2018夏ドラマ 絶対零度

ドラマ絶対零度シーズン3動画フル4話無料パンドラあらすじネタバレ

更新日:

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3の動画4話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3動画フル4話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3の動画はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3第4話ゲスト

佐伯卓郎(小野了)

田村の幼なじみの銀行員、由梨の父親とは親友だった

岡本由梨(佐藤玲)

父親が佐伯の銀行の融資の停止により自殺に追い込まれたことで、佐伯を恨んでいる。

岡本修二

由梨の父親、正当防衛で従業員の大島を突き飛ばした時に殺してしまった、その罪の意識に耐えられず自殺した。

立石悠馬(小林且弥)

腕にサソリの入れ墨をしている今回の事件の主犯格これまでも、このグループでいろいろ事件を起こしている。

日浦穀

銀行強盗の仲間

新井大雅

逃走用の車を運転している。

大島

工場の金を持ち逃げしようとして、見つかり岡本修二の首を絞めるが、突き飛ばされて死んでしまった。

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3第4話あらすじネタバレ

ミハンが選んだ危険人物は地味な銀行員!更にそこに強盗が入る!

ミハンシステムが、今回の危険人物として指摘したのは、わかば銀行に勤務する佐伯卓郎(小野了)58歳銀行マンで、特に無駄遣いをしているわけでもないのに、貯金もない彼が何に金を使っているのか謎だった。

すでにわかば銀行に行員として潜入している小田切(本田翼)が飲み会の参加について、声をかけても黙って首を振るような男だが、山内(横山裕)が調べたところによると西麻布のバーに行っていたという事実がある。

会員制のバーで入れなかったため、南(柄本時生)に内部を調べてもらったら、若者が行くような店で、こんな地味顔のオッサンが行くとは考えられないという。

小田切の他に潜入したのは、中国人に変装して中華料理店の2店舗目を作るので融資をして欲しい男に化けた田村(平田満)だったが、なんと!この地味顔の佐伯と幼なじみだった。

びっくりしたせいか、役作りのために食べた四川料理が悪かったのか突然お腹が下る田村。

田村がトイレに入った頃、銀行内には、銀行強盗の男たちが入ってきた、犯人たちは拳銃を打ちながら、監視カメラの映像を消させ、行員や客をおどしている。

監視カメラがわりに、小田切が用意した、モニターで、内部の情報を送る、犯人の一人は、銀行の大金庫に佐伯を連れていき、金庫を開けさせようとするが、指紋認証で開けようとした佐伯がそこに指を置いた途端、警報が鳴りだした。

「佐伯が誰かを殺す前に、強盗に殺されちゃいますよ」南は言うが、佐伯の動きから、佐伯は、銀行強盗が入ることを事前に知っていた」と井沢(沢村一樹)は言う。

佐伯と銀行強盗は繋がっている!

井沢が佐伯と強盗が繋がっていると言った理由は、パトカーが来た時二人の画像を見ると、アイコンタクトをしているとことからだった。

強盗たちは客のスマホを集めている、小田切の隣にいた女性岡本由梨は、「どうして?」と聞くと強盗に蹴飛ばされる、それをかばって、「女に手を出すなんて最低」そう言った小田切に拳銃を突き付けて威嚇するその腕にサソリの入れ墨、それを知らせる小田切。

強盗犯の腕のサソリと、西麻布にたまっている男たちの中の一人の腕の入れ墨が一致した。

苛立つ強盗犯に、金庫室の鍵は本店からも開けられると伝える佐伯、その会話を聞いて佐伯と強盗犯のつながりを伝えていると、何をしゃべっている!と強盗犯に狙われる小田切。

捜査一課の早川(マギー)は、犯人たちに強気でものを言っているが、無視され、「俺たちの要求は2つ、大金庫の鍵を解除しろ、遅れてくる仲間の車に手を出すな」と要求を突き付けられている。

「要求をのまないと一人づつ客や行員を殺す」という犯人たち、「内部の監視カメラは作動していなくて中が見えない」という板倉(田中道子)に言われ、なす手が無い早川。

ミハンの存在は知られてはいけない!東堂と対立する山内

犯人の情報を見つける南、サソリの入れ墨の男は立石とその犯人グループがわかった。

山内はこの情報を捜査一課に渡そうというが、ミハンシステムの存在は知られてはいけないといって、それを東堂は、許可しない。

「銃を持っている犯人に対して丸腰の俺たちがどうすればいいんだ」山内は東堂に食って掛かるが、井沢が適当なことを言って間に入る。

山内は、佐伯の自宅を探してくるといって、佐伯の甥を装って、佐伯の自宅に入り込む。

トイレに入っていた田村もロッカーの中の荷物を探るという。

佐伯と繋がる立石、そして由梨

みんなの情報を骨振動システムで聞いている小田切に、「勇気があるんですね」と聞いてくる由梨の指には婚約指輪、来月結婚すると言う、結婚式で親が離婚してから会えていない母親に会うのを楽しみにしているという。

想像以上に何もない部屋の机の引き出しから、立石悠馬の闇金の返済証明書を見つけ、そのデータをミハンに送る山内、それ以外にはカナダの絵葉書があった。

由梨は、佐伯をにらむように見つめている、この二人も知り合いのようだ。

強盗が佐伯に銃をむけて、佐伯をロッカー室の方へ連れていく、ロッカー室を調べていた田村は、逃げる所を探している。

佐伯たちが入ってきた間一髪、田村はロッカーの中に隠れた。

佐伯と田村の幼なじみの岡本、彼を殺したという佐伯

佐伯は、立石になぜここに由梨がいるのかを聞くと、「俺が呼んだ、父親が死んだ秘密を教えてやると、言ってな」銀行内に電話が鳴り、そちらに出向く立石。

彼が去った後、ロッカーを開ける佐伯、中には田村がいた。

強盗騒ぎで、ここに隠れていたと思った佐伯は、田村と懐かしく昔話を始める、田村と佐伯、もう一人幼い頃一緒に遊んだ岡本。

岡本修二はザリガニ釣りの名人で、釣れなかった佐伯に分けてあげるような優しい子だったという、彼の今を聞くと、「死んだよ、俺が殺した」そんな風に言い出す佐伯、驚く田村に、佐伯は戻らなきゃといって田村を殴って気絶させる。

由梨の父の会社の融資を打ち切ったことで岡本を殺した佐伯

東堂は、今銀行に拉致されている人達の顔認証をしてデータを調べた、その結果、立石が呼んだという存在がわかった、岡本由梨25歳、佐伯が殺したという岡本修二の娘だった。

岡本と妻は由梨が3歳の時に離婚し、ねじ工場を経営する父のもとで育てられた、由梨が高校生の時に自殺して死亡、会社も倒産、由梨は、今は別の家庭のある大分に住む母親から不定期にお金を受け取っていると東堂はデータからわかることを話した。

この岡本の工場には、かつて立石も働いていたという。

小田切が佐伯との関係を由梨に聞くと「、父の友人だった人、父の工場の融資を打ち切って父を自殺に追い込んで殺した」

由梨の話から、今回の事件の原因は、9年前のネジ工場の倒産にありそうだという井沢。

9年前、金を持ち逃げした大島しかし彼は行方不明

山内は、由梨の会社に興信所として捜査に行く、由梨の机の上にはカナダに住む母親からの手紙が届いている。

山内が話している女性は、由梨の父のネジ工場で事務員として働いていた女性で、高校を卒業した由梨は、彼女を頼ってここに就職したという。

山内は父親が亡くなった9年前に何か変わったことがなかったか聞くと、岡本が自殺する1月前、大島という従業員が、金庫の金を盗んでいなくなったという。

でもその被害届を南が探しても出てこない。

その大島は、親からの捜索願いは出ているが、行方不明、ミハンのビックデータにも引っかからない、生活している様子がないと南は調査結果を伝える。

「もしかしたらもう死んでいるのかも」井沢はそうつぶやく。

佐伯は岡本由梨のためにこの事件を起こした?!

由梨は、強盗犯の立石に、自分をここに呼びだした理由を聞いているが、「お前はもう用済み、聞きたかったら、佐伯に聞け」と言い、由梨に暴行を加える立石。

小田切は女性に乱暴する男が許せない、立石に向かっていくが、あちらは二人組、小田切は手を縛られてしまう。

田村は、佐伯に倒されていて、小田切も拘束された、井沢は、「俺ちょっと出かけてくる」と言ってどこかへ向かう。

井沢はどこかに向かう車の中から、メンバーに話す「この銀行強盗を計画したのは佐伯で、巻き込まれたわけじゃない、立石を金庫におびき出し、二人きりになったところで、立石を殺す計画だった」

今まさに、本店からロックが解除され、金庫の中に入っていく立石と佐伯、「すべては、岡本由梨さんのために」と井沢は自分の推理したことを言う。

犯人確保に動き出すミハンチーム

金庫の中の数億円はあると思われる札束の山を見て、浮足立つ立石は、拳銃を置いて札束を手にする、その瞬間、拳銃を奪い、立石に銃を向ける佐伯。

「お前に銀行強盗を持ち掛けた時から、ずっとこの時を狙っていた」と佐伯は言う。

その頃外には、警察の上層部の人間が来て、SIT(特殊捜査班)を配備させた。

「ここでお前を殺せば、俺は正当防衛だ」佐伯の言葉に、「こんなに金があるのに仲間割れしてどうする」言う立石。

「由梨のためだ」と言って引き金を引こうとした瞬間、佐伯の仲間の新井が入ってきて、銃を奪う、勝ち誇ったように笑う立石は、佐伯に殴り掛かる。

そんな立石を止めるように銃をこめかみに向けて、「新井君はまだ車の中で寝ているんじゃないかな」って涼しい顔で言う井沢。

「悪いけど、ここで休んでいて」と言って立石を殴り倒す井沢。

中で人質を見張っているのは一人きりになったことがわかり、小田切は、拘束されていた手を縛られたまま、日浦に襲い掛かる。

日浦の後ろから殴り掛かろうとした田村を見つけ、田村に殴り掛かろうとした日浦に4話目にして久しぶりの局所狙いの小田切の技がさく裂する。

今度はヒールで踏みつけにする!

正当防衛で人を殺してしまった岡本、由梨の事を思いそれを隠した佐伯

立石が気絶している横で、井沢は、謎解きをする、そこには、由梨も立ち聞きしている。

「あなたは、親友である岡本さんの秘密と、娘さんである由梨さんを守るために、この立石を殺そうとした」見抜かれて後ずさりする佐伯。

「9年前岡本さんが自殺したのはあなたが融資を打ち切ったから、でも本当の理由は別のところにあったんでしょう?」優しく語り掛ける井沢。

「9年前、工場の金を持ち逃げした大島が、姿を消した、でも本当は、彼は殺されたんでしょう?殺したのは、自殺した岡本さん」立ち聞きしていた由梨はその真実に驚く。

「悪いのは私なんだ、私と岡本は幼なじみで、お互いに家庭を持ってからも親友だった、20年前に妻を亡くした佐伯を家族のように迎えてくれて、クリスマスも一緒に過ごした。」小さな由梨も佐伯を受け入れて楽しそうだった。

全てが狂いだしたのは、あの日、従業員の大島が、会社の金を持ち出そうとした時、岡本は、大島を止めようとした時、首を絞められ、突き飛ばした時、打ちどころが悪く、大島は死んでしまった。

正当防衛で、岡本は悪くないが、人を殺してしまった事実を隠した方がいいと思った佐伯は、自首するという岡本を止めて、大島の死体を埋めて、大島が金を持って逃げたことにした。

罪の意識に押しつぶされてしまった岡本は、「由梨をよろしく頼む」そう遺書を残して首をつって自殺してしまった。

そして岡本の遺書には「由梨を殺人者の娘にしたくない」と書かれていて、岡本と由梨を守るために、融資の打ち切りで、岡本が自殺したことにしてやり過ごしていた。

佐伯の由梨を思う気持ちと後悔

「本当の事なの?」と、飛び出してきた、由梨に、井沢がその後の事を話す。

融資を打ち切ったと思い込んだ佐伯を由梨は許さなかった、近くで見守れない代わりに、母親のふりをして絵葉書と仕送りを送り続けていたのは、佐伯だった。

本当の母親は、九州にいて、別の家庭を築いていると、伝える井沢。

由梨の結婚の話を聞いて、これで自分の役目が終わる、そう思った時に、立石が現われて、工場の近くの雑木林から白骨遺体が見つかったことから、佐伯をゆすり、金をせびり続けてきた。

そして思いついた今回の事件、「由梨を殺人者の娘にしない、そのために生きてきたあなたが、今度は人を殺そうとした、あなたはそれを胸に生きていかなければならに、支えるべき人がここにいるのだから」

由梨は、佐伯に涙をぬぐうハンカチを渡す。

井沢の中のさまよえる殺意

発煙筒が投げ来まれSITが突入して来た、山内はSITに化けて入ってきた、山内と一緒に逃げる小田切と田村。

今回潜入していた二人をSITに化けた山内が、助けるアイディアは東堂だったという。

雰囲気も良くなってきたミハンチーム、井沢は、食事を提案するが、みんなスルー。

その頃、山内は東堂に、言い過ぎたことを謝罪に来ていた。

そして、井沢の過去「公安時代に捜査した組織の報復で、妻と娘を殺されたこと」を山内が言うと、「その話には続きがある、彼はこのミハンが危険人物としてリストアップした過去がある」と藤堂は、驚きの事実を話す。

「妻と娘を殺した男を追い詰め、殺そうとした」他の警官たちに止められて、殺さずに済んだが、井沢範人彼の殺意は未ださまよっている、彼から目を離さないでください」と藤堂は言う。

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3第4話面白いつまらない評価は100点満点で何点?

80点 危険人物の佐伯は悪人か?善人か?……最後まで目が離せないストーリーが上出来

第3話があまりにも「ありきたり」だったので期待してなかったですが、予想に反して、今まで放送された中ではいちばん面白かったと思います。

それは、銀行強盗の立て籠もる密室の中で、事件の首謀者である佐伯卓郎の動きや、佐伯に関する事実の解明にストーリーが集約されていて、シンプルであったことがひとつ。もうひとつは、シンプルであったにもかかわらず、佐伯の印象が、強盗の仲間としての「悪」、田村薫の幼馴染としての「善」、融資打ち切りで親友を自殺させた「悪」、と事実が明らかになるごとに変化し続け、佐伯は善人なのか悪人情なのか、最後まで予想を裏切り続け、目が離せなかったこと。

最終的には、殺人を企んだ動機は自殺した親友の娘のためで、密かに生活も支援してきていた、という、人情時代劇みたいな結末でしたが、それまでの展開がよかったので、まったく不自然ではなかったです。

80点 小田切のアクショーンシーンに感動

ドラマ「絶対零度」4話は面白いです。

今回は「絶対零度」シリーズの中でも特に切ないストーリーでしたが、最後は佐伯と岡本の娘が和解することが出来てよかったです。

今回のシリーズで恒例となっていた犯人への処刑もなくて安心しました。

また、今回は小田切のかっこよさが際立った回でもあったと思います。

小田切のアクションシーンだけでも見ごたえのある4話でした。

それと、これまでひたすら謎な人物の井沢でしたが、4話では井沢について少しだけ分かったシーンが印象的でした。

井沢が犯人に対して発狂していたシーンはかなり恐ろしくインパクト大でした。

しかし、まさか井沢自身も危険人物としてマークされていたとは…!

その展開には思わず笑ってしまいました。

85点 ストーリーのレベルが高い

ドラマ「絶対零度」4話は面白いです。

総合的にストーリーのレベルが高いです。

銀行マンの佐伯が危険人物に浮上した最中、佐伯が勤務する銀行に強盗が入り、強盗犯と佐伯が繋がっていることを受け、佐伯は一体誰を殺そうとしているか?というだけでも面白く感じ、視聴したくなる気持ちに駆られるようになってきます。

また、ストーリーの展開が読めないので、佐伯はなぜ銀行強盗を引き起こし、強盗犯と組んで何をしているか、お金を盗んでそのお金は何に使うか、誰を殺そうとしているかということを視聴者である我々が推理するというだけでも楽しくて面白いです。

井沢刑事が佐伯の考えていることを代弁し、井沢刑事なりの推理を披露してくれているという設定が良いです。

95点 浅はかな考えで起こしたこと。

面白かったです。

なぜ、真面目な銀行員である佐伯が、ミハンとしてあがったのでしょうか。

それは、過去にあった、佐伯の友人岡本の自殺からでした。

誤って起こしてしまった岡本の殺人。

佐伯が、自首させていれば、岡本は苦しむこともなく、そして、自殺することもなかったはず。

岡本の娘を守るためとはいえ、浅はかな考えだったと思います。

そして、その事が新たな強盗事件を起こしてしまいます。

佐伯達の起こした殺人をネタに脅してきた男を殺そうと、銀行強盗事件を佐伯は、計画します。

だからミハンとして名前が上がったのですね。

しかし、またこれも、佐伯の浅はかな考えです。

多くの銀行のお客さんを、恐怖に巻き込んでしまうのです。

真実を、話していれば、良かっただけです。

なんだか、やりきれない思いだけです。

一方、井沢が、妻子を殺した犯人に拳銃を向けたこと。

その表情の恐ろしさで、大きな憎しみが伝わります。

しかし、今の井沢は、ひょうひょうとした態度です。

そのギャップが、逆に、恐ろしいです。

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で1か月間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー123全話(2018年9月15日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2019年6月25日まで)
韓国ドラマ「シグナル」(2022年10月16日23時59分)
絶対零度シーズン1(2019年4月15日まで)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ


⇓   ⇓   ⇓
昼顔ドラマ全話あらすじネタバレ

『ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」』(2019年4月15日まで)は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン3をFODで全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-2018夏ドラマ, 絶対零度

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.