わろてんか

わろてんか朝ドラマ動画131話無料パンドラあらすじネタバレデイリーで見れるの?

投稿日:

朝ドラマ「わろてんか」131話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトでは「わろてんか」の動画は見つかりませんでした。

わろてんかはunextという公式動画配信会社で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

「わろてんか」の相関図キャスト

第23週の相関図キャスト「わろてんか隊がゆく」


伊能栞(高橋一生)
⇓  ⇓  ⇓
わろてんか高橋一生(伊能栞)の演技力

北村てん(葵わかな)
⇓  ⇓  ⇓
葵わかなの演技力
北村藤吉(松阪桃李)
⇓  ⇓  ⇓
松坂桃李の演技力
隼也(成田凌)

秦野リリコ(広瀬アリス)
川上四郎(松尾論)

武井風太(濱田岳)
トキ(徳永えり)
飛鳥(森本くるみ)

亀井庄助(内場勝則)

お楽(ミク)
イチ(鈴木康平)

杉田楓(岡本玲)

万丈目吉蔵(藤井隆)
万丈目歌子(枝元萌)

キース(大野拓朗)
アサリ(前野朋哉)

藤岡りん(堀田真由)
加納つばき(水上京香)

朝ドラマ「わろてんか」動画第131話のあらすじ・ネタバレ見どころ感想

前線へ旅立つ青年から手紙を託されたリリコ

昔、天満の寄席に、よく通っていたという青年は、1通の手紙をリリコに差し出しました。

その手紙を、天満のある人に届けてほしいと言います。

この青年は、明日前線に行くので、天満にいる彼女に手紙を届けたいが、書簡の検閲があるからと、正規の郵送ではなく、リリコに託し、直接渡してほしいと言うのです。

本当はルール違反であることをリリコはわかっていますが、それでも快く引き受けます。

リリコの返事に、青年は満面の笑みを浮かべ、敬礼をしました。

手紙を託した青年の気持ちに、リリコが思いを馳せていると、風太が楽屋に飛び込んできました。

次の部隊の兵隊達が集まったので、早めに慰問演芸会を始めるから、準備をするよう伝えに来たのです。

慌ただしく、準備を始める慰問団の面々の中、リリコは、風太に恋文を書いたことがあるかと、尋ねます。

風太からしてみれば、全く脈絡のない質問に、面食らいながら、「あるかい!そんなもん!」と返します。

そんな風太に、リリコは、そんなんだから、兵隊さんたちの気持ちがわからないのだと、言い返します。

おトキにも同じようなことを言われている風太は、「お前もかい。」とこぼしつつも、慰問団の面々に慰問演芸会の準備を急かします。

慌てて出ていく面々の背中を見送りながら、リリコは、こんなに色気のない高座をやっていていいのだろうかと、呟きます。

驚く四郎をよそに、リリコはテーブルの上にあった花を見つめ、何かを思いついたようです。

そして、万丈目に、今から台本を考えてほしいと依頼し、テーブルにあった花を頭に刺し、にやりと笑います。

リリコの負けん気がむくむくと湧いてきたのです。

兵隊さんたちの気持ちと手紙

慰問演芸会の司会を務める風太は、ミス・リリコアンドシローを高座に呼びました。

高座に飛び出していくリリコの頭に大輪の花が刺さっていることに、風太は気づきましたが、止めることができないまま漫才は始まってしまいました。

そして、漫才の内容も、戦地にいる恋人からの恋文をもらったという話を始めたのです。

これまでピクリとも表情を動かすことのなかった阿久津少佐の顔に、驚きと怒りが浮かんできます。

風太は、リリコと四郎は何がしたいのだと、万丈目に詰め寄りますが、万丈目も肩をすくめて、何も答えることができません。

リリコと四郎は、恋文を読み進めていく形で、漫才を進めていき、兵隊たちも、故郷の恋人に思いを馳せるような表情で聞いていました。

しかし、話も中盤にかかる頃、この望郷の念を駆り立てられる漫才への怒りに震えた阿久津少佐の「中止」という怒号で、慰問演芸会は中止となってしまうのでした。

風太は、キース・アサリ、万丈目と歌子、そして、ミス・リリコアンドシローを集め、叱責します。

リリコは、謝る万丈目を止め、自分が無理やり台本を書かせただけで、万丈目は悪くないとかばいます。

風太は、そんなリリコに、慰問演芸会の中止が、出番が最後のミス・リリコアンドシローでよかったが、せっかく来てくれた兵隊さんたちに悪いと思わなかったのかと、叱ります。

四郎は、すぐに謝りましたが、リリコは、負けていません。

そして、昨日預かった青年からの恋文を風太に差し出します。

小さい頃から天満の風鳥亭に来てくれていた青年の想いの詰まった手紙だというリリコに、風太はルール違反を犯そうとしているリリコを怒鳴り、すぐに返してくるように言います。

リリコは、もう前線に行ってしまって、いないと、風太の指示を突っぱねます。

すると、万丈目も立ち上がり、自分たち夫婦も手紙を預かっていることを告白します。

愛想のいい兵隊さんで、歌子が故郷の母に、似ているからと言われ、断れなかったと言います。

そして、キース・アサリも立ち上がり、自分たちも手紙を預かっていると告白しました。

四郎も、兵隊さんたちは、内地に残してきた人たちの事が、気がかりで心配なのだと、兵隊たちの気持ちも、手紙を預かったみんなの気持ちも代弁します。

しかし、風太は、厳しい表情のまま、自分たちの仕事は手紙を預かる事ではないという事、そして、このことがばれたら、北村笑店の責任問題になってしまう事を話し、手紙を回収し、自分が預かると言って、芸人達を窘めます。

外からは軍用機の飛行音が、聞こえてきました。

大陸の戦火は、どんどん拡大してゆきましたが、それでも、日本には、連戦連勝の朗報しか伝わらないのでした。

エンターテインメントの苦悩

その頃、伊能商会では、戦争がこのまま続けば、不動産やデパートもどうなるかわからないので、映画も堅実にやってほしいと、伊能に直談判する社員の姿がありました。

伊能は、それは、軍部の意向に沿って、孝行忠義の物語を作れという事かと、不快感をあらわにします。

伊能がそういう人間ではないという事はわかっているが、経営者として、新世紀キネマとの業務提携を、今一度考えてほしいと訴え、大きな流れには逆らえない世の中になってきていると、忠告するのでした。

一方、北村笑店では、書きあがった台本を亀井に読んでもらっている、楓の姿がありました。

眉間にしわを寄せて、台本を読む亀井に、楓は不安そうに、面白くないですか?と、尋ねました。

亀井は、言葉を濁しながら、台本に書かれている歌の意味がわからないと返します。

てんが、間に入り、何の歌なのか尋ねると、それは、与謝野晶子の「君死にたまふことなかれ」でした。

亀井が有名な歌なのかと問うと、この歌は与謝野晶子が日露戦争に向かう弟に向けて書いたものだと説明します。

てんが、この歌では漫才が暗くなってしまうのでは?と問うと、楓もそれに同意します。

すると、亀井も自身が寄席をやっていた頃、若い芸人を戦地に送り出したことを思い出し、戦争に行かなかったら、良い噺家になっていただろうと、つぶやきました。

てんが、その若い芸人は戦死されたのかと、尋ねると、亀井はあっけらかんと軍に残ったといいます。

聞き間違いかと思ったてんは、再度、戦死ではないのかと尋ねると、亀井は更にあっけらかんと、今も元気だと返します。

この話の流れは、絶対にこの若い芸人が戦死された流れだと思っていた楓から、思わず笑みがこぼれました。

それを見た亀井は、「暗そうな話でも、笑えまっしゃろ。」と、ほほ笑みます。

それを聞いたてんからも、笑みがこぼれ、中々思うようにいかず、重苦しい雰囲気だったてんたちを和ませてくれるのでした。

夜、てんの家には、藤吉の月命日のお参りに伊能が訪れていました。

伊能は、藤吉の仏壇に手をあわせ、遺影を見つめています。

てんが伊能にお礼を伝えると、伊能は藤吉と話をしたかったと言います。

「ちょっと弱気の虫がでた。何でもない普通の映画を作りたいだけなんだが、その普通が、段々と難しくなっているのかもしれない。こんな時、後先考えずに突っ走る藤吉君の事を思うんだ。彼は純粋だった。」と、珍しく伊能は、てんに弱音をこぼすのでした。

芸人たちの思いと風太の決意

一方、上海では、誰もいない慰問演芸会の会場に佇む、キースとアサリの姿がありました。

アサリは、昨日笑っていた人たちが、今日は死んでいるかもしれないという事に、いつになく神妙の面持ちを浮かべています。

キースは、それでも泣いて死ぬより、笑ってから死んだ方がいいのではないかと、励まし、アサリに、死ぬ前の最後、何をしたいかと尋ねました。

突然の質問に面食らっているアサリに、キースは、「俺は、お前と漫才やりたいわ。やっぱりお前がええ。内地に帰っても、コンビを続けてくれ。」と、まっすぐな瞳で告げました。

アサリは、嬉しさと、それを表してしまうことへの照れを隠すように、「お…おう。」と言葉少なく返し、キースは、それを嬉しそうに見つめるのでした。

それは、まるで少女漫画の告白やプロポーズのようでした。

漫才コンビにとって、相方は、連れ合いですものね。

そして、万丈目夫妻も2人で話し合っていました。

歌子は、笑ってくれた兵隊さんたちが、みんな親戚に見えて、辛い、とこぼします。

万丈目は、歌子にそんな思いをさせてしまっていることを詫びます。

しかし、歌子は、それを否定し、ここに来てよかったと思っていると言いました。

驚く万丈目に、洋食マンマンで、みんなにコーヒーを出して、日がなおしゃべりしていることが、どんなに幸せだったかを痛感したと言うのです。

そして、万丈目の手を取り、手を握ってくれる嫁がいるだけで、万丈目も幸せだと歌子は悪戯っぽくほほ笑みますが、そこへ兵隊さんが通りすがり、いい雰囲気はおじゃんになってしまいました。

風太は、みんなから預かった手紙を前に、考え込んでいました。

芸人達の前では、慰問団団長という立場上、厳しい態度を貫きましたが、内地に置いてきた家族や恋人といった大切な人を思う気持ちは、風太自身も痛いほどわかっていました。

手紙を見つめ、おトキと飛鳥の事を思い出し、涙があふれてきた風太は、考えに考え抜いた末に、1つの決断を下します。

夜、キース・アサリ・万丈目・歌子・リリコ・四郎を呼び出した風太は、その決断を伝えました。

預かった手紙は、全て風太の荷物に入れて持ち帰るという事を告げ、リリコと四郎には、好きに漫才をするよう指示し、万丈目にも台本を書き直すよう依頼しました。

面食らう芸人達に、風太はもう少し近くに寄るよう指示し、何やら作戦会議のようです。

明日は、いよいよ、ここ上海での最後の慰問でございます。

この作戦会議の内容は、次話に続く!
⇓  ⇓  ⇓
不倫ドラマ「昼顔」全話あらすじ・ネタバレ

遠藤憲一の演技力

わろてんか全話あらすじ

わろてんかの動画を見る方法は?

「わろてんか」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでわろてんかを見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-わろてんか

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.