u-next 君の名は

君の名は映画動画フル無料パンドラ再放送見逃しデイリーyoutubeで見れるの?

投稿日:

映画「君の名は。」はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsu,,bilibiliなどの動画サイトで無料見逃し再放送で見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

しかし、これらの動画サイトでは映画「君の名は。」の動画は見つかりませんでした。

映画「君の名は。」はunextという公式動画配信会で無料で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

映画「君の名は。」キャスト

立花瀧(神木隆之介)

東京に暮らす男子高校生。放課後は司や真太とおしゃれカフェに行ったり、イタリアンのお店でバイトをする都会っ子。バイト先の先輩・奥寺ミキに憧れており、まともに話す事すら出来ないのだが、入れ替わり現象が起こり、三葉がミキに接近した為、予想外に距離を近付ける事になってしまった。

宮水三葉(上白石萌音)

飛騨の田舎に住む女子高校生で宮水神社の娘。母は他界しており、父は家を出ている為、祖母の一葉によって育てられた。神社の娘である以上、やりたくない伝統行事に参加しなくてはならず、その事で一部の同級生から陰口を叩かれる事もしばしば。狭くて濃い地元を嫌っていて、大都会・東京に対しては大きな憧れを持っている。

奥寺ミキ(長澤まさみ)

瀧のアルバイト先の美人な先輩。バイト先では多くの男子バイトから憧れを持たれている高嶺の花。三葉が瀧の身体に入っている時に、破れたスカートを可愛く縫ってくれた事で一気に瀧との距離を縮める。

宮水一葉(市原悦子)

三葉の祖母で、亡くなった娘(三葉の母)に代わり女手一つで三葉達を育てた強い人。宮水神社の伝統を守り続ける要であり、孫の三葉・四葉に「口噛み酒」という伝統を継承している。神職を捨てて出て行った三葉の父の事を良く思っていない。

勅使河原克彦(成田凌)

三葉の同級生であり、三葉に密かな想いを寄せる優しい男子。父親は地元で土建の会社を経営している為、将来は家業を継ぐ事になるのだろうと何となく思っている。同じく同級生の名取早耶香とも仲が良い。

名取早耶香(悠木碧)

三葉の同級生、幼馴染であり親友。明るくて三つ編みが可愛い女の子。登校時は克彦の自転車の後ろにちゃっかり乗るなど、密かな片想いをしている。お弁当は三葉・克彦と3人でとるのが日課。

藤井司(島﨑信長)

瀧の高校の友人。眼鏡姿がカッコいいイケメンでクールな性格。瀧・真太とはランチや放課後も一緒に過ごす程仲が良い。

高木真太(石川界人)

同じく瀧の高校の友人。大柄な体型がトレードマークでいつも瀧・司と一緒に過ごしている。

宮水四葉(谷花音)

三葉の妹で毎朝姉を起こす事を仕事としている。祖母と姉の3人暮らしで母がいないにも拘らず、明るい性格に育ち、幼い割にしっかりしているのが魅力。神社の娘と言う事で、周囲の目に悩む姉に対して全く動じないあたりが次女らしい。

映画「君の名は。」作品概要

1200年ぶりに架空の彗星「ティアマト彗星」が接近間近という日本。

東京の都心で暮らす男子高校生・立花瀧と岐阜県飛騨地方の田舎で暮らす女子高校生・宮水三葉は、不思議な夢を見ていた。

瀧は、見た事も無い田舎で自分が女子高校生になっているという夢。

三葉は、憧れの都会で自分が男子高校生になっているという夢。

そしてそのまま朝を迎えた2人はある事に気が付く。

「私/俺達、入れ替わってる!?」

突如訪れた奇妙な入れ替わり現象はその後も何回か起こって行く。

最初は戸惑った2人だったが、次第に入れ替わりを受け入れ、楽しめる様になってくる。

お互いに打ち解け始めた時、突如、入れ替わり現象は終了。

瀧は、三葉の住む町のスケッチを頼りに、飛騨へと向かう!

しかし訪れた三葉の住む町は、彗星の直撃により消滅していた・・・。

入れ替わっていた相手である三葉と会う事は出来るのか!?

不思議な縁を経て出逢った2人の物語が今始まります。

映画「君の名は。」あらすじネタバレ見どころ感想

不思議な夢が始まった

岐阜県飛騨地方の田舎で暮らす女子高校生・宮水三葉(上白石萌音)は、不思議な夢を見て目覚める。

知らない誰かとの夢・・・。

一緒に暮らす祖母の一葉(市原悦子)と妹の四葉(谷花音)と一緒に朝食を食べ、家を出る。

学校へ向かう道中では、同級生の勅使河原克彦(成田凌)&名取早耶香(悠木碧)と合流。

いつも通りの日常を過ごしている筈なのだが、皆が口を揃えて「昨日の三葉は変だった」と言う。

確かに、三葉自身、昨日のハッキリとした記憶はなかった。

何かに憑りつかれた!?記憶喪失!?

謎は解けないまま学校の授業を受けていると、自分のノートには男っぽい字で見覚えのないメッセージが書かれていた。

「お前は誰だ?」

ますます意味が分からない・・・。

三葉の実家は昔から長く続く神社で、祖母の一葉は伝統に誇りを持っているのだが、婿にあたる三葉の父は神職を早々にやめて政治の世界へと進んでいた。

今は町長として地元の業者と会食の日々。

同級生の克彦の父親も三葉の父と強いつながりを持つ1人で、子供達はそんな親に嫌悪感を抱いている。

三葉の実家である宮水神社では、三葉と四葉が振る舞う「口噛み酒」という風習がある。

米を口に入れて吐き出し放置する事で自然発酵させて作る酒の事で、神に捧げる神聖な物とされているのだが、一部の同級生からは大不評。

思春期真っ只中の三葉にとっても、人前でこの儀式を行う事は苦痛以外の何物でも無かった。

狭くてしがらみの強い自分の田舎を嫌う三葉は、来世こそ東京でイケメン男子として生まれ変わる事を切に願い叫ぶのだった。

そして三葉が迎えた別の日の朝・・・。

目の前にあった自分の身体は「男」だった。

見た事のない部屋、家族・・・友達からのメッセージ。

家を出たら広がる大都会東京の景色!

三葉は憧れの東京にいた!!

しかし何故・・・?と考えてみたが超リアルな夢を見ているのだと解釈する事にする。

行った事のない高校へ行き、初めて会う男友達とおしゃれなカフェに行く。

見に覚えのないバイトにも行き、この夢はいつ覚めるのかと疑問に思う三葉。

バイトでは美人の先輩・奥寺ミキ(長澤まさみ)が三葉の危機を助けてくれた。

家に戻り持っていた携帯を見ると、その携帯の中には日記と奥寺先輩の画像が残っていた事から、自分は「誰か」の生活を夢の中で送っていると気付く。

ノートに残っていた「お前は誰だ?」はその「誰か」からのメッセージだと考えた三葉は、手の平に自分の名前を書いて眠りにつくのであった。

瀧と三葉は心を通わせ始める

翌朝、自分の手の平に書いてある「みつは」という文字に驚いたのは、身体の持ち主・立花瀧(神木隆之介)。

学校に行っても、バイトに行っても周囲には変な事ばかり言われる。

憧れの奥寺先輩には抜け駆けして急接近したとバイト仲間に嫌味を言われるが、全く身に覚えがない。

一方、三葉も同じ状況に置かれていた。

手にはまたもや「お前は誰だ?」のメッセージ。

家族には自分のおっぱいを触っていたと言われ、学校では一部の同級生から噂話をされた事で暴れたと聞かされる。

そこでやっと2人は気付いた。

「入れ替わってる!?」

不思議な入れ替わり現象は週に2~3回起こり、寝ると元に戻る。

原因は謎だが、この奇妙な現象を乗り切る為に、瀧と三葉はお互いにやめて欲しい事を携帯に残すというルールを決めた。

しかし、お互いがルール通りに動けるわけもなく最初は失敗ばかり。

相手がやらかしたせいで、元に戻った時に戸惑う事が多かった。

それでも何度か入れ替わりを重ねていく度に、瀧と三葉にはお互いを思いやる気持ちが芽生えてくる。

瀧が三葉の身体に入っているある日、一葉と四葉と一緒に向かったのは宮水神社の御神体がある所。

それは山奥にあり、都会育ちの瀧は美しい景色に心を奪われる。

そして一葉から渡された三葉の口噛み酒を奉納した所で、瀧は自分の身体に戻って目が覚めた。

起きてすぐに飛び込んで来たのは、奥寺先輩とのデートの約束が今日だという事・・・!

三葉が瀧の身体に入っている時に勝手に約束をしたものだった。

大慌てでデートの待ち合わせに向かい、無事に合流出来たのだが、どうにも先輩との会話が続かない。

その頃、自分の身体に戻った三葉は自分でも理由が分からない涙を流していた・・・。

デートには自分が行きたかったからか、と考えたのだが涙の理由が違う事は何となく身に覚えがあった。

まだ見ぬ瀧への想い・・・。

そんな切ない想いから長い髪をバッサリ切った三葉は、克彦の誘いでお祭りへ行き間近で彗星を見る事になっていた。

一方、瀧も奥寺先輩から「今は別に好きな子がいるでしょ?」と指摘を受けており、デートは大失敗という結果に終わっていた。

今度入れ替わったら三葉に文句を言ってやると意気込む瀧だったが、それ以降入れ替わり現象が起こる事は無くなったのだった。

瀧は三葉に会いに飛騨へと向かう

三葉との入れ替わりが起こらなくなって数週間。

瀧は毎日の生活をこなしながらも三葉の事、三葉の田舎・糸守の事をずっと考えていた。

そして自分の記憶とネットの情報等を頼りに、糸守まで三葉に会いに行く事を決意する!

三葉を見つける手がかりはただ1つ・・・自分の描いた糸守のスケッチのみ。

糸守への出発当日、駅に向かうとそこには奥寺先輩と友人の藤井司(島﨑信長)がいた。

どうやら瀧の事が心配で、ついてきてくれるらしいのだが・・・観光半分な2人、瀧はちょっと邪魔だと感じる。笑

飛騨に到着し、スケッチの手がかりを頼りに捜索を始める。

しかし、糸守の近くまで来ている筈なのだが、どうも見つからない

諦めて東京に戻ろうと考えた時、立ち寄った定食屋で驚きの情報を聞かされる。

糸守は3年前に接近した彗星の一部が落下し、大きな被害を受けた事で、町の住民の半数以上が死亡。

町自体も消滅したというのだ・・・!!

衝撃の事実を知り、悲しみに包まれる瀧達。

結局、その日は飛騨の温泉宿に宿泊する事にした。

糸守に落ちた隕石の事は全国ニュースになっていたので、東京にいた瀧も勿論知ってはいたのだが、どうも納得が出来ない。

だって、ほんの2週間前まで三葉と入れ替わっていたのだから!!(;O;)

隕石で亡くなった町民の名簿には三葉を始め、三葉の家族や友人の名前があった。

瀧の携帯に入っていた、三葉からのメモも何故か消えてしまっている・・・。

それでも瀧は諦める事が出来ず、宿に奥寺先輩と司を残し、宮水神社の御神体があった場所へと1人向かった。

地図・スマホ・スケッチ・・・色んな物を駆使して、1人山を登り、何とか御神体のあった場所を見つけ出す!

そして以前、自分が奉納した口噛み酒を見つける!!

糸守に伝わる組紐の様に、「むすぶ」力を信じて、瀧は口噛み酒をぐいっと飲んだ・・・!

その瞬間、目の前には彗星の様な不思議な光景が広がり、組紐に導かれる様に進んだ先には、三葉の一生が見えてきた。

母の元に産まれ、妹の四葉が誕生し、母が亡くなり、父が家を出て行く。

祖母と一緒に生活をする事になり、瀧との入れ替わりが始まり、瀧への想いを募らせていくという一連の様子・・・。

最後は隕石落下の日にお祭りに向かう三葉が見えて来たので、瀧は思い切り叫ぶのだった。

その町から逃げろ!と・・・。

瀧が入れ替わっていたのは3年前の三葉だった

不思議な現象から目覚めると、瀧は三葉になっていた。

とりあえず三葉の身体がまだ生きている事に喜び号泣、起こしに来た四葉に気味悪がられる。笑

TVでニュースを見ると、どうやら今日は隕石が落ちる日の朝の様だった。

状況を理解した瀧は、町の人全員を助ける為に、動き出そうと決意する!

そんな中身は瀧である三葉を見て、祖母の一葉は不思議な事を言い出した。

「お前、三葉じゃないだろ?」

実は一葉も、母の二葉も、少女の頃に知らない誰かと入れ替わる不思議な経験をした事があったというのだ!

瀧は、一葉達の入れ替わり現象も、全て今日の隕石落下に関係しているのでは・・・と考え始める。

学校に行った瀧は、すぐに克彦と早耶香に、今夜糸守に隕石が落下する事を伝え、町を守る為の計画を練り始める。

2人は意味がわからなかったが、何となく協力する事にする。

防災無線の確認をしたり、町長である三葉の父を説得したり、町の人々に町の外へ出る様声を掛けたり・・・

三葉が小学生に声を掛けたところで、四葉から変な事はやめてくれとクレームが入る。

四葉が言うには、三葉は昨日から変だったと言う。

昨日は急に東京に行くと言っていたらしい。

その四葉の言葉を聞いて瀧は、自分の身体がある筈の御神体の場所に、今三葉が来ているのではないか・・・と閃き、自転車で走り出したのだった!

一方、御神体の場所で目を覚ました瀧・・・の身体には三葉が入っていた。

立ち上がり、自分の町が無くなった景色を見て呆然とし、自分は死んだのかと考える。

自転車で爆走している瀧は三葉の元に向かいながらある事を思い出していた。

それは3年前、東京で三葉に会っていたという事。

いつも乗る電車の中で三葉という女子高生に「瀧君だよね?」と声を掛けられていたのだ!

しかし当時の瀧が三葉を知るわけがない。

変な女としか思わなかったのだが、電車の降り際に思わず名前を訪ねていた。

「君の名はー・・・!?」

人ごみに流されながら自分の名前を答えた三葉は、頭につけていた組紐を瀧に渡していた。

それが今、瀧の右手に付いている組紐だ。

以前、奥寺先輩からその組紐について聞かれた時に、昔誰かから貰った物で御守代わりにつけていると答えていたこの組紐。

過去の出会いを思い出した瀧は、自分が入れ替わっていたのが、3年前の三葉であったと確信する!

つまり、昨日、三葉が東京に出かけたのは自分に会いに行く為で、東京には3年前の自分がいるという事!

時空を超えた出会いを知った瀧は、より一層強く自転車のペダルを漕ぐのだった!

「かたわれ時」に瀧と三葉は再会する

三葉のいる御神体の跡地に到着した瀧。

声を出して三葉を探し、三葉もその様子に気付き、瀧を探す。

しかし、同じ場所にいても、2人は違う時間を生きている為、姿を見る事は出来ない。

それでも必死にお互いを探し走り続けると、時空の境目の様なポイントを見つける。

すごく近くに相手を感じる事は出来るのだが、姿を見る事も触れる事も出来ない。

悔しい思いを滲ませていると、空は「かたわれ時」を迎える。

なんとその瞬間・・・!!

会える筈のない2人は再会を果たす事が出来た!(;O;)

目の前に現れた瀧に涙を流す三葉・・・そう、身体も元に戻っている。

瀧は自分の手首に付けていた組紐を外し、今度は三葉が付ける様にと渡す。

それを受け取った三葉はすぐに髪の毛に付けた。

そして、この瞬間が終わっても名前を忘れない様に、瀧の手の平に自分の名前を書こうとしたその時・・・!

「かたわれ時」を終えた空は暗くなり、2人の再会も終了となった。

三葉が持っていたペンが悲しく地面に落ちるのだった・・・。

瀧は自分の手の平を悲しく見つめ、三葉の名前を呼び続ける。

と同時に、再会が終わっても三葉の名前を覚えている事に喜んだのも束の間・・・!

自分の記憶から一気に三葉の事が消えて行った。

名前も、何故自分がここに来たのかも。

忘れてはいけない事なのに忘れていく悲しさ。

瀧は大声で泣き始める。

一方、三葉も瀧の名前を連呼しながら走り続けていた。

隕石はもう間もなく落下しそうな所まで来ている。

避難計画を一緒に進めている克彦が三葉の元に原チャリで到着。

克彦はこれから起こる事を知らないのだが、間違いなく隕石が落下して町が無くなると断言する三葉を信じて、変電所を爆破させる。

その爆破により、町全体が停電となった。

もう1人の協力者、早耶香も、言われるがままに高校から防災無線を使って町民達に避難を呼びかける。

変電所の爆発により、山火事が起きたと町民達に知らせ、全員を隕石から守る事がこの計画の狙いだったのだ。

しかし、所詮は高校生のやっている事。

多くの人は避難に動いてくれず、何も知らない役場は大パニックだった。

計画に限界を感じた克彦は、三葉に、町長である三葉の父を説得し、協力してもらう事を指示。

三葉は父の元へ走る事になったのだが、その時、瀧の名前を忘れてしまった事に気付き、涙をこぼす。

忘れたくない、忘れてはいけない人・・・

「君の名前はー・・・!?」

心の中で叫びながら夢中に走り続ける三葉は、道路の段差につまずき転んでしまう。

空には落下直前の隕石が迫っていた。

道路に寝転んだまま諦めかけた瞬間、どこからか瀧の声が聞こえた気がする。

「名前を忘れてはいけないから、手の平に書いておこうぜ」と。

開いた三葉の手の平には、瀧からの「すきだ」というメッセージが書かれていた・・・!!(;O;)

これじゃあ名前がわからない・・・と笑いながら言った三葉は起き上がり、再び父の元へと走り出したのだった。

隕石落下後、瀧と三葉は東京で再会を果たす

彗星の一部が割れて、隕石となり日本に近付いている事は全国ニュースで報じられており、東京にいる瀧も自宅の屋上からその様子を見ていた。

TVでは専門家達が人間の居住地に隕石が落ちる可能性は低い等と勝手に言っており、こんな珍しい瞬間に立ち会えた事は貴重だとさえ報じられていた。

これから恐ろしい事が糸守に起こるとは誰も知らずに。

走り続けた三葉は父の元へと何とか到着していた。

そして危険を叫んだその瞬間・・・!!

隕石は糸守に落下、激しい爆発と共に町全体が吹き飛んだのだった。

・・・場面は変わり、隕石落下後の現在の糸守。

御神体跡地で目が覚めた瀧は、何故自分がこんな所にいるのか全く理解が出来ないでいた。

5年後、瀧は大学生となり、東京で就職活動を行っている。

電車で移動中、頭に組紐を付けている女性を見つけ、突発的に電車を降りたがその女性を見つける事は出来なかった。

瀧は、自分が何か・誰かをずっと探している気がしていたのだが、その何かが何なのか自分でもわからずにいた。

相変わらず司と高木真太(石川界人)とは仲が良い。

それでも内定が1社も無いのは瀧だけ・・・みんなにはスーツが似合っていないからだといじられる。笑

バイトで一緒だった奥寺先輩とは今でもたまに会っている。

5年前、奥寺先輩と司と飛騨の方へ一緒に出掛けた事は覚えているのだが、何故行ったのか・どうして先輩達と別々に帰って来たのかという記憶はスッポリと抜けていた。

ただ覚えているのは、東京に戻って来た後、飛騨の糸守という地域に隕石が落下した事故について自分が詳しく調べていたという事。

糸守には隕石が落下していたが、町民の大半が避難をしていた為、奇跡的に被害者は殆ど出ずに済んでいた。

当時の糸守では、偶然、避難訓練を行っており、町長が迅速に避難警告を出していた事から、週刊誌等では隕石の落下を予測していたのではと報じられていたのだ。

ギリギリの所で、三葉の努力が実を結んでいたのですね(*^_^*)

カフェで1人休む瀧の耳には懐かしい「てっし」という名前が入ってくる。

そう、大人になって結婚間近となった克彦と早耶香が話をしていたのだ。

何となく聞いた事のある名前の気はするが、それでも瀧は思い出す事が出来ない。

誰かを探し求めながらも日々を生きていく瀧・・・

そんな瀧と同じ感覚を持ちながら東京で1人暮らしをしている女性がいた。

・・・三葉だ!!

ある日の電車で、瀧と三葉は偶然にもすれ違う!

お互いの事はわからないが、惹かれ合う2人は直ぐに電車を降りて相手を探し始める。

誰かはわからない・・・けれど何だか会った事がある気がする!!

そんな直感を信じて走り続けた結果、2人は階段の上と下で出会う事が出来た!

瀧は、いきなり声をかけるのはどうかと考え一旦、三葉の横を通り過ぎるのだったが、勇気を振り絞って声を掛けてみた!

すると!振り向いた三葉は泣いていた・・・(;O;)

お互いに昔会った事がある気がすると打ち明け合い、言った言葉は・・・

「君の名前はー・・・!?」

でした♡

これで終了です!

感動のストーリーと美しい絵。

「むすび」や「かたわれ時」といったキーワードが出て来る魅力たっぷりのこの映画。

何度も見たくなる作品でした!

映画「君の名は。」の動画を無料で見る方法は?

映画「君の名は。」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextで映画「君の名は。」を見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!


このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-u-next, 君の名は

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.