2018夏ドラマ 絶対零度

ドラマ絶対零度シーズン3動画フル5話無料パンドラあらすじネタバレ

更新日:

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3の動画5話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3動画フル5話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3の動画はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3第5話ゲスト

岡崎直樹(道枝駿佑)

ミハンシステムが導き出した17歳の危険人物、学校の成績もよくスポーツ万能、父は文科省の役人。

岡崎治(吉満寛人)

直樹の父親

安田智之 

2017年のホームレス殺人事件の容疑者、川上邦明の証言するアリバイで容疑者から外れたが。

川上邦明(近藤公園)

凶悪犯罪のルポライター、元大手新聞社の記者、動物虐待など犯罪予備軍の少年少女に近付いている。
⇓   ⇓   ⇓
超高速参勤交代あらすじネタバレ

超高速参勤交代リターンズあらすじネタバレ

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3第5話あらすじネタバレ

ミハンが導き出したのは17歳のエリート高校生

ミハンの部屋で一人過去の事件、練馬台連続殺傷事件を見ている東堂(伊藤淳史)、井沢(沢村一樹)たちを呼び出してミハンシステムが導き出した危険人物をメンバーに伝える。

画面に映し出された少年をみて、井沢らは、その年齢に驚く。

有名私立高校に通い、成績はトップクラス、バスケ部のエース、父親は文部科学省で、次期事務次官候補と言われる岡崎治(吉満寛人)

南(柄本時生)はそその17歳の少年岡崎直樹(道枝駿佑)を見た瞬間、「仮面をかぶったような顔だ」と立ち上がる、東堂も「言い得て妙ですね、世田谷区で、動物殺傷事件が何件も起きていて、コネも子を持ち去る画像から岡崎が、犯人と疑われている」という。

これまでも動物虐待から殺人事件が起きたケースは数多くある、画面に出されたその数に驚く小田切(本田翼)。

アメリカでは、動物殺傷は重大な罪であり、人間に対するものと同じ程度に扱われるが、日本では、刑罰も軽い。

「今月に入ってすでに3件、ここまでくると次の対象は、人に移るかもしれない」その危険性を感じ、ミハンは動き出す。

少年の学校にバスケ部コーチとして潜入した山内

青葉中央高校の体育館では、バスケ部が練習している、山内(横山裕)は、バスケ部のコーチとして潜入していた、何故か採用してもすぐに変わってしまうというコーチ、そこにも何か問題があるようだ。

岡崎に探りを入れようとしたが、岡崎は自分から近付いてきて、山内に「1on1で勝負しよう」と新人コーチの力量を計ろうとしているようだが、周りの冷やかしとも取れる声からそこには悪意を感じる。

3ポイント先取で始めた試合、最初の1ポイントは岡崎が取るが、後は、岡崎のボールを山内が次々にカットし、この勝負は山内が勝った。

「先生が指導してくれたら、今年は全国目指せるかも」と笑顔で信頼を寄せるようなセリフを言う岡崎、山内はそんな岡崎を冷静に見ている。

そんな山内を離れた後、ウザそうに見つめる岡崎。

岡崎を調べているというジャーナリスト川上

田村(平田満)は、小田切と一緒に街の状況を調べる警官として、岡崎の家の付近を調べるが、特に変わったことはないという、逆に岡崎直樹は、「火事の時にお婆さんを命がけで助けたことがある勇敢な少年」として認知されている。

小田切と田村が直輝の動物殺傷の疑いの話をしながら歩いている後ろを、川上邦明(近藤公園)がいったん通り過ぎて、また戻ってきて「岡崎直樹の事を調べているのですか」と言ってジャーナリストである自分の名刺を渡す。

彼も動物殺傷の件で、岡崎直樹に接触して警察の動きも探っているような物言いをする。

川上は、有名なジャーナリストで数々の事件のレポートを本にして、危険な現場にも恐れずルポしていると南は言う。

そんな南に井沢は、次は岡崎と川上がある喫茶店の映像のハッキングを依頼して、「何を話していたのかも調べて」という、文句を言いながらも調べる南。

サイコパスの関係する事件

山内は指導が終わった後、待機している井沢の車に乗り込み、岡崎に関する事を、聞き込みしたという。

バスケ部を辞めた生徒は、女子部員の部室を盗撮したと疑われ退部、優秀な指導員もあらぬ噂を立てられて、辞めざるを得なくなったものが多いという、共通して誰もその罪を認めては、いない。

学校裏サイトで情報が飛び交うことが火種だという、「自分が支配できる環境を作っているのだろう」と山内は予測する。

学校裏サイトを確認すると、ほとんどの誹謗中傷は岡崎の携帯から書かれたもので、見えてきた人物像は、「表面上は口達者で魅力的、慢性的に平然と嘘をつく、人を支配して操ろうとして、良心の異常な欠如、まさにサイコパスの症状である。

サイコパスは、犯罪者にも多いが不通に生活しているものも多く、中には成功者もいる。

井沢の知るサイコパスは、どんな場面でも緊張しない爆弾処理担当の知り合いがいて、彼は爆弾処理のスペシャリストになったらしい。(意味ありげに田村を映す画面)

魅力的で人を引き付ける魅力のあるサイコパス、岡崎のお婆さんを助けた話も、たいしたことのない、ボヤの話が大きくなっているという。

岡崎と川上が喫茶店や、街角で逢っている風景を探し出した南、その様子を見るとお互いに心を許しているように見えるが、岡崎の本音はわからない。

井沢は、小田切に川上と接触するように言ってみんなはそれぞれの捜査に当たる。

川上は岡崎の殺人衝動の抑止力なのか

偶然触れてしまったタブレットの1993年の練馬台連続殺傷事件の記事、南はそこに東堂の名前を見つける。

川上と待ち合わせた小田切は、「岡崎とどんな話をしているか」と聞くと、「人は何故殺人を犯すかとか、そんな話をしている」と言われて驚く小田切。

山内と田村は車の中から、岡崎の様子を見ている、川辺で魚にエサをやっているようだが、スマホをいじって何かしている。

山内は、「学校裏サイトに何か書いていないか見てくれ」と言ってみると山内が潜入したことで、彼の悪口が書かれていた。

それもすべて岡崎の携帯からの書き込みで「すごい罵詈雑言」と言って南は笑う。

自分にとって邪魔な存在をこんな風に落とし入れて排除してきたのだろうと山内は言う。

川上と会っていた小田切に「人間は生まれつきの殺人者なんですよ、あなたもね」川上は自信たっぷりにそういう。

「殺したいという思いは、家族や恋人友人の存在、法律や道徳などの抑止力に酔って止められるかどうかにある、孤独は人を追い詰める」と。

井沢の指示で、岡崎の動物虐待が殺人に繋がるかを聞くと、「殺人衝動の他に、DVやパワハラを受けていたりすると、そんな自分を開放するために行う可能性もあり、文科省の父親からの精神的な抑圧があったのかも」と持論を展開する。

「彼の苦しみを理解できる人が居れば抑止力になる」と川上が、小田切に言った頃。

山内達は、動物殺傷をするのではと見張っていた岡崎が、川上からの電話で、そのまま家に帰ったシーンの録画を見ている。

東堂がミハンを立ち上げた悲しい過去

署に戻って、小田切は、川上から聞いてきた殺人衝動の心の揺れについて、みんなに話している。

波のように押し寄せる感情を抑える防波堤の様な者があれば、殺人衝動は抑えられる、川上は、岡崎にとって防波堤になって、殺人衝動を止めた…岡崎の家を張っている田村の前で、岡崎は父親に甘えているような様子で楽しそうだ。

「岡崎直樹はもう殺人をしないのでしょうか」田村の問に、「岡崎のマークは続けて、川上を徹底的に調べろ」という藤堂の言葉を井沢は伝えた。

「岡崎が反社会的サイコパスだとして、そんなに簡単に人に心を許すか」というのが引っかかるのだという。

反論する小田切に「東堂さんなりの考えがあるんですよ」、と南は言って東堂が子供の頃、巻き込まれた練馬台連続殺傷事件の資料をみんなに見せる。

この事件は、井沢も知っていて、動物殺傷を続けていた反社会的サイコパスによって起こされた事件だという。

その事件で東堂の首に大きな傷を残し、東堂の父親は亡くなった。

「岡崎はみんなの心を支配して来たんだよ、もしも川上が岡崎の心を支配したんだとしたら…どうやったんだろうね」みんなに語り掛けるように井沢はつぶやく。

2017年ホームレス殺人事件にもかかわっていた川上

次の日、井沢・田村・小田切は川上の家に潜入し、調べ隠しカメラを仕掛ける。

川上のスクープは、兄の自殺、同級生の自殺、毎朝新聞時代の同僚の謎の転落死と身内や知り合いの記事が続いた後、昨年の未解決のホームレス殺人事件が、大事に保管されている。

山内と南は、捜査一課の早川(マギー)に確認に行くが、山内ともめる早川、その間南に、板倉(田中道子)が冷静に、教えてくれるという、その時じっと南を見つめる板倉の目、まさか、南に恋?!(笑)

物的証拠はなく、目撃証言から当時16歳の少年が疑われたが、アリバイを証言するものがいた、それが川上邦明だった。

その少年の名前は安田智之、彼は本格的にミハンの捜査が始まる前、今回のように危険人物として、ミハンがはじき出した人物だった。

川上が嘘の証言をしたとしたら…「岡崎と川上二人共、反社会的サイコパス同士で共感しあったのではないか」東堂の考えから「川上が動物殺傷の少年少女と会っていたのは防波堤ではなく、背中を押すためではないか」

「この世の中には絶対的な悪がいる、ある日突然、大切な人の命が奪われる被害者の痛みなどみじんも感じない、人の命を弄ぶ、川上邦明を徹底的にマークしてください」と東堂はミハンのメンバーに強く語り掛けた。

サイコパスでもある川上と対峙する井沢

川上の部屋の隠しカメラを確認した南が突然、「これを見てください」画面には、隠しカメラに向かって、ミハンメンバーを挑発する川上の姿があった。

川上もまた部屋に隠しカメラを仕掛けていて、潜入時の井沢たちのようすをカメラに収めていた。

井沢は言われる通り、直接川上の家に話を聞きに入った、窓を開けて外に止めてある井沢の仲間の存在まで確認したうえで、冷静に井沢にコーヒーを入れてくれた。

井沢は単刀直入に「あなたの周りには、事件・事故が起きている、そして今は動物殺傷をする少年たちの背中を押して事件を起こさせているのではないか」と問いかける。

唐突に「40歳を過ぎてから、子供や動物を育てると、気づかされることがありますよ」そう言った川上に、「殺人者が殺人者を育てるといいたいのか」笑って飲み物を口にする井沢。

じっと井沢を見つめ「あなた人を殺したことがありますね、分かるんですよ、私には、かねがね警察ほど、殺人を行うのにいい隠れ蓑はないと、思ってきました」井沢は否定もせずただ川上の説を聞いている。

「殺人経験のある刑事が岡崎を止められるか見ものだ」すでに、川上は岡崎の背中を押していた。

文部科学省に入り込んで事件を起こす岡崎

井沢が山内に確認すると学校に岡崎の姿はなかった、南がGPSで岡崎の居場所を確認するもわからない。

「岡崎が誰を殺したいのか、あなたならわかるはずだ」挑戦するように井沢に語り掛ける川上、「文部科学省だ」岡崎の父親のいるそこへ行ったという井沢の言葉に、「ターゲットは父親?」と聞く小田切。

「違う、彼はすでに父親も支配している、反社会的サイコパスである彼の目標は殺人をすること、相手は誰でもいいんだ」そう井沢が言った時、岡崎は父親からもらったパスで、文部科学省の中に入り込んでいた。

ミハンメンバーは文科省に向かう。

ニュースでも話題になっていた3Dプリンターで作る拳銃を持参して、材質が拳銃のそれとは違うの、入る時の検査にも引っかからず銃を持ち込んだ岡崎。

それを見とがめた役人を先ず撃つ。

次々に自分の前に立ちはだかる大人たちを無表情に撃つ岡崎、楽しそうに微笑みながら、怯える人達に銃を向ける、目の前で転んで怯え床を這いつくばる女性、ジュを向けた途端、女性を抱きかかえて弾をよける山内。

「先生、なんでこんなところに?」そう言いながら山内に銃を向けたその時、岡崎の父親がやってくる、「来ないで」と井沢の言葉に「この子は私の息子だ」と言った父の眉間を撃ち抜く岡崎。

「ああ、やっと殺せた」そう言った後、後ろから銃を払い落とした井沢にポケットに入っていたナイフで威嚇する岡崎だったが、微笑んで自分の首筋の頸動脈を切り倒れる岡崎。

川上の存在によって防げなかった事件

すぐに出血を抑えようと、山内と東堂が駆け寄るが、そこへ事件の詳細をカメラに収めようとする川上がシャッターを押し続ける。

「彼に約束したんですよ、最高の記事にしてあげるからね、と」

その言葉に東堂は激昂し、川上の首を絞め始める、必死で止める田村。

でもほかのミハンメンバーは黙って見ていた。

「ミハンが殺人者をみつけても、川上の様な男がいる限り殺人事件は無くならない」東堂の言葉に「川上は法の目をかいくぐってこれからも殺人を犯しますよ」と言って、井沢もそれに答える。

山内に「井沢が殺人者と言われたことで何か知っているんじゃないの」と聞く小田切に「井沢さんはかつてミハンが危険人物とはじき出した人だ」と教える。

事件の後、自分の書いた記事に祝杯をあげるように、グラスを傾ける川上。

彼が表に出た時、そこに井沢らしき男がいて科赤身の後をついて来る「来ると思っていたんです、私を殺しに」もみ合った後、サイレンサー付きの銃で心臓を撃たれる川上。

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3第5話面白いつまらない評価は100点満点で何点?

80点 新しい展開につながりそうなエピソードでした。

面白かったです。

これまでと違って犯人に翻弄され、AIなどハイテクな捜査方法の限界のようなものが少し描かれており、伊藤淳史や沢村一樹といった謎が多い人物に関いても語られることも多くなってきたから新しい展開につながるエピソードだと思います。特に今回衝撃だと思ったのが、ラストのシーンです。他の回で逮捕できなかった犯人を裁く何者かが登場していましたが、今回初めて後ろ姿が登場し、その姿が沢村一樹だったことです。予告でも沢村一樹が疑われており、今後の展開に注目しています。

そして、今後の注目は柄本時生と田中道子です。5話にて田中道子が柄本時生のことが気になったようなシーンがあり、恋に発展しそうな感じがしてよかったです。

87点 反社会的なサイコパスが反社会的なサイコパスを利用して犯罪を行わせる恐ろしさ。

ミハンAIシステムが重大犯罪予備群として判定した危険人物が未成年の少年がモニターに出た時に南が仮面を被っていると発言したのが強く印象に残っていて、資料係の仕事をしてきただけでしたが犯罪の詳細を見続けた事で犯人の特徴を感覚的に見分ける能力が身に付いていたように思えました。

サイコパスは数多く存在していて、気を付けなければならないのは反社会的サイコパスとはわかりましたが、危険と判定された少年とフリージャーナリストの川上が共に反社会的なサイコパスで共感することができると井沢たちが導き出しましたが、少年は支配欲があったものの川上に上手く誘導されて犯罪を行うように支配されている気がして、反社会的なサイコパスの中にも優劣が存在する事を感じました。

ミハンAIが予測した結果は正しかったけれど少年の犯行を止められなかった事で、全く存在感がなくなった行方不明になっている桜木泉が出てくるのかと考えてしまいました。

100点 サイコパス少年の背後に黒幕がいた

冒頭は、動物虐待する少年が、殺人の予兆があるとして調べ始める普通の話だと思っていたら、その影で操る記者がいたという設定は面白かった。

記者は、動物虐待のことを調べるとそこから少年に近づく、少年とにこやかに笑談する様子が、山内ら捜査員によって分かってくる。

単なる取材と見えたその笑談が、実は、少年のサイコパスの面を上手く引き出す行為だったとは驚きでした。

ドラマでは、直接描かれてなかったが、おそらく、自己顕示欲の強い少年を、君は特別な人間だとか言いおだてて、少年の心の奥にあるものを、言葉巧みに引き出したのではないかと予想する。

実は、その記者は、今回の少年だけではなく、過去の様々な、少年犯罪に関わってきたと言うくだりもストリー展開がよく面白かった。

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で1か月間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー123全話(2018年9月15日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2019年6月25日まで)
韓国ドラマ「シグナル」(2022年10月16日23時59分)
絶対零度シーズン1(2019年4月15日まで)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ


⇓   ⇓   ⇓
昼顔ドラマ全話あらすじネタバレ

『ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」』(2019年4月15日まで)は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3をFODで全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-2018夏ドラマ, 絶対零度

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.