フジテレビ 絶対零度

絶対零度動画フルシーズン1無料2話パンドラあらすじネタバレデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1の動画2話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1動画フル2話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第1話~11話最終回の動画はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第2話ゲスト

日向葵(原田佳奈)

富士見医大研修医、花屋を父親から引き継いだ冬樹と付き合っていた、冬樹が訪ねた時、刺されていた葵を発見し、病院に運ぶが、手術の甲斐なく死亡。(享年25)

野宮冬樹(ムロツヨシ)

事件当時27歳、目標としていた建築士をあきらめて花屋の営業をして、病院にで入りしていた、今は葵のいた病院の看護師長と結婚して暮らしている。

桐山義之(大高洋夫)

葵の勤務先の外科部長で上司、運ばれた葵を手術した。

野宮(旧姓佐々木)千秋(高久ちぐさ)

事件当時葵の病院の看護師、今は看護師長で冬樹の妻。

立花志保(阿南敦子)

事件当時の看護師長、事件の後病院を辞めている。

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第2話のあらすじネタバレ

何でも拾ってくる老婆の家から出てきた未解決事件の凶器

1995年4月、恋人の日向葵(原田佳奈)が刺されていたのを訪ねた野宮冬樹(ムロツヨシ)がみつけるが、同時刻起こった異臭騒ぎにより、救急車は出払い、冬樹は葵の勤務先である病院まで、自分の車で運んだ。

運ばれてきた時、葵の手に握られていたカフスボタンを、当時の看護師長立花(阿南敦子)は、確認する。

2010年4月、なんでも拾ってくるごみ屋敷の老婆が亡くなった、市役所職員がごみ屋敷を片付けている現場から、英字新聞に包まれた血まみれの包丁が発見される、これが日向葵殺害の凶器だった。

凶器の発見により、この事件の再捜査が始められることになった。

時効まであと7日間の事件

事件当時、恋人同士の冬樹と葵が喧嘩している姿の情報もあり、第一発見者でもあることから、冬樹が疑われたが、彼の犯行と決定する証拠もなく釈放された。

その年の3月地下鉄サリン事件が起き、同じ日に起きた近くの異臭騒ぎもサリンとの同一犯ではということも有り、事件を担当する警察の方も手薄だったという。

15年前の事件、殺人の時効は15年、その時効まであと7日間という時だった。

2010年4月27日に時効は廃止されたが、この事件の時効は2010年4月16日、国会では、即日施行となった法案だったが、この事件は、撤廃には間に合わない案件だった。

英字新聞に包まれた凶器、英字新聞に包んで花を売る冬樹

ごみ屋敷から発見された英字新聞に包まれた凶器と、英字新聞を鑑定する科捜研の所に白石(中原丈雄)と泉(上戸彩)は、やってきた。

分析研究員の竹林(木村了)から英字新聞から、被害者の血液ともう一人の血液、赤と黄色のバラの花粉が検出されたことも聞かされる。

これから捜査に行く葵の指導医だった桐山((大高洋夫)は、今や国内でも有名な脳外科医、病院の評判を気にして、捜査に非協力的だ。

聞き込みに行った倉田(杉本哲太)と塚本(宮迫博之)は、簡単な会話しか出来ず、あとは弁護士任せにされてしまった。

冬樹の方に聞き込みに行った白石と泉に、「まだ俺疑われているんですか」と軽い調子でいう冬樹、奥から妻の千秋(高久ちぐさ)が、出て来て子供がいるから殺人事件の話は辞めてほしいという。

お詫びと言って白石は、バラの花を1輪買って帰る、その花は英字新聞につつまれていた。

子供がいると言って、二人を追い返した千秋は、当時葵の病院の看護師、白石は、「二人は何か知っていそうだ」と予想する。

意外に敵を作りやすいタイプだった葵

高峰(山口紗弥加)と深沢(丸山智己)は、当時冬樹と葵が言い争いをしていたと、証言していた東海林(中村晴日)に話を聞いている、「葵を恨んでいる人は大勢たでしょう」と当時は言わない事を言う東海林は、病院の評判が下がることは言えなかったという。

仕事が出来て、正論で、理想主義な彼女が、建築士の夢をあきらめて、家を継いだ冬樹をなじっていたところに、千秋が、割って入って冬樹をかばったという出来事もあったと、面白そうに語る。

今は、美容整形外科医で、大病院から離れた東海林は、ペラペラとよくしゃべる。

その証言を元に、塚本は、千秋を呼び出し、話を聞くと、葵は彼女が連れてきたゲンさんが病室にいないことを、当時の師長に食って掛かるように聞いていたことも有ったという話をしている。

何かを隠している病院関係者たち

冬樹の店でバラを買った白石は、花を処理中だった冬樹がバラのとげを刺して血の付いたバラをあの時買のには目的があった、科捜研に冬樹のDNAの検査を、バラから血の成分を調べてもらおうと思ったのだ。

泉は卑怯だと怒るが、高峰に、それを証拠にせずに、取り調べの時にもう一度検査をすればいいと、オトナの対応、今回のように時間が無いときには、少しでも早くデータはあった方がいい。

ゲンさんの話から、医療過誤の隠蔽の線も疑っている高峰、泉はその線で過去の調書を当たっているが、ゲンさんはおろか、葵と仲のいい患者も見つけられない。

次の日、倉田はもう一度、桐山に話を聞きに行き、事件当時のカルテを見せてほしいと頼むが、「医療過誤などない」といわれる。

高峰と白石は、看護師長を辞めた立花に話を聞いている、元プロファイラーでもあった高峰は、立花の様子から、この事件の後、仕事を辞めたのは体力的なことだと言った立花の言葉に嘘を感じ取っていた。

高峰と食事をしながら、白石は、杉並の事件の話をしている、高峰がプロファイラーを辞めたことと何か、関係がありそうだ。

他人にも自分にも厳しかった葵、それをわかって付き合っていた冬樹

桐山から邪険にされても、カルテを借りてきた倉田、大きな病院だけあって、カルテの数も膨大、捜査員全員で、徹夜でカルテのチェックをするが、改ざんも医療過誤と思われる症例は、探し出せなかった。

さらに白石が、もってきた冬樹のDNAも犯人の物とは不一致、もう一度洗い直しになってしまった。

その夜、泉が一人で資料を読み返していると、冬樹がやってきて当時の葵のつけていたノートを手渡してくれた。

「あの日、葵と約束の時間に遅れて、間に合っていたら葵は死ななかったかも、それに最後に何か言おうとしていたんだけど、俺…聞き取れなくて」

冬樹は、葵と付き合い始めた頃のことを思い出していた、「言い方がきつくて相手を八方ふさがりになるまで追い詰める」って笑いながら言うと、ナースたちが、葵と「働きたくない」って言っていたのを耳にしてしまったといって泣き出してしまった。

「患者さんの命を預かるから手を抜けない、俺たちに厳しいのと同様に、日向先生は自分にも厳しい、だから俺も3回も落ちた建築士の試験を頑張ろうと思えた、日向先生は良い医者になるよ」

「俺の名前が冬、日向先生の名前は向日葵(ひまわり)、今さいている桜は、俺と日向先生をつないでくれる」うるさいなと言いながら、冬樹の言葉に喜ぶ葵。

冬樹は、【今葵と向き合っていて家を出ている】という、警察を出る時、千秋がやってきて、冬樹に家に戻って欲しいという、何も言わずに微笑む冬樹は、そのままどこかに行ってしまう。

「どうして15年も経って捜査を始めたんですか?日向先生が亡くなってから、冬樹を支えたのは私なんです」千秋は、泉にそう言った。

これからも沢山の命を救う医者の逮捕、心が揺れる泉

倉庫で落ち込んでいる泉に、長嶋室長が、バナナを差し入れにくる「事件の再捜査が、関係者の今を壊してしまったらどうしたらいいんでしょう」と、泉は聞いてみた。

「人から与えられた答えに意味なんてない、自分の頭で考えろ、時効まであと31時間だ」そう言って室長は部屋に戻っていく。

冬樹に託されたノートから、ある公園にいく、そこでここに20年もいるホームレスの村長に、泉は話を聞いた。

行き倒れて頭にけがをしていた、ホームレスのゲンさんを介抱していたのは、葵だった、葵と病院に行ってゲンさんが戻ってくるのを待っていたが、手術になり葵たちは帰されてしまった。

ゲンさんはそれっきり行方知れずになってしまったという。

それが、当時の看護師長の立花と葵の口論の原因になった。

立花の夫は、ある難病にかかっていて、その手術の第一任者は、葵の指導医の桐山だった、夫の事を桐山に頼み込む立花の姿を見た人もいるという、「ゲンさん」の医療過誤をもし桐山がしていて、立花がそれを知っていたら…。

桐山にもう一度確認に行くと、3時から手術があるという、立花の夫と同じ難病の少女だ、桐山をもしも、逮捕したら、彼の手術を待つ人達は、手術をしてくれる人が居なくなる、という犠牲を生む逮捕になる。

「やめるか?」白石に問われる泉だが。

ホームレスを運んだ時の、架空のカルテ、その手術の結果は、カルテには書かれなかったが、科捜研の捜査で、その上の別の紙に書いたであろう文字が浮かび上がる。

さらに桐山をかばう、立花に桐山は立花の夫の手術はせずに、アメリカの大学に赴任するという事実があった、見捨てられたと、気が付いた桐山は、タバコを吸って、一服した後、話し始めた。

ただの打撲のホームレスを、開頭オペをして、実験台にすると言いだす桐山、「血管のバイパス手術を一度やって見たかった」ゲンさんは、死んでしまったのに、涼しい顔で、「硬膜下血腫で処理したから問題が無い」と処置を終えてしまった。

葵は、桐山の机周りから、この時の紙を見つけ桐山を告発すると言った、桐山は葵の家まで来て、告発を思いとどまるように言ったが、聞き入れない葵を、殺してしまったのだ。

この時、葵の手に握られていたカフスボタンは、もみ合っている時に、桐山の袖からとった物、葵が運ばれてきて、手から落ちたカフスボタンに見覚えがあり、それを隠し持っていたのは、桐山に夫を手術してもらいたい立花だったのだ。

カフスボタンからも証拠がでて、逮捕令状が時効前に出された。

10時間もの、手術を終え、出てきた桐山は、泉に手錠をかけられた、「何人も救う医者であっても2人を殺した事実は消えない」そう言って。

二人で葵の事を背負っていくと決めた冬樹と千秋

15年前、葵はホームレスの村長から、「なぜ、ホームレスなんか助けた」と聞かれ、「ある人に胸を張れる医者でいたい」そう答え「でも別れちゃった」というと、村長は、「まだ思っている気持ちを伝えないとダメだ」と言ってくれた。

泉は、村長に聞いたことを冬樹にも伝えた、冬樹は、「俺は15年経っても葵に胸を張れる男になっていない、それに千秋まで傷つけた」そう言った。

公園の桜の下で、冬樹に伝えた場に、泉は、千秋を呼び出していた、「日向先生の事は、私も背負っていく、たけしも待っているからいっしょにかえろう」と言って二人は、新たな生活に戻っていく。

医療は、どんな人にも、分け隔てなく

倉庫、で時効ギリギリで解決した事件を解決済みとして片付ける泉、長嶋室長が、今回もまた優しく声をかける。

「立花の夫の為に、助成金の申請を当たっているそうだな」桐山先生がいない今は、海外での手術になるから」そう言って、自分にできる範囲の手助けを方法を探る泉。

室長は、また泉とバッティングセンターに行こうと言うが、今日の泉には行く所があった。

今回の事件で、いろいろ教えてくれた、村長はじめホームレスの皆さんと花見がてらの宴会で「分け隔てしない医療をした葵」を想いながら泉は飲んでいた。

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第1話~11話最終回の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第1話~11話最終回はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で1か月間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー123全話(2018年9月15日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2019年6月25日まで)
韓国ドラマ「シグナル」(2022年10月16日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ


⇓   ⇓   ⇓
昼顔ドラマ全話あらすじネタバレ

『ドラマ「絶対零度」』(2019年4月15日まで)は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

ドラマ「絶対零度」シーズン1第1話~11話最終回をFODで全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-フジテレビ, 絶対零度

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.