わろてんか

わろてんか朝ドラマ動画130話無料パンドラあらすじネタバレデイリーで見れるの?

投稿日:

朝ドラマ「わろてんか」130話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトでは「わろてんか」の動画は見つかりませんでした。

わろてんかはunextという公式動画配信会社で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

「わろてんか」の相関図キャスト

第23週の相関図キャスト「わろてんか隊がゆく」


伊能栞(高橋一生)
⇓  ⇓  ⇓
わろてんか高橋一生(伊能栞)の演技力

北村てん(葵わかな)
⇓  ⇓  ⇓
葵わかなの演技力
北村藤吉(松阪桃李)
⇓  ⇓  ⇓
松坂桃李の演技力
隼也(成田凌)

秦野リリコ(広瀬アリス)
川上四郎(松尾論)

武井風太(濱田岳)
トキ(徳永えり)
飛鳥(森本くるみ)

亀井庄助(内場勝則)

お楽(ミク)
イチ(鈴木康平)

杉田楓(岡本玲)

万丈目吉蔵(藤井隆)
万丈目歌子(枝元萌)

キース(大野拓朗)
アサリ(前野朋哉)

藤岡りん(堀田真由)
加納つばき(水上京香)

朝ドラマ「わろてんか」動画第130話のあらすじ・ネタバレ見どころ感想

上海へ向けて出発した北村笑店慰問団「わろてんか隊」

新聞社の依頼で、北村笑店は笑いの慰問団として、芸人十数名を戦地へ派遣することになりました。

「わろてんか隊」と名付けられた慰問団の面々は、皆の万歳に見送られながら、上海へと旅立っていきました。

それから3日後、新聞では出陣式の様子が、大きく新聞に取り上げられていました。

てんは、団長である風太が、英雄のように取り上げられていると、おトキに少しからかうような仕草で、笑いかけます。

しかし、おトキは、未だ不安な気持ちを抱いたままなのか、返事も表情も硬いままでした。

そこへ、楓が、事務所に飛び込んできました。

新聞社からの第一報で「わろてんか隊」は、無事上海に到着したと、知らせが届いたのです。

ひとまずは、無事に到着できたことに安堵したおトキは、やっと少し笑みを取り戻します。

亀井は、行く方も大変だが、残された方も大変だと言わんばかりに、看板芸人がごっそり留守なので、自分たちも頑張ってお客さんを呼ばなくてはと、鼓舞します。

てんも、それに同意し、働きましょうと声をかけるのでした。

上海に到着した北村笑店慰問団「わろてんか隊」

上海に到着した「わろてんか隊」の面々は、思った以上の歓迎ぶりに心を躍らせていました。

衣装に着替え、慰問演芸会の準備をしているところに、風太が慰問団の世話をしてくれる陸軍の阿久津少佐を連れてきました。

風太は、芸人達に挨拶をするよう促し、芸人達も深々と挨拶をします。

阿久津少佐は、早速、慰問演芸会を行うこと、将兵の士気高揚のためによろしくと告げられました。

しかし、早速、芸人たちの衣装について、ダメ出しが入ります。

阿久津少佐は、兵隊たちに妙な里心をつけたくないと、戦場にいる心意気で、制服のまま演じてもらいたいと、言うのです。

そして、栄えある皇軍将兵の慰問団であるから、そこのところをわきまえるようにと、告げると、颯爽と部屋を出て行ってしまいました。

芸人達は、思っていたのと違うと、戸惑いを隠せません。

風太は、しょうがないと腹を括り、ネタだけでどれだけ笑わせられるか、腕試しだと、芸人達に指示するのでした。

こうして始まった慰問演芸会です。

風太が壇上に上がると、兵隊さんたちは、とても楽しみそうにこちらを見つめているのですが、阿久津少佐の表情がピクリとも動かないのを見て、やりにくいという気持ちを抑えながら、なんとか口上の挨拶を終えました。

芸人達が、芸を始めるやいなや、会場は兵隊さんたちの笑いに包まれます

それでも、阿久津少佐の表情は、一欠けらも動きませんでした。

初めての慰問演芸会を終え、風太は阿久津少佐の部屋に呼び出されます。

ただの一度も、ニコリともしなかった阿久津少佐に呼び出された風太は、慰問演芸会でのネタに何か問題があったのかと不安になります。

しかし、阿久津少佐は、皆大いに楽しんだようで良かったと、言います。

どうやら叱責のために呼び出されたのではなく、風太に客人が来ているという事で呼び出されたのでした。

リリコとの再会

自分に客人?と、風太が疑問に思っていると、そこへ現れたのは、四郎と共に、上海へ旅立ったリリコでした。

久方ぶりに会った、リリコは何だか少しやつれています。

リリコは、新聞に北村笑店から慰問団が、この上海の地に来ているという事を見て、訪ねてきたといいます。

風太は、上海に来る前後から、リリコと四郎の音沙汰がなく、心配していたと告げます。

四郎の入ったオーケストラの楽団は、外国人がたくさんいたため、情勢が怪しくなった折に、解散してしまったのだと、言います。

風太は、そんなことになっているとは思ってもいませんでしたが、なぜ知らせてくれなかったのかと、リリコに言いました。

リリコは、自分たちにも意地がある、たくさんの迷惑をかけて、上海へ来たのだからと答えます。

オーケストラの楽団が解散したことで、今は何をしているのかを尋ねると、四郎はバーでピアノを弾き、それだけでは食べていけないので、リリコは近所の食堂で働いているといいます。

本当に大丈夫なのかと、風太はリリコに尋ねます。

リリコは、四郎に地の果てまででもついていくと決めて、一緒になったのだから、苦労でもなく、後悔もない、ただ懐かしくなって会いに来ただけだ、と言います。

それは、いつものリリコの強がりであることを、風太はわかっています。

風太は、本当か?と、再度リリコに尋ねました。

リリコは、即答することができません。

すると、風太が突然、「お前ら、まだ北村の社員のまんまやったな。」と、何かを思いついたように、呟くのでした。

ミス・リリコアンドシローの復活

翌日、風太が控え室に、リリコと四郎を連れてきました。

キース・アサリ・万丈目・歌子は、久々の再会を喜びます。

そして、今日からリリコと四郎も「わろてんか隊」の一員になったことを報告しました。

皆、2人の入隊を喜び、よく阿久津少佐の許可が下りたものだと、感心しています。

風太は、リリコと四郎が旅立つときに、社員のままにしておいてよかったと、呟き、兵隊さんの慰問の為ならと、許可が下りた経緯を説明しました。

キースは、これで北村笑店の大看板の揃い踏みだと、やる気を見せます。

万丈目が、漫才は久しぶりだと思うが、大丈夫か?と尋ねると、リリコは持ち前の強気さで、自分は天才だから大丈夫だと、笑わせます。

それなら四郎は?と、尋ねると、相変わらず四郎は、きょどきょどと即答できていません。

そんな四郎に、リリコは、四郎はあうあうと言っているだけだから、大丈夫だと、どやしつつも、アコーディオンは天才だとにこやかに言い、四郎もその言葉に照れています。

アサリは、そんな2人に、「何だ。ノロケか。」と、ツッコむのでした。

その頃、日本では、新聞に「ミス・リリコアンドシローの復活」が、大きく記事になっていました。

上海での出来事を知らされていなかったてん達は、驚きます。

四郎の楽団は、うまくいかなかったのだろうかと、心配になります。

しかし、事情はどうあれ、わろてんか隊に合流できたのなら、百人力だと、てんは皆を落ち着かせます。

それを聞いて楓は、自分も負けていられない、面白い台本を書くのだと、自らを鼓舞するのでした。

久しぶりの登場、隼也

一方、神奈川県川崎市で暮らす、隼也とつばき夫妻も、北村商店の慰問団「わろてんか隊」の事を、新聞で見知っていました。

2人の間には、息子が生まれ、「藤一郎」と名付けられていました。

隼也が、藤一郎を撫でていると、つばきは大阪から荷物が届いたことを、報告します。

それは、たくさんの手縫いのおしめでした。

届いたおしめを1枚手に取った隼也は、風鳥亭の刺繍が入っているのを見つけ、てんが作ってくれたことを理解し、「お母ちゃん、おおきに。」とつぶやきました。

つばきは、藤一郎に、「おばあちゃんが、心を込めて縫うてくれた贈り物ですよ。」と、声をかけると、藤一郎は、かわいい声で返事をします。

それを見て、隼也とつばきは、幸せそうにほほ笑むのでした。

ミス・リリコアンドシロー復活・初舞台

ミス・リリコアンドシローを復活させ、初めての舞台に上がりました。

最初から、大盛り上がりに盛り上がる会場をよそに、相変わらず阿久津少佐は、クスリとも笑いません。

出番を終え、控室に戻ってきたリリコと四郎です。

四郎は、久しぶりだったが、兵隊さんが笑ってくれてよかったと、ほっとしています。

リリコは、制服での漫才では味気なくて、お客さんに申し訳ないと、ぶーたれています。

そこへ、どかどかとでかい足音を立てながら、阿久津少佐が飛び込んできました。

そして、リリコの髪飾りをとるように、指示します。

リリコは、これもダメなのか、兵隊さんたちの故郷の女子のようで、かわいいと思うが、と反論します。

しかし、阿久津少佐は、あくまで慰問団の役割は、明日前線に赴く兵隊たちを笑わせることが仕事なのであり、いたずらに里心をつかせるような言動は慎むようにと叱責します。

すぐに、風太が割って入り、次から気を付けると謝り、事なきを得ます。

阿久津少佐が、退室し、一息つくと、キースとアサリは、服や髪飾りは関係ない、2人の実力があれば、兵隊さんたちは、いくらでも笑ってくれると励まします。

しかし、リリコは、それにしてもウケ過ぎではないか、兵隊さんたちは、みんな始めから終わりまでずっと笑っていたと、怪訝そうに言います。

キースは、確かにみんな怖いほど笑ってくれていると、気づきました。

四郎は、思いついたように、「最後の笑い」だからかもしれないと呟きます。

バーでピアノを弾いていた四郎は、バーで陽気に歌って踊っていた兵隊さんたちが、翌日からパタッと来なくなってしまうという場面を何回も見ていたと言います。

後から聞くと、その陽気に騒いでいた兵隊さんたちは、前線に送られる前日だったというのです。

今日、自分たちの芸を見てくれていた兵隊さんたちも、近々戦場へ行くと言っていたことを思い出します。

そのことに気づいた面々は、この慰問団での仕事の責任を、改めて重く受け止めるのでした。

仕事を終え、リリコが廊下を歩いていると、1人の青年に声をかけられました。

その青年は、昔、天満の寄席によく通っていたといいます。

リリコがお礼を言うと、青年は1通の手紙を差し出し、お願いしますと言います。

突然の青年の行動に、リリコは驚きの表情を浮かべるのでした。
⇓  ⇓  ⇓
不倫ドラマ「昼顔」全話あらすじ・ネタバレ

遠藤憲一の演技力
葵わかなの演技力
わろてんか全話あらすじ

わろてんかの動画を見る方法は?

「わろてんか」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでわろてんかを見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-わろてんか

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.