BG身辺警護人 u-next

bg身辺警護人ドラマ動画234話フル無料パンドラ再放送見逃しデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ「BG身辺警護人」動画234話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ「BG身辺警護人」動画234話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「BG身辺警護人」は公式動画配信unextで無料で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

ドラマ「BG身辺警護人」キャスト


島崎章(木村拓哉)
落合義明(江口洋介)
高梨雅也(斎藤工)
菅沼まゆ(菜々緒)
沢口正太郎(間宮祥太朗)
立原愛子(石田ゆり子)
村田五郎(上川隆也)
河野純也(満島真之介
今関重信(永島敏行)
氷川修(宇梶剛士)
清田春孝(阿部進之介)
島崎瞬(田中奏生)

ドラマ「BG身辺警護人」2話あらすじ・ネタバレ

裁判官・行永の自宅前で放火事件発生。行永への脅迫か?

人権派で知られる裁判官・行永辰夫(田中哲司)の自宅前に置いていた自転車が、何者かによって放火される。

警察は、一審で死刑判決を言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を控える行永への脅迫行為とみて捜査を開始。

再度の脅迫も予想されるため、裁判官の行永には警視庁のSP・落合義明(江口洋介)らがつく。

ただ、妻の亜佐美(大塚寧々)にはSPがつかない。

だから、行永の依頼で、身辺警護課が亜佐美につくことになった。

今回は特別手当がつくとのこと。

それにつられ、菅沼まゆ(菜々緒)がリーダに、そして島崎章(木村拓哉)は彼女をバックアップすることになった。

早速二人は行永の家へ。

章は判決への警告なのか確認する。

行永は裁判所の方にも死刑を破棄するなとたくさんの意見が届いている、と、そうに違いないと思っている様子。

でも、『裁判官のご自宅は知られてないはずですよね?』と章は不思議そう。

行永自身も、転居して3年になるけど、初めてだという。

そんな熱心な様子の章をみて、相変わらず落合は邪魔者扱い。

妻・亜佐美に振り回される章達

妻の亜佐美でさえ、夫が出かけた途端、態度を豹変する。

『武器も持たないなんて、ただの一般人じゃん』

『高い支払いをしているのに・・・』

とかなり不満な様子。

しまいには、章やまゆに食器洗いや玄関の掃除など雑用をさせる。

なんて人だ(笑)

まゆは、なんでそんなことしなくちゃいけないの?と不満な様子。

でも、章は文句を言わず、さっさと玄関の片づけを始める。

すると、あるマンションのちらしに目がついた。

たしかに、行永は3年程前に今の家に移ったと言っていた。

マンションに引っ越す必要なんてあるのだろうか・・・。

玄関の掃除や食器洗いを終えた章達。

それをみた亜佐美は、次はお風呂とトイレ掃除をお願いとどんどん雑用をさせようとする。

しかも、自分は気分転換に買い物をしに行きたいと言い出した。

そのため、章達も付き合うことに。

その頃、行永は裁判所に出勤していた。そこへ、裁判の不服を訴えてくる女性が。

朝の犯人???

そんなことも知らない亜佐美はデパートで高級な靴を買う。

店員は『いつもありがとうございます』と声を掛ける。

いつも・・・?と章は不思議に思う。

確かに家の玄関にはそんな高そうな靴は見当たらなかった。

章の携帯が鳴り、行永が襲われたことを聞く。でもまだ身元は分からないとのこと。

一体誰なんだろう・・・。

買い物を終え、章達は車に戻る。

そこで何か視線を感じた章。

しかし、子供が飛び出してきただけで、特に怪しい人は見当たらなかった。

昔の出来事もあるからか、凄く慎重になってるのかなあ?

行永に襲い掛かろうとした人が誰か分かった。

朝の放火事件の犯人かと思われたが、その女性は、殺された被害者の娘だった。

しかも、仕事の都合で海外に在住しており、無罪判決が下されるかもしれないということを知り、朝一で押しかけてきた様子。

じゃあ、放火事件の犯人はいったい誰なの??

続いて亜佐美は前から予約してた美容院に行きたいと言い出す。

外で見張る章達。

『本当は何か一人になりたい目的があるのでは・・・』と思い始める章。

まさか・・・と思いまゆが美容院の中をみると、さっきまで居たはずの亜佐美の姿がない!!

見失ってしまった。

一体どうやって逃げたのだろう・・・。

亜佐美は別の出口から出て、章達から逃げ出そうとしていた。

いったいどこに行きたいんだろ・・・。

誰にも見られたくないところにいきたいのかな・・・?

せっかく逃げようとしたのに、見つかってしまって残念そうな亜佐美。

そして『裁判官なんて窮屈な仕事だ』と愚痴をこぼし始める。

『法廷がない日は1日家にいて調べ事をして、面白くない男が1日家にいたら窮屈』と不満そう。

そして、会いたい人がいるから1時間だけ一人にして欲しいという。

亜佐美が逃げ出したかったのは、この会いたい人に会うためだったのかあ。

男・・・?

でも、一人にすることはできないと、章達も少し離れたところから付き添うことに。

亜佐美が会いたがっていた営業マン。でも、会いたかったはずなのに、亜佐美の態度が変わる

相手は不動産会社の営業マン。

やっぱ男じゃん!

でも、亜佐美は相手には奥さんも赤ちゃんもいると弁解。

亜佐美はもう少し都心のマンションに引っ越したいという。

せっかく家があるのに・・・。

その時、章は亜佐美が美容室に入るときには持っていた紙袋がないことに気づく。

美容室に忘れたのかな・・・?

でも、あんな高い靴、普通忘れたりなんかしないでしょ・・

不動産会社の男と話が終わった亜佐美は、なんか悲しそうな、寂しそうな顔をしていた。

別れ話でもしたのかな・・・?

章も、その異変に気付く。

でも、何かあったのか聞くと、亜佐美は不機嫌になり、章にクビを言い渡す。

その後、章の代わりに沢口正太郎(間宮祥太朗)がつくことに。

亜佐美があっていた三上が危険人物??

クビにされた章は行永の所に向かう。

そして、自身がクビにされてしまったこと、不動産会社の男と会った後、亜佐美の様子がおかしくなったことを報告する。

そして、燃やされている自転車が亜佐美の物だったこともあり、狙われているのは行永ではなく、本当は亜佐美なのではないかと言う。

そして、行永が、相手の男性を知りたいと言ってきたことから、行永は妻の行動を知りたくてボディーガードをお願いしたのだと気づいた。

行永は、裁判官が倫理にのっとった正しい生活が求められる。

私生活が乱れた裁判官には信頼性がないと思われるし、探偵所などには依頼することはできない、嫉妬ではなく、裁判官として仕事として妻のことを調べようとしたと話す。

妻の不倫に試みだされる様では人を裁くことなんてできないと強気だった。

章は、亜佐美があっていた男性の情報を伝える。

そして、朝のマンションのチラシを行永に見せる。

三上勇作・・・。

どうやら見覚えのある名前らしい。

老人ホーム事件の関係者?

妻があっている男が明日の裁判関係者ならまずいと判断した行永。

19時までに亜佐美を家に連れ帰るよう章にお願いする。

そして、警察に知られてはまずいと三上の件は自分で調べると言い切った。

とりあえず、章は三上の件を上司の村田五郎(上川隆也)に報告する。

村田の方でも三上のことを調べてもらうことに。

その頃、スーパーで買い物をしていた亜佐美。

もう17時39分になっていた。

なかなか帰ろうとしない・・・。

普通、あんな放火事件あったら怖くてゆっくり買い物なんてしていられないのに・・・。

しまいにはまゆたちの隙を見て、一人逃走してしまう。

やはり、、、章と違いちょろいもんなのか・・・(笑)

亜佐美が逃げ出したことを知った章。

19時までに連れて帰れば大丈夫と3人で必死に探し出す。

章はまず美容院があったところへ。

そこへ村田から1本の電話が。

三上に妻と赤ちゃんがいるというのは嘘だということが分かったという。

そして、章は美容室があった同じ建物の中にある、トランクルームの1室で亜佐美を見つける。

そこで亜佐美からの本音を打ち明けられた。

夫から、裁判官としての秩序を守るため、質素な生活を強いられていたと。

でも、そんな生活に耐えられなくなった亜佐美。

その時、さっきの不動産会社の男性に、ここのトランクルームを紹介してもらったそうだ。

とても小さな部屋だが、好きなものを購入し、隠していたのだ。

でも、そのおかげで、一人の時間が持てたそうだ。

近所の悪口は言うなとかいつも穏やかに接していろとか贅沢はするなとか言われ、凄くストレスが溜まっていたみたい。

でも、こんな小さな部屋でも落ち着ける気持ち、分かるー。

私も車の中とか、唯一自分の部屋っていう感じで落ち着けるから。

亜佐美はストレスが溜まる一方、夫を尊敬している気持ちもあったみたい。

人に批判されても愚痴一つ言わない、怒りも泣きもしないなんて、本当に立派すぎる。

でも、夫みたいに立派な人間になれず、逃げ場を作ったみたいだ。

三上が紹介したトランクルームは危ないと思った章は、亜佐美を外に連れ出そうとする。

ただ、もう行永に約束した19時を過ぎてしまっていた。

とりあえず、村田が行永に謝りに行く。

そして、放火をしたのは三上勇作という男であること、彼は1年前、行永が判決を下した事件の被害者家族であることを伝える。

その被害者はストーカーに会っており、三上とは婚約中だった。

判決後に結婚したが、またストーカーに襲われるの恐怖に陥り、半年前に自殺をしてしまっていた。

しかも、お腹には赤ちゃんがいた様子・・・。

過去の判決の逆襲・・・。

一方、危機が迫っていることをまだ知らない亜佐美はなかなかトランクルームを出ようとしなかった。

そして、三上との会話を打ち明ける。

放火したのは三上であり、旦那が死ねば亜佐美が三上のものになると言われたという。

しかも、窮屈な生活の象徴がママチャリと三上に愚痴っていたそうだ。

章は、今日買った靴を履いて堂々と帰ればいいというが、旦那になんていえば良いか分からず、帰れない様子。

でも危険が迫っている。

なかなか出ようとしないため、三上が嘘をついていることを亜佐美に告げた。

そして、全てを知ったうえで、亜佐美に近づいたことをいう。

驚愕した亜佐美。

急いで逃げ出そうとするが・・・

でも、もう遅かった。

もう三上は、建物の中にある防犯ルームで、亜佐美が中にいることを見ていたのだ。

エレベーターに乗ったところを確認し、操縦しだした。

自分の妻が死んでも、裁判官は冷静に判決が下せるのか確かめたいと言い出す。

そして、エレベーターの扉が開いた途端、両手にハンマーをもった三上は亜佐美に襲い掛かろうとする。

章は三上を必死に止め、亜佐美をエレベーターの外へ。

武器も何も持っていないのに、必死で三上を押さえつける。

カッコよすぎ!!

三上を押さえつけた章。

再びエレベーターが開いた途端、三上は警察官に連れていかれた。

そして無事に亜佐美も行永の元へ。

良かったぁ..

初めはどんな顔をしていいか分からないと逃げようとした亜佐美。

章は奥様もご主人のバカなところを見たかっったんじゃないですか?と 亜佐美を説得する。

行永は、心が乱れることが無いなんて嘘、ただの男として家内のことを・・・。と章に告げる。

なんか切ない・・・。

こんな人間が人を裁いていいのか・・・と自信を無くした様子の行永だが、亜佐美はあなたは間違っていない、私が知ってるから、と行永を励ます。

お互いを分かり合えたみたいで本当によかった

これからは、本音を言い合えたらいいですね。

身辺警護課に戻った章達。

そこで、急にやめた高梨雅也(斎藤工)が戻ってくることが分かる。

章の正体を暴き、何かやろうとしているのか・・・。

章が家に帰る途中、ある車がやけにまぶしく照らしながら、ゆっくりと章を追っている感じ。

不審に思った章が近づくと、なんと厚生労働大臣の石原愛子だった。

プライベートな警護を頼みたいとのこと。

会社をとおして頼む章。

また、愛子にはなんか振り回されそうな予感。

今後の展開が楽しみ。

ドラマ「BG身辺警護人」2話見どころ感想

BG 第2話を見た率直な感想

裁判官の奥様の警護ということでしたが、民間のボディーガードはそういった警護があるんですね。イメージとしては江口洋介さんが演じている政治家や裁判官を守っているというイメージでしたが、その奥様の警護。

普通の生活の中にボディーガードが入っているので少し歪な感じがしましたね。しかしただの警護で終わらず何かを隠して一人になりたがる奥様とそれに関わっていた若い男。裁判官が奥様の警護を依頼した本当の理由と奥様の身に迫る危険を上手く描いていましたね。

エレベーター内でのバトルシーンは見応えがありました。最後に言った「その人も被害者なんです…」という言葉に胸がつまりました。守るべき人が必ず正義とは限らない、色々な視点から見れる描き方が上手いなと思いました。

毎週木曜日のお楽しみ

1話と2話を見ました。久しぶりにドラマをリアルタイムで見ました。木村さんのアクションシーンは迫力満点で、すごくかっこよかったです。ボディガードということで、常に敵や犯人から襲われる危険があり、そのスリリングな感じによって、ドラマを見ている側は、緊張感を持って集中して見られていると思います。

敵や犯人以外にも、木村さんが演じる職場の人間関係や江口さんが演じるSPとのやりとりや石田ゆり子さんが演じる大臣との絡みなど、いろいろな人間関係があり、そこらへんが今後どうなっていくかというのも楽しみです。久しぶりにドラマをちゃんと見ていて、しばらくはこのドラマが放送される毎週木曜日を楽しみに、仕事などをがんばっていきたいと思います。

今後の動きに期待できるドラマ

第1話から爆破シーンや、主演の木村拓也さんのアクション等迫力があり見どころも多かった。しかし、このドラマの本当に伝えたいところは民間のボディーガードの仕事内容ではないだろう。身辺警護人対、警察。主人公の過去や現在の状況。会社内での人間関係。

とさまざまな伏線を残したまま第1話は終了したように思える。今後これらが明らかになり繋がっていくのが楽しみである。ただ私の一個人としては、木村拓也さん演じる主人公の柔軟性のある性格やキャラが、仕事をする時に見せる無駄のない動き、仕事に対しての考え方を話す場面を1番楽しみにしている。また多くの大物の演技派俳優が出演しているので、一つの場面ごとに華やかさがあるのも見応えがあった。

芝居のレベルをあえて下げてる⁈

主演の木村拓哉さんを引き立てるためなのか?他の出演者がみんな一様に芝居のレベルを下げて、少し表現はおかしいかもしれませんが、芝居がかっていて(なんなの?)と感じてしまうシーンが多すぎたように感じます。

大塚寧々さんは特にひどく、本来はもっおうまい演技かできる人なのに、強い違和感がありました。上川隆也さん、斎藤工さん、菜々緒さんも同様で、自然体の人が誰もいないので、(そこまでしなくても…)と、少し白けた印象になってしまいました。主演は木村拓哉さんなので、みんなを引っ張っていくのが良いのでは?と思いますが、みんなが木村拓哉さんに気を使っている感じで、見ていて窮屈な感じがしました。もう少し、自然なお芝居が見たいです。

ドラマと現実社会をわけて見れるか

鋭い感覚で危険を未然に防いだり丸腰でも素早い動きで攻撃を制圧したり、本当はもっと泥臭くてぼろぼろなんでしょうがさすがにスマートなキムタクがやるととてもカッコいいと思いました。センスと厳しい訓練を続けていかないと中途半端な気持ちじゃとてもできない仕事だと思います。失敗したらもうやり直せない怖さがハラハラします。

裁判官も家族も規律正しく生きなければならないみたいなことを言っていましたが、それじゃあ窮屈だし本当はそうであってほしいと望んでしまいますがそんな人がいるとなかなか思えなかったです。

それに裁判官が一人で判決を出すものなのか、ドラマとはいっても現実社会と結びつけて考えてしまうこともあるかもしれず裁判官を逆恨みして攻撃するような間違った印象を持たせてしまったような気がして心配になりました。

ドラマ「BG身辺警護人」動画見どころ感想

華麗な動きのボディーガード・島崎章

民間警備会社のボディーガードの島崎章を演じる、木村拓哉さんはやっぱりカッコ良すぎるほど、カッコいいですね。

美人過ぎる大臣が好きな記者で犯人の犬飼悟(勝地涼)は異様でした。犬飼との格闘の時に、章が一方的にヤられていたので、犬飼は相当な格闘能力を持っているのかと思いましたが、あれは大臣の立原愛子(石原ゆり子)が見ていたからだったんですね。

章は壊れたベンチを使い、犬飼から刃物を奪い取り急かさず押さえ込む姿は華麗でした。

その後の、警視庁のSPの落合義明(江口洋介)が民間のボディーガードの章に対して、「民間が警護をすることに反対」と言い、章は「丸腰だからこそ、護れる事もある」と返します。

今後も「公務のボディーガードの義明」対「民間のボディーガードの章」のバトルが楽しみです。

久々の木村拓哉の主演ドラマ始まる

あの、格好良い、木村拓哉の主演のドラマBG~身辺警護人がいよいよ始まった。

一本のボルトに秘められた過去、そして、今は麹現場のガードマンに、四肢その警備会社が、新たに身辺警護課を立ち上げる事に、そのメンバーに各部署から選抜された者たちが集められた、それぞれ過去を持つ一癖ありそうな集団、そして、警視庁のSPとのやり取りも興味が湧きます、今回の、警護は、国会議員を巻き込んだ事件に、そんななあに巻き込まれていき、事件の本櫃に迫り、解決して行くのです。

武器を持たずに依頼人の命を守る、用心棒、用心のために持つ棒、それが用心棒の精神を基に、自分の体を壁にして、依頼人を守る、アクションアリのドラマこれから暴かれるであろう、ボルトの謎、そして皆の過去についても興味が湧いてきます。楽しみですね。

章の過去がどのように描かれていくかも期待

基本的には1話完結で依頼人を警護をしていくという形になると思われますが、章がボディーガードの世界から身を引かなくてはならなくなってしまった理由について、今後どのように詳しく描かれていくのかが非常に気になります。

また、それが詳しく描かれていく時は、章の過去が身辺警護課のメンバーにバレてしまった時だと思われますが、そうなった時に身辺警護課のメンバーが章の過去をどう受け止めるかというのも、このドラマの見どころになると思われます。

もし、身辺警護課のメンバーが章を受け止めるのであれば、それまでに章と信頼関係を築いているのではないかとも思われますが、それであるならば身辺警護課のメンバーが章とどのように信頼関係を築いていくかも楽しみです。

チームと言っているわりには、チーム感がイマイチ

初回だから仕方ないのかもしれませんが、ボディガードのチーム感が感じられず、木村拓哉さんのスタンドプレーばかりが描かれているような印象を受けました。

もちろん、木村拓哉さんが主役なので、どういう人物なのかを解説するようなシーンが、どうしても多くなりがちなことは理解はしますが、木村拓哉さんを無理にカッコ悪くしてみても、それが余計に嫌味な感じにも見えてしまい、目指していたものの違うようになってしまったのではないかな?と思います。

斎藤工さんや、菜々緒さんもうまく使いきれていないし、石田ゆり子さんも中途半端で、木村拓哉さんと同じくらい嫌味なのが江口洋介さんで、みんながバラバラな感じがします。最終回までには、まとまりが出てくれば良いなと思います。

章と落合のシーンに期待

依頼人を無事に警護できるかというとこもこのドラマの見どころだと思いますが、木村拓哉さん演じる本作の主人公・章と江口洋介さん演じる落合と対立するシーンが面白く、章と落合が絡むシーンもこのドラマの見どころになると感じました。

章と落合の考え方が違うというところも非常に興味深いのですが、身辺警護課と警視庁SPがやり取りをするというのは自分が認識する限りでは今までありそうでなかった構図ですので、その対立がとても斬新だと感じました。

特に、丸腰だからこそ依頼人を守れることもあるかもしれないという章の考えには、はっとさせられました。章と落合のシーンは今後も名台詞が生まれそうな予感がしますから、第2話以降も楽しみです。

斉藤工のチーム復帰が待ち遠しい

木村拓哉さんを始めとして超豪華なキャストが集まっての贅沢なドラマでした。事件もマラソン会場での身辺警護という事で派手な画面になっていましたし。

スーツを着てビシッと決めた彼らの姿はかっこよかったですね。それだけに斉藤工さんのキャラがチームからリタイアしたのは残念でした。

まさか仕事でミスや怪我をするとかではなく、初仕事の前にいなくなってしまうとは……。

まあ現場に来ないながらも重要な助言をしてくれましたし、いつかは戻ってきてくれるのだと予想していますが、せっかくの美男美女チームなので全員勢ぞろいして仕事をする場面が早く見たいです。

その過程で木村拓哉さん演じる主人公「島崎章」の秘められし過去についても語られそうで楽しみですしね。
⇓  ⇓  ⇓
bg1話あらすじネタバレ

bg3話あらすじネタバレ
bg4話あらすじネタバレ
bg5話あらすじネタバレ

ドラマ「BG身辺警護人」はどこで見れるの?

ドラマ「BG身辺警護人」の動画は公式動画配unextで視聴できます!

もちろん公式動画配信会社なので、違法動画と違い安全・安心・高画質・高音質で視聴できます。

しかも、いまならお試しキャンペーン中で31日間無料でunextが視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

その他にも
映画「海月姫」
君の名は
「あ 荒野」
ウォーキング・デッド
1%の奇跡

も視聴できます。

unextは10万本以上の動画を配信しています。

国内最大級の動画配信会社です、この機会にぜひ一度UNEXTをお試しください。


[br num="1"]
ドラマ「BG身辺警護人」は公式動画配信unextで無料で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-BG身辺警護人, u-next

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.