わろてんか

わろてんか朝ドラマ動画112話無料パンドラあらすじネタバレデイリーで見れるの?

更新日:

朝ドラマ「わろてんか」112話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトでは「わろてんか」の動画は見つかりませんでした。

わろてんかはunextという公式動画配信会社で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

「わろてんか」の相関図キャスト

第20週の相関図キャスト


北村てん(葵わかな)
⇓  ⇓  ⇓
葵わかなの演技力
北村藤吉(松阪桃李)
⇓  ⇓  ⇓
松坂桃李の演技力
隼也(南 岐佐)
武井風太(濱田岳)
伊能栞(高橋一生)
⇓  ⇓  ⇓
わろてんか高橋一生(伊能栞)の演技力
藤岡しず(鈴木保奈美)
⇓  ⇓  ⇓
鈴木保奈美の演技力

藤岡ハツ(竹下景子)
藤岡新一(千葉雄大)
藤岡りん(堀田真由)

トキ(徳永えり)
北村啄子(鈴木京香)
秦野リリコ(広瀬アリス)

キース(大野拓朗)
アサリ(前野朋哉)
万丈目吉蔵(藤井隆)
万丈目歌子(枝元萌)
岩さん(岡大介)

喜楽亭文鳥(笹野高史)
亀井庄助(内場勝則)

都(大後寿々花)
あや(鈴木球予)
なつ(畦田ひとみ)
とわ(辻凪子)

朝ドラマ「わろてんか」動画第112話のあらすじネタバレ

隼也に訪れたとてつもないチャンス?

風太の100年続く漫才のためにと、キース・アサリが解散して一月後、隼也は伊能の下で真面目に働いていました。

そこへ、かかってきたのは「マーチン・ショウ」の代理人を名乗る、ジェイソン・ハミルという男からの電話でした。隼也にとてつもないチャンスが訪れたようです。

隼也は興奮冷めやらぬまま、かかってきた電話を伊能に報告します。

伊能は冷静に「それで?」と返します。

伊能の冷静な返しに、やや拍子抜けをした様子の隼也に「うちには、いろいろな企画が持ち込まれる。その一つ一つを目通ししないで話を進めちゃいけないよ。優れた作品を選ぶ目を養うことも勉強だ。」と、諭すのでした。

一方、北村笑店ではキース・アサリを解散したアサリの新しい相方が決まりません。

東京のキースは、既に相方を見つけ、稽古を始めていると風太にどやされますが、面白くないとてん・風太・万丈目が挙げてきた相方候補を一蹴してしまいます。

アサリの基準は間違いなくキースですから、同レベルの人を探しても見つかるわけありませんね。

何だかデジャヴュのようです。それは、キースが突然アメリカに行くと言って、旅立ってしまった後に中々相方が決まらず苛立っていたアサリの姿そのままです。

万丈目はアサリに、何がしたいのかはっきりしてくれなければ、自分たちも手助けのしようがないと話しますが、アサリは苦い顔をするばかりでした。

勝手に「マーチン・ショウ」の興業権の話を持ち掛けてきた代理人と合う隼也

伊能から預かった仕事をするため、残業をしていた隼也ですが、昼間にかかってきたジェイソン・ハミル氏からの電話が気になってしまい、誰の許可も得ず、自ら電話を折り返してしまいます。

そして、あくる日隼也は喫茶店でジェイソン・ハミル氏と会うことになりました。

ジェイソン・ハミル氏は通訳の女性を一人連れてきました。

通訳の女性は加納つばきさんと言いました。隼也の顔は完全に一目惚れしたような表情でしたね。

つばきは通訳はいらなそうだと帰ろうとしますが、隼也は自分の英語は怪しいので同席してほしいとお願いします。

そして、隼也は自分が「マーチン・ショウ」の大ファンであることを伝え、アメリカにいた頃に30回見たと話します。

それを聞いたジェイソン・ハミル氏は「これは運命だと。」語り、何よりもマーチン・ショウを好きでいてくれる人と仕事がしたいと乗り気な様子を見せます。

(会って早々運命という人は大体詐欺師だと私は思ってしまいますが。)

喜んだ隼也は慌てて水をこぼしてしまいます。そこにすぐさまハンカチを差し出してあげるつばきにも、ドキドキした様子の隼也でした。

隼也は、今一つ乗り気ではなさそうな伊能ではなく、北村笑店にこの話を持っていきます。

てんと風太は、隼也の話を聞いて、まず伊能には話したのかと問います。

隼也は話を聞くのは、タダだし損はないと返します。

そして、伊能がこの話に乗らなくても北村笑店の25周年記念事業としてやってはどうかと提案します。

これまたデジャヴュのようです。かつて、パーマネントの機械の販売権のために、お金をだまし取られた時の藤吉を見るかのような目で、てんは目を輝かせながら「マーチン・ショウ」を語る隼也を見つめ、この公演を行うのにいくらかかるのかを問います。

隼也は、一瞬言葉を濁しますが、5万円であると答えました。

この時代の5万円とは、今でいうなら1億円ほどに相当する金額です。

金額を聞いて、卒倒するてんと風太です。

しかし、大阪公演の権利だけなら、3分の1で済むこと、そして概算を見せて、十分利益が出るはずだと豪語します。

(最初に高いお金を見せて、少し減らす方法を示す…詐欺の常套手段が次々に出てきます。)

「アメリカさんのやり方は知らんけど、うちらがやってきた興業いうんは、人と人とのつながりで成り立ってるもんや。まずは、そのハミルさんと時間かけて、互いを知りおうてからの話や。」というてんを制止した隼也は、そんな悠長なことを言っていたら、他の会社に取られてしまうと焦りを露わにします。(いよいよ、他に取られてしまうと焦らせる。完全に詐欺の手法ですね。)

隼也は、「ボクな、25周年にあの世のお父ちゃんにも届くようなでっかい花火をあげたいんや!」と、語気を強めます。

そんな隼也に風太は、隼也は伊能に預けた身であること、自分たちが勝手にやるわけにはいかないことを伝え、まずは伊能を説得して出直して来いと隼也の話を一蹴するのでした。

猪突猛進な隼也に心配が止まらないてん

隼也は伊能に「マーチン・ショウ」のことを持ち掛けようと試みますが、なかなか切り出すことができません。

そんな隼也のおかしい様子に伊能はすぐに気づきますが、本人が何も言わないので、心配そうな目で見つめています。

隼也は、いつかの喫茶店につばきを呼び出していました。

ジェイソン・ハミル氏と中々連絡がとれない隼也は、あの日通訳をしてくれたつばきなら連絡が取れるのではと思ったのです。

しかし、つばきはあの日、臨時で雇われただけでジェイソン・ハミル氏のことは、ほとんどわからないと言われてしまいます。

その点についてはがっかりする隼也ですが、あの日一緒にいてくれて心強かったことにお礼を言いました。

そして、つばきについて聞いてみる隼也です。

つばきは、10年ほどアメリカで暮らしていた経験があり、そのため英語がペラペラなのでした。

つばき自身も「マーチン・ショウ」は、見に行っており、とても面白かったと目を輝かせて話す姿を見た隼也は、嬉しそうに笑います。

盛り上がる2人の会話に、隼也は「マーチン・ショウ」の日本公演に、ますますのめりこんでしまいます。

そして、つばきを送り届けているところをリリコと四郎に出くわします。

2人の姿を見た、リリコは満面の笑みをこさえ、隼也の元に走り寄ります。

慌てた隼也はリリコに、仕事関係の人だからと止めますが、隼也を小さい頃から可愛がっているリリコです。隼也の表情を見れば、少なくとも隼也が憎からず思っていることくらいはお見通しといわんばかりに、つばきに挨拶をします。

そして、隼也に「恋と仕事いっしょくたにしたらアカンで!」と笑いながら立ち去るのでした。

その頃、てんは伊能に、隼也がジェイソン・ハミル氏と会ったことを報告し、勝手なことをしたとお詫びをしていました。

伊能は隼也の行動力の高さに驚きますが、目のつけ所はいいと思うとてんに伝えました。

しかし、海外の大型ショウを日本に輸入するのはこれが初めてのことであり、これを実現するにはいくつも問題があると話します。そして、翌日から東京に出張に行くので、情報を仕入れてくると、てんを安心させるのでした。

隼也の猪突猛進のおかげで、心配の絶えないてんでした。

朝ドラマ「わろてんか」動画第112話の見どころ感想

主役は「隼也」、ビジネスもプライベートも・・がんばれ!「隼也」

今日の主役は「隼也」です。アメリカから「マーチン・ショー」の話を持ってきた代理人「ジェイソン・ハミルトン」と会い、仕事の話をします。

まだまだこれからの話ですが、「隼也」が動き始めましたね。ショービジネスの世界が楽しくて仕方がないようです。

父の「藤吉」に似て、猪突猛進なので・・と、「てん」が心配しています。「伊能栞」が東京でいろいろ調査してみると言いました。「伊能栞」がついていれば大丈夫!です。

通訳の「加納つばき」との出会いがありました。借りたハンカチを返す帰りに・・「リリコ」と出会います。

すっかりわかっているのよ~と、思い込んでしまった「リリコ」です。良きにつけ悪しきにつけ、「隼也」の味方になってくれることでしょう。

まぁ俗にいう・・「大阪のおばちゃん」の、のりですね。ビジネスとプライベートと、「隼也」の今後の発展が楽しみです。

隼也の猪突猛進ぶりに驚き

隼也の行動力には驚かされました。確かに、大好きなマーチングショーが出来るということは嬉しいことだと思います。

とは言え、てんや伊能まで反対している中で、自ら代理人に連絡して会いに行ってしまうとは、猪突猛進すぎる感じがしました。

嬉しさだけで動いて、後から失敗しなければ良いなと心配になります。

そして、伊能の『気になること』とは何なのか気になりました。

何か悪いことではなければ良いなと感じました。

また、つばきとの出会いが、今後隼也の恋愛等に繋がるのだろうかと期待するところです。

リリコではないですが、ニヤニヤしてしまいました。

隼也が成長する時

隼也が突っ走ってしまっていましたね。若い頃というのは、自分の信念だけで、周りが見えていないことは多々あると思います。歳を重ねて、今の環境が小さな日々と人との積み重ねであることに気付かされます。隼也もそのことに少しでも気がつけるといいのですが。つばきさんは初登場でしたね!リリコのいじり方が完全に大阪のおばちゃんっぽくて面白すぎました。

隼也と恋に落ちていくのでしょうか。正直、リリコと隼也の組み合わせでも見た目は合いますが、年齢が違いすぎるはずですもんね。栞らしく、隼也に諭す時が近々やってきそうな気がします。

隼也の暴走大丈夫か、そして恋の予感

マーチンショウに拘る隼也、アメリカでみたマーチンショウ余程衝撃だったんだね、でもこの展開詐欺っぽくないかなと思うんだけど大丈夫かな、もっと下調べをして周りの人が言うように相手と話をして人となり、ショーを誰を呼ぶのかなどなどしっかりと情報を収集すべきと思いますよ、ショーの権利が目の前にあるからと言って浮かれていると足元すくわれて痛い目をみるのが必然のパターンですね。

おてんちゃん藤吉と一緒で暴走が止まらない藤吉動揺、隼也にまたまた翻弄されるのかな、隼也もっと冷静になってちょうだい。リリコさんの行ったように恋と仕事は一緒ではダメですよ

これと決めたら暴走する父の血筋

憧れのマーチンショーの話を電話で受けた隼也が浮足立って、暴走する今回の話は、団吾師匠を口説くために暴走していた頃の藤吉を思いだします。藤吉の時は2万円、あれから20年くらい経ってからの5万円。どちらも億の単位の話です。

まだ丁稚奉公の隼也が責任をもってやれる仕事ではありません。でも好きなものを多くの人に知ってもらいたい、その情熱だけは認めてくれた伊能。藤吉も実家を継ぐ決心をした時は、パーマネントの機械をだまされて購入して北村の米問屋を潰しました。この話がちゃんとした話なのかどうか、その点も気になります。そして、隼也に恋の風の展開もあるみたいでそこも気になります。
⇓  ⇓  ⇓
不倫ドラマ「昼顔」全話あらすじ・ネタバレ

遠藤憲一の演技力
葵わかなの演技力
わろてんか全話あらすじ

わろてんかの動画を見る方法は?

「わろてんか」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでわろてんかを見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-わろてんか

Copyright© ドラブロ , 2019 All Rights Reserved.