤まさみさんに、こちらのパワーまで吸い取られそうな気がしていましたが、ようやくそのハイテンション2慣れてきました。特に、今回の長澤まさみさんは、自分の計画がふかんぜんだったために、でんでんさんが逮捕されてしまって、ぞのリベンジを果たすために、石黒賢さんを陥れてやろうという気合いがすごく感じられて良かったと思います。

とは言え、中国人の人が見ていたら、長澤まさみさんのインチキ中国人の過剰な演技には、良い気分はしないだろうなと、ちょっと心配になりました。でも、ピカソが亡くなってから、その才能が認められたように、のちに『天才』と言われるようになる人は、得てして生前は不遇な時代を送ることが多いだろうと思います。
⇓   ⇓   ⇓
3話の詳しいあらすじ・ネタバレ

ドラマ「コンフィデンスマンjp」の動画4話あらすじ・ネタバレ

ダー子(長澤まさみ)は、食品メーカー・俵屋フーズで工場長を務めている宮下正也(近藤公園)が、自社製品の産地偽装を告発しようとしていたことを知る。看板ヒット商品の缶詰「うなぎのカレー煮」で、外国産のうなぎを国産だと偽って使用していたのだ。しかし宮下は、同社社長・俵屋勤(佐野史郎)の脅しに屈し、告発文を出すことはできなかった。俵屋は典型的な二代目のお坊ちゃんで、公私ともにやりたい放題、社員へのどう喝、セクハラも日常茶飯事、というとんでもない男だった。

そんな俵屋を新たなターゲットに選んだダー子は、彼が熱狂的な映画ファンであることに注目する。ダー子たちは、俵屋が定期購読している『月刊キネマ新報』を、“映画人が愛した銀座のカフェバー・スワンソン”なる記事を載せたニセモノと差し替えて、彼をその店に誘い込むことに成功する。

そこで、新人映画監督に扮したボクちゃん(東出昌大)と、映画プロデューサー役のリチャード(小日向文世)が巧みに俵屋に近づき、オールスターキャストで制作されるという新作時代劇映画への出資を持ちかける。ところが俵屋は、ボクちゃんたちの話にかなり興奮していたにもかかわらず、何故か出資話には興味を示さず……

ドラマ「コンフィデンスマンjp」はどこで見れるの?AD

ドラマ「コンフィデンスマンjp」はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で31日間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

そして、雑誌も見放題


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ
[br num="1"]

しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。



ドラマ「コンフィデンスマンjp」を全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-FOD, コンフィデンスマンJP

Copyright© ドラブロ , 2020 All Rights Reserved.