BG身辺警護人

bg身辺警護人ドラマ動画45話フル無料パンドラ再放送見逃しデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ「BG身辺警護人」動画45話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ「BG身辺警護人」動画45話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「BG身辺警護人」は公式動画配信unextで無料で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

ドラマ「BG身辺警護人」キャスト


島崎章(木村拓哉)
落合義明(江口洋介)
高梨雅也(斎藤工)
菅沼まゆ(菜々緒)
沢口正太郎(間宮祥太朗)
立原愛子(石田ゆり子)
村田五郎(上川隆也)
河野純也(満島真之介
今関重信(永島敏行)
氷川修(宇梶剛士)
清田春孝(阿部進之介)
島崎瞬(田中奏生)

ドラマ「BG身辺警護人」4話あらすじ・ネタバレ

厚生労働大臣・立原愛子に再び振り回される章達

日ノ出警備保障の社長・今関重信(永島敏行)から『非常に重要かつ極秘の依頼が入った』と、村田五郎(上川隆也)とともに国立現代美術館に呼ばれた島崎章(木村拓哉)。

なんと、今回の依頼は厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)だった。

本当に身辺警護課に依頼しにきたんだー。

どんな依頼なんだろう。

でも、また振り回されそうだな・・・。

愛子は、対立している派閥の長と会談するために、警視庁SPには知られずにケイリントンホテルに行きたいとのこと。

その人と会うために、その日に人間ドックに入る病院から抜け出し、3時以内に戻ってきたい様子。

でも、SPが24時間付きっ切りなのに、抜け出すことなんてできるのかなぁ・・・。

今回の依頼を受け、準備をする身辺警護課のスタッフ達。

高梨雅也(斎藤工)はSPの目を盗んで、誰とも分からない相手の所に送るなんて、と今回の依頼は断るべきだという。

確かに、SPに見つかったら大変な目に合いそう・・・。

村田は引き受けた以上、やるしかないと雅也を説得させる。

章も、クライアントもリスクを冒して警護を依頼してきている、目の前のクライアントを護るのがボディーガードの仕事だと、今回は章が責任者に。

任務当日。

愛子は病院に向かう。

警視庁SPの清田春孝(阿部進之介)との相性が合わなかったため、今回から毛利太平が愛子の専任に。

落合義明(江口洋介)らとともに病院に向かう

身辺警護課の章、村田、沢口正太郎(間宮祥太朗)の3人も病院に到着。

会社で待機している雅也は渋滞情報を調べることに。

愛子たちも無事に病院に到着し、病室に入る。

落合は毛利に、くれぐれも愛子から目を離さないよう、忠告する。

会社で待機していた雅也は、色々と調べていくうちに、【対立派閥の長との会談】という外出理由は嘘なのではないかと感じ始める。

対立派のトップたちは協議会等に出席しているはずということが分かったからだ。

やはり、また愛子に振り回されるのかな(笑)

一方愛子は、これからの検査で3時間ほどかかるため、お茶でも飲んでいてと何とかSPを愛子の傍から離れさせた。

そして、何とか病院から脱出。

章達とも無事に合流できた。

いよいよホテルへ向かう。

道中、愛子は秘書の坂上(桜井聖)に検査のために携帯の電源を切ると連絡。

そして、今日はもう帰ってくれとお願いする。

いくら病院でも、何かあったらいけないのに・・・秘書まで帰らせるなんて怪しい。

雅也は、まだ愛子を怪しんでいた。

ケイリントンホテルはフロアが吹き抜けのため、人目につきやすく、密談に選ぶホテルではないと。

その一言で、菅沼まゆ(菜々緒)も納得。

そして雅也はまゆに現場に知らせるよう命令する。

それを聞いた章。

章も、不審な点を感じていた。

そして、本当の理由を教えてほしいと愛子に問いかける。

愛子は、好きな人に会いに行くと言う。

その相手は既婚者のため、知られるわけにはいかないとのこと。

章は、知られたくないなら、休日の真昼間になんか選ばないという。

確かに。

ただでさえ有名人なのに、わざわざ人が多い休日を選ぶなんて・・・。

誰かに見られてしまったら大変じゃん。

愛子は仕方なく、初めて過ごしたのが5年前の今日で、ケイリントンホテルで一緒に夕日を見たと話し出す。

そして、お別れをしたいため、どうしても今日会いたいとのこと。

その頃、病院では、愛子がいなくなったことが分かり、誘拐の可能性もあると大騒ぎに。

SPの落合は何かを隠していそうな愛子の秘書・坂上(桜井聖)に問い詰める。

坂上は、今日付けの結婚披露宴の来賓リストを持っていたこと、数日前に、日ノ出警備保障の身辺警護課の人と会っていたことを報告してしまう。

ため息をつく落合。

落合もまた愛子に振り回されちゃうね。

落合達は身辺警護課に愛子の居場所を確認するためにやってきた。

でも雅也は、SPが対象者を見失うなんて、前代未聞の事態だと居場所を教えなかった。

その時、毛利の元へ1本の電話が。

どうやら愛子の居場所はバレテしまった様子。

ホテルの近くまで来たが、ホテル近くのトンネルで渋滞に。

なぜなら、愛子が向かっている場所がバレた為か、ホテルに通じるトンネルの出口付近で不自然な検問が行われていたのだ。

愛子はそれでもホテルに向かってほしいという。

ここを抜けないといけないのに、そんなことできるのかな・・・。

やはり、検問に引っかかってしまった身辺警護課の車。

清田が急いで車の中を確認。

でも、そこには愛子も章の姿もなかった。

いったいどうやってトンネルから抜け出したんだろう・・・。

道路工事の警備をやっていた経験のある章は、トンネル内の構造に詳しいみたい。

どうやら、トンネル内の避難経路を二人で歩いて潜り抜けていた。

愛子がホテルに向かう本当の理由は娘に会うためだった!

愛子はそこで、ホテルに行く本当の理由を章に打ち明ける。

大学の時に出産した娘が今日結婚式のため、見に行きたかったとのこと。

出産後すぐ養子に出したため、一度も抱いたことはないみたいだが、結婚するって分かった途端、一目だけでも顔が見たいと思ったみたい。

SPと違い、これまで章が仕事に全うする姿をみて、愛子は章のことを信頼したから、誰にも打ち明けたことのない秘密を打ち明けられたのかな。

なんとか抜け出した二人。

無事にホテルに到着する。

そして、教会に向かい最後尾からなら誰にも気づかれず見れるかもしれないと教会に入る二人。

しかし、始まっているはずの結婚式はまだ行われておらず、そこには誰もいなかった。

なぜなら、先に到着していた落合が結婚式を30分遅らせていたのだ・・・。

そして落合は、病院に戻るべきだと愛子を連れ戻そうとする。

愛子は生きるか死ぬか、私の人生がかかっていると、5分だけ時間を下さいと落合にお願いする。

落合もそれを許した。

愛子は娘の所に向かうのかと思いきや、主賓の全医連の会長・崎山敬一郎(中尾彬)の部屋へ。

なぜだろう・・・。

愛子は崎山に少子化に歯止めをかけるために、出産一時金の増額をお願いしに来たのだ。

今までも何度もお願いしてきたが、独身のキャリアウーマンの考えには説得力がないと棄却されていたようだ。

愛子は崎山に考え直してもらうために、今回の花嫁は自分の娘だと話し始める。

そして自分の子供と離れ離れにならなくてはいけなかったからこそ、子供たちにとって役に立つ法案を通したいと崎山に伝える。

愛子はそんな経験をしているからこそ、誰よりもその気持ちが分かるんだろうな。

崎山はそこまで腹をみせるのなら仕方ないと、考えてくれるそうだ。

一方、部屋の外では落合と章が言い合っていた。

そして二度と愛子に近づかなければ今回の事は不問にするという。

章も納得がいかず口答えする。

SPだって愛子が抜け出した事気づかなかったくせに・・・。

部屋から話を終えた愛子が出てきた。

病院まで送るという落合。

お嬢さんに会わないまま、帰っちゃって本当にいいの???

愛子は落合に章達は自分の依頼に忠実だっただけだから咎めないでとお願いする。

愛子が車に乗り込むと、章が追いかけてきた。

『まだ任務は終わっていません』と。

章は愛子の依頼にちゃんと応えなくては・・・愛子の気持ちを叶えなくては・・・と思ったのだろう。

そして、愛子が乗っている車を教会が見えるところまで案内する。

すると、新郎新婦が丁度教会から出てくるところだった。

思わず私も涙が出てきてしまった。

お嬢さんの晴れ舞台、少しでも見れて本当に良かった。

政治家としてずっと頑張ってきた愛子にとって、いくら今まで娘のことを思い出すことが無かったと言っても、娘が幸せになることは、本当に嬉しいことだと思う。

章は最後まで任務を全うした。

そして章は愛子を見送った。

その後ろ姿を見ている人影が・・・。

なんと、あの5年前に警護していたサッカー選手の河野純也(満島真之介)じゃん。

章を探していたのかな・・・。

なんか視線が冷たく凄く怖いけど。

5年前のことを恨んでいるのかな。

章がボディーガードをやめた事件のことがいよいよ明らかになるのかな。

一方、村田も章がただの警備員ではなかったのではないかと疑い始めていた。

章の過去がついに他のスタッフにも明るみになりそうな予感。

ドラマ「BG身辺警護人」4話見どころ感想

身辺警護人とは、何者なのか

身辺警護人を観ていて思うのは、身辺警護人という仕事は、ドラマのようにSPと同じくらい危険なのかという所です。

ドラマを観ていると仕事内容としては、SPの任務と同じように感じるからです。

SPの隙をついて大臣を連れだしたり犯人と素手で戦ったりと危険すぎる任務です。

ムチャクチャな任務も島崎は、理由を聞いて納得すれば引き受けるので何でもありな身辺警護人になりつつあります。

子供もいるんだから危険な仕事をホイホイ引き受けたらダメだよといいたくなりますが、島崎は、警護する事に自信もあるのだと思いました。

SPの人達が、島崎にしてやられるシーンも多いので今度は、島崎を助けたりするSPの活躍もあると楽しいと思います。

スーツのイケメンだけじゃない。ストーリーも面白い!

ビシッとスーツを着たイケメン達がいつも側にいて守ってくれる…という、何とも女心をくすぐるドラマです。出演している役者さんはカッコいいし、アクションシーンもカッコいいので、それだけでも見ていて楽しいんですが、ストーリーもドキドキハラハラできて面白いです。島崎の洞察力と勘の鋭さがポイントですね。

4話では大臣の立原が嘘に嘘を重ねていて、娘の結婚式という話まで嘘なのかと一瞬思いました。

本当の目的は、医師会のドンに会って法案を通すための協力を要請する事だったようですが、島崎は立原の本当の気持ちを汲み取って、最後にキッチリ娘の花嫁姿を見せてあげました。依頼人の本当の気持ちを理解して、警護を通してさりげなく解決に導くという島崎の優しさが、観ていてとても感心させられます。

対決が気になるドラマ

木村拓哉主演のドラマで始まる前から気になってたので毎回楽しみに放送を見てます。

最初に思ったのは木村拓哉が今までにやったことのない設定だと思いました。

離婚していて子供がいるとか仕事に失敗してSPの仕事を一度挫折してるとか、どちらかというと挫折してるとしてもかっこいい第一線の木村拓哉の感じを守ってる役が多かったと思います。

ところが今回はかっこいい部分を残しながら、影の部分がある役、という今までにない感じが面白いです。

SPという役も見ごたえがあるし何より、江口洋介との対立、斎藤工とのライバル的な争い、上川達也の上司としての関りも今後、楽しみだし見ごたえ期待しかないです。

私はSMAPで木村拓哉が好きだった訳ではないのですが、SMAPファンとして彼のドラマでの活躍も気になるしドラマの内容が面白いので次回放送が楽しみです。

BG 第4話 少しずつ盛り上がってきました

第4話は石田ゆり子演じる立原愛子議員が第1話に続いてメインで出てきます。今回の依頼はSPを欺いて気づかないように立原愛子を警護するもので、SPにバレないようにしなければいけないのが身辺警備科にとってもリスクがありスリリングで面白かったです。毎回思うのですが当初依頼されていたものには実は裏があり、それを島崎達身辺警備科が解決していく流れになっていますね。只では終わらないという流れがとても面白いです。

次週以降ついに島崎の隠していた過去が明らかになっていきますね。やっと第1話冒頭で描かれていた事の真相が分かります。この時警護してた人物も今回少し出てきましたしどうなるのかますます楽しみになってきました。

第4話:厚生労働大臣立原愛子の意外(?)な過去

突如、SPに内緒で立原愛子をある場所に連れていくという仕事が舞い込んできた身辺警護課でした。

立原愛子という役柄がずいぶん謎めいていたので、もう少し何かあるのかなと思っていましたが、今回のお話では大どんでん返しみたいな秘密ではなかったかなと思いました。

結婚するような大きな隠し子いるというには、石田ゆり子さんは若々しすぎかなと思いましたが、年齢を考えたら、世間に公表できないという事は、相当若くして産んだ子どもという設定を考えれば、普通でした。一瞬違和感を覚えさせる石田ゆり子さんの若々しさに度肝を抜かれてしまいました。

もっと秘密があって、あの娘は落合との間の子どもなんてどんでん返しを期待してしまっていたので、テレビの前でそれはやりすぎかと自分にツッコんでしまいました。

しかし、立原がここで出番終了という事もないかと思うので、まだ何か秘密があるのでは?と、来週以降も楽しみに見たいと思います。

ドラマ「BG身辺警護人」見どころ感想

BGの章は、本当は何者?

落合の感覚の鋭さは、SPの中でも群を抜く高さと感じますが、警察官という仕事だからと思います。また、民間の警備会社のBGのメンバーの高梨も感覚の鋭さは高く、高梨もSPの落合と同じ特殊な公務員の自衛官だった事から身に付いたものとわかります。

しかし、高梨と同じBGの章も感覚が鋭く、また危害を加えてくる人物との格闘能力の高さが尋常じゃない感じがしていて、ただの民間の警備会社の社員とは思えない気がしました。また、ドラマの中でも章の過去に、どんな事があったか描かれていないので本当に警備会社だけの経歴なのか、それとも高梨と同じように自衛隊又は外国の軍隊経験のある経歴なのか、それに加えて章が何故、過去を隠しているのか、気になって仕方がありません。

アクションシーンに注目

一番はアクションシーンがいつも魅力的です。犯人と格闘するシーンは迫力があり、今後も注目していきたい見どころです。

前々回に護身の練習訓練をしているシーンが放送されていましたが、本当のボディーガードはどのくらい練習や訓練を行っているのか気になります。また、木村拓哉さんを初め、菜々緒さん斎藤工さんなどはどのくらい練習しているかが気になります。

それは、アクションシーンが迫力があり、きまっているからです。

また、木村拓哉さん側といつも対抗心を燃やしているのか嫌なイメージを抱いているのか、江口洋介さんが不気味な存在です。今後木村拓哉さん側にどのように嫌がらせをしてくるのかも今後の見どころだと思うので注目していきたい箇所です。

島崎は、よく働く男です

『BG~身辺警護人~』の島崎を観ていてよく思うのは、上司のいう事をよく聞きクライアントに忠実でイヤな仕事でもこなす部下にいたら上司も扱いやすい男だと思う所です。

島崎は、仕事のためなら手荒な警護の方法もとるので一人の身辺警護人をするたびに橋に片手でぶら下がるパフォーマンスもします。

仕事とはいえここまで仕事に熱心だと昭和時代の24時間働けますかのCMのサラリーマンのようです。

子育ての方は、そこそこ子供も大きいことから暖かく見守る程度なのですが、子供の世話も仕事並に島崎が、熱心にやりだしたら食事から何までこだわって仕事と世話で過労になってしまうと思いました。

しかし、身辺警護人としては、優秀な島崎が、子供相手に話すとグタグタになってしまうのが、面白いです。

何故か、みんなセリフの棒読み⁈

木村拓哉さんが、依頼人に従順なボディーガードであることを表現するために、ちょっと不自然なくらいにセリフが棒読みで、それに合わせるように他の出演者まで棒読みのセリフなのが気になります。

そのせいで、木村拓哉さんの嫌な部分が目立ってしまい、なぜ、こんな演出にしているのかな?と疑問が湧いてきてしまいます。ドラマそのものは、一話完結なので、みやすいのですが、ストーリーがイマイチ頭に入ってこないのは、主演の木村拓哉さんの悪い部分が影響しているのかなと思います。

そして、ボディーガードはチーム作業のはずなのに、あまりチーム感を感じられません。もう少し、チームワークが取れていて、気持ちの良いシーンが見てみたいなと思います。

あまりにも脚本がひどすぎる

原作の問題かもしれないが、全員の演技があまりにも臭すぎる。いい役者に何やらせてるんだというとても悲しい状態になっている。木村拓哉の動きは悪くないので、アクションとしてはいいが、本来の演技をしているのは上川隆也だけのような気がする。これから警察と警備会社の折り合いがよくなっていくといストーリーかもしれないが、警察が警備保障のことを知らな過ぎておかしい、SPには特別の任務があるのですみわけが明確にできているはずで、拳銃の有り無しをも台にすること自体がめちゃくちゃである。

これでは警察は拳銃を持っているから偉いと考えている集団だと決めつけて、批判しているドラマのようである。本当にいい役者ばかり使っているので、もう少しいいドラマ展開にして、自然な演技にしてほしい。
⇓  ⇓  ⇓
bg1話あらすじネタバレ
bg2話あらすじネタバレ
bg3話あらすじネタバレ

bg5話あらすじネタバレ

ドラマ「BG身辺警護人」はどこで見れるの?

ドラマ「BG身辺警護人」の動画は公式動画配unextで視聴できます!

もちろん公式動画配信会社なので、違法動画と違い安全・安心・高画質・高音質で視聴できます。

しかも、いまならお試しキャンペーン中で31日間無料でunextが視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

その他にも
映画「海月姫」
君の名は
「あ 荒野」
ウォーキング・デッド
1%の奇跡

も視聴できます。

unextは10万本以上の動画を配信しています。

国内最大級の動画配信会社です、この機会にぜひ一度UNEXTをお試しください。


[br num="1"]
ドラマ「BG身辺警護人」は公式動画配信unextで無料で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-BG身辺警護人

Copyright© ドラブロ , 2019 All Rights Reserved.