FOD おすすめの映画

バクマン映画動画フル無料pnadoraデイリーyoutubeで見れるの?

投稿日:

映画「バクマン」の動画の無料視聴、再放送、見逃しはpandora,デイリー,youtube,miomio,9tsuで見れるのか調べてみました。

映画「バクマン」の動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO

などの違法動画では残念ながら見れませんでした。

映画「バクマン」の動画は公式動画配信FODで無料で視聴できます!
⇓  ⇓  ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。

映画「バクマン」のあらすじ・ネタバレ見どころ感想

高校生の二人(サイコーとシュージン)は漫画家を目指し、少年ジャンプ編集者へ漫画を持ち込むのだった

世の中で販売されている雑誌の36.5%が漫画雑誌である。

その漫画雑誌の中心に輝いてるのが少年ジャンプである。

1995年 653万部数という過去最高の記録を打ち出し、各週刊誌や雑誌と比べてもこの記録に到達できる物は無くそして、今もなお友情・努力・勝利をコンセプトに徹底したアンケート主義で王座に君臨している。

そして俺たちは今日初めてジャンプ編集部に持ち込みをするのだ。

場面は、過去に戻り、高校で勉強している真城最高(サイコー)。

授業中なのだがノートに漫画を描いている、書いている内容は好きな人の絵を書いているのだった。

先生と進路相談しても全然自分の将来が分からず何になりたいのか悩んでいるようだ。

教室に戻ると、サイコーが書いたノートを見ている高木秋人(シュージン)、絵がうまい事に驚き一緒に組もうと言い出すのだ。

俺は絵が下手だが文才はあるので二人で組んで漫画家になろうというがサイコーは断るというのだ。

そんなサイコーに漫画家になっても売れるのなんて一握りで博打みたなもんだけど、博打でもいいからこの才能を無駄にせず一緒にやろうと熱弁するのだった。

しかし、サイコーは頑なに漫画家にならないというのだ、そして二人は階段で揉み合いになり、サイコーはノートを落としてしまう。

そこにサイコーが好きな子が来てそのノートを見てしまう、シュージンはとっさに俺たちは漫画家になるので、あずきさんは声優志望してるなら僕たちが書いた漫画がアニメ化されたらそのキャラの声優になってよと頼むのだった。

あずきはイイよと笑顔で答えた、サイコーはその笑顔にやられてしまい、お互いその夢がかなったら結婚して下さいと思わず言ってしまう。

あずきは、私もずっとサイコーの事が好きだった!といい恥ずかしそうに去っていった。

それを聞いて二人は大声を出して喜ぶのだった。

サイコーのおじさんは漫画家で、サイコーは子供の頃、絵の手伝いをして遊んで居たのだ。

仕事場でのおじさんはいつもとても苦しそうにしていた、だが漫画を描いているおじさんを見ているのがとても好きだった。

二人は、そのおじさんの仕事部屋に行き今後の事について話をした。

8年前に死んだおじさんが言ってたが漫画家になるには2つの道があると。

1つは、雑誌の新人賞に応募する、2つ目は編集部へ直接持ち込むのだと。

そして漫画を書くならまずはネーム、漫画の設計図みたいなものを作らなきゃダメなのだとサイコーは言い、シュージンはまず原作を考えネームまでを書きそして俺がペン入れをすると言った。

持ち込みするなら少年ジャンプに持ち込もうと決め、初めての漫画描きに苦戦しながらも漫画を仕上げていくのだった。

ジャンプを見ると手塚賞入選に新妻エイジといわれる17歳の高校生が選ばれていた。

漫画を見ると、絵・内容すべてのレベルが高い。

それを見て、二人はやる気を出し作品をどんどん仕上げていく。

夏休みになり、仕事場で寝泊まりしながらひたすら漫画書く、二人は生まれて初めて夢中になれる事を見つけたと感じていた。

そしてついに「Wアース」が完成し、夏休み最後の日、少年ジャンプ編集部へ持ち込みをしたのだ。

あの少年ジャンプがどのような仕組みで漫画が連載されそして漫画家たちはどのような楽しさや、苦しさを感じているかなどが今後見れそうですね。

編集者服部に気に入られ、言われるように仕上げた漫画は手塚賞準入選、しかし連載まで行けず、今の作品を捨て新しい作品を考える

編集者服部は、漫画原稿を見る、そしてどんどんページを送って行く、そう文字なんて読んでないかのように。

そして全部見終わった後、もう一度読ませてもらうとゆっくり見だした。

それから二人に感想を言った、ストーリーは全体的に良く纏まっててSF好きには引き込まれて楽しめると思う、でもこれだと、漫画というより小説に近い。

絵の方は、デッサン力はあるけど、漫画としてはダメ、線だったり構成だったり。

編集者服部はこれ何本目の作品なの?と聞くと二人は1本目ですと答えた、服部は1本目だという事に驚き、それだったら今言われた所を直して持って来てというのだった。

そして名刺に連絡先を書いて、二人に渡した。

サイコーは言う、昔おじさんが編集者から名刺に連絡先書いて貰えると言う事は漫画家として成功する可能性があるという事だと。

テンションの上がった二人は、すぐに帰って作品を作り直すことに、打倒新妻エイジを目指して。

学校の授業でいきなりあずきは、学校を退学すると言いだすのだった、声優として芸能活動を行うようだ。

サイコーはいつまで待っててくれる?と聞くと、ずっとずっと待ってると言うのだった。

作品を作り直し再度編集部へ持って行った、服部はそれを見てよくなってると感心する。

そして手塚賞に出してみたらどうだろうと提案するのだ。

その作品を見た編集長は、でもまだこれでは新妻エイジに及ばずジャンプには乗せられないと言うのだった。

それで逆に火が付き、手塚賞を本格的に目指す為に作品の精度をさらに上げる日々が続いた、そしてその作品はなんと手塚賞の準入選するのだ。

しかし、サイコーは喜べない、なぜ入選出来ないのかと服部に問うのだ。

そこに新妻エイジが現れ二人の作品を褒めるが、絵は自分が書いた方が上手いと言った、そして新連載の原稿を持って来ていたのでそれを二人は見て、レベルの高さを感じ自分たちではまだ入選出来ないと悟るのだった。

それでもサイコーは新妻エイジにすぐ追いつきますから連載を続けて待っていてくださいと宣戦布告するのだ。

場面は仕事場、受賞した漫画家たちと一緒に祝勝会をしていた。

アンケート至上主義の為、書きたい事を書いているだけではダメで、売れるような作品を考えなくてはいけない、そして編集者は漫画家の敵では無く、漫画家は読者の事だけを気にして漫画を書いていけばいいと服部は言うのだった。

そして、全員で連載を目指そうと燃え上がるのでした。

しかし、サイコーは新妻エイジの新連載の衝撃が忘れられず今後の方向性を考えていた。

少年ジャンプで新連載を立ち上げるのは、3話分のネームを作りそれを会議にかけ、どの作品を新連載させるか打ち合わせにて決めるのだ。

まず出来上がったネームを元に、担当者と何時間もかけて練り上げていく。

そして、出来上がったネームを編集部内に回し、その漫画を見た感想をそれぞれの編集者が封筒に書いて行くのだ。

そして会議に参加出来るのは、編集長・キャップ・副キャップだけで、結果だけが担当編集者に知らされる。

不安に結果を待つ二人の所に、服部から電話が鳴った。

他の漫画家仲間が連載を決めていく中、サイコー・シュージンの二人の作品だけダメだったのだ。

理由は、二人の作品は今までの王道のジャンプの良い所だけを取った感が否めないという事だった。

服部は、君達らしい漫画をもう一度作り直したらどうだろうという。

君達だけの王道を!というのだった。

学校で、二人は俺達らしい漫画について考えるのだがさっぱり分からず行き詰まる、だがその時、学校に居るいろんな生徒の姿を見てると、シュージンはあるアイデアが頭に浮かぶのだった。

そして一気にストーリーが頭の中に雪崩れ込み、サイコーに王道を見つけたといい、一週間時間をくれと言い慌てて学校から抜け出した。

サイコーは一人アニメを見ているとなんとその声優はあずきだった。

あずきは声優としてすでにデビューしていて、それに驚き自分も急がなきゃと焦るのだが、シュージンを待つだけのサイコーはイライラと焦りが止まらない。

サイコーは他の漫画家の所に行き、作品を作り上げている所を見て学ぶのだった。

この新連載を決める、編集部内の会議の様子が凄い面白いですね、それぞれ担当の漫画家をプレゼンして行くのですが、漫画愛が画面から伝わって来てこんなに愛されてプッシュされて新連載ってスタートして行くんだなって見てて嬉しい気持ちになってきます。

新作漫画を完成させついに新連載を勝ち取る事に成功したが、新妻エイジには勝てずどんどん順位を落とす

新妻エイジが連載用の漫画を書いている、そこに担当者が来て、今週は3位だったよ!というが、新妻エイジは早く1位になりたいですーというのだった。

そんな1位だけしか見ていない新妻エイジはカッコイイですね。

そしてついに、シュージンがネームを仕上げサイコーの所へ持ってきた、題名は、「この世は金と知恵」その内容をサイコーに説明し、サイコーは面白いがこれは、ジャンプっぽくないと言うのだ。

シュージンは言う、新妻エイジ天才だが6歳の時から漫画を書き漫画の中だけで生きてきたが俺たちはスタートが遅かったがその分、読者の中高生と同じように生きてきた、だからリアルに読者の気持ちがわかるって事だ、それをジャンプ漫画に置き換えて書けば絶対にうける。

そう王道じゃなく邪道で攻めるのだ!それが俺たちの博打だ!と言うのだった。

そして二人は新作漫画を書き始める。

作品が出来て、編集の服部に読ませた。

そしてその作品を連載決定会議に出してもらえ、編集長は連載を決定するのだった。

二人は喜び、あずきに連載が決まったと電話し二人の夢に近づいた事を喜ぶのだった。

そしていよいよ連載がスタートする。

初めてジャンプに載った自分の作品に感激し興奮しながら見ていると、すぐそばに新妻エイジが居た、そして新妻エイジは言うのだ、ジャンプに高校生作者同士のバトルと書かれているから決着をつけないといけないね、どういう方法で決着つけます?という問いに、サイコーはアンケートはがきで先に1位を取った方が勝ちだといい、その案に新妻エイジは賛成した。

そしてここから連載レースが始まるのだ。

1週目の結果は、CROW(新妻エイジ)が2位、この世は金と知恵が3位、2週目は、CROWが3位で、この世は金と知恵が5位、3週目はCROW2位でこの世は金と知恵が5位。

そして4週目に入ると週間連載に対する辛さが見えてきて自分たちのスキルが追いつかずそれと比例して順位がどんどん落ちて行ってしまうのだった。

疲労困憊な日々が続くが、それでも締め切りがやってくるのでまったく寝れないのだった。

順位も9位まで落ちてしまい、二人は疲労やらなんやらでイライラが限界に来ていた。

新妻エイジは順調に2・3位を行ったり来たりしている。

そして、二人はついに10位になってしまい、編集の服部と今後の内容について相談するのだ。

起死回生を狙って主人公を殺し新しい女性キャラを出す二人、すると好評で順位が上がりだし巻頭カラーが決まるのだがサイコーは疲労で倒れてしまう

シュージンは主人公を殺したいという案を出すが、サイコーと服部はそれはちょっと・・っと迷うのだが、新しい主人公として女キャラを出したいとシュージンは言う、サイコーは女キャラはあんずをモデルに書いていたのでその絵を服部に見せると、この女性キャラなら行けると思いシュージンの意見で行く事にしたのだった。

すると、順位は4位に成長し、巻頭カラーに選ばれる。

漫画仲間の福田さんと平丸さんも順調に高順位を記録していたが、中井さんだけはうち切りとなってしまっていた。

そして中井さんは漫画家を諦めて実家に帰るのだった。

ついに、CROWと「この世は金と知恵」が同じ順位2位で並ぶ。

が、その朗報もむなしくサイコーは血尿をだし倒れてしまうのだった。

巻頭カラーを仕上げるために病室を抜け出したサイコー、仲間漫画家の協力もあり巻頭カラーを書き上げその作品はアンケート1位取る

病院に運ばれたサイコーは寝ている、そこに服部さんと編集長も来た。

巻頭カラーなのに原稿はまだ下書きの段階で服部さんはまずいな・・とつぶやくがその言葉にサイコーは起き上がり、書きます、せっかく2位まで来て1位目前だからというのだが、編集長はそれを否定ししばらく休載するからしっかり直せというのだった。

嫌です、理由を言ってくださいという問いにおじさんが死んだからだという、そして編集者としても高校生バトルと君たちや読者を煽った事を反省していると言った。

サイコーは編集部の人達のせいで死んだのでなく、おじさんはジャンプに負けただけだと言うのだった。

服部は、巻頭カラーは代わりに新妻エイジがやることになるだろうとシュージンに言う、シュージンは悔しがり泣いた、今までで一番悔しいと・・・。

サイコーの病室にあずきが来た、シュージンが連絡したようだ。

あずきは、漫画読んでるよと言い、とても面白いと言った、あずきは色んな仕事が決まって歌もやるようになったらしい、でもマネージャーがネットで調べたらサイコーと繋がってるのが分かり、事務所から恋愛禁止と言われてるので、もうサイコーとは会えないと泣きながら言うのだった。

そしてサイコーは最後にあの約束はまだ生きてるかな?って聞くとあずきはずっと待ってるなんて無理、先に行くからと部屋を出て行ってしまった。

う…切なすぎる・・・。

サイコーは自分の指を見つめる・・・そして絵を書きたい!と思い病室を抜けて仕事部屋へ行くのだった。

そしてシュージンに言う、俺の博打に付き合ってくれと。

仕事部屋で二人が作業していると聞きつけ、服部さんと福田さんと平丸さんが来た。

服部さんは休載って言ったのに何をしてるんだ!というが、福田さんそんなサイコーの姿に心打たれたのか服部さんに友情・努力・勝利を見せてやるよといい手伝いだす。

そして中井さんも呼んで皆で手分けして作業を始め、作品を作り上げていくのだった。

新妻エイジに服部さんは言いに行く。

もし、「この世は金と知恵」が間に合ったら、そっちを巻頭カラーにしたいというのだ。

それに対して新妻エイジは編集長は載せないっていってるんですよね?と聞くと、服部は、友情・努力・勝利に賭けてみたくなったんだというのだった。

完成まであと3ページだが締め切りの朝までもうすぐ・・時間が足りなさそうだ。

どうすりゃいいのか・・っと思っていると、服部さんが新妻エイジを連れてきた。

新妻エイジは皮肉を言う、おかげでこっちまでえらい迷惑してますよー、友情・努力・勝利ですかー皆さんそれ漫画の中だけの話ですからねー。

そういう新妻エイジに、サイコーは何しに来たんですか?という。

新妻エイジは原稿を見て、下手!と笑うのだ、もっと上手いはずなのにと。

それで、ここはもっとこうした方がいいと原稿を書きだすのだが、サイコーはこれは俺の漫画だ、俺以上に上手く書ける人はいないとペンを握り書くのを阻止するのだった。

そんなサイコーを見て、ジャンプで待ってますからと新妻エイジは部屋を後にした。

サイコーは新妻エイジに触発され書きだす、皆もそれにつられ仕上げに向けて書きだした。

ついに原稿が完成し、編集長へ原稿を見せるのだ。

編集長はそれを見て、服部にこんな事をして何かあったらどうするつもりだったんだ!と言うと、服部は、編集長言いましたよね、私が入ったばっかりの時に、編集者と漫画家が対立したら漫画家の方へ付くようにと。

編集長は、君たちの勝ちだといい巻頭カラーで掲載すると決めたのだ。

それを聞いて皆で抱き合いながら喜んだ。

そして巻頭カラーとして掲載された「この世は金と知恵」はなんとアンケート順位でCROWを抑え1位を取るのだった。

二人はハイタッチして1位を喜んだが、「この世は金と知恵」は1位を取ったのはこの1回だけで、どんどん順位を落としていったのだった。

「この世の金と知恵」は打ち切りとなりジャンプの連載は終わってしまった。

高校の卒業式、二人は教室にいる。

そして今までの事を思い出していた。

シュージンは新しい案を考えたんだけど?といい、漫画の案がどんどん沸いて黒板に書きながら次回の漫画へ向けて歩み出すのだった。

マンガの映像化という事で、どうなるのかなって思ってましたが、新妻エイジとの連載対決を表すシーンや漫画を書くシーンの演出などすごく見入ってしまうほどでしたし、ストーリーも2時間でうまく纏められてこれからの二人をまだまだ見て居たいと思えるほどのめり込めれる作品でした。

映画「バクマン」はどこで見れるの?AD

映画「バクマン」はフジテレビ公式FODで無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で31日間無料で利用できます!

映画「バクマン」を無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。

この他にも
ラブホの上野さん(2017年11月30日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。

そして、雑誌も見放題


⇓   ⇓   ⇓  
コードブルー3最終回の超絶あらすじ

民衆の敵スピンオフドラマ「片思いの敵」も全話無料
⇓   ⇓   ⇓  
片想いの敵全話あらすじ

しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。

-FOD, おすすめの映画

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.