u-next

イットフォローズ映画動画無料パンドラデイリーyoutubeで見れるの?

投稿日:

映画「イットフォローズ」の動画はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu,bilibiliで見れるのか調べてみました。

映画「イットフォローズ」の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

映画「イットフォローズ」は公式動画配信unextで無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

映画「イットフォローズ」あらすじネタバレ見どころ感想

ジェイは彼氏とデートするが彼氏は急に脅えだす

まだ日が沈む前の住宅街、家から一人の女性が誰から逃げるように飛び出す。

彼女は脅えながら家の方を見て様子を伺っていた。

近所の人は彼女に「どうしたの?」と声を掛けるが彼女は「大丈夫・・」と答えた。

どう見ても、震えているし大丈夫だとは思えない。

すると家から父親が出てきて「どうしたんだ、何があった?」と心配し声をかけた。

だがそれを無視して家からカバンを取り車に乗って夜の道を走る。

運転中も後ろを気にして何かから逃げているようだ・・・。

そして行きついた先は、海岸。

そこで何度もかけてきていた父の電話を出た。

彼女は泣きながら「ごめんなさい・・・もっとお父さんに優しくしておけばよかった」

と死を覚悟したような感じで話しかけるのだった。

翌朝、その海岸では彼女の足が半分におられた死体で見つかった。

ジェイは昼間、家のプールに入っている。

妹のケリ―が幼馴染のポールとヤラが遊びに来るんだけど一緒に遊ぶ?と聞いてきた。

だがジェイは「今日の夜はデートなの」と妹に言う。

プールから出て洋服を着替え化粧もし彼(ヒュー)とのデートへ向かった。

ヒューはとてもハンサムで最近付き合い始めたばっかり。

二人は映画を見に行くのだが映画館前はすごい行列。

ジェイはヒューに並んでいる間にゲームをしようと提案する。

ゲームの内容は、相手にこの周りにいる人で誰に変わりたいかを決めその理由も決めてもらう。

そしてそれを自分が言い当てるというゲーム。

ジェイはヒューに誰になりたいか考えてもらい、数分後当てようとするが外れた。

ヒューの正解は子供だった、彼は未来ある子供になりたいと言うのだ。

自分をやり直したいと。

まだ若いじゃない?21でしょ?というジェイ。

彼は、子供ならここでお漏らししてもおかしくないと冗談を言った。

映画館の中に入りもうすぐで上映が始まるところで、今度は私の番ね!とヒューに言う。

じゃあ当ててと言うと、ヒューは「分かった、あの入り口に居る黄色い服の女性だ」と指さす。

だが、ジェイはその女性がどこにいるか見つけれない・・・。

黄色の服来た女性なんて居ないよ?とヒューに言うと、ヒューは脅えだし気分が悪いからここを出ようと言い連れ出す。

そして車に乗り、遠くのレストランへ移動した。

レストランでは彼の機嫌も良くなっていて楽しく話をするのだった。

ジェイは彼氏ヒューと肉体関係を持ち「それ」を移されてしまった

次の日、妹に「ヒューとはうまく行きそう?」と聞かれる。

彼は何かに不安を感じてる様子だった・・と昨日の事を伝えた。

次のデートで夜になり、人けのない場所へ連れていかれる。

そこでヒューから「愛してるよ」と言われジェイもそれを受け入れ車の中で体の関係を持つのだった。

事が終わった後、ヒューは車のトランクの方へ歩いて行く。

ジェイはカッコイイ彼氏とデートするのが夢だったのと話しかけ夢心地だった。

すると、後ろからヒューが抱きしめてきた。

愛情表現だと思った瞬間、ヒューは布で彼女の口と鼻を塞いだのだ。

息が出来ず気を失ってしまう・・・。

目を覚ますと近くにあった廃墟の中で車いすに縛りつけられていた。

状況がよく分かってないジェイにヒューが話しかける。

「乱暴な事はしない、今から嘘みたいな話をするがよく聞いて絶対に忘れないで」

「ある者がこれから君を追ってくる、俺は誰かに移されそれをさっき君に移した」

「それは知り合いの誰かだったり、人混みの中の他人だったりいろんな姿で君に近づく」

「見た目は変わるが実態は一つ」

「そして時には君を傷つける為に最愛の人に姿を変える時もある」

するとヒューは遠くの方に何かを見つけ、「いたぞ、こっちにくる」と言った。

そして車いすの彼女を移動させ外を見させた。

外には知らない裸の女性がこっちに向かって歩いてくる。

ヒューは「出来るだけ早く他の人と寝てうつせ、君が死ぬとまた俺を追ってくる」と言った。

裸の女性は彼女の目の前まで近づいてきた。

それを見せて、俺の話が嘘じゃないと証明しようとしているのだ。

逃げながら「彼女は鈍いが頭はいい、逃げ道は常に確保しておけ」と忠告した。

そして車に乗りその廃墟を後にした。

「それ」がジェイの家の中に侵入し襲ってくるが2階から逃げきる

家では、ケリ―とポールとヤラが外でカードゲームをしていた。

すると家の前に車が一台止まり、腕を縛られているジェイが置き去りにされ車は去っていく。

妹達はジェイの姿に驚き警察に通報するのだった。

近所に住んでいる同じ学校のグレッグは窓からそれを見ていた。

ジェイは警察にさっきあった出来事を話した。

警察からヒューの家に行った事ありますか?と聞かれ「行った事ありません」と答えた。

そして病院に入院する事になる。

体調もよくなり退院する事が出来、学校にも行くようになった。

学校で授業を聞いているとふと外が気になる。

すると外に白い着物を見につけた老婆がこちらに向って歩いてくるのが見えた。

ジェイはあの時の事を思い出し授業中の教室を飛び出す。

教室から廊下に出て辺りを見渡すと、廊下の遠くから老婆が歩いてこちらに向ってきた。

「ねぇ!」って話しかけるとちょうど廊下に居た二人の学生が反応する。

二人の学生には老婆は見えていないようだ。

ジェイは学校から出て車でケリーとポールがバイトしているアイスクリーム屋まで来た。

ジェイはポールとケリーに先ほどの老婆の事を話す。

二人にヒューに言われた「移したから誰かに追われる」事を話したのだがそんなの嘘だよとケリーに言われてしまう。

だがポールは心配し、今晩は家に泊まるよと提案した。

家では2Fにジェイとケリーとゼラが寝て、ポールが一階で見張りをする事にした。

だが、ジェイは寝れずポールの元へ行く。

そして二人は小さかった頃の話をする、ファーストキスをした話だったり。

ポールはジェイの事が好きなようで君と一緒に入れる事が嬉しいと告げる。

そんな時、ガチャーンと音が聞こえた。

二人は不安になるがポールが確認しに行くといい台所の方へ行った。

ポールは「窓は割れているけど誰の居なかった」といい、ケリーを起こしに2階へ行った。

一人一階に残されたジェイは様子を見に台所の方へ恐る恐る足を進める。

するとそこには尿を漏らしながらこちらに歩いてくる裸の女性「それ」が居たのだ。

慌てて二階の部屋に逃げるジェイ。

その音に気がつきポールとケリ―が部屋をノックし、中に招き入れた。

脅えるジェイに落ち着くように言う二人。

するとドアをノックしドアノブを回す音が聞こえる。

ドアの方へ声をかけると「私よヤラ」と言ったのでドアを開けた。

するとヤラの後ろに「それ」が立っていた見た目は長身の男。

ジェイは2階から階段をつたって外に逃げだし自転車に乗ってどこかへ行ってしまった。

ちょうど女性と一緒にいたグレッグはその光景を目撃する。

ジェイは公園まで逃げてきた。

ヒューに会い情報を聞きグレッグの別荘へ逃げる事にした

その数分後、ケリ―達もあとを追いかけて来た。

そしてグレッグも彼女を追いかけて現れた。

グレッグに誰かが家に侵入したと話をするそして家に帰りたくないと告げた。

ジェイは「ヒューを見つけ出す」と言う。

グレッグは車を取りに家に帰り、皆でヒューを探しに行くのだった。

ヒューの家に着くとボロボロで、窓には誰かが侵入したときに音がなる仕掛けが付けられている。

窓には広告などが張られ外から見えないようになっていた。

ヒューの形跡はどこにも無かったがポールはエロ本の間から写真を1枚見つけた。

その写真に映っていた制服から学校が分かった。

学校に行けば彼の情報が分かるかもしれない。

4人は学校に行き卒業アルバムから名前と住所を教えてもらった。

ヒューは偽名で本名はジェフ。

家もわかったのでそこへ向かう。

家に着くと母親が出た、そしてヒューも家にいた。

裏庭に全員集まり、ヒューは話だす。

「君に移したがまだ俺にもそれが見える」

「これは俺にとってもまだ終わってない、誰かに感染させるしかないんだ」

ケリ―は何をどうしろっていうの?と聞く。

ヒューは「俺と同じ事をするんだ!君ならすぐ相手がいつかる、寝てから事情をはなせ」

「そうすれば解放される」

と言うのに対してグレッグは「そんなバカげた話はあるかよ」と否定した。

ヒューは脅えだし「俺だってまだ安全じゃない、一緒にいるとヤバいから早く帰ってくれ」

「ジェイが死んだら次は俺、そうやってどんどんさかのぼっていく」

ジェイが誰に移されたの?とヒューに聞くと、バーであった女性で一夜限りだったから誰か知らないと言うのだった。

そして「それ」はどこまでも追ってくるがいつも歩きだから車で移動し時間を稼ぎ誰かに感染させる事を考えるんだと告げた。

4人は、グレッグの車に乗りグレッグの別荘へ向かうのだった。

車中でケリーはジェイに誰かに移すっていうの考えてみた?と聞く「どうかな・・・」とまだ悩んでる様子。

グレッグに移すジェイ、だがグレッグは死んでしまう

別荘についた、その別荘の小屋にはグレッグの父親が狩りに使用していただろう拳銃があった。

その拳銃で銃の練習をするジェイ。

全く的に当たらない。

4人は海辺でくつろいでいると、後ろから「それ」らしき女性が近づいてきた。

だがジェイは海を見ていて気が付かない。

するとケリ―はジェイの髪の毛が不自然に宙に上がるのを目撃する。

「それ」に髪を掴まれたジェイは「助けて―」と叫び抵抗する。

ポールは見えないがそれがいるだろう場所をパイプ椅子で殴る。

当たった感触はあったのだが、それに攻撃されポールは吹っ飛ぶ。

その隙に、ジェイとケリーそしてヤラは小屋へ走って逃げた。

遠くに居たグレッグも異変を感じ追いかける。

ポールはやられた所を見ると、すごいあざが付いていた。

小屋から拳銃でジェイは発砲する、4発ぐらい撃った所で当たったがまたすぐ追いかけて来た。

そして小屋の扉を蹴破って入ってこようとする。

ジェイは急いで裏口から逃げ一人車に乗って走るのだが後ろに気を取られ事故にあうのだった。

目が覚めると病院のベッドの上。

病院に居るジェイは足音や目に見える知らない人がすべて怖くなりおかしくなりそうな状態になっていた。

そして、グレッグと病院のベッドの上で体の関係を持つ。

グレッグとの関係を知ったポールは複雑な気持ちだった・・・。

ジェイはグレッグに「それ」が現れたか聞く。

だが3日たったがまだ来てない、もう現れないのかもと言った。

私の言った事信じてるでしょ?とジェイは聞くがでも追ってこないと気楽に考えているようだ。

ジェイは自分の家からグレッグの家が見えるので監視する。

ある日の夜、いつものようにジェイは2階からグレッグの家を見ていた。

すると一人の男性がグレッグの家に近づいてきた。

そして家のドアノブを回し開いてないのを確認すると窓を割り侵入したのだ。

慌ててグレッグに電話するが電話に出ない。

ジェイは走ってグレッグの家に行く。

大声で名前を呼ぶが反応がない・・・・。

するとグレッグの部屋の前でノックしている「それ」が居た。

見た目はグレッグの母親だ。

「なんだよおふくろ」といいドアを開けたグレッグは「それ」によって殺されてしまうのだった。

プールに誘いこみ電気で感電させ「それ」倒す計画を立てた

ジェイは車に乗り泣きながら行先も決めずひたすら走る。

行きついた先はどこかの海辺、そこで寝て朝まで過ごすのだった。

朝になり目が覚めたジェイは誰かの声を聞いた。

海には船に乗った男性が3人いる。

ジェイは少し考えたのち、服を脱いで下着姿になり彼らの元へ向かった・・。

おそらく彼らに感染させたジェイだったが何日たっても恐怖から逃れられないでいた。

月日が流れても部屋に閉じこもる日々。

ポールはジェイに怖いならまた移せばいいと言うが、ジェイは後悔していると言う。

そんなジェイに僕に移せばいい、僕は君が好きなんだ・・と告白する。

だがダメと言うのだ。

ポールは助けたいといい、僕を信じて欲しという。

そして初めてキスした場所覚えてる?と聞きある作戦を思いついたようだ。

キスした場所は、プール。

そのプールへ向かう為に車に乗り込むと家の屋根に「それ」が立っているのを目撃する。

プールに着くとそこはもう営業していないのか誰もいない。

そのプールサイドにドライヤーやテレビ、アイロン、電気スタンドなど並べた。

作戦は、水中に「それ」を誘き出して感電させるというものだ。

準備をし、ジェイはプールに入り真ん中で待機した。

ポールに感染させ二人は仲良く手を繋ぎ歩く、その後ろに「それ」の姿があった

そしてついに「それ」が現れた、見た目は体格のいい男性。

ポール達は見えないので「それ」を指差してて欲しいと言うがジェイは怖くてそれどころじゃない。

「それ」はプールサイドに立ってジェイを見て居るだけで水の中に入って来ない。

するとプールサイドにある、テレビや、電気スタンドなどをジェイに投げてきた。

電源は入ってないので感電はしない。

だが頭に当たったりと出血してしまう。

ポールは拳銃を持っており、見えない「それ」を発砲するのだが流れ弾がヤラに当たってしまった。

ケリーが機転を聞かして布を「それ」がいるだろう位置に投げると「それ」の形が識別で来た。

ポールは頭めがけて発砲する。

「それ」は血を流しプールに落ちて行った。

それを見てジェイは慌ててプールから出ようとするのだがあと少しの所で足を掴まれた。

水の中へ引きずりこまれるジェイ。

ポールは意を決して「それ」がいるだろう位置へ発砲した。

3発目が命中しジェイは命からがらプールから出られた。

プールの中にまだ「それ」が居るか確認する為ジェイはプールの中を覗き込んだ。

すると一面が血の色で溢れ水中が確認出来なかった。

家に帰ったジェイはポールと体の関係を持つ。

事が終わってからポールは「何か変わった?」とジェイに聞いた。

だが首を横に振るだけ・・・、そしてそっちは?と聞き返す。

ポールは「変わらない」と言った。

ポールは売春婦を見て移そうか迷うがやめるのだった。

病院に入院中のヤラは、ベッドの上で本を読んでいる。

その内容は、拷問は肉体に痛みと傷をもたらす。

肉体的苦痛は精神的苦痛から人の気をそらす為、死の瞬間まで肉体の苦痛のみを味わう事になる。

だが最悪の苦痛は肉体の傷そのものには無く、この世の最悪の苦痛とは例えばあと1時間。

あと10分、あと30秒、そしていよいよ次の瞬間に魂が肉体を離れて自分が死ぬと知ってしまう事だ。

それが最悪の苦痛なのは絶対に逃れられないと分かっているからなのだ。

その本の内容を聞いてジェイは何かを思う・・・。

二人は手を繋ぎながら家路に向かう。

そんな二人の後ろを「それ」らしき男が付けてきていた。

映画「イットフォローズ」はどこで見れるの?

映画「イットフォローズ」は公式動画配信unextで視聴できます。

もちろん公式動画配信会社なので、違法動画と違い安全・安心・高画質・高音質で視聴できます。

しかも、いまならお試しキャンペーン中で31日間無料でunextが視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

その他にも
君の名は
IT/イット “それ”が見えたら、終わり
パディントン 
ザ・ウォール
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

なども視聴できます。

国内最大級の動画配信会社です、この機会にぜひ一度UNEXTをお試しください。
[br num="1"]


[br num="1"]
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-u-next

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.