ドラマのあらすじキャストロケ地主題歌などをお伝えします。

ドラマ動画配信無料

コードブルー

コードブルー山下智久山ピーセリフ名言藍沢先生の名言セリフ

更新日:

大盛り上がりの月9ドラマのコードブルー3は、山下 智久さん演じる藍沢 耕作のセリフが良いと話題になっています!

山ピーからどんな名言が飛び出しているのでしょうか?

この記事は
コードブルーの山ピーこと山下 智久さんの名言についてを知りたい男性・女性
のために、コードブルー1から大ファンのOLが書きました。

早速コードブルーの山ピーの名言をチェックしてみましょう♪

コードブルー3での山ピーこと山下 智久さんのセリフが無表情で棒読み・ドラマを台無し?!

コードブルーで「セリフに名言が多くていい!」と評判の山下 智久さん。

ですが、セリフの演技が

・ぼそぼそしている
・滑舌が悪くてセリフが何言っているかわからない
・かっこつけすぎ
・どの役もおんなじ

と、多くの批判も出ています。

それにも関わらず、山ピーは

ジャニーズの中で演技力No.1

と言われているほどの実力者です。

実力がないと、こんなにドラマの主演を多く務めることはできませんもんね。

出演作品が多く、人気も高いため、山ピーに対してアンチが多いのも事実です。

ですが、このコードブルー3の藍沢 耕作役は、山下 智久さんにしかできないと言われています。

ぼそぼそとしたセリフの話し方も、無表情も、感情を表に出せない医師・藍沢 耕作の役にマッチしています。

山下 智久さんは藍沢 耕作に指をこする癖をつけたり、わずかな表情を変化させたりと、細かな演技で勝負をしています。

この細かいこだわりが得意な山下 智久さんは、見落としてしまうと「演技が棒」「演技していないんじゃないの?」と言われてしまっているのです。

山ピーがセリフを話すと、「それまで物語がテンポよく動いていたのが止まってしまっている」と言われてしまっているんですね。

山下 智久さんがあまりにも美形すぎて、「医者には見えない・・・」という意見も出ていて違和感を感じられているようですが、一方で

「山ピーの顔は顔面国宝級」
「今日も藍沢先生のかっこよさを楽しみコードブルーを見る!」

というファンもたくさんいます。

こんな風に賛否両論が起きるのも、コードブルーが人気の証拠ですね♪

コードブルー3での山ピーこと山下 智久さんの名言セリフ

それでは、コードブルー3での山ピーのセリフから出た名言をチェックしてみましょう。

名言には、ドラマの中で実際に出たセリフと、ドラマの冒頭で抑揚なく読まれるナレーターの二種類あります。

コードブルー3 第1話 山ピーのナレーション

七夕の短冊、子供の頃は直に願いを書いた。
けれど、大人になると書かなくなる。
なぜだろう。
どんなに願ったところで、かなわないことがあると知ってしまったからだろうか。
切実な願い、無邪気な願い。
一人では、叶うと信じることすら困難な願いもある。
そんな時はどうする?
ともに信じてくれる仲間と願えばいい。

コードブルー3 第3話 山ピーのナレーション

命とその人が命より大切だと思っている物。
どちらかを選ばなければならない。
中には命を捨ててでも大切なものを選びたいと望む人もいる。
それでも医者は命を優先する。
命と命よりも大切なもの、どちらかを選ばなければならない時、医者は命を優先する。
命さえあれば、いつか大切なものを失った辛さも乗り越えられると医者は信じているから。
けれど、失うものがあまりにも大きい時は、医者はどうすればいいのだろう。

コードブルー3 第4話 ナレーター 山ピーのナレーション

医者は突然、窮地に立たされる。
あらゆる事態に備えて、準備していたとしても。
現実は予想を上回る。
そして、医者はたいてい負けず嫌いだ。
予測を上回る現実でさえ、勝ちたいと思う。
だから手を動かし、考え続ける。
きっと、何か方法はある。

コードブルー3 第4話 山下 智久さん(藍沢 耕作)のセリフ

とにかく救いたかったんだ。
彼女には命を救う方法がある。
そして俺たちはその医療を提供することができる。
後で嘘つきとののしられようと代償を払わされようとかまわない。
彼女が生きてる方がいい。
いつからだろうな。
医者が患者に大丈夫だと言ってやれなくなったのは。

山ピーの天才ピアニストの少女に向けたセリフ

山下 智久さんが演じる外科医は、天才ピアニストの少女に対して悩んでいます。

コードブルー3の第3話と第4話のナレーターも、彼女に対する苦悩を山ピーがナレーターで語っているんですね。

天才ピアニストの少女・天野 奏(田鍋梨々花)には、脳に腫瘍があり、今すぐ手術をすれば命は助かります。

奏の家族はすぐに手術を望みますが、本人は手術をすれば手が動かなくなってしまう可能性があるため、拒否をします。

ですが、奏は藍沢 耕作に対して心を開いているため、「藍沢 耕作が手術をする」という条件で手術をすることを決意します。

山ピーをあまりにも慕っている姿から「ムカつく」とファンの間から言われていた奏ですが、実は手術に失敗してしまいます。

いえ、命には問題ないのですが、手が震えてしまいピアノが弾けなくなってしまったんですね・・・

コードブルー1では患者に感情を入れなかった藍沢 耕作ですが、この奏に対してはとても感情が揺れていました。

「彼女が生きてる方がいい。」というセリフが話題になりました。

コードブルー3では、山ピーが感情が入っていた奏の手術に失敗(実は急患が来てしまい、自分が手術をしていなかった・・・)してしまったことから、少し病やんでしまっているようです。

コードブルー1では「生まれながらの医者」と言われ、「オペをミッション」だと考えていたのに、変わりましたね。

コードブルー3 第5話 山下 智久さん(藍沢 耕作)のセリフ

そもそも幸せってなんだ。
俺にはよくわからない。
だが、わかっていることがひとつある、
お前は毎日悲しみあふれるこの救命で、みんなに明るさをもたらしてる。
それはすごいことだ。
結婚なんかすれば、いろいろあるだとう・・・
でもどんな時でもお前の家庭はきっと明るい。
人は幸せになるために結婚するんじゃない。
辛い毎日を二人で乗り越えてゆくために結婚するんだ。
俺はそう思う。

コードブルー3での山ピーこと山下 智久さんのセリフが過剰演出で変?!結婚をなぜ語れる?!

コードブルー3では、コードブルー1,2を担当した脚本家・林 宏司さんから安達 奈緒子さんへ変更になりました。

そのことから、コードブルーでは無口でクールなはずの山ピーが演じている藍沢 耕作が、突然語りだしたりする過剰演出が目立っています。

コードブルー3では人間関係重視になっているので、山下 智久さんのセリフが過去シーズンよりも多目になっていますね。

特に話題になっているのは、第5話で独身の藍沢 耕作が結婚観に関するセリフを語っていることです。

比嘉 愛未さん演じるナース・冴島 はるかが流産してしまい、落ち込む浅利陽介さん演じる医師仲間の藤川 一男に山ピーが声をかけてあげるシーンです。

とても山下 智久さんの励ましのセリフがかっこよくて

「藍沢先生の名言だ!」
「良いこと言う・・・」

と、感動している人もいます!

が・・・待ってください、独身で山下 智久さん演じるキャラクターは恋愛にも疎いはずです。

名言セリフではあるけど、「藍沢のキャラ崩壊なのでは?」「藍沢先生が結婚に対してこんなに語っちゃうと思わなかった・・・」という懸念の声も出ています。

コードブルー3では過去シーズンと比べると「らしくない」設定や演出がたくさんあり、その度にツイッター上では突っ込みが上がっています。

この山ピーの結婚観についての名言セリフの他、

・冴島 はるかが結婚前に避妊しないで妊娠してしまった設定
・戸田 恵梨香さん演じる緋山 美帆子が既婚者に恋をしてしまう設定

といったことが「おかしい」「変な設定!」と過剰な演出に指摘が上がっています。

とはいえ医者も人間ですしね。

コードブルー2ではまだ20代後半だったメンバーも、コードブルー3では30代後半のベテランになっています。

恋愛や結婚に対して考え始めていてもおかしくはないですよね!

コードブルー3 第6話 山下 智久さん(藍沢 耕作)のセリフ

後になって嘆くのか、それともここでその患者を救うのか、決めるのはお前だ。

最後まで責任を持って診ろ!
この患者は正真正銘おまえが救った患者だ。

コードブルーで教える者へ!山ピーの愛のあるセリフ

コードブルー3では、教える者の立場として新人の研修医たちを指導していきます。

成田 凌さん演じる灰谷 俊平は、新人研修医で心も優しくまじめなのですが、医療のスキルが劣っていて自分でも落ち込んでしまうような役どころです。

そんな彼に、山ピーが活を入れたセリフでした。

コードブルー3 第7話 ナレーター 山ピーのナレーション

『外科医を続けるなら賭けに勝ち続ける。』
かつて恩師から言われた言葉だ。
たった一度の負けが、人生を変えてしまうから。
そう教わった。
だが、本当は違う。
医者が負けてその代償を払うのは、大抵が患者だ。
失われるのは、患者の人生だ。
医者の人生ではない。
医者が賭けに負けて、大きな代償を払わされた患者を見て、医者は思う。
自分も何かを失うことで、背負った重荷を降ろすことができればどんなにいいかと。
しかし、それは許されない。
救いたいと思う気持ちが強いほど、患者が払った代償の重みに医者は苦しむ。
その苦しみから逃れる方法はない。
だから気づいてほしい。
その重荷を一緒に背負いたいと願う仲間の存在に。

コードブルー1での先輩から受けた教えの山ピー名言!

コードブルー1での黒田先生とのやり取りを受けた山下 智久さんの名言でした。

恩師、とは柳葉 敏郎さん演じる黒田先生のことなんですね。

「患者はお前の練習台じゃない。」

と、黒田先生は研修医時代の藍沢 耕作に言います。

「黒田先生まで綺麗ごとを言わないでください。
 先生だって散々切りまくってきたんでしょ?
 危険な賭けもいっぱいしてきたはずです
 外科医は練習がすべて、ピアニストやスポーツ選手と同じように・・・違いますか?」

「その通りだよ。
 唯一つ、その練習台が生身の人間だってこと除けばな・・・好きにやれ、但し、賭けには勝ち続けろ。
 一度でも負けたら、お前の医者としてのキャリアは終わりだ。
 患者の死はなあ、患者や家族だけじゃない、医者の人生も変える」

コードブルーは山下 智久さんの名言の宝庫

コードブルー3でもすでにたくさんの名言が出ていますが、コードブルー1,2にも山ピーが演じている藍沢 耕作の名言が多く出ています。

「人は人から必要とされないと生きていけない。
 だからみんな必死になる、勉強でも仕事でも人から必要とされる人間になるために、医者もそのために腕を磨く。
 患者から必要とされたいからな・・・外科医は1番にならないと意味がない。
 2番目・3番目の医者に、誰が命を預けたい?」

コードブルー1での山ピーは、とにかくたくさんのオペの経験を積んで「早く名医になりたい」と思っていました。

「放っておいたらその患者は死ぬんだぞ。
 オペにリスクはつきものだ。
 何もせずに死なせるくらいなら、俺はリスクをとる。」

研修医たちが処置を渋っている時に、山下 智久さん演じる藍沢 耕作は躊躇なく処置をします。

患者に心入れたりしない藍沢 耕作らしさが、山ピーのセリフからも伝わってきますよね。

ですが、それから研修医の間に色々あって、名医になることしか頭になかった藍沢 耕作が苦悩していきます。

すると、段々と人の心に対する名言も出てきます。

コードブルー2でも、そんな山下 智久さんの名セリフがたくさんあります。

「人生に別れはつきものだ。両親との別れ、友との別離、そして死。」
 そして、僕たちは知っている。別れが人を強くするということ。」

「心の傷を癒す簡単な方法は、無い。 ただ、こうも思う。心の傷はきっと必要なものだ。
 なぜなら、心に傷を負うことで他人の痛みに気付けるようになれるから。」

「当たり前のように親や周りの人から大切にされていると、人はいつか死ぬという事に気付けない。
 俺は、親がいない事でそれに気付く事が出来た。確かに、両親はいなかったが、孤独じゃなかった。」 

「人は1人では命を大切にしない、大切な人が出来て初めて人は命の尊さを知る。」

いかがでしょうか。

藍沢 耕作がどんどん人の心に対して考えるようになっていくのがわかりますね!

コードブルーの藍沢 耕作の成長を見れるコードブルー1,2はとてもオススメです。

今だけしか無料で視聴することができないので、この機会にぜひ、急いでこの話題のドラマをチェックしてください!

コードブルースペシャルでも山ピーは語ります。

「闇の中で暗くなってたら、自分自身がどこにいるか分からなくなるだろ。
 だから闇の中にいる時こそ気合いで明るくするんだよ。
 そしたら周りも見えてくるんだよ」

 「言っておいた方がいい言葉って あると思います。
 伝えられる時に伝えておかないと 後悔する言葉って。 」

このように、コードブルーでは1,2,3,スペシャルとたくさんの名言が出ています。

心に残るシーンやセリフ、ナレーターがあるからこそ、全コードブルーシーズン高視聴率の社会現象になっているドラマなんですね!

山下 智久さんの名言によって

「医者を目指したい」

と思った人も多いのです。

あなたも山ピーの名セリフに心を動かされてみませんか?

コードブルー山下智久藍沢先生の名言セリフの視聴者の声

全ての言葉が心に響く、そして感動する…!

山下智久さんのセリフを聞いていると、どの場面でもキャラを崩さずに冷静に話しているところが凄いと思いました。

でも、熱くなるところは冷静だけれども感情を込めて、相手を悩ませる事も泣かせる事も多々ありましたが、言っている事は正しく胸に響く言葉が多く感じられました。

口下手だけれど相手を褒める先輩としての心に響くセリフもとても感動しましたし、とても凄いと感じました。

どの場面でも、どの言葉も、聞く人全てに感動をあたえ、心に響き、聞いていると元気が出るような私もあんな先輩のもとで仕事をしたいと思わせるような言葉が多く感じられました。

勿論セリフは台本ですが、台本と感じさせない言葉はとてもとても良かったと思います。

セリフが心にズシンとくる

コードブルーに出演されている山下智久さんは役柄のせいか、セリフまわしがかなり棒読みで感情がありません。

そのせいか山下智久さん自身が演技力がないと思われてしまっています。

山下智久さん演じる藍沢先生は、クールで感情を表に出さない人物です。

だから余計に山下智久さんのセリフまわしが無感情で違和感を感じるのかもしれません。

藍沢先生のキャラクターをよく知っている人なら慣れています。

無口で無感情に見える藍沢先生ですが、口に出さないかわりに周りをよく見ています。

だから藍沢先生のセリフは胸にズシンと響く事が多いです。

様々な名言があるキャラクターでもあります。

口数が少ないキャラクターゆえにセリフの一つ一つが心に染みます。

決め台詞の演出について思うこと

シーズン3での山下智久さん演じる藍沢先生の主演シーンや台詞が全体的に少ないように感じます。もともとシーズン1、2でも藍沢先生はクールな役柄でしたが、シーズン3での台詞はどれも決め台詞ばかりが多くて、伏線の台詞などのシーンが少なく、決め台詞が不自然に目立ってしまうところがあると思います。

患者さんや白石先生との会話のシーンでも言っていることはとても良いのですが、前後関係があまりなかったりするので台詞の中身が視聴者に響きにくいのではないでしょうか。

クールな山下智久さん演じる藍沢先生の良い部分が出せるようにきちんと台詞の前後関係を演出した上での名台詞が欲しいです。視聴者の心に響くような場面での名台詞を待っています。

コードブルー 山下智久 台詞の滑舌が悪い

ドラマ「コードブルー」を毎週楽しみにして見ています。

ドラマの内容が良くて、物語に毎回引き込まれていきます。

しかし、主演の山下智久のセリフの滑舌が悪くて、ほとんど何をしゃべっているのか分かりません。

ドラマが盛り上がっているのに、何をしゃべっているのか分からないと、なんだかもったいない感じがします。

監督などは、演技指導をしないのだろうか?と毎回思います。

一度、アナウンサーの役などをしてみたら、滑舌が良くなるのでは?と勝手に思っています。

「コードブルー」はファーストシーズン、セカンドシーズンと連続で見てきましたし、サードシーズンも楽しく見ています。

できれば、今後も続編を見たいので、その時には、セリフを何を話しているのか分かるようになっていればなと期待しています。

藍沢先生のキャラが変わっていて残念です

山下智久さん演じるコードブルーの藍沢先生ですが、正直セリフを聞いていて、何だか恥ずかしくなりました。

だって黒田先生そのままなんですもん。黒田先生キャラを置きたいのはわかりますが、それをまんま藍沢先生にやらせるのは違うと思いました。

セリフと藍沢先生のキャラクターが合っていません。それに、今シリーズでは藍沢先生のセリフから感情や考えていることが全く見えず、よくわからないシーンが多かったです。

周りは色々指摘するんですが、何か黒田先生感ばかり重要視していて、藍沢先生の良さというか、人間的な温かみが薄れて、寂しく思いました。

今回は新しいフェローもいて、成長した姿を描いているので仕方ないかもしれませんが、せめて同期と一緒にいるシーンくらい、とんがってばかりじゃなくて、昔の藍沢先生らしさが欲しかったです。

セリフから見る藍沢先生の成長

山下さんのセリフは前回シリーズまでは、自分のことを考えたものや、野心に溢れたものが多かった気がします。自力で生きてきたからゆえの一匹狼の要素を含んだ言い回しなとですですが今回のシリーズからは、周りに目を向けることが出来ていると思います。

はじめから白石先生に、俺もいると言っていたり、黒田先生の言い回しを真似してはいますが、フェローを育てることができるような、相手の気持ちを少し理解した上での発言が増えたと思いました。

これもこの9年の月日のなかでの経験からのものだと思います。またところどころで垣間見える少し抜けたところもまた可愛らしいと思いました。

エレベーターの中での「お前たち付き合ってるのか」が私は1番好きです。また、よくやったと黒田先生に言われて嬉しかったのは、藍沢先生もまた、皆と同じだったのだと思えて嬉しかったです。

意識して低くて太い声で重みのあるセリフ

他のドラマと違って、コードブルーでの山下智久さんは、藍沢先生という役が周囲から見てどんな存在の人物なのかということを、かなり意識して、発声から変えていると思います。

直前のクールで演じていた『ボク、運命の人です』で神の男を演じていた時は、ドラマそのものがとても軽いタッチだったこともありますが、サラッとしていてのどを絞ったような発声ではありませんでした。

コードブルーでは、低く太い声で相手の心に残るようなセリフが多いと思います。

ピアニストを目指している女子高校生の天野奏さんに「後遺症は残さない」と言ったり、冴島はるかさんが流産して食べられなくなったトマトを病院の廊下で1人寂しく食べている藤川先生に「苦しいことを乗り越えていくのが夫婦だ」と言ったセリフが心にささりました。

藍沢 耕作(あいざわこうさく) / 山下智久
藍沢先生(山下智久)の全て
白石 恵(しらいしめぐみ) / 新垣結衣
コードブルー新垣結衣(白石恵)の全て
緋山 美帆子(ひやま みほこ) / 戸田恵梨香
コードブルー戸田恵梨香(緋山美帆子)の全て
冴島 はるか(さえじま はるか) / 比嘉愛未(ヒガマナミ)
コードブルー冴島はるか(比嘉愛未)の全て
藤川 一男(ふじかわ かずお) / 浅利陽介
コードブルー浅利陽介(藤川一男)の全て
橘先生(椎名桔平)
コードブルー 橘啓輔先生(椎名桔平)の全て
三井先生(りょう)
コードブルー三井先生(りょう)の全て
黒田先生(柳葉敏郎)
コードブルー 黒田先生(柳葉敏郎)の全て

名取颯馬(なとりそうま)有岡大貴
コードブルー 名取颯馬(有岡大貴)の全て
灰谷俊平(はいたにしゅんぺい)成田凌
コードブルー成田凌(灰谷俊平)の全て
横峯あかり(新木優子)
コードブルー横峯あかり(新木優子)の全て
雪村双葉(馬場ふみか)
コードブルー雪村双葉の全て
新海広紀(安藤政信)
コードブルー新海先生(安藤政信)の全て
井上宣顕(滝藤賢一)
コードブルー滝藤賢一(井上宣顕)の全て
町田響子役に伊藤ゆみ
コードブルー町田響子(伊藤ゆみ)の全て
天野奏あまのかなで(田鍋梨々花)
天野奏あまのかなで(田鍋梨々花)の全て
コードブルー1,2,3全話あらすじ
コードブルー1,2,3全話あらすじ

コードブルーはどこで安全に見れるの?AD

コードブルーはフジテレビ公式FODでみれます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

YAHOO ID登録でコードブルーが無料で見れます!
⇓   ⇓   ⇓   
YAHOO IDで31日間無料キャンペーン中【FOD】


この他にも
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時シリーズ2(2018年5月31日23時59分)
救命病棟24時シリーズ3(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。

そして、雑誌も見放題

しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。

YAHOO ID登録でコードブルーが無料で見れます!
⇓   ⇓   ⇓   
YAHOO IDで31日間無料キャンペーン中【FOD】

-コードブルー

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.