わろてんか

わろてんか朝ドラマ動画136話無料パンドラあらすじネタバレデイリーで見れるの?

投稿日:

朝ドラマ「わろてんか」136話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトでは「わろてんか」の動画は見つかりませんでした。

わろてんかはunextという公式動画配信会社で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

「わろてんか」の相関図キャスト

第23週の相関図キャスト「わろてんか隊がゆく」


伊能栞(高橋一生)
⇓  ⇓  ⇓
わろてんか高橋一生(伊能栞)の演技力

北村てん(葵わかな)
⇓  ⇓  ⇓
葵わかなの演技力
北村藤吉(松阪桃李)
⇓  ⇓  ⇓
松坂桃李の演技力
隼也(成田凌)

秦野リリコ(広瀬アリス)
川上四郎(松尾論)

武井風太(濱田岳)
トキ(徳永えり)
飛鳥(森本くるみ)

亀井庄助(内場勝則)

お楽(ミク)
イチ(鈴木康平)

杉田楓(岡本玲)

万丈目吉蔵(藤井隆)
万丈目歌子(枝元萌)

キース(大野拓朗)
アサリ(前野朋哉)

藤岡りん(堀田真由)
加納つばき(水上京香)

朝ドラマ「わろてんか」動画第136話のあらすじ・ネタバレ見どころ感想

伊能、北村笑店へ

伊能が風太の家に泊まった翌朝、てんの家では朝ごはんを囲むてん、伊能、風太、おトキ、飛鳥の姿がありました。

味噌汁をすすり、「うまい。」と、言う伊能に、みんな胸をなでおろします。

風太は、場を盛り上げようと、いつもよりおかずの品数が多い、伊能の大根の方が大きいのではないかと、茶々をいれます。

おトキは、そんな風太に、いつものように返し、食卓は笑いに溢れていました。

そんな穏やかな空気の中、伊能は昨日のてんと風太からのお願いの返事を切り出しました。

「僕で力になれるなら、北村で使ってほしい。」と深々と頭を下げました。

伊能の言葉を聞いた面々は、喜びの表情を浮かべ、歓迎します。

そして、新しい家が見つかるまで、風太とおトキの家においてほしいとお願いをしました。

伊能からのお願いに、風太とおトキは、二つ返事で快諾します。

てんは、伊能に、「伊能さん!よろしゅうお願いします。」と、満面の笑みでいうと、伊能も、「こちらこそ。」と、穏やかな笑顔を浮かべるのでした。

北村笑店映画部発足!

早速、北村笑店では、伊能が新しくできる映画部の顧問に就任したことがお披露目されました。

尚、映画部部長は風太が専務業と兼任します。

部室は、小道具部屋を整理したので、使ってほしいとおトキから報告がありました。

文芸部からは、楓が助太刀をすることになりました。

記念すべき初回の話し合いの場では、早速意見が割れています。

風太は、例えお笑い映画だとしても、恋愛を扱えば、すぐに当局に目を付けられると、真っ向反対です。

しかし、てんは、今作れない映画だからこそ、お客さんも見たいと思うのではないかと、意見を出します。

キースは、またお蔵入りはごめんだと、渋い顔を見せます。

そして、伊能からの情報では、「映画法」という、新しい法律が施行されることが決まったことが告げられます。

映画法とは、昭和14年10月に施工された法律で、映画の娯楽色を極力排除し、国策・軍国主義をうたった映画を強制的に製作させられることになり、その映画の製作も台本を事前に検閲することや、映画会社(製作・配給元)の許認可制、ニュース映画・文化映画の強制上映義務、また外国映画の上映も極力制限されるというものでした。

この法律によって、映画に従事する者は、試験に受かって登録されなければ、映画に関わるどの部門でも働くことができなくなり、映画人の間では「悪法」と名高いものでした。

その後、終戦を迎えた昭和20年12月26日を以って、廃止されました。(参考元:Wikipedia/映画法【https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%B3%95】)

この法律が施行されることによって、これまでは、完成したフィルムを見て、検閲をかけていたものが、施工後は、撮影前の台本から検閲が入ることになるというのです。

つまり、今まで以上に検閲は厳しくなるという事です。

それでも、てんは、笑顔で検閲ばかり気にしていたら面白いものは作れないと、皆を鼓舞します。

伊能も、検閲側を出し抜く方法を考えたいと思うと、宣言します。

「作品の側は、喜劇だ。だが、その実、中身は、人情や恋愛が入っている。一見すると、検閲官も修身の教科書のように思える作品を作る。」と、伊能は自らが考えた作戦を伝えるのでした。

しかし、それはとても難しい話でもありました。

そこで、思いついたのはキースです。

台本には一見、何も書いていないように見えるが、検閲に通った後、あぶると文字が出てくると言うのはどうかと言います。

それに、悪乗りした楓も、台本の字を細かく書いて読めないようにしてはどうかと提案します。

更に悪乗りしたアサリは、台本をめくるたびにお金が出てくるようにしてはどうかと提案します。

ピリピリとした空気が、一瞬和らぎましたが、「台本に細工をしても、完成した作品を見て、不許可になったら同じことなんだ。」と、伊能は皆を窘めました。

風太も苦い顔を浮かべ、「それこそ、ぎょうさん使た製作費、回収できひんかったら、大損やろ!」と、叱責します。

そこで、てんが思いついたのは、女子の好きな恋の物語を女子の楓が執筆するという点に着目し、男の検閲官にばれないよう、入れ込むことができるのではないかと提案しました。

皆の期待の目線に後押しされた楓は、頭を絞って考えてみると、返事をします。

しかし、風太は、渋い顔を崩せないのでした。

穏やかな家族団欒の一時

その夜、てんが自宅に帰ると、おトキが夕食の支度をしていました。

そして、その横には、フライパンを振る伊能の姿がありました。

おトキは、伊能の手際の良さに惚れ惚れとした表情を浮かべ、その腕を称賛します。

伊能は、本来ならすぐにでも新しい家を見つけて、出ていくべきところを、お世話になっているので、せめてものお詫びだと、ほほ笑みます。

皆が笑って話している隙に、飛鳥がこっそりつまみ食いをして、「おいしい!」と声を挙げます。

つまみ食いを窘めるおトキとてんですが、伊能は、ケチャップをつけると、もっとおいしいと言って、笑います。

夕食時、飛鳥は「うち、大きくなったら、伊能さんのお嫁さんになりたい!」と、無邪気に言いました。

風太は、「アカン!ダメ!」と、娘を溺愛するパパぶりを発揮しています。

おトキは、「伊能さんがええなら、ええんやないの?」と、大笑いです。

てんは、そんな風景に、賑やかで楽しいとご満悦です。

伊能も、家族団欒を味わうことができて楽しいと、嬉しそうに笑うのでした。

映画テーマの妙案を閃いたてん

そんな折、おトキは、映画製作も進みそうで良かったと、話しかけました。

そのおトキの言葉に、伊能は表情を曇らせ、「このまますんなりいけばいいのだが。」と漏らしました。

大陸では戦火が広がっている現状で、国内では引き締めがきつくなっていくことが、目に見えています。

北村商店は、今のところ、てんが勲章を授与されたり、「女太閤」と呼ばれたりと、順調だが、いつ風向きが変わるとも限らないと、懸念していました。

国のために、喜んで命を差し出す、そんな言葉がまことしやかに言われる時代です。

風太は、江戸時代のお侍のようだと、ため息をつきます。

伊能は、「忠義というのは、受け取る側によっては、非常に危険な言葉だ。それに、侍だって、家族の間の愛や、男女の恋があったはずだ。」と、今の日本を憂いていました。

その伊能の言葉を聞いたてんは、1つ閃いたのでした。

翌日、映画部では、てんが1枚の浮世絵を、見せていました。

それは、「忠臣蔵」の浮世絵です。

風太は、これこそ江戸の忠義の話ではないかと、てんの意図がわかりません。

てんは、「忠臣蔵」はまさに忠義の話であるが、侍もそれだけで動いていたわけではないはずだと、伊能の言葉を借りて、熱弁を振るいます。

例えば、四十七士が忠義以外の理由で、討ち入りに行こうとしていたら、どうだろうかと投げかけます。

アサリは、親の借金を返すためではと、声を挙げ、楓も、好きな女子が吉良屋敷の女中かもと声を挙げます。

それを聞いたキースは、「忠臣蔵」が身近に思えてきたと笑みを浮かべました。

伊能も、「忠臣蔵」は、忠義や自己犠牲を謳った話だから、検閲も通りやすいと言います。

てんは、忠義の話だと見せかけて、分かる人には分かる恋の話を入れ込むのだと言い、北村商店総出演の「お笑い忠臣蔵」にしようと、提案するのでした。

「お笑い忠臣蔵」台本制作に奔走

その日、夜も遅くまで映画部の明かりはついたままでした。

てん・伊能・楓・キースとアサリは、台本制作に勤しんでいました。

そこへ、夜食を持ったおトキが、やってきました。

一息をついた楓は、おトキに、キースとアサリが恋の場面にいちゃもんをつけると、愚痴をこぼします。

てんも「妻たちの忠臣蔵」を、描きたいのだけれどと、愚痴をこぼします。

おトキは、てんと楓の話を聞いて、女子が戦や討ち入りに夫を送り出す気持ちがわからないのかと、尋ねます。

キースとアサリは、わかっているが、出会いから描いたら、話が面倒くさくなると、返します。

しかし、女子たちは負けていません。

「そこが大事やろ!」と、反撃されてしまいます。

そして、女子は3人集まるとかしましいと言わんばかりに、堀部安兵衛と妻・ほりの悲恋も、高田馬場でタスキを忘れた堀部に、ほりが赤いしごき帯を渡す出会いがあってこそだと、その詳細を熱く語ります。

伊能もそれに同調しますが、キースとアサリは、何のことやらサッパリわからないといった様子です。

てんは、赤いしごき帯を渡したシーンこそ、堀部とほりの運命の出会いであり、女子はそんなシーンに胸が熱くなるのだと説明します。

楓は、自分ならこう描くと、思い浮かべていました。

楓の想像の中では、堀部を伊能が、ほりをてんが演じています。

それは、帯を貸すほりに、これから決闘だから返しにいけるかわからないと堀部が言うと、そんな弱気でどうするのか、必ず勝って、帯を返しに来るよう告げるという場面でした。

おトキもてんも、そんな場面を想像し、胸をときめかせています。

キースとアサリは、ここまで聞いても全くピンと来ていないようでしたが、伊能は、そういうものみたいだと、こっそり耳打ちするのでした。

忍び寄る影と売りに出された通天閣

その夜、風太は、伊能に尋ねました。

本当に恋愛の映画を作っても大丈夫かと。

この映画製作は、でかいお金が動くので、専務としては、危ない橋を渡りたくないと、その胸中を語りました。

伊能は、いずれすべての娯楽が禁止されてもおかしくない世の中で、検閲を出し抜く方法に賭けてみたい、うまくいけば自分たちにとって希望になると、返しました。

そんな伊能の決意を聞いた風太は、もし検閲に引っかかってしまったならば、手直ししてでも上映すると、譲歩した条件を伊能に告げました。

伊能も、それに同意しました。

その頃、新世紀キネマの工藤と伊能商会の山下が話をしている中で、伊能が北村笑店映画部の顧問になったという話題があがりました。

工藤は、何か企んでいるような表情を浮かべます。

翌朝、てんが新聞をみていると一つの記事に目がとまりました。

それは、「女太閤・北村てんは金の亡者 過去の愚行を告発」というタイトルの記事です。

てんは、思わず声を漏らしますが、心配するおトキの声に、新聞を伏せました。

そこへ、風太が大声をあげながら、事務所へ飛び込んできました。

なんと、「通天閣」が、売りに出されるというのです。

「通天閣」といえば、大阪の象徴であり、よその会社に買われては困ると、風太は息巻きます。

そして、北村笑店をますます発展させるためには、てんが勲章を授与され、女太閤と言われている、この絶好の機会に、通天閣を購入し、北村の名を世に轟かせると宣言しました。

てんは、風太の勢いに押されつつも、冷静に、何でも目立てばいいというものではないし、お金もかかることだと、風太を落ち着かせます。

そして、先ほど見つけた記事の事もあり、てんは胸を痛めるのでした。
⇓  ⇓  ⇓
不倫ドラマ「昼顔」全話あらすじ・ネタバレ

わろてんか全話あらすじ

わろてんかの動画を見る方法は?

「わろてんか」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでわろてんかを見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-わろてんか

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.