わろてんか

わろてんか朝ドラマ動画141話無料パンドラあらすじネタバレデイリーで見れるの?

投稿日:

朝ドラマ「わろてんか」141話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトでは「わろてんか」の動画は見つかりませんでした。

わろてんかはunextという公式動画配信会社で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

「わろてんか」の相関図キャスト

第24週の相関図キャスト「わろてんか隊がゆく」


伊能栞(高橋一生)
⇓  ⇓  ⇓
わろてんか高橋一生(伊能栞)の演技力

北村てん(葵わかな)
⇓  ⇓  ⇓
葵わかなの演技力
北村藤吉(松阪桃李)
⇓  ⇓  ⇓
松坂桃李の演技力
隼也(成田凌)

秦野リリコ(広瀬アリス)
川上四郎(松尾論)

武井風太(濱田岳)
トキ(徳永えり)
飛鳥(森本くるみ)

亀井庄助(内場勝則)

お楽(ミク)
イチ(鈴木康平)

杉田楓(岡本玲)

万丈目吉蔵(藤井隆)
万丈目歌子(枝元萌)

キース(大野拓朗)
アサリ(前野朋哉)

藤岡りん(堀田真由)
加納つばき(水上京香)

朝ドラマ「わろてんか」動画第141話のあらすじ・ネタバレ見どころ感想

アメリカへ旅立つ、伊能

伊能のアメリカ行きを認めたてんと風太は、伊能の前途を祝して、ささやかながら祝杯を挙げていました。

伊能は、てんと風太に、深くお礼の気持ちを伝えると、てんは、「必ず、ご無事で帰ってきておくれやす。」と伝えました。

すると、風太が、「あかん、あかん。そのセリフを言うたら。」と、制止します。

驚くてんの姿を見て、伊能も笑いながら「検閲に引っかかる。」と茶化します。

そんな伊能の言葉に、てんも、そうだったと笑いがこみあげてきました。

そこへ、おトキが「今夜は、こういうのが聞きたい気分なんです。」と、言いながら、レコードをかけました。

ジャズのスタンダードナンバーの1つ「ムーンライト・セレナーデ」です。

早速、酔っ払っている風太は、この雰囲気の良い曲を聞いて、おトキに踊ろうと絡みます。

そして、伊能の口癖「どうだろう。」が、嫌だったと笑いながら、おトキを振り回します。

そんな2人の姿を見て、てんは、2人も寂しいのだと思うと、伊能に伝えました。

コップに残った酒を飲み干した伊能は、紳士的な手つきで、てんにダンスを申し込みました。

驚くてんでしたが、快くそれを承諾しました。

穏やかに踊るてんと伊能の姿を見つめ、風太とおトキもほほ笑んでいます。

こうして、楽しい時間はあっという間に過ぎ、伊能は、アメリカに旅立っていくのでした。

完成!「お笑い忠臣蔵」

検閲にたくさん引っかかり、修正を余儀なくされた「お笑い忠臣蔵」でしたが、何とか完成の日を迎えることができました。

キースは、「あんなに検閲で直されたのに、ちゃんと面白い映画になってたわ。」と、ご満悦です。

てんは、「伊能さんもきっと喜ばはるわ。」と、目を細めます。

風太は、改めて気合を入れなおし、公開に先駆けて、宣伝を頑張ると、皆を鼓舞しました。

北村笑店の映画第1作「お笑い忠臣蔵」が、ついに封切られるのでした。

戦火が迫る中、洋風なものへの厳しくなる締め付け

何とか「お笑い忠臣蔵」の封切までこぎつけた北村笑店ですが、またまた、受難が押し寄せます。

今度は、洋風な芸名を変えろと、内務省から通達が来たのでした。

昭和15年3月に、施工された「芸名統制令」が原因です。

それを聞いたキースは、「野球はどうなるんだ!」と、ご立腹です。

しかし、冷静な四郎は、「バッター=打者」「ランナー=走者」と、日本語でも問題ないと言います。

アサリは、それならプレーボールはどうなるのかと尋ねます。

四郎は少し考えて、「球いじり」というのはどうかというと、芸人達からはどっと笑いが起きました。

風太は、その笑いを制止し、野球の事はどうでもいい、芸名の事だと一喝しました。

そして、キースは「舶来家喜助」に、アサリも「潮浅利」に、コンビ名は「喜助と浅利」だと、告げます。

それを見たキースとアサリは思わず「かっこ悪!」と、不満をもらしました。

リリコも「あほらしい」と、他人事のように、その芸名を批判します。

そんなリリコにも、風太は、新しい芸名を告げます。

カタカナの「リリコ」から、漢字で「秦野凛々子」、コンビ名は「凛々子と四郎」だと言われました。

リリコは「学校の出席簿みたいな芸名」だと、嘆きます。

そんな芸人達に、てんは、すまなそうな表情を浮かべることしか、できないのでした。

太平洋戦争、開戦

そして、昭和16年12月、ついに太平洋戦争が開戦となりました。

日本国内に知らされるニュースは、全て日本がアメリカに連戦連勝だというものばかりです。

てんは、藤吉の仏壇に手をあわせに来てくれたリリコに、伊能は大丈夫だろうかと、こぼします。

リリコは、伊能なら涼しい顔して、うまいことやっているだろうと、ほほ笑みます。

てんは、慰問公演で疲れているのに、わざわざ来てくれたリリコを労います。

それに対して、リリコは、「贅沢禁止」と言われていることに、自分も愚痴を言いに来たのだと笑います。

そこへ、亀井が芸人を2人連れて、やってきました。

それは、連れてきた芸人2人に、通称「赤紙」と呼ばれる、軍隊への召集令状が届いたという知らせでした。

それを聞いたリリコは、慰問で兵隊さんを、たくさん笑わせてきた2人が、今度は兵隊さんになるのかと、つぶやきます。

2人は、お国のために頑張ってくると、深く頭を下げました。

そんな2人に、てんは餞別と羊羹を渡します。

このころの日本では、食料は配給制となり、甘いものなど、ほとんど口にすることができませんでした。

そのため、こうして召集令状が来た青年に甘いものというのは、1つの定型になっていました。

餞別と羊羹を受け取った2人は、涙をこぼしながら、お礼を告げます。

てんは、立派に務めを果たしたら、また高座に上がってほしいと、伝えるのでした。

その頃、川崎の隼也の家では、藤一郎と遊ぶ隼也と、それを見ながら笑うつばきの姿がありました。

つばきが、何気なく鼻歌を歌うと、隼也は「二人でお茶を」ではないかと、尋ねました。

つばきは鼻歌がうるさかったかと、詫びると、隼也は懐かしいと言いながら、藤一郎と踊り始めました。

「二人でお茶を」は、アメリカで上演された「ノー・ノー・ナネット」というミュージカルで使用された楽曲です。

隼也は、つばきも誘うよう藤一郎を促し、つばきも交えて、踊りだしました。

すると、隣人が激しく扉をたたいて、やってきました。

隼也とつばきに、アメリカの歌を歌っているのかと詰め寄ります。

この時代、敵国であるアメリカの歌を歌うなど言語道断だったのです。

とっさに、つばきは盟友国である、ドイツの歌だと言い、隼也もそれに同調しました。

当時、アメリカの歌もドイツの歌も、わからない日本人の方が、多い事もあり、何とかごまかすことができました。

しかし、隣人は、これだからアメリカ帰りはと吐き捨て、帰っていきました。

そんな姿を見つめ、隼也は「アメリカ相手にいつまで戦うつもりなのだろう。」と、こぼすのでした。

万丈目、倒れる

太平洋戦争開戦から1年の月日が流れ、時は昭和17年12月を迎えていました。

戦時中とはいえ、寄席はお客さんで超満員でした。

万丈目は休む暇もなく、台本を書き続けています。

召集令状が届いた芸人が抜けてしまったことで、コンビの組み合わせを変えることが多発し、それに伴い、台本の内容を書き換えなくてはいけない状況になっていたのです。

楓は、少し休んだ方がいいと、万丈目を促しますが、万丈目は、「お客さんの為」だと、聞きません。

てんも、こんな時だからこそ、お客さんは大笑いしたいのかもしれないが、無理は禁物だと万丈目を窘めます。

しかし、そこへ、風太がイチを連れて、事務所に入ってきました。

そして、また5人の芸人に召集令状が届いたというのです。

もう今月だけで18人もの芸人が、赤紙で召集されていました。

風太は、お国のためとは言え、この調子で若いものを、連れていかれては寄席が立ち行かないとこぼします。

そして、万丈目が、今まさに書き上げようとしていた台本の芸人が召集されていくことになり、必要がなくなってしまうことを告げました。

しかし、万丈目は、台本を書く手を止めません。

心配になったてんは、万丈目に声をかけました。

すると、万丈目は疲れた表情で、自分が台本を書いた芸人が、みんな兵隊にとられてしまう、何でだろうと、うつろな表情で呟きました。

そして、ついに、万丈目は倒れてしまうのでした。

歌子の必死の呼びかけに目を覚ました万丈目です。

万丈目は、夢を見ていたと言います。

その夢とは、若い連中が、自分を「先生!先生!」と呼んで、台本を待っているのに、書き上げて楽屋にもっていくと、そこには誰もいない、そんな悲しい夢でした。

てんは、歌子に、芸人の出征続きで、漫才コンビの相方がいなくなるという事が多発し、何度も台本を書き直している現状を説明しました。

万丈目は、軍隊に行っている者に比べたら、自分は大丈夫だと、重たい体を起こします。

歌子は、そんな万丈目を止め、てんと風太に少し休ませてほしいと懇願します。

しかし、万丈目は、自分は台本を書く、まだ残っている芸人もたくさんいる、お客さんもたくさんいると言って、聞く耳を持ちません。

歌子は、万丈目の事が心配でなりません。

そんな歌子の姿を見て、楓は、自分が万丈目の仕事を引き継がせてほしいと、お願いしました。

歌子も、楓の言葉に甘えさせてもらって、奈良の十津川に戻り、温泉にでも入って、少しゆっくりしたら、もっと面白いものが書けるかもしれないと伝えます。

てんも、万丈目が休むのは、自分たちと北村笑店の為だと、休養を促します。

こうして、万丈目は、皆の心遣いに、楓へ後を託すことを決めました。

風太は、「戦争のせいや。戦争終わったら、北村笑店を支えるお笑いを、また書いてくれ。」と、力強く励まし、てんも、必ず元気になって戻ってきてほしいとほほ笑みました。

万丈目は、必ず戻ってくる事を約束します。

こうして、万丈目と歌子は、大阪を去っていくのでした。
⇓  ⇓  ⇓
不倫ドラマ「昼顔」全話あらすじ・ネタバレ

わろてんか全話あらすじ

わろてんかの動画を見る方法は?

「わろてんか」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでわろてんかを見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-わろてんか

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.