英語 勉強法

社会人の英語のおすすめの勉強法

投稿日:

社会人の英語のおすすめの勉強法

時間の確保と好きな分野で英語力アップ

社会人になって一から英語を勉強し直すことを想定すると、キーになる事は3つあると思います。

その3つとは時間の確保、文法、好きな分野です。

1つ目の時間の確保は英語を勉強する上で最も重要だと感じます。よく英語を教えてほしいと言われますがほとんどが時間の確保が出来ずに途中で断念してしまう人が多いです。集中してできればいいですが、全員がそうもいきません。忙しい中、時間をどの様に確保するのか。電車通勤をしている人は通勤中がいいかと思います。そこで文法書を少しでも読んだり、リスニングをしたりと出来る事は限られますが、その積み重ねがあるかないかでは大きく変わります。そして休日に30分だけでもその積み重ねたものを振り返り実際に口に出す時間を設けると英語力アップにつながります。

2つ目は文法です。英語の文法は体に染みついた日本語のものと異なる為、確実に覚えていく必要があります。勉強する方法は1つ文法書を買って読むことです。基本を細かく書いているものがお薦めで、確実にその仕組みの理解に繋げてくれます。また、文法書に出てくる例文では単語も使われているので英単語も併せて覚えられるというメリットがあります。

3つ目は好きな分野です。英語を何を通して取得するのかと考えた時に私の場合、何か教材でというのは退屈に感じました。それよりも好きなスポーツやドラマ、音楽を通して学んだ方が確実に身に付きました。また、その際には五感を通してその分野に触れる事をお薦めします。五感を刺激する事により記憶に残り思い出しやすくなります。

以上の3点は私が社会人になってからも続けている方法です。結果的に翻訳スピードの向上や外国人のクライアントとのやり取りもスムーズに進むようになりました。今すぐに英語力を挙げたいという人は正直に言うと甘く、そんな劇的に能力をアップできるものは私が知る限りありません。英語に限らず持続する事が大切なので少しずつ焦らずに勉強する事をお薦めします。

自分のペースで。独学で英語勉強!

海外旅行が好きなのと、仕事関係で英語を話せた方が視野が広がるので独学で英語を勉強しています。

わたしがやっているのはアプリとyoutubeを使った勉強で、まずアプリでは、Duolingoというアプリを使用して基礎力を高めています。

主に寝る前にやっているのですが、ゲーム感覚でできちゃうので気づいたら明け方になっていた…なんてこともザラです。

youtubeではHapa英会話というのを1から順番に見ながらノートに書いて勉強しています。

あとは映画を見るのが好きなので、家で見るときは極力英語の勉強になるように英語が使われている映画を見るようにしていますよ!

独学なので習熟度はかなり遅いと思いますが、何となく英語への抵抗感が薄れてきていると感じます。

自ら時間を作り出して英語を学ぶ

タイトルにもある通り、社会人が英語を学ぶにはきちんと時間を作り出すということが一番大事です。

そして勉強法としては、まずは単語を頭に入れていくことが大事です。学生のうちは授業などで単語テストなどがあり、覚えることができましたが、社会人には自分で時間を作り出さなければ覚える時間はありません。

そして社会人だからといっていきなり長文などは解かずに地道にやっていくことが一番大事なのではないかと私は考えます。

そして単語と同時に文法事項を一つずつ思い出しながら覚えていくことです。やはり文法もやっておかないと、長文を解くことができません。

この手順を何度も繰り返して、長文を解いて理解力を高めていくというのが社会人の英語の勉強法だと思います。

英語スクールに通って学習するのがベストです

社会人になってから英語を勉強して効率的に身につけるためには、独学よりも英語スクールに行くのが最善策だと言えます。

社会人ですと会社と自宅の往復で独学の時間を取ることも難しいですし、なによりもモチベーションを保つのが難しいのです。

ですから、英語スクールに週一度でも良いので通うことによって短期間に英語を身につけることができるでしょう。

英語スクールに通う時間が無いという人もいると思いますが、その場合は最近はオンライン英語スクールがたくさんあります。

通学制のスクールよりもかなり授業料も安く、しかも自分の好きな時間に講師を指名してレッスンを受けることができるので忙しいなかでもちょっとした隙間時間を活用して英語をモノにすることができるというわけです。

英語学習には実用が第一!

英語を上達させるために私が薦めたいことは、とにかく「使う」ことです。

学生時代にテキストやCDを使うなどの勉強で身に付かなかったから今勉強が必要なのであって、今までと同じやり方では上達しないことが目に見えています。

最近はスマートフォンが普及し、誰でも簡単に世界とつながることができます。

言語を学ぶ人達が集まるサイトに登録すれば、すぐにでもチャット仲間が見つかります。

始めは何を言いたいか分からなくても、一つずつ意味を調べていけば、次第によく会話に登場する単語が見えてきますし、会話がスムーズになることで楽しんで続けることができるようになります。

実用性の高い学習法ですので、是非多くの方に挑戦していただきたいです。

英語に対するスキルを高める社会人英語勉強法

社会人の方々が語学である英語を学び上達させるには学生時代とは違い時間的制約の中で効果的に勉強を進めていく必要があると思います。最少の努力で最大の成果を上げたいものです。言語習得には習得と学習の二通りがあります。習得は人間が第一言語を話せるようになる過程を言い学習は学校で語学を学ぶことに指します。

語学学習で必要があることは会話や読書そしてリスニングで日本人が最も不足し学習しなければならない点は会話と言われております。

しかし最も必要があるとと考えている要素とはインプットつまり読書だと思います。

言語能力は言語が無意識に習得された時のみに増加し意識的な学習による習得には学習者の気分に依存しているため学習意欲が持てないと習得には著しく阻害される。

とにかく大切であるとはインプットつまり読書です。自発的な読書は読み書きや文法そして語彙力が同時に身につく。

ビートルズから学ぶ英語

社会人にとって英語は必要になるときもあるし、そうじゃないときもあります。

しかし、現代仕事をやっているときにいつ必要になるか分かりません。

そのときのためにも英語を覚えておかなければならないときがあります。

しかし社会人は仕事をしている人が大半で勉強にさく時間を確保するだけでも一苦労です。

仕事での疲れから勉強する気も起きないかもしれません。

そういう人のためにも日常生活の中で、できる勉強方法を考えてみました。

その中で思いついたのが洋楽、その中でもビートルズの曲を聴く・歌うことをしてみれば効果的ではないでしょうか?

小学校・中学校の英語の授業でビートルズの曲聴かされた人は多いかもしれません。

子どもの頃はまったく理解できないかもしれません。

しかし、大人になると分かりますがビートルズは簡単な英語が使われており、なにより発音がしっかりしてると思います。

そこで曲を聴きながら分からない単語があれば調べたりして、歌ってみると英語の勉強になるのではないかと思います。

TOEICの受験日を決めて逆算する

ダラダラしがちなので、資格試験などに照準を合わせて試験日から逆算、一日あたりどれ程度勉強するべきか、まず目安を設定します。

TOEICは達成度合いがわかりやすいことと、そのまま実務に活かせるビジネス英語がメインのため、年に二回は受験することを決めてます。(会社からの補助もあり)

勉強方法としては、とにかく毎日触れること!

アプリをダウンロードして、単語と熟語、言い回しの定型文を通勤のバスで何周も回します。今は無料のアプリでもクオリティの良いものがたくさんあるので、画面のみやすさや使いやすさなどで選んでOKかと。

TOEICの問題集はたくさん出ていますが、オススメは過去問集。公式問題集がでているので、高いですがそれをやりこみます。

時間を測って取り組むとなおよし。

社会人の勉強は、いかに毎日触れるかが鍵だと思います。週末にやりだめ!などと考えてしまいがちですが、少しでいいので毎日習慣にすることが結局近道かなと思ってます。

語学学校?ホームラーニング?

社会人が英語のスキルをあげようと思った場合、「時間」という壁に直面します。どのように時間をそれに割けるかということですね。

ここでは、語学学校と通信教育(ホームラーニング)を比較して考えてみましょう。

1)語学学校のメリット

語学学校に行くことのメリットは何と言っても同じ志の人が教室にいて、先生がいて、ちゃんと「会話」を実体験できることです。

先生の発音を聞くことによってそれも向上させられます。

2)語学学校のデメリット

まず確実に時間と場所を絞られます。個人の教師を頼めばそれも改善されるでしょうが、かなり割高になります。

3)通信教育のメリット

まず家ででも出先でも自分が時間を割けるときに取り組めます。

最近はテキストとCD媒体や、スマホやタブレットで見られるインターネット通信教育もありますから場所を選びません。

通勤時間が長い人などにはもってこいです。

4)通信教育のデメリット

相当意思を強く持たないと続きません。「今日はつかれたからあしたでいいや」的な発想になりがちです。

【まとめ】

自分の仕事に支障が出ない範囲で選択するしかないですが、職場と自宅の通り道に語学学校があり、ほぼ確実にそのクラスに現れることが可能なら語学学校向きと言えます。逆に残業が多かったり、自分にとって立地条件のよい語学学校がなければ、通信教育やホームラーニングになるでしょう。通信教育の場合、「必ず毎日この時間はそれに割く」という自分ルールが必要でしょう。

今日、色々なメディアで洋画や海外ドラマを安価に視聴できます。その時も耳をオープンにしてあげると、勉強した成果が実感できるでしょう。

英語で「自分」を語ることを目標にする

社会人ともなれば、携わっている仕事があり、また趣味など自分の興味のある分野もある程度定まっていると思います。

そのような自分の仕事、興味のあることをベースに英語で「自分」のことを説明する、という目標を立てると上達がかなり早くなります。

そのために、最初から難しい英字新聞に取り組む必要もありません。

まず、おすすめしたいのが身の回りのことを英語で言う癖をつけることです。

起床してからの行動、自分の今日の気分から始まりすべてを英語で言ってみます。

通勤の電車内で車窓から見える景色を英語で実況中継してみてもよいかもしれません。

英語が出てこなかった箇所は後で確認するようにします。

自分に関わる英語表現がどんどん身に着いていくと、あれもこれも言いたいという気持ちが高まり、英語の勉強もますます楽しくなっていきます。
⇓   ⇓   ⇓
英語教材ランキング【2018年最新版】

-英語 勉強法

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.