きみが心に棲みついた 動画

きみが心に棲みついたドラマ動画フル無料67話パンドラ見逃し再放送デイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ「きみが心に棲みついた」動画第6,7話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO、9tsu,bilibiliなどの動画サイトで見逃し再放送無料で見れる?

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

しかし、これらの動画サイトではドラマ「きみが心に棲みついた」の動画は見つかりませんでした。
⇓  ⇓  ⇓
民放ドラマの見逃し動画視聴におすすめの6つのVOD!

ドラマ「きみが心に棲みついた」相関図キャスト


白崎達夫(長谷川朝晴)
堀田 麻衣子(瀬戸朝香)
八木 泉(鈴木紗理奈)
⇓   ⇓   ⇓
八木泉(鈴木紗理奈)の演技力
スズキ 次郎(ムロツヨシ)
⇓   ⇓   ⇓
スズキ次郎(ムロツヨシ)の演技力
小川 今日子(吉岡里帆)
⇓   ⇓   ⇓
小川今日子(吉岡里帆)の演技力
吉崎 幸次郎(桐谷健太)
⇓   ⇓   ⇓
吉崎幸次郎(桐谷健太)の演技力
星名 漣(向井 理)
⇓   ⇓   ⇓
星名漣(向井理)の演技力
牧村英二(山岸門人)紗央里
稲垣栞里(周本絵梨香)
飯田彩香(石橋杏奈)
⇓   ⇓   ⇓
飯田彩香(石橋杏奈)の演技力
成川映美(中村アン)
為末れいか(田中真琴)

ドラマ「きみが心に棲みついた」6話あらすじネタバレ

幸せな心も星名の存在が今日子を不安にさせる

今日子(吉岡里帆)は吉崎(桐谷健太)と付き合うようになって浮かれている。

吉崎からのメッセージにも笑顔で返事をする、それを八木(鈴木紗理奈)に見られて怒られるくらい笑顔が止まらない。

そんな時、八木は、池脇部長(杉本彩)に呼び出される。

「10年前」「米倉課長」八木と池脇には、この言葉が関係する因縁があるらしい。

この因縁のせいで、八木は、池脇に圧力をかけられるような言葉を投げつけられる。

今日子は、吉崎と付き合うことになったことを堀田(瀬戸朝香)に報告する。

堀田は喜んでくれる、でもその後運転手の吉崎が帰ってしまったことで代わりに運転したスズキの車が脱輪して、それを星名が業者を呼んでくれたと言う。

吉崎の話をしていて、幸せだったのに、星名の名前が出て不安になる今日子。

吉崎も会社で後輩の為末(田中真琴)に今日子と付き合うことを報告していた、為末は吉崎の事が好きだから、納得いかない。

今日子と吉崎の関係、星名にだけは、知られてはいけないって思う今日子。

過去の恋愛で未だに八木を陥れようとする池脇部長

最終プレゼンもまだなのに、池脇部長は、今回のプロジェクトは堀田で行くと言い出した。

「八木のデザインはこっちの求める水準に達していない、地味で辛気臭い、メンズの癖が抜けてないんじゃない?」

そんな風に冷たく八木を見下ろすように言う池脇。

今日子は使えながらも「最終プレゼンに向けて頑張っているから、それを見てから決めてほしい」、池脇に頑張って言う。

堀田も後押しするように、最終プレゼンをさせてほしいと言う。

「そんなの時間のムダ、八木も堀田のサポートに回れば、レディースに戻ってこれるんだからいいんじゃないの」池脇は八木に敵意むき出しでそう語り掛ける。

この場を収めたのは、星名だった「この件はいったん私に預からせてください」そういって、この会議は終わったんだけど、星名は嫌がらせだけする人じゃないんだね。

今日子は、八木に「どうしたら…」って話しかけるけど、「あんなに露骨に私情挟むなんて」と言って取り付く島もない。

吉崎の会社では、納得いかない為末が今度は、スズキ(ムロツヨシ)に今日子の悪口を言っている。

為末の事が面倒くさくなって帰ろうとするスズキ、そこに吉崎の昔の恋人映美(中村アン)が訪ねてくる。

美人で才能あふれる映美に帰ろうとしたのをやめたスズキ。

八木の事を、堀田に相談する今日子。

入社して5年目くらいの時期に八木と米倉課長が社内恋愛みたいになっていたと言う。

恋に夢中な八木は気が付かなかったんだけど、米倉課長は、池脇から八木に乗り換えたことで、嫉妬した池脇が八木をメンズに追いやってしまった。

その話は、エレベーターの中で、星名が飯田(石橋杏奈)にもしている。

星名は飯田の叔父の繊維会社の新素材の情報が知りたいらしく、叔父さんの話を聞きたいと飯田に優しく「飯田さんだけが頼り」なんて語り掛ける。

飯田に好意を持っていて、星名にかつて陥れられた一ノ瀬(西村元貴)はそれを見ていた。

吉崎と付き合っていることが、一番知られたくない星名にばれた

今日子は付き合い始めて最初のデートの待ち合わせ、吉崎から軽いドッキリを仕掛けられるが、それすらも楽しい今日子。

会社での話もいつものように話を聞いてくれて、同調してくれる吉崎、そんな吉崎に今日子は、バレンタインのプレゼントを渡す。

濃い顔をした馬のぬいぐるみ(笑)、一目見て吉崎さんに似ているって思って選んじゃったらしい、この後あるシーンでこの馬ちゃんと飾られていたのも笑える。

スズキたちは、星野が良く行く、牧村の店で、映美、為末と飲んでいた。

話題は、吉崎の事、静かに聞いている牧村が不気味なシーンなんだけど、スズキが新刊をサイン入りで手渡して、場を和ませる。

表面では喜んで見せる牧村だけど、テーブルの下では、今日子と吉崎が付き合い始めたと、星名に情報を送っている。

そんなことも知らずに、吉崎に家まで送ってもらう今日子、「彼女を家に送る余裕くらいある」って言ってもらって、天にも昇る気持ちになっている。

幸せな夜の次の日、会社に行くと、八木が今まで考えていた下着の資料をしまい込んでいる。

八木を止める今日子の後ろから、堀田が「逃げるんだ、八木の情熱ってそんなもんだったんだ、私が選ばれて当然、意気込みが全然違うんだから」とキツイ言葉をかける。

「逃げないで新しいデザインを考えて、相手を黙らせるしかない」そう言う堀田。

堀田の中には、実力で勝負するための何か考えがあるみたい。

堀田は自分のチームに新しいデザインで次のプレゼンに臨むと言い出し、周りの協力を頼む。

そして今日子は、星名に八木に最後のチャンスのプレゼンをさせてくれるように星名に頑張ってお願いしている。

怖がっていた星名なのに、八木の為に頑張る今日子。

今日子に、「強気だな」って言って「吉崎と付き合っているんだって?」と言って来た星名。

今日子は一番知られたくない人に知られたと、衝撃を受ける。

星名は、今日子が大学時代にやったヌードショーのビデオの事を吉崎が知ったらどうなると思うって今日子に圧力をかけたから、今日子の困惑は止まらない。

そんな今日子に「星名さんがさ」話しかけた堀田に挙動不審になる今日子。

堀田は星名の事で、何か困っているんじゃないかって思って聞くんだけど。

あんなことをしちゃったことなんて言えなくて、ごまかして逃げていく今日子。

情報の洩れる牧村の店、情報を手にして微笑む星名

星名の部屋の合い鍵をもっている飯田は、星名の部屋でビーフシチューを作っている。

断りもなく、勝手に入って奥さん面している飯田に、星名はイラッとしている。

その様子に気が付いた飯田は、迷惑でしたか、というのだけど、「僕の帰宅前に来るときは連絡をしてから来てほしい」とワントーン低い声で言った。

言い方は優しいけど、怒っているなって感じの星名、こういう時の星名が一番怖い。

そして飯田から、堀田も最終プレゼンのデザインを変えることを聞かされて、なにか考えている星名。

今日子と八木は、新しいデザインについて、前向きに考えている、相変わらずきつい言葉で手荒く扱われているけど、この二人の間には信頼を感じる。

堀田にも、「オガちゃんに対しては、八木は心を開いているね、私だったら追い払われている」って言って笑わせてくれたところに、吉崎からデートのお誘い。

今は、八木と一緒に新しいデザインを考えたい今日子は、吉崎の誘いを断る。

今日子は、八木の為の夜食を買ってくる、自分の為に頑張ってくれる今日子を見て。

自分の恋愛問題で、振出しに戻るようなことになってしまって悪かったと謝ってくれて、昔の自分は、しょうもない男にのぼせ上ってしまった。

「どんなに頑張っても、過去の自分が邪魔しに来る」そう言った八木の言葉はそのまま、今日子にもあてはまる。

「あんたも恋愛するのなら、ちゃんと相手は選ばないとあかんで」過去の自分のように今日子になってほしくないと思っている八木の優しさから出た言葉だ。

吉崎の家の前には、映美が待っていた、学生時代には映美の書いた小説を最初に読んで感想を言うのは、吉崎だった。

今度の新作も、吉崎の感想を最初に聞きたいと、吉崎の部屋に入る映美。

プロ作家の作品に批評なんてできないって言う吉崎に強引に読ませる映美、仕事を終えた今日子は、会いたくて電話するけど。

作品を真剣に読んでいる吉崎は、電話に気が付かない。

星名に牧村は、映美の事を話している、スズキのファンというのは、やはり嘘だったようで、せっかくもらった本がゴミ箱に入っている。

牧村は、映美のインスタをフォローしたと、星名に見せると、不気味な微笑みを浮かべる星名、今度は何を考えているのだろう。

吉崎に急接近する映美、今日子の過去をばらす牧村

八木と今日子が頑張った新作の試作品がギリギリ間に合った。

会議室で、堀田と八木それぞれの下着のコンセプトや生地の話などをしている、全部終わった後、どちらを選ぶかという問いを池脇に向ける。

堀田のプレゼンした下着を選ぶ池脇だったが、堀田は、選ぶ方のデザインをさわってしてほしいと言う。

迷わず、堀田のいる方に置かれた下着を触る池脇、「それは八木のデザインです」

堀田と八木は、お互いのデザインのプレゼンをしていた、本当に堀田のデザインが気に入っているのであれば、説明したのがだれであれ、堀田のデザインを選ぶ。

けれど、池脇は八木のデザインを選んだ。

「デザインで選ぶべき役職の人が名前だけで、デザインを選んでいる、池脇部長、あなたこそ、この仕事の荷が重いのではないですか。」

相手が年上の上司であっても、相手を追い詰める時の星名は恐ろしい、星名は部長よりも上の立場の常務に話しを通して、池脇部長を失脚させる手を打っていた。

これまでも池脇がやっていた不当な人事、それを常務に追及されたら、降格どころか、会社を辞めることになるかもね。

星名の協力もあって、新ブランドは、堀田と八木が手を組んでブランドを育てていくことになった。

八木と二人になった時に、今日子は、今夜は祝杯を上げに行きましょうと誘うのだけど。

今日子が吉崎と会うのを我慢して、八木と一緒に頑張りたいって言っていたことを堀田から聞いた、今日は彼氏に会いに行って来いと言う八木。

自分を認めてくれて、気遣ってくれる八木に感謝しながら、「今日は会えますか」と吉崎にメールする今日子だけど、返事がない。

会社から出ようとすると、星名がいた、今日子は今日のプレゼンの事で星名にお礼を言う。

もうあんなのはごめんだ、と言いながらも笑っている星名、腹が減ったからラーメン食べに行かない?と星名に誘われる今日子。

吉崎からの返事はまだない…。

誘われるままにラーメンを食べに行く今日子、大学時代のようにたっぷり胡椒をかける星名に注意したり、大学の近くのぼろい定食屋の話をしたり、大学生に戻ったように語り合う二人。

ラーメンの、替え玉を頼む今日子、星名の分も奢りますからと言って頼む今日子に、今日は優しい顔で「キョドコのくせに」と笑う星名。

でも優しい星名はここまで、星名は映美のインスタが吉崎の部屋から発信されているのを今日子に見せる。

この写真がアップされた時間、今日子は会いたいという思いで吉崎に電話をしていた。

星名と別れた後、吉崎に電話すると、その時間は友達との会話をしていて、終わった頃には、夜遅くて連絡しなくてごめんと言われた今日子。

一ノ瀬は、飯田に星名が過去自分の企画を盗んで、自分のものにしたこと、そして星名の母親が夫殺しの殺人犯であることも伝える。

星名に夢中の飯田は聞く耳を持たずに、走って行く。

飯田の向かった先は、叔父と星名を引き合わすための場所、でも叔父は星名の望む新素材はまだできないと断る、そんな叔父に飯田は、必死で食い下がるけど、ダメだった。

同じころ、牧村は今日子のビデオが入ったカメラを吉崎の同僚の為末の前に出す。

新素材の当てがないのなら、もう存在価値がないとばかりに、星名は飯田に部屋の鍵を返してほしいと言う。

それは別れるってことかと聞く飯田に、「付き合っていない、好きでもない女とセックスすることに興奮するタイプだ」と言って、飯田を切り捨ててタクシーに乗る星名。

絶対に別れないと言って去って行くタクシーに叫ぶ飯田。

今日子はカフェで、映美と小説の話をしている吉崎を見つけてしまった。

二人がキスしている時は、無関心でいられたのに、付き合い始めたら、心がざわついてしまう今日子、恋愛中の心って色々な動き方をするねって、ところでまた来週。

星名 漣(向井 理)の6話名言愛のないセックスほど興奮しちゃうみたいです


星名 漣(向井 理)が飯田彩香(石橋杏奈)にもうマンションの鍵返してもらえませんか?

私達付き合ってたんじゃないですか?

いえ!

自分「愛のないセックスほど興奮しちゃうみたいです!!!!」

ドラマ「きみが心に棲みついた」6話見どころか感想

今日子と吉崎は、お人好し同士

飯田は、星名の魅力にはまってしまったのか、もう駄目になってしまったように見え、以前の今日子の酷い状況と似ていて、星名はマインドコントロールを使えるのかと、思ってしまいました。

一方で今日子は、まだ星名の影響から抜け出せていないようで、食事に誘われたら行ってしまうとは、そんな時は好きな吉崎を思い出し断れ、と言いたくなります。

吉崎も、元カノの映美が自宅に押しかけて来たら、彼女の言う通りに行動しているのが、とても腹立たししく、今日子が好きなら断って帰らせろと言いたいです。

そんな今日子と吉崎の二人は、お人好しの似た者同士という感じがし、上手く行きそうに思われるので、お互いにはっきりとした意思表示をしながら支え合い、幸せになって欲しいと思います。

泥沼化しそうな、きみ棲み

晴れて吉崎と今日子が付き合うようになったのですが、星名が邪魔ばかりして、二人の仲を切り裂こうとします。

人は恋をするとキラキラするとはこぉいう事かと思わせるほど今日子が輝いて見えましたし、イルミネーションの綺麗な街で仕事おわりに待ち合わせというシチュエーションも凄く憧れて素敵でした。

でも彼氏の元カノという存在は女性なら誰もが気になると思いますが、吉崎も軽々しく家に入れたりカフェで会ったりと不安にさせる行動はよくないなと思いました。

そして星名に情報を漏らしていたのがみんな行きつけのバーテンだった事が自分の中で衝撃でした。

元カノが現れたり、飯田は星名にあっさり捨てられたりと急に内容がドロドロし始めてきたので、今後の新たな展開が楽しみです。

吉崎さんと今日子おめでとうポンポンからのキス

今日子と吉崎さんが付き合えることになってよかったです。おめでとう。

ウキウキしちゃう気持ちとかすごく羨ましいです。デートでご飯食べたり家に送ってもらったり、まだ離れたくないって思ったり。すごく幸せですよね!

けど、幸せすぎるといつか壊れてしまうのではないかと不安にもなります。今日子は、星名さんがいるから余計に怖いと思います。

星名さんは、自分のところから今日子が離れていくのを知って急に優しくなったりして、都合のいい人だなと思います。

何を考えているのかさっぱりわからなくて怖いです。星名さんの周りのみんながぐるになって今日子と吉崎さんを邪魔したり、元カノの存在を今日子が知ったり…うまくいかなくてもどかしいです。

でも、何があっても吉崎さんは今日子を守ってくれると思います。

人の気持ちをかき回す天才

遂に、今日子と吉崎が付き合う事になって、これで少しは今日子がプラスの方向に向かって行くといいなと思いながらも、気がかりはやっぱり星名でした。

今日子が吉崎と付き合っていると知った星名は、大学時代のストリップの事などで、きっと何か仕掛けてくるだろうとは思っていましたが、まさか吉崎に気のある為末まで巻き込もうとしているとは、本当にどれだけ、品性が下劣なんだろうと辟易しました。

しかし、それだけではなく、吉崎の元カノの存在がさらに事態を悪化、星名にとっては最高なんだろうけど、させ始めました。

吉崎には全くその気がないようだったけど、元カノの方は絶対に好意があって近寄って来ているのが丸わかりだし、星名が今日子をかき回すためにわざわざ2人が一緒だった事を教え、その帰りに、まさに2人でいるところを目撃してしまったら、疑って不安になってしまうに決まってます。

付き合った吉崎と今日子!

付き合うようになった吉崎と今日子の楽しそうなデートとキスシーンが今回ほっこりとした気持ちで見れました。

バレンタインデーだからと今日子が吉崎にあげたプレゼントは、なんと馬の人形!

似ているからと言って純真な目であげている今日子がとても面白くて、可愛かったです。

吉崎のことを好きな後輩のれいかは、成川エミに今日子が彼女になったことを伝えるのですが、いらんことしすぎだと思いました。

成川エミも吉崎に対して積極的で、自分の小説を読んでほしいと家に押しかけます。

彼女おるの知ってて、家まで来るとか…普通に常識外だと感じました。

プレゼンが終わって今日子が星名とラーメンを食べるシーンでは、今までで見たことがないぐらい普通に喋っている2人がいて、ちょっといい感じだなと感じました。

ドラマ「きみが心に棲みついた」見どころ感想

不器用な女の複雑な心理状態を見事に描くドラマ

ジャンルとしては恋愛ドラマになるかと思いますが、かなり変わった余り例のないストーリーですね。主人公の今日子が過去に囚われ、そのトラウマから抜け出そうと頑張る姿が描かれていますが、そう簡単には行かず何度も大学時代に好きだった先輩、星名に心を揺さぶられてしまう。

好きな人がやっとできたと言うのに、星名の事が気になって仕方がないと言う心理状態は、それはないでしょうと思わせつつ、ここまで極端な設定ではなくとも、もしかしたら自分にもそういう所があるかもと女性視聴者がしたくないのに共感してしまいます。演じる吉岡夏帆の絶妙な表情が上手いです。複雑な女心をちょっと変わったシチュエーションで描いているのが見どころです。

桐谷健太演じる今日子が好きになる吉崎は真っ直ぐで信用できる男。星名と全く違う人間性なのが面白いですね。ドロドロなシーンをより一層酷くする星名、向井理の過激で影のあるキャラは怖さを感じます。今日子が仕事熱心で、会社での様々なシーンが盛り込まれていて、そちらも同時進行していくところも、このドラマの魅力だと思います。

きみとは誰?向井理のドS演歌が見どころだ

このドラマのタイトル、「きみが心に棲みついた」の、''きみ”とは、誰のことなのだろうか。

桐谷健太か?向井理か?

キャストの名前だけを見ると大物若手俳優の向井理と結ばれるだろうと誰もが思うはず。

しかし物語が進んでいくにつれて、桐谷健太は吉岡里帆に惹かれていく。

気持ちのスレ違いが幾度となく繰り広げられる。

吉岡里帆がどちらを選ぶのか、揺れる思いを一喜一憂しながら観るのがこのドラマの第一の見どころだ。

そしてもう1つの見どころは、向井理のドス黒い演技。ドSで闇深い心、嫉妬心、最高にハマっている。睨みながら爪を噛むシーンは大爆笑。今までは爽やかイケメンの役柄を演じることが多かった向井理。このドラマで一皮向け悪役を演じきるのか、とても見応えがあると言えるだろう。

今日子の過去を吉崎に誤解されないかが心配

「生まれて初めて、好きな人とキスをした」というラストシーンにちょっと切なくなりますね。ここまでの人生、本当にしんどかったんだろうなと。苦労した分だけ報われてほしいですね。

ただ気になるのは今日子のストリップ動画や昔話を全て承知したうえで吉崎が今日子を受け入れたのではなくて、そこが幸か不幸か吉崎に伝わらないままこうなってしまったという点です。吉崎のこれまでの様子から考えると、変な伝わり方をしない限りは「星名に無理やりやらされてたんだろ?」と思ってくれるでしょう。

しかし、星名たちはどんな教え方をするか分かりませんし、今日子もテンパると何を口走るか分からないところがありますので、変な誤解が生じる余地は大いにあります。今日子と吉崎のカップルはまだまだ波乱が待っているのかも?

今日子と吉崎が結ばれるエンディングに期待!

今日子が過去を乗り越えて恋愛を出来るようになっていくのを毎回応援したくなります。

ドラマの中では星名が今日子を苦しめる様子がリアルに描かれていますね。

今日子は自分では気付いていませんが、本当は仕事にも情熱があって、堀田や八木など周りからも支えられ慕われています。

でも今日子が必死で前に行こうと進んでいく姿を、星名がことごとく邪魔をしていくのがもどかしいです。

それでも今日子は吉崎と出会い、少しずつ自分に自信を持ち前を向いていくのだと思います。

吉崎には星名の思惑に騙されず、今日子の本当の姿を見てあげてほしいですね。

そして星名の悪事が暴かれて今日子が救われる結末が見たいです。今日子が吉崎と結ばれるエンディングに期待しています。

恥ずかしい過去を暴露され辛かった

5話では星名が吉崎に恥をかかされたので化けの皮を剥がすという目的も吉崎に近づき、BBQをする計画を立てそれを阻止する為に今日子も参加したのですが、そのBBQに大学時代の先輩を星名が呼んでいて過去の事を暴露されたりと今日子にとっては最悪な状況だった思います。自分がその立場であれば確実に帰るな、と思いながら観ていました。

今日子のような女の子もなかなか存在しないと思いますが、女からみていると為末が言っていたようにあざとくて計画で動いてるように見えると言っていましたが、そこに共感しました。今日子がついに告白し二人はキスを交わしましたが次回の発展がまた楽しみです。私の中で面白くないと思いながらもなぜか観てしまうドラマです。
⇓  ⇓  ⇓
きみが心に1話あらすじネタバレ
きみが心に2話あらすじネタバレ
きみが心に3話あらすじネタバレ
きみが心に4話あらすじネタバレ
きみが心に5話あらすじネタバレ
⇓  ⇓  ⇓
民放ドラマの見逃し動画視聴におすすめの6つのVOD!

-きみが心に棲みついた 動画

Copyright© 【2019年】VOD動画配信サービス比較【動画配信 どこがいい】 , 2019 All Rights Reserved.