FOD

高校入試ドラマ動画フル無料1話~最終回パンドラデイリーyoutubeで見れるの?

投稿日:

ドラマ「高校入試」の動画フル1話~最終回の無料視聴、再放送、見逃しはpandora,デイリー,youtube,miomio,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ「高校入試」の動画フル1話~最終回の動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「高校入試」の動画フル1話~最終回は公式動画配信FODで全話無料で視聴できます!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「高校入試」の作品概要

高校の非常勤講師を経験している原作者湊かなえが描く高校入試を舞台にしたサスペンス。

近年の都議会や国会などでも取りあげられている情報公開請求。

高校入試においても点数等の開示請求もできるようになり、このドラマの冒頭では採点ミスがあり問題になったこともあると話題にしている。

このドラマのテーマは、そこにあり、これから受験を迎える人には見てほしいドラマ。

ただし点数の開示は短い期間の中で行われるので、注意が必要。

学園ドラマには、のちにブレイクする俳優が生徒役で出ていることも有りその点でも楽しめる。

現在放送中のanoneで、広瀬すず演じる主人公とメールのやり取りをするカノン役を演じている清水尋也は、渇き、ソロモンの偽証などでも目立つ演技をしている。

第1話では延々子の学校が地元ではどんなに愛されているかと言ったことが異様さすら感じるくらいに描かれている。

そんな学校だからこそ、渦巻く嫉妬やこの学校へのこだわりなどがわかる。

1話目ではこの学校の入試に宣戦布告と思われる文字が最後に出てくるが、2話以降で、生徒のいないはずの学校では起こりえないことが次々起こる。

犯人は潜んでいる生徒なのか、外部の者なのか、それとも教師の仕業なのか。

謎解きと、入試に振り回される人間たちを描いている。

ドラマ「高校入試」の動画キャスト

春山杏子(長澤まさみ)

高校まで海外で過ごした帰国子女の英語教師役。

修学旅行を担当する旅行会社に勤務していたことから、学校教育に興味を持ち、教員採用試験を受け県立橘第一高校に赴任して1年目が終わる所。2年B組担任。

滝本 みどり(南沢奈央)

音楽担当で地元の出身だが、音楽科のある菫女子高校出身。同じ学校内の体育の相田と交際している。

入試の後、相田と旅行がしたくてそのチケットを杏子に依頼する。

杏子よりは年下だが、教師としては1年先輩、日本の高校の事やこの学校のことなどの相談にのっている。

小西俊也(徳山秀典)

初任者である杏子の指導を担当している英語教師。橘一高と双璧をなす清煌学院高校出身。

この一件について、卒業生ではない分、冷静に対処している。

村井祐志(篠田光亮)

橘第三高校出身で、松島の教え子。現在は数学の常勤講師として働いている。正式採用を目指している。

坂本多恵子(高橋ひとみ)

英語科の主任で橘一高出身。現在しっかりとした一流企業で働いているが出身が橘三高の娘のお見合い相手をけなし、市役所非常勤の橘一高出身の娘に釣り合わないという。

過去に高校入試での採点ミスがあり、減給処分を受けている。

松島崇史(羽場裕一)

英語の担当であるが、今回の高校入試では息子も受験するため、採点には加われない。常勤講師の村井は教え子である。

石川衣里奈(山崎紘菜)

杏子のクラスの生徒男子バレーボール部のマネージャーで、顧問の相田と付き合っている。

この学校への入学試験の時に自分の携帯が鳴ってしまい、それにより仲間外れのような目にあっている。

相田清隆 (中尾明慶)

体育教師で橘一高出身。男子バレーボール部の顧問で、マネージャーの石川と恋愛関係になってしまっている。

その一方で音楽の滝本と二股をかけていて、滝本は相田と二人で海外旅行に行くのを楽しみにしている。

沢村幸造(入江雅人)

橘一高の同窓会長。橘一高出身の教師たちと同様にこの学校を卒業したことを誇りとし、自慢している。

息子この年、橘一高を受験するのに、学校に出入りしている。

ドラマ「高校入試」動画1話あらすじ・ネタバレ見どころ感想

高校入試に初めて向かう杏子が驚く情報

入試直前の学校、高校入試にかかるマル秘資料などが作られる中、1年目の杏子(長澤まさみ)は初任者研修のまとめを作っていた。

初任者の杏子を指導する小西(徳山秀典)にレポートの指導を受けていると、高校入試の事前の打ち合わせ会議が修招集される。

高校入試では、点数の開示もあり、この高校に置いて、採点ミスがあったことが開示請求により判明したことの注意などが教頭より、いいわたされる。

今回ベテランの村井(羽場裕一)は、息子がこの学校を受験するため、担当が与えられていない。

資料にナンバーを振ってあとで回収するとか、当日は外部からの出入りを極力避ける点、教師の息子の入試の配慮はかなりリアリティがある。

現場を知っている湊かなえならではの観察眼だと思う。

会議の後、杏子は、同僚のみどり(南沢奈)から旅行の相談をされる。

元旅行会社勤務と言う事で、旅行の優遇措置などを良くお願いされてしまうのだ。

採点に関して英語科の中での打ち合わせで、今回は村井が採点にも関われないので、その責任の重さを坂本(高橋ひとみ)は嘆いている。

採点は間違いを失くすために1枚の答案を5人で見る。

英語科の3人と教科外の体育と美術の教員が担当する。

すべてマークシートなら簡単だけど、記述式だと、英語はスペル、国語は漢字の間違いなどの基本的な部分、文章を書かせても正解がいくつかあるので時間がかかる教科。

坂本の嘆きもわからないではない。(笑)

その頃、ネットの掲示板では、高校入試に人生を狂わされたという書き込みが立ち上がっていた。

それは、杏子が勤務するこの高校でのことだった。

会議もひと段落して、職員室に杏子が戻ると、「ごみ置き場事件」の話で盛り上がっている、有名な進学高である橘一高に合格したら勉強の必要がない。

だから、合格発表の次の日の粗大ごみの日は、学習机でごみ置き場がいっぱいになるという伝説。

まだ大学進学率がそれほど高くなかった時代、橘一高に合格するというステータスで親も本人も鼻高々。

例えば橘一高卒業後、三流大学に入っても、ここを落ちて別の学校で頑張って一流会社に勤務しても地元の人の評価は橘一高卒業を評価するんだとか。

田舎の進学高にはありがちな感じ、昔甲子園に出れば勝ち続けていた高校が、私立が設備を整えたせいで勝てなくなると同窓会から文句を言われるのと似ているのかな。

橘一高崇拝の教師たちにうんざりする杏子たち

職員室では、その後も橘一高を卒業した先生たちの間では、この学校を卒業したことが、いかにステータスになるのか、うんざりするような話が続く。

それにこたえるように、ネットの掲示板ではこんなことが書かれている。

「学歴自慢をするのは、人生のピークがすでに終わっている奴、今の人生に満足している奴は学歴自慢なんてしない」

職員室では、橘一高出身の先生たちが、音楽のみどりが校歌のピアノ練習をしているのに合わせて校歌まで歌いだしている。

橘一高ではなく、地元の有名私立清煌学院高校出身の小西は、学校の敷地内で吸う事を禁止されているタバコを外で吸っている。

校舎の外でも敷地内は禁止だと声をかける杏子。

外にも聞こえてくる橘一高出身の教師たちの歌声を聞きながら、「この学校を通過できてない人間がこの学校には多すぎる」と小西は言う。

帰国子女で海外の高校をでている杏子もこの学校以外の卒業生を見下すような発言をした坂本に違和感を持っていたことを話す。

そんな時、息子がこの学校を受験する松島も外でタバコを吸い始めた。

小西は自分には注意した杏子に注意に行かないのかと、聞くと「近寄るなオーラが出ているから無理」と答える。

「傍で頑張っているのを見ていて、何もしてやれないのはストレスだよな」と、自分も経験しているかのようなことを言う小西。

「子供がいるような発言ですね」そう問いかける杏子に小西は「、3年生の担任になればわかる」というけど、それだけじゃないような…。

二人がみていると、松島に村井(篠田光亮)が声をかける。

校歌を歌ってうっとりしている先生たちに付き合っていられなくて出て来たのかと聞かれた村井は、部外者ですからねと言う。

村井は1年ごとの契約の常勤講師、毎年教員採用試験を受けて合格したら正式な教員になれるけど、受からなかったら1年で切られるかも。

こういう採用形態を取り入れることによって、学校に自分が向いていないと思った人は教師をやめることが出来るし。

期限のある採用なので、中途退社という形にもならない点だけはいいけど。

他の先生たちと同じように仕事をして、部活動も見てさらに受験勉強と大変かなとも思う。

そんな愚痴を言っていたら、村井もタバコを吸いたくなって村井まで吸い始めた。

村井は、松島の教え子と言う事もあって、他の教師仲間よりも仲がいいらしい。

杏子がみどりの所へ、旅行の予約が取れたことを連絡に行くと、音楽室から水野(阪田マサノブ)が出てくる。

彼もまた橘一高出身ではあるが、一高崇拝の教師たちとは一歩置いているようだ。

みどりとも一高崇拝の教師たちの話をするが、みどりも音楽科のある女子高時代、一高の彼氏を作ることに憧れていたが、今ではそんな気は薄れたそうだ。

何者かからの挑戦状「入試をぶっつぶす」

入試前日、杏子は、クラスの生徒たちに机の上の落書きや机の中を空にすることを生徒にさせる。

掲示してある張り紙をはがして、受験生を迎える準備をしていると、クラスの石川 衣里奈(山崎紘菜)が入ってきて手伝ってくれる。

ネタバレになるが、彼女はこの学校を受験した時に廊下に置いた携帯電話が鳴ったことで、入学後にあの電話のせいで友達が落ちたと言いがかりをつけられた経験がある。

そのため、仲間はずれなどにも合っていることもあり、教師に甘えるところもある。

そんな彼女だから、事前準備に間違いがないようにという気遣いもあるのかな。

生徒を返した後、教員たちで構内の清掃をするために女性職員用の更衣室で着替えている杏子みどり。

遅れて入ってきた坂本、すると坂本のロッカーから。

「入試をぶっつぶす」

と書かれた紙が落ちてきた、坂本は生徒がいたずらで上着のポケットに出もいれたのが落ちてきたのだろうと言って捨ててしまうが…。

杏子は同じ試験会場で試験監督をする水野・村井の三人で教室準備に向かう。

教室に入ると、杏子が出た時には何もないことを確認して鍵をかけたのに坂本のロッカーにあったのと同じ言葉が黒板に貼られていた。

「入試をぶっつぶす」

それは、杏子たちの教室だけでなく、試験会場すべてに貼られていた。

そして学校裏サイトにも、「入試をぶっつぶす」の言葉が並んでいた。

これは一体何なのか、単なる脅しなのか、本当に何か起きてしまうのか。

教師たちの中には緊張と不安が高まる。

ドラマ「高校入試」はどこで見れるの?AD

ドラマ「高校入試」はフジテレビ公式FODで視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で31日間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2017年11月30日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

そして、雑誌も見放題


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ

しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。

ドラマ「高校入試」を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-FOD

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.